2012年 10月 09日 ( 1 )

 

HAARPに地震波か?研究用83:最大級650nT到来!

みなさん、こんにちは。

きのうまでアラスカのHAARPモニターが死んでいたために観察できなかったのだが、今朝見ると数日振りに復活していた。しかしそれをみて驚いた。なんとそこに311以降最大級の650nTの地震電磁波が到来していたからだ。この理由は、つい最近太陽で起こったCMEが今日あたりに地球方向へ到達し、それによって地球内部が加熱されたからである。残念ながらこれらはアジア日本方面のもののようである。要注意である。最大級の地震電磁波を注目しておこう。

【注】私が最近ここで強調しているのは、太陽風による(特にCME放出時の)地球内部の加熱による地震の誘発という現象である。ここ数年の観察からも、明らかに太陽からの電磁波の到来と地球の地震活動との間には相関関係があるように見えるということである。しかしながら、よく知られているように、現在の地震学者たちは地震は太陽活動とは無関係だと信じているというレベルである。まして、我々人間が強烈な電磁波を照射することによって地震が誘発できるという可能性などまったく知らないのである。この2点を観察することが最近の私の個人的目的なのである。

宇宙天気ニュース
によれば、
2012/10/ 6 14:32 太陽でCMEが発生しました。太陽風磁場が南寄りになり、オーロラが発生しています。
2012/10/ 7 15:27 太陽風は低速です。明日以降、太陽風に乱れが発生しそうです。
2012/10/ 8 10:47 更新
太陽でフィラメントの噴出が発生しています。太陽風磁場が南向きに振れています。
e0171614_1010481.png


アラスカのHAARPモニター群
e0171614_7373534.jpg

e0171614_7374410.jpg

Magnetometer Chain
青の垂直成分が大きく、赤黒の水平成分が小さいのが、地震電波の特徴。通常は、5つの地点で観測された強度(特に青色の垂直成分)がほぼ同一場合はアラスカモニター群にほぼ垂直の方向から来た地震電磁波と見ることができる。すなわち、アジア日本を通る大円方向ということになる。
e0171614_10103456.png

e0171614_10103879.png


Induction Magnetometer
一番下の周波数ゼロの近く(水平軸上)にある「白く明るい」部分(0ヘルツ近傍)が地震電波の特徴。まあ、白色に近い部分。一方、深夜に垂直に立ち上がった、幅広くピンクから真っ赤に近い色の帯状の部分はオーロラ活動によるものである。これは特にBz成分に顕著。
e0171614_10105420.gif

e0171614_10104943.gif

e0171614_10123554.gif

10月8日UT8~19時付近と10月9日UT20時以降のシグナルが、650nTの地震電磁波のものと考えられる。人工電磁波は10月8日UT8付近に存在するようにみえる。

Spectrum Monitor Waterfall Chart
この滝チャートは、電離層の構造をMHz域の電磁波反射で調べているものだが、何層かの色のバンドに分かれているのが正常状態である。等間隔に色のついたバンドが並んでいる時間帯は、人工的な電磁波がどこかから電離層に向けて放射されていることを示している。
e0171614_10142854.gif


VHF Riometer
(これでは、太陽活動の概日周期からどれだけ外れた異常活動があるかが分かる。)
e0171614_1014416.png

Electron density
(電離層の電子密度がわかる。)
e0171614_10145626.png

Digisonde
(電離層の電子密度がわかる。)
e0171614_10144366.png



一方、カナダの地磁気モニター群
e0171614_23355326.jpg

には以下のような波形が出ている。
Geomagnetism: Summary Plot from Canadian Magnetic Observatories
e0171614_1015146.png

ここに出ている10月8日UT8~10時前後と10月9日UT0時以降のゆらぎが、650nTの地震電磁波である。また、これらが地震電磁波かどうかはアラスカHAARPモニターのゼロ周波数があるかないかでチェックするのである。アラスカのものと見比べれば、カナダのもので焦げ茶色の部分がアラスカの白い山の部分に見事に対応していることが分かるだろう。ちなみに日本時間はUTより9時間進んでいる。

参考:
アキラの地震予報
日本国内で個人的に磁力計を用いて地震予報を行っている。非常に予測率の高い優れた研究のようである。さて、ここからは次のような警告が出ている。
父島圏内にM4.5~M6.3の地震発生合図が沢山出ました。
まだ、10/02発信が継続中ですが、再び小笠原諸島中心として、南太平洋・マリアナ・ニューギニア・
台湾・フィリッピン・本土近辺地方・サハリン・千島列島地方では、一週間程地震発生に要注意です。
特に、父島近海・本土海溝近辺で地震発生の可能性が有ります。
(10/06 10:46発信)

備えあれば憂いなし。
[PR]

  by KiKidoblog | 2012-10-09 10:17 | HAARPモニター観察

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE