2011年 04月 30日 ( 4 )

 

東京壊滅まで”秒読み段階”か?:福島第一原発1号機が水素爆発の危機にある!?

みなさん、こんにちは。

いよいよ、東京最後の日。そして日本最後の日まで秒読み開始。
10、9、8、7、6、5、4、3、2、1、?
福島第一原発1号機の格納容器内圧力が、大気圧以下への秒読み開始段階のようである。

★もっとサバイバル (6) :福島原発1号機警戒警報発令!

◆2011/04/30(土) もっとサバイバル (6)
突然ですが,警戒警報 を出します.(情報拡散も!)
警戒すべきは,東電・福島の1号機.
現在,水素爆発する寸前!という状態です.
つまり,原子炉内,格納容器の圧力が下がって来ているのです.

  27日午後4時  0.14メガパスカル
  28日午前5時  0.125メガパスカル
  29日午後1時  0.105メガパスカル

0.1013メガパスカル(大気圧)以下になると,水素爆発を起こすと思って下さい.
つまり,格納容器の圧力が大気圧より下がると,酸素を含む空気が格納容器内に
入り込んで,水素爆発が起きます.

もし今回,水素爆発が発生すると,関東・東北は再度,放射能で汚染されます.
また.1号機の水素爆発で,2号機,3号機,4号機の爆発が誘発されます.
そうなると,関東・東北は最悪の状態になります


この連休中は,浮かれないで,厳重に注意して下さい.

さいわい,1号機の水素爆発の心配が解消すれば,警戒を解けばいい.
用心深い,賢明な生き方(=サバイバル)とは,そういうものです.


実際に格納容器内の圧力は順調に落下中。
1号機 格納容器圧力推移
e0171614_23462042.jpg


一両日中にも水素爆発か、水蒸気爆発か、核爆発か知らないが、3号機がやったものの数十倍以上の放射能をまき散らすのではないだろうか?

黒澤明監督の「赤富士」状態が近いということですナ。
たぶん、東電職員はどこかへ逃げたのだろうヨ。


おまけ:
福島第1原発:1号機「水棺」作業難航 容器内圧力低下も

 福島第1原発事故で、東京電力が1号機で実施中の原子炉格納容器を水で満たして燃料を冷やす「水棺」作業が難航している。既に格納容器が満たされる量を超える注水をしたが、実際には水位の上昇が確認できていない。一方、水位を上昇させるため注水量を増やしたところ、容器内の圧力が低下。「水素爆発の危険性がある」として注水量を元に戻さざるを得なくなっており、対応に苦慮している。
 東電は1日の会見で、水棺作業のために続けている原子炉圧力容器への注水量を4月29日に毎時10トンから同6トンに戻したと発表した。その結果、低下を続けていた格納容器の圧力が約1.4気圧に上昇し、27日午前に同10トンに増やした時点とほぼ同じ水準に戻ったという。
 注水量を戻したのは、格納容器内の圧力が低下して大気圧に近づき、外部から容器内に酸素が入る可能性があったためだ。酸素は容器内の水素と反応し、爆発する恐れが出てくる。このため注水量を減らして圧力を上げ、酸素が入らないようにする必要があった。
 注水量を増やしていた間、圧力容器内の水位は燃料の上部が水面を約1・6メートル上回ったままで、ほとんど変化がなかった。一方、格納容器には、圧力容器に注いだ水が漏れるなどして推定約6メートルの水がたまっていたとみられていたが、現在の水位はよく分からないという。
 これまでの注水量は、水棺に必要な約7400トンを超え、本来なら圧力容器内の水位も大幅に上昇しているはずだ。東電は「水位が上がらない理由が分からない。冷却効果としては、毎時6トンの注水量で十分と判断しており、しばらくこのまま注水したい」と説明している。
 一方、東電は1日、6号機のタービン建屋にあるたまり水約120トンを、ポンプを使って近くに設置した仮設タンクに移送したと発表した。たまり水の水位は約2メートルで約4900トンあり、含まれる放射性物質は比較的、低濃度という。残りは順次、設置する仮設タンクに移す方針。【江口一、藤野基文】

[PR]

  by Kikidoblog | 2011-04-30 23:54 | 原子炉被災

HAARPに地震波か?:研究用13

みなさん、こんにちは。

いやー、復活したアラスカのHAARPモニターに久々に、かなり強い地震電磁波が出ているようである。カナダの地磁気モニター群と照合しても、これは日本の方角に来そうな感じのものである。かなり大きな地震には注意が必要かもしれない。

宇宙天気ニュース
によれば、
2011/ 4/30 13:32 更新
太陽風の速度が650km/秒に上昇しています。活発なオーロラ活動も発生しています。

とあり、今太陽活動は活発であり、太陽風は強くなっているようである。だから、ある程度のオーロラ活動があり、下のインダクションメーターには強烈なピンク色の領域が出ている。

Magnetometer Chain
青の垂直成分が大きく、赤黒の水平成分が小さいのが、地震電波の特徴。今回のものは、黒線はそれほど大きくはないが、青色成分かなり大きな振幅で揺れている。
e0171614_9102937.jpg

e0171614_2021553.jpg

なるほどこれでは一カ所のデータしかないため、方角の特定はできない。

Induction Magnetometer
一番下の周波数ゼロの近く(水平軸上)にある「白く明るい」部分が地震電波の特徴。まあ、白色に近い部分。一方、深夜に垂直に立ち上がった、幅広くピンクから真っ赤に近い色の帯状の部分はオーロラ活動によるものである。これは特にBz成分に顕著。
e0171614_9104536.gif

e0171614_9104979.gif

e0171614_9105048.gif


e0171614_19515997.gif

e0171614_1952182.gif

e0171614_1952399.gif

今回のスペクトルデータには、かなり大きな地震電磁波が捉えられている。一方、人工的なスペクトルは今は存在していないようである。

Spectrum Monitor Waterfall Chart
e0171614_9113772.gif

e0171614_19534113.gif

この滝チャートは、電離層の構造をMHz域の電磁波反射で調べているものだが、何層かの色のバンドに分かれているのが正常状態である。等間隔に色のついたバンドが並んでいる時間帯は、人工的な電磁波がどこかから電離層に向けて放射されていることを示している。


VHF Riometer
e0171614_9112660.jpg

e0171614_1955947.jpg

(これでは、太陽活動の概日周期からどれだけ外れた異常活動があるかが分かる。)
Electron density
Digisonde
(電離層の電子密度が高まっていることがわかる。)


一方、カナダの地磁気モニター群

e0171614_12442047.jpg

には以下のような波形が出ている。
Geomagnetism: Summary Plot from Canadian Magnetic Observatories
e0171614_912720.jpg

e0171614_2363920.jpg

e0171614_1955264.jpg



参考:
アキラの地震予報
日本国内で個人的に磁力計を用いて地震予報を行っている。非常に予測率の高い優れた研究のようである。さて、ここからは次のような警告が出ている。
*大型地震発生に注意!
連日当地水戸市郊外に於いて、大きな地震の初期微動のみ、や、ドスン!と直下型の地震
が頻繁に発生しています。丁度04/11の福島県沖地震(M7.0)発生前に似ています。
地震発生合図も関東甲信越地方中心として本州全体に出ています。
M7~M8クラスの大型地震発生に一週間程要注意です。
04/26 11:26今もドスン!と直下型地震です。  04/26 11:27発信

備えあれば憂いなし。
[PR]

  by Kikidoblog | 2011-04-30 20:02 | HAARPモニター観察

福島第一原発が今夜も光っている!:ずっと光っていたのか?

みなさん、こんにちは。

私は、東電と保安院が「水棺」処理をやるという話が出て来てから、悪い予感がするので、毎日ふくいちライブカメラを眺めることにしている。今見ると、いつもは真っ黒の暗闇しか映らないカメラになにやらうっすら青い光が見えるような気がするのだが。以下のものである。

ふくいちライブカメラ
(オリジナル画像)
e0171614_1919739.jpg

これは見にくいので、カラー調整してみると、こんな感じ。
e0171614_19203378.jpg

(昨日の画像)
e0171614_203338100.jpg

(2日前の画像)
e0171614_2143645.jpg

(これは前に光った場所)
e0171614_104922100.gif


昨日のものより弱くはなっているが、今夜もまた確かに何かがかすかに光っている。

そこで、ひょっとしたら、この部分はいままでずっと光っていたのかもしれないと思って、ずっと昔の4月8日
緊急ガイガー警報:毎時100シーベルト。ついに来るべき時が来たか?
の画像も同じように処理してみたら、私が気付かなかっただけで、やはり同じ部分がうっすら光っていたのである。
e0171614_19233541.jpg


このことから、どうやら1号機の放射能の測定器の針が振り切れた時期からずっと1号機は一種の最臨界を起していたと見るのが自然である。実際には夜も毎日うっすらと光るほどの放射能を出していたのだが、そして今も出し続けているのだが、光度がなかったために、ふくいちライブカメラにはそこまでは映らず、我々人の目には見えていなかったということだろう。もちろん、昼間は明るすぎてその青白い光は見えない。

もしこれが事実であれば、1号機周辺で作業している人々は、かなりの放射能を浴びている可能性が高いのかも知れない。したがって作業する人たちは、できれば、NASAの宇宙服

e0171614_18392585.jpg

のようなものを着用して作業する他はないということだろうと思う。


おまけ:
ついに、日本はグーグルアースからも見放されてしまったのか?
e0171614_19364829.jpg

[PR]

  by Kikidoblog | 2011-04-30 19:32 | 原子炉被災

HAARPに地震波か?:研究用12

みなさん、こんにちは。

どうやら、新システムに切り替えて以来もっとも強い地震電磁波が出ているようである。
Geomagnetism: Summary Plot from Canadian Magnetic Observatories
(驚きの450nT)
e0171614_2363920.jpg

e0171614_1955264.jpg

e0171614_8351020.jpg


久々の300nTレベルの変動である。311ほど大きなものではないが、かなり大きい地震が1発来る可能性はある。方向からすると、今回は、アラスカから日本アジアを通る大円の方向である。要注意である。

備えあれば憂いなし。

参考:
アキラの地震予報
日本国内で個人的に磁力計を用いて地震予報を行っている。非常に予測率の高い優れた研究のようである。さて、ここからは次のような警告が出ている。
*大型地震発生に注意!
連日当地水戸市郊外に於いて、大きな地震の初期微動のみ、や、ドスン!と直下型の地震が頻繁に発生しています。丁度04/11の福島県沖地震(M7.0)発生前に似ています。地震発生合図も関東甲信越地方中心として本州全体に出ています。M7~M8クラスの大型地震発生に一週間程要注意です。
04/26 11:26今もドスン!と直下型地震です。  04/26 11:27発信

[PR]

  by Kikidoblog | 2011-04-30 10:31 | HAARPモニター観察

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE