2011年 04月 29日 ( 2 )

 

福島第一原発が今夜も光っている!:ちょっと大きくなったような?

みなさん、こんにちは。

私は、東電と保安院が「水棺」処理をやるという話が出て来てから、悪い予感がするので、毎日ふくいちライブカメラを眺めることにしている。今見ると、いつもは真っ黒の暗闇しか映らないカメラになにやらうっすら青い光が見えるような気がするのだが。以下のものである。

ふくいちライブカメラ
(オリジナル画像)
e0171614_20332612.jpg


これは見にくいので、カラー調整してみると、こんな感じ。
e0171614_203338100.jpg

(昨日の画像)
e0171614_2143645.jpg

(これは前に光った場所)
e0171614_104922100.gif


今夜もまた確かに何かが光っている。昨日のものより光の領域が広がっているように見えるのが気がかりですナ。
[PR]

  by Kikidoblog | 2011-04-29 20:36 | 原子炉被災

福島原発崩壊事故には、「ドリームチーム」が必要:原発はあぶねえぞ!地震に弱いんだってヨ!

みなさん、こんにちは。

いやはや、何事も本物の専門家の意見を聞くべきである。放射能障害に関しては、広瀬隆氏、原子炉事故に関しては、京大原子炉研の小出裕章博士、原子炉の爆風に関しては、アメリカのアーニー・グンダーソン博士、そして、福島第一原発の原子炉そのものについては、設計者の元GEの菊池洋一氏のことばを聞くべきである。したがって、当然、日本政府官僚、東電、保安院もまたこれらの人々の考えを聞き、それに従うべきである。

広瀬隆氏
広瀬隆氏 ニュースの深層3-17(木)2.flv


京大原子炉研の小出裕章博士
京大小出「汚染水、1号機だだ漏れ?プルトニウム、アメリウム、キュリウム、なんじゃそれは?」4月28日たねまきジャーナル?

アメリカのアーニー・グンダーソン博士(全部英語のみ)
Gundersen Postulates Unit 3 Explosion May Have Been Prompt Criticality in Fuel Pool


福島第一原発の原子炉設計者の元GEの菊池洋一氏
菊池洋一氏(元GE技術者・福島第一原発設計者) 2011年4月21日

こういう本当の専門家たちによる「オールジャパン体制」の「ドリームチーム」を早急に立ちあげるべきである。

(あ)まず、グンダーソン博士の「3号機爆発」の問題は、私が以下のもので書いたものとまったく同じ見解であった。
福島原発3号機の大爆発は何だったのか?:水素爆発?水蒸気爆発?核爆発?
detonationとは、爆風が音速を超えるもの。
deflagrationとは、爆風が音速を超えないもの。

という定義がここでは示されている。水素爆破は炎を伴わない、水素と酸素が水に変わる反応であり、1号機の爆発がこれにあたる。しかし、3号機のものは、炎を伴い、強烈な垂直のベクトルが加わり、物体を吹き上げた。これは水素爆発ではない。水蒸気爆発でもない。臨界による核爆発である。その証拠に、プルトニウムやアメリウムなどの核分裂でしか生じない放射性物質がアメリカでも観測されたということである。

(い)岩上氏の菊池洋一氏へのインタビューは必見である。菊池洋一氏の口から非常に多くの原子炉システム内の微妙な調節を行うための専門用語が飛び出してくる。このどれ一つも保安員や東電の職員たちの口から出て来たものはなかったのである。このことからも保安院の西山英彦審議官も東電社長の清水正孝もまったく現場が理解できないに違いない。

問題なのは、原子炉を直に設計し、現場監督として、その製造過程からすべて指揮し、監督して来たその本人が、地震のない国アメリカで設計された、GEの原子炉構造

e0171614_10462810.jpg

e0171614_10483646.jpg

(スカートとは、この図の金色の部分)

地震国の日本には適さないと言っていることである。特に、格納容器と圧力調整プールを繋ぐ「スカート」と呼ぶ部分の構造は実に華奢で、地震による垂直の突き上げ振動や横揺れ振動を受けたらすぐに破損するというのである。さらに、格納容器の内部の冷却用配管や緊急時の調整用の配管などは、上から吊るす形で溶接設置されているため、
e0171614_9161636.jpg

振動に弱く、すぐに破断すると言っているのである。

これまで、日本のGE製の原子炉は、電源があれば何とかなる。だから、電源を異なる予備電源を備えれば何も問題ないと考えられて来た。東電も日本政府も官僚も東大エリートもみなそういって来た。しかしながら、設計し作製した本人が地震には非常にもろい構造であると主張しているというわけである。

以上のすべてを考慮しても、日本は全原発を即刻稼働停止、そして逐次廃炉にしてゆくべきだろう。私はそう結論せざるを得ないと思う。このまま地震やその余震が続くのであれば、今度は、新潟や六ヶ所村、福井など他の場所の原子炉も福島化しないともかぎらないからである。
[PR]

  by Kikidoblog | 2011-04-29 10:30 | 原子炉被災

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE