カテゴリ:人物( 115 )

 

日本の天才たち4:苫米地英人博士3「俺は釈迦を超えた」

みなさん、こんにちは。

前回のコメントにプロメテウス氏より、苫米地英人博士のまた別のしかし似たような番組を紹介してもらったので、これもここに紹介しておこう。以下のものである。

博士も知らないニッポンのウラ 30 超天才Dr.苫米地英人の「洗脳」秘録 苫米地英人

博士も知らないニッポンのウラ 36 超天才Dr.苫米地のスピリチュアルのウラ 苫米地英人

両方とも非常に興味深い。特に、俗にいう新興宗教、スピリチャリズムの危険性などを指摘しているところが圧巻である。

まあ、基本に扱っている数学的発想は、我々物理学者のいう「原子論」、数学者のいう「アルゴリズム」や「集合論」や「関数論」が基調になっているため、いわゆる「還元論」が中心になっている世界観と言えるだろう。それゆえ、基本的には「1+1=2」となる線形思考がベースであり、重ね合わせ思考の効く世界の発想である。それが情報空間のなかで行われるという発想のようである。したがって、情報空間である脳内空間でも同じような重ねあわせが行われるために、経験を方法としてみた場合にはいくらでも偽の経験を生み出せるというのである。こういう発想で、スピリチャリズムや洗脳などの社会問題を論じているということだろう。

しかしながら、我々がまだあまり知らないのは、そういう線形的な世界の外、重ね合わせの効かない世界の場合にはどうなるか、つまり、「1+1=4」となるような場合はどうか、ということである。この場合は、通常のアルゴリズムはうまく行かない。

私の個人的考えでは、数学の集合という考え方では、いま、あ、い、う、という3つの要素が集まる対象があると、あ、い、う、の要素がどういう順番で集まったとしても結果は同じ事になる。そこに何ら歴史的流れは含まれる事はない。つまり、本来「集合論」には非線形性は含まれていない。しかし、非線形な世界の場合には、あ、い、う、と集められたか、い、う、あ、と集まられたかによって、異なる結果を生じるのである。そこに歴史性[=歴史(アルゴリズム)の差]が生じる。つまり、集合の成り立つ歴史が本質的になることがあるというわけである。

例えば、何かのおもちゃを組み立てる場合、パーツは同じものであったとしても、組み立て方の順序を間違うと、異なるものができるというようなことである。

還元論的な(線形世界観)物理学では、原子分子は常に同一の存在と考えるため、いまある世界は電子がどういう順番でそこにいようが、簡単に真空から生成消滅するため、電子の順番を問う事は意味がない。しかし、宇宙が非還元論的に成り立つと考える場合には、電子にはそれぞれの歴史性が加わる。太陽ができる前の電子と太陽ができた後の電子は異なる存在であるということになるわけである。

我々の世界が、どうやら還元論的ではない、ということはごく最近になって分かって来たばかりなのだが、この辺りはどう考えるのか、その辺りに私個人は興味を持つ。

いずれにせよ、苫米地英人博士には学ぶべきところが多いのは確かである。今後を期待したい。
[PR]

  by Kikidoblog | 2010-02-04 12:32 | 人物

日本の天才たち3:苫米地英人博士2「物理空間と情報空間は連続的につながっている」

みなさん、こんにちは。

今回も昨日に続き、人物編である。苫米地英人博士の第二弾。以下のYouTube番組も実に興味深いのでここでも紹介しておこう。これもまたところどころの抜粋ビデオなので、全部を知ることはできないが、流れとしてそれなりに何を言わんとしているかということは彷彿されるだろう。

苫米地英人博士と人気作家・鬼塚英昭がタブーを超えて語り合う 前半


ちなみに苫米地博士の公式サイトは以下のものらしい。
苫米地英人博士公式サイト

この苫米地博士は、マスコミでは「マッドサイエンティスト」のように言われているので、一見「怪しい科学者」のようにとらえている人も多いかもしれない。そこで、苫米地英人博士の本を読んだという読者のYouTube番組を見つけたので、ついでにそれも紹介しておこう。

苫米地英人著 残り97%の脳の使い方 書評 (簡潔ver.)


私は苫米地英人博士の本をまだ一冊も読んだ事がないので、詳しい事は分からないが、ここ2日で紹介したYouTube番組から推察すると、私の個人的観点からすると、苫米地英人博士の考え方は、やはり出身がコンピュータ言語やコンピュータサイエンスだけあって、発想が非常に数学的である。特に、我々が存在する物理空間とプログラムやデータなどが存在する情報空間の間の結びつきに非常に興味を持っているように見える。情報空間(我々が情報をやり取りする空間)と物理空間(我々が物理的存在として日々生活している現実世界)の間の一般の人々がまだよく理解していない、巧妙なカラクリに気づいて、それをビジネスやアカデミックな仕事に生かすというやり方であるように見える。

我々の世界のごく普通の物理学者は、情報空間はもちろん知っているのだが、物理空間メインでほとんどの場合はあくま二義的な役割しかしていないのが普通である。しかし、苫米地博士は、「俺は物理空間と情報空間は連続的につながっていると考えている」と言うように、物理学者たちとは異なる発想をしているわけである。

一方、俗にいう「スピリチュアル」な人々は、マインドの世界(=精神世界、苫米地博士のいうところの情報空間、臨場空間)と物理空間は、幾層にも階層的にできていると考えている。これは、2世紀前のスウェーデンボルク
e0171614_13512790.jpg

の霊視したといわれる「大霊界」の影響が強い。が、デービッド・アイクにも見受けられるように、「肉体は霊魂の宿り木」、「肉体は仮の姿」、あるいは、「現実世界は霊魂の修業の場」などの言葉に表されるように、「大きな精神世界、ないしはより大きな霊的宇宙の中の物理的世界」というような見方をしているのである。

この意味では、苫米地英人博士は、俗にいう還元主義べったりの物質主義者の代名詞である物理学者とスピリチュアルな霊的世界のチャネラーなどの中間領域に存在する考え方をしているととらえる事もできるだろう。

これはあくまで現段階での私のごく個人的意見であるが、こうやってみると、学者世界では一番賢いのが物理学者と物理学者たちは信じているようだが、ものの考え方としては、実は一番とろいのが物理学者であるように見えるから面白い。

個人的には、俗に数学で言う「P≠NP予想問題」の中に、こういった物理空間と情報空間の階層性の問題が絡んでいるように見えるが、それはあくまで私個人の感想であるにすぎない。

いずれにせよ、苫米地英人博士は異才であり鬼才であり、1人の天才であるという事実は変わらないだろう。
[PR]

  by Kikidoblog | 2010-02-03 12:10 | 人物

日本の天才たち2:苫米地英人博士

みなさん、こんにちは。

さて、せっかく日本の天才たちの話題を紹介したので、人物編ついでに、もう一人の異才鬼才も紹介しておこう。「洗脳学の神様」、「マッドサイエンティスト」、「キーホールTVの創始者」、苫米地英人氏である。この人は本当に面白い。

「ETは実在するよ」
異常な鼎談 苫米地英人 前編1/3


異常な鼎談 苫米地英人 前編2/3



異常な鼎談 苫米地英人 前編3/3



「グーグルを買収するのは私だ」
異常な鼎談 苫米地英人 後編1/3


異常な鼎談 苫米地英人 後編2/3


異常な鼎談 苫米地英人 後編3/3


「結論から言うと、陰謀は存在する」
苫米地英人博士の「洗脳支配による世界統一政府と陰謀の真実」


苫米地英人氏のHPは以下のもの。
洗脳支配による世界統一政府と陰謀の真実
[PR]

  by Kikidoblog | 2010-02-02 17:30 | 人物

日本の天才たち:「神は曲がった線で正しく書く」

みなさん、こんにちは。

今回は、趣きを変えて、日本の天才、それも「正真正銘の天才」を紹介しておこう。以下の4人の人物である。もちろん、日本には探せばもっともっとたくさんの正真正銘の天才たちがいるだろうが、自ら探してみて欲しい。ブラジルのことわざに「神は曲がった線で正しく書く。」というものがあるように、天才とは一見天才らしく見えないのがその特徴なのである。

まずは俳優の中野裕太さん。
異常な鼎談 西寺郷太 中野裕太 中編3/3


異常な鼎談 西寺郷太 中野裕太 後編1/3


異常な鼎談 西寺郷太 中野裕太 後編2/3


異常な鼎談 西寺郷太 中野裕太 後編3/3


次は日本で「リサイクル」という概念を誕生させた五井野正さん。
tadashi goino


次はシナジェティクス研究所梶川泰司さん。
犬のしっぽ ブログ
e0171614_13293626.jpg


最後は三浦折り
e0171614_1331178.jpg

e0171614_13312966.jpg

三浦公亮博士。
e0171614_13303839.jpg


日本もまだまだ捨てたものではないということを感じさせてくれる人物たちである。

しかしながら、小学生で東大入試の勉強を楽しんでやっていたが、大学受験の際には「東大には行きたくなかった」という、中野裕太さん。学校教育を超越した万能の天才、五井野正さん。バックミンスター・フラーに師事するまでは日本の学校教育で落ちこぼれに過ぎなかったという、梶川泰司さん。また、東大出身だったがNASAの研究所へ行ってから大発見の基礎を見つけたという、三浦公亮博士。

こういう人々をみると、いったい日本の教育とは何なのか? 日本の大学教育はいったい何のためにあるのか? 学校教育とは何なのか?、と問い直さざるを得ない。いまや義務教育、大学や学校教育が人類にとってむしろ障害になっている観すらある。本当の逸材は学校教育の外から誕生する。むしろ学校教育を受けない方がマシなのかもしれない。そんなことを感じさせる人々である。

いずれにせよ、人とは自分自身で物事を取捨選択しながら能動的に学び取る他ないということである。
[PR]

  by Kikidoblog | 2010-02-02 13:33 | 人物

芥川龍之介の「さまよえる猶太人」

みなさん、こんにちは。

今日は話題をこれまでとは全く違う話に変える。それは、芥川龍之介
e0171614_15304339.jpg

の「さまよえる猶太人
e0171614_1530829.jpg

という短編(大正6年5月10日作)である。ここ最近読んだものの中では、もっとも奇妙で面白いものであった。

これは、西洋社会で口承で語られ続けてきたと言われる「謎の人物」のお話である。その人物はヨセフというユダヤ人で、キリストの磔の時代に生きていたが、キリストが磔になる直前にヨセフの家の前を通る際に休憩を求めたが、ヨセフが周りの祭司などを気にしてさっさと行けとばかりに、イエスを冷たくあしらいおっぱらうように小突き回して追い払った。その際にイエスがヨセフに「行けと云うなら、行かぬでもないが、その代り、その方はわしの帰るまで、待って居れよ。」と言ったという。その言葉はヨセフの心の底に焼き付くように残り、いてもたっていられなくなり、イエスの足元にひれ伏してイエスの足に接吻しようとしたが、もう遅く、イエスはゴルゴダの丘に連れ去れて行くところであった。それ以後、ヨセフには呪いがかかり、イエスが再臨するまで死ぬことができず、世界中を旅することになったというのである。そしてこのヨセフを見たというもの、ヨセフと話したというものが、何百年後、そして何百年後に現れて記録に残したのである。

芥川龍之介の研究は、はたしてこのさまよえるユダヤ人のヨセフが日本にも来たことがあったのだろうか、という疑問に答えることであった。それをとうとう見つけたぞ、というのがこの短編である。芥川龍之介は、聖フランシスコ・ザビエル
e0171614_15311659.jpg

が日本に来た頃、ザビエルがヨセフと会ったという記録に行き当たったのである。

『自分は最後の試みとして、両肥及び平戸天草の諸島を遍歴して、古文書の蒐集に従事した結果、偶然手に入れた文禄年間の MSS. 中から、ついに「さまよえる猶太人」に関する伝説を発見する事が出来た。』とある。『この覚え書によると、「さまよえる猶太人」は、平戸から九州の本土へ渡る船の中で、フランシス・ザヴィエルと邂逅した。』という。

はたして「さまよえる猶太人」の出で立ちとはどんなものか? というと、「彼の上衣は紫である。そうして腰まで、ボタンがかかっている。ズボンも同じ色で、やはり見た所古くはないらしい。靴下はまっ白であるが、リンネルか、毛織りか、見当がつかなかった。それから髯も髪も、両方とも白い。手には白い杖を持っていた。」という感じらしい。

「ふらんしす上人さまよえるゆだやびとと問答の事」とはどのようなものだったか?
季節は秋で海面は魚の鱗のようにまたたく昼の海上でイチジクやザクロを積む商船の上であった。3人のヨーロッパ人がいた。ザビエルが祈祷した時、その猶太人も見事に祈祷した。そこでザビエルがいぶかしがって、話しかけると、当時の冒険家のヨーロッパ人と違って、西洋の歴史から何から何までよく知っている。ザビエルとお伴のシメオンイルマンも舌を巻くほどであった。そこで、ザビエルが
「あなたは何者か?」
と聞くと、男は
「私は彷徨える猶太人である」
と答えた。
その後ザビエルとヨセフはさまざまな話をしていくうちに、例のイエスキリストのゴルゴダの丘の磔の話にまで行き着いたというのである。

この「さまよえる猶太人」というのは、現実のユダヤ人の放浪生活を比喩的に著したエピソードのようなものなのか、あるいは、イエスの教えに歯向ってはならないという一種の教えのようなものなのか、あるいは現実の事実のお話なのか、その辺の真偽のほどは分からない。しかし、非常に面白い話である。

芥川龍之介の作品には他にも非常におもしろいものがあるようである。
悪魔
これには、戦国時代の南蛮人が織田信長と会っていかなることをしていたかということが描かれている。
煙草と悪魔
これには、煙草がどのようにして日本に持ち込まれたかかがよく描かれている。この時の悪魔はさまよえる猶太人の中のザビエルのお伴のイルマンであったというのであるから摩訶不思議な話である。
e0171614_15321869.jpg


これらを見ると、西洋人という人種は今も昔もまったく変わらないということだろう。また同時に日本人のお人好しも今も昔も変わらないということである。実に興味深い。これからは再び芥川龍之介の時代なのかも知れない。いずれにせよ、こういう観点は「坂の上の雲」の司馬遼太郎や他の歴史小説家などの日本の文学人たちにはないものである。
[PR]

  by Kikidoblog | 2009-11-22 15:36 | 人物

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE