カテゴリ:マヤ予言( 3 )

 

”マヤの終末予言”まで後一週間!:人は平凡な人生が嫌いなんですナ!?

みなさん、こんにちは。

いやはや、米ナショナルジオグラフィックにも「マヤ予言」の話題が出たようである。以下のものである。
迫る“終末”、マヤ暦の真の予言とは

e0171614_1942239.jpg

 2012年12月。この時期、新年の予定を立てるのに忙しい人ばかりではない。新年より先に、“世界の終わり”がやってくると信じている人たちもいる。パーティーを計画する代わりに、彼らは食物を備蓄し、避難ルートを調べ、サバイバル術を磨いて、マヤ暦が“終わり”を迎えるとされる2012年12月21日に備えている。
 人類はみな、間近に迫った世界の終末に備えるべきなのか? その必要はないというのが、学者たちの答えだ。
 古代マヤ人は、世界が今月終わりを迎えると予言したとされる。マヤ暦の“大きな周期”の1つが、今月で終わるためだ。しかし、優れた数学者で、時間の記録に長けていたマヤ人が使っていた暦は1つではない。彼らは周期的な太陽暦や神聖暦など、多くの異なる暦を考案していた。さらには、5000年という大きな周期からなる「長期暦」も使っていた。
 現在の大周期は2012年12月21日に終わるとされているが、これに関していつしか噂が広まり、世界の終末が近いという説が一部の人々の間で信じられるようになった。

◆再生
 世界が終わるという想像に人類がとりつかれるのは今回が初めてではない。終末説は昔からよく唱えられており、信奉者はそれを否定する科学的根拠を見過ごす傾向にある。今回の例でいうと、マヤ人の時間の数え方が複雑だということを彼らは考慮に入れていない。
「そもそも2012年の例の日付を示す(マヤ文明の)遺物は1つしか見つかっていない」と、マヤ文明研究者のリカルド・アグルシア(Ricardo Agurcia)氏は述べる。さらに、マヤ暦では大きな周期が1つ終わると、また次の周期が始まることを終末説支持者は無視していると同氏は言う。「これは死ではなく、再生を意味するものだ」。
 実際には、世界が2012年に終わることははまずないとマヤ人は予言している。今年、ナショナル ジオグラフィック協会の支援を受けている考古学者ウィリアム・サトゥルノ(William Saturno)氏は、グアテマラにあるマヤ文明の建造物の壁に数字の列が記されているのを発見した。その計算には、はるか未来の日付まで含まれていた。「古代マヤ人は、今から7000年後も世界は変わらずに続くと予言していた」とサトゥルノ氏はプレスリリースの中で述べている。「われわれは終わりばかりを探している。マヤ人が探していたのはこの先も何も変わらないという保証だ。見ている方向がまるで違う」。

◆終末は宇宙からやってくる?
 マヤ暦を発端とする世界終末の懸念を拭い去るには、これで十分だろう。しかし、太陽のコロナ質量放出(CME)や“殺人者惑星”、“ポールシフト”(地球の極の移動)など、世界を破滅させかねないその他の脅威についてはどうだろう?
 これらの脅威に関しては、NASAが知識を授けてくれそうだ。「Ask an Astrobiologist(宇宙生物学者に質問しよう)」というブログにおいて、NASAの宇宙科学者デイビッド・モリソン(David Morrison)氏は、2012年終末説について寄せられた約5000件の質問に答えている。質問の内容は、“惑星ニビル”または“惑星X”と呼ばれる天体は存在するのか、それはいずれ接近して地球を滅ぼすのかといったものだ。そのほか、惑星直列や磁極の移動、太陽フレアの爆発に関する質問もある。YouTube動画の中で、モリソン氏はこう述べている。「2012年現在、地球に脅威はない。ニビルという天体は存在しない。惑星が直列しても特別な力は発生しない。2012年のことを心配するのはやめて、来たる2013年を楽しんでください」。
 専門家の力強い否定にもかかわらず、人類に滅亡のときが迫っているという不安は消え去っていない。「New York Times」紙の記事によると、ロシアでは終末説にとりつかれた人々が、12月21日を目前に控えて生活必需品の買いだめに走っているという。同じ記事では、フランス南部のビュガラッシュ山が、世界の終末から逃れるパワーを持つと一部の人から信じられているとの話も紹介されている。
 アメリカでは、終末説支持者に救いの手を差し伸べる、ラリー・ホール(Larry Hall)氏のような人々がいる。ホール氏は、冷戦時代に使われていたカンザス州の地下ミサイル格納庫を買い取り、そこに高級な「サバイバル・コンドミニアム」を建設している人物だ。不安を抱く人たちを批判してはいけないとホール氏は言う。「正しいとか間違っているという問題ではない。人々の感じている脅威がどんなものであれ、私はただ、そのすべてに対応できる解決策を用意しようとしているだけだ」。
Photograph by Gilberto Villasana, AFP/Getty Images

この記事の最後の部分は、ここにも大分前にメモしたこんなやつだネ。
全米で「地下シェルター」大流行:「日本列島地下改造論」で復興できるゾ!

Vivos Underground Shelters - NBC News Report

ところで、あまり知られていないようだが、ソフトバンクの孫正義もまた自分専用の地下要塞を建造中である。
元イーホームズの藤田東吾氏、孫不正義を告発!:都心に巨大な地下都市建設計画!

e0171614_14401760.jpg

はたしてこの地下要塞は出来上がったのだろうか?

まあ、いずれにせよ、一週間後を楽しみにしておこう。
[PR]

  by KiKidoblog | 2012-12-14 20:43 | マヤ予言

灯台もと暗し:マヤの人は「マヤ予言」を知らず!日本は13世紀の金髪武将を知らず!

灯台もと暗し

=「身近なことはかえってわかりにくいこと」


みなさん、こんにちは。

西洋社会、特に、ここ日本とアメリカなどでは、マヤの予言の人類滅亡日「2012年12月21日」まであと何日何時間何分何秒前まどというタイムアップのカウントダウンが大流行りのようである。

ところが、どうやらこのマヤの予言なる代物、現実のマヤの人々、メキシコ人のマヤ市民は誰一人そんな予言を知らないというから驚く。むしろ、欧米人がそういう予言のTシャツを着て喜ぶから、「マヤ予言グッズ」を販売しているんだ、というところであった。

昨夜のとある番組を偶然見ていたら、そんな場面があったのである。これには正直驚かされたヨ。

あとでその番組名を調べてみたら
世界行ってみたらホントはこんなトコだった!?イタリア&マヤ編」
というものだった。もちろん、それが”やらせ”番組である可能性も高いから、本当かどうかは自分で確かめる他に手だてはないが、番組の雰囲気では本当のように見えた。真偽はどうか?

また、その番組で、マヤ遺跡から新しい遺跡が見つかり、その遺跡に書かれたマヤ語によれば、これから「7000年後」のことが書かれていたという、比較的最近の研究の話も出ていた。これは事実である。ごく最近の発見である。以下のもの。
The Mayans reveal their darkest mysteries: New excavation reveals secrets of their calendar - including black-clad figures and symbols never seen before

e0171614_10263841.jpg


さて、大分前から「マヤ予言」を煽る勢力は、CIAが「マインドコントロール実験」や「ネットワーク解析」のために仕組んだ「釣り情報」だという説があった。特に「アセンション情報」がそうだという話であった。

実際、日本では、「911陰謀論」を本業にし始めた中丸薫が、ある時期から突然「地球はアセンションします」というような感じのことを言い出したことから変だなと感じていたのだが、アセンションCIA説はさもありなんと思っていたのである。

実際、アセンションとUFO暴露問題がどんどん無秩序にリンクされるようになった。元来、「UFO・エイリアン暴露問題」(これは科学的事実の問題)と「アセンション問題」(こっちは非科学的なカルト宗教の問題)はまったく別次元の問題なのである。

そもそも空間も波動も物理も宗教もどれ1つも分かっていない人たちがアセンションできるはずがない。もし連中が本気でアセンション(=次元上昇)したければ、まずはご自分の脳みそを先にアセンション(=次元上昇=性能アップ)しないさいヨ、というところだろうヨ。

だいたい当の中丸薫氏も、確かにご先祖は天皇家の非嫡出子というものらしいが、正統派ではない。日陰者。本来は鶴田浩二の傷だらけの人生にある台詞の「そういう私も日陰育ちのひねくれもの。お天道様に背中を向けて歩く、。。。」の方である。

というわけで、「マヤの終末予言」はここへ来て一気にその役割を終えたようである。

では、いったいなぜそんなことをわざわざ世界で流行らせるのか?

といえば、おそらく、日本の電通のような存在が、ワールドレベルで存在するからだ、ということだろう。その1つがロイターである。そう、戦後日本に配下の会社として電通を作った存在である。ロイターや共同が、そういう世界のシープルをもてあそぶブームを作っている。

それに利用されるのが、グラハム・ハンコックやエハン・デラヴィのような、そもそも本業が何しているのか分からないのに、世界中を飛び回って遺跡研究しているというような、一見、良く言えば「型破りな」、悪く言えば「得体の知れない」自称研究者である。

シッチンもそうだったが、こういう人々はほとんど普通の学者世界には論文も出さず、いきなり商業世界に本を売り出す。そしていきなりベストセラーになったりする。

日本でもそうだが、1冊本を出すには自費出版でも何十万円もかかり,それなりの出版社から出すとなると、数百万円はかかる。ましてや専門書となると、著作権の問題を全てクリアしようとすれば、引用する箇所(一文でも)や翻訳した箇所などそれぞれにそれぞれの著作の出版社に許可をもらったり、権料のお金を払わなければならないのである。だから、それ相応に金がかかるのである。こういうことをたった1人でやろうとすれば、相当に時間がかかる。経費もかかるのである。

私は個人でいくつか本をマイナーな出版社から出したが、それでもたいへんな労力を要することや、お金もその都度わずかでもかかることを知っている。いつもこういうことを出版社がしてくれたらナア、と思うのである。

しかしながら、彼らがそういうふうなことをしているようには見えない。ということは、どこかにそういう連中を影でサポートする部隊が存在するということであろう。

これに一番似ているのが、上のテレビ番組の海外レポートであり、かつての大前研一の所属したマッキンゼーのような通称「経営コンサルタント」の会社であり、あるいは日本でいうプロダクションである。

前者は、番組を作るディレクターが、海外ロケをしてインタビューする。それをあたかも普通の人がインタビューしているかのように周りのたくさんのスタッフがサポートする。そしてその金をスポンサーから得る。

後者では、マッキンゼーがコンサルタントを集め、その連中の出版物や講演をバックアップする。そして講演料からマージンを抜き取る。あるいは、給料制にしてその人を奴隷にする。マッキンゼーは経営学のコンサルタントができる有能なタレントだけをメンバーにする。

が、最後の日本のプロダクションのようなものは、吉本やナベプロや石原軍団のように、俳優や芸能タレントをメンバーにしてその売り込みや講演や出演などを管理運営して、それぞれにマネージャーをあてがって管理するのである。

おそらくこんなスタイル(要するにビジネスモデル)が、陰謀論系やアセンション系の世界にも存在しているのだろうと私は見ているのである。さもなくば、あれほど活発にそういう活動を個人でできるわけがない。

ところで、このブログを見た人の中には、これほどまでに膨大な知識や情報をたった一人でそれもたくさん書き込むことなど自分には出来そうにない、ということから、私は「架空の人間」ではないのかと思ったという人をときどき見かける。こういった一般の人の反応からも、こういったビジネスモデルの存在がうかがい知れると言えるだろう。しかしそんなことはない。インターネットの達人になれば、いまでは相当なことが出来る時代だからである。

さて、最後にもう1つ興味深い話題、すなわちここにふさわしいものをメモしておこう。これは検索ですぐに見つかるから引用はしない。特に、いわゆる「2ちゃんねる」系の派生したサイトのものは極力引用を避けるように私はしている。なぜなら、最初から裏社会の持ち物だからである。簡単に言えば、インターネットのサイトで「エッチ画像」の多いものほどヤクザ社会へのツリコミサイトだということなのだヨ。トラブルメーカーが運営しているわけですナ。まあ,知らぬが仏、というわけだ。

私は日本にインターネットが誕生した頃、2ちゃんねるが誕生した頃から知っているので、よく分かっているのだネ。もっともまぐまぐやブリックス(コーヒー)や楽天やヤフーができたころも知っているがネ。みんな最初は、ホリエモンのオンザエッジのようなものだったヨ。俺はそんな連中がインターネットできるようになる前から富士通でイントラネット知っていたからナア。

さて、問題の画像とはこれ。
13世紀に描かれた日本の山賊の絵の中に白人が
e0171614_11143232.jpg

そのアップ
e0171614_11141954.jpg

(この金髪武将、見れば見るほどプルシェンコそっくりだナ!)
確かに1人金髪の外人のような兵士が存在する。ように見える。風変わりな帽子で、鼻も高い。色白で赤ら顔で、腕もとなりの侍よりずっと長く、西洋人の特徴が見事に現れている。

はたしてこれはどの絵のものだろうか?
これは日本の真実を物語る絵巻か? 日本の秘史なのだろうか? どの合戦か?
出展が明記されていないので、分からない。

種子島に来た、スペイン人の時代、これは16世紀ということになっているが、日本の北方領土のさらに北には、昔からロシア人が住んでいたわけだから、北方経由でロシア系白人が、今のフィギュアのプルシェンコ
e0171614_11384289.jpg
のような連中が押し寄せていたとしても何ら不思議はないはずである。だから、13世紀に日本に到達していたとしても驚くことはない。

いずれにしても、パーソナルDNA解析機があれば、こういう謎を解明できるはずなのだがナ。
[PR]

  by KiKidoblog | 2012-12-12 11:25 | マヤ予言

米ブラウン大学の考古学者チーム、マヤ文明“夜の太陽の神殿”を発見

みなさん、こんにちは。

最近、マヤ文明の新しい遺跡がグアテマラで発見されたというニュースがあった。一応、ここにもメモしておこう。以下のものである。

Ancient Mayan 'night sun' temple found in Guatemala


マヤ文明、“夜の太陽の神殿”を発見

Ker Than
for National Geographic News
July 23, 2012

e0171614_2032759.jpg

 グアテマラのジャングルで長年眠っていた神殿がついに姿を現した。アメリカ、ブラウン大学の考古学者チームは7月19日、「夜の太陽の神殿(Temple of the Night Sun)」を発見したと発表。サメ、血を飲む人、ジャガーなどの姿で表現された太陽神の巨大なマスクで装飾されており、約1600年前には深紅に輝く姿が数キロ先からも見えたという。マヤ文明の競合する都市国家について新たな手掛かりも得られた。

 マヤ文明は現在のグアテマラ、ベリーズ、メキシコのユカタン地域で繁栄。中央集権化が進んだアステカ帝国やインカ帝国とは異なり、都市国家の緩やかな集合体だった。

 プロジェクト責任者でブラウン大学の考古学者スティーブン・ヒューストン氏は、「特に重要性の高い都市国家がいくつか存在したという認識が、1990年代以降高まっていた」と話す。現在のグアテマラにあったエル・ソツ(El Zotz)は小規模だが、勢力が強かったと見られている。

 2010年頃、古代の市街地に近い丘の上で発掘していた考古学者チームが、高さ13メートルのディアブロ・ピラミッド(Diablo Pyramid)を発見。頂上から王宮と墓が見つかり、エル・ソツの最初の統治者(西暦350~400年頃)が葬られていると考えられている。

 ヒューストン氏のチームは同時期に、ディアブロ・ピラミッドの王室の墓の後方で、「夜の太陽の神殿」につながる最初の手掛かりを探し当てていた。だが、何世紀も生い茂ったジャングルの下から前例のない芸術作品を発掘したのは、つい最近のことだった。

◆太陽神の権威

 神殿の側面は高さ1.5メートルの漆喰(しっくい)のマスクで装飾されており、1日かけて天空を移動する太陽神の顔の変化を表現している。サメのような顔のマスクは、東のカリブ海から昇る太陽を表す。真昼の太陽は、血を飲む寄り目の古代人。最後の一連のマスクは、夕暮れに目を覚ましジャングルに出没する地元のジャガーに似ている。

 ヒューストン氏によると、マヤ文明では、太陽は「新たな始まり」と密接な関連があり、太陽神は王権と結び付けられていた。神殿に施された太陽の顔の装飾は、隣の墓に埋葬された人物が王朝の創設者、つまりエル・ソツの最初の王だったと示唆している。「太陽が、王権や王朝のアイデンティティと密接につながっていたことを表す好例だ」と同氏は記者発表でコメントした。

 マヤ考古学者のデイビッド・フリーデル氏は次のように付け加える。「“王権と密接に結び付いた太陽神に奉げられた”というヒューストン氏の仮説は正しいようだ。ディアブロ・ピラミッドによって、古典期初期のマヤの宗教と儀式に関する理解が進むのは間違いない」。

◆考え抜かれた視覚効果

 カリフォルニア大学リバーサイド校の考古学者カール・タウブ(Karl Taube)氏は今回のプロジェクトには関与していないが、マスクの技術の高さを指摘する。「ファサードの側面から顔が突き出ており、立体感がある。あまり突出させると崩落してしまうため、珍しいタイプだ。しかし、ここではうまく処理している。光が当たると、ドラマチックな効果を生み出しただろう」。

 ヒューストン氏はマスクの色について、「塗料の跡から深紅に塗られていたと推測できる。鮮やかな赤い顔料でマスクはかなり目立っただろう。夜明けや日没には特に効果を発揮したに違いない」と述べる。「高所で深紅に輝く“夜の太陽の神殿”は、視覚効果を考え抜いて作られている」。

Photograph courtesy Edwin Roman, Brown University

[PR]

  by Kikidoblog | 2012-07-24 20:35 | マヤ予言

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE