2011年 03月 26日 ( 6 )

 

最後の難問、土壌や動植物の放射性汚染はどう防御するか?

みなさん、こんにちは。

放射能の除去の問題は、放射線の防御から始まり、内部被爆の防御までは理解した。後は、土壌汚染や野菜や植物や家畜の被爆をどのように処理するのか、ということだけになった。

プルトニウム239の場合は、まず真っ先に避難。逃げる他は無い。水に溶けにくい二酸化プルトニウム(PuO2)で存在するため、物理化学的には金属微粒子や粉塵のような物質と同じ扱いが必要ということになる。

セシウム139、ヨウ素131、ストロンチウム90の場合は、水に溶けやすいため、水で洗浄することで物理的には除去できる。化学的には、セシウム139はカリウム、ヨウ素131はヨウ素、ストロンチウム90はカルシウムの代替物となる。

そこで、生物の場合、動植物ともに、先にカリウムリッチ(カリウムをふんだんに含む環境)、ヨウ素リッチ(放射性のないヨウ素をふんだんに含む環境)、カルシウムリッチ(カルシウムをふんだんに含む環境)の生育条件にしておけば、余分な放射性物質の吸収はかなり避けられるはずである。

実際、ほうれん草が被爆しやすいのは、ほうれん草がカリウムを好む植物であるからである。同様に、乳牛や牛乳がストロンチウム90に汚染しやすいのは、カルシウムが豊富なものだからである。

それゆえ、放射性物質の前では、こうした動植物に対しても人間同様に、先に十分なカリウムとカルシウムを吸収させておけば、内部被爆への防御ができるだろうと推測できる。

また、植物の栽培では、プルトニウム239の放射線は、α線、β線、γ線であり、β線とγ線がほとんどのはずだから、β線は磁場で、γ線は酸素、α線は水で遮蔽できる。したがって、まあ、お金はかかるかもしれないが、牛舎の周りを電線で磁場を作り、酸素層で覆い、水層で取り囲めば、こういった有害放射線は防御できる。

また、内部の空気圧を外部の空気圧より高く保てば、有害な物質は中に入ることが出来ないだろう。あるいは、半導体産業で使っているような、クリーンルームのような、電気的なエアコンディショナーを使うと、塵として存在する放射能は除去できるはずである。プルトニウムの処理に一番役立つと考えられるものは、半導体産業の防塵システムである。

分子汚染問題と対策
e0171614_2051568.gif


土壌汚染については、ひまわりを植える。
e0171614_2104720.jpg


ゼオライト
e0171614_20555043.jpg

乳酸菌ソマチット
e0171614_20541188.jpg

有用微生物群「EM」
e0171614_2123291.jpg

などがあるようである。


ただ注意しなくてはならないことは、生物の場合、セシウム137やプルトニウム239やヨウ素131などから出て来る放射線(α線、β線、γ線、X線)によって、放射線を浴びた生物自体が放射能を持ってしまうということがあるということである。これが「誘導放射能」と呼ばれるものである。
食品や食物の放射線除去は非常にやっかいである:今の所、逃げる、避ける、体内に入れない、しかないナ?

例えば、放射線を強く浴びた人間そのものが、放射性人間になってしまうのである。人間放射性物質になってしまうのである。だから、放射線被ばくは出来る限り避けないと、生物自体から再び被爆してしまうということになる。

まあ、結論から言えば、プルトニウム239、セシウム137、ヨウ素131、コバルト60などが豊富にあるような地域には、近づかないこと、逃げること、避けることである。これに尽きる。

ただし、土壌細菌などの微生物や昆虫やミミズなどが死んで良いというのであれば、β線照射したり、X線レーザーで土壌に照射し、その中のプルトニウム239などの放射性物質を核変換させるという、放射性廃液の放射線除去と同じような方法も考えられるが、この場合には、土地そのものが単なる焦土と化してしまうだろう。だから、有効ではないと考えられる。

参考:
ケムトレイル・気象操作掲示板
[PR]

  by Kikidoblog | 2011-03-26 21:15 | 放射能防御除去

「チェルノブイリの被災者は豆腐を食べた!」:確かに大豆製品にはカリウムとカルシウムがある!

みなさん、こんにちは。

セシウム137はカリウム、ストロンチウム90はカルシウムでブロックできるか!?

この私の考え方の有効性に対する状況証拠が出て来た。
ケムトレイル・気象操作掲示板
「グルンパ叔父さん、飯山一郎氏 放射線の除去に取り組む」に以下のような書き込みがあった。
Re: Re: グルンパ叔父さん、飯山 - かなや
2011/03/25 (Fri) 13:22:42

チェルノブイリの被災者は豆腐を食べたらしいです 大豆は放射能を排泄するらしいです


たしかに大豆は、たくさんのカリウムやカルシウムを含んでいる。したがって、セシウム137とストロンチウム90を除去できるというわけである。

大豆食品を食べよう。
e0171614_17131921.gif

ただし、遺伝子改変大豆食品は、生殖細胞に細胞に悪影響があると知られている。だから避けるべし。

日本人が放射線に意外に強いのは、古来から味噌汁と納豆や豆腐などの大豆製品を食べて来たからだろうナア。


おまけ:
これに焼き魚とわかめや昆布があれば最高だ。鉄分、ミネラルもヨウ素も豊富。何やら日本の伝統的な食事が最も被爆に強いということのようですナ。恐るべし、先人の知恵。

おまけ2:
蜂蜜もかなり理想的に見える。
【ハチミツに含まれる成分】
ビタミン:A、B1、B2、B6、葉酸(B9)、ニコチン酸(ナイアシン、B3)、パントテン酸(B5)、 ビオチン(B7)、C(アスコルビン酸)、K
ミネラル:カルシウム、カリウム、鉄、銅、亜鉛、マグネシウム、ナトリウム、マンガン、リン、硫黄、珪素、塩素
その他:アミノ酸、有機酸、酵素、ポリフェノールなど

[PR]

  by Kikidoblog | 2011-03-26 17:17 | 放射能防御除去

聞け!チェルノブイリの体験者の声を:ウクライナ美女が"千と千尋~"主題歌を熱唱

みなさん、こんにちは。

いやー、これは必見。福島周辺の人々は、この美女の心からの歌を聞いて欲しい。

ウクライナ美女が"千と千尋~"主題歌を熱唱 Nataliya Gudziy sings "Spirited Away"



ただただ、涙。
[PR]

  by Kikidoblog | 2011-03-26 15:54 | 原子炉被災

正体見たり!「脱帽して、真実を語れ!」:いやー、世の中には鋭い人物がいるネー。

みなさん、こんにちは。

連日、嘘つきニュースを垂れ流す、プルトニウム並みの極悪非道報道局になりさがってしまった国民放送(という自画自賛、自称)のNHK。このNHKの定番となったのは、この人のニュース。経産省の西山英彦大臣官房審議官の報道である。

福島原発2号炉に真水注入へ 汚染された水を除去

 東日本大震災による福島第1原発の事故で、東京電力は26日、2号機の原子炉を冷やすために注入している海水の真水への切り替えなど復旧に向けた作業を進めた。
 原子炉から漏れたとみられる高い濃度の放射性物質で汚染された水たまりの除去も課題。作業員の深刻な被ばくが再び起きるのを防ぐため、タンクなどへの回収を実施する。2号機ではさらに、中央制御室の照明を点灯し、計器で原子炉を監視できる状態を目指す。
 各号機のタービン建屋で見つかった水たまりのうち、1、3号機は通常の炉心の水の1万倍と高濃度。まだ濃度が分かっていない2、4号機の水の分析を進めるとともに、除去作業を行う。
 2号機の原子炉内には消防ポンプなどを使い、近くのダムから仮設タンクにためた真水を注入する計画。冷却機能を失った原子炉を冷やすため、これまでは海水を入れていたが、塩分で冷却効率が悪くなる懸念がある。すでに1、3号機は真水への切り替えを済ませている。
【写真説明】 福島第1原発について記者会見する経産省の西山英彦大臣官房審議官
e0171614_11183926.jpg

=26日午前、経産省


なんと、この人の秘密を暴露していた人がいた。以下のものである。

Sat, March 19, 2011 18:07:55
原子力安全・保安院で活躍中。。。

e0171614_1121731.jpg

西山英彦さん ・・・ カツラだ!!

保安院のカツラのおっさん 西山英彦

このヅラ東大法学部卒

あのニタクソ笑いながらカツラかぶってる人は西山英彦

カツラの人で有名になってしまった・・

分かりませんでした。

言われてみれば、、、でしたけど。。。

西山英彦(保安院の真中の人)
e0171614_11215834.jpg


1980年 東大法学部卒業 通産省入省
1984年 ハーバードロースクール修了
2001年 通商政策局課長
2006年 大臣官房総務課長
2009年 通商産業政策審議官
現在   大臣官房審議官(通商戦略担当)

外見はともあれ、、、経歴がすごい!!

近い将来偉くなる人と思いました。

(某所より抜粋)(↓)

西山さんはめっちゃ頭いいんですよ。
学生時代に 公務員試験とか司法試験とか(忘れちゃった)
すごいの3つも現役合格の三冠王なんですよ。
中越地震の時にも関係してて、原子力ものすごい勉強したから
今回抜擢されたらしい…。
日本の宝!!素晴らしい頭脳の持ち主!!

(^_^;)


いやはや、絶句。この西山氏は、東大法学部卒の文系出身。これでは、原発のことは何も分かるはずがない。即刻、武田博士と入れ替えるべきである! 

この人の説明は、聞いているとなぜか、どこかうさん臭さを感じたが、カツラが原因だったとは。

脱帽して、真実を語れ!
[PR]

  by Kikidoblog | 2011-03-26 11:28 | マスゴミ

プルトニウムは極悪非道:「三十六計逃げるに如かず」

みなさん、こんにちは。

放射性物質の体内への取り込みを除去する方法は、一般的によく知られているのが、ヨウ素剤の服用であった(それと、セシウム剤)。この原理をもう一度考え直すことから、ストロンチウム90はカルシウム、セシウム137はカリウムが、ヨウ素131に対するヨウ素の働きをして、体内吸収をブロックするのではないか、ということを前回メモしておいた。これをまとめると、

ヨウ素131(I131) ⇄ ヨウ素(I)
セシウム137(Cs137) ⇄ カリウム(K)
ストロンチウム90(Sr90) ⇄ カルシウム(Ca)


では、もっとも危険な放射性物質プルトニウム239
e0171614_19485462.jpg

は、どうやればいいのだろうか?

私が調べた範囲ではこれを除去する方策は今のところ知られていないようである。だから、出来る限りプルトニウムにはさらされないようにすべきである。

しかしながら、もしプルトニウム239にさらされてしまったらどうすればいいか?

私の個人的考えでは、セシウム137、ストロンチウム90の場合と同じような考え方が通用するとみている。つまり、プルトニウム239が体内のどの物質の代わりをして取り込まれるのかを見るということである。

まず、
プルトニウム(Pu)
e0171614_9433420.jpg


を見ると、プルトニウムはたくさんの価数を持つ物質であることが書かれている。

水溶液中では5種類のイオン価数を有する:
III価……Pu^3+(青紫色)
IV価……Pu^4+(黄褐色)
VI価……PuO2^2+。(ピンク、オレンジ色)
V価……PuO^2+。(ピンク色と考えられている。V価のイオンは溶液中では不安定で、Pu^4+ と PuO^2+ に不均化する。さらにその Pu^4+ は PuO^2+ を PuO2^2+ に酸化し、自身は Pu3+ になる。こうしてプルトニウムの水溶液は時間が経過すると Pu^3+ と PuO2^2+ の混合物に変化する傾向がある。)
VII価……PuO5^2-(暗赤色)VII価のイオンはまれであり極端に酸化性雰囲気下でのみ生成する。
e0171614_9471648.jpg



これを見て分かることは、

(周期律表)
e0171614_1219010.gif



で言えば、プルトニウムの化学的性質に一番似ているのは、炭素(C)やケイ素(Si)などの4価(ボンドが4本)の原子ということになる。そこで、大気中では、二酸化炭素(CO2)、二酸化ケイ素(SiO2)のように、二酸化プロトニウム(PuO2)が一番多いということになる。

化合物

プルトニウムは酸素と容易に反応し、PuO、PuO2 となる。また、その中間の酸化物も生成する。また、ハロゲンとも反応し、PuX3 の形の化合物を作る。PuF4 および PuF6 も見られる。PuOCl、PuOBr および PuOI のようなオキシハライドも確認されている。
炭素と反応して PuC、窒素と反応して PuN、またケイ素と反応して PuSi2 を形成する。
プルトニウムは他のアクチノイド元素と同様、二酸化プルトニウム (PuO2) を形成するが、 自然環境中では炭酸など酸素を含む錯イオン(OH^-、NO^2-、NO^3- および SO42-)と電荷のある錯体を作る。 こうしてできた錯体は土との親和性が低く容易に移動する:
PuO2(CO3)^2-
PuO2(CO3)2^4-
PuO2(CO3)3^6-
強い硝酸酸性溶液を中和して作った PuO2 は、錯体にならない PuO2 重合体を生成しやすい。 プルトニウムはまた価数が3、4、5、6価の間で変化しやすい。 ある溶液のなかでこれら全ての価数で平衡して存在することも珍しくない。


しかしながら、炭素やケイ素には放射性がないが、プルトニウムには原子核が非常に大きく、強い放射能を帯びている、ということである。ここにすべての問題がある。 そして、二酸化プルトニウムは、極めて水に溶けにくいらしい。

これは非常に水に溶けにくい[4]。100万kLの純水にプルトニウム原子1個が溶ける程度であるといわれている。


さて、プルトニウムがどのように体内に取り込まれると考えられているかというと、こうある。

毒性と人体への摂取経路
 京都大学原子炉実験所 小出裕章によれば、プルトニウムは、「人類が初めて作り出した放射性核種」であり、「かつて人類が遭遇した物質のうちでも最高の毒性」を持つとされる[12]。その理由は、プルトニウムがアルファ(α)線を放出すること、比放射能が高いこと、体内での代謝挙動にあるとされる[13]。
 プルトニウムは人体には全く不必要な元素である。毒性の強い元素の中には必須ミネラルで微量は人体にとっても必要なものもあるが(例:ヒ素、セレン)、プルトニウムは必須ミネラルでさえない。

体内摂取の経路と排出
 プルトニウムを嚥下し消化管に入った場合、そのおよそ0.05%程度が吸収され、残りは排泄される[14]。吸収されたプルトニウムは、骨と肝臓にほぼ半々の割合で蓄積される。皮膚との接触については、傷が無い限り吸収されない。
 最も重要な取り込み経路は、空気中に粒子状になったプルトニウムの吸入である。気道から吸入された微粒子は、大部分が気道の粘液によって食道へ送り出されるが、残り(4分の1程度)が肺に沈着する。沈着した粒子は肺に留まるか、胸のリンパ節に取り込まれるか、あるいは血管を経由して骨と肝臓に沈着する[15]。
 プルトニウムは一度吸収されると体外へ排出されにくいのが特徴である。生物学的半減期はウランやラジウムと比べても非常に長く、骨と肝臓でそれぞれ20年と50年である。吸収線量あたりの有害さは核種や同位体によらずラジウム等と同程度であるが、プルトニウムの扱いに特に注意が必要なのは、まさに排出されにくいという特徴によるものである。


というわけで、
空気中では、二酸化炭素のような形で存在し、水に溶けにくい。しかし水中では、3価から7価の5種類に変貌する。しかも強い放射能を持ち、寿命が極めつけに長い。
というのが、プルトニウムという極悪非道の物質のようである。

では、どうやって除去するか?

プルトニウム239の場合は、空中のものであれば、水に溶けにくいから、水を含んだマスクが有効かもしれない。ゴミとしてホコリとして除去するのである。イオン交換膜などのフィルターのついた空気清浄機なども有効かもしれない。とにかく吸い込まないようにする他はない。マスクはそれから被爆しないように鉛のカンに入れる。

水の中のものは、プルトニウムはほとんどが2価の二酸化プルトニウムになっているようだから、イオン交換膜を使った浄水器が有効かもしれない。フィルターはすぐに鉛カンに入れる。

体内への吸収を避けるには、鉄分を取ることでヨウ素131に対するヨウ素のような役割を果たすのではないかという気がする。しかし、今の段階では、これはまったく確証はない。

まあ、そんなわけで、
プルトニウムについては、物理的に出来る限り遠くへ逃げる。吸い込まない。除去する。もし吸い込んだら、呼吸器系を洗い流す。鉄分などのミネラルをとる。

こんな対処療法しかなさそうである。

三十六計逃げるに如かず

という昔の諺がこれほど適した物質もないということですナ。ご幸運を祈る!
[PR]

  by Kikidoblog | 2011-03-26 10:35 | 放射能防御除去

HAARPに地震波か?

みなさん、こんにちは。

先ほどHAARPモニターを見ると、比較的小さめの地震電磁波をとらえていた。これは強度が小さいからそれほどの地震ではないかもしれない。また、3カ所のデータ(青色の線)が北側のフォートユコンの強度の方が大きいものであることから、アラスカHAARP群に平行な方向を通る大円方向の、北南米の方向である可能性がある。

宇宙天気ニュース
によれば、
22011/ 3/26 08:09 更新
太陽に黒点群が6個見えています。フレア活動は落ち着いています。

とあり、太陽活動は今は黒点によるフレア活動が活発のようである。だから、まだオーロラ活動はそれほどでもなく、下のインダクションメーターには強烈なピンク色の領域は出ていない。

Magnetometer Chain
青の垂直成分が大きく、赤黒の水平成分が小さいのが、地震電波の特徴。今回のものは、黒線はそれほど大きくはないが、青色成分かなり大きな振幅で揺れている。
e0171614_922720.jpg



Induction Magnetometer
一番下の周波数ゼロの近く(水平軸上)にある「白く明るい」部分が地震電波の特徴。まあ、白色に近い部分。一方、深夜に垂直に立ち上がった、幅広くピンクから真っ赤に近い色の帯状の部分はオーロラ活動によるものである。これは特にBz成分に顕著。

今回のスペクトルデータには、比較的弱い地震電磁波が捉えられている。
e0171614_93047.gif

e0171614_9341.gif

e0171614_93868.gif

かなり人工的なものが多く見える。UTC8時のはしご状の、等間隔のスペクトルが人工的なものである。

Spectrum Monitor Waterfall Chart
e0171614_935897.gif

この滝チャートは、電離層の構造をMHz域の電磁波反射で調べているものだが、何層かの色のバンドに分かれているのが正常状態である。等間隔に色のついたバンドが並んでいる時間帯は、人工的な電磁波がどこかから電離層に向けて放射されていることを示している。


VHF Riometer

Electron density
Digisonde
e0171614_9103574.jpg

(電離層の電子密度が低いことがわかる。)

参考:
アキラの地震予報
日本国内で個人的に磁力計を用いて地震予報を行っている。非常に予測率の高い優れた研究のようである。さて、ここからは次のような警告が出ている。
柿岡圏内にM5~M6.5程度の地震発生合図が出ました。
関東甲信越地方中心として、近畿地方~東北地方では、地震発生に、
一週間程要注意です。
但し、観測値が、メンテナンスや故障でなく、正しい値であればの
条件です。(03/24 17:22発信)2011.

備えあれば憂いなし。
[PR]

  by Kikidoblog | 2011-03-26 09:14 | HAARPモニター観察

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE