2011年 05月 20日 ( 5 )

 

本当のSPEEDIの威力:やはり日本には秘密兵器があった!?

みなさん、こんにちは。

風雲急を告げるこの世界、一度にあまりに多くの出来事が起こり過ぎ、ETの手も借りたいほどである。

さて、菅直人民主党政府と日本の悪徳官僚と東電マフィア企業は、いわゆる「後付け」というやつで、実際の歴史をどんどん書き換えようとしているようですナ。菅直人が最初から事故を想定していただの、東電はメルトダウンを認識していただのウソばかり並び立てる始末である。

私の見て来たところではすべてウソだ。連中は何も認識できていなかった。もし本当にデータが残っていたとすれば、それはあくまでその機械がすぐれていたからである。

今日さっそくこんなニュースが出ていた。

拡散予測データ報告されず 福島原発事故の翌日未明  2011/5/20 19:13

 福島第1原発事故による放射性物質の拡散状況を予測した緊急時迅速放射能影響予測ネットワークシステム(SPEEDI)のデータが、東日本大震災発生翌日の3月12日未明に首相官邸へ届けられたが、情報を集約する危機管理センター幹部に報告されていなかったことが20日、分かった。枝野幸男官房長官が記者会見で明らかにした。
 枝野氏は担当者の判断に問題があったとの認識を示した上で「官邸に届いた全ての資料を、いずれ検証する必要がある」と指摘。震災発生直後からの危機管理センターへの情報集約が適切だったかどうか検証する考えを示した。
 拡散予測データは危機管理センターに派遣された経済産業省原子力安全・保安院の担当者の手元にとどまり、別室にいた枝野氏や寺坂信昭院長らに報告はなかった。菅直人首相が3月12日朝に第1原発を視察した時点では、首相にも枝野氏にもデータの内容は伝わっていなかったという。
 報告漏れの理由について枝野氏は「重要でないと判断したとしか考えられない。その時点で報告があれば避難指示の参考になった」と指摘。また枝野氏が震災発生の数日後に拡散予測データの有無を担当者に確認したところ「データはない」との回答だったことを明らかにした。

こだまの枝野も相変わらずよくウソをつく。さすがに元革マル派を黙って当選したおぼっちゃまである。

私の知る限り、フルフォード氏の対談を見ても分かるように、当時、民主党政権幹部と東電の中枢部のお偉方たちは、「毎晩赤坂の韓国クラブに出向いていた」というのである。フルフォード氏のお仲間の都内の秘密結社のご老人はそう証言していたのである。

ムーパル緊急特番! 福島原発の真相:「4月11日に富士山が噴火」?、政治家は命を張れ!

だから、うそつき枝野幸男が言っているような状況ではなかったのである。菅直人も東電の清水も連日仕事が終われば赤坂の「韓国クラブ」に行って女をたぶらかしていたわけである。清水は大震災の当日も「韓国クラブ」へ行っていて、東電の初期の対処が遅れて、爆発したわけである。

それを嘘つき枝野は「後付け」で、「後だしじゃんけん」のように、後になって話をすり替え、自己正当化しているわけである。

さて、最初に出て来た「SPEEDI」というのは、実にたわいないものであった。2次元的な等高線図の前近代的な代物であった。ところが、その後、本物の「W-SPEEDI」なるものがあったということが分かって来たのである。以下のものである。

http://gunma.zamurai.jp/pub/2011/miyake4to5-1min.mpg


これを見れば、一目瞭然。どこに死の灰が撒かれるかだれにも明らかであったのである。

しかし、このデータを原子力安全保安院の担当官が持って行ったとしても、とうの菅直人は赤坂の韓国クラブに行っていたのだから、渡し用がないはずである。


ところで、私が知りたいのは、原発事故の当初から日本の首相官邸に入り込み、日本の政治家をあごで使っていたという、謎のアメリカ人とはだれか?ということである。こいつの作戦が見事全部裏目に出たわけだから、この人物は東電の清水社長や保安院の西山氏同様に世界的な犯罪者なのである。即刻国際手配すべきだろう。IMFのストラスカーンの女事件よりもっと悪質である。なぜなら世界中に放射能をまき散らす結果を導いた張本人がそのアメリカ人だからである。よほどの馬鹿だったのだろうヨ。もっともそんな奴の言うなりになった菅直人はもっと馬鹿ということですナ。

まあ、それもこの2年で終焉するはずである。なぜなら、もう関東一円は死の灰の餌食になりつつあるからである。やはり最初の3月12日、3月14日の爆発は痛かった。今後1ヶ月経つごとに不調を訴える人が増えて来ることは間違いないだろう。世も末ですナ。
[PR]

  by Kikidoblog | 2011-05-20 20:50 | 原子炉被災

「911はイスラエルがやった−全証明」:全世界を戦争に巻き込むシオニズムを阻止できるか!?

みなさん、こんにちは。

いやー、アメリカ人にもやはりすばらしい人々はいる。最近偶然見つけた、以下のサイトは実に興味深い。

Zion Crime Factory A critical look at humanity's long enemy 
Israel Did 9/11 - All The Proof

(911はイスラエルがやった−全証明)

e0171614_14115517.jpg

(このシルバースタイン氏、すでにシェイプシフトしちゃったんですナ。トカゲが背広を来たような人物ですナ。)

一番左がツウィンビルのオーナーのラリー・シルバースタイン。直前に巨額の保険に入り、911でむしろ大もうけしたという悪者。

(MUST SEE) 911 More LIES Exposed - Larry Silverstein (REMINDER)



私は反ユダヤでもなければ、反コケイジアンでもないが、相手が反日でくるのであれば、しょうがなく自衛の手段を取る場合もあるということである。私自身は、イスラエルにも知人がいるし、アメリカの白人にも友人はいる。韓国にも昔の留学生仲間もいる。「反イルミナティー」、「反NWO」、「反ネオナチ」、「反白人至上主義」、「反シオニズム」であるに過ぎない。

私は「古き良きアメリカ人」、「昔のイギリス人」、「昔のユダヤ人」、「昔のジューイッシュマザー」、「昔の日本人」、「昔の朝鮮人」、「昔のモンゴル人」、「昔の中国人」などは大好きである。できれば、もう一度昔の時代に戻りたいものである。

日本の天狗のかっこうをしているユダヤ人は古来のユダヤ人である。アルバート・アインシュタインの時代には、アインシュタイン博士は古来のユダヤ人の風習や伝統を受け継いだ東欧の白人種の1人であった。だから、伝統的なユダヤ人の文化を知っている西洋のユダヤ人ということであった。

ところが、最近の「ユダヤ人」は、もはや「昔のユダヤ人」とは異質な存在になってきたように感じるのである。特に、「ザイオン(=シオン)」や「シオニズム(ザイオニズム)」を主張する「ユダヤ人」はかなり異様な感じを受けるのである。何かが違うのである。

まず顔つきが違う。昔のユダヤ人は優しい顔をしていた。良い顔をしていたのである。アンリ・ファーブルのような顔である。昔の、古き良きアメリカ人もそうであった。シートン動物記のシートンに出て来るアメリカ人は実にいい顔をしていたのである。

ところが、「最近のユダヤ人」だと名乗る人たち、「ユダヤ系アメリカ人」と名乗る人たちは顔つきが悪い。非常に邪悪な顔をしているのである。最初のシルバースタインの顔を見たら明白だろう。

Do Jews Control the Media? -- The LA Times Says Yes!



この理由は何なのか? この問題をずっと調べて来たのだが、それは実に単純なことだった。要するに、ジャック・オットー博士が「偽ユダヤ」(=ユダヤ人を名乗るが血筋はユダヤではない人々)と定義したように、いまユダヤ人を名乗っている連中は、大半が正真正銘のユダヤ人ではないのである。むしろ、かつて古代ユダヤ人を有名な「バビロン捕囚」という捕虜奴隷にした「バビロニア人」の方なのである。ユダヤ人を奴隷にした「古代アッシリア人」や「古代バビロニア人」がいま現在捕虜にされた方の「ユダヤ人」を名乗っているのである。

この逆転現象がまったくこの世界では理解されていないことなのである。これは遺伝子にしっかり組み込まれている。だから、現代科学で証明できるのである。

人類の「Y染色体」ハプログループ分布と「シッチンの人類創世説」に矛盾があるか?

彼らが、ユダヤ人がバビロニア人だと分かれば、話は全部つじつまが合うのである。古代アッシリアと古代バビロニアの宗教が拝火教であり、いわゆるルシファー信仰、モロク信仰、万物の目信仰である。この地球に「帝国主義」をもたらしたのがアッシリア/バビロニアだったのである。この連中が世界帝国を作りたがるのは当然だろう。積年の夢ということである。

そこで、私の疑問は、さらに連中の祖先はどこから来たかということである。おおよそは見当がついているがそれはいずれまた。



おまけ:
e0171614_14413581.jpg

e0171614_14413727.jpg

e0171614_14414093.jpg

e0171614_14414353.jpg



おまけ2:
イスラエルの会社が、福島原発の安全管理をやっていた! しかも、全部の原発も担当する契約が
英国の仲間からリンクが来たのですが、テロに利用するため原発に入り込むような輩を予防するためのカメラやら警報装置などを含む福島原発の安全管理システムを、約1年前に設置したのはイスラエルのMagna BSPという会社だそうで、イスラエルのハーレツ紙がこれを伝えたと書かれています。

Israeli Security Firm in Charge at Japanese Nuke Facilities Prior to Disaster
Posted: March 18, 2011 by crescentandcross in Uncategorized
http://theuglytruth.wordpress.com/2011/03/18/israeli-security-firm-in-charge-at-japanese-nuke-facilities-prior-to-disaster/

そして、そこのトップ、ハイム・シボーニ(またはシボニ)はこの記事の前日

50人の作業員にまじって、安全管理システムを日本人の手で行うための訓練を受けに、3週間前にイスラエルに来ていた(注:日本人だと思われる)2人もあそこに入っている。彼らとは電話でもメールでも連絡が取れない。生きていると思うが、人命を危うくする原子炉の高放射能ゆえ、健康状態がどうなっているかはわからない。作業中の人々は、全日本人を救うためにまさに命を張っているのだ」

と語ったそうで、現地とのアクセスはないながらも、彼の会社が高所に設置したカメラは多分損害を蒙ってはおらず、地震後の爆発の様子や津波を捉えているだろうとも。

マグナBSP社は約10年前にシボーニによって作られ、日本の原発全部の安全管理の業務を担当するという基本的な取り決めをしたとも書かれています。


その行方不明の2人はすでに土左衛門となったとか。高所に設置したカメラとは、「ふくいちライブカメラ」のことのようですナ。


おまけ3:
それにしてもシルバースタインはバグズライフのグラスホッパー司令官に瓜二つ。


[PR]

  by Kikidoblog | 2011-05-20 15:07 | コンスピラシー

世界中に広がる「謎の発光現象」!:ブルービームの前触れか?

みなさん、こんにちは。

風雲急を告げるこの世界、一度にあまりに多くの出来事が起こり過ぎ、ETの手も借りたいほどである。

次はこれ。「謎のUFOと謎の青白い発光現象:中国にも、日本にも」でここでもメモしてしておいた、「謎の発光現象」である。


NHK 地震速報

UFOの出現で中国の村が消滅したという噂がネット上を駆け巡る


Earthquake Light - UFOs Monitor Sakurajima Volcano Japan: Nibiru Update April 2011

(発光する桜島のふもとを見下ろすように、桜島の上空にたくさんのUFOが見えるのが気になるところ。)


どういう理由かわからないが、最近全世界で急激に増えて来たようである。

O "fenómeno" do Apagão de Portimão


O "fenómeno" do Apagão de Portimão (Vídeo 2)


Transformer Explodes in Fort Atkinson, Wisconsin on 5/12/11

(この上にも白い発光体UFOが止まっている。)

FortWorthExplosions



いったいこの「発光現象」は何なのだろうか? 「ブルービーム計画」だろうか? あるいは、HAARP攻撃による発電所破壊工作なのだろうか? あるいは、エイリアンによる攻撃なのだろうか?

一説によると、「ブルービーム計画」というのは、「あたかも宇宙からエリアンが攻撃して来たと見せかける偽のエイリアン攻撃」のことだという。だから、いまのうちにその予行練習をしているということなのだろうか?

いずれにせよ、尋常ではない「謎の発光現象」である。ぜひ真実を究明したいところですナ。
[PR]

  by Kikidoblog | 2011-05-20 12:58 | ミステリー

大地震の前兆現象が科学的に証明された!?:やはりHAARPと原爆の仕業だったのか?

みなさん、こんにちは。

風雲急を告げるこの世界、一度にあまりに多くの出来事が起こり過ぎ、ETの手も借りたいほどである。

さて、最近地震に関する興味深いニュースが飛び込んできた。結論からいえば、東大のゲラー博士
e0171614_9204887.jpg

の「地震予知はできない」という主張はまっかなウソだったということが科学的に証明されたということですナ。以下のものである。

ちなみに、この東大のゲラー博士、この人のせいで日本の地震予知、特に電磁波による総合的な地震予知システムが完成間近ですべてわやになったのである。
ロバート・ゲラー東京大教授はジェーソンの工作員ですナ!:早く首にすべきでは!?
そのために、結果的に東日本大震災で3万人の死者を出したのである。ぜひその責任を取って切腹してもらいたい。宮城へ行って腹を切れといいたいところですナ。この気違い野郎が。

ニュース(311の前に急激に加熱した日本上空)
東北地震前の大気現象
e0171614_11221215.jpg


地質学者たちは巨大地震の数日前の奇妙な大気の現象についての事例の報告に長い間頭を悩ませてきた。

最近では、地震地帯に気象モニター所を置いたり、多くの衛星が大気圏上層や電離層の状態のデータを送ることができるようになっている。

昨年のハイチの地震でも、超低周波の無線信号の大幅な増加がDEMETERスペースクラフトのデータから示されている。

今日、NASAから東北大地震のデータが発表された。
このM9の地震の前には、震央の上空での電離層での電子の全含有量が劇的に増加していた。地震が起こる前には最大となっていた。
同時に、衛星による観察によって、震央の上空での赤外線放射が大きく増加していることが分かった。地震の起こる数時間前にピークとなっていた。つまり、大気が熱を持っていたわけだ。

Lithosphere-Atmosphere-Ionosphere Couplingと呼ばれるメカニズムとこれらの観察結果が一致する。
地震の数日前には、大きなストレスがかかり、大量のラドンが放射される原因となるというのだ。


この元の記事は、これ。
Atmosphere Above Japan Heated Rapidly Before M9 Earthquake

これで言っていることは、上田誠也博士
e0171614_16205913.jpg

が音頭をとり完成しようとして、ほぼ完成直前であった「短期的地震予知システム」のアイデア:

地震総合フロンティア計画
e0171614_1621230.jpg

無念の上田誠也博士の「地震総合フロンティア計画」:もしこれが採択されておれば、多くの人命が。。。
「地震予知はできる!特に短期予知なら」:上田誠也博士の講演より


は基本的にすべて正しかったということである。これがゲラーのせいで潰されたのは本当に残念なことだったといえるだろうナア。東北宮城関東の人はこのゲラーの顔をよく覚えておいた方が良いゾ。いつもすべて逆のことを言うからナ。

さて、ゲラーのことなどもはやどうでも良いが、問題は上の画像にある温度上昇の地域の「スポット」についてである。この記事には、さも当たり前かのように、そのスポットが丸く描かれている。しかし、それは自明なことではなく、むしろ非常に不自然なことなのである。

これまでの地震予知の研究では、もちろん私個人がこれまでに目にして来た範囲内の話だが、ラドンイオンが出る場所は必ずしも「点状」とは考えられていない。むしろ、「帯状」に出るというふうに理解していたのである(それゆえ、大気中に上昇したラドンイオンのために帯状に広がった「地震雲」が生じると考えているわけだ)。なぜなら、プレート間で岩盤同士がぶつかりあうと、普通のプレートテクトニクス信奉者たちは信じて来たからである。例えば、以下の記事がその典型。

「すべり過ぎ」で津波巨大化 東大解明
e0171614_11432369.jpg


 東日本大震災で壊滅的な被害をもたらした大津波は、日本海溝付近のプレート(岩板)境界で起きた「すべり過ぎ現象」によって巨大化したことを、東京大学大学院理学系研究科の井出哲准教授
e0171614_19273888.jpg
らが地震波の分析で解明した。

 マグニチュード(M)9・0の巨大地震は、地面をガタガタ揺らした深部(陸寄り)の断層破壊と、大津波を起こした浅部(海溝付近)の大きな断層すべりの“2つの顔”を持つという。20日付の米科学誌「サイエンス」に発表した。

 井出准教授らは、全世界のデジタル地震観測網の地震波記録を分析。(1)最初の3秒間はゆるやかな破壊(2)次の40秒間に陸地方向に破壊が進行(3)この後に、海溝付近で約60秒間の大きなすべりが発生(4)再び陸寄りで90秒間の深部破壊-の4段階で震源断層の破壊が進んだことを解き明かした。

 巨大津波を起こしたのは(3)の段階で、このとき震源断層に蓄積されていた地震エネルギーが100%放出されただけでなく、ダイナミックオーバーシュート(動的過剰すべり)と呼ばれるすべり過ぎ現象が発生。陸側プレートの先端が変形しながら大きく跳ね上がり、津波の規模を巨大化させた。すべり量は、蓄積したエネルギーの2倍に相当するという。一方、人が感じるような周期の短い地震波(ガタガタ地震)は、(2)と(4)の深部の破壊過程からしか放出されていない。

 津波地震として知られる明治三陸地震は、(3)のような静かで大きな断層破壊だったと考えられるという。井出准教授は、「東日本大震災は、深部のガタガタ地震が海溝付近の津波地震を誘発したようだ。このような連鎖は頻度は低いが、地震・津波を巨大化させる普遍的なメカニズムと考えられる」と話している。

(ついでに書いておくと、この東大准教授も実に頭が悪い。仮にこの人のメカニズムが正しいとしよう。そうすれば、絵にも描かれているように、震源地の地形は右へ行くほど遠浅なのだから、津波は右へ進行することになるはずである。要するに、日本には津波が来ないことになる。しかもこのメカニズムでは地盤沈下の説明ができない。したがってこれもまた真っ赤なウソだということになる。処理したデータは正しかったが、解釈が間違っていたということである。ほんとこんなレベルしか東大にいないのか? 困ったものである。このデータを合理的に説明するのは、やはり核爆発による地殻の急上昇と核爆発によって出来た巨大な洞窟の急激な沈降現象である。この地殻の上昇と沈み込みのために、津波が日本の方角だけにやってきたのである。この巨大な空洞が水の重みで潰れたために、そこへ地殻が引っ張られ引き寄せられたために宮城岩手の地盤が沈下したのである。私はそう見ている。さらに付け加えておけば、核爆弾による人工地震の研究は戦後すぐに始まり、20年前にはすでに詳細なシミュレーションが行われていたらしいのである。すでに津波を1方向だけに伝達するにはどのように爆発を連発させればいいかの研究は完了していたというのですナ。もちろん米海軍の研究だから外の学会には絶対に出ないことはいうまでもない。)

広い領域が帯状に接触して押し合いストレスを作り、そこの岩盤からラドンイオンが出るわけだから、普通は「帯状に出る」と考えるのが自然なのである。この井出博士の話では、「点状(スポット状)」に出るという方が不自然なのである。この場合には、そうなるべき何か別の理由が必要だからである。

さて、そうなると、「どうして点状なのか?」という疑問が出るわけである。

この問題を解釈するには、今度はこの問題を考える人の好みが出る。「人は自分の望むように考える」というが(上のゲラーも井出博士もその典型)、私もあえて私の好き勝手に解釈してみることにする。

結論から言えば、やはりこういう芸当は電磁波を使ったHAARP以外にはあり得ないということである。その証明を今回のデータが有り難いことに記録してくれたのである。そう解釈すべきだろう。なぜなら、「特定の場所をピンポイントでスポット状に熱する」というのはHAARPの得意技であるからである。

このデータの興味深いことは、東日本大震災(311)の起こる大分前の3月5日に、青森沖、東海沖、北九州と3カ所が熱くなっているということである。つまり、この3地点もまた原子力発電所の存在する場所だから、六ヶ所村、九州電力、中部電力もターゲットに入っていたという証拠であるということになる。

3月8日には、青森沖と愛媛沖(四国伊方発電所の場所)が熱くなっている。
3月9日には、関東沖と青森沖が熱くなっている。
3月10日には、再び愛媛沖と青森沖が熱くなっている。
そして大震災当日の3月11日には、震源地の宮城沖が熱くなっている。
翌日の3月12日には、千葉沖と新潟沖(柏崎原子旅行発電所のある)が高熱となっている。

要するに、熱くなっていたのは、全部「原子力発電所」が存在している場所であったということである。

これが自然現象ではないことぐらいこの結果から明白であろう。自然現象ならこういう現象のうち1回や2回はまったく原発のないところであったとしてもおかしくはないはずだからである。にもかかわらず、実に見事にしかも並列的に大都市や原発のある都市の海だけが熱させられているのである。

もっと興味深いのは、このHAARPの仕業と思われるものは、実際の震源地ではそれほど熱くしていなかったというように見て取れるところである。むしろHAARPは福島以外の場所を集中的に狙っていたようである。ところが実際には宮城沖で起きた。

このことからも今回の宮城沖は、HAARPで起したというよりは、原水爆で地下爆発させた可能性が一番高いと言えるのである。例の音を録音した仕業(311M9の巨大地震の音:やはりアレか?)といい、人工大地震関係者(「ちきゅう」スタッフのような国際的なテロ組織)の仕業と言えるだろう。
[PR]

  by Kikidoblog | 2011-05-20 12:16 | 地震・地震予知・噴火

JNN 福島第一原発 情報カメラ (Live):ただいま誰かが操作中!

みなさん、こんにちは。

いま福島第一原発の「JNN 福島第一原発 情報カメラ (Live)」を見ると、だれかがリモートコントロールで操作中である。私は、これはずっと固定されたままかと思っていたがそうではなかったようですナ。

JNN 福島第一原発 情報カメラ (Live)



いやはや、もういつもの定位置に戻り固定されたようである。ズームダウンした時から判断すると、右側にある廃炉のようなものが、4号機のようである。中央の鉄塔の後ろが3号機、そしてその左が2号機の建物、左の鉄塔の背後が1号機のようである。


一応、グーグルアースでも確認すると、こんな感じ。

e0171614_933207.jpg

e0171614_9332265.jpg

e0171614_9332582.jpg


グーグルアースとは多少配置がずれているような感じですナ。
[PR]

  by Kikidoblog | 2011-05-20 09:09 | 原子炉被災

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE