2011年 12月 06日 ( 4 )

 

日本では絶対に報道されないリビアの真実:NATOがカダフィ大佐を葬り去った!

みなさん、こんにちは。

風雲急を告げてしまった、この日本。この世界。本当に次から次へとさまざまなことが起こりETの手も借りたいほどである。

つむじ風氏のブログの今日のYouTube番組は実に興味深い。ずばりカダフィ大佐の計画的殺害の話である。ベルギー人ジャーナリストのミッシェル・コロン氏が独自の調査で得た情報を基に、リビアの真実を見事に語っている。おそらく、こういうものは日本のマスゴミでは怖すぎて絶対に報道されないものであろう。以下のものである。

ウィキリークス情報漏洩 帝国の戦略を読め

ウィキリークス情報漏洩 帝国の戦略を読め


テロリストと同盟したNATOのリビア経済戦争 ミシェル・コロン


再植民地化へいかに抵抗するべきか リビア戦争の教訓

最初のものに出て来る、機密性には序列があるという話は、ここでも以前取り上げたものである。

米軍製「空飛ぶ円盤」計画とは?:シュラットの調査研究

cosmic MJ(宇宙的マジェスティック)-10レベル
MJ-10
:
MJ-1
最高機密秘密同調者(top secret crypto)-20レベル
20
:
17 大統領レベル(核兵器レベル)
:
1
USEP(unacknowledged special access program=無視された特別アクセス行動計画)
SCI(special compartmentedl infomation=特別に区分された情報)
最高機密(top secret)
機密(secret)
秘密(confidential)
制限(Restricted)

ウィキリークスの暴露レベルはせいぜい一番下から4つ目程度までのものだろう。しかしそれでもそういう情報がリークされることには意味があるというのが、コロン氏の考えである。少なくとも、支配者層の内部分裂の兆しだからだというのである。

いずれにせよ、自国の財産を自国民のために使うと、悪の枢軸やら、独裁者の汚名を着せて、白昼堂々と殺害してしまうというのは常軌を逸したやり方だが、太古の昔のフェニキア人はどうやらそんな感じの民族であったようである。本当に西洋人のルーツだけはどんなものだったのか、その真実の歴史を知りたいものである。あまりにウソが蔓延りすぎて、もはやだれにも分からなくなっているからである。

NATOと英米軍の横暴はいったいだれが止めることができるのだろうか?

我々にはできないことだけは確かである。後は、
ニビルの王「ナンナル」の息子「ウトゥ」からの警告!?:「NWO」を滅ぼす!
のウトゥ・シャマシュ(Utu Shamash)しかないのだろうか? ニビルの王様の再臨を待つ他ないのか?

困ったものである。真に世も末ですナ。
[PR]

  by kikidoblog | 2011-12-06 20:37 | コンスピラシー

日本上空を通過した隕石?:どこの上空だろうか?

みなさん、こんにちは。

ところで、最近日本上空を通過した隕石というものが出回っている。以下のものである。

Cameras Catch Fireball Over Japan from 3 Angles – Dec 4, 2011

Fireball/Meteor Over the Moon - Recorded from Japan - December 4, 2011


Cameras Catch Fireball Over Japan from 3 Angles - Dec. 4, 2011


いったいこれは日本のどこで記録されたものなのだろうか?
[PR]

  by kikidoblog | 2011-12-06 12:31 | ミステリー

アメリカの中学生、ゲップで逮捕???

the Belching Contest


みなさん、こんにちは。

いやはや、風雲急を告げてしまった、この日本。この世界。アメリカ合衆国はますます旧ソ連邦に似て来て、いまやア連邦である。州は連邦に変わりつつあるという。

そんなアメリカでは、ついに中学生がクラス内で「ゲップ(burp)」をしたために逮捕されてしまったというのである。以下のニュースである。

Middle School Child ARRESTED for Burping in Class
e0171614_11433970.jpg

In another disturbing case of the school-to-prison pipeline, the Associated Press is reporting that a 13-year-old middle school student in Albuquerque, New Mexico was handcuffed and hauled off to juvenile detention for "burping audibly" in class. ...


さて、自由の国、ちょっとぶしつけの国、インフォーマルの許された国アメリカがこうなると、

こんな青春時代のいたずら
Revenge of the Nerds - Its Gonna be a Great Year - clips
も、こんな笑い
NERDS laughing

(東洋人が悪さを働くときは必ず日本の神風の真似をする。)
も、こんなダンス
Revenge of the Nerds- Nerd Dance Party
も、全部御法度という時代になったということなのだろうか? いやー、もしそうなら、あの80年代が懐かしい。古き良き時代ということになったのかもしれないですナ。
[PR]

  by kikidoblog | 2011-12-06 11:52 | コンスピラシー

縮む太陽、太陽の異変?:何ものかが太陽に突っ込む!?

みなさん、こんにちは。

風雲急を告げてしまった、この日本。この世界。あまりにいろいろなことが起きすぎてETの手も借りたいほどである。本当に多くのことが起こりすぎる。我々「真実究明士」、「ミステリーハンター」としては、エイリアンや宇宙の謎やUFOのことをメモしたいところだが、そうもいかない事件が多すぎるのである。

かつてイルミナティーの行動計画書に「絶望しかない社会を作る」というアジェンダのことが書かれていたが、日本のことを書こうとすると、まさに「絶望しかない」状況に徐々に近づいている。最後には、どじょうのように、どぶ川の水しか吸えなくなるに違いない。

そんなわけだから、本来のこのブログの原点に戻ることも大切だろう。この世はミステリーに満ち満ちしているエキサイティングな世界なのだ、という気持ちに戻ることが大事だということである。

最近、そんな実に興味深い映像が、「世界の舞台裏」に出ていたので、ここにもメモしておこう。以下のものである。
Amazing huge cloaked UFO next to Mercury – Dec 1, 2011
e0171614_10244625.jpg


これは、水星(マーキュリー、mercury)を太陽風CMEが襲う場面を見ていたら、ふだんは見えない場所に巨大な3つのUFOが太陽風プラズマを浴びてくっきり浮かび上がったというものである。

確かに、水星と太陽の間の場所に太陽風によって輝く出す物体が存在しているのが確認できる。果たしてこれは何か?

そこに未知の生命体のUFOが存在するのだろうか? あるいは、水星に知的生命体が住んでいて、水星人が水星を太陽風から身を守るために何かを使ってシールドしているのだろうか?

実に不思議な現象である。

以前から太陽の回りを何か巨大な人工的な物体が飛び回っていることを、NASAの太陽観測衛星ステレオがモニターしたが(そしてその都度すぐに削除修正されたが)、太陽に何かが関わっていることは確かのようである。

ひょっとしたら、この何ものかの仕業と以下の現象が関わっているのだろうか?
Shocked scientists hurriedly rechecked their data and gloomily admitted it's true: the sun's core is shrinking...the sun may be dying.

グーグル翻訳:ショックを受けた科学者たちは急いでそのデータを再確認し、薄暗く、それが本当認めた:太陽のコアが縮小している...太陽が死ぬ可能性があります。
e0171614_1046221.jpg

これによれば、2010年以降、地球温暖化どころか、太陽自体が急速に低温化してきているというのである。太陽のコアが急速に小さくなり、質量が下がれば、閉じ込めている磁場の量が減る。したがって、大量の磁場や太陽風が飛ばされ、いつか太陽津波がやってくるというものである。そしてその後は、太陽が小粒で暗くなるために、我が地球は凍り付く。そして最後には太陽が赤色巨星となり、大膨張して地球はその中に呑み込まれる。これまでは、そうなるまでに何億年もかかるというのが通説だったが、どうやらそうではないかもしれないというのがこのところの調査結果だというような記事である。

まあ、これはまだ普通の至極真っ当な科学者たちによるお話である。しかしながら、もっといい意味でマッドな研究者の説もまた無視できないものがある。それはこれである。
Earth Sized UFOs Using Our Sun As Stargate : Nassim Haramein

Earth Sized UFO Sun Ships


Giant Planet size UFO's THE Sun Stargate & Sungods - Nassim Haramein Part 1 of 5

これは、ナッシム・ハラメインという人の研究だが、何か人工的な物体が太陽に突っ込むことでCMEを作り出しているというのである。そういう場面を目撃したというのである。

そこで、そもそもなぜに太陽に物体が突っ込むのか?と言えば、太陽の中心にある一種のブラックホールを利用して、別世界へ移動するタイムマシンやトランスポーテーションのためではないか、というのがこの人の説明である。

また、さらに面白いのは、「ウンモ星人」の科学文明の研究で有名な、ジャン・ピエール・プチ博士の本には、今我々がイルミナティー(陰の世界政府と呼ぶ)組織の科学者たちがいるが(これはジェーソン・スカラーまたはジェーソンと呼ばれている)、彼らは太陽探査の陰の目的の1つに新型爆弾(プラズマ兵器)を太陽に突っ込ませるというものがあったと証言しているのである。

かつてシューメーカー・レビー彗星

e0171614_1131570.jpg

という、一列に見事に並んだ彗星群が木星に突っ込んだ。
Comet Shoemaker Levy impact on Jupiter

が、あれはそのジェーソンが行った科学実験であったというのである。新型爆弾の実験は、核爆弾や水素爆弾以上のものになると、もはや地球では行えない。そこで、まずは木星で実験し、次は太陽で実験したのだという説である。

それをNASAは世界初の現象をハッブル宇宙望遠鏡で観測したと大喜びしたというわけである。
Hubble :Jupiter Collision (07/24/2009)


いずれにせよ、その「何ものか」が地球人のイルミナティージェーソンであれ、エイリアンであれ、我々の太陽に突っ込むのは、困ったものである。

はたして太陽はこのままずっと安定なのだろうか? 今後も太陽を見守る他ないだろう。
[PR]

  by kikidoblog | 2011-12-06 11:16 | ミステリー

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE