2011年 02月 22日 ( 3 )

 

ニュージーランド、クライストチャーチ大地震

みなさん、こんにちは。

ここでも出来る限り、HAARPのモニターを観察し、地震電磁波を捕らえた時をメモして来ているが、それでもHAARPモニターは2〜4機しか稼働していないため、またマイクロ秒レベルの精度がないために、仮に地震電磁波が分かったとしても、どこから来たかという場所の特定は極めて難しい。せっかく地震電磁波が出たと分かっても、いつどこで起こるか予言できないことほどもどかしいことはない。

そんな中、今朝ニュージーランドで起こった大地震のその後の状況がかなり明らかとなって来た。震度はM6.3規模であったが、震源が浅かったために、非常に大きな被害と多くの犠牲者が出たようである。お亡くなりになられた方々のご冥福を祈りたい。まだ生存中の被災者やがれきの中にいる人々の救出を願うばかりである。

以下の映像が、その地震のひどさを物語っている。

Major Earthquake has hit Christchurch, New Zealand



ところで、このブログでは、既にHAARPのことは既知として扱っているので、いちいち説明は付けない。詳細はこのブログのサイト内検索で見つかる。しかし、新参者のために、一言説明を付け加えておくと、 HAARPHAARPモニターは全く別種の機械のこと。 HAARPは巨大なアンテナ群の装置。つまり、HAARPは発信器
e0171614_929141.jpg

(アンテナの横にある、白い観測所の大きさと比較せよ。)

そのパワーはメガワットからジゴ(ギガ)ワットの威力を持つ代物。米海軍やその協力している軍需産業が所有している。一方、HAARPモニターとは、コイルを地中に埋めた地磁気観測用の磁力計のこと。つまり、HAARPモニターは受信機
e0171614_12212317.jpg

(さまざまなタイプの磁力計がある。アラスカ大のものは東京大学製。)

せいぜい数万円で市販されているようなものである。アメリカのアラスカ大が所有している。だから、見かけ上は、組織も全く別系統である。従って、HAARPは地震兵器にも気象兵器にもいつでも転用できる。それはパワー次第である。モニターは普通の単なる電子機器である。ここを誤解しないように。

そこで、このブログで私が「HAARPに地震波か?」と書いているのは、HAARPが稼働した場合の地磁気の変化をHAARPモニターは必ず捕らえているので、それを分析することから、HAARPがどこを標的にしているのか理解しようという試みである。それ以外に、HAARPモニターは太陽風による地磁気の変化や地震の前兆現象として放出される地震電磁波による地磁気変化も捕らえるため、HAARPモニターデータから、それらしきものが映った場合に、「HAARPに地震波か?」と書いているわけですナ。
[PR]

  by Kikidoblog | 2011-02-22 22:22 | 地震・地震予知・噴火

HAARPに地震波か?

みなさん、こんにちは。

HAARPモニターを見ると、かなり大きな地震電磁波をとらえていた。これは最近見かけた中では最大クラスである。今朝、ニュージーランドでかなり大きな地震が起こったが、近々地球上のどこかで大きな地震が起こりそうである。

宇宙天気ニュース
によれば、
2011/ 2/22 11:42 更新
1158黒点群は小規模フレアを起こしながら西に没していきました。

とあり、太陽活動は徐々に弱まっているようである。

Magnetometer Chain
青の垂直成分が大きく、赤黒の水平成分が小さいのが、地震電波の特徴。今回のものは、黒線はそれほど大きくはないが、青色成分かなり大きな振幅で揺れている。
e0171614_13244697.jpg



Induction Magnetometer
一番下の周波数ゼロの近く(水平軸上)にある「白く明るい」部分が地震電波の特徴。まあ、白色に近い部分。一方、深夜に垂直に立ち上がった、幅広くピンクから真っ赤に近い色の帯状の部分はオーロラ活動によるものである。これは特にBz成分に顕著。
e0171614_1325680.gif

e0171614_132587.gif

e0171614_13251020.gif

今回のスペクトルデータには、かなり大きな地震電磁波が捉えられている。


Spectrum Monitor Waterfall Chart
e0171614_13255575.gif

この滝チャートは、電離層の構造をMHz域の電磁波反射で調べているものだが、何層かの色のバンドに分かれているのが正常状態である。
For example, a large number of bright horizontal bands on this chart would be indicative of good ionospheric propagation conditions. Conversely, a chart that is mostly blue or violet is indicative of high absorption or low ionospheric ionization.


VHF Riometer
e0171614_13272110.jpg

Electron density
Digisonde

参考:
アキラの地震予報
日本国内で個人的に磁力計を用いて地震予報を行っている。非常に予測率の高い優れた研究のようである。さて、ここからは次のような警告が出ている。
* 02/21 アキラ・メソドが北海道地方中心として作動しました。
各地方に、地震発生合図が出ているため追跡しません。(02/21 21:18発信。)

* 父島の観測値が02/09から停止しています。予測不能ですが、
要注意です。(02/15 13:40発振)

備えあれば憂いなし。
[PR]

  by Kikidoblog | 2011-02-22 13:28 | HAARPモニター観察

「もう黙ってはいられない」:「打倒菅直人政権」東京デモ

みなさん、こんにちは。

かつて「薬害エイズ訴訟」の先頭に立ち、深々と頭を下げて男を上げた、あの菅直人氏。あれから、30年。今では、首相になったその菅直人氏そのものが「薬害エイズ」となってしまったようですナ。

先日、「「もう黙ってはいられない」:民衆蜂起の時!?でメモしておいたように、大阪で市民デモが行われたが、今度は、この2月20日に、保守王国の東京都においても、400人以上の市民が、菅直人政権の退陣を求めてデモ行進を行ったようである。
e0171614_11402718.jpg

「菅首相は退陣せよ」市民デモ (田中龍作ジャーナル)
「菅首相は退陣せよ」市民デモ
e0171614_11411673.jpg



2月20日 東京  「エジプトに続け!不条理な公権力に抵抗する100万人運動」デモ  動画  APF





まさか、30年ほどで自分自身が「日本社会の害悪」になるとは、菅直人氏も思いもよらなかったことだろうヨ。因果応報。この世の中は実に面白いものですナ。
[PR]

  by Kikidoblog | 2011-02-22 11:49 | 反日・在日の陰謀

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE