2012年 09月 19日 ( 1 )

 

京大望月新一博士「ABC予想」解決の快挙!:でももっと快挙はその出身高校の方だヨ!

みなさん、こんにちは。

昨日今日と数学界のニュースでもちきりであった。良い話題の少ない昨今の日本にあって、こういう素晴らしいニュースは本当にありがたい。

さて、そのニュースとはこれだ。
数学の難問「ABC予想」解明か 望月京大教授、驚異的の声

 現代の数学に未解明のまま残された問題のうち、「最も重要」とも言われる整数の理論「ABC予想」を証明する論文を、望月新一京都大教授(43)が18日までにインターネット上で公開した。
 整数論の代表的難問であり、解決に約350年かかった「フェルマーの最終定理」も、この予想を使えば一気に証明できてしまうことから、欧米のメディアも「驚異的な偉業になるだろう」と興奮気味に伝えている。
 ABC予想は85年に欧州の数学者らによって提唱された。AとBの2つの整数とこれらを足してできる新たな整数Cを考え、それぞれの素因数について成り立つ関係を分析した理論。
【写真説明】 望月新一京都大教授が公開した、整数の理論「ABC予想」を証明する論文
e0171614_2110883.jpg

私が見た限りでは、徳島新聞のニュースが最速だった。その後、大手からも同じニュースが登場した。

すると、すぐに来るだろうなあ、と思ったのは、この望月新一博士の経歴に関するものである。というのも、フェルマー予想の場合と違って、「ABC予想」というのは、現代代数学を少しかじらないと知らないはずだからである。もちろん私は知っていた。なぜなら、1983年以降に知られるようになった予想だからである。それゆえ、普通の人はだれも知らないはずだから、経歴の方に目が向くはずだと思ったからである。

案の定、早速、イルミナティー新聞、目玉のフジ産経新聞が食いついた。以下のものである。
難問「ABC予想」解明か 望月京大教授 話題沸騰
2012.9.19 00:41

望月新一京都大教授が公開した、整数の理論「ABC予想」を証明する論文
 現代の数学に未解明のまま残された問題のうち、「最も重要」とも言われる整数の理論「ABC予想」を証明する論文を、望月新一京都大教授(43)が18日までにインターネット上で公開した。
 論文は4編の500ページ。整数論の代表的難問であり、解決に約350年かかった「フェルマーの最終定理」も、この予想を使えば一気に証明できてしまうことから、欧米のメディアも「驚異的な偉業になるだろう」と興奮気味に伝えている。
 ABC予想は1985年に欧州の数学者らによって提唱された。AとBの二つの整数とこれらを足してできる新たな整数Cを考え、それぞれの素因数について成り立つ関係を分析した理論で、整数の方程式の解析では「最も重要な未解決の問題」とも言われる。
 望月教授は米プリンストン大数学科を19歳で卒業、京大助手などを経て現職。

16歳で米大学に入学 「ABC予想」望月京大教授、異例ずくめの経歴
2012.9.19 00:50

望月新一京都大教授
e0171614_21175264.jpg

 ABC予想を証明する論文を完成させた望月新一京都大教授(43)は、16歳のときに米プリンストン大に飛び級で入学、19歳で同大数学科を卒業した俊英だ。平成14年に32歳で京都大の教授に就任するなど、異例ずくめの経歴を持つ。
 昭和44年東京生まれ。関係者によると父親の仕事の都合で5歳のころ渡米。ほとんど米国暮らしで、平成4年に23歳で京都大助手に就任した際は日本語が苦手だったという。
 専門の数論幾何で多岐にわたる業績を残し、17年に日本学士院が45歳以下の若手を対象に創設した学術奨励賞の第1回受賞者に選ばれた。
 今回発表した500ページにわたる4編の論文は1人で書き上げた。望月さんを知る研究者は「今回の論文執筆に少なくとも10年、間断なく集中してきた。まだかなり興奮しているのではないか」と話した。

これに関して、日本の若者たちの反応が実に面白い。例えば以下のもの。
ABC予想を解明したとされる京大の望月新一教授が本物の天才な件
10 : ソマリ(福岡県) :2012/09/18(火) 21:37:29.81 ID:LtguCZy30
略歴

1988年 - プリンストン大学を卒業(16歳入学、19歳卒業)
1992年 - プリンストン大学でPh.Dを取得(22歳):指導教授はフィールズ賞を受賞したゲルト・ファルティングス
1992年 - 京都大学数理解析研究所助手に就任
1996年 - 京都大学数理解析研究所助教授に就任(26歳)
1997年 - 日本数学会秋季賞受賞:代数曲線におけるグロタンディーク予想の解決(中村博昭、玉川安騎男との共同受賞)
1998年 - 国際数学者会議招待講演
2002年 - 京都大学数理解析研究所教授に就任(32歳)
2005年 - 日本学術振興会日本学術振興会賞受賞:p進的手法によるグロタンディークの遠アーベル幾何予想の解決など双曲的代数曲線の数論幾何に関する研究
2005年 - 日本学士院日本学士院学術奨励賞受賞:数論幾何の研究

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%9B%E6%9C%88%E6%96%B0%E4%B8%80


なんだ、化け物か

172 : アメリカンカール(チベット自治区) :2012/09/18(火) 22:29:21.66 ID:Do+Viy6q0
>>10
アイビーリーグを未成年で卒業とかw
とんでもねえな…

58 : マーブルキャット(やわらか銀行) :2012/09/18(火) 21:52:45.17 ID:QpNCooz20
>>10
なんでPh.D取ったあとRIMSに行ったのか謎なレベル

44 : オシキャット(愛知県) :2012/09/18(火) 21:47:27.42 ID:JnmkTMp30
>>10
東大、ハーバードとか適当パチこいてる学歴厨が総勢泡吹いて卒倒するレベルの学歴

27 : エジプシャン・マウ(京都府) :2012/09/18(火) 21:42:10.48 ID:QVx8Kj2F0
>>10
生き急ぎすぎだろ・・

22 : ジョフロイネコ(山梨県) :2012/09/18(火) 21:41:14.49 ID:JasQbFJ00
>>10
ここまで来ると嫉妬もせんわ

なんだったんだろうおれの大学生活…(´・ω・`)

そこで、私も望月博士の経歴を見てみると、英語版のものに、実に興味深いものを発見したのである。以下のものである。
Shinichi Mochizuki

Shinichi Mochizuki (望月 新一?, born March 29, 1969) is a Japanese mathematician specializing in number theory.[2] He works in arithmetic geometry, Hodge theory, and anabelian geometry, and he introduced p-adic Teichmüller theory, Hodge–Arakelov theory, Frobenioids, and inter-universal Teichmüller theory. He was an invited speaker at the International Congress of Mathematicians in 1998.
In August 2012, Mochizuki released what is claimed to be a proof of the abc conjecture; however, the claimed proof is very long and complex and is still being verified for correctness by other mathematicians.[3][2]

Life
Mochizuki attended Phillips Exeter Academy and graduated in 2 years.[citation needed] He entered Princeton University as an undergraduate at age 16 and received a Ph.D. under the supervision of Gerd Faltings at age 22.[1] He joined the Research Institute for Mathematical Sciences in Kyoto University in 1992 and was promoted to professor in 2002.[1]

最初の経歴の部分はほぼ日本語のものとも重なるが、プリンストン大学に入る前の高校のことがLifeの部分に記述がある。そこに”日本では”あまり知られていないアメリカの私立高校の名前が出ていたのである。

Phillips Exeter Academy(フィリップス・エクセター・アカデミー)

というものである。もちろん、私もこの名前は知らなかった。そこでこの高校を調べると、実にユニークな高校であることがわかったのである。以下のものである。

フィリップス・エクセター・アカデミー

e0171614_2224673.jpg

フィリップス・エクセター・アカデミー(Phillips Exeter Academy)はアメリカ合衆国ニューハンプシャー州エクセターにある。1781年に設立された、ボーディングスクールである。エクセターもしくはPEAとも呼ばれる。
アメリカ合衆国の"The Ten Schools"(10スクール)のボーディングスクールの中でも、世界的に極めて優秀な私立高校として知られる。
卒業生は一般的に超一流大学へと進学する。その苛酷で厳格な校風でも有名である。元々は男子校であったが、1970年より共学となる。姉妹校のフィリップス・アカデミーはライバル校であり、両校のフットボールの対戦試合はあらゆる競技の中で最も重要であると考えられている。

資産 [編集]

エクセターはアメリカ国内で、最も寄付の多い中等教育学校であり、その市場価値は2009年2月19日現在約8億5000万ドルにのぼる。これは生徒一人につき80万ドルの寄付ということになり、コーネル大学、コロンビア大学、ブラウン大学そしてペンシルベニア大学よりも多い。
2004年秋、現在から3億500万ドル引き上げる大増資計画「The Exeter Initiatives」を発表した。
著名な卒業生 [編集]

クリストファー・コロンブス・ラングデル(1848) 法学者
ラムジー・マクミラン(1928) 歴史学者(ローマ史)
ゴア・ヴィダル(1943) 小説家・劇作家・評論家(『都市と柱』)
ジョン・ロックフェラー4世(1954) 政治家・元ウェストバージニア州知事
ダニエル・デネット(1959) 哲学者・タフツ大学教授
ジョン・アーヴィング(1961) 作家(『ガープの世界』)
ダン・ブラウン(1982) 作家(『ダ・ヴィンチ・コード』)
チャンネ・リー(1983) 作家(『ネイティブ・スピーカー』)
マーク・ザッカーバーグ(2002) 実業家(Facebook創始者

この高校の卒業生になんとフェイスブック創業者のあのザッカーバーグ
e0171614_21343312.jpg

がいたのである。さらにあのイルミナティーのトップ、ジョン・ロックフェラー4世
e0171614_2135723.jpg

もいたという。

要するに、全米の最高学府の高校をたったの”2年”で卒業し、プリンストン大数学部に入学した。(ちなみに、日本の新聞で「数学科」と書いているのは、アメリカの大学を知らないからだ。Department of Mathematicsとは、「数学学部」=「数学部」。Department of Physicsとは、「物理学学部」=「物理学部」のことである。私は1990年6月にユタ大物理学部卒である。)

そんなわけで、望月博士は超名門高校出ということになるが、このことはまったく日本のお馬鹿マスゴミは気づかなかったようですナ。本当に調査が”甘い”。本当にインテリが記事書いているのかいナ?

さて、ここで私が知ったかぶりして「ABC予想」を解説してもいいのだが、本当に代数学を知らない人にはまったく理解できないと思う。だから今回はスキップして、その高校のことをメモしておこう。YouTubeにこんなものがたくさん出ているようである。

Phillips Exeter Academy Evolution


What's the best thing about Phillips Exeter Academy?


Phillips Exeter Academy SANS - All Female aCapella Group

楽しそうな高校だナア! 超エリート高校である。(こういった高校がアメリカの底力を支えているのである。)

この高校の教育方法と教育方針が面白い。日本にはない。あり得ない!以下のものである。()は拙訳である。おおよその特徴が理解できるだろう。特に数学教育法が優れているように見える。
Harkness teaching method(ハークネス教育法)
Most classes at Exeter are taught around Harkness tables. No classrooms have rows of chairs, and lectures are virtually nonexistent.
(エクセター高のたいていのクラスはハークネス机の回りで教えを受けます。椅子の列のあるような学級はありませんし、講義も見かけ上存在しません。)
Over time, the Harkness method has made learning at Exeter both active and student-centered.
(授業中は、ハークネス法はエクセターの学習を活性化し生徒中心にします。)
For example, Exeter does not teach math with traditional textbooks. Instead, math teachers assign problems from workbooks that have been written collectively by the Academy's math department.
(例えば、エクセターは通常の教科書で数学を教えません。代わりに、数学の教師が学校の数学部が集めて作った演習書から問題を出題します。)
From these custom workbooks, students are assigned word problems as homework.
(これらの慣例の演習書から生徒たちは言葉で書かれた問題を宿題として出題されます。)
In class, students then present their solutions at the blackboard.
(それからクラスで生徒たちが黒板で彼らの解答を見せるのです。)
This means that in math class at Exeter, students are not given theorems, model problems, or principles beforehand.
(これは、エクセターの数学学級では、生徒たちは、定理や典型的問題や天下り的な原理を与えられないということを意味しています。)
Instead, theorems and principles emerge more organically, as students work through the word problems.
(代わりに、定理や原理は生徒たちが言葉で書かれた問題を通じて挑戦して行くうちに組織的に現れて来ます。)
The completion of the Phelps Science Center in 2001 meant that all science classes, which previously had been taught in more conventional classrooms, could also be conducted around the same Harkness tables.
(以前はもっと普通の学級で教えられたすべての科学学級も全く同じハークネス机で指導されるようになりました。2001年にフェルプス科学センターが完成したときからそうなりました。)
Classes at Exeter are small, with only 8–12 students in each class.
(エクセター高のクラスは小さく、各クラスでほんの8〜12名しかいません。)
Small class sizes, and the Harkness tables, encourage all students to participate.
(少人数クラスとハークネス机があらゆる生徒に参加するように勇気づけます。)
These Harkness classes feature heavily in Exeter's identity and its day-to-day life. "There are no corners to hide behind."[citation needed]
(これらのハークネス学級はエクセター高校のアイデンティティーと日々の生活を特徴づけています。「隠れるための場所はありません。」)
Elements of the Harkness method, including the Harkness table, can now be found at academic institutions across the globe.
(ハークネス机を含むハークネス法の要素は、今では世界中のアカデミックな学校で見られるようになっています。)

(このハークネス教育法が望月博士の才能を開花させたのかもしれないですナ。)

日本の若者よ、大志を抱け! 開成、灘もいいが、海を超えろ! まあ、無理か?

アメリカの超イルミチックな高校で勉強してみるというのもいいかもしれませんナ。
敵を知り、己を知れば、なんとやらサ。


おまけ:
ついでにコメントを付け加えておくと、ハークネス法に近い教育は日本でもごくごく一部では存在していると言えなくはない。それは、最近日本も力を入れるようになった「数学オリンピック」や「科学オリンピック」の指導者である大学教授と名門高校の高校生との関係である。「数学オリンピック」の出場者は、特別の問題を指導者1人に対して生徒3、4人程度で指導を受けるという。やりかたも言葉で出題された問題(文書問題)を黒板で解く方式である。だから、ハークネス法とほとんど同じと言える。その結果、日本の高校生も数学オリンピックで入賞し金メダルを取るものもたくさんでてきている。

問題は、アメリカの場合、全米のトップ10ほどの超エリート高では、それと同じような教育が生徒全員に対して行われているということである。日本では、毎年数人が数学オリンピック出場者としてこういう指導を受けるのみである。数で言えば、数百対1程度の差があるはずである。この差は非常に大きい。

見たところでは、このハークネス法は俊友に対してばかりか、劣等生に対しても有効であるように見える。勉強のできる人の力を伸ばし、勉強のできない子供たちの基盤も育成できる。そんな教育方法のように見える。ただその方法にはお金がかかる。だからどうせお金をかけるのなら、将来社会のリーダーになる方にかける方がいいというのがアメリカ型というわけだが、島国の日本では、むしろ逆の方が大事かもしれない。劣等生にハークネス法を用いて、秀才たちには邪魔をしない。それで十分な気もする。もちろん、秀才たちにもハークネス法を用いられたら最高である。

このハークネス法の特徴は、最後にまとめると、YouTube番組にもあるが、ハークネス机、要するに、日本の図書館の閲覧室で見るような長方形の大きな机で、8〜12人がお互いの顔を見るような形で勉強するというものである。

日本の学校で言えば、「班」というものに近いだろう。学級内で班を作り、班ごとに勉強する形に近い。ただし、1班に1人ずつ先生がいる。そんなところだろう。班学級のようなものといえる。この班が科目ごとに教室を変えて学習するというのが、エクセター高校の授業風景といえるだろう。クラブ活動は普通にあるようだし、結構強そうである。だから、文字通りの「文武両道」の高校なのに違いない。

日本では昔は文部省、1995年以降は文科省が存在し、厳格に学校ルールを決めているから、こういう私立高校は存在できない。だから曲がりなりにも「数学オリンピック」などのような場合の指導で、その肩代わりをせざるを得ないというわけである。

日本の教育がどうしても伏線スタイルに落ち込む理由はここにある。「良い」と分かった教育方法があったとしても文科省が存在するため、それをそのまま素直に日本に導入できない。そのために、どうしても絡めてのやり方にならざるを得ないのである。日本の霞ヶ関官僚が日本の発展を阻害するのである。どうしてもこの構造から逃れられないのである。

その点アメリカは文科省はないし、各州ごとに教育方法が違うし、さらには、私立名門高校や大学はアメリカ建国以前の200年以上前から存在する。だから国がとやかく言えないのである。アメリカ合衆国がなくなったとしてもプリンストン大やエクセター高校は存在する。そういう学校なのである。

しかし、学校の先生たちがそれなりに工夫すれば、ハークネス法のような方法はできないわけではない。それほど難しいものではないだろう。なぜなら超少人数クラスと問題解決中心の授業にすればいいだけだからである。

しかしながら、この場合にも障害となるのは、大学入試である。国公立私立大学へ入るための試験があるからである。エクセター高校のようにほぼ無条件で難関大学へ入学できる訳ではない。日本の場合もさまざまな形で推薦入学があるが、学校全部がほぼ推薦で進学できるところはないからだ。

まあ、そんなわけで、やはり個人の立場から見れば、留学するのが一番だということになるだろう。ある程度金銭面で余裕のある家庭では、中高の段階からアメリカのトップ10の超エリート校に進み、その後名門大学を卒業し、そして日本で活躍するという道も有望ではないかという気がする。

その実証例が、今回の望月新一博士であったということですナ。
[PR]

  by KiKidoblog | 2012-09-19 21:47 | 人物

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE