2012年 05月 25日 ( 2 )

 

「次はどこへお見舞いしましょうか?」:暗黒面「ちきゅう」再び巨大震源地で暗躍中!?

みなさん、こんにちは。

さて、昨年
「ちきゅう」を拿捕せよ:そこら中に地震兵器を埋め込まれる可能性あり!?
にメモしたように、昨年中に掘削船「ちきゅう」が青森沖を掘削した場所は、以下の場所だった。
【 2011年3月9日 『ちきゅう』八戸沖で海底下2,200メートル掘削へ 】
e0171614_8315991.jpg

そして今回青森沖の震度5の地震が起こった場所は以下の場所だった。
青森・東北町で震度5強 保安院「原発異常なし」
e0171614_7373410.jpg

 24日午前0時2分ごろ、青森県むつ市の東約75キロを震源とする地震があり、青森県東北町で震度5強を観測した。同県野辺地町、東通村で震度5弱、青森市や五所川原市、十和田市など青森県の広範囲に加え、北海道函館市、岩手県軽米町で震度4を観測した。気象庁によると、震源の深さは約50キロで、地震の規模を示すマグニチュードは6.0と推定される。

この2つを見比べたら、一目瞭然。掘削船「ちきゅう」が掘削した場所とどんぴしゃりであることが分かるだろう。

311の場所も、そうであった。
A Happy New Chikyu ! : 東日本大震災震源地とちきゅう掘削地が一致!
<東日本大震災>茨城県沖、ひずみエネルギー蓄積の可能性
e0171614_10125083.jpg

「ちきゅう」のすごさ〜掘削候補に三陸沖が入っていた/マントルまで掘削〜
e0171614_1058169.jpg

一説によると、「ちきゅう」擁護の御用学者や御用インテリの一部は、ちきゅうの掘削地が一致したのは偶然だとか、まだ掘削する前だったとか、訳の分からない俗説を唱えているようである。しかしながら、「大地震の震源域の掘削予定地」という、超危険な場所を特定できる地域をデータとして公開すること自体も大問題なのである。

なぜなら、シーシェパードのワトソンやテロ組織なども潜水艦を持っていると噂されているからである。場所が分かれば、先にそこに爆弾を仕掛ける輩がいないともかぎらないのである。ベンジャミン・フルフォードの話では、世界の悪組織の手下となった自衛隊の特殊部隊が核爆弾を仕掛け、その実行犯である隊員の1人を除いたすべてはすでに暗殺されたというのである。

311の大地震が起こるしばらく前に三陸沖で震度5〜6クラスが時々起こっていたことから類推すれば、青森沖の震度5もそういった次ぎに来る大地震の予兆であるという可能性もあるわけである。また、悪組織が再び爆弾を仕込めば、今度は青森の六ヶ所村が狙われ、プルトニウムの処理施設が崩壊するわけである。そうなると、地球人類は滅ぶ。それほどに危険な場所なのである。

ところが、イルミナティー石油メジャー企業の手下の学者と技術者で構成される、「ちきゅう」の乗組員たちは、今回の三陸沖の掘削で「大喜び」しているのである。2万人の犠牲者と何十万人もの人々の家を奪った大地震と大津波が起きた場所に穴を開けて、乾杯して喜んでいる有様である。この精神状態には虫酸が走る。
e0171614_034235.jpg

(おれたちゃー、ボスに言われた通りにやって金もらえて出世できればいいんで、ジャップが何万人死のうが、被爆しようが関係ねえヨ、というところだろうナア。良いご身分ですナ。羨ましい限りだ。しかもちゃっかりスポンサーのコカコーラまで宣伝している。)

おまけに、その掘削のリーダーは、まるで日本の短期地震予知研究者を眉唾物扱いして研究を完璧に葬り去った、東大のあのゲラーのように、日本人の血税で作られた「ちきゅう」のご主人様であるかのような態度で君臨しているのである。俗に「研究リーダー」という言い方をするが、要は「乗っ取られた」にすぎないのである。そして重要なデータを全部持ち帰る。そして、次の地震で日本政府を脅す場合のネタにするのである。困ったものである。

まあ、無知な日本の御用科学者には適当なもっともらしい理由をつけておけば、連中を騙せると思っているのだろう。

ナショナルジオグラフィックというのは、今ではイルミナティ−シオニストNWOの科学メディアの代表格であるということが判明している。だから、ナショナルジオグラフィックでは戦争兵器の番組がよく垂れ流されるのである。元々、アメリカのジオロジーは、軍産複合体の「地政学」的要請から生まれた組織なのである。アメリカ政府の御用学者たちが、アカデミックな地球物理学の研究者の振りをして、敵国の地政学や資源を調べ、後々それを使って資源乗っ取りを行うためにできた、カモフラージュ組織だったのである。

そういう歴史的背景を知れば、なぜ掘削船「ちきゅう」が、自分たちの活動を自らナショナルジオグラフィックに提供するのか理解できるだろう。

これを観たければ、ここ。
現在のちきゅう
e0171614_22313212.jpg

CHIKYU 地球深部探査船「ちきゅう」
ちきゅうTV
ちきゅうTV Vol.14 水深7000mへの挑戦!はたして到達できるか?(前編)

ちきゅうTV Vol.14 水深7000mへの挑戦!はたして到達できるか?(後編)

向こうの日本人のボケ顔のと見比べれば分かるだろうが、こっちの外人はどうみても軍隊だよ。軍人の目だ。作業員や研究者の立場で入り込んでいるどこぞの軍人ですナ。

第1回 あの地震はどうやって起きたのか、を調べに
第2回 掘削開始!史上最も深くまでドリルが到達した!
第3回 やったね、サニーさん! 断層深度探索作戦
e0171614_22382176.jpg

(私には、なんで米人研究者にただで研究させるのかまったく理解できないヨナア。どうして?米白人研究者は我々日本人をエリア51の地下施設にはだれも入れてくれたことはないのだヨ。)

第二次世界大戦中のように、再び
「今度はどこへお見舞いしましょうか?」
と米軍に言われることがないようにしたいものである。
[PR]

  by Kikidoblog | 2012-05-25 22:41 | 地震・地震予知・噴火

最終章に入りつつある日本と世界!?:冬虫夏草の世界へようこそ!

みなさん、こんにちは。

民主党朝鮮政党の「放射性瓦礫広域処理」のおかげで、
日本を憂うのであれば、とにかく必死にしたほうがいいこと
再び風雲急を告げてしまった、この日本。この世界。韓流の棺桶直人、嘘つきこだまの枝野幸男、TPP韓国民団代表の野田佳彦、通称「歩くペニス」細野モナ男によって、いよいよ日本は物理的にも終焉を迎えつつあるようである。

日本物理学会の御用学者集団など、ろくな手は打てずに、ただ海外移住(留学という名の)を目論んでいるのがいいところだろう。

さて、そんな中、興味深いYouTube番組がたくさん出ているので、今回はそういったものだけを集めてメモしておこう。以下のものである。一見すると、無関係に見えるが、全部が底ではつながっているのである。

「腐敗した銀行制度」カナダ12歳の少女による講演

この少女の言葉にすべての真実がある。

【IWJ福岡】北九州市での震災がれき受け入れについて 細野環境大臣


311の前だったら…、
放射能まみれのガレキを福島から北九州まで何十台もの大型トラックで
運んだとしたら、日本中が大騒ぎになり、政権は間違いなく倒れる。
いや! 311の前だったら、「放射能まみれのガレキの運搬」なんてこと
自体が、そもそも絶対に不可能!だ。
ところが、いまは、なんと、環境大臣が、1000万トンもの放射性廃棄物
を、福島から北九州まで運ぶ! なんてことを平気で考えている。本気で
考えている。
これは正気なのか?
ハッキリ言う!
正気ではない。狂気だ! 狂っている!
狂っている人間は、自分の狂気に気づかない。
狂犬には判断能力がない。
飼い主(主人)だろうが、通行人だろうが、滅多矢鱈に噛みついていく。
こう考えれば、細野モナ豪志の狂気も理解しやすいのだが…。
しかし、細野の狂気の背後に細野を狂わせた勢力がいることが、日本に
とっては致命症になることを、正気の人間は念頭に置かねばならない。
もうひとつ。
もっと致命的なのは…、
細野の狂気を狂気と思わない人間が、マスコミにも国民にも多すぎる!
ということだ。
ま、日本という国は、国全体が狂ってしまっている!
ということなんだが…、分かる?
もし、このことが分からないとしたら…、そのシトは、

狂っている!

福島の子供 35.8% に甲状腺のう胞やしこりが発見された

20120516「再稼動容認」のあきれた舞台裏 おおい町議会

まるで犯罪者養成テレビ局 フジテレビ社員がまた犯罪

2011年 フジテレビの不祥事をまとめてみた


韓流ブームを動かしているのは誰だ!1/2


K-POPを見たアメリカの子供たちの反応

アメリカの子供の方が、日本のマスゴミよりずっとましな意見を持っているようだ。

朝鮮半島危機に備えよ
映画『宣戦布告』 予告篇

これが在日の本音だ!Yahoo!の恐怖、在日の工作

いやはや、日本と世界は、冬虫夏草に取り憑かれてしまった状態なのだろうか?
お人形写真
e0171614_1134121.jpg

美登利のお人形ブログより

きっとこういう心の病んだ人がもてはやされる時代なのだろうヨ。
[PR]

  by Kikidoblog | 2012-05-25 19:16 | 反日・在日の陰謀

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE