カテゴリ:ネフィリム巨人( 7 )

 

「2008年6月14日岩手・宮城内陸地震震度6強」発生!:一関の崖で巨人化石が見つかっていた!?

みなさん、こんにちは。

今回は非常に興味深いものを見つけたので、それをメモしておこう。地震のことである。とはいえ、地震予知や地震そのもののことではない。地震が起こった後のことだ。

ところで、惑星Xこと「ニビル」と言えば、「ネフィリム」「巨人」であろう。ゼカリア・シッチン博士の生涯の研究テーマであった。
e0171614_1620284.png


いわゆるメソニックなイギリス流のリチャード・リーキー博士による人類アフリカ起源説では説明のつかない「オーパーツ」。そういうものが、巨人の化石や巨人の骸骨である。例えば、こんなもの。
【衝撃】進撃の巨人は実話だった!世界中で発見される「巨人・ネフィリム」【不思議】
【ネフィリム進撃の巨人】超大型霊長類の痕跡が発掘されていた‥教科書に載らない真実‥!?【Nephilim Giants】

1.
e0171614_1693227.png
2.
e0171614_1694139.png

3.
e0171614_1694610.png

4.
e0171614_1610192.png

5.
e0171614_1610526.png

6.
e0171614_16104083.png

7.
e0171614_16104776.png

8.
e0171614_16105481.png

9.
e0171614_1611018.png

10.
e0171614_16111334.png

11.
e0171614_16112294.png

12.
e0171614_16113022.png

13.
e0171614_16113944.png

14.
e0171614_1618615.png

15.
e0171614_16181696.png

16.
e0171614_16184395.png

17.
e0171614_16185676.png

18.
e0171614_161954.png

19.
e0171614_16191884.png

20.
e0171614_16193017.png

21.
e0171614_16194245.png

22.
e0171614_16195328.png

23.
e0171614_1620454.png
よく知られた有名なものも、新しいものもある。

これらの写真は全部リアルの実在のものである。だから、正真正銘のオーパーツである。

これらが意味することを研究するのが本当の強者の科学である。

これまでのところ、そういったネフィリム(=巨人)の化石は海外にしかなかった。中南米、中東からインド方面、アフリカなどである。中でもメソポタミヤ近郊が特に多い。

当然、よく知られているように、こういった巨人化石が発掘されると、どこからともなく、米軍特殊部隊やCIAあるいはACIOがやってきて、どこかへ持ち去ると言われている。そして、サイトは閉鎖、写真は隠蔽されるというのだ。

しかしながら、インターネットの時代ではそれが完璧には行われなくなった。だからこうして我々も目にすることができるというわけである。

さて、問題は、ネフィリムの化石が我が国日本にもあるのかどうか?

ということだったが、なんと実は驚くべき事象によって、2008年に我が国の東北地方でネフィルムの化石がほぼ100%完璧な状態で発掘された。というより、発見されたのである。

それは、2008年の東北の震度6の大地震の時だった。マスゴミのヘリコプターが現地の被災地に飛んで、上空からリアルタイムで現場を撮影していた時、カメラマンも分からなかったようが、その映像を放映中のテレビ番組の映像に、実に”奇妙なもの”が写ったらしいのである。

もちろん、我々は知らなかった。が、地元の人たちはそれに気づいたらしい。

「現実」というものは、それを記述する「概念」や「言葉」がないと認識できない。だから、現地の人にも「何か変なもの」だとは分かったが、何が起こっていたのかよく理解できなかったらしい。

ところが、その後、私のこのブログや陰謀暴露論やオカルト版などの世界の不思議を暴露するサイトが出てくるにつけ、そういうものの中で、ゼカリア・シッチンの「ニビルのネフィリム」の話や、上のような世界中の巨人化石の写真などがインターネットに現れるようになってから、東北の人がそれを見たところ、「はたっと気がついた」らしい。「アハ体験」である。

というわけで、
「そうだ、そういえば、あの時の地震で写っていたものは、ネフィリムだったのだ」
というような感じで、つい最近になって、YouTubeに登場してきたようである。その問題の写真が以下のものである。

【驚愕】日本でもネフィリム(巨人)の骨発見か!? 進撃の巨人は日本発!!


衝撃!ネフィリム 巨人の骨は日本でも見つかっている!【進撃の巨人は実話?!】世界中で発見される巨人の衝撃画像【閲覧注意・都市伝説】

e0171614_16361783.png

e0171614_16362851.png

つまり、2008年6月14日発生の震度6強の岩手・宮城内陸地震、岩手県内陸南部で発生した、マグニチュード7.2 最大震度6強の地震の時のことである。その時に、岩手県一関の崖崩れの中から、ネフィリムが見つかったのである。

ところが、その直後しばらくして現場ではブルーシートがかかった。一方、ニュース映像ではその巨人の骸骨が映像から消去されたか。あるいは、撤去された後の映像が流されたらしい。


というわけで、どうやらかつてこの地球上には巨人の楽園が存在した。しかも遺品や道具や身につけた装飾品もその周りにないから、巨人族はほぼ裸で埋葬されたか、裸で生活していたのかもしれない。

ここ日本にも存在したということから、ほぼ全世界に巨人がいたということである。それもかなりクロマニオン的な現代人の頭蓋骨で、手足の長い、かなり西洋白人種型の巨人である。

いや〜〜、実に興味深い。

あるいは、未来人がタイムスリップして過去の地球に戻ったのは良いが、何かの手違いでスケールが変わってしまったという可能性もある。ガリバー状態で過去にタイムスリップしたのである。

こういう可能性も捨てきれない。

はたして真実はいかに?

今後の研究を待とう。それにしても、貴重な歴史的発見であるわが国最初のネフィリムの化石は一体誰が撤去し保管しているのだろうか?

名を名乗れ!


e0171614_11282166.gif

[PR]

  by Kikidoblog | 2015-05-17 16:52 | ネフィリム巨人

旧ソ連KGBの”謎の”エジプト大遠征隊:ネフィリムの王墓を発掘!?

みなさん、こんにちは。

第二次世界大戦前ドイツのナチスがエジプト大遠征を行い、古代エジプト時代の「知識の部屋」の発見に血眼になったというのは有名な歴史的事実である。戦後、アメリカやソ連が南極に即座にかり出したのも、占領したさまざまな国々の遺跡を発掘調査したのもまたまったく同じ理由からだったと言われている。我が国でも米軍は終戦後に剣山のアーク伝説を調査したり、大阪堺にある仁徳天皇陵を発掘したりしていたというのである。

さて、実は旧ソ連もナチスドイツと同じようにエジプトにKGBの大遠征部隊を送り込み、極めて謎の大発見をしていたという。久しぶりに見る実に興味深いドキュメンタリーである。司会は、007のロジャー・ムーア氏である。以下のものである。残念ながら英語のみ。
The Secret KGB Abduction Files - UFO Docu (Roger Moore)

これによると、ソ連KGBは1980年代にエジプトで大発掘チームを組み、ソナーや当時の最先端の科学技術を駆使してある墓を発掘した。その墓は、「星から来た神」のものというもので、王の王として君臨し、その後の王は「フォロワー(従うもの)」と呼ばれたらしい。

その墓の棺を開けてみると、ある人物のミイラが入っていた。そのミイラの骨格が全て残っていた。その頭蓋骨の目の枠は非常に大きく、ほお骨はわずか、顎は小さかった。そこでそれを解析すると、なんと我々が「グレイ」と呼ぶエイリアンにそっくりだったというのである。

また、ギザのピタミッドの年代推定によれば、BC1万500年ということになったという。つまり、今から1万2千500年前頃にはすでにそこに建っていたという。

この探検チームは1980年代に解体。その時のメンバーも胡散霧鞘。大半の人物が失踪してしまったというらしい。そしてその記録の大半も闇に消えたというのである。

実に面白い。

日本のどこぞの大学教授のようなごく普通の考え方に染まったどうでもいいような王の墓のエジプト発掘も良いが、こういうもっと本質的な発掘を期待したいところですナ。
[PR]

  by KiKidoblog | 2012-11-21 11:14 | ネフィリム巨人

世界の巨人のオーパーツ特集が増えていた:やはりICAの時代の巨人は興味深い。

みなさん、こんにちは。

久しぶりにYouTubeをいろいろ見て回ると、世界の巨人のオーパーツ特集が増えていたようである。そこでそんなものをいくつかメモしておこう。

Discovered Nephilim, titans, giants 1/4 gigantes, титаны


Discovered Nephilim, titans, giants 2/4 gigantes, титаны



TITANS GIANTS GIGANTES 3/4 (1080p HD)


Giant Mummies and Pyramids of China


The Skull of the Terasque Race


やはりICA人の巨人は実に興味深いものである。


おまけ:
Iran Mummy

[PR]

  by KiKidoblog | 2012-02-22 16:29 | ネフィリム巨人

A Happy New Ooparts! :2億年前の巨人の足跡発見!

みなさん、こんにちは。

いやー巨大だ。約2億年前の地層と考えられる南アフリカの地層から巨大な足跡が発見されたという。以下のものである。

Giant Foot Print of 200 Million Years Old – Mpaluzi South Africa
e0171614_16223763.jpg


Giant Foot Print 200 Million Yrs Old - South Africa


はたしてこれはどう解釈したらいいのか?

昔の人間は超巨大だったと考えるべきか?それとも、我々くらいの大きさの人間の足跡だったが、地球が膨張した? あるいは、宇宙そのものが膨張した? あるいは、だれかのいたずらか偶然のいたずからか?

定説を信じたがる一種のカルト的な”主流”学者なら一番最後のいたずら説や、偶然のいたずら説をとることだろう。しかしながら、こういうメインストリームの学者はたった一個の歯のかけらからも自説を証明しそうなものであれば、それをもって確信的な妄想を作り出す。

現実に自然に目を向ける。これこそ真の科学者や学者の心意気というものである。


おまけ:
オーパーツ 一覧
カブレラストーン
e0171614_16362320.jpg

e0171614_16421594.jpg


白亜紀の人間の指化石
e0171614_16352242.jpg

[PR]

  by kikidoblog | 2012-01-08 16:30 | ネフィリム巨人

「人の謎に満ちた起源: 禁じられた考古学」

みなさん、こんにちは。

今日もまた「古代の人骨」に関連する話を続けよう。これもまたYouTubeで見つけた番組である。「人の謎に満ちた起源」という番組である。ナビゲーターは最近亡くなったチャールトン・ヘストンである。もちろん「猿の惑星」の主演俳優のチャールトン・ヘストンである。

「チャールトン・ヘストン、人の起源」
Charlton Heston on the Origin of Man part 1


Charlton Heston on the Origin of Man part 2


Charlton Heston on the Origin of Man part 3


Charlton Heston on the Origin of Man part 4


Charlton Heston on the Origin of Man part 5


1では「我々はどこから来たか?」という未解決の問題が紹介され、地球上のさまざまな遺物(例えば、ヨーロッパ人が南極を発見するずっと前から南極大陸を描いた「ピリレイスの地図」の存在や何百トンもの巨石文明や明らかに古代遺跡の中に存在する現文明以上のハイテクの存在やさまざまなオーパーツの人骨)などから何百万年も前から人類が存在した可能性があるということが議論される。「人類のアフリカ起源説」に疑義をはさむ。マッキンタイヤーという女性考古学者がメキシコで20万年前のやじりを発見したという話が紹介されている。

2では6000万年前に滅んだといわれている「恐竜時代」の謎が紹介されている。ティラノサウルスの足跡が発見されているが、その横に人間の足跡も同時に発見されてたというカール・バウフ博士の話やそれを科学的に分析したペターセン博士の話が紹介されている。また、約1億(100ミリオン)年前の恐竜時代の地層から出た「人間の指」の化石が分析されている。さらにアフリカの28億(2・8ビリオン)年前の地層から球形の人工物が何百も発見されている。恐竜と人の両方が同時に存在したという証拠を理解する方法としては、人が太古から存在したと考えるか、逆に恐竜が極最近まで生きていたと考えるか、のどちらかであるが、後者の可能性もあるという話も紹介される。

3では(2の終盤から)「ダーウィンの進化論」や「リーキー博士のルーシー祖先論」のキーポイントである「ミッシングリンク」の問題が議論される。要するに、人と類人猿の”つなぎ目”となる証拠の化石のことを「ミッシングリンク」というが、その「ミッシングリンク」が地球上で見つからないという問題などが議論されている。要するに、「ダーウィンの進化論」にもとずく「人類アフリカ起源説」には確固たる証拠がないということである。前半の後半から人類の古代文明の問題が議論されている。非常にゼカリア・シッチン博士に似ているニール・スティーデ博士が登場し、「ティアワナコ文明」の時代を議論する。ポリンスキーの「17000年前説」が議論され、少なくとも12000年前に存在したとスティーデ博士は結論づける。

4では「ティアワナコ文明」の古代遺跡のさまざまな特徴が分析される。数百トンの巨石の使用、巨石の水平性、針をも通さない巨石と巨石の接触面、金属のつなぎ具などなど。ここでは「神々の指紋」で有名なグラハム・ハンコックも登場する。また、一方でロバート・ボーヴァル博士などの「スフィンクス」や「ギザのピラミッド」の分析から、「エジプト文明」の建造年もまた12000年以前であると結論づけられる。そして、双方の文明で「ミイラ」の使用、巨石文明など「ティアワナコ文明」と「エジプト文明」の類似点や相似点や共通点から両者がほぼ同じ年代に建造された可能性が議論されている。後半では、「古代の精密時計」、「古代の精密地図」をだれが作ったのか、そのひな形を作ったものはだれか、という問題が議論されている。古代の精密地図では「氷で覆われていない南極大陸」を描いた地図が存在する。すなわち、数千年前に描かれたと考えられる「世界地図」が存在するのである。果たしてこれをだれが作ったのか、という問題である。この問題に答えるために、「アトランティス文明」の神話が登場する。

5ではランド・フレム-アス博士が登場し、アトランティス文明の南極大陸説を紹介する。というのも、アトランティス(Atlantis)と南極大陸(アンタークチカ、Antarctica)のつづりや発音の類似性、アフリカ、オーストラリア、アメリカの三大大陸から等位置にある位置取りなどから、古代の神話ともっとも符合するものが南極大陸であるからであるという。地球気象学者によれば、2000万年前から南極大陸は氷に覆われていると考えられているが、どうすれば12000年前以前に南極大陸に文明が存在出来たのだろうかという問題が議論される。これを解く鍵として、「極や地軸の移動」などが考えられている。この有力な候補としてアルバート・アインシュタインが考案したといわれる「地殻全体の短時間移動」が紹介される。この説では昔北米大陸が北極に位置して氷に覆われていた頃、逆にシベリアや南極大陸は温暖な気候であった。それが地殻の全移動によって南極大陸が今の南極の位置に来て氷に覆われ、逆にシベリアや北米大陸が温暖化したのではないか、と考える。(ところで、日本語では、南極(サウスポール)も南極大陸(アンタークティク)も南極とだぶる事が多いので、結構混乱しやすいので困る)

果たして真実はどうか?

今後の調査研究に期待する他ないが、いずれにせよ、欧米には標準的理論に挑戦する勇敢な研究者やインテリたちが数多く存在するようである。
[PR]

  by Kikidoblog | 2009-03-12 11:47 | ネフィリム巨人

「巨人の骸骨」はネフィリムのものか?

みなさん、こんにちは。

今日は昨日の続き、「巨人骨」の話である。つまり、「いったいその巨人たちは何者なのか?」という問題である。

この問題を追求したアメリカのDiscovery channelの番組を見つけたのでこれを紹介しておこう。以下のものである。残念ながら全部英語である。

Giants 1 of 6


Giants truth 2 of 6
Giants truth 3 of 6
Giants truth 4 of 6
Giants truth 5 of 6
Giants truth 6 of 6


昨日もちょっと書いたが、今現在で「巨人の由来」についてのもっとも合理的な説明は、ユダヤ人考古学者(一般人は「宇宙考古学者」として知られている)ゼカリア・シッチン博士の「第十惑星ニビル」の説である。

人類創成の謎と宇宙の暗号(上)
e0171614_1610579.jpg


シッチン博士によれば、こんなストーリーである。

この太陽系には、何十億年前の太古に太陽系に侵入した惑星ニビルが存在し、約3600年周期で周回する(実は太陽系は2重の連星系であり、もう一つのネメシスと呼ばれる太陽が実は本当の親玉で、その星は今は褐色矮星となっている。そしてそこを周回していた惑星の1つであったニビルが太陽系にやってきた、という説もある)。その星の住人たちが約45万年前にこの地球に降り立った。彼らの地球来訪の目的は金の採取であった。しかし金採取は過酷な重労働であった。そこでニビルの住人は、一計を案じた。それまでダーウィン進化していた地球上の動物を知的進化させて金採取の奴隷労働とするという計画であった。さまざまな動物実験の後、東アフリカの猿人に目をつけた。この猿人(旧人)に遺伝子操作して現代人にしたてあげた。ニビルの神々に似せて地球人類は形作られた。ところが、そのうち地球人の中にニビルの女性のように美しいものが現れた。若いニビル人は地球の女性たちを妻に娶り、交配した。この子供たち、神と人間のハーフの半神半人はどういうわけか「巨人(ネフィリム)」となった。「巨人」たちと人間があまりに地球に増えすぎたため、「最高神」ニビルのエンリルは大洪水を引き起こして地上から「巨人たち」と人間を一掃した。これが約1万2000年前のノアの大洪水である。そしてついに地上から「巨人」族はいなくなった。代わりに生き残った地球人が地上を支配していった。

上の番組によれば、その当時存在した「巨人」は409000人いたというのである。したがって、この地球上に発見される「巨人骨」が一見無数に見えるのもうなづける。

ところで、私個人がシッチン説、「ニビルの神々」の行いや振る舞いを見ていつも思うことは、ニビルの神々の特徴と我々が白人(コケイジアン)と呼ぶヨーロッパ人の特徴が瓜二つに見えるということである。

ニビルの神々は特に性にルーズで開放的であったように、今現在のヨーロッパ人も性にルーズで開放的である。ニビルの神々が極めて巨人であったように、現在のヨーロッパ人もニビルの神々ほどではないが、他の人種と比べたら際立った長身である。またニビルの神々と人間との混血は神々に極めて似た人間となったように、現在でもヨーロッパ人とアジア人の混血はまずヨーロッパ人の顔形や姿形になる。

実際、アメリカの日系人でも、どのアジア人でも、黒人でもそうだが、1世の姿かたちはその最初の人種そのものだが、それが2世、3世、4世と混血をくり返して行くうちに1世とは見るからにまったく異なるヨーロッパ人の顔と姿に変わる。この場合には、もはやアジア人の出身か、インディアン出身か、そういうものはまったく外見には見えなくなる。

ところが、同じ事がその逆では不思議と起こらない。例えば、1世がヨーロッパ人でアジア人との混血の2世の場合、このハーフに見られるのはヨーロッパ人の特徴である。この特徴はその後アジア人との混血を重ねていって3世、4世となってもなかなか失われる事がない。おでこが広く、でこの頭、長身で手足が長く、色白で、目鼻立ちすっきり、くっきり二重、こういう特徴はずっと残る。もちろん、性格的にもそのような傾向がある。自己主張が強く、ずる賢く、かなり残酷で、我が道を行き、他人のことは無頓着、性的にアクティブで開放的などなど。

こういう経験的事実や観察的事実から、私個人は「ニビル説は良い線行っているのではないか」、「あながち無視できない」と思うのである。

実際、「ニビルの神々特有のひげ」を持っているのはヨーロッパ人の血を持つ人々だけである。こんなひげの生える類人猿は地球上にはどこを探しても見つからないからである。
e0171614_1694510.jpg


果たして「巨人」たちはどこからやってきたのだろうか?
だれか「巨人」たちの遺伝子解読を行わないのだろうか?

ぜひそういう度肝を抜くほど面白い研究をやりたいものである。
[PR]

  by Kikidoblog | 2009-03-10 16:11 | ネフィリム巨人

世界に散らばる「巨人骨」、それはいったいだれ?

みなさん、こんにちは。

その昔の「猿の惑星」という映画では、だれも踏み入れてはならない「禁断の土地」という場所があった。そこに近づいた者は容赦なく罰せられた。なぜなら、そこには惑星の住人たちの祖先にまつわる知られてはならない秘密が遺物となって隠されていたからである。

e0171614_15474557.jpg


実は「猿の惑星」といSFの名作に限らず、この現実の地球にも非常に似たことが存在する。それが、世界各地で発掘されている「巨人の骨」である。すなわち、どこから来たのかも、だれのものかも分からない、得体の知れない、「巨人の骸骨」である。こういう巨人の遺物が数限りなく発見されているのである。

こういう「巨人骨」は、東アフリカから発掘されたアウストラロピテクス「ルーシー」などをルーツに考える、いわゆる「ダーウィン進化論」の考古学とは相容れない。そのため、考古学界や科学界で「普通の学者」が「巨人骨」のことなど話題に出そうものなら即座に「気違い」のレッテルを張られ、所属学会を追放されてしまうのである。牢屋にこそぶち込まれたりはしないが、干されたり、無視されて、およそ学者という信用を失ってしまう。

したがって、そうした「オーパーツ(Out of Place Artifacts)」、すなわち「あってはならない遺物」は、学界とはアウトサイダーな素人たちの”曇りのない”純粋な知的好奇心や探究心だけに支えられることになる。それゆえ、多くの場合、(非常に残念な事だが)アマチュアの研究者たちのみが、遺物を大事に保存したり、発掘したりしているのである。

では、学界の人々は?というと、こうしたアマチュア研究者の映像や記録を見た場合には、「CGでも作れる」とか、「トリックだろう」とか、さまざまなへ理屈をこねて中傷する。また、現物の遺物を見ても、「何か巨大な生き物の骨だろう」とか、「だれかが作ったダミーだろう」とか、これまたさまざまな理由をつけて拒絶する。そうやって「時間稼ぎ」すれば、そのうちそういう話題も消し飛ぶだろうという作戦である。

私は、こうしたやり取りを見聞きするたびに、「我々の世界はまさに猿の惑星だな」と思うのである。

しかしながら、YouTube時代に入り、こういう極秘映像や秘密映像もだれでも見る事が出来るようになった。こうなると、もはや誰にも止める事は出来ない。非常に奇妙でかつ面白い発掘現場の映像やその実物の映像が入ってくるからである。以下にいくつかこうしたものを紹介しておこう。

giant humans. they were real !


The Nephilim


GIANT of INDIA


Giant Creature Uncovered by Tsunami


Giants of the old World



さて、問題はこういう「巨人骨」となった人々はいったい誰か、ということである。宇宙人なのか、地球人なのか、まずはこれを知りたい。

ちなみに、ゼカリア・シッチン博士の説に従えば、ネフィリムとは巨人の意味であり、天孫降臨の人の意味でもある事から、そうした巨人は惑星X、ニビル、の住人の遺骨であるという可能性がある。

こういったことを知るためには、今はやりの遺伝子工学技術を用いて「DNA解析」を行えば良いだろう。要するに、巨人骨からDNAを採取してその遺伝子配列を解読してゆくのである。遺物である「巨人骨」にもさまざまなタイプがあることから、DNA配列からどのような関係にあるか判明するはずである。もし偽物であれば、即判明するはずである。

もし私がクレッグ・ベンター博士のような「DNAシークエンサー」と「スーパーコンピュータ」を持っているとしたら、即刻世界中の「巨人骨」のDNAを解読してゆくだろう。その方が日本人のDNAを解読する事よりよほどわくわくするからである。

我々はもっともっと非常識的であらねばならない。常識にとらわれていたら、何もそこからは本当のことは生まれない。革新的であるということは、非常識的であるということでもある。いつまでもリチャード・リーキー博士の「人類アフリカ起源説」を妄信しているだけでは、現実に存在するさまざまな証拠を無視する事になる。これでは、「猿の惑星」の長と全く同じ事をしていることになるのである。

どんなに変な事に見えようと、そういう現実をも無視せず、根本から追求する精神が大事であると私は考えている。
[PR]

  by Kikidoblog | 2009-03-09 15:58 | ネフィリム巨人

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE