2011年 09月 17日 ( 3 )

 

HAARPに地震波か?:研究用33 これは海外か!

みなさん、こんにちは。

アラスカのHAARPモニターとカナダの地磁気モニター群を観察を注意して見ているが、ここ数日は比較的何もない状態だった。しかし、さきほど見た所、再び350nTレベルの地震電磁波が出始めたようである。幸いなことに、これは、日本アジアを通る大円の方角のものではなさそうである。おそらく、オセアニアか北南米の方向のものと見ている。そちらの方面の人は、そこそこの地震が来る可能性がある。要注意が必要である。

しかしながら、他の地方で地震が起きるとすぐに連動してこっちの方にも起きるという可能性があるので、環太平洋地域の地震にはくれぐれも警戒しておいた方がいいだろう。

宇宙天気ニュース
によれば、
2011/ 9/17 14:11 更新
14日のCMEによる太陽風の乱れが始まりました。太陽風の磁場は北寄りに推移しています。

とあり、今太陽活動が活発になりつつある。したがって、かなりの程度のオーロラ活動がはじまりつつある。下のインダクションメーターにはある程度のピンク色の領域が出ている。

Magnetometer Chain
青の垂直成分が大きく、赤黒の水平成分が小さいのが、地震電波の特徴。今回のものは、黒線はそれほど大きくはないが、青色成分かなり大きな振幅で揺れている。
e0171614_23315372.png

最近はこれには一カ所のデータしかないため、このデータから方角の特定はできない。

Induction Magnetometer
一番下の周波数ゼロの近く(水平軸上)にある「白く明るい」部分が地震電波の特徴。まあ、白色に近い部分。一方、深夜に垂直に立ち上がった、幅広くピンクから真っ赤に近い色の帯状の部分はオーロラ活動によるものである。これは特にBz成分に顕著。
e0171614_2332235.gif

e0171614_23322657.gif

e0171614_23322759.gif

今回のスペクトルデータには、かなり大規模の地震電磁波が捉えられている。

Spectrum Monitor Waterfall Chart
e0171614_23335856.gif

この滝チャートは、電離層の構造をMHz域の電磁波反射で調べているものだが、何層かの色のバンドに分かれているのが正常状態である。等間隔に色のついたバンドが並んでいる時間帯は、人工的な電磁波がどこかから電離層に向けて放射されていることを示している。


VHF Riometer
e0171614_23341164.png

(これでは、太陽活動の概日周期からどれだけ外れた異常活動があるかが分かる。)
Electron density
e0171614_23344582.png

Digisonde
e0171614_23342163.png

(電離層の電子密度がわかる。)


一方、カナダの地磁気モニター群
e0171614_23355326.jpg

には以下のような波形が出ている。
Geomagnetism: Summary Plot from Canadian Magnetic Observatories
e0171614_23361066.png

このカナダモニターには、17日のUT9〜11時にかなり大きな地震電磁波が観測されるが、これはアラスカHAARPモニターにも出ているものである。一方、アラスカHAARPモニターに出始めた、17日のUT12〜13時の地震電磁波は、このカナダモニターにはそれが見えていない。実に不思議である。そのため、今の所、どこの方角のものかは判定できないもどかしさがある。日本でないことを願うのみ。


参考:
アキラの地震予報
日本国内で個人的に磁力計を用いて地震予報を行っている。非常に予測率の高い優れた研究のようである。さて、ここからは次のような警告が出ているが、まだ大地震の警報は出ていない。
父島圏内にM5.0~M6.5程度の地震発生合図が出ました。
小笠原諸島地方中心に、南太平洋~本土海溝近辺では、地震発生に、一週間程要注意です。
(09/14 14:22発信)2011.

備えあれば憂いなし。
[PR]

  by kikidoblog | 2011-09-17 23:42 | HAARPモニター観察

914米中西部の「謎の大火球」:これは何だったのか?

みなさん、こんにちは。

いやー、これは面白い。9月14日の夜、野球場などの夜を彩るかのように、「謎の火球」が夜空を駆け抜けたようである。

夜空に突如現れた光る物体 その正体は・・・

14日夜、米国の夜空に突如、光る物体が飛来。その正体をめぐり、ネットを中心に全米が騒然となった。米航空宇宙局(NASA)の広報担当者は流星の一種との見方を示している。


これについてはすでにネット上にはたくさんの映像がある。
Possible Meteor Seen From Southern California, Arizona and Nevada – Sep 14, 2011
UFO over Desert Vista Stadium


Hundreds in CA Report Seeing Strange Lights in the Sky/Burning Object ... UARS? - Sep. 14, 2011


Just What Was That Mystery Light In The Sky? - September 14, 2011


それにしても、最近の全米のマスゴミのレポーターにはどうして東洋人女性が増えたのだろうか?

さて、この「火球」の正体は何か? NASAは「隕石」だということにしたらしい。

しかし、「隕石」とすれば、ちょっと前のユタの大隕石にはかなわない。
ユタの”謎の巨大閃光”の正体は何か?:隕石、UFO、それとも中性子爆弾?
Meteor crossing western states, 11/18/09: Utah News Report KSL


夜空に「巨大な火の玉」、隕石か 米中西部
Mysterious fireball lights up night sky


はたして本当は何だったのか? 
NASAがもうすぐ落ちて来るぞといったアメリカの人工衛星ではなかったのか? 
あるいは、実験飛行中の新しい飛行物体だったのではないか? 
「ロッキード-マーチン X-22A」

e0171614_1310423.jpg

ではなかったのか?
「エイリアン工学」はすでに実用化している!
あるいは、エイリアンのUFOか?
あるいは、NASAと米軍の無人スペースシャトルなのか?
平和の「有人スペースシャトル」時代から、恐怖の「無人スペースシャトル」時代へ!?
e0171614_18374248.jpg


まあ、いずれにせよ、真実が明らかにされることはないだろう。
[PR]

  by kikidoblog | 2011-09-17 19:06 | ミステリー

ついに「花王デモ」:「偏向スポンサー花王」に飛び火!

みなさん、こんにちは。

いやはや、ついに「花王」もまた朝鮮人の魔の手に沈没してしまったようである。行き過ぎた韓流に手を貸す、煽動企業の代名詞となった「フジテレビ」の片棒担ぎで、9月16日に花王本社の周りでデモがあったようである。以下のものである。
2011.9.16 花王デモ 〜2000人規模で行なわれたようだ・・・
e0171614_18193572.jpg


9月16日花王デモ出発時全梯団2.5倍速無音


9/16花王抗議デモ本社前付近での撮影 参加人数1200人


e0171614_1821195.jpg


そもそも「花王」がおかしいぞということの発端は、ちょっと前のあの事件であった。そう、「あるある大事件」のやらせ問題であった。これは、世界中に報道され、あのネイチャーでも特集されたほどであった。これは2007年の1月のことだった。この頃から、「花王、アレ?」という印象が出て来たのである。
ねつ造「発掘!あるある大事典2」打ち切り


「発掘!あるある大事典」がなくなった後、その地位を奪い取り、一人勝ちしたのがNHKの「ためしてガッテン」である。

しかし、この両方とも、裏で糸引いているのが電通CIAである。電通CIAが、企画し、キャスティングし、情報提供しているわけである。だから、花王スポンサーの番組がなくなったところで、電通はNHKに乗り換えればいいわけだから問題はなかったわけである。

電通の手口とは、すでによく知られている。
”やらせの帝国”「電通」は廃業すべきですナ!:日本政府は電通を潰すべきだ!
ある「在日」エリートの「勝利宣言」:「日本社会の仕組みというものを、とくと教えてやるよ。」
電通CIA、裏社会に40億円を横流しか?:電通社員は恵まれていますナ?
「電通/博報堂社員は日本人ではない!?」:日本人ネガティブキャンペーン会社?

日本社会の裏で大もうけしながら裏で糸引く電通(博報堂)などの朝鮮系企業が、「韓流」を演出しているのである。

はたして、今度は「電通デモ」が起こるのだろうか?


おまけ:
警視庁 海老蔵や朝青龍とモメた関東連合OB取り締まりに本腰
元横綱・朝青龍から「殴られた男」、暴走族「関東連合」の元リーダー・川名毅・容疑者(40)が、今度は六本木のクラブで男性客を「殴って」逮捕された。
 この逮捕劇の裏には、警察当局の大きな狙いがあるという。10月1日に東京都で暴力団排除条例が施行された後に、関東連合OBを「反社会的勢力」に認定し、徹底的に取り締まるための布石だというのだ。捜査関係者はこう意気込む。
 
「関東連合は暴力団ではないので、暴対法の規制を受けない。しかし、市川海老蔵を殴って逮捕された男が所属していたなど、芸能界の大きなトラブルにはいつも名前が上がり、好き勝手を繰り返してきた。暴力団との関係も囁かれている。
 新条例では、暴力団組員との交際が繰り返して発覚すれば、協力者や周辺者と認定して、名前を公表するなど“制裁”を加えることができる。関東連合のOB連中にも社会的責任を取らせなければならない」
 今回の川名容疑者の逮捕は、その前哨戦という位置付けのようだ。紳助問題をきっかけにした芸能界へのメスと同時に、これまでグレーゾーンとなっていた暴力団の「親密者」たちへの取り締まりに、警察はついに本気を見せ始めた。
※週刊ポスト2011年9月30日号

[PR]

  by kikidoblog | 2011-09-17 18:44 | 反日・在日の陰謀

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE