2011年 04月 15日 ( 2 )

 

「人工地震」の見分け方:mb−Ms/mbプロットを作れ!

みなさん、こんにちは。

ここ数日私は、「人工地震の見分け方」を勉強していた。やっと理解できたので今回はこれをメモしておこう。私が調べた範囲では、この研究もすでに欧米ではかなり長い歴史があるようなので、そんなものをいちいち紹介してもしょうがないから、結論だけ先に述べておこう。

結論からすると、「人工地震と自然現象の地震は見分けることが出来る」ということである。その証拠が以下のものである。

A probability of detection method for reducing short-period mb-Ms false alarm rates
e0171614_21442851.jpg


ここで、このグラフにある、mb、Msとは何か?

これは、地震を見れば、書いてあるように、地震の規模を表す単位のことである。
日本では、気象庁が独自の定義による気象庁マグニチュード(Mj)を発表しており、日本ではこれを単に「M」と表記することも多い。これに対し、多くの国では表面波マグニチュード(Ms)や実体波マグニチュード(Mb)のことを、単にマグニチュードと呼ぶことが多い。

mbは、地震が最初にやって来る「P派(実体波)」の地震規模を定義する。それに対して、Msは、その次にやってくる「S波(表面波=レイリー波)」の地震規模を定義しているというわけである。

マグニチュード
Earthquake size

e0171614_2155996.gif

地震動を地震計で測定すると、この図のように、一番最初にまず「P波」がやって来る。この振幅から、この大きさmbが分かる。そして何秒か後に「S波(表面波)」がやって来る。この振幅がMsである。

日本の地震動による地震予知は、この原理を使っているわけである。まず「P波」をとらえて、その規模から「M5の地震が来ます。地震に備えてください」とメッセージを出すわけである。そして実際に20秒ほどして「S波」が到達する。そしてしばらくして、その「S波」の地震規模から、「実は先ほどの地震の震度はM4.5でした」とかいうわけである。

この時の一番最初のものがmbであり、後のものがMsなのである。経験上、多くの場合、mb>Msであるらしい。

さて、巨大地震が来ると、その後も余震というものが続く。そこで、その度に、mbとMsを測定し、記録すると、何度も何度も余震のデータが揃うはずである。そこで、この時、実体波の規模mbと表面波の規模のずれ、すなわち、mb-Msと実体波の規模mbでプロットしたものが、一番最初のグラフである。

こうすると、実は、原爆(核爆弾)による地下核実験で生じた巨大地震とプレートのきしみで生じた自然の巨大地震の差が現れるというのである。□が自然の地震、○が爆発によるものである。

問題は、日本の地震学分野では、マグニチュードの定義が欧米と異なり、独自の方式、気象庁方式でやっている。そのおかげで、Msもmbも見境いなくMの一種と考えているようである。そのせいか、この2種類の区別に関わる研究がほとんどないようである。したがって、この研究のような、人工地震と自然地震の区別の研究が乏しいようである。もっとも、日本には核爆弾がないから、そもそも核爆弾による人工地震と自然現象を比較するという動機が無かったということだろう。

一方、欧米では、たとえば敵国で地震が起こった場合、それが地下核実験によるものか、自然現象かを知る必要があった。だから、かなり昔からこの手の研究が必要であったようである。さらに、ネバダの核実験で無数に穴を開けているから、その人工地震のデータが蓄積されていたというわけである。
e0171614_1023286.jpg


そんなわけで、爆弾による人工地震か、自然現象による地震かは、見分けることが出来るというわけですナ。

日本の311のデータを持っている人がいるのであれば、ぜひmb−Ms/mbプロットを作ってみることをお勧めする。それができれば、即刻、人工地震かどうか判別可能であるということになるだろう。

さて、最後に「HAARPによって引き起こされた人工地震」の場合はどうか? これも見分けることが出来るのか? 残念ながら、これについてはまったく研究が公表されていないようである。おそらく、この場合は、震源の深度分布が有効になるだろうと思う。例えば、震源地10kmが異様に多いとか、震源地の場所が正方形だったとか、そういったもので判別できるはずですナ。
e0171614_22305113.jpg


何事も頭使って考え抜けば、それなりに分かるようになるというわけですナ。


参考:
A probability of detection method for reducing short-period mb-Ms false alarm rates
Shear velocity logging in slow formations using the Stoneley wave
http://redalyc.uaemex.mx/pdf/568/56838105.pdf
[PR]

  by Kikidoblog | 2011-04-15 22:31 | 地震・地震予知・噴火

日本の地磁気モニター群に地震波か?

みなさん、こんにちは。

いやはや、アラスカのHAARPモニターが閉鎖。京大の世界地磁気ネットワークが突然の閉鎖。いまや国内唯一の”目”となった、地磁気ネットワーク。悪漢の、気違いロバート・ゲラー博士のせいで、いまや絶滅の危機にある、地震予知学会。もはや日本は風前の灯のようである。

さて、
地磁気データのプロット
を見ると、昨日と同様に、「地震電磁波」が出ているようである。

まず、宇宙天気ニュース
によれば、
2011/ 4/14 12:15 更新
太陽風の速度は400km/秒台に下がっています。オーロラの活動も一段落です。

しばらくかなりのオーロラ活動があったようである。

次に、上サイトの中で、国内の観測所の、MMB(女満別)、KAK(柿岡)、OKI(沖縄)
(これらの位置関係は以下のものである。)
e0171614_10192821.jpg

をクリックして、「描画」を押すと、以下のものを見ることが出来る。

MMB(女満別)
e0171614_9343540.jpg

KAK(柿岡)
e0171614_9345252.jpg

OKI(沖縄)
e0171614_935091.jpg

ここで、地震電磁波に直接関係があるのは垂直成分(Z成分、青色)である。アラスカのインダクションモニターのように、周波数成分まで見ることが出来れば理想である。地震電磁波の周波数は超極低周波であるため、ほとんど周波数ゼロを持つ。波長で言い換えれば、地球サイズの長さを持つ電磁波のことである。だから、地球上のどこかで地震電磁波が生じると、ほぼ一瞬にして伝達されるのである。同時に、ほとんどの物体が障害となることがない。ぜひ3軸方向の地磁気モニターで、インダクションメーターとマグネトメーターの2種を設置することを期待したい。

今現在、柿岡のモニターが一番大きく揺れ出して来ていることがわかる。他の2つもかなり揺れ始めている。いずれにせよ、今は日本上空の地磁気はかなり変動していることは間違いない。あとは、こうしたネットワークを使って、震源地を特定できればすばらしいということになる。

備えあれば憂いなし。


おまけ:
ところで、311の前頃から、ここ徳島の地上波(アナログ)テレビの画面が非常にちらついていた。明るくなったり暗くなったりちらちらしたり、つぶつぶが出たりと忙しかったのである。地上波は、電離層に電波を当て反射してこちらへ到達するため、反射する場所の電離層が地震電磁波やラドンイオンの上昇で乱されると、安定して電磁波を反射できなくなるからである。

同じことはラジオ放送にも言える。FM電波観測というものが地震予知に有効なのはそのためである。かつて神戸淡路大震災の後、八ヶ岳の串田さんの観測所がすばらしい活躍をしたが、そこを即効で潰しにかかったのがやはり東大の科学者集団であった。それ以来、串田氏は元気がなってしまった。もしあれがそのまま継承され、いままで続いてれば、おそらく今回の311ほどの巨大な地震は2週間前には予知できたはずである。

さて、そんな「テレビ画面のちらつき」が今日も頻繁に現れている。これは、電離層に異常があることの証拠である。関東地方は要注意である。

地上波テレビがなくなれば、もちろんこういう電離層の異常も感知できなくなる。これまた地磁気モニターの閉鎖と同じく、徹底して地震予知を邪魔する方向にあるということですナ。世も末ですナ。


おまけ2:
あきらメソッドの大森晃氏が大変心強いメッセージを出している。以下のものである。
NEW 地震メモ; 「地震予知は可能か?」
茨城新聞04/14朝刊によると、東大のR教授(地震学)は、「地震予知は不可能だから、研究を止めてしまえ!」の報道があった。確かに、東日本大震災まで数多くの被害地震が発生したにも関わらず一度も予知できなかった。地震予知は、「難しくて出来ない」との観念が地震学者さんや専門家の間にあると思う。しかし、アキラ・メソドは、地震予測(予知)に成功し完成したのである。これまで、予測に必要な原理・原則を述べてきたが、それ等をどのように駆使しているかに付いては、インターネット上で公開していない。何故なら、バックランドの乏しい状態で、沢山の方々が予測情報を垂れ流せば、社会騒乱を引き起こすが故である。科学の進歩は、「創意・工夫・発明・発見無くして進歩無し」が私の信条である。物事(事象)を出来るだけ易しく考え、目的を果たす、つまり「シンプル イズ ベスト」である。子供の遊びの科学を、大人の科学に置き換えれば容易に解決出来る問題である。

前兆現象の把握; 気象庁 日本近辺で発生した有感地震に於いて
過去の地震前兆現象・・・全て前兆現象有り。(100%)
M7.0以上          1998年01月01日~2009年08月31日  33件
M6.0~M6.9        2000年01月01日~2009年08月31日 151件
M5.9以下 震度5弱以上 2004年01月01日~2009年08月31日  34件
予測地震・・・観測データが正確な時は、全て地震発生である。(100%)
2009年  30件
2010年 224件
2011年  43件
今後の地震予知推進について; 地震予知の方法が完成したら、どの様に推進すれば良いのか?
ご拝読の皆様、考えたことが有りますか? 私は、今日まで、沢山の人々・政府機関・計測器メーカ・経団連・マスコミ・神戸市長・東京都知事・USGS等に2009年09月から啓蒙活動を展開してきました。しかし、殆どが黙殺です。(USGSからは、研究の結果、既にそんなことは無いと返事が有りました。)
地震計は、地震の結果計である。地震を予知する為には、地震予知計を敷設しなければならない。
東日本大震災に間に合わず、被災された方々に大変申し訳ないと思う今日この頃です。
私からの提案については、別の機会に述べたいと思います。 2011年04月15日 大森 晃 記。

私も全く賛成する。ロバート・ゲラーは、(本当に博士かどうかすら知らないが)お引き取り願う他ないだろうヨ。このゲラー博士は世界の科学界の恥である。世界中でみんな本気で命をかけて地震予知の研究をしているのである。一番進んでいたのがギリシャであり、VAN法が有名だったが、そこもまたイルミナティNWO陣営の邪魔が入り、研究は頓挫したようである。

物事はいつも一長一短がある。すべては裏腹なのである。仮に地震を電磁波で起こすことが可能であるなら、逆に地震を電磁波で防ぐことも可能なのである。まだここまで研究が進んでいるところはないだろうが、物理学では自然界には「双対性」、「相補性」、「デュアリティー」という概念や原理がある。物事には、すべてにおいて必ず抜け穴や抜け道が存在するのである。例外の無い規則は無いように、かならず自然界には解決法が存在するのである。
[PR]

  by Kikidoblog | 2011-04-15 09:40 | HAARPモニター観察

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE