2013年 04月 28日 ( 1 )

 

鹿児島のイルカ座礁、しかもカバラの31頭。これは何かの凶事の予兆ですか?

みなさん、こんにちは。

人々が大型連休といって浮かれているような時、こういう時に仕込みが行われる。ボストン・マラソンを見れば、これがどういう意味かよく分かったに違いない。

さて、最近、鹿児島の海岸に31頭ものイルカが座礁したという。以下のものである。
鹿児島で31頭のイルカが集団座礁!クジラ、ダイオウイカも

26日午後3時頃、鹿児島県南さつま市笠沙町の小浦港近くの海岸で31頭のイルカが打ち上げられ、うち2頭は生きていたため、市の職員によって海に帰されたものの29頭はすでに死んでいたとのこと。千葉県館山市の平砂浦海岸でも25日、体長3.15メートルの小型のクジラが打ち上げられている。26日早朝、新潟県上越市の海岸で世界最大のイカとされる「ダイオウイカ」も打ち上げられ職員が博物館に車で運んで展示したそうだ。(※画像は参考画像)
e0171614_21112994.jpg

ニュージーランドで2011年2月22日に発生したカンタベリー地震の2日前に100頭を超えるクジラの集団座礁が発生。2011年3月4日に茨城県鹿嶋市の砂浜に約50頭のイルカが打ち上げられた。これも東日本大震災の予兆だったのではと噂されている。

麻布大学獣医学部の太田光明教授は2012年1月29日放送のテレビ朝日「サンデースクランブル」で「クジラやイルカは、地震の前兆である海底での低周波を聞き取っているために逃げようとして浜に乗り上げてしまうのではないか」と語っている。独立行政法人水産総合研究センター 水産工学研究所の赤松友成博士も同番組内で「シロナガスクジラというような大きなクジラは、17ヘルツという非常に低い音で声を出します。大きな地殻変動が起こったわけですので、聞いていないわけがないだろうと思います。」と発言。

今回の南さつま市、館山市の件が地震発生の予兆で無ければ幸いだが海中の生物の動きと地震との関係は取り沙汰されているにも関わらず研究は進んでいないのではないだろうか。

はたしてこれは凶事の前触れだろうか?

実は、陰謀暴露の世界では常識中の常識の一つなのだが、現代の原子力潜水艦は、非常に強烈な低周波ソナー音を発する。このソナーは、まるで象やくじらが低周波の音を出して遠くの仲間に伝達するように、何百キロ先までとらえることができるのである。そしてその情報を今度は上空の人工衛星を使って本国基地へ送り、そこのスーパースーパーコンピュータで解析し3D映像を作る。それを逆ルートで潜水艦にリアルタイムで送り返し、潜水艦内の画面で見ることができるというのである。

一説では、なぜ米軍がケムトレイルを撒き続けるかというと、この電磁波の反射材として必須事項だからだというものがある。このソナーの大音量のために前方にいるイルカやくじらの群れが耳をやられて全滅するのである。その数は、日本の捕鯨船が何年もかけて調査捕鯨する数に匹敵するのである。だから、シー・シェパードは日本の捕鯨船に体当りするよりは、世界中の海軍の潜水艦に体当たりすべきなのである。

ここではだいぶ前に以下のものにメモしていた。
「白人至上主義団体」シーシェパード、ついに日本の調査捕鯨船を爆撃!?

相次ぐ大量死…クジラ2百頭打ち上げられる
e0171614_1655196.jpg

ジャースクでイルカが再び謎の大量死
e0171614_15574613.jpg


しかし、最近になって、この原因がアメリカの原子力潜水艦やNATOの軍艦による「最強烈低周波 ソナー」のせいであるということが分かってきたのである。 このソナーは驚くほど強烈で、鯨やイルカの内耳が吹っ飛ぶ。それゆえ、耳から出血して死んでいたのである。

このソナーの正式名称は、「低周波アクティブ方式探索曳航アレイ・ソナーシステム(LFAS)」というらしい。周波数は数百から数キロヘルツ。水中で最高音圧となり、音源は何やら「アポロ」で有名な「サターン5型ロケット」並みの”240デシベル”を超える音を発する。数百km先でも140デシベルを維持し、反射音は即座に人工衛星を介して本国のスーパーコンピュータに送られて解析される。

したがって、一番あやしいのは、この海域を原子力潜水艦が活動した可能性があるということである。言い換えれば、この海域の海底で何かの工作をした可能性があるということである。

そこで、一応の注意として、かの掘削船地球号がどこを掘削していたか?を再度メモしておこう。以下のものである。
「人工地震」のふるさと:「地下深部掘削船ちきゅう」の開けた「墓穴」の数々
A Happy New Chikyu ! : 東日本大震災震源地とちきゅう掘削地が一致!

「ちきゅう」のすごさ〜掘削候補に三陸沖が入っていた/マントルまで掘削〜
e0171614_1058169.jpg

この図を見て分かるように、東日本大震災の震源地の下の方には、静岡沖、和歌山沖、徳島高知沖、鹿児島高知沖、沖縄沖の5地点が存在する。これらの場所は、よりによって地質学的地震学的にもっとも危険な場所が選ばれている。

したがって、徳島、高知、鹿児島で地震が起これば、鹿児島、宮崎、愛媛、高知、徳島などが東日本大震災の岩手、宮城、福島、茨城、千葉のような目に陥るはずである。その時は、我が家も「みなさん、さようなら〜〜。お先に失礼〜〜!」ということになるだろう。

とまあ、そんなわけで、ダイオウイカよりはイルカやくじらの方が要注意なのである。
[PR]

  by KiKidoblog | 2013-04-28 21:44 | 地震・地震予知・噴火

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE