2011年 04月 12日 ( 3 )

 

ロズウェルの円盤墜落事件は事実だった!:FBIが証拠を暴露した!?

みなさん、こんにちは。

これは興味深い緊急ニュース。福島原発のことはちょっと忘れよう。以下のものである。

FBIがホームページでUFOについての文章を公表しています。英Daily Mail紙
元記事:The memo that 'proves aliens landed at Roswell'... released online by the FBI
FBIのUFOサイト
e0171614_19231574.jpg

e0171614_19231817.jpg

e0171614_19232216.jpg

e0171614_1923246.jpg

e0171614_19232764.jpg


まあ、驚くことはない。ここでもすでに何度も取り上げて来たものであるからである。ブログ内検索で「ロズウェル」と検索すれば沢山のものが出て来るはずである。以下のものである。

ロズウェルの宇宙人死体:未来地球人のものか?
すべてはここから始まった!:「ロズウェルの宇宙人捕獲」事件

この中のRoswell Alien Autopsyが、問題のYouTube番組である。

阿修羅の記事の著者が言うように、どうしてこの時期にこんなUFO宇宙人暴露がFBIによって行われたのか? これは実に不思議である。

検索をかけて来る人物のIPアドレスを採取する目的なのか? ウィキリークスに動きがあるのか?
はたしてどんな意図があるのかは定かではない。

今後を注目して行きたいところである。
[PR]

  by Kikidoblog | 2011-04-12 19:46 | 未知の宇宙文明

「頑張るな、日本!」「あきらめろ、民主党」:このまま行けば、チェルノブイリの10倍になるだろうヨ!

「でもねえ」
「原発は安全だって。危険なのは操作のミスで、原発そのものに危険はない」
「絶対ミスは犯さないから、問題はないって抜かした奴は、許せない」
「あいつらみんな縛り首にしなくちゃ」
「死んだって死にきれないよー」

「大丈夫。そりゃー、放射能がちゃんとやってくれますよ」

黒沢明「夢 赤富士」より


みなさん、こんにちは。

いやはや、日本の顔だとか、日本の政治家だとか、日本の学者だとか、日本の専門家だとか、言っていた連中がいかに馬鹿な連中だったかということが日本中はおろか全世界に暴露されたようである。

まあ、そりゃあー、そうだろう。私は晩酌はしないし、酒も滅多に飲まないが、私の知っている科学者も、藤田まこと演じる刑事のように、仕事が終われば、毎晩飲み屋に通う有様である。それと同じで、昔の政治家は国会が終われば、赤坂の特別室(売春宿)の付いた日本料亭へ通ったものである。そして、今の菅直人在日政権の場合には、赤坂の「韓国クラブ」で毎晩キーセン遊びであるという話である。

こんなわけだから、片時も頭を鍛える時がない! これでは、脳みそは腐ってゆく一方である。かたや、世界の一流どころは、かのガンジーのように「明日死ぬと思って生き、永遠に生きると思って学べ」と日夜勉学し、考究し、思考しているのである。差がつく一方だ。これじゃ、「馬鹿なアジア人は無駄飯ぐらいだから、早く絶滅しろ」と言われても反論しようがない。

スピリチュアル系の世界では、死後の世界に持ってゆけるのは、知恵と経験だけという話である。生前学ばねば、何も持ってゆけずに、またこの地球の生き地獄を味会うはめに落ちいるというのである。馬鹿者は何度でも地球に生まれ変わってしまうのだとか。そんなまことしやかな伝説がささやかれている。

さて、大方の予想通り、再び東電と枝野は国民を欺いた結果に終わったようである。
福島原発事故、最悪の「レベル7」に引き上げ
e0171614_13403584.jpg

経済産業省原子力安全・保安院は12日、東京電力福島第一原子力発電所の事故について、原発事故の深刻度を示す「国際原子力事象評価尺度(INES)」の暫定評価を最悪の「レベル7」に引き上げると発表した。
 これまでに放出された放射性物質の量を、周辺で観測された放射線量などから計算した結果、「7」に相当する「数万テラ・ベクレル以上(テラは1兆倍を示す単位)」に達したためだ。
 「7」は0~7の8段階で最高レベルにあたる「深刻な事故」で、過去では1986年に旧ソ連で起きたチェルノブイリ原発事故が唯一の例だ。保安院の推計によると、福島第一原発で放出された放射性物質の量はチェルノブイリの10分の1程度だった。
(2011年4月12日12時20分 読売新聞)

枝野氏、レベル7で陳謝「申し訳ない」
e0171614_13464112.jpg

 枝野幸男官房長官は12日、福島第1原発事故の国際評価尺度が最も深刻なレベル7となったことを受け「周辺住民、国民、国際社会に対してこうした事態になって申し訳ない」と陳謝した。
 同時に「(旧ソ連の)チェルノブイリ原発事故と違い、事故による直接的な健康被害は出ていない。今後もそれを最優先にしっかり取り組む」と強調した。都内で記者団の質問に答えた。(共同)

この2人はどこまでアホなのか?

カツラを被った西山が話す度に、もう髪の毛が一本もない、はげ頭状態の福島第一原発をさもまだ大丈夫と隠しているかのように聞こえるから困る。はやく正体を告知して、かつらを取れ。
e0171614_1340436.jpg


枝野は、ちょうどこの彼が初の選挙の時に、我が家は彼の選挙区の埼玉5区だったか、朝霞市に住んでいた。そこで比較的弁の立つ若手登場ということで私も妻も枝野に入れてやり、初当選だったのである。その時、こやつが元革マル派の左翼であると知っていれば、もちろん即刻潰したことだろう。しかし、こいつはそういうことをすべて黙って当選したのである。だから、この人物は「騙しのプロ」と言えるだろう。そんな御仁が、「(旧ソ連の)チェルノブイリ原発事故と違い、事故による直接的な健康被害は出ていない。」と言ったところで、焼け石に水。今では、原発に水。どうしようもないということである。

チェルノブイリはたったの一機の破損事故。今回は6機の破損事故。このまま行けば、チェルノブイリの数倍以上の被害は必至なのである。

枝野に望むのは、「今後も頑張る」のではなく、
e0171614_13465230.jpg

「即刻、議員辞職してください。お願いです。」ということである。

「頑張れ日本」ではなく、「もう頑張らないで、日本」というところですナ。菅直人、枝野民主党に頑張られたら、本当にもうすぐ日本は終焉する。私の1年前の予感はこれまた大当たりということになる。
菅直人政権の”未来”は?:おそらく日本経済破綻、日本破滅!


おまけ:

頻繁に小出博士の部屋に電話して邪魔するエージェントがいるようですナ。頑張れ、小出博士!

おまけ2:
「反戦ソング」ならぬ、「反原発ソング」集:ロックは曲じゃない。反権力に限る!
「電気は余っているんだってよ〜〜」「原発は、あぶねえ、あぶねえぞ〜〜」
「放射能はいらねえ〜。牛乳をのみてえ〜」

おまけ3:
成田―那覇を片道980円で スカイマーク

 スカイマークの西久保慎一社長
e0171614_18364511.jpg

は12日、ことし11月から順次就航する成田空港発着の新千歳、旭川(北海道)、那覇、福岡の4路線について、開設当初の3カ月間に一部座席を片道980円で販売することを明らかにした。1便当たり平均20席限定となるが、首都圏から北海道や沖縄へ「散歩気分」で行けそうだ。
 東京都内での事業計画説明会で表明した。全日本空輸は関西空港を拠点とする格安航空会社を2011年度後半から運航する計画で、西久保社長は「われわれも時流に乗り遅れないようにしたい」と対抗心を示した。

この社長は本当の日本人かどうか定かではないが、これはどうみても「東京の人、早くお逃げなさい」というメッセージですナ。「片道980円」だから。
[PR]

  by Kikidoblog | 2011-04-12 13:57 | 原子炉被災

「人工地震」のふるさと:「地下深部掘削船ちきゅう」の開けた「墓穴」の数々

みなさん、こんにちは。

今や「人工地震」、それもM9並みのメガ地震と言えば、HAARPより「地下深部掘削船ちきゅう」の「10km震源地地震」が有名になってきた。電磁波兵器としてのHAARPもパワーに制限があるため、それほど地下深部の最奥までは到達しない。しかしながら、「地下深部掘削船ちきゅう」なら、「正確に10km」、というより「ミリ単位で厳密に10km」
e0171614_1183721.jpg

(ピンボールって一番下でドンパチやるゲームですナ。)
まで掘削可能なのである。なぜなら、掘削ギアによって地下資源をカラム内にミリ単位で収穫できるような設計になっているからである。そうやって地下の地殻層の年代を測定するのである。

さて、そんな「ちきゅう」の活動状況をにわかに紹介しているYouTube番組を見つけたので、今回はこれをここにもメモしておこう。以下のものである。

ちきゅうTV Vol.1 熱水海底下生命圏を調査!(後編)

(これは、沖縄沖
e0171614_11384869.jpg

を掘削したもののシリーズ。ここからどんどん見ることが出来る。)

ちきゅうTV Vol.8 巨大地震発生メカニズムを調査!

(これは、末恐ろしいことに、南海沖を掘削したもののシリーズ。)

過去の掘削計画は、以下のもの。
研究航海
e0171614_104624.jpg


2007年9月~11月から、2010年12月~2011年1月までの研究航海のおかげで、今や南海トラフはずたずたにされたようである。以下のものである。
e0171614_106852.gif


このプロジェクトが、
e0171614_1064258.jpg

と銘打ってあるように、この「ちきゅう」の研究員たちは、巨大地震が起こることを待ちわびている(いた)ようである。巨大地震が起これば、その次に何が起こるか? 何万人もの人々が一瞬にしてなくなり、何十万人もの人々が家屋を失う。こういうことを想像することがこの人々には出来ないらしい。その証拠が以下のYouTube番組である。

ちきゅうTV Vol.9 巨大地震発生メカニズムを調査!


ちきゅうTV Vol.10 巨大地震発生メカニズムを調査!


ちきゅうTV Vol.11 巨大地震発生メカニズムを調査!


ちきゅうTV Vol.12 巨大地震発生メカニズムを調査!


まあ、これを観てすぐにわかることは、このお馬鹿な世間知らずの若い日本人研究者たちは、いわゆる「お客さん」であり、実際に実労働を行っているのは、アメリカメジャー(石油会社)の掘削職人たちであるということである。掘削にはそれなりに経験が必要であり、ボーリング経験のない日本人にはできない。だから、掘削の実労働はアメリカの白人が入り込む隙があるのである。

ここに人工地震(爆弾による)の危険性の入り込む隙があるというわけですナ。福島原発の保安会社がイスラエルの専門企業だったというのもまったく同じことである。

IODPとか、インターナショナルという名前がつくと、さも国際的なグローバルな最先端の仕事をしているような気分が得られ、若い日本人研究者はさもすごいことをしているような錯覚に陥る。これが「マインドコントロール(洗脳)」と我々が言っているものなのである。若者を洗脳することは非常に容易い。これが最先端だ。これが今の時流だといえば、かつての勝海舟や坂本龍馬のようにすぐに洗脳できるからである。

問題は、この掘削の最終のところで、かなり大きなロート状の黄色いキャップを海底に残すところである。私はもっと厳密に封印するのかと思っていたら、ほとんど穴の空いたキャップをそのままにしておくようである。まるで、海底にロートを突っ込んだようなものである。

これでは、後からどこかから潜水艦がやって来てそこに爆弾を仕込んだとしても解らない。一説では、あのシーシェパードのワトソンも個人的にロシアの潜水艦を持っているとも言われている。海のギャングや米軍の原子力潜水艦がやって来て、海底せいぜい数百メートルの水深だから、そこで爆弾設置作業をしたとしても、「ちきゅう」プロジェクトのこういう馬鹿な日本人科学者たちは知る由もないだろう。世間知らずもたいがいにしろ!ということである。

さて、ではそもそもこの「ちきゅう」というプロジェクトを組んだ悪玉はだれだったか? 

今流行の東電の清水社長やIAEA会長に治まっている天野之弥事務局長のような役割を果たした人物がいたのである。
Wanted! 即刻こいつを逮捕せよ!:原発のドン、天野之弥帰国
それがこの御仁。加藤康宏
(東大卒の悪者はなぜかみんな同じ顔つきをしていますナ。)
e0171614_10342534.jpg

である。
略歴 [編集]

1967年(昭和42年) 東京大学工学部卒業、科学技術庁入庁
1981年(昭和56年)7月1日 科学技術庁原子力局調査国際協力課原子力調査室長
1983年(昭和58年)10月1日 科学技術庁原子力局調査国際協力課長併任原子力局調査国際協力課原子力調査室長
1983年(昭和58年)12月27日 原子力局調査国際協力課原子力調査室長併任解除
1986年(昭和61年)1月1日 科学技術庁計画局科学調査官
1986年(昭和61年)7月1日 科学技術庁科学技術政策局計画課長併任内閣官房内閣内政審議室内閣審議官
1987年(昭和62年)9月1日 工業技術院標準部材料規格課長
1989年(平成元年)6月27日 科学技術庁原子力局動力炉開発課長
1990年(平成2年)5月8日 科学技術庁長官官房秘書課長
1992年(平成4年)6月23日 通商産業大臣官房審議官(通商政策局担当)
1993年(平成5年)6月25日 科学技術庁長官官房審議官併任科学技術振興局
1994年(平成6年)7月1日 科学技術振興局併任解除
1995年(平成7年)6月30日 科学技術庁研究開発局長
1997年(平成9年)1月17日 科学技術庁原子力局長
科学技術庁科学技術政策局長
1999年(平成11年)7月6日 科学審議官
1999年(平成11年)11月24日 科学技術事務次官
2004年(平成16年)4月1日 独立行政法人海洋研究開発機構理事長

この人は、原子力担当者でもあったのである。心底の悪ですナ。

この人物が「天下り」したのが、「独立行政法人海洋研究開発機構(JAMSTEC)」というものである。この組織が、税金でさまざまな海洋研究のための船を発注(建造ではない!)し、そのうちに出来たのものが「地下深部掘削船ちきゅう」というものである。

面白いのは、話はこれで終わらない。
地球深部探査船「ちきゅう」の引渡し及び今後の予定について
によれば、「ちきゅう」を建造したのは、三菱重工業(株)長崎造船所であった。それが平成17年7月29日(金)にJAMSTECに引渡しされたのだが、所詮は日本人研究者は、文科省の公務員の大学研究者でしかいない。日本の進学エリートの馬鹿ものたちに、掘削技術は0。どこにも掘削できるエキスパートがいないのである。

そこで、この加藤康宏が悪巧みを考えた。それが、「GODI(グローバル・オーシャン・ディベロプメント)社」という民間の会社を作って、「ちきゅう」の航海や運営をそこに丸投げするということである。
3.運用体制について
 平成17年度の「ちきゅう」の試験運用については、システム全体の総合的確認等を行いつつ、上記 の計画を責任を持って適切に遂行していくため、当機構自ら行うこととしました。その際、運航関連 業務については、当機構にGODI(グローバル・オーシャン・ディベロプメント)社等から人的協力等をいただいて実施し、掘削関連業務については、Smedvig社(ノルウェー)への委託により実施していく予定です(船長(予定):市山 和男(いちやま かずお)GODI社から)。
 なお、当機構としては、「ちきゅう」の本格的な運用体制について、引き続き検討していく予定で す。

これは、ちょうど経済産業省が原発を東電に丸投げしたようなものである。一方東電はそれをイスラエルの会社にメンテナンスを発注したというようなものである。この加藤も「科学技術庁原子力局長」だったのだから、発想が同じなのは当然だろうヨ。

要するに、JAMSTECは、日本人研究員を「ちきゅう」のお客様にして、さまざまな掘削プロジェクトを発案させ(表向きの目的を作らせ)、実際の「ちきゅう」の航海や掘削は、民間会社のGODI(グローバル・オーシャン・ディベロプメント)社とノルウェーのSmedvig社に丸投げしたのである。まあ、実質的には、海外の石油メジャーに乗っ取られたということですナ。こうやって権威欲、名誉欲の尽きない官僚上がりの日本人が、税金で作ったものを、自分のさらなる出世のために欧米のイルミナティー企業に貢いでゆくというわけですナ。

ちなみに、いつしか、このグローバル・オーシャン・ディベロプメント社という謎の民間会社が今度は2008年に「日本マントル・クウェスト社」という、さらに謎の会社を作り出した。
e0171614_1136178.jpg

そしてついに裏で地震ビジネスを始めたということのようである。というのも、今や世界中を地震で奈落の底に突き落としているらしい謎の研究集団が、IODPというものである。プーケットの大地震も連中が関与したのではないかと噂されているものであるからである。(だいたい民間人といっても、立派な工作員でありうる。今やCIAのような国家公務員型のスパイ組織は古い。昔の話である。今の現実では、NSA(国家安全保証局)という形の民間組織の方が上だと見なされているのである。NSAが民間人のエージェントに「エコノミックヒットマン」を送り出す時代なのである。実際、イラクの米軍武装集団の大半が、チェイニーの民間軍事会社のブラックウォーターという会社の派遣した民兵である。民間の会社という意味は、もちろんロスチャイルド/ロックフェラー帝国の職員という意味である。言い換えれば、米国や英国とか日本とか、国単位の組織より、国際寡占勢力/銀行家の持つ民間組織や民間会社の方が強いということである。)

こうやって、日本近海には、いつでも爆弾を仕込むことが可能な穴が今や無数に開いているのである。

おそらく、来年はこの「ちきゅう」が南海トラフに開けた穴を使ったメガ地震がおこるのだろうと私は推測しているというわけですナ。実際、今回の関東・東北の地震はまったくこちらの四国には到達していないのである。プレートが2つはなれているために、四国は全く揺れていないのである。だから、その次に狙われるのは、間違いなく、東南海プレートであろう。ひょっとしたら、我々の命も来年の2012年で尽きるのかもしれないですナ。

まあ、今や明らかになったことは、東大というのは、日本人を絶滅させる為に作られたイルミナティーNWO側の組織だったということである。かつて30年ほど前に、羽仁五郎博士が、「文部省廃止論」を唱えて、20年ほど前に私が「東大廃止論」を唱えたのだが、あながちそういうものは間違っていなかったということのようである。


おまけ:
世界中の危ない場所ばかり掘削している連中なのである。
e0171614_11393339.jpg

(ここをやられたら、日本人はおろか地球人類が滅ぶ。「ちきゅう」と付けたのは、そういう意味もあってのことだろうナア。「地球」を滅ばす「ちきゅう」ということですナ。)

e0171614_11393785.jpg

[PR]

  by Kikidoblog | 2011-04-12 11:09 | 地震・地震予知・噴火

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE