カテゴリ:UMA( 20 )

 

ロシアで「龍」のような生き物の死骸が発見される!?:ファルコンか、ドラゴンか?

みなさん、こんにちは。

久しぶりにUMAの話題である。

どうやら、ロシアで実に奇妙な生物の死骸が発見されたらしい。以下のものである。
July 03, 2015 06:00
なんかヤバそう。4メートルの未知の生物の死骸が海岸に打ち上げられる


ロシア・サハリン州シャフチョルスクの海岸で、およそ4メートルもの未知の生物の死骸が打ち上げられ、その正体を巡り議論が巻き起こっています。果たして…?

e0171614_14374236.jpg

e0171614_14371369.jpg
e0171614_14373388.jpg

e0171614_14372076.jpg

e0171614_14372720.jpg


ファルコンに似た巨大蛇型、ないしは、龍型の生物。これはいったい何なのだろうか?

顔かたちからすれば、伝説の龍のような感じもする。

はたして生前、こやつは空を飛んだのだろうか?


謎である。



e0171614_11282166.gif

[PR]

  by Kikidoblog | 2015-07-04 14:44 | UMA

2014年最初のUMA映像がこれ!?:オー、ジーズ!「謎の人型UMA」発見!?

以下には結構気持ち悪い映像が含まれていますゾ!
子供さんや心の弱い人やドラエモンには見せられないよ!
e0171614_13215060.jpg


みなさん、こんにちは。

風よりも速く、弾よりも速く、ムーよりも速く、飛鳥よりも速く、今年のUMA情報はまずこれから。

なんと人型の水生動物の幼児が瀕死の状態で発見される。以下のものである。
謎の人型UMA 人魚・半魚人・海底原人・宇宙人?
e0171614_1319284.png

いや〜〜、ついにアデン湾の地下基地でやっているという、米軍+エイリアンのスーパーソルジャー計画はここまで来たのだろうか?

この生命体はまだ生きている。首をあげて撮影者を見ている。

はたしてこれは魚人なのか? エイリアンと人間の合いの子なのだろうか?
謎である。



e0171614_11282166.gif

[PR]

  by kikidoblog | 2014-02-06 13:23 | UMA

抱腹絶倒のUMA発見!:いったい何なんだこの卑猥なUMAは?

みなさん、こんにちは。

いやはや、こんな生物は本当にいるのだろうか?もし現実のものなら、ジョークのような真実ということになる。

今日偶然YouTubeで見つけた最近のUMAをメモしておこう。これである。

衝撃映像】海岸で発見した謎の水生生物にコーラをかけてみた


それにしても最近は地球の進化の歴史とはまったく無関係に見えるような奇妙な生物、生命体が発見されるようである。これも外宇宙から来たエイリアンにくっついてきた宇宙からの外来生物なのだろうか? 「地球外来生物」とでも呼んでおこう。




e0171614_11282166.gif

[PR]

  by kikidoblog | 2013-12-25 18:19 | UMA

最新のUMA映像:未確認ヒューマノイドの姿はこんなやつか?

【閲覧注意】 以下には気持ち悪い写真が含まれます。良い子のみなさんや心の弱い方は見ないでね。あっち向いてホイしてくださいヨ。


みなさん、こんにちは。

先日ここにもメモしたUMA(未確認)の映像、ハイブリッド・ヒューマノイドの話は興味深い。特に、高速道路を飛び跳ねて横断した人型生物の正体はどんなものだろうかということが非常に気になるところである。そこで、もう一度メモしておこう。これである。
最新のUMA映像:未確認ヒューマノイドから空飛ぶチャールズ!?

(あ)動物のように飛び跳ねて渡る動物。しかしクローズアップすると、人間のように見える生物。
Strange humanoid creature caught on video crossing highway


e0171614_13263080.jpg


(い)光る目のUMA。
REAL HYBRID ALIEN CREATURE ON CAUGHT FILM

最初のものの「奇妙な人型生物(ストレンジ・ヒューマノイド)」のものはこんな姿であった。
1.
e0171614_13134528.jpg

しかしながら、この映像は犬のように飛び跳ねる動きはわかるが、頭の部分がどんなものかということについてはわからない。

そこで、頭の部分がどういうものか?ということを何とかして突きとめたい。

二番目の「光る目のUMA」は、どうやら同じ生物であるらしいことがわかる。以下のものである。
2.
e0171614_13162519.jpg
これでは映像が小さすぎて、あまりよく分からない。

これをクローズアップしたものがこれ。
3.
e0171614_13165223.jpg

最初のものでは映像が小さすぎてよく分からなかったが、これによれば、キャンプファイヤーをしている若者たちを最初にじっと観察してからそっと場を横切ったことが分かるのである。

YouTube映像の中頃にあるものは、同じ地域にある洞穴のものである。以下のものである。
4.
e0171614_13205172.jpg

または野外にいた時のこれ。
5.
e0171614_1322258.jpg
またはこれ。
6.
e0171614_13221018.jpg

(これは、ひょっとしたら、下の7とは異なるものかもしれない。かなり西洋人型の頭蓋骨である。痩せこけた西洋人という頭蓋骨をしているからである。)


というわけで、最初のイギリスで見つかった、犬のように飛び跳ねる人型生命体は、こんな感じの頭をもっているらしい。
7.
e0171614_13231635.jpg


いずれにせよ、人型の体型と頭蓋骨を持ち、目が暗闇で光り(光を非常によく反射する)、腕や脚は非常に細い。それでいて、犬猫のような敏捷性を持つ。こんな感じの人型生命体のようである。

だれか捕獲せよ!生け捕りせよ。といっても、かなり危険な感じはするがナ。

ちなみに、最初のYouTubeのものは、英国のハイウェー。二番目のものは、アメリカのモーガンシティー近郊のバーウィック(Berwick near Morgan City)という場所のものらしい。以下の場所である。
e0171614_13364034.jpg
e0171614_1336492.jpg
したがって、場所的には非常に離れている。

世界中に生息地を徐々に拡大中なのかもしれませんナ。

今後の情報に注目しておこう。



e0171614_11282166.gif

[PR]

  by kikidoblog | 2013-11-15 13:39 | UMA

最新のUMA映像:未確認ヒューマノイドから空飛ぶチャールズ!?

みなさん、こんにちは。

最近YouTubeで見つけたUMA(未確認生物)の映像をメモしておこう。何ともいえず実に奇妙である。

(あ)動物のように飛び跳ねて渡る動物。しかしクローズアップすると、人間のように見える生物。
Strange humanoid creature caught on video crossing highway


e0171614_13263080.jpg


(い)光る目のUMA。
REAL HYBRID ALIEN CREATURE ON CAUGHT FILM


(う)空飛ぶチャールズ。にわかには信じがたい、空飛ぶドラゴン。
Dragon Flying Over England


IMPACTANTE: Dragon real volando (mounstruo que vuela) dragoon


ウェールズの国旗
e0171614_9491459.png

http://dic.nicovideo.jp/a/ウェールズ


いやはや、偽物であって欲しい。そういう代物ですナ。
あまりに恐ろしすぎる。日本でなくて良かった。

レプティリアンの噂のあった英王室のチャールズ皇太子。ついにカミングアウトしたのでしょうか?


いやはや、世も末ですナ。



e0171614_11282166.gif

[PR]

  by kikidoblog | 2013-11-12 09:40 | UMA

ニュージーランドに奇怪な巨大生物打ち上がる!?:シャチか恐竜か?

みなさん、こんにちは。

久しぶりにここにふさわしい話題が登場。ニュージーランドの海岸
e0171614_12473545.jpg
に得体のしれない巨大生物の死骸が打ち上がったというのである。以下のものである。
Strange Pukehina sea creature

e0171614_12464725.jpg

e0171614_1247263.jpg

e0171614_12465138.jpg

ニュージーランドの海岸に打ち上げられた「海の怪物」の正体はより

この映像を見た限りでは、かなり長い尻尾のようなものが付いているように見える。もしそれがシャチ
の死骸だったのであれば、そんなものはないにちがいない。

はたしてこれは何か?

DNA解析をすれば即座に判明するはずである。

私が一番欲しいものは、「パーソナルDNAシークエンサー」というものだという意味がわかるだろうヨ。(もちろん、そんなものはまだこの世には存在しない。)

いずれにしても、この生物はいったい何なのだろうか? 実に興味深い。
[PR]

  by kikidoblog | 2013-05-10 12:54 | UMA

UFOのお次ぎはUMAフライングドラゴン:NASAのドラゴンは中国のドラゴンと同一か?

みなさん、こんにちは。

先日、「NASAミステリー:長官の警告「お祈りください」とフライング・ドラゴン写真!?」についでという形でメモしたが、NASAが宇宙から捕らえた、「飛び龍」(フライングドラゴン)の写真を覚えているだろうか?

もう一度メモしておこう。以下のものだった。
スペースシャトルの撮影した地球の風景の中に写る「空を飛ぶ龍」
http://eol.jsc.nasa.gov/sseop/images/ISD/highres/STS105/STS105-703-38_3.JPG
e0171614_1540165.jpg
真ん中付近を拡大するとこれ。
e0171614_1541726.jpg

どうやら私はすっかり忘れてしまっていたのだが、すでにちょっと前にここに中国の「飛び龍」の写真をメモしていたことを思いだした。これである。
興味深い写真のいくつか:中国のドラゴンからNASAの隠蔽工作まで

中国江西省で空に龍が現れたと話題に(サイト先に写真)
Kitajci opazili zmaja na nebu
e0171614_1818371.jpg

どうだろうか?

形といい、結構似ているのではないだろうか?

したがって、NASAが衛星で捕らえたフライングドラゴンは、ひょっとしたら中国で見られたというフライングドラゴンと同じものかもしれない。

あまりに非現実的な映像だけに、真偽のほどは皆目検討がつかないが、二つの場所で同じ形状のフライングドラゴンが映ったことから、同一のUMAを見ているのだという可能性も出て来た。

今後の観測状況を期待したい。

いやはや、この世界はいったいどうなっちまったのか?
[PR]

  by KiKidoblog | 2013-03-29 23:32 | UMA

NASAミステリー:長官の警告「お祈りください」とフライング・ドラゴン写真!?

みなさん、こんにちは。

さて、久々にこのブログ本来のテーマに近い話をメモしておこう。1年ちょっと前にNASAの長官がワケの分からないメッセージをNASAの職員に突然送ったということが話題になった。以下のものである。
NASA 長官から緊急警告(吹替え版) 「来たるべき事態に備えなさい」
そして昨年末に「2012年の地球最後の日」に向けて豪州のジラード首相が「地球最後の日が来ます」というメッセージを送ったことは記憶に新しい。以下のものである。

いったい全体これらは何だったのか?

さて、これにさらに呼応するかのごとく、NASA長官がまたまた似たようなことを発言中だとか。以下のものである。
4月にアメリカに巨大な小惑星が直撃する? : NASA 長官が米国議会で語った「祈りましょう」の発言の真意は何か
元記事:Large asteroid heading to Earth? Pray, says NASA
2013年2月15日に地球から17000キロメートルを通過した小惑星 DA14 の想像図。
e0171614_15355526.jpg

米国 NASA のチャールズ・ボールデン(Charles Bolden)長官は、アメリカのニューヨークに向かっているかもしれない巨大な小惑星を処理する方法について具体的な方法に言及した。

その方法は「祈って下さい」であった。

ボールデン長官は、3月19日に米国下院の科学委員会の公聴会で議員たちにそのように語った。

ロシアのチェリャビンスクで 2月15日に爆発した隕石は十数メートル程度であったと推測されているが、それでも 1,500人以上の負傷者を出す惨事となった。その同じ日には DA14 というそれよりも巨大な小惑星が地球から約 17,000キロの距離を通過していった。

そして、同じようなことは米国のすべてに地点に言え、米国のあらゆる場所が未知の小惑星の衝突コース上にあるかもしれないという可能性について、ボールデン長官は米国議会下院科学委員会の公聴会で述べた。

小惑星は空中で衝撃波を発生させ、建物を窓や建造物そのものに損傷を与える可能性がある。

ボールデン長官は公聴会で次のように述べた。

「私たちは驚くべき頻度で、地球の近辺を通過する小惑星と隣接して生きているのです。潜在的に危険をもたらす可能性のある天体が数多く存在する太陽系に住んでいます。先月のロシアでの隕石の出来事が破局的な事例とならなかったことは幸いです」。

NASAは、地球の近くに飛来する 700メートル以上の巨大な天体の約 95%の軌道を把握している。この 700メートルの大きさの小惑星というのは、仮に地球に衝突した場合は、ひとつの文明を終焉させる規模のものだ。

しかし、ボルドレン長官は「最近になり、都市ひとつを壊滅させられる規模の天体約1万個のうちの10パーセントしか私たちは知らないことがわかった」と述べた。

それらの中に、米国に脅威をもたらす小惑星があるかどうかは今はわからないと長官は語る。

しかし、その中のひとつは「3週間後に来るかもしれない。そして・・・祈りましょう」と長官は語った。

NASA は現在、地球との衝突コース上にある可能性のある天体をそらすための技術開発を検討していることも付け加えた。

いやはや、NASA長官が「隕石が激突しないように祈りを捧げてくれ」というのである。

さて、もう一つのNASAの話題もついでにメモしておこう。それは、NASAの映像に「ドラゴン=龍」が写っていたというものである。以下のものである。
スペースシャトルの撮影した地球の風景の中に写る「空を飛ぶ龍」
http://eol.jsc.nasa.gov/sseop/images/ISD/highres/STS105/STS105-703-38_3.JPG
e0171614_1540165.jpg
真ん中付近を拡大するとこれ。
e0171614_1541726.jpg

やはり空飛ぶ龍は実在したのだろうか?
ぜひ動画が欲しいところである。今後の調査を期待したい。
[PR]

  by KiKidoblog | 2013-03-22 15:44 | UMA

A Happy New UMA: 「翼竜は生きていた?」米国で捕獲されたプテラノドン!!

ウォー・ゲーム (映画)1983年

(まだ青色発光ダイオードが発明される10年ほど前。だから、ジョシュアには赤黄LEDしか使われていなかった。いまなら青緑LEDがふんだんに使われクールな感じになっただろう。)


みなさん、こんにちは。

さて、今回はいわゆる未確認生物(UMA)の話。非常に興味深い話題が2、3日前から、「世界の謎と不思議」に出ていた。

これはアメリカ合衆国内には、滅び去ったはずの「プテラノドン」が捕獲されたという歴史が残っていたという話である。そして時に現代でもその滑空する姿が目撃されているというのである。以下のものである。
現存する翼竜 北米のサンダーバード "Thunderbird"

プテラノドンのタイプ

南北戦争時代、兵士が捕獲した翼竜型サンダーバードと一緒に映っている写真。
e0171614_10481057.jpg

猟師が翼竜型サンダーバードを捉えた写真。
e0171614_10481516.jpg

こちらも翼竜型サンダーバードの有名な写真です。南北戦争時代の兵士と写っています。
e0171614_10482661.jpg

翼竜型サンダーバード1羽を捕えた写真。
e0171614_10482813.jpg

カリフォルニア州「エリザベス湖の怪物」。翼竜型モンスターを撃ち落しています。
e0171614_10484929.jpg


巨大鳥のタイプ

これも有名な画像。こちらは鳥型です。
e0171614_10483779.jpg


そして最後が最近のもの。

2008年にアメリカ、モンタナ州フラットヘッド湖で目撃された翼竜。ここはモンタナネッシーというUMAが目撃される湖でもあります。ソースはYoutubeの投稿。
e0171614_10535833.jpg


詳しくは、そちらを見て欲しい。

さて、そこで最近のYouTubeの映像を見てみると、それはこれである。
しかしながら、この映像を見る限りでは、最初の「ウォー・ゲーム」のプテラノドン型ラジコン模型と非常に似ていることから、単なる模型という可能性が高い。したがって、今のところ本物と言えるほどの確証はない。

とはいうものの、このプテラノドン型模型の何が面白いか、どこに興味深い点があるのか、といえば、それは「一翼型(=一体型の翼)」の航空機に非常に良く似ているというところである。いわゆる飛行機(や鳥)のような主翼と尾翼の二翼がなくとも、見事に空を飛ぶことが出来るということを示唆している点である。

これは、有名なケネス・アーノルドのUFO目撃談の時のUFOの形と非常に良く似ているのである。
第1章 円盤の飛来 第1話 宇宙よりの訪問者/ロイステマン
e0171614_1162362.jpg

e0171614_115552.jpg
e0171614_1171492.jpg

この話(や実は第二次世界大戦中にナチスドイツもこんな型の飛行機を作っていた。我が国でも実はこんな型のジェット機を作っていた。
甲液「過酸化水素オキシノリン・ピオリン酸ソーダ」と乙液「水化ヒドラジン・メタノール・銅シアン化カリウム」を一〇〇対三六でミックスした脅威の推進力で今迄達しなかった一万二千粁の成層圏まで従来型の飛行機では十数分かかったのを僅か三分五十秒で急上昇できる時速九百粁の画期的無尾翼型ロケット戦闘機「秋水」
e0171614_22124054.jpg

ドクター中松「日本の”終戦”」を語る!!:日本は負けていない、停戦したのだ!1
)からヒントを得て、後に米軍もまた、同じような「一翼型ジェット機」
e0171614_1191612.jpg

を作ったのである。

はたして翼竜こと、一翼型爬虫類は現存するのだろうか?

実に興味深いところである。


おまけ:
プテラノドンの頭?巨大な”何か”が漂着
甘井子区大連湾近くの海辺に3mを超す大きな”何か”が漂着した。
e0171614_11171223.jpg

[PR]

  by KiKidoblog | 2013-01-08 11:18 | UMA

突然変異、放射能の影響、あるいは人工的?:雌雄同体クワガタと人面豚が発見された!?

みなさん、こんにちは。

雌雄同体のクワガタが茨城県で見つかったという。
頭はオス、胸から下はメスのクワガタ…突然変異
e0171614_17422929.jpg


 頭はオス、胸から下はメスという突然変異のノコギリクワガタが茨城県内で発見され、6日から千葉県立房総のむら(千葉県栄町)の企画展「むらの自然―里山の暮らしと生きもの」で展示される。

 専門家が「成虫で見つかるのは極めて珍しい」と話すクワガタ。成田西陵高校(同県成田市)の教諭と発見者の高校生が偶然出会い、展示されることになった。

 このクワガタは、オスの特徴である大顎を持つが、前脚は平たく、後脚も短い上、生殖器もメスであるなど、胸から下はほぼメスの特徴を持つ。茨城県立竜ヶ崎第一高校2年、平山夏樹さん(17)が6月23日、同県牛久市内の雑木林で昆虫採取中に発見した。ほかのクワガタと比べ、部位によって雌雄が異なる「雌雄モザイク型」と気付いた。

 平山さんがこの後、龍ヶ崎市内の昆虫専門店に相談に行った際、たまたま訪れた成田西陵高校の清水敏夫教諭が相談に乗った。

 大学時代からクワガタムシを研究し、論文を発表してきた清水教諭は、「左右で雌雄が分かれるのはあるが、上下は珍しい。発生確率は数万分の1ではないか」と思ったという。清水教諭は、東京都内の昆虫専門誌を紹介。「あまりにバランスがいいため、偽物と言われないように」と、第三者である編集者が生存を確認した上で、翌日標本にした。

 清水教諭が顧問を務める同校地域生物研究部は、校内の「昆虫館」で国内外のカブトムシなどの昆虫を飼育して標本を展示し、チョウの保護活動などもしている。部では「房総のむら」で活動結果を発表する企画展を準備していた時でもあり、展示が決まった。平山さんは「気付いた時には感動した。神秘的な魅力をじっくり見てもらえれば」と話している。

 企画展は11月25日まで。月曜定休(祝・休日の場合その翌日)。入場料のほかに企画展の入場料が必要。

 日本昆虫協会理事の池田清彦・早稲田大学国際教養学部教授の話「雌雄モザイク型で、頭と胸で分かれることは聞いたことがない。何度も繰り返し変わった細胞分割が起きた結果と考えられ、成虫で見つかるのは極めて珍しい」(渡辺加奈)

(2012年10月6日09時08分 読売新聞)

一方、偶然見つけたものだが、人間の顔をもつ豚「人面豚」がついに登場。以下のものである。
Weird Creature With Human Face 2012 HD

突然変異というよりは、やはりだれかがかつてのエジプトのようなことを行っているのでしょうナア。「ドクターモローの島」のような実験を行っている場所があるということだろう。この作品も「宇宙戦争:火星人襲来」の
H. G. Wells
e0171614_17513972.jpg
の作品らしいが、H. G. WellsはNWOの重要工作員だったというから、こういうものもまた彼らの計画的極秘研究の1つだったということだろう。

その内、豚人間か人間豚か分からないが、そんなものが闊歩する日がやってくるのだろう。
[PR]

  by KiKidoblog | 2012-10-06 17:55 | UMA

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE