2013年 04月 09日 ( 3 )

 

ジョーク:「薪で暖められる時は〜〜?」

みなさん、こんにちは。

笑いは百薬の長。笑う門には福来たる。以下はジョーク。笑うことが肝心。本気にしないことですゾ。

−−−−−−−−−

さて、今日偶然見つけたものにこんなものがあった。
e0171614_1336712.png

薪ストーブをもっと楽しく、もっと豊かに・・・

「薪で暖をとる者は三回暖められる。
一度は薪を切り薪を割る時、
もう一度は薪を運ぶとき、そして、
自分の家を暖房するために薪を燃やす時」

http://kankyo-fuji.com/modules/yukiguni/index.php?content_id=6より

実は、これによく似た比喩がある。それは、20世紀の天才建築家バックミンスター・フラーが言った言葉である。石油エネルギーに頼る世界に対してこういった。
エネルギーを化石燃料に頼るというのは、暖をとるのに、自分の家を薪にして燃やしていくようなものだ。

ところで、そのフラーとはこんな人。
バックミンスター・フラー
e0171614_13421225.jpg
e0171614_13421633.jpg
e0171614_13422247.jpg

ちなみに、このフラーの晩年の共同研究者が、日本の天才たち:「神は曲がった線で正しく書く」でメモした、シナジェティクス研究所のイケメン建築家の梶川泰司さん。

犬のしっぽ ブログ
e0171614_13293626.jpg

さて、最初の薪ストーブの話はなんとなく、有名なユダヤジョークに似ている。
世界の人たちがジョークの笑い方について話していた。
すると、あるユダヤ人がこういった。
イギリス人は3回笑う。聞いた時と意味がわかった時と他人に話す時。
ドイツ人は2回笑う。聞いた時と他人に話す時。
なぜならドイツ人には意味が分からないからだ。
ロシア人は1回笑う。聞いた時。
なぜならロシア人は意味が分からず、他人に話すこともできないからだ。
少しも笑わないのは、日本人とユダヤ人のみ。
日本人はまったく理解できないからだが、ユダヤ人はすでに知っていたからさ。

そこで、最初の薪ストーブの話をこのジョーク風にアレンジすると、こんな感じか?
世界の人たちが、薪で暖をとると何回暖まるか話していた。
すると、あるユダヤ人がこういった。
ドイツ人は3回暖まる。
一度は薪を切り薪を割る時、もう一度は薪を運ぶとき、
そして、自分の家を暖房するために薪を燃やす時だ。
イギリス人は2回暖まる。
一度は薪を切り薪を割る時、そして、自分の家を暖房するために薪を燃やす時だ。
なぜなら薪をメイドに運ばせる。
ロシア人は1回暖まる。
自分の家を暖房するために薪を燃やす時だ。
なぜなら、薪を切り薪を割る時と薪を運ぶ時は外が凍るほど寒すぎるからだ。
少しも暖まらないのは、日本人とユダヤ人のみ。
日本人は家が小さすぎて薪ストーブが入らないからだが、
ユダヤ人は家が大きすぎて薪ストーブでは暖まらないからさ。

今度は、フラー風にアレンジしてみると、こんな感じか。
世界の人たちが、フラーの「エネルギーを化石燃料に頼るというのは、暖をとるのに、自分の家を薪にして燃やしていくようなものだ。」について、もしそうなら最初に何から燃やすべきかを議論していた。
すると、あるユダヤ人がこういった。
イギリス人は、まずロッキングチェアから燃やす。
ドイツ人は、まずスタンドの棒から燃やす。
アメリカ人は、まず窓枠を砕いて燃やす。
ロシア人は、まず壁板を引っ剥がして燃やす。
何も燃やさないのは日本人とユダヤ人だ。
なぜなら、ユダヤ人はもう一つ家があるからだが、
日本人はもうみんながもやした後で何も残っていないからだ。

いやはや、お粗末さまでした。
[PR]

  by KiKidoblog | 2013-04-09 14:27 | ジョーク一発

「東京原発」: いやはや、すべては見事に説明されていた!?

みなさん、こんにちは。

いやー、これは面白い。謎の映画
東京原発
e0171614_1135528.jpg

原子力発電所は、本当に恐ろしい・・・!
というものがあったらしい。


アップロード日: 2011/12/03
東京原発という映画のハイライトシーンです。3.11以降に明らかになった原発にまつ­わる嘘と真実が解りやすく説明されています。この映画が2004年の作品だというから­驚きです。以前にYouTubeにアップされていたものですが,現在は削除されていま­す。再び削除される恐れがありますので,直ちに保管することをお勧めします。

しかしながら、東京都内に原発を作りたくないといって福島やら他の地方に押し付けるのは「犯罪」ではないかいナ? 東京の人が原発を使いたければ、地方を犠牲にせず、東京湾の海底地下に建設して、原発事故が起きても海底に押しつぶされるようなものにすべきだったナ。
[PR]

  by KiKidoblog | 2013-04-09 11:29 | 原子炉被災

グリア博士の「シリウス」ついに日本上陸!:日本人よ、覚醒せよ!

みなさん、こんにちは。

モルモンエージェント飛鳥昭雄のことはもう忘れてください。これからは、「神戸の超人」坂本廣志の時代です。
神戸の超人坂本廣志氏とそのお弟子のシャールさんの「摩訶不思議の体験談」
宇宙人女性5人と交尾するなど普通の人にはできません。ましてやエイリアン女性の膣や肛門に指突っ込んで舐める。こんな勇気ある研究調査のできる人は、まさに実験科学者の称号を与えたいほどである。私など人間女性ですらままならない。

まあ、ジョーダンはさておき、いよいよ「UFO・宇宙人問題暴露プロジェクト」が日本に上陸。ミスター・スティーブン・スピルバーグ、いや違った、スティーブン・グリア博士の「シリウス」である。映画「Thrive」
(Official Movie) THRIVE: What On Earth Will It Take?
と同様に、みんなで広めていくタイプの映画公開術を用いるらしい。以下のものである。
シリウス 予告編 (日本語版)

もはや学研ムーの時代は終わった!
「ムーよ、イルミナティー雑誌よ、お前はもう死んでいる!」

いやはや、世界の人々の覚醒は早い(けっして「覚醒=アセンション」ではないことに注意)。
[PR]

  by KiKidoblog | 2013-04-09 10:18 | グリア・シリウス暴露

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE