2011年 07月 29日 ( 3 )

 

小沢一郎衆議院議員公開討論会および記者会見:ウォルフレン+小沢一郎

みなさん、こんにちは。

さて、今度は日本の政治の話題。今日以下のものをじっくり見ることができた。

110728 小沢一郎衆議院議員公開討論会および記者会見 1/2


110728 小沢一郎衆議院議員公開討論会および記者会見 2/2


まあ、内容は見てもらえば一目瞭然だが、この会見と対談を見て、私はある意味、愕然としたのである。

それは、カレル・ヴァン・ウォルフレン

e0171614_21362571.jpg

といえば、すでに幾多の本を書いている日本政治研究の著名人の1人である。また、一方の小沢一郎といえば、これまた日本の政治家の現存の中では歴史の生き証人の1人である。この両者が、今の日本社会の官僚支配の構造、小沢潰しの構造的問題をまったく理解していないようだったからである。正直私は非常に驚いた。

小沢一郎は、今の政治のていたらくは日本人の気質にあると説いた。一方、ヴァン・ウォルフレンは、官僚や司法による(非公式の権力による)「個人暗殺(キャラクター・アサシネーション)」のせいだと説いた。

しかし、「空白の20年」の時代は、ここでもかなりメモして来たように、森元総理の「情報ハイウェー化時代」以来の日本社会で成功したものは、「在日青年たち」であった。ホリエモン、孫正義、ひろゆきなどに代表されるようなものたちである。その元締め、言い換えれば、司令塔が「電通CIA」であった。要するに、パチンコ、宗教、新聞、テレビ、雑誌、広告代理店などの、いわゆる「虚業」という部門を中心に在日(特に、反日在日)のリッチ層が誕生したわけである。

この勢力が、「日本的なるもの」、「日本式」を嫌い、ことごとく日本社会の中から日本らしさを取り除く方向で権力行使してきたわけである。そして、いよいよ佳境に入り、例の「在日セレブエリートの勝利宣言」
ある「在日」エリートの「勝利宣言」:「日本社会の仕組みというものを、とくと教えてやるよ。」
の時代に入ったわけである。

この勢力が、司法、官僚などの霞ヶ関に侵入し、創価学会や統一教会などの宗教や裏社会や表のフロントである電通/博報堂/NHKを通じて、日本国民を誘導してきたわけである。要するに、マインドコントロールしてきているわけである。

まあ、だから、日本社会には2つの国が同時に存在しているわけだ。国の中にもう一つの国があるのである。国会議員は国民が投票するが、マスゴミを動かしている電通/博報堂/NHKは選挙するわけではない。この後者が世論をコントロールしているわけである。そして、ここから「プランC」というような形で全マスコミに指令が送られるわけである。

そして、この電通を支配しているものが、米CIAである。このCIAは戦後すぐはまだ護憲派、民主主義派が掌握していたが、JFK暗殺以降に変わったわけである。だから、今ではNWOイルミナティーシオニストが乗っ取ったわけである。それゆえ、そこからは、日本国民にとって良い方向のものは何一つ指令が出ないわけである。

日本の中に「反日同盟」が歴然として存在し、そこが民主党政権を乗っ取ったのが、棺桶直人政権なのである。だから、この連中は朝鮮に献金するし、朝鮮式の水の飲み方をするわけである。

こういったことをもし小沢一郎やヴァン・ウォルフレンが理解していないとすれば、実に驚きである。おそらく、知っているのに黙っているのだろうと思うが、これでは日本を改革することは無理だろうヨ。

いやはや、困った国ですナ。まあ、俺にはどうでも良いことだがナ。


おまけ:
たんぽぽ日記氏もようやく日本の真実が分かって来たようですナ。
托卵

「托卵」という言葉がある。
かっこうやホトトギスなどの鳥が、
他の鳥の巣に侵入して卵を落とし、
自分の卵を産み落とし、
育てさせると言うもの。

私たち日本人は、
北朝鮮政府の息がかかった菅政権と民主党を「托卵」され、
その卵がかえり、
彼らの思惑通り、日本を破壊しているのだ。

(中略)

日本に托卵された共産主義の卵は、
政党助成金という金と、
テレビ局という女神メディアの宣伝によって大切に育てられたのだが、

生まれてきたその子は、
もともと托卵された、別の人種であったため、
周りの兄弟を巣から突き落とし、
いまやその親さえも殺そうと企んでいる・・・

そうしたことが私たちの国で起こっている。

なぜテレビで宣伝される優秀な?経営者たちは、
在日系の人々なのか?
彼らに誰が金を貸したのか?
なぜ、日本人社員の給料は安くて、
経営者だけがぼろ儲けなのか?

そんな疑問のすべてが、
彼らの托卵事業に隠されているのだった。

ついでにコメントしておくと、反日在日連中のすべての元金は「パチンコ」だよ。パチンコ資本が表に還流してさまざまな新規事業に使われているわけですナ。「違法公営ギャンブルパチンコ」、これを法改正しない限り、日本人の給料、年金、生活保護などの金銭や税金から支給された金がほとんどパチンコに吸い上げられて、結局これが日本人自らの首を締めてゆくというわけですナ。言い換えれば、リチャード・コシミズ氏の永年の調査のように、この金が創価学会の裏ルートを通じて北朝鮮を潤す。そしてそれが麻薬になって日本に舞い戻るわけだ。森元総理の石川県を通過してナ。悪魔のサイクルである。韓国はこれに気付いてパチンコを禁止したわけだヨ。日本社会のすべての悪の根源は今やパチンコなのだ。パチンコを甘く見ては行けないナア。日本の有名女優もパチンコ御曹司にゲットされたわけですナ。「パチンコ国有化」、「パチンコ増税」、「パチンコ禁止令」、こういうものをしないかぎり、原発も廃止できない。日本で一番無駄に電力を使っているものこそこのパチンコ業界だからナア。まあ、俺にはどうでもいいがネ。どうせ放射能でお陀仏だからネ。(この意味は、「バカは死ななきゃ治らない」ということだ。内部被爆は最初の数ヶ月と次の数ヶ月では重みが違う。これから次の1ヶ月は最初の1年分に匹敵するようになるということだ。時間の進みは同じでも、被爆の進みは加速するのだ。これが還元論科学的理解の限界である。この世界は還元論ではできていない。まあ、これが分かる人はそうはいないはずである。)
[PR]

  by Kikidoblog | 2011-07-29 21:56 | マスゴミ

フジテレビと日テレ、電波法違反の免許停止罪とか!?:ヒロユキ暴露!

みなさん、こんにちは。

いやはや、ちょっと前にこんなものをメモしておいた。
「水戸黄門」がついに終了か!?:「涙のあとには虹も出なかった」?

この中で私は
それもそのはず、TBS、フジテレビ、日テレなどはすでに韓国朝鮮系、パチンコ系列の資本に乗っ取られてしまったからである。時代錯誤のくだらん韓国ドラマばかり放映する割には、日本的なものを排除する傾向がかなり前から見えて来ているからである。ハワイで韓国番組をみるから良いのであって、日本で韓国人朝鮮人見たってしょうがねえだろうヨと俺は思うがナ。

とメモしていた。おそらく、これを読んだ人は「大丈夫かい?そんなこと言って」と思ったに違いない。

その後、在日朝鮮人を描いた「パッチギ」の在日青年役をしたという、高岡蒼甫

e0171614_21143339.jpg

が「フジテレビ」批判をして、スターダストというプロダクションを追い出されることになったというニュースがあったようである。

しかしながら、正しいのは私や高岡蒼甫氏だったということが最近証明されたようである。以下のものである。

フジテレビと日本テレビの放送免許が危ない問題。

日本には、電波法という法律があって、携帯電話の電波やテレビの電波などの管理をしています。んで、限られた電波資源を外国が乗っ取ったりしたら大変なので、テレビ局などは、外国人株主の比率をは20%以下にしなければいけないと決められています。(電波法 第五条)


んで、外国人直接保有比率は、証券保管振替機構で見られるんですが、2011/07/26の数字を見ると、、、
日本テレビ 22.66%
TBS 7.19%
フジテレビ 28.59%
テレビ朝日 14.57%
テレビ東京 1.26%

フジテレビは、外国人直接保有比率が28.59%と、20%を大きく超えちゃってます。
日本テレビも、22.66%とわずかに超えてますね。
テレビ朝日は14.57%で大丈夫です。
テレビ東京の1.26%という圧倒的な外国人への人気の無さも気になりますけど、、、、


んで、今現在でも、フジテレビと日本テレビは、「免許の取消し」に当てはまるんですね。ただ、いきなり外国人に買われてしまって廃止では可哀想なので、免許の残存期間中は、総務大臣は免許を取り消さないことが出来ます。(電波法 第七十五条)

前回の放送免許の更新が2008年から5年だったので、2013年までになんとかしないといけないんですね。

ちなみに、外国人がテレビ局の株を買うだけで、放送の免許が無くなっちゃうとアレなので、テレビ局側は、外国人の株式の取得を制限するという荒業が使えると放送法の第五十二条の八には書いてあったりします。

ただ、外国人が株を買えなくするには、日本中の証券会社の仕組みを変えなきゃいけないし、議決権の無い株式にいきなり変換したら、「配当を多くしろ」とか揉め事になるのは予想されるわけで、どうなることやら、興味津々な昨今です。

ちなみに、議決権のない株式は、議決権が無い替わりに、配当が多くもらえたりします。

これは「2ch」の創始者、在日青年の噂のある西村博之のブログらしい。

まあ、統計データを見るまでもなく、コマーシャル企業を見れば、明白ですナ。フジ産経グループは高岡蒼甫氏の名誉回復してやった方がいいのではないかい? 彼はまったく正しいことを言っただけなのだからナア。

いやはや、何事も本末転倒。世も末ですナ。
[PR]

  by Kikidoblog | 2011-07-29 21:17 | 反日・在日の陰謀

「最後の審判の日」が近い!?:着々と「何か」を目論むアメリカ!

虚偽が蔓延る時代に真実を語ることは革命的行為である。–– ジョージ・オーウェル
e0171614_14553043.jpg



みなさん、こんにちは。

風雲急を告げてしまったこの日本、この世界。あまりに多くのことがありすぎて、ETの手も借りたいほどである。

さて、まずはこの話から。ここへきて、いま世界はアメリカ経済の終焉を見守っている。
アメリカ政府がデフォルトするのか、否か? もしアメリカ経済、ドルの終焉、米国債の終焉、金相場の終焉などなどがあるとすれば、その後アメリカはどうなるのか? 暴動が起こるのか? 内戦が起こるのか? いったいどうなってしまうのか? また、アメリカに連動した欧州経済はどうなるのか? アジア経済はどうなるのか? いったい世界はどうなるのか? 

いま世界がこういうことに注目しているというわけである。しかしながら、日本のマスゴミはけっしてこういった話題を取り上げることはない。砂上の楼閣シンドロームである。

そんな中、いくつかこういう動きを警告している人がいるので、今回はそれをここにもメモしておこう。

(あ)まずはこれ。NASAでは解雇の嵐が吹き荒れているという。つい先日、NASAの職員に対して、NASAの長官から1、2年分の食料を備蓄せよ。そして家族共々災害や予想外の事態に備えよ。というお達しが出たばかりである。そのNASAは解雇、解雇、解雇である。そうすると、職員の士気は低下する。守秘義務など糞食らえというものも出て来る。そうなると、これまで「隠蔽工作のNASA」といわれた職場からもほんのわずかだが真実が現われ出る。そういう形でNASAのインサイダーから出たと思われるものが、以下のものである。Chemblog氏が翻訳してくれたようである。

NASAから一時解雇を通告、今こそ打ち明ける時。

元記事:Getting laid of from NASA time to spill the beans.

私はNASAに務めているが、今月末に一時解雇される。私は、特定の教育に数年を費やした上に、自分の人生を酷い仕打ちを受けるために彼らに捧げたのだ。

それらを明かして、自分の身に何が起きても気にしない。

皆が望む破滅がそこにある。

なぜ議会は経済を救おうとしないのか?

なぜNASAは宇宙計画をキャンセルしたのか?

アメリカがデフォルトするというのに、何者かがなぜ先週の木曜日に10億ドルを妨害したのか?

なぜ米軍がどこにでも展開しているのか?

なぜ7発のロケットを搭載した衛星が先週打ち上げられたのか?

彼らは一般大衆の知らない何かをはっきりと分かっているからなんだ。

覚悟はいいかい?

太陽は制御不能で、その周りの全てに影響している。そこには、同僚の手による十分な証拠が与えられている、目に見えないエネルギーの「リボン」が存在しており、それがどんどん近付いていて、最終的には太陽系とすれ違うか、通過する可能性がある。誰もがじっと座って待つ以外、他に手だてはない。金のある者達は、治療のしようがない不幸なガン患者のように、自らの危機を救ってくれると信じるあらゆるものを、先を争って購入している。しかし、近付いている事から私達を助けられるものが何もないことは、調査の結果分かっている。

これについて調べたなら、これを論じる多くの学術論文が見つかるだろう。

私からのアドバイス?奥さんや子供達を抱きしめて、彼らに愛していると話そう。一日一日を値打ちあるものにしよう。金や名誉なんてどうでもいい。今のような人生を過ごすのも数ヶ月なんだ。

安全な状態でログインできるようにプロクシを通して投稿している。私は幾つかの事柄を秘密にしなければならないため、幾つか答えていない事があるが何れそれにも答えようと思っている。しかし、私は確実なクリアランスを有しているに過ぎず、また全ての情報に通じている訳でもない。

皆を騙しているのではない。要するに太陽がぶっ壊れて、エネルギーリボンがこっちに向かっているって事なんだ。


(い)次はこれ。mabuhay氏の収集である。

ロン・ポールが緊急の警告をします!

ウォール街は最後の審判の日のシナリオのために準備しています
It Has Started: Wall Street Is Preparing For A Doomsday Scenario

まさに秘密のエージェント:現在完全に無意味な「債務限度」に関するワシントンで行なわれているジェスチャーがありますが全くナンセンスです。それは虚偽の旗です。
A very secret agent

大規模な盗みとローン詐欺を働いたバーナンキ、ガイトナー、オバマを刑務所に入れて下さい
LaRouche: Jail Bernanke, Geithner And Obama Now For Massive Theft And Loan Fraud

合衆国とロシアは8月に核の保全訓練を行います:コードネーム「Crimson Rider」
Russia, U.S. to hold nuclear security drills in August

嫌な予感
経済に関する大きな発表でもあるのか?
はたまたNASA職員が警告されたようなことでも起きるのか?
それともいつものように思わせぶりだけで終わるのか・・・・
RTニュース:ペンタゴンが2万人の内部部隊を配備しました


まあこういった流れからすると、だいたい次のような流れをNWO連中が目論んでいるということだろう。
8月中にアメリカ経済破壊が起こる。
9月にイラン–イスラエル戦争が勃発。実質的な第三次世界大戦の勃発。
10月に全世界のNWO統治体制へ移行する。

まさに
アングロサクソン・ミッション

ビル・ライアンの”預言”:「ザ・アングロサクソン・ミッション」は失敗する!
プロジェクト・アバロン「”チャールズ”との対話」:ビル・ライアンの新年の挨拶!?
ビル・ライアン氏へのインタビュー:「地球の支配者とはどんな人々?」

のシナリオそのものを起そうとしている勢力が存在するということである。着実にこのミッションを遂行したいようである。そして、ジョン・コールマン博士やデービッド・アイクなどがずっと言い続けて来た、「世界人間牧場化計画」

e0171614_1345412.jpg

を完成させようとしているというわけですナ。
アーロン・ルッソ監督、最後の通達

「白人は真綿のように責めて来る。白人は人間ではない。」という「現代のコペルニクス」の武田教授の言葉の意味は実に意味深である。

いやはや、「最後の審判の日」はますます近づいてきたといえるだろうヨ。
[PR]

  by Kikidoblog | 2011-07-29 15:48 | コンスピラシー

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE