カテゴリ:電通コンスピラシー( 50 )

 

電通「プラン〜」健在!?:「思考停止の新聞社」

みなさん、こんにちは。

ここに来て、昨年同様再び「あまりにいろいろのことが起きすぎてETの手も借りたいほどである」という状況になってきたようである。

まずはこれ。阿修羅掲示板にある、小沢一郎裁判に関する以下の記事は非常に興味深いので、ここにもメモしておこう。
高村薫氏を有り難がる思考停止の新聞社

投稿者 暖佳 日時 2012 年 5 月 02 日 07:13:10: GWAjUoTrVafQo

 「今日の1面コラムについてお尋ねしたいのですけど?」

 小沢氏の無罪判決を取り上げた4月27日付の地元紙を見て、ある西日本の新聞社に電話すると、受けた女性が丁寧に電話を論説室に回してくれた。

 「コラムで『小沢氏は無罪判決だが、説明責任を到底果たしたとは言えない』」とありますが、具体的にどういった点について説明責任を求めているのですか?教えて下さい」
と尋ねた。
 「別な論説委員が書いたので私には分からないが、新聞の常套句として使ったのではないでしょうか。確かに安易な表現と思う」
と論説委員。
 「この念仏のような『説明責任を求める』という言葉はそろそろ卒業してはどうか。知りたい点があるのなら、小沢氏に直接取材したら良い。新聞社でしょ?。むしろ説明責任は、ねつ造した調査報告書を検察審査会に送った検察側にあります。読者は東京地検の説明を聞きたい」
とお伝えした。

 九州地区の別の新聞社にも電話した。1面コラムで
 「無罪判決は小沢氏が抱えた問題の解決を意味しない。土地購入資金4億円の出所をめぐる説明責任に、問題は舞い戻る」
と書いてたからだ。電話すると、またしても論説室に丁寧に電話がまわり、書き手の論説委員が対応。
 「土地購入資金4億円の出所が分からないと書いてますが、4億円は東京・湯島の旧宅の売却益や著書の印税などですよ。裁判で小沢さんが説明してましたよ」
と質すと、
 「そうでしたか、そこまでは情報がなく知りませんでした。(通信社や全国紙などの)新聞情報が頼りでして…」。
 「論説委員の方、ましてや小沢裁判でコラムを書いた方が知らなかったではおかしいです。多くの県民が読んでるのに、誤った情報を流すことになりますよ。特に政治ネタはデリケートですので、慎重に」
 と指摘すると、
 「ご指摘ありがとうございます。今後もまたご意見がありましたら、お願いします」
と終わった。

 西日本の地方紙2紙の論説委員と電話で話してみて、小沢裁判にさほど強い関心を持っていないのにも関わらず、紙面としての扱いの大きさのギャップを感じた。これは全国紙の大新聞の論調に同調していれば無難という安易さととともに、真実を読者に伝えるジャーナリズムの希薄さがみてとれる。おそらく想像だが、紙面づくりがルーティン化し、書き手自身が思考停止状態に陥ってきているのではなかろうか。
 しかしまだ、地方紙は新聞としての良心が残ってところもある。阿修羅の方々もお近くの新聞社の記事におかしな点を気づいたら、丁寧に説明してあげてみてはどうだろうか。悲しいことに、まともな新聞をつくり上げるには、読者の力が本当に必要な時代になった。

 最後に小沢裁判の翌日の紙面で地方紙・全国紙の大半が作家・高村薫氏(拙注:国籍が日本というだけだから、日本人では無さそうだ。)

e0171614_9272212.jpg

のコメントを大きく掲載している。高村氏がどんな主義主張を持つかは自由だが、それを掲載する新聞社はちゃんと中身を吟味していただきたい。
 例えばコメントの中に
 「元代表はどんな政治を目指しているのか、何も語っていない」
とあるが、小沢氏は2009年8月の総選挙で掲げたマニフェスト政策の実現をさまざまな場で語っている。この箇所を新聞としてはスルーしてはいけない。高村氏はコメントで
 「小沢一郎は過去の人であり、一般国民は裁判に関心がない」
 「古い体質の政治家に振り回される民主党に有権者はあきれている」
など突っ込みどころが多いのだが、これを有り難そうに有識者のコメントとして掲載する新聞社の思考停止ぶりは罪深いのではなかろうか。

さて、私がなぜこれを取り上げたかというと、この解説記事はしかるべきところ(おそらく、電通CIA)から出されたものだろうが、たいした意味はない。問題は地方新聞社がそういう記事を内容を詳細にチェックするまでもなく、無批判に掲載するというやり方にある。これが、この世界ではすでに周知の事実となった電通CIAから出される「プランC」というものであるからである。
「プランC」発動、マスゴミの世論操作計画か!?:ここまで落ちた日本のマスゴミ

簡単に言えば、米ロイター(これは本家のNSA/CIA新聞)からだされた記事が、電通を経て時事や共同に行くと、そこから上意下達の方式で、次々と読売や朝日に行き、さらには地方紙へ指令となって伝達されていくということなのである。
e0171614_15473439.jpg

「お上」(米シオニストCIA/NSA)のお達しというわけである。

そして、この「伝達ゲーム」のネットワークシステムを通じて、ある時期は「小沢一郎問題」を取り上げろとか、「来週一杯は野田・オバマ会談を盛り上げろ」とか、そういう指令が来るのである。
【重要 各位厳守のこと】

御存知のように、本日5月1日にプランEが発動されました。

つきましては、かねての手順どおりに行動していただくようにお願い申し上げます。

念のために、大まかな指針を記入しておきますが、確認後は即時ご処分ください。


1. 今週一杯は被害者遺族で自動車・バス事故を持ち上げること。

2. 来週一杯は野田・オバマ会談の紹介で民主党を持ち上げること。

というようなものである。

困った世界、困った日本のマスゴミ支配構造というものだが、どんな世界でも、数十年も独占し続ければ、「腐敗する」のは当然なのである。今世界で何が本当の問題かというと、いわゆる「陰謀暴露論」の世界でいう、NWOシオニストやイルミナティーの問題があるが、実はそういう問題の根本とは、戦後60年以上続いた「独占支配体制」の腐敗と崩壊、そしてそれに続く権力委譲の問題が潜んでいるということなのである。

いくら長生きできたとしても、人間の寿命はせいぜい100年。30、40歳で権力を手に入れたとしてもせいぜい70年、60年でその支配は終わる。ロスチャイルドしかり、ロックフェラーしかり。電通の成田しかり、読売のナベツネしかり。創価学会のソン・テチャクしかり。いずれはその支配体系は終焉する。

面白いことに、この第二次世界大戦後の支配体系が、世界中で同時に終焉を迎え、崩壊しつつあるということなのである。これが今の世界の真の潮流なのであると私は感じている。

問題は、この後である。いったいだれが次の頂点に入って来るのか? どんな世界が訪れるのか? 
それは、封建主義社会の復活なのか? 独裁国家の誕生なのか? それとも世界が自由の国になるのか?いずれなのか?ということである。

この意味で、これからは実に興味深い、目の話せない、第3幕に進むところなのである。
[PR]

  by KiKidoblog | 2012-05-02 09:56 | 電通コンスピラシー

「GANTZ」殺人事件の数々!:マスゴミとテレビが凶悪犯罪の触媒になっている!?

みなさん、こんにちは。

以下は、私個人の受けた印象のメモである。だから、興味のない人はスルーを。


まずはこれ。この4月27日の読売新聞の速報に出た事件だけでもこれだけある。
飛び降りの中学男子、教諭の説得に「もういい」 (4月28日 10:07)
舞妓遊びが忘れられず…豪遊150万円踏み倒す (4月27日 23:45)
空自輸送機、空中給油装置故障…ホース洋上投棄 (4月27日 23:01)
偽名で働き偽名で生活保護、消費者金融も「偽名」 (4月27日 22:56)
「ハンド・パワーあるように誤信させた」と提訴 (4月27日 22:14)
3人酸欠死、酸素濃度計測が不適正との調査報告 (4月27日 21:02)
巨人と4選手、朝日「報道と人権委」に申し立て (4月27日 21:02)
早大教授、女子学生らへのセクハラで懲戒解雇 (4月27日 19:38)
「目を開けて」叫ぶ母、土下座する男…館山事故 (4月27日 19:09)
誤製造カード盗み悪用、大日本印刷系社員を逮捕 (4月27日 17:38)
大阪府高槻市営バス、4000万円使途不明 (4月27日 16:47)
岡崎でも…登校中の児童2人、車にはねられけが (4月27日 14:08)
新潮社の営業部次長、歌舞伎町で男性殴り逮捕 (4月27日 13:52)
顔の上に座り込み2歳長男殺害容疑、母親を逮捕 (4月27日 13:41)
外務省職員、マンションに忍び込み女性の体触る (4月27日 13:33)
高2と偽った40歳、女子中生に裸画像送らせる (4月27日 13:20)
着陸許可出したの忘れ、離陸許可も…管制官失念 (4月27日 12:53)
バス待ちの児童ら6人の列に車、男児死亡…館山 (4月27日 11:59)
車で30m引きずられた女性、かばん離さず (4月27日 11:52)
病院待合室で母親暴行…その後死亡、県職員懲戒 (4月27日 11:50)
警察署タイヤ火災、警部補のライターの火原因か (4月27日 11:50)
静岡の磐田署、署員の詐欺・窃盗・盗撮を隠蔽? (4月27日 11:48)
さいたま市係長、頭突き…「手は出していない」 (4月27日 11:44)
88歳の軽トラ、北陸道を逆走「道が分からず」 (4月27日 11:40)
原子力安全委職員、痴漢の疑いで逮捕 (4月27日 11:40)
シャーマン名乗り除霊1億詐欺、懲役10年求刑 (4月27日 11:10)
朝の鶯谷駅で男性ひかれ死亡、8万4千人に影響 (4月27日 10:41)
埼玉で住宅火災、51歳夫が死亡…妻も重体 (4月27日 10:32)
ダイナマイト仕掛けた…不採用男が嫌がらせ電話 (4月27日 10:24)
逃げたシェパード、福祉施設に…職員ら3人かむ (4月27日 09:19)

裁判沙汰や訴訟などの事件は省略してもこれほどである。我々が子供の頃には、1年にこれだけあればいいほうだったが、いまでは毎日毎日同じように事件が起きる。

はたしてこの原因は何か?

すぐに思いつくものとしては以下のようなものだろう。
(あ)社会統計的なゆらぎ
(い)季節的なもの
(う)マスゴミ報道による誘発
(え)太陽活動
(お)テレビのアナログからディジタルへの変化


まず(あ)については、いつでも成り立つことだから取り上げるまでもない。

(い)の季節というのは、いわゆる「五月病」のように、季節が寒い時期から暖かな時期に変化すると、副交感神経と交感神経の切り替わりが悪くなり、心理的に躁鬱になったりして、精神状態が悪くなるためだという考えである。この時期に自殺者が増えるのは、これに起因していると考えられている。そして、この時期に入試、進学、入社、入寮、入所、引っ越しなどの人生の一大事が重なり、大きなストレスを生む時期である為に、その反動がこの4、5月に来るというものである。

かつて、それゆえ、できる限り学生への負担を減らす為に、学校(大学も小中高も)秋入学をお勧めする、というのが私個人の意見であった。

(う)こうした事故や事件を見ていていつも感じるのは、ある時期に似たような事件が重なる。頻繁に起こるという傾向である。例えば、だれかが、バットで家族を殴り殺したという事件がマスゴミによって報道されると、しばらく、だいたい1、2週間は似たような手口の事件が連続する。

最近では、通りすがりにだれかがナイフで指したという事件が起き、それがマスゴミで報道されてから、しばらく日本全国で同じような手口の事件が頻発し、幾多の善良な人たちの命が失われた。同様に、軽自動車が人並みに突っ込んだという事件の報道から、しばらくして、日本全国で児童や人の列に突っ込む事件が重なった。

私は、これを「マスゴミ報道のせいで事故や事件が誘発されるのではないか」と大分前から、おそらく12年ほど前から指摘してきている。2000年の週間金曜日の投書欄に「テレビは青少年への影響を考えた報道を」を投書したのである。

この主旨と同じようなものは、「家政婦のミタ」の開始後から、日本全国で「母親による子殺し」が非常に増えたことから、見かねて以下のものをここにメモしたのである。
A Happy New Crime ! : 物理学者はミタ!「テレビは見ないに限る!」
ここに、旧拙ブログの記事も再掲した。

このように、確かに、バラエティー番組による犯罪手口の詳細な報道や報告、「世界びっくり仰天」などの犯罪紹介番組、ニュースやその特集などによって、犯罪手口に刺激を受けたものが、とある機会に自分もその知ったばかりの手口を使って事件を起こしてしまうというものである。

毎日アダルトビデオばかりみていると、その辺の普通の女の子を見ても裸に見えてしまうというようなものである。

(え)の太陽活動というのは、実はこれを私は最近疑っているのであるが、かつてフランツ・ヘルバーグ博士

e0171614_1124610.jpg

が、「バイオリズム」という概念を唱えて、今や常識の1つになった。このヘルバーグ博士は、太陽風のせいで人間の精神活動が直接に影響を受ける。その結果、犯罪や自殺が急激に増えるという説を唱えた人である。

私は、何年か前の京都の国際会議でヘルバーグ博士の講演
What is Life? - Franz Halberg

を聞いたが、その時のホテルで隣室になった。その際にヘルバーグ夫妻と出会ったことがある。

このヘルバーグ博士は、ずっと血圧計を付けたまま生活し、講演時であろうが、会場で聴いているときであろうが、ずっと血圧計の響きが聞こえるのである。そして、自分の血圧計のデータと同時期の太陽活動のデータを比べて、「ほら、人間のリズムと太陽活動はリンクしているでしょう」という講演をするのである。

こういうわけで、太陽活動が人間の精神活動に直接的影響を与えた結果、ここ最近の事件や犯罪が増えたという可能性も存在するのである。なぜなら、私のHAARPモニター観察でも分かるように、ここ最近、太陽風は非常に強かったからである。

(お)最後のテレビのアナログからディジタル化の問題は、まだ未知のことが多いが、私はこれも最近の犯罪や事件にかなり大きな影響を与えている可能性があると睨んでいるものである。

その一番の理由が、いわゆる映画フィルムの場合は、1秒間のコマ数、これをフィルム・レート、そのスピードをフィルム・パー・セコンド(fps)というらしいが、これが24コマ/秒(24fps)であった。それが、ディジタル映像になると、今では30fpsから60fpsへと早くなったのである。場合によっては、120fpsになったという。

私の記憶では、ハリウッド映画が全盛になるずっと前、フィルムのコマ撮りスピードの研究を行い、人間の認識や脳への影響の研究を行った。その結果、24コマ/秒程度では特に問題はないが、それが何百コマ/秒になると、我々視聴者に幻覚を生み出すというような話であった。この時の研究がいまどこに出ているのかまだ見つけられないが、コマ数が増えるに従って、我々の認知に非常に悪影響が出る可能性があるのである。これは事実である。

そこで、私自身は、ディジタル映像、例えば、ディジタルTVやパソコンで見た場合に、どうも映像が記憶に長く残るという印象を得るのである。だから、犯罪場面を見ると、その時の犯罪シーンやショッキングなシーンが非常に長く、頭に焼き付けられるのではないかと思うのである。一種の「リアル・サブミリナル効果」である。普通のサブミリナル効果は、何かの映像の中に、秘密の広告やメッセージを隠して潜めておくことだが、この場合は、その元映像をそのものがサブミリナル効果を同じように暗示性を持つわけである。

はたして、これが事実かどうか?

これについては今後の研究を見守る他はないが、私はたぶんそうだろうと推測している。

そこで、ついでにためしに、30fpsと60fpsの映像の違いを比較したものがあったので、ここにメモしておこう。以下のものである。
CANON EOS 60D フレームレート比較動画


フレームレートの違い(小型カメラ) 60fpsと30fps | カモフラージュカメラ.com


このように、かつては、1/3000fpsのメッセージは「サブミリナル効果」を引き起こすから禁止だということになった。麻原彰晃の顔などを仕込まれたら大変、というわけだったが、今では、普通の殺人映像がそのままサブミリナル効果を引き起こしかねないというわけである。

そこで、最近殺人映画「GANTZ

e0171614_1294721.jpg

の2周連続放映の直後に、実に奇妙な包丁殺人の数々が出たわけである。やはりそこには、テレビの視聴者への悪影響の数々が存在することはまず間違いないだろう。テレビは見ないことに限る。特に、悪いシーンや邪悪なシーンやえぐいシーンは見ないに限るということのようである。

今の日本や欧米のマスゴミは、殺人映画を見せて実際に殺人事件を誘発して儲けているわけだから、実に悪徳な連中である。しかし、ここを訪れる人なら、その理由もすでに知っているに違いない。


おまけ:
路上に男性遺体、複数の刺し傷 名古屋
マンションで20代女性死亡 殺人容疑で捜査 浦安
女性が首絞められ死亡 殺人事件で捜査、愛媛
「やられた」 マンションで男性死亡 札幌、複数の刺し傷
女性が首絞められ死亡か 同居男性も胸に刺し傷 横浜
台東区のマンションで女性2人刺され死亡 台湾籍の留学生か

日本国内に、朝鮮半島からたくさんの「殺人鬼」たちが入り込んで来ているということだナ。もういいかげん、日本の警察は、発見者を犯罪者にしたててそれで終わりというような、ふざけた捜査などしないで、もっと本気の捜査をしろヨ、ということだナ。さもなくば、犯罪者は大手を振って自由に生活し、もっと犠牲者が増えるだろうヨ。

一方、マスゴミはテレビや映画で放映する場合、暴力度や残忍度でランクして、せいぜい時代劇程度のものより犯罪性や残忍性の高いドラマやフィルムは放映しないようにすべきだろう。まあ、自分たちのドラマや映画番組が犯罪の触媒となって犯罪を起こし、それを今度は自分たちの報道番組で報道して、双方から儲ける。そういうマッチポンプで日本人の人口を削減する。本当に悪辣非道なやり方をしているということにいい加減気づきなさいナ。
[PR]

  by KiKidoblog | 2012-04-28 12:14 | 電通コンスピラシー

テレビは原発事故をどう伝えたか?:見えて来た政府とNHKの報道犯罪!

みなさん、こんにちは。

311から1年。今では少しずつ震災直後からの状況を時間を掛けて分析できるという状況にある。そんな分析、すなわち、検証を行っているものが、「憂いの果てに 〜次男坊のアフォリズム〜」に紹介されていた。そこで、ここにもメモしておこう。以下のものである。

テレビは原発事故をどう伝えたか?

徹底検証!テレビは原発事故をどう伝えたか?(前半)


これをみて明らかになることは、「民主党政府とNHKの犯罪」である。特に、菅直人、枝野幸男の犯罪は明白である。さらにそれに従順に従ったNHKの「ウソ報道」の数々。「ただちに人体に影響はない」だの、「風評被害」だの、次から次へと枝野もNHKもウソを垂れ流して来たことが明白となったということである。

そんなわけだから、NHKの受信料の支払い拒否どころか、「受信料の1年分の払い戻し」をして欲しいくらいである。

そういう枝野も菅直人も未だ健在。仙石に至っては、未だに原発推進する気でいるようである。困ったものである。

いずれにせよ、藤原肇博士の言うように、「松下、トヨタ、東京電力」の広告費とその広告代理店の「電通とNHK」が諸悪の根源であるということは間違いなさそうである。
[PR]

  by KiKidoblog | 2012-04-17 22:07 | 電通コンスピラシー

NHK解体論、いまや平均年収が首相並みとナ!?:「NHKは東電よりヤバい!」

RC SUCCESSION 1989.01.01. 2/3 軽薄なジャーナリスト/サマータイム・ブルース



みなさん、こんにちは。

いやー、これはすごい。「つながっているこころ2」のふるいちまゆみ氏のブログにそれとなく出ていたものだが、NHK職員の平均年収が、ついに軽く1780万円(サラリーマンの4倍)を超えたというのである。以下のものである。

NHK平均年収が約1780万円(サラリーマンの4倍)と報じられ問題視! ネットの声「よくまあ格差社会だ増税だと題した番組ができるよね」

e0171614_142994.jpg

NHK職員の平均年収が約1780万円(平均的なサラリーマンの4倍)と報じられ、国民たちが驚きを隠せずにいる。インターネット上に書き込まれている意見には釈然としない怒りの声が多くあり、「国民が拒否できないのをいいことにやりたい放題」や「うわぁこれほんとなら、東電よりヤバイ。何の仕事してるの?」などの声があがっている。

『日刊ゲンダイ』がインターネット上に掲載した『野田首相 NHK 電波ジャックの怪』という記事があり、そのなかで「3月下旬の衆院総務委員会では、NHK職員の年間報酬がサラリーマンの平均年収の4倍、約1780万円に上ることが問題視された」という一文があったため、インターネット上で物議をかもしているのである。
 
・NHK職員の平均年収約1780万円に対する国民の声
「みんなの受信料でNHK貴族が うはうは なわけか」
「儲かってるなら受信料払わなくても大丈夫そうだね」
「東電にしろNHKにしろ国民が拒否できないのをいいことにやりたい放題だな」
「受信料って実質的に放送税で、NHK職員って実質的に放送官僚だろ」
「職員は高給もらい苦労するのは安い給料で文句言われながら集金する人」
「税金と同じく、受信料を徴集する権利が法的に担保されているNHKだもんな」
「こんな高給とりながら、クローズアップ現代とかで若者の貧困問題を神妙な顔で取り上げる糞テレビ局」
「ふざけすぎだろ。最低でも国家公務員レベルまで引き下げるべきだ」
「うわぁこれほんとなら、東電よりヤバイ。何の仕事してるの?」
「よくまあ格差社会だ増税だと題した番組ができるよね」
「独占が許されていて事実上の公務員なのに高い受信料払うの馬鹿馬鹿しくなる」
「払ってないから関係ないや。オレオレ詐欺と一緒で払うやつがバカ」
「NHKと税務署が言う公平ほど説得力の無いものはない」
「悔しかったらNHKになればいいじゃない」
 
ほかにも、「NHKラジオで年金問題を話しているとき、アナウンサーは金持ちだから他人事なコメントしかしなくて、ゲストが軽く切れてた」や「NHKの討論番組でアナウンサーが庶民的な事言ってもわざとらしすぎるもんな」という声があがっている。

なかにはNHKを批判する国民に対して皮肉を書いている人もいて、「ちゃんとNHK職員の生活保護費を払ってやれよ」や「(受信料)黙って払ってろよ。所詮養分なんだから」と書き込んでいる人もいた。

また、給料という名目では約1780万円も出ていないかもしれないが、さまざまな手当や補助がついて約1780万円ほどになっているという推測の声もある。NHK職員が「そんなに給料もらってない」と言っていたとしてもそれは言葉のマジックで、給料+手当で計算すれば約1780万円(もしくは1000万円以上)になっている可能性がある。そう予想している人もいるようだ。

もし本当にNHK職員の平均年収が約1780万円だとしたら、皆さんはその金額をどうお思いだろうか? 少なくともインターネット上では「尋常じゃないほど高い」と思われているようだ。

参照元: 日刊ゲンダイ

朝イチで、テレビのスタジオに座っておしゃべりしているだけで、何も創造せず、何も製造せず、何も考えなくても、1780万円(月給148万円)が得られるのである。だれかの書いた文章を読むだけでも月給148万円。三桁の月給が手に入るのだと言う。その一方で、我々は毎年受信料を支払う。拒否すれば、強制執行だ。アメリカの税務署(IRS)のようなものである。受信料とはいうものの、実質的には「税金」なのである。それが、公共放送だという名目で国民の義務を装い、実際にはほとんど民放のように巨大な株式まで保有する。そして、お金が余りに余って所得が首相クラスとなってしまったらしい。そんなにもらっているなら、受信料を0円にしろ!あるいは、福島など東日本の被災者の給料にしてやれ!というところですナ。

いずれにせよ、NエッチKも、東電同様に、再び国有化か、いったん解体すべきだろうヨ。いやはや、世も末ですナ。


おまけ:
「それでもあなたはまだ”受信料”を払い続けますか?」 ~腐れNHKの”醜悪さ”が益々増長~(暗黒夜考)

以前のエントリーにて度々コメントしてきたとおり、NHKの”受信料”など詐欺みたいなものである。NHKの局立ち上げ当初~安定期までの間、インフラ整備等により莫大な費用が必要であったのは事実であろうが、既にインフラ整備も完了している現状、「公共放送」の名の下、NHKが国民から巻き上げている”受信料”は、NHK局員の給与や年金、更にはOB連中の天下りの温床になっているに過ぎないのがその実態である。


NHK紅白に多数の韓国人出場!・KARA、BIGBANG“当確リスト”・K−POP4組出れば日韓歌合戦!?・ごり押しは韓国政府の国策・NHK「クローズアップ現代」韓国アイドル旋風特集・暴力団と関係多い芸能界

韓国人アイドルがテレビに出まくっているのは、韓国政府の国策で、韓国から多額の資金が電通に渡っているためだ。

韓国政府が自国の文化をアジアに浸透、宣伝するために莫大な予算を付けている事は、韓国ブームが起きる一年前にTBSが番組で暴露していたね。

毎年電通には数百億の宣伝費が韓国政府によって支払われていると言う事実。
電通はこの宣伝費を使い、テレビ局、スポーツ紙、出版社(女性誌)などに韓国ブームと言う名の「韓国マンセープロパガンダ放送」をさせているのです。

テレビ局や出版社は電通から韓国ブーム宣伝代金として多額なお金をもらっているために「韓国を批判すること」「韓国ブームが捏造である事」に対して口が裂けても言えない訳であります。

[PR]

  by KiKidoblog | 2012-04-10 14:37 | 電通コンスピラシー

超巨大企業、電通の人事異動リスト:マスゴミは電通のフロントに過ぎない!?

Perfume - ポリリズム (Polyrhythm) [HD]



メジャーデビュー当時は、3人ともほほがふっくら。


みなさん、こんにちは。

NHKの朝ドラに出ると、主人公であろうが、なかろうが、ほんの端役であろうが、次の瞬間から民放のCMに必ず出るようになる、NHKで歌うとすぐに民放の寵児となる、という現象にだれもが気づいているはずである。要するに、民放もNHKもグルだということの証明である。

では、なぜ?
実はテレビ局というのは、表向きのフロントに過ぎないからである。

我々がホテルに宿泊するとき、かならずフロントを通じて予約や宿泊時に鍵の受け渡しなどを行うだろう。しかし、ホテル経営の裏方や裏の仕事の姿を我々は見ることはない。ホテルの従業員とその経営陣だけが本当の姿を知るわけである。

芸能マスゴミという世界もちょうどこれと同じようにでき、同じように経営されているわけである。我々はテレビ局などの放送局を通じて双方向で情報交換する。それは、まさに我々がフロントを通じて宿泊をするのと同じことなのである。それ以上でもそれ以下でもない。その裏方や裏社会を見ることはない。

では、その背後の経営陣や運営陣とはどんな世界なのか? 
この筋の、いわゆる「陰謀暴露論」の世界では、電通やその子会社として分立したといわれる、博報堂などの「広告代理店」という、一見たわいないが、”謎の”名称を持つ会社がそれである。残念ながら、そういう世界は我々の知る由もない。

しかしながら、たまにそういう世界をかいま見せる情報が、インターネット上に流れる時がある。今回、そういう情報を偶然見つけたので、それをここにもメモしておこう。以下のものである。

組織図

e0171614_16201432.gif

organization chart

e0171614_1621463.gif

ほんの子会社でもこれくらい大きい。

そして、極めつけはこれ。
平成23年3月10日  電通人事

e0171614_12203841.jpg

日付に注意。昨年の3月11日の前日の3月10日発令の「電通人事」である。

はたして、翌日の”何か”を知っていたのでしょうか?

いずれにせよ、21ページに及ぶ、この人事異動リストは、異動になったものだけのものであるから、いかにその本体の規模が巨大か分かるだろう。これほどの巨大な組織、一人勝ちしている組織が「独占禁止法違反」に処されないのは、電通がロイターの下部組織として誕生したからだといわれている。要するに、米CIAの工作機関として誕生したからだというのである。それゆえ、我々は「電通CIA」という呼び方をするわけである。

ここから、社会の時節や流行や事件などに合わせて、「プランC」のようなものが発動されるというのである。今回の「巨大地震で大津波」というニュースがそこら中で大合唱となったが、これもまた「桜の花びら散るまでは、地震と津波を持ち上げること」という指令が出ていたはずである。

まあ、簡単に一言でいえば、日本国内にも「影の政府」が電通内に存在するということである。日本の心臓部は新橋にあり!ということである。民主党もまた1つのフロント企業、フロント組織に過ぎないというわけである。


おまけ:
電通の洗脳支配で愚民化される日本人-お金こそ人類最大の癌である!会社依存の日本人は価値観を改めよ

e0171614_16401021.jpg

Perfume レーザービーム(laser-beam)


デビュー当時と比べて、3人とも異様に頬がこけているのが気になるが? 電通マンの彼がいるっていうことですかナ?

[PR]

  by KiKidoblog | 2012-04-09 16:40 | 電通コンスピラシー

四大新聞社の裏側と実態!:大新聞は全部”あっち側”の仲間だった!?

みなさん、こんにちは。

さてはてメモ帳に絵本化されていた以下の記事は実に興味深い。そこで、それをここにもメモしておこう。以下のものである。

四大新聞社の 裏側 と 実態!(まとめ) ニュースの真相 + 「前向きな」永眠
元記事:四大新聞社の裏側と実態!

野田政権は、岡田克也氏を副総理に据え、
消費税増税やさらなる売国政策に向けて、ガチガチの布陣で臨むようです。

いやー、野田さん! あんた、マジでスゲーわ!

あなたが元々言ってた事は・・・

・天下りを根絶すれば、12兆円以上節約になる!
・これは、消費税の5%にあたる!
・だから、天下りをやめれば消費税増税は必要ない!

って、事じゃなかったっけ? それが、今やってる事は何?
もー、開いた口が塞がらないとはこの事。

ところで、こんな異常事態なのに、
どうしてマスコミは黙っているのでしょうか?

マスコミって、本来独立性を保った一般市民のための監視機関ですよね?
それが、なぜ???
実は、大手のマスコミは、
市民側ではなく、ガチガチのアッチ側の勢力だから!

今日は、「新聞社の裏側と実態!」ということで
とりあえず4大新聞を挙げてみます。

これに、いわゆる「広告業」、要するにテレビのCMからテレビ番組の作製・取材・紹介などあらゆる事業を行っているのが、電通や博報堂というわけである。

私やこの筋のことをちょっと知っている人たちが、「電通CIA」や「反日在日企業」や「在日系政治家」というような言い方をわざわざして書いているのには、それなりのしっかりした事実関係が存在するからそうしているに過ぎないのである。これまではそういう事実が「タブー」にされて来たに過ぎないのだが、いまや世界にそういうタブーは存在しないのである。なぜなら、すでにインターネットの世界では、そういうことは大分以前から周知のことになっているからである。私自身もそういうインターネット内の情報をつぶさに見て来て知ったということだからである。

マスゴミ/電通博報堂、こういう機関がいまや民主党(フェアにいえば、自民公明も含めた大半の政党)の素人軍団の上(社会的には、陰や裏)に存在しているということらしい。そして、そこから「指令」がやってくる。

これが、以前ここでも取り上げた「プランC」というようなものである。
「プランC」発動、マスゴミの世論操作計画か!?:ここまで落ちた日本のマスゴミ

【重要 各位厳守のこと】

御存知のように、本日6月2日にプランCが発動されました。

つきましては、かねての手順どおりに行動していただくようにお願い申し上げます。

念のために、大まかな指針を記入しておきますが、確認後は即時ご処分ください。


1. 今週一杯は代表選・組閣で民主党を持ち上げること。

2. 来週一杯は新総理・新閣僚の紹介で民主党を持ち上げること。
   
(この間郵政改革法案強行採決があるが無視すること)

3. 14日から16日までは終盤国会の新閣僚奮闘で持ち上げること。

4. 17日から23日までは国会閉会後の民主党新人候補の活動中心に報道。

5. 24日の参院選告示後は、公平な報道に尽力すること。

村山を上回るかもの菅直人だけは 駄目だ!!

この司令部がどの組織の中に存在するかは明確ではないらしいが、大方の意見では、電通内の極秘部門から来ると考えられているのである。だから、「電通CIA」という呼び方がされるのである。

戦前はまだテレビはなかったから、フィルム映画で世界の情報を見る時代であった。これが、ハリウッドの創成につながったのだが、当時の実録フィルムというものも、大半は民衆操作のための「よいしょ映画」や「プロパガンダ作戦映画」に過ぎなかったようである。戦後は、それがテレビ・映画と替わったに過ぎないのである。逆に、映画以前の時代には、新聞やラジオ程度の時代であった。このように、昔から行われて来た、民衆支配の方法を今もってマスメディアが以前にも増して有力に行って来ているというわけである。

ところが、インターネットの時代になると、ちょっと予想外のことが起こった。それが、いわゆる「情報拡散」であり、支配者層や利益層や富裕層というような呼び方をされる人たちの情報がだれにも見ることが出来るようになったということである。

しかしながら、こういう権力者たちの情報も、日本ではいつしか「個人情報保護法」というものによって、権力者や公的立場にある人たちのしかるべき情報が隠されるようになったわけである。公私の境を判断するのはかなり恣意的要素があるために、いかようにも権力者や当事者によって判断できるからである。その一方で弱者である一般人や民間人や個人の情報は、単なる容疑者の1人に過ぎなかったとしても平気でメディア自らが拡散しても何のお咎めもないということになったわけである。

そして、今日のニュースでは、
ネット上で「忘れられる権利」…欧州委が法案
 【ブリュッセル=工藤武人】欧州連合(EU)の執行機関、欧州委員会は25日、インターネット上の個人情報保護のため、利用者がネット事業者に情報の削除を要求できる「忘れられる権利」を盛り込む法案をまとめた。
 違反には最高100万ユーロ(約1億100万円)の罰金が科される。EU域内で活動している世界中の企業が適用対象で、ネットを利用した事業展開に影響しそうだ。施行は、欧州議会と27加盟国の承認を得てから2年後となる。
 「忘れられる権利」は、EUが提唱する新しい概念。ネット上の情報を個人では削除しきれないことに対応したもので、法施行後は、利用者が名前や写真、クレジットカードの情報といったデータの削除を求めれば、ネット事業者は、報道目的など正当な理由がない限り情報管理を行うサーバーから抹消しなければならない。

というものが、さらりと決まってしまったようである。

これも「個人情報保護法案」の時と同様に、表向きには非常に一見良さそうにみえるだろうが、そこにはかなり恣意的要素が潜む。だから、ネット上の大富豪や大企業人の犯罪などを扱ったような記事に対して、糾弾されることを恐れた人物、例えば、ロスチャイルドとかロックフェラーのような人物が削除しろといえば、事業者は削除しなければならないというようなことになるだろうと見る。だから、インターネットもいつまでも民衆の力になっていられるのかということについては、かなり心もとないという状況がやって来るのだろう。

とまあ、そんなわけで、いまのうちに、一応さまざまなことを知って自分なりにその裏表などをしっかり知っておく必要があるだろうということである。


おまけ:2月6日追記
その一方で弱者である一般人や民間人や個人の情報は、単なる容疑者の1人に過ぎなかったとしても平気でメディア自らが拡散しても何のお咎めもないということになったわけである。

の典型的な事件が再び最近登場した。まだ容疑者に過ぎず、見つかった遺骨も本人確認もされていない状況にも関わらず、自称捜査員なる人物がどんどん容疑者が犯罪者であるかのように印象操作を行ってゆく手口である。
大分の女児不明「殺していない」 母親が供述
e0171614_11111831.jpg

大分県日出町の雑木林に昨年9月、当時2歳だった江本琴音ちゃんの遺体を捨てたとして死体遺棄の疑いで逮捕された母親の優子容疑者(35)=同町川崎=が、県警の調べに「私は殺していない」と供述していることが6日、捜査関係者への取材で分かった。

こうやってまたえん罪、それも被害者の遺族のはずが加害者として犯罪者の罪を着せられるという痛恨のえん罪の犠牲者になってゆくのだろう。
[PR]

  by KiKidoblog | 2012-01-27 09:40 | 電通コンスピラシー

A Happy New NHK ! : いまや「反日工作」、「日本史改ざん」の総本山!

イルミナティーカード
「歴史を書き換えること」

e0171614_13532124.png


みなさん、こんにちは。

ここ数年NHKの番組を見て来たが、年々「エスカレート」の度合いを増して来ているように見える。そう、NHKの「歴史ねつ造・改変」プロジェクトである。歴史ピクトリア、大河ドラマ、紅白歌合戦などなど、ことごとくが一つの筋書きに従って一貫して「日本の歴史を書き換える」、特に「日本の歴史上の偉人や武将を卑下し矮小化する」ことが行われているように見えるから不思議である。

このままこれが続けば、若い子供たちは間違った日本史を学び、後は学校の「教科書」と「センター試験」なども同様にして歴史を書き換え、それを試験に出すようになれば、それで完了ということだろう。一方、頭脳の混迷した始めた中高年は、「私には難しいことは分かりません」ということになり、「天下のNHK」がウソなどつくはずがない、とばかりに洗脳されてしまうことだろう。

まあ、在日朝鮮人や韓国人が歴史的事情から永年に渡って日本人を憎んで来たことは理解できないでもないが、いまいる日本人の半数以上は戦後生まれであり、戦争に関与したものではない。ましてやそういうほとんどの日本人が朝鮮人を差別したわけでもない。むしろ、戦後の動乱期に起こった朝鮮人暴動による日本人大量虐殺の犠牲者の子孫にすぎない。

ましてや、日本人はラブホテルやパチンコを禁止したわけでもないし、大半の日本人はそれを気にせずに使っていることを見ても分かるだろう。焼き肉やキムチも禁止されたわけではない。にもかかわらず、未だに日本人への憎しみを持ち、腹いせや当てつけをNHKを通じて行っているとすれば、それは間違いである。

例えば、今日偶然見つけたものには以下のものがあった。
やっぱりNHK! 「坂の上の雲」独自の「視点」を加える
 舞台は日清戦争です。正岡子規が従軍するわけですが、戦は終わっている。ところが、正岡子規らが同行している隊の曹長が住民の物資を徴用と称して取りあげます。無論住民は「わしら飢え死にする」と抗議します。
 それを曹長は子規に向かって、ありゃ、「日本の兵隊さんありがとう」と言っているのだといいます。

 原作は原作、ドラマはドラマです。
 ですから原作にないシーンが入るのはありでしょう。また原作にない登場人物がでてくることもあるでしょう。ですが、このようなシーンを挿入する必要があったでしょうか。

 実際問題として当時の日本軍の軍規は厳しく、また「文明国」と認めれたいがために、国際法規は遵守していたはずです。義和団の乱の時も日本軍だけが略奪しなかったというのは有名な話です。

 当時このようなことがなされていたのでしょうか。

 しかも戦闘が終わった後に。

 もしかすると、そういうことがあり得たかも知れません。無かったことは証明できません。ですが、それを口実にしてこのような原作の意図をねじ曲げる演出が許されるのでしょうか。

  少なくともこのシーンを見た視聴者、特に原作の読者は強い違和感を感じたと思います。

NHK大河ドラマ平清盛、皇室を王家(天皇家)にする

e0171614_14234396.jpg
e0171614_14234572.jpg

NHKは、大河ドラマ「平清盛」で、皇室を、王家・王家(天皇家)としていますし、脚本家も製作発表のコメントで、天皇家としていましたが、これは反日勢力が主張している、「天皇家」・「天皇制」と同じです。

NHKは、王家(天皇家)だけではなく、後白河天皇を「王」としていますが、韓国が天皇陛下を「日王」と侮辱して呼ぶことと同じです。

大東亜戦争終結後に、反日勢力は「天皇制廃止」の中で「天皇家」呼称を広めてきましたが、「家」とは、個の私的生活の単位を示すもので、「皇室」とは、天皇・皇族による国家構成のことですから、私生活が本質ではない皇室は「天皇家」ではないので、NHKの天皇家は間違いです。

初代「神武天皇」の即位が日本の紀元で、皇室は、建国以来ずっと続いているので、例えば、英国のウィンザー王家(王朝)のように、国内に存在した他の王家と区別するためのものではないのですから、他に王家が存在しない皇室は「王家」ではないので、NHKの王家は間違いです

いやはや、天皇家は神道の神事を行う神主の最上位の家系のことを意味し、王族ではない、むしろキリスト教で言えば、教皇に近い、ということも在日もNHKも知らなかったのだろうか?

ついでに付け加えると、いまやっている「平清盛

e0171614_1562094.jpg

もそうである。ある県知事はあまりに画面が汚いとクレームをつけたらしいが、私は「あまりに武将が無精すぎる」とクレームをつけたい。

なぜなら、「平清盛」という「清い」という漢字を付けた侍が、これほどの無精ものであろうはずがないからである。元来、日本の侍は神道をベースに育つから、神道では清潔がなにより大事なこととされているのである。常に身支度は清く正しく美しくなければならないのである。だからして、切腹の際にも白衣を着たのである。

私にはこの演出は、皮肉にも19世紀の朝鮮王国の汚さを思いださせてくれた。以下のものである。
日韓併合 ビフォー/アフター:ほんと日本人てお人好しですナ!?
「都会であり首都であるにしては、そのお粗末さはじつに形容しがたい。 礼節上二階建ての家は建てられず、したがって推定25万人の住民は主に迷路のような道の「地べた」で暮らしている。 路地の多くは荷物を積んだ牛同士が擦れ違えず、荷牛と人間ならかろうじて擦れ違える程度の幅しかない。 おまけに、その幅は家々から出た糞、尿の汚物を受ける穴か溝で狭められている。
 酷い悪臭のするその穴や溝の横に好んで集まるのが、土ぼこりにまみれた半裸の子供たちと疥癬もちでかすみ目の大きな犬で、犬は汚物の中で転げまわったり、日向でまばたきしている。
 ソウルの景色のひとつは小川というか下水というか水路である。蓋のない広い水路を黒くよどんだ水が、かつては砂利だった川床に堆積した排泄物や塵の間を悪臭を漂わせながらゆっくりと流れていく。 水ならぬ混合物を手桶にくんだり、小川ならぬ水たまりで洗濯している女達の姿。
 Seoulには芸術品がまったくなく、公園もなければ見るべき催し物も劇場もない。他の都会ならある魅力がSeoulにはことごとく欠けている。 古い都ではあるものの、旧跡も図書館も文献もなく、宗教にはおよそ無関心だったため寺院もない。結果として清国や日本のどんなみすぼらしい町にでもある堂々とした宗教建築物の与える迫力がここにはない。」

もしこれを疑うというような無知で不埒なものがいるとすれば、最近再放送している、ニコラス・ペタスのナビゲーターの『SAMURAI SPIRIT』を見たらいいだろう。
「武士道精神を伝える『SAMURAI SPIRIT』海外受賞で凱旋放送
太古の昔から、日本の侍たちも日本の公家も天皇家もみんな「質実剛健」、「清廉潔白」、「単純明快」な生活を送って来たのである。それが「みそぎ」という言葉にもあるように、常に身辺を身奇麗にして生活して来たことを示しているのである。こういった諸事実といまのNHKの平清盛の演出は明らかに異なる。そこには明確な「作為」が見受けられるのである。

(だいたい武将ドラマを作るなら「吾妻鏡

e0171614_1573583.jpg

くらい読んでからにしな! 正直、子供のどんちゃん騒ぎみたいなものを有料で見せられてはたまったもんじゃない。金返せ〜〜!と朝鮮人ならいうだろう。)

しかしながら、実に面白いのは、この大自然というのはそういうことがまかり通るようにはなっていないということである。大自然というものは、歴史のねつ造改変を一番嫌うものなのである。そこにそういうことを行う不届き者たちに対して、必ず何がしかの天罰が下るのである。

要するに、言い換えると、「宇宙というものは、自らを汚し、自らの計画を阻むもの嫌う」らしいということである。宇宙は宇宙自らの計画によって、その意志を実現すべく存在するという未知の存在なのである。

はたして、反日の在日の人々やNHKや反日CIA在日電通の人々はその辺のことを知っているのだろうか?

なぜ福島第一原発が事故を起こしたのか?
なぜ東京電力なのか?
なぜ関東や東京だったのか?

こういう現実に対して、上のようなことをご存知なければ、合理的な説明はできないはずである。

まあ、岡潔博士については、いずれまたもっと集中的にやろうかと思っているが、岡潔博士はこういうことに対して以下のように言っていたのである。「情緒と創造」という本の中の「情緒の濁り」というエッセイにこんなことが書かれている。

 情緒の濁りはいけない。
 情緒は喜怒哀楽によって濁ります。とくに、人を憎むというようなことをするとひどく濁ります。
 それで、大自然の理法は大自然にまかせてしまいます。そこは人にはやれないし、また、大自然がやってくれるのでまかせておいていいのです。それでは、人はなにをすればいいか。
 その情緒を、できるだけ清くし、美しくし、深くすることです。なかでも深みをつけていく。これが大事です。真・善・美とやり方は分かれていますが、どの道にせよ、畢竟そういうふうにつとめるべきなのです。
 これが人類の向上だと思うのです。


もしまだNHKにまともな日本人職員がいるとすれば、猛省を促したい。まあ、どっちみち放射能で数年で死に絶えるだろうから私にはどうでもいいことなのだが。いつか廃墟となったNHKを見ることになるだろう。


おまけ:
兵庫知事 清盛は「海の青さ出てない」

 兵庫県の井戸敏三知事は23日の記者会見で、NHKが大河ドラマ「平清盛」で画面の明るさなどの演出を変更しないと表明したことについて「いま変えたら(NHKの)全面敗北になる。世論の動きで見直さざるを得ないこともあるだろうから、期待している」と述べた。
 井戸知事は「瀬戸内海に船が浮かぶ場面で真っ青な海の色が出ていない。瀬戸内海の自然をきちっと映し出してほしい」と具体的な注文を付けた。
 井戸知事が「画面が汚い」と批判したことを受け、NHK側は18日の定例記者会見で「平安時代をよりリアルに映像体験できるように努めている」と説明した。[2012年1月23日18時53分]

邪悪な映画「デスノート」の「L」のノリで平清盛を演技されては、さすがの平清盛も浮かばれないだろう。脚本家もレベルが低下がひどいが、演出はもっとひどい。朝鮮王朝と平安時代を糞味噌にしているようである。

おまけ2:
親日 -世界の偉人・著名人が日本人を絶賛- 【日本再生】

[PR]

  by KiKidoblog | 2012-01-21 14:33 | 電通コンスピラシー

ホームレスボーイ、スン・ボン・チョン:韓国のスーザン・ボイル?

みなさん、こんにちは。

いやはや、これは実に興味深いストーリーではある。もちろん、もし「やらせ」の作り番組でなければの話だが。

ちょっと前にスーザン・ボイルさんが、英国の歌手オーディション番組を席巻したのは記憶に新しい。この番組の韓国版で、スーザン・ボイルさん以上にすばらしい歌声を披露した、無名の15歳の少年がいま話題になっているらしい。その名も、スン・ボン・チョン(Sung Bong Chong)君。

彼は、この年までほホームレスで、階段や公共トイレの片隅で寝泊まりし、ガムを売っていたという。小中学校には通えなかったので、GEDを受けて高校進学資格を得て、つい最近始めて行くようになったという。ある時、バーで働いていた時、いつもはうるさいポップミュージックしか歌われなかったのだが、ある時、非常に真剣に歌う声を初めて聞いた。それ以来、その歌を覚えて一人で歌い続けていたのだというのである。

その歌声がこれらしい。以下のものである。
Homeless Boy Steals The Talent Show

そして、その大会の決勝戦がこれらしい。
최성봉_Korea's Got Talent 2011 Final


どんな状況になっても自分を見失わず、その人生を受け入れる。どんなに苦しくても、他人をねたんだり、他人に暴力や破壊行為を行わない。そしてこの世の中の素晴らしいものだけに立ち向かおうとする。こういう精神は民族や国々を超えて貴重である。

どうやら宇宙レベルで見ると、ウィングメーカーという本によれば、ACIOに協力するコルテウムという宇宙種族の語るところでは、地球人類の芸術性と表現力というものは、我々地球人類が他の種族たちからうらやましがられる唯一の才能ということらしい。
[PR]

  by kikidoblog | 2011-12-12 20:42 | 電通コンスピラシー

821、1万人のフジテレビ抗議デモ炸裂!:次は電通か!?

みなさん、こんにちは。

「8月21日」ついに日本の民衆が蜂起した。韓国キムチ報道や韓流に毒された(どうやら韓国マネーが欲しいということらしいが。ちなみに韓国経済が復興できたのは、日本が米国債を買っているからだ。その金を米ユダヤイルミナティーエリートは自国民に使わず、日本潰しのためにわざわざ韓国に投資したからだという)フジテレビに民衆の「鉄槌」が打ち下ろされた。以下のYouTube番組である。

【8・21】フジテレビ抗議デモ出発地点での先頭~末尾まで【無音5倍速】


これを見て分かるように、このデモに参加した日本人は、ごく普通の日本の人々である。右翼でも左翼でも、偽右翼でも偽左翼でもない。在日でも外国人でもない。子連れの主婦あり、おじいさん、おばあさん、少年少女や青年たち、さらにはサラリーマンの人々である。

こういうごく普通の名もなき一般人たちが、フジテレビの偏向報道ややらせ報道や過激なバカ番組やこういうものすべてに抗議して、それを「韓流批判」という名目で集まり、抗議したのである。

しかるに、脅威を感じたか、あるいは、なぜ韓国、韓流が批判されるのか分からない韓国の報道は、これまた至極全うにこのデモを報道した。以下のものである。

2011.08.21フジテレビ抗議デモ 韓国MBCの報道


ところが、今のところ、日本のマスゴミはどこも一切報道していない。これは、おそらく在日電通/博報堂CIAからの指令が出ているためだろう。

今では、政治家や政府より、電通の支配力の方が勝ってしまっているのである。電通は東電問題を見るように、金と権力で裏から官僚機構も牛耳っている。日本人をバカにしきったソフトバンクの「犬の父親」CMや「猿でも分かる〜〜〜」とかいう本などを作っているのも電通の仕業である。(ちなみに、犬、猿は朝鮮における日本人の最大の蔑称であるという。)

だいたい、小泉純一郎や竹中を持ち上げ、「狂牛病骨太の方針」やら「格差社会」やらを生み出したのも「電通

e0171614_11573411.jpg

であったわけだ。「B層(おばか層)」という言葉を生み出したのも電通。韓流の仕掛人も電通であった。
”やらせの帝国”「電通」は廃業すべきですナ!:日本政府は電通を潰すべきだ!
「プランC」発動、マスゴミの世論操作計画か!?:ここまで落ちた日本のマスゴミ

311の後、福島原発大爆発直後に関西や九州に逃げ回ったのも電通社員だったという。

そんなわけだから、今度は電通の周りで10万人デモでもやってみることをお勧めしたい。電通は、日本の一等地を占拠してしまったから、さぞ新橋界隈

e0171614_11573758.jpg

は賑わうことだろうヨ。


おまけ:
電通CIA、裏社会に40億円を横流しか?:電通社員は恵まれていますナ?

おまけ2:
電通元社長、成田豊さん死去
[PR]

  by kikidoblog | 2011-08-22 11:21 | 電通コンスピラシー

「水戸黄門」がついに終了か!?:「涙のあとには虹も出なかった」?

水戸黄門の主題歌あゝ人生に涙あり



1.
人生楽ありゃ 苦もあるさ
涙のあとには 虹も出る
歩いてゆくんだ しっかりと
自分の道を ふみしめて

2.
人生勇気が 必要だ
くじけりゃ誰かが 先に行く
あとから来たのに 追い越され
泣くのがいやなら さあ歩け

3.
人生涙と 笑顔あり
そんなに悪くは ないもんだ
なんにもしないで 生きるより
何かを求めて 生きようよ


みなさん、こんにちは。

風雲急を告げてしまったこの日本、この世界。ついにテレビ界にまで風雲急を告げる事態に。

あゝ人生に涙あり」で始まるTBS系列の水戸黄門がついに終焉(放送打ち切り)の危機に陥ったという。

里見、涙目「残念というより痛い」…「水戸黄門」42年の歴史に幕

 1969年から42年にわたって放送され、日本最長寿の時代劇でもあるTBS系「水戸黄門」(月曜・後8時)が、現在放送中の第43部をもって終了することが15日、同局から発表された。「この紋所が目に入らぬかっ!」でおなじみの国民的人気番組も、近年は視聴率が伸び悩んでいた。この日、東京・赤坂のTBSで会見に臨んだ5代目「黄門さま」、里見浩太朗(74)

e0171614_816222.jpg

は「背中からズバッ、と斬られたよう。残念というより痛い」と無念さをにじませた。

 半世紀近く、時代劇ファンを夢中にさせてきた「水戸黄門」が今年いっぱいで、その歴史に幕を下ろす。

 会見したTBSの難波一弘編成制作局長によると、春先から局内で「水戸黄門」の処遇をめぐって話し合いが始まり、7月上旬に打ち切りが決まったという。「終了の原因は視聴率の低迷ではない」と強調したが「時代の趨勢(すうせい)に逆らえず、まだ余力があるうちにいいタイミングで終わりたかった」と説明した。

 昨年10月の第42部から助さんを東幹久、格さんを的場浩司に代え、雛形あきこ、林家三平らも加入。てこ入れを行ったものの、視聴者の時代劇離れに歯止めをかけることはできなかった。里見ら出演者は14日の夜、京都・太秦での撮影を終えた直後、番組終了の知らせを聞いた。「この世の中から『水戸黄門』が消えるなんて…」と里見は戸惑ったそうだ。

 69年8月から第1部が放送され、今週までで通算1207回を放送。「越後のちりめん問屋」のご隠居にふんした水戸光圀、通称「黄門さま」が、家来の助さん、格さんを引き連れ、諸国漫遊の旅をしながら悪をこらしめる「勧善懲悪」のストーリーに加え、風車の弥七(故・中谷一郎さん)、うっかり八兵衛(高橋元太郎)ら魅力的な脇役たちも人気となり、全盛期は常に平均20~30%の高視聴率を記録。最高視聴率は79年2月5日の第9部の最終回で43・7%、同年8月から80年2月までの第10部はシリーズ最高の平均37・7%を記録していた。しかし、ここ最近は第41部が平均9・2%、第42部が平均10・1%と苦戦。4日に始まった第43部も2回平均9・8%だった。

 歴代の黄門さまは故・東野英治郎さん、故・西村晃さん、佐野浅夫、石坂浩二、そして里見と5代に及ぶ。里見は2代目の助さんを約17年演じ、黄門さまを約10年、務めてきたため、思いはひとしおだ。

 「自分としてはまだまだ未完成のつもりだった。助さんは青春の時を過ごさせていただいて、今はもっといいご隠居を演じたいと思っていたのに、本当に、本当につらい」と涙目で語った。

 最終シリーズは全22話の予定で、12月19日が最終回の予定。現在は14話まで収録済みという。「俳優として大きな仕事。最後の黄門らしく全力で演じたい」。里見は時代劇俳優としてのすべてをかけて、最後まで黄門さまを演じきる。

まあ、表向きの理由、大義名分は「視聴率の低迷」や「時代の趨勢に合わなくなった」ということらしいが、そこに「会見したTBSの難波一弘編成制作局長によると、春先から局内で「水戸黄門」の処遇をめぐって話し合いが始まり、7月上旬に打ち切りが決まったという。」とあるように、TBS内で「純日本型」の時代劇を敵視する勢力がのさばってきたということだろう。

それもそのはず、TBS、フジテレビ、日テレなどはすでに韓国朝鮮系、パチンコ系列の資本に乗っ取られてしまったからである。時代錯誤のくだらん韓国ドラマばかり放映する割には、日本的なものを排除する傾向がかなり前から見えて来ているからである。ハワイで韓国番組をみるから良いのであって、日本で韓国人朝鮮人見たってしょうがねえだろうヨと俺は思うがナ。

この傾向は国民放送(の名を語る。が、実際にはすでに民放化して久しい)NHKも例外ではない。その証拠を見つけるのは難しいが、比較的解り易いのは、昔の国民放送時代のNHKは、「国民放送局」という触れ込みもあり、「人、人物を中心」に取り上げていた。だから、「人や人の生き様」という視点から番組が作られていたように見える。だから、「福島の人」とか、「ある農村部の若者の生き方」とか、そういう番組が多かった。

ところが、最近の「民放化したNHK」(この意味は、NHKが電通博報堂の支配下に入ったことを意味するが)では、「人や生き様を中心」というよりは、「物や物の特徴を中心」にするようになったということである。この典型的なものが「ためしてガッテン」であり、これは「あるある大辞典」と瓜二つである。「みかんは何に効く」、「身体にいいお茶はどれ?」、「知って得する体操」とか、こんな感じの番組である。こうすると、番組の中で、「物を売っている場所」、「旅する温泉」、「料理や物品や製品」を紹介することになり、ここに電通の付け入る隙が生まれるわけである。

電通は、番組制作のマージンをNHKから(つまり視聴者から拝借し)、かつ一方で、番組で紹介する店や会社から「紹介料」を頂く、という2重3重の上前をはねるのであるという。
”やらせの帝国”「電通」は廃業すべきですナ!:日本政府は電通を潰すべきだ!

マスゴミ/ゲイ脳界はこんな感じの社会に成り果ててしまったわけだから、日本の伝統的な番組が忌み嫌われるのは当たり前である。まして「この印籠が目に入らぬか! この紋所が目に入らぬか」と悪い奴をぶった切る番組なのである。東電や朝鮮系パチンコ業界や格闘技など悪いことしているスポンサーから金もらって番組を作っているのがテレビ局なのだから、論理的に「痛い」ところを突かれているわけである。どうしても番組終了せざるを得なくなったというところだろう。

徳川300年。水戸黄門42年。やはり本家本元には勝てなかったというところだろうヨ。とはいうものの、水戸黄門終了どころか、いまや日本終了の危機にある。最初に福島が終了、そして北関東が終了。東日本が終了、関東が終了、関西と北日本が終了、そして最後に西日本が終了。一番最後が沖縄。たぶん沖縄だけは生き延びるだろう。このタイムラインに変わりない。まあ、そういう危機感を政府の人が感じないからすごいところだが。

いやはや、世も末ですナ。

いずれにせよ、TBSはこの「水戸黄門」や「主題歌」から42年間何も学ばなかったということのようですナ。


おまけ:
電通CIA、裏社会に40億円を横流しか?:電通社員は恵まれていますナ?
「電通/博報堂社員は日本人ではない!?」:日本人ネガティブキャンペーン会社?
「天は人の上にA層を作り、人の下にB層を作りたもうた」:「B層のターゲット戦略」をお教えします!
「上杉機関」ついに日本人も立ち上がったか!?:「上杉機関」の健闘を祈る!
[PR]

  by Kikidoblog | 2011-07-16 08:54 | 電通コンスピラシー

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE