2011年 04月 04日 ( 2 )

 

日本全土が被爆の危機に!?:”邪悪の風”がやってくる!

止められない”邪悪の風”がすべてに死を運んでいきます!
エンリルとエンキは、その警報をシュメールの神々に伝えた…
逃げろ! 逃げるんだ! 彼らは叫んだ。
人々を分散させるんだ、身を隠させろ!

ゼカリア・シッチン著「エンキの失われた聖書」より


みなさん、こんにちは。

いやはや、ついに西日本も死の灰の犠牲になってしまうようである。もはや、菅直人/仙石由人/枝野/岡田/前原民主党政権のために、日本全土が被爆する。

日本で公表されない気象庁の放射性物質拡散予測

e0171614_19554251.jpg

 東京電力福島第一原子力発電所の事故で、気象庁が同原発から出た放射性物質の拡散予測を連日行っているにもかかわらず、政府が公開していないことが4日、明らかになった。
 ドイツやノルウェーなど欧州の一部の国の気象機関は日本の気象庁などの観測データに基づいて独自に予測し、放射性物質が拡散する様子を連日、天気予報サイトで公開している。日本政府が公開しないことについて内外の専門家からは批判が上がっており、政府の原発事故に関する情報開示の在り方が改めて問われている。
 気象庁の予測は、国際原子力機関(IAEA)の要請に基づくもの。国境を越える放射性物質汚染が心配されるときに、各国の気象機関が協力して拡散予測を行う。
 同庁では、東日本大震災当日の3月11日から毎日1~2回、拡散予測を計算している。具体的には、IAEAから送られてきた放射性物質の放出開始時間や継続期間、どれくらいの高さまで上ったかを、風向きや天候など同庁の観測データを加えた上で、スーパーコンピューターに入力し、放射性物質の飛ぶ方向や広がりを予測している。
(2011年4月4日14時30分 読売新聞)


ヨウ素が10年、セシウムやストロンチウムが数十年、プルトニウムが2万4千年の半減期を持っていると考えられている。我々が、グレイ・エイリアンに進化する2万4千年後の世界になるまで、今生じたプルトニウムはこの地球からなくならないということである。

警察庁や公安当局は、いったいいつまでこのメチャクチャな犯罪集団である民主党政権を野放しにしておくつもりなのだろうか? この政権の言う通りにしていたら、東京電力下請け社員、自衛隊、消防隊、警察などあらゆる機関の人間たちが被爆して、失われてしまい、後戻りできない事態に陥ってしまうことだろう。

遠い昔、ニビルの神々がこの地球を去った時と全く同じことがまた繰り返されるということですナ。
[PR]

  by Kikidoblog | 2011-04-04 20:23 | 原子炉被災

無念の上田誠也博士の「地震総合フロンティア計画」:もしこれが採択されておれば、多くの人命が。。。

みなさん、こんにちは。

昨年10月に私は以下のようなものをメモしておいた。
「地震予知はできる!特に短期予知なら」:上田誠也博士の講演より
この中で紹介しておいた、上田誠也博士の講演録「地震予知研究の歴史と現状」を是非読んでもらいたいものである。

もし文部科学省が、上田誠也博士
e0171614_16205913.jpg

の提案した「地震総合フロンティア計画
e0171614_1621230.jpg

を採択していたら、おそらく今回の東北関東大震災(東日本大震災)を見事に予知できたはずである。そうなると、3万人規模の人々の命の内のかなりの数を救うことが出来たのではないか、と私は考えている。

というのも、私はここ2年ほど、アラスカ大学内に設置された地磁気モニター(私が、HAARPモニターと呼んでいるもの)を観察し、その読み方を個人的に研究して、いつしかおおよその振る舞いを理解できるようになり、今回の地震をある程度予知できたからである。しかし、残念ながら、たった1日前のことであった。

私が、昨年上田博士のプロジェクトの話を個人的にインターネットで見つけて驚いたのは、このプロジェクトが出来ていれば、確実に1、2週間前には、地震の短期予報ができたにちがいないと思ったからである。

それが、どういうわけか、「地震予知はできない。問答無用。これは政治的判断だ。」といって、文部科学省からこのプロジェクトは切り捨てられてしまったのだというのである。
 これらのことから電磁気的地震予知は案外うまくいくかもしれないぞと張り切って、国際的な外部評価委員会に評価を受けたのですが、時すでに遅く、その前に「短期予知は不可能」というお国の基本方針が決定しており、我々の計画は止められてしまいました。「評価がこんなに高いのにどうして継続できないのか」と担当官にきくと、「問答無用。あれは科学的評価。我々は政治的評価をする」とのことでした。これは我が国の評価システムの汚点となる事件だったと思います。さて、そうなると、全国に四十数点つくった観測点は片端からつぶされ、定職をなげうって各地からはせ参じた同士たちも失職、いまや、我々は残党になってしまいました。

もう一度、上田誠也博士のラストメッセージをここにメモしておこう。
ラストメッセージ

 「地震短期予知」は容易ではないが、不老不死の薬や永久機関をつくるのとは違い、普通の意味の科学的作業です。科学の正道を歩みさえすれば成功は射程内にあります。しかし、これには今の研究不在体制を変えるイノベーションが絶対必要です。さもなくば、それこそ当分は無理でしょう。私は地震観測をするなといっているのではありません。それも重要だが、人員と予算の1%でも「短期予知」に投じてはといっているのです。爆発的な人口増加・経済発展の期待されるアジア・中東・中南米諸地域には大地震が多いのですから、「短期地震予知」はこれらの地域の住民にも大きな安心・安全をもたらすに違いありません。それは我が国が成すべき、かつ成し得る最大級の国際貢献ではないでしょうか。時間になりました。ご清聴有難うございました。

東大にもこんなにすばらしい学者がいるのだヨ。

今後は、この上田誠也博士の「地震総合フロンティア計画」に沿って、従来の地震波研究に加えて、地震電磁波研究を延ばしてゆく他はない。

そもそも、私が自分の理論物理の研究の合間にかなり時間を裂いてまでしてこれまでHAARPモニター観察をやって来たかと言えば、地震電磁波で地震を予知することが出来るという格好の例に出会うためであった。私のような個人研究者であっても、それなりの設備と情報と根気があれば、だれでも地震を予知することが可能なのだという先例を作りたかったのである。もっと小さな地震で。

不幸なことに、これほど巨大な地震がその例になってしまったが、たくさんの地磁気計のネットワークや、人工衛星を使った電離層の電子密度変化の観測、ラジオ受信観測所のネットワークによるラジオ電波の変化の観測などを行えば、大きな地震ほど見事に予知することが可能なのである。電磁波による地震予知はけっして従来の地震波による地震予知と相容れないわけではない。両者はいつも裏腹の関係になっているのである。互いにうまく補いあえる関係になっているのである。見事な結婚を期待したいものである。

そんなことの実現できる日を私は夢見るのである。
[PR]

  by Kikidoblog | 2011-04-04 16:35 | 地震・地震予知・噴火

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE