2011年 05月 27日 ( 5 )

 

ドイツ気象庁の放射能予報:地球の歴史上初、巨大台風と崩壊原発のコラボレーション!

みなさん、こんにちは。

例のドイツ気象庁の放射能予報が出ている。以下のものである。

http://www.dwd.de/wundk/spezial/Sonderbericht_loop.gif
e0171614_22382819.jpg


季節外れの猛烈な台風2号の暴風雨
e0171614_22383199.jpg

e0171614_22383881.gif

と崩壊した福島原発の1号、2号、3号、4号の死の風。


はたしてこのコラボレーションはどんなものになるのだろうか?

すべての建屋の屋根が吹っ飛ぶか?
放射性物質が飛びまくるか?
放射能がまき散らされるか?
放射能を吸い込んだ猛烈台風となるのだろうか?

崩壊原発と猛烈台風。歴史上初めての組み合わせですナ。要注意あるのみ。


おまけ:
IAEAはメルトダウンを知っていた
e0171614_2303153.jpg

アメリカとIAEAは福島原発が地震の後3.5時間でメルトダウンしたことを3月の終わりには知っていて、それを大衆から隠した

米国高官とIAEAは福島原発の原子炉が地震の3.5時間後にメルトダウンしたということを示すデータを提供されていながら、2ヶ月間も発表しなかった。その理由は、東電が公式にそのデータを確認するのを待っていたからだという。

アメリカの研究者Chris Allisonは福島原発一号炉に関してソフトウエアでシュミレーションを行って、冷却系が失われて3.5時間後にメルトダウンが起こったという結果を得て、3月の終わりにIAEAに報告した。
だから、日本の不幸な国民を除いては、世界中がそれを知っていたのだ。

US And IAEA Knew Fukushima Had Meltdown 3.5 Hours After Japan Earthquake And Hid It From The Public

IAEAと東電の幹部連中は全員絞首刑だな。
e0171614_2331582.jpg


おまけ2:
Wanted! 即刻こいつを逮捕せよ!:原発のドン、天野之弥帰国
やっぱり俺が正しかったようだナ!
[PR]

  by Kikidoblog | 2011-05-27 22:45 | HAARP・台風・ハリケーン

「世見」の照氏の「海水に隠れた火山がハワイ諸島にある」が見つかるとは!?

みなさん、こんにちは。

いやー、風雲急を告げてしまったこの世界。ETの手もお借りしたい今日この頃である。しかし、神の手を借りることの出来る「カミンチュ」の照氏の話は面白い。そのパワーはますます開花してきているようですナ。

ちょっと前の「世見」の中で、以下のものを書いていた。

<世見> 2011/05/18

Date: 2011.05.18 | Category: 世見, 地震・自然災害 | Tags:

こんな事を書いて又、皆様を心配させるのかなァ。
心配させたらごめんなさいネ。
最近はこの原稿用紙に自分とは違う意思が沁み込んでいるのか、次から次に桝を字が埋めていきます。

今日はハワイの事なのです。
太平洋に浮かぶハワイ諸島、本当に素敵な所です。
ハワイ島のキラウエア火口の事は私でも知っているのですが、海水に隠れた火山がハワイ諸島にあると、不思議な世界の方にお聞きして「どこどこにあるの」と知りたくて仕方がなくなった。
どうやら、その火山は噴火を続けながら成長していて、キラウエアの活動の仕方にヒントがあるらしく激しい爆発をキラウエアがしないのも海底で成長させている物があるせいらしいのです。
太平洋プレートが今回の東日本大地震で影響を受けたように、西北西に向かい動く力が加速したと教えられた。
天皇海山とハワイ島は、マントルの活動方法が似ている。
このように聞いたのですが、少し覚えている事に自信がなくなったものの、間違っていないと心の中で誰かが言ってくれた。
「アリガトウ」 次に進めます。

この海水に隠れている火山が活発になっていると教えてくれた。
海水中に含まれるメタンガスを調べているのかなァ?
調べて欲しいと言っていた様に思う。
それと、ロイス山って何処にあるのだろうか、エルテチョニ山って何処かなァ。ペレー山、書いておきたい山の名前が次から次に出て来る。
アウ山・クラックウ山・ケルード山・タンボラ山、こんな山ってあるのかなァ。
エエ、ちょっと聞こえにくいなァ、ウェズヴィオ山 ここには○を、どう云う意味だ?最後がエトナ山だって、今だけ書けば、もし噴火なら当たるだろう。
でも、何処が噴火しても仕方がない時期のようです。
アメリカは、この間書いたと思いますので省きます。


5月18日に
どうやら、その火山は噴火を続けながら成長していて、キラウエアの活動の仕方にヒントがあるらしく激しい爆発をキラウエアがしないのも海底で成長させている物があるせいらしいのです。
と書いていたが、はたしてそんなものがあるのだろうか?と思っていたのだが、今日の以下のニュースがどうやらそれを証明しているようである。

ハワイ島形成の定説が覆る可能性 海底の地下に巨大な熱い溶岩 ハワイ諸島から最短で数百キロも西
ハワイ島形成の定説が覆る可能性も

e0171614_19542230.jpg

ハワイ島が形成される仕組みは、地球のコアから垂直に流れ出るプルーム(溶岩の上昇流)によるという説が長年信じられてきたが、最新の研究によって、この定説が誤っている可能性が示唆された。

 この地域の海底の地下に巨大な熱い溶岩の塊が存在することの確たる証拠を見つけたと主張する研究チームが現れた。しかし、これは地球のコアからハワイ島の地表まで直接流れ出るプルームではなく、ハワイ諸島から最短で数百キロも西に離れていることが明らかになった。

 これまでの定説では、プルームがベルトコンベアーのような働きをして、地球のコア近くの高温岩体を上昇させ、海底から溶岩として噴出して数千万年かけて冷やされて固まり、地殻が移動していく過程で、太平洋に全長5000キロにおよぶ列島と海底山脈を形成したとされる。

 今回、地球物理学者らが20年分の地震のデータを分析したところ、ハワイ地域の海底に全長1300キロにわたって高温岩体が広がっていることが分かった。ただし従来の説では、列島のうち最も新しく形成されたハワイ島の真下に、プルームが存在するとされていたが、見つかった高温岩体はハワイ島の近くとは言えない場所にあった。

 今回の発見は、巨大プルーム説と矛盾するものだが、「この島の下に狭いプルーム(の流れ)がある可能性は排除できない。しかしその主な出所は別のところにあり、直接真下とつながっていることはない」と、マサチューセッツ工科大学(MIT)の地球物理学者ロバート・バンデルヒルスト氏は話す。バンデルヒルスト氏は同じMITのチン・カオ氏を主著者とする今回の論文の共著者の1人で、論文は「Science」誌オンライン版に5月27日付けで掲載されている。

 火山の形成は、地表から約2900キロの地下で始まる。これは、地球の内部で最も厚い岩石の層であるマントルが、その下の外核という液体の鉄の層と接触している箇所だ。外核の熱によって、マントルの最深部の岩体はパテ状になり、浮揚してその上の地殻の層へと向かう。この岩体は地殻から数キロのところで減圧されて溶け、地表に浸出したり、時には噴出したりする。

 このようにプルームが吹き上がってくる箇所をホットスポットと呼ぶ。その調査には「地震波トモグラフィー」という、地震の音を利用する技術が用いられる。地震の音は遠くから伝わってきたものでも近くで発生したものでも利用可能だが、ハワイではこのようなデータは限られていた。

 今回の研究では、20年分の活発な地震活動のデータを分析して、特に明瞭なシグナルのみに絞り込んだ、とバンデルヒルスト氏は話す。これらのシグナルは、地下約660キロの地点に大きな異常が見られることを示していた。周辺より高温の摂氏約300~400度という岩体が、円盤に近い形で、ハワイ島の西600~1600キロの地点に広がっていた。

 研究チームは、プルームが上部マントルと下部マントルの境界にいったん蓄積され、そこから地殻へと抜け出す経路を見出してハワイ諸島に至り、火山活動の原動力をもたらしているのではないかと推測している。

 この火山列島の頻繁な噴火の原動力を確定するには、もっと多くの証拠が必要だ。しかし今回の研究は少なくとも「地球が熱を失うプロセスは、考えていたよりも複雑だったことを示している」とバンデルヒルスト氏は言う。


いやはや、カミンチュの力、照氏の世見の力には恐れ入る。
[PR]

  by Kikidoblog | 2011-05-27 19:57 | スピリチュアル

【驚愕】元東電社員の内部告発:福島第一の1号機じゃ東京ディズニーランドは動かない!

みなさん、こんにちは。

いやはや、背筋が凍るとはこのことですナ。以下のものは実に興味深いので、ここにもメモしておこう。原発マフィアは、元GE技術者で最も優れた解説していた、広瀬隆氏の「広瀬隆氏 ニュースの深層3-17(木)2.flv」を即効で削除したようだから、すぐに消されてしまうかもしれないからである。

http://www.youtube.com/watch?v=wlaAVvpIG-k&feature=mh_lolz&list=FLHpbOUBMdLoE
【驚愕】元東電社員の内部告発
短くお話ししますと、僕は福島原発、第一原発から15キロ真西に住んでました。標高は550ぐらいあったんで、津波は全く問題なく、家も束石方式の基礎の古い家に住んでたんで、平屋の、で、屋根も軽くて、ちょうど本震が来たときは薪の仕事をしとって、で、一服しようかなと思って、3時前だけど、まあ、いっかなと思って、ココアを、薪ストーブに火入れて、ココア飲んで、で、たまたま午前中にデジタル放送のテレビの難聴区域だったんで、光ファイバーみたいなのを大熊町が引いてくれて、その工事が終わって、で、別にテレビとか、全然見たくないんだけど、子供とかがいるんで、テレビ見れるようにしたんですけど、で、ぱっとテレビつけたら、どーんと緊急地震速報が出て、で、これだと思って、すぐ外出て、で、ココア持ってたんだけど、薪割り台のとこに置いて、で、2分、3分弱ですか、本震があって、その間、山がもう、ごーってずっとうなってて。で、ココア、ほとんどこぼれました。そのぐらい。でも、立ってられて、別に這いつくばって腰抜けるようなほどでもなくて、薪ストーブにちょうど火入れたばっかりだったんですけど、中の煙突がちょっと外れたぐらいで、ひっくり返りもせず、何の被害もなかったです。

で、次の日、爆発したんですね、1号機が。その爆発までは、僕はもう、地震、津波、炉心溶融というのはもう予測してたんで、で、嫁はちょっと離れたとこに、たまたまちょっといたんで、迎えに来てくれて、土曜日、で、常葉町っていう35キロのところに嫁の実家があったんで、そこに逃げて、で、2日ほどして、まあ、子供もまだ小学校2年生の女の子なんで、もうちょっと逃げようかって話になって、さらに嫁の親戚筋をたどって、栃木県の那須、70キロぐらいですね。まで逃げて、で、そこに3週間ぐらいいたんですかね。で、高知県の県庁が県営住宅の無料開放を宣言してもらったんで、もともとナカムラのほうに、ほうばい?がおったんで、僕、サーフィンやるんですけど、サーフィンブラザーズがいて、県営住宅あれば、余計行きやすいかなと思って、4月の頭にこっちまで逃げてきました。

実際、じゃあ、放射線、どのぐらい浴びたのかなってぱっと計算したんですけど、20ミリシーベルトありました。放射線量率って単位時間当たりのマイクロシーベルトとか、ミリシーベルトで表示されてますけど、僕は一応、原子力、学校合わせると20年いて、国の日本原子力研究所ってとこで大学の原子炉工学コースのさらに短時間濃縮コースみたいのを半年ぐらいトレーニングを受けた人間なんで、ちょっとした線量率の計算とか、あと、どのぐらい積算で浴びるのかって簡単な計算方法はもう自分でできるんで、で、こっち来て、落ち着いて、計算したら20ミリシーベルトを大体浴びてて。

結局、具合悪くなりました。はっきり言うと。栃木の那須に逃げて、すぐ、だから、4日目ぐらいからもう鼻水、どろどろの鼻水が出て、で、鼻血もとまんなくて、のども痛い。これが低線量障害ってやつなんですね。

だから、実際、100ミリまで行かなくても、恒常的に常に浴びてれば、何らかの障害というのは出てきて、で、国も政府も、当然、原子力安全委員会も、東電も、全く問題ないって言い方してますけど、全く問題あります。というのが1つ、僕の生の証言です。

一応、今日あんまりコピーしてこなかったんですけども、単位時間当たりの線量率をどうやって積算にするのかという計算式を書いたメモ、すごい汚い字なんですけど、書いてきたんで、欲しい方はどうぞ持ってってください。

で、0.24マイクロシーベルトパーアワーって書いてありますよね、新聞に。1時間当たり0.24マイクロ、それを1年間ずっと浴び続けると、2ミリシーベルト、1年間当たり浴びるんです。

ICRPって国際放射線防護委員会が勧告してるのは、一般公衆の被曝線量限度ってのは1ミリシーベルト、わかりますか。その20倍をたった1カ月もたたない3週間ぐらいで浴びちゃったんです、僕は。

で、僕はもう今年47歳なんで、そんなにもう細胞分裂もしてないからいいんですけれども、子供、子供はもう細胞分裂、活発で、自分の原本のDNAをコピーして体でっかくしてるわけですから、壊れたDNAをコピーすることによって発がん率ってのは高まりますんで、まあ、子供もすぐこっちまで避難させたっていういきさつなんですけれども、そんな、ちょっと生々しい感じの話になっちゃんですけど。

で、もう1つ言わせてもらうと、僕は10年前に東電やめたんですね。で、何でやめたかって皆さん、聞いてくるんだけど、理由はね、ほんとに簡単なこと。もう、うそ、偽りの会社、ひどい会社。で、偉くなれるのは東大の原子力出てきた人間、技術系だったら、もしくは東大の法学部出てきた人間が社長とかになりますから。で、もう、そういうエリート官僚主義の最先端行ってるとこなんですね。最先端っていうのかどうかわかんないんだけども。

で、うそばっかついてて、例えば、あるものが壊れましたと、このハンドルが壊れました、壊れた理由は、例えばこうやって日に出しといて、紫外線で劣化して壊れたっていうのが普通の理由なんだけれども、それを経産省、昔でいうと通産省、で、今でいうと保安院と原子力安全委員会に説明するにあたって、自分たちが説明しやすい、しかも、結果ありきでつじつまが合うようにストーリーをつくって、それで保安院に報告してプレス発表するわけです。それを専用のテレビ回線を使って、トラブルをちゃんと収束するまでの間、テレビ会議で延々と、昼夜を問わず、1週間缶詰とか、2週間缶詰は当たり前の中で、どうやって壊れた、ハンドルが壊れた原因を役所で説明しようかってことをやってるわけです。

で、僕はもう17のときからサーフィンやってて、レゲエの神様のボブ・マーリーが大好きで、で、そのせいで、そういううそ、偽りに気がついて、僕は会社いるときにバランス崩しちゃってですね、そういう世界にいたから。いつも自然と触れてて、レゲエが大好きで、ビールも大好きで、で、友達といい波乗って、おいしいビール飲むっていう生活と、その東電のその組織の中での役割っていうギャップですよ、真逆ですから、はっきり言って。

で、それでバランス崩して、もうやめたいって表明して、やめるのに3年かかりました。3年です。もう引きとめに引きとめて、で、最後、もう、僕ちょっと労働組合の仕事とかも少しやってたんで、労働組合の委員長と面談になって、引きとめの面談になって、で、何で、キムラ、やめるんだと、そのほんとうの理由を教えてくれと労働組合の委員長に言われたときに、僕、こう言ったんです。

はっきり言って、10年前ですよ。原子力発電とか、原子力エネルギーというのは斜陽、終わってるって。

だって、わかりますよね。皆さん、ほんとに意識が高い人たちだから、プルトニウムの241番が放射能の力が弱まる、半分になるまで2万4,000年かかるんですよ。今この瞬間使ってるエネルギーのために2万4,000年先の子孫にごみを、負の遺産を受け渡すことの解が出てないわけじゃないですか、答えが。なのに、発電し続けてることのその矛盾、だから斜陽なんですよ。

そしたら、労働組合の委員長、こう言いました。キムラ、おまえ、頭が狂ったんだな、気が狂ったんだな。

僕は、あんたが気が狂ってるんだよってはっきり言ってあげました。そしたら、すごい怒って、おまえみたいなやつはもうやめろと、そう言われて、やめられて。

で、またその後におもしろい話があるんですけど、僕はね、原子炉の認可出力ってあるんですよ。例えば福島第一の1号機だったら、1,380メガワットなんですよ、原子炉の出力は。1,380メガワットを電気にすると、46メガワットで、東京ディズニーランドを1日動かすのに必要な電気は57メガワット。だから、福島第一の1号機じゃ東京ディズニーランドは動かないんです。足りないの。

でね、電気の出力ははかれるんですよ、ちゃんと。オームの法則みたいなやつで。「オーム」(ガヤトリー・マントラのたぐい?)ってやつ。なぜかオームなんですけど。

で、1,380メガワットをはかってるんですけども、間接的に、だけど、認可出力が1,380メガワットだから、絶対に超えちゃいけないんです、それは。1時間に1編コンピューターを使って計算して、打ち出しして、保安院に報告するんです。

で、1,380メガワットを1メガでも超えちゃいけないんです。で、誤差っていうのは2.5%なんです。ということは、27メガワットプラマイ誤差があるんですけど、だから、うちらは技術者の判断で、それは誤差範囲だからっていうことで下げるんですよ。1,381にならないように、僕が計算機に、大型コンピューターにアクセスして、裏技なんですよ、これは。アクセスして、超えそうなときに係数を掛けるんですよ、0.995とか。1に対して。それで認可出力を超えないように、打ち出しが、そういう操作をしてたんですよ、僕は。

で、それができるのは東京電力の中でも、4,000人原子力従事者がいるんだけども、社員だけでも、その中でも2人か3人、そんな技を持ってたんで、なかなかやめれなかった。全くやめさせてくんない。

何でかっていうと、やっぱりこうやってね、内部告発みたいなことするわけですからね。あれは間違ってるよって。だって、僕、人並みぐらいには正直な人間ですもん。だから、知りたい人にはこうやってちゃんとアナウンスして、ほんとうの情報だけ、さっきの単位時間当たりの線量率をどうやって年間にかえるのかとか、そういうことも全部レクチャーしますんで。

そういうことを危惧して、東電は僕に、会社やめるときに、850万円退職金上乗せしてくれたんです。そのときに、本店に呼ばれて、副社長に、キムラ君、わかってるよね。何がわかってんだろうって思ったけど、わかってますって。わかってるよねって言われたら、わかってます、わからないとは言えないんで、じゃあ、もう帰っていいよって言われて、面接2分、それで850万上乗せしてくれて、で、1,300万もらって、まあ、親が事業やってたんで、全部そっちに回しちゃって、今はそんなお金持ってないんであれなんですけども。まあ、そんなおもしろい話が1つあって。

で、あんまり、第一の1号機も燃料の全体の燃料の7割が溶けちゃって、で、最近はちょっとデータ見てないんですけれども、原子炉の圧力とかも上がってるし、格納容器内の放射線量率も上がってるし、で、ヨウ素の131番っていうのが減ってない、最近ちょっと減ってきたみたいなんですけども、つい最近までは確実に再臨界になってました。だって、皆さん勉強してるから、ヨウ素の131番というのは放射能の力が半分になるのにたった8日間ですよね。なのに、もう8日たって、もう1カ月近くになってるのにヨウ素131がどんどん増えてる、それ自体がもう再臨界して、臨界にならなければ、ヨウ素というのはできないんです。絶対に。中性子、ぼーんとウラン235番が受けて、割れて、ヨウ素の131番っていうのができるんですよ。原子力っていうのはそういうもんなんで。で、そのうちのアインシュタインの相対性理論の話になっちゃうんですけど、そのうちのほんの1グラムとか、0.何グラムが熱になって、で、水を温めて、蒸気にして、その蒸気をタービンに回して、タービンに直列につながって発電機を回して電気ができるんです。それが発電システムなんで。

で、絶対にヨウ素の131番は中性子が出て核分裂しない限りは、絶対に出ないんです。だから、再臨界してて、そういう、ほんとは再臨界してるのに、原子力安全委員会、認めないでしょう。東電、認めないでしょう。政府も認めないでしょう。これはね、再臨界はしてたんです。つい最近まで。これはもう事実です。プロがほんのちょっと原子炉の物理とか知ってる人間であれば、だれでもわかること。それがまず1つ、うそね。

で、さっき言った、例えば0.24マイクロシーベルトパーアワーというのは安全だとかっつってるのもうそ。うそです。

それが僕は今日、皆さんに伝えたかったことです。で、高知は結構離れてるんでいいんですけど、ドイツの気象局が出してる放射線の、放射能の分布予測、スピーゲルっていうんですか、わかんないですけど、それを見て、北東の風が日本を全体を流れてくるときは、絶対に子供を雨に当てないでください。あと、女の人、これから子供をまだ産む人は出さないでください。それは、おんちゃんらはいいですよ。おれとかも含めて。

何でかっていうと、セシウムの137番というのがあります、今度。それの放射能が半分になるのが30年かかるんです。で、何が危ないかっていうと、セシウムの137番というのは筋肉にたまりやすいんです。男の人は比較的筋量が多いんで、筋肉に薄く、体の中に取り入れたとしても薄く広がっていきます。だけど、女の人は乳腺と、あと子宮、どうしても筋肉がないんで、そういった器官に濃縮しやすいです。そうするとやっぱり乳がんの発生率とかがちょっと上がってしまう可能性があるので、そんなことは知ってれば防げることなんで、で、どうしても外に出なきゃなんないときは、布マスクの中にガーゼ入ってるじゃないですか。それをぬらして、で、マスクして外に出る。

あと、ヨウ素が出てる限りは、ヨウ素はやっぱり昆布とか海草類にヨードとしてたまるので、そのヨウ素なんです。で、髪の毛から吸収されやすいです、人間は。だから、帽子をかぶって、直接雨に触れないようにするっていうのが1つ防げる方法です。

全然そんなことだれも言わないですよね。政府も。だけども、これだけは僕は言いたかったんで、今日、ナカムラから来てみました。

あんまり話が長くなっちゃうとあれなんで、最後に1つだけ。

何かチェルノブイリの30キロ圏内にあるすごいきれいな泉を守った長老たちがいるらしいんです。どうやって守ったかっていうと、僕、こんなに原子力のこと勉強して、物理のこととかもある程度勉強したけども、目に見えない力ってのも絶対あるんです。その30キロ圏内にあった泉を守った長老たちは、逃げなかったんです。逃げずにその泉をどうやって守ったか。祈りです。だから、そう言っちゃうと信じる人も信じない人も、どのぐらいの割合でいるかわかんないけども、もしちょっとでも信じてもらえるんだったら、朝、まず、福島第一が穏やかに眠りにつきますようにって祈りと、あと、出てしまって、僕たちが使った放射能じゃないですか。電気のもとだから。それが、愛と感謝の思いによって消滅して、無毒化するようにという祈りで、何とかみんなで力を合わせて、次の世代に伝えてもらえたらなって思います。

以上です。ありがとうございます。

[PR]

  by Kikidoblog | 2011-05-27 19:26 | 原子炉被災

追悼「忌野清志郎」:反核・反原発・反戦争の不死鳥!

祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響き有り。
沙羅双樹の花の色、盛者必衰の理を顕す。
奢れる人も久しからず、只春の夜の夢の如し。
猛き者も終には亡ぬ、偏に風の前の塵に同じ。

平家物語


みなさん、こんにちは。

忌野清志郎さん、この人は今や死してなお「反原発の騎手」としてその独特の存在感を残しているようである。
忌野清志郎は永遠に不滅です。この世に核がある限り。

というところである。

この名前の由来は
忌野清志郎の「忌」は、忌まわしいという意味。映画オルフェの中の「あの忌まわしきオルフェ」というセリフにヒントを得て名付けた。
という。それと、本名の栗原清志の「清い志し」を付けたものだろう。全体の響きがなぜか面白く感じられるのは、おそらく「眠り狂四郎」の響きに似ているからではないかと思う。

さて、今やインターネット界の英雄となった、忌野清志郎さん。その亡霊はそこら中に飛び交い、原発推進者の世界を死の灰となって舞い戻る。「もし私が生まれ変われるのなら、人口母集団レベルを低下させる殺人ウィルスとして地球に戻りたい」といったイギリスのマウントバッテン卿がいるが(世界のエリート「人口削減」を語る!1:これがお金持ちエリートたちの地球観だ!)、忌野清志郎氏の場合は「もし私が生まれ変われるのなら、原子炉母集団レベルを低下させる殺人ウィルスとして地球に戻りたい」というところだろう。

そんなものをたくさんYouTubeに見つけたので、いくつかここにもメモしておこう。

原発推進音頭


何を学んだら、こういうことを平気で言えるクズになれるのだろう?


雲隠れした「プルトニウムは飲んでも安心」の大橋弘忠

(本物と偽物の違いがよくわかる。小出博士を小馬鹿にする様子が実に東大的ですナ。私も何度も似たような目にあっているがネ。調べてみると、この大橋博士は原子核の専門家ではなかった。単なる核融合路設計の理論計算屋に過ぎない。まったく原子核のことも放射能のことも知らない、教育を受けていない研究者なのである。小出博士のように、ミニ原子炉を作っては壊して実験して来た物理学者とは異質の存在である。ワクチンの場合も同じで、国の首謀者に実際に生物実験して来た本物は誰一人入っていない。大半はビジネスの計算屋なのである。そういう連中が東大やら国の権威を着て、偉そうに振るまうのがこの世の常。「盛者必衰の理を顕す」のである。)

どうみても私が20年前に主張した「東大廃止論」は正鵠を射ていたようですナ。どっちみ「福島の死の灰」で全員死亡だろうヨ。くわばら、くわばら。



おまけ:
「昔は良かった」なあ〜〜!!

放送禁止06ライブ 1992.4.10   1/3

(これが電通/博報堂の「企画会議」というもののパロディーだろうナア。)

放送禁止06ライブ 1992.4.10  2/3

(これが俗にいう「ハニートラップ」)

放送禁止06ライブ 1992.4.10  3/3

(なぜか懐かしい。昔は良かったんだナア。)

上の2/3に出て来る女性、ちわきまゆみさんの若かりし頃。

オーロラ・ガール

(80年代の香りがただよう。ちなみに、1987年は私は米国ユタ大で週2、3日徹夜で勉強していた頃で全く記憶にない。)

忌野清志郎 「人間のクズ」「うんざり」


Kiyoshiro 明日なき世界 Eve of Destruction


忌野清志郎 - 田舎へ行こう!~Going Up The Country~

ほか多数。
[PR]

  by Kikidoblog | 2011-05-27 12:16 | 人物

HAARPに地震波か?:研究用16

みなさん、こんにちは。

今日カナダの地磁気モニター群を観察したところ、中程度(200nT程度)の地震電磁波が出ている。これは日本アジアを通る大円の方角に来そうな感じのものである。中程度(おそらくM5前後)地震には注意が必要かもしれない。

ところで、このところアラスカのHAARPを見てもあまり大きな地震電磁波は見られない。しかし、地震電磁波が出ている時間帯はカナダのものと完全に一致している。どうやら表示のスケールに細工が施され、だいたいカナダの1/4程度の強度になるように表示されているようである。カナダで200nTのものが50nTという表示である。この辺は注意が必要である。

宇宙天気ニュース
によれば、
2011/ 5/27 09:58 更新
太陽風は平均的な速さになっています。今後、高速の太陽風が始まると思われます。

とあり、今太陽活動はおだやかである。しかし、ある程度のオーロラ活動があり、下のインダクションメーターにはある程度のピンク色の領域が出ている。

Magnetometer Chain
青の垂直成分が大きく、赤黒の水平成分が小さいのが、地震電波の特徴。今回のものは、黒線はそれほど大きくはないが、青色成分かなり大きな振幅で揺れている。
e0171614_1130338.jpg

最近はこれには一カ所のデータしかないため、このデータから方角の特定はできない。

Induction Magnetometer
一番下の周波数ゼロの近く(水平軸上)にある「白く明るい」部分が地震電波の特徴。まあ、白色に近い部分。一方、深夜に垂直に立ち上がった、幅広くピンクから真っ赤に近い色の帯状の部分はオーロラ活動によるものである。これは特にBz成分に顕著。
e0171614_11314869.gif

e0171614_11314636.gif

e0171614_11314750.gif

今回のスペクトルデータには、中程度の地震電磁波が捉えられている(図では実際より1/4の大きさで描かれているふしがある)。一方、一説によれば、人工的なスペクトルはBx成分の1.75Hzの周波数の電磁波であるというものがあり、それと連動するように、By成分に垂直のスパイクが出ていることが分かる。その意味ではかなりの人工電磁波が出ているように見える。

Spectrum Monitor Waterfall Chart

この滝チャートは、電離層の構造をMHz域の電磁波反射で調べているものだが、何層かの色のバンドに分かれているのが正常状態である。等間隔に色のついたバンドが並んでいる時間帯は、人工的な電磁波がどこかから電離層に向けて放射されていることを示している。

このところ観測データはダウンして出ていない。


VHF Riometer
e0171614_11361319.jpg

(これでは、太陽活動の概日周期からどれだけ外れた異常活動があるかが分かる。)
Electron density
Digisonde
(電離層の電子密度が高まっていることがわかる。)


一方、カナダの地磁気モニター群

e0171614_12442047.jpg

には以下のような波形が出ている。
Geomagnetism: Summary Plot from Canadian Magnetic Observatories
e0171614_113705.jpg

今日のUT16時のものが、日本の方角の地震電磁波のものであると考えられる。しかし、UT6時のあたりのものは、アジア日本を通る大円の方向のものではないと考えられる。振幅は「200nT」程度なので、中程度の地磁気の揺れを表している。

参考:
アキラの地震予報
日本国内で個人的に磁力計を用いて地震予報を行っている。非常に予測率の高い優れた研究のようである。さて、ここからは次のような警告が出ている。
父島圏内にM4.5~M6.0クラス程度の地震発生合図が沢山出ました。
小笠原諸島中心として、マリアナ・ニューギニア・フィリッピン・台湾・南西諸島・九州・
中国・四国・本州・北海道・サハリン・千島列島の地方では、地震発生に、一週間程要注意です。
 特に、本土での発震と余震に要注意です。 (05/27 11:35発信)2011.

女満別圏内にM4.5~M5.5クラス程度の地震発生合図が出ました。
北海道地方中心として、
東北地方~サハリン・千島列島では、地震発生に、一週間程要注意です。
 特に、本土での発震と余震に要注意です。 (05/27 11:37発信)2011.

父島圏内にM4.5~M5.5クラス程度の地震発生合図が出ました。
小笠原諸島中心として、マリアナ・ニューギニア・フィリッピン・台湾・南西諸島・九州・
中国・四国・本州・北海道・サハリン・千島列島の地方では、地震発生に、一週間程要注意です。
 特に、本土での発震と余震に要注意です。 (05/26 11:46発信)2011.

備えあれば憂いなし。
[PR]

  by Kikidoblog | 2011-05-27 11:43 | HAARPモニター観察

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE