「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:未知の宇宙文明( 68 )

 

ノーイング「サインはUFO」:エイリアンは知っている!?2→聞いてるか二階、お前のせいだぞ!

みなさん、こんにちは。

いやはや、あまりにいろいろのことが起きすぎてETの手も借りたいとこですナ。

さて、昨年暮れにこんなものをメモしておいた。
ノーイング「サインはUFO」:エイリアンは知っている!?

要するに、2011年3月11日の大震災が来る半年前にまずUFOが日本人の象徴である富士山上空に飛来した。それから、半年後に関東から東北にかけて大震災が起こったのである。

だから、エイリアン系の人やスピリチュアル系の人は、プレアデス星人が日本人に大震災を警告してくれたと理解している。

しかしながら、我々普通の陰謀暴露論者の立場からすれば、ミンス党の小沢一郎が総勢200人を超える大議員団を組んで、共産党中国に行って、そこで中国覇権入りを表明したために、欧米のイルミナティー一派からの手痛い仕返しとして、東日本大震災を引き起こされてしまったのだ、という理解である。

というわけで、あれほど私が自民党政府官邸に、二階俊博の韓国詣でを阻止しろと言ったのだが、それをスルーした。自民党二階俊博は、総勢1400人の商工議員軍団で韓国詣でしたのである。以下のニュースである。
韓国帰りの自民党・二階氏「産経前ソウル支局長拘束、産経側も努力せよ」「日本のマスコミは慰安婦問題解決に協力せよ」
e0171614_1532113.jpg

自民党の二階俊博総務会長は20日の記者会見で、産経新聞の加藤達也前ソウル支局長の出国禁止状態が続いている問題について
「産経側も努力していただかなきゃならないが、自民党としても今後引き続きしっかりやっていきたい」と述べた。

 また、両国間の関係悪化の要因の慰安婦問題に関し
「気に入らない新聞がいらんことを書いているが、おかしい。物事の経緯、道理をちゃんとわきまえなければ」と指摘。
さらに「われわれは一生懸命解決の糸口をつかもうと努力している。
日本のマスコミならマスコミらしく、協力をある程度してもらわなければならない」と主張した。

 また、5月半ばに予定している自身の訪中の同行者数について「ほぼ3千人ぐらいを考えている」と明かした。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150220-00000529-san-pol

二階は見かけ上韓流だが、実は親中共産党だろうと見るわけである。裏で中国とも画策したはずだろう。これに、欧米のシオニストNWOイルミナティーが激怒するはずである。彼らにとって、我々アジア人は亜人間にすぎない。

したがって、脳タリン二階が韓国に行ってしまったものだから、これで日本の命運が決まり、あの悪夢の再来が訪れるはずだ、というのが、我々陰謀暴露論者のものの見方である。

つまり、もう一回、関東から東北にかけて大震災が引き起こされる。

そう見ていると、なんと最近そのプレアデス星人の円盤が再び富士山上空に飛来したというのだ。以下のものである。
富士山上空に謎の発光体…大地震の予兆か
e0171614_15441715.jpg

2015年02月19日 11時00分

富士山のほぼ真上に発光体(絵美さん提供)
 富士山上空に出現した“UFO”は何を物語るのか――。17日午前と午後に東北地方で、それぞれ震度4(マグニチュード=M=6・9)と震度5強(M5・7)の地震が立て続けに起こり、津波が発生した岩手県では多数の住民が避難した。東日本大震災発生から間もなく4年。かねて大地震再来の不安も渦巻くなか、富士山上空でUFOとみられるナゾの発光体が写った写真が本紙に寄せられた。発光体の正体は? 本紙が専門家に検証を依頼したところ、衝撃の分析結果が飛び出した。

 ナゾの発光体を撮影したのは、山口県下関市在住の30代女性・絵美さんだ。今月7日午前11時ごろ、飛行機で山口宇部空港から羽田空港へ向かう際、左前方に現れた富士山をスマートフォンで撮影したという。

「その時は富士山を撮るのに夢中だったので、UFOには気付きませんでした。他にも富士山を撮影している人はいましたが、『UFOだ』と騒いでいる人はいなかったと思います。翌日に撮影した写真を確認していたら、2枚撮った富士山のアップの写真には何も写っていなかったんですが、引いて撮った2枚には富士山の上空に発光体が写っていた。これはUFOじゃないかと驚いたんです」(絵美さん)

 2枚の写真には富士山の頂上のほぼ真上と、山頂から西側上空に発光体がハッキリと写っている。富士山は高さ3776メートルで、飛行機の高度は約1万メートル。ナゾの発光体は、機体よりも下に位置していたことから、高度5000~8000メートル付近とみられる。この手の写真は、雲の下ならば、風船や電飾ダコや鳥などが写り込み、UFOと誤解してしまうケースも少なくない。

 だが、雲の上となると飛行物体以外、まず考えられない。しかも、この発光体の形状は飛行機とはまったく異なる。

 富士山は霊山として、信仰の対象とあがめられている。その突出した高さから神秘現象やUFOの目撃例も多く寄せられているが、果たしてUFOなのか?

 写真を検証したオカルトに詳しい作家の山口敏太郎氏は「この飛行物体は大変興味深い。災害や天災の前には、よくUFOが出現するという都市伝説めいた話が語られるが、今回は『宇宙人が監視している』という話ではないでしょう」と意外にも“宇宙人UFO説”を否定する。

 山口氏は写ったナゾの発光体は“発光現象”だと指摘する。

大地震の前に動物の異常行動や地下水、湖の水位の急激な変化などが起きる“宏観現象”が有名ですが、“発光現象”というものもある。地殻が破壊され、発生した電磁波により、放電現象が起こり、柱状や円盤状に空中を走る現象です

 となれば、気になるのは富士山噴火との関連だ。富士山は1707年の宝永噴火以来、大きな噴火は起きていないが、れっきとした活火山。3・11東日本大震災以降、日本列島は地震活動期に突入したとみられ、各地で地震が多発している。17日にも東北地方で地震が相次いだ。

 この富士山周辺でもマグマ上昇や地下水の噴出、箱根山では山体膨張などの異常現象が発生しているのは周知の通りだ。

 専門家の間ではいつ噴火してもおかしくないといわれ、東日本大震災や阪神・淡路大震災を予測していたことで知られる地震学者の木村政昭・琉球大名誉教授は2019年までの噴火を具体的に指摘している。

 政府は「噴火の予兆はない」とみているが、無策ではない。内閣府では、宝永噴火と同規模の噴火が起きた場合、東京に2センチの火山灰が降り積もり、航空機や鉄道などの交通インフラがマヒし、2兆5000億円の被害想定を試算している。山梨、静岡、神奈川の周辺3県は関係機関による富士山火山防災対策協議会を3年前に設置し、対策に取り組んでいる。

 山口氏は「今回、放電現象が収められたということは、既に富士山周辺の地殻に何らかの異常が起きている可能性がある。富士山噴火への警戒、東海大地震や連動する可能性がある南海トラフ巨大地震に備えるべきだという自然からの信号かもしれない」と説く。

 富士山が静かな眠りから目を覚まそうとしているXデーのシグナルなのか?

 なんとも不気味な富士山上空に出現した“UFO”といえそうだ。

まあ、いわゆる地震前兆現象としての「宏観現象」というものもあるが、これはそうではなかろう。文字通りに「エイリアンによる知らせ」である可能性が非常に高い。

ということは、ちょうど半年前に予兆するということだったようだから、その日から半年後というと、
2015年8月19日あたり
(早ければ、3、4月。遅ければ、8 、9月という情報もある。)
ということになる。

いわゆる「伊勢女予言」として知られる「正夢」の再来というわけですナ。

江ノ島、大磯ロングビーチ、千葉九十九里浜、こういった場所で巨大大津波でサーフィンできる。

チリ大地震の大津波をサーフしたかつてのカハナモクのように、80mの巨大地震大津波にサーフする猛者はいるか?
ギャレット・マクナマラ、23.8m世界最大のサーフィン成功!

”伝説のサーファー”デューク・カハナモク
e0171614_1081130.jpg

ギャレット・マクナマラ(Garrett McNamara)世界最大のサーフィン


まあ、それは冗談だが、いずれにせよ、今年の夏は要注意だろう。


下手をすれば、こっちの和歌山沖徳島沖も危ない。

なぜなら、朝鮮脳放射脳の二階俊博はなんと和歌山県出身だからである。和歌山は岩手の二の舞いは避けられないだろう。そうなると、ここ阿南も道連れになるわけですナ。

まあ、当日あたりは、眉山山頂のかんぽの宿でも泊まるかナア。

ニイタカヤマノボレ

ではないが、山に登れが合図だという話である。

放射脳二階のせいで、また1つ、大災害を呼び込みそうであるというわけですナ。

いやはや、世も末ですナ。


ご幸運をお祈りいたします。どうやら最後は「祈り」しかないらしい。




e0171614_11282166.gif

[PR]

  by Kikidoblog | 2015-02-21 15:57 | 未知の宇宙文明

2015年、きっと来る、ニビルとエイリアン!?:ニビルもエイリアンもここにいる!?

みなさん、こんにちは。

さて、1月も第3週目。そろそろ本来のここのテーマも取り上げていこう。一つ目は、惑星X「ニビル」の話題。2つ目は、グリア博士の講演である。

(あ)惑星X「ニビル」について
2012年直前になってにわかに惑星ニビルによる終末説が飛び交った。いつしかそれが「2012年人類滅亡」「ホピの大予言」となり、最後には信仰カルトのように「アセンション2012年」と変わっていった。

いまだにアセンションが過ぎ去った。アセンションまだ〜〜とか、やっている人たちも多々いるが、もともとニビルは地球考古学、宇宙考古学の対象であって、3600年周期でこの太陽系を回る第10番目の惑星が存在するかどうかという問題であった。それをゼカリア・シッチン博士が一生をかけて研究したのだった。

しかしそこにNWOシオニスト悪魔主義者などあるいはCIAやNSAが飛びついて、第三次世界大戦の勃発やら、終末思想を無理やり結びつけてきたのである。なぜなら、惑星二ビルの帰還あれば、それによって太陽系活動が大きな擾乱を受けて、この地球にもさまざまな地球異変、天変地異を起こすはずだからである。

というわけで、惑星ニビルの存在及びその帰還と終末思想、さらにはアセンション(昇天運動)が交錯交雑したのである。

しかしながら、
本当にニビルが存在するのなら、いまどこに?
もしニビルが存在したとしたら、何をすればいいのか?
いまエリートたちや地球支配層は何をしているのか?
などなど、さまざまな疑問が浮かぶ。

そういうことをテーマにしたYouTube番組を見つけたので、一応ここにもメモしておこう。以下のものである。残念ながら、全部英語のみである。
ボブ・フレッチャー調査所
e0171614_734349.png

http://www.bobfletcherinvestigations.com
Planet X,Nibiru - Bob Fletcher 10-13-14



(い)スティーブン・グリア博士の講演
もう一つは、グリア博士の最近のUFOエイリアン暴露プロジェクトの講演である。以下のものである。
Dr. Steven Greer, Washington DC - 2014 Workshop - (1 of 2)
e0171614_740237.png



Dr. Steven Greer, Washington DC - 2014 Workshop - (2 of 2)
e0171614_7395957.png



もし時間があれば、こういったものをじっくりと聞いて考えてみるのもいいだろう?

いずれにせよ、2つのタイムラインはもはやほとんど1つしかなくなり、世の白人エリート層はいつでも地下基地や地下都市に入れるように手配済み、あとは、第三次世界大戦が起ころうが、世界同時大不況で経済界がめちゃくちゃになろうが、惑星二ビルで大洪水になろうが、その時になれば、地下へ逃げればOKだという考え方で一致しているようですナ。

いやはや、世も末ですナ。




e0171614_11282166.gif

[PR]

  by Kikidoblog | 2015-01-13 07:46 | 未知の宇宙文明

ノーイング「サインはUFO」:エイリアンは知っている!?

みなさん、こんにちは。

ちょっとスピリチュアルなお伽話をメモしておこう。

お隣の国の南朝鮮人は超絶反日である。不思議なことに、異星人のプレアデス人は超親日であるらしい。

そこで、どういうわけか、2010年8月29日に富士山上空に飛来した。そして、「何かを伝えたいがごとく」長時間姿を見せたという。これである。
UFO filmed over Japan


それから、半年。

2011年3月11日が来た。


一説では、これはプレアデスの使いが東日本大震災を伝えるべくして飛来したのだという。

つまり、危険のサインだったらしい。


一度ある事は二度ある。二度ある事は三度ある。しかしもう三度目はない。


世の中にはこんな予知夢を見る人もいるらしい。


ご幸運を祈る。



e0171614_11282166.gif

[PR]

  by Kikidoblog | 2014-11-27 19:10 | 未知の宇宙文明

リアル・エイリアンの新たなる証拠3:我々地球人は宇宙人の餌だった!?

(つづき)

(か)有名なエイリアン

すでにかなり知られているエイリアン種族をもう一度まとめておこう。
金髪碧眼種族
プレアデス人
e0171614_2236167.png

オリオン人
e0171614_22361929.png

シリウス人
e0171614_22362276.png


ドラコニアン
e0171614_2238723.png

e0171614_2238345.png


アークチュルス
e0171614_22385680.png

e0171614_22385577.png


ゼータ・レクチュール
e0171614_22404176.png

e0171614_22403973.png


アンドロメダ人
e0171614_22412739.png


いやはや、やっぱり地球人は先進宇宙人文明にとっての餌=家畜であった。

エイリアン様、まずは鮮人からいただいてくださいヨ。

我々日本人はちっこいし、あまり美味しくはありませんヨ。

というところですナ。

くわばら、くわばら。



e0171614_11282166.gif

[PR]

  by Kikidoblog | 2014-09-26 22:44 | 未知の宇宙文明

リアル・エイリアンの新たなる証拠2:ドロシー事件とエイリアン・アジェンダとは?

(つづき)

(う)エリア51のドロシー事件
エリア51のS4
e0171614_225519.png

e0171614_22122041.png

エリア51では、地球人とエイリアンとの戦闘があった。地球人代表は米軍だったが、グリーンベレーとブラックベレーも参戦したという。

そのときの生き残りの一人が、故フィル・シュナイダー氏
e0171614_21434345.png
だった。が、この人もまた故ウィリアム・クーパーと同じように秘密組織との銃撃戦で暗殺されたのである。

このフィルシュナイダーが生前の講演で語った話では、エリア51の地下基地で自分がみたエイリアンには2種類のグレイ種族がいた。背の高いグレイと背の低いグレイ。背の高いグレイが「トールホワイト」という種族で以下のものである。
トールホワイトグレイエイリアン
e0171614_21414713.png

背の低いグレイは、こんな連中。
e0171614_21423588.png


この2種類が地球人に悪意のある種族だという。連中は、地球人を拉致して餌にしている。子どもたちがアメリカで頻繁にいなくなるのは、連中のせいだということらしい。

以下の映像を見るとわかるが、講演中のフィル・シュナイダーの左手には指がない。
e0171614_2145113.png
e0171614_21451358.png

e0171614_21451510.png

これはそのドロシー事件の時に最前線の米軍兵士だったシュナイダーは、グレイが攻撃してきたから応戦して2匹を殺したのだが、その時、グレイが放った光線銃の光が左手と左足にあたって吹っ飛んだそうである。だから、指なもないが、左足は義足らしい。

幸い、自分はグレイの攻撃により気を失っていたが、グリーンベレーが自分を連れ戻してくれた。だから、今自分はこうして話しているが、後ろにいた何人かは即死だったという。

だからかつて矢追純一の番組で出てきたドロシー事件というのは本当の事件だったのである。

そして、エリア51の地下基地の中で、エイリアンおよびエイリアンと人間のハイブリッドは育成中であるという。
育成中のエイリアンとハイブリッド
e0171614_21513372.png


そして、今に至っては20ミリオン=20,000,000=2000万のエイリアンが存在するという。

何のために?

どうやら、シュナイダー
e0171614_21585892.png
がいうには、2029年までに地球人の人口を8〜9割削減するというのである。シュナイダーはこれを「エイリアン・ミッション」という。

なんと、いわゆる「アングロサクソン・ミッション」と同じだったのである。だから、NWOやシオニストの策略と彼らが思っていることは、ひょっとしたら、密かにグレイエイリアンに操られてそうしているのかもしれないわけである。

11の種族のうち、9種族は地球人をフード(食い物)だと思っているという。つまり、我々はかれらのための豚=家畜なのである。我々が豚や牛を食べて美味しい豚だとか美味しい神戸牛とかいって喜んでいるように、彼らエイリアンの大半は我々を美味しくいただいているそうである。血液をちゅちゅ−と吸いとるらしい。

エイリアンが友好的などとほざいているのは無知なお花畑系の人たちらしい。プレアデス人とか我々と先祖において似たルーツの種族を除くと、ほとんどが敵対的エイリアンらしい。そうシュナイダーは言っている。

そして彼らエイリアンは地下基地に住んでいる。すでにその数は2000万人を超えたらしい。

(え)地下基地の場所

この映像には、アメリカ内の地下基地ばかりか、地球上の地下基地の図が出ている。以下のものである。

アメリカ国内
e0171614_2254712.png
e0171614_2254943.png

世界


(お)ドロシーS4基地の詳細
マイケル・シュラットによれば、ドロシーのS4施設はこんな感じだという。
e0171614_2216294.png


(つづく)



e0171614_11282166.gif

[PR]

  by Kikidoblog | 2014-09-26 22:27 | 未知の宇宙文明

リアル・エイリアンの新たなる証拠1:消された人たちの秘匿されたビデオの数々!

みなさん、こんにちは。

先日、円盤の話をメモしたが、結構興味深いYouTube番組を見つけたので、ここにもそれをメモしておこう。以下のものである。1時間45分の長いものである。

Aliens on Earth, OLD but hidden/supressed videos of 'deceased' people by those they talk about ...

これには、特に新しい話というのはないのだが、中でそれとなく出てくる映像には結構新しいものがある。

(あ)まずシュメールの謎の人物像
故ゼカリア・シッチン博士のシュメールの「ニビルやネフィリム」研究は有名だが、シッチンの本の中ではいつも図や絵としか、わからないものが多い。が、この映像には3次元的にわかるものが入っていた。以下のものである。
シュメールの宇宙人像
e0171614_21235012.png

e0171614_2124475.png

e0171614_21241163.png

e0171614_21241837.png
e0171614_21295467.png

e0171614_2130695.png

e0171614_21301146.png
e0171614_21304744.png

ネフィリム=巨人化石
e0171614_21264810.png


(い)地球に居る11種族の中の主な宇宙人
この地球には、すでに57種類以上ものエイリアンが歴訪した証拠が得られている。それらはすでに百科事典化されているらしい。主なものが以下の5種類。

左から、地球人型、金髪碧眼型、グレイ型、レプティリアン型
e0171614_2127542.png

e0171614_21272018.png


(つづく)



e0171614_11282166.gif

[PR]

  by Kikidoblog | 2014-09-26 21:34 | 未知の宇宙文明

ドイツのロイトリンゲンに円盤が着陸!?:ロシアのUFO番組と米国製無人UFO!?

みなさん、こんにちは。

久しぶりにUFO=空飛ぶ円盤のことをメモしておこう。

以前の中国に着陸したという円盤も興味深かった。以下のものである。
[HD]UFO Lands In China!!! June 7th, 2013 Unbelievable UFO Sighting!!!


今回のものは、ドイツのバーデン=ヴュルテンベルク州のテュービンゲン行政区域内のロイトリンゲン( Reutlingen "Ohmenhausen", Baden-Wuerttemberg, Germany)に着陸していたというものである。以下のものである。
Real UFO With Aliens Caught On Camera
e0171614_14111383.png



円盤の特徴からすると、イギリスで目撃されたというものとも似ている気がする。以下のものである。
Real UFO Over North England
e0171614_13542684.png



さて、他にも面白いものを見つけたので、いくつかメモしておこう。

(あ)ロシアのUFO番組。ロシア語がわからないからなんとも言えないが。
Ударная Сила Боевые НЛО 1/4 Udarnaya Sila


Ударная Сила Боевые НЛО 2/4 Udarnaya Sila


Ударная Сила Боевые НЛО 3/4 Udarnaya Sila


Ударная Сила Боевые НЛО 4/4 Udarnaya Sila



(い)アメリカで目撃された米国製空飛ぶ円盤。
UFO Escorted Near Oklahoma State Line? 2011
e0171614_1412282.png



UFO Transported On A Flatbed Truck By US Government Higher Ups!
e0171614_1422332.png


この2つのUFOはほぼ同じ形のものに見える。撮影角度では舳先の上の部分がよく見えない。だからあまり良くわからないが、ひょっとしたら以下のものかもしれない。大きさはほぼ一致している。
Northrop Grumman X 47B First Flight - AMAZING!
e0171614_1445556.png


これがノースロップ−グラマン社の「X 47B」という無人UFOらしい。

あるいは、こういうのはダミーで、実はもっと別のかなり本物の円盤に似たもの「Tr3b」があるというのは有名な話である。

いよいよ、エイリアン製円盤vs地球製円盤の戦いが始まるのだろうか?




e0171614_11282166.gif

[PR]

  by Kikidoblog | 2014-09-22 14:11 | 未知の宇宙文明

メキシコの上空にまた「謎のスパイラル」登場!:HAARPの仕業か!?

みなさん、こんにちは。

さて次はこれまた謎めいた現象が現れたらしい。それをメモしておこう。

2009年米国のオバマ大統領がノルウェーのオスロでノーベル平和賞を授与した。その時にオスロ上空に謎のスパイラルが現れた。これである。
不思議の国の「ALICE」:LHC実験「リトルバン」結果が公表された!

e0171614_115196.jpg

実際の映像

その後、イスラエルとヨルダンの上空にも現れた。
イスラエルとヨルダンの夜空にまた「謎のスパイラル」登場!:エイリアンの仕業か!?

Missile or UFO? Thousands of people in Jordan and Israel witness spinning 'Catherine Wheel' in the sky

e0171614_10464695.jpg

UFO_ Missile trace_ New mystery spiral lights seen over Israel, Middle East

そして、今度は今年メキシコのオアハカに現れたらしい。以下のものである。
メキシコのオアハカ州の「光の渦」 - 2014年3月



e0171614_1065959.jpg
e0171614_10112140.jpg

今回の話には、メキシコのある場所から強力な電磁波が放出されたこともわかっている。この電磁波のスパイラルパターンは、いわゆる「HAARP軍事施設」から出されていると考えられている。

というわけで、どうやらHAARPはメキシコにも存在する。そして、それが空中に電磁波を放出する時、謎めいたスパイラルが出ることがある。そういうことだろう。

この電磁波は、おそらくスカラー波のものだろう。さもなくば、スパイラルに横波電磁波を放出するのはかなり困難だろうからである。

スカラー兵器を使った「タイムゲート」を作る実験だろうか?

いやはや、まったく謎である。が、地球上の人間の行ったことであることだけは間違いないようですナ。




e0171614_11282166.gif

[PR]

  by kikidoblog | 2014-05-20 10:18 | 未知の宇宙文明

アフガニスタンで米軍の上空に飛来した巨大な空飛ぶ円盤!?

みなさん、こんにちは。

いやはや、今日偶然に見つけたYouTube番組が非常に興味深い。アフガニスタン侵攻中の米軍の上空に飛来した巨大円盤の映像である。以下のものである。
Gigantic UFO over Marines in Afghanistan !!! Scary footage !


e0171614_17144392.png

e0171614_1714549.png

e0171614_1715477.png

e0171614_1715943.png

e0171614_17151351.png

e0171614_17152821.png

兵隊さんたちはみな同じ方向を見て構え、軍曹がそれを指さして陣形を変えさせ、その方向に向かって銃撃体制をとっている。したがって、何かリアルなものを見ていたわけである。

はたしてこれが本当だったとすれば実に興味深い。

いったいどこから飛んできたUFOなのだろうか?

今のところ謎である。



e0171614_11282166.gif

[PR]

  by kikidoblog | 2014-02-24 17:21 | 未知の宇宙文明

新たなる円盤搭乗者現れる!?:米ユタ州のマイクさん59歳の話。

みなさん、こんにちは。

ジョージ・アダムスキー、ビリー・マイヤー、アレックス・コリアー、マオリッツォ・カヴァーロ、木村秋則、坂本廣志といえば、「宇宙人の円盤搭乗者」たちである。アダムスキーは金星人の円盤に、マイヤーはプレアデス星人の円盤に、コリヤーはアンドロメダ星人の円盤に、カヴァーロはクラリオン星人の円盤に、木村はグレイ宇宙人の円盤に、坂本は木星人の円盤に乗ったという話である。(それぞれの名前でブログ内検索)

さて、2014年になってまだまもないが、早速、新たなる人物の円盤搭乗記が出てきたようである。アメリカユタ州のマイクという人らしい。現在59歳。以下のものである。
UFO Sightings Frighting Claims Of Alien Abduction Emotional Eyewitn


e0171614_10121925.jpg
e0171614_10122448.jpg

e0171614_10123377.jpg

e0171614_10124158.jpg

e0171614_10124789.jpg

e0171614_10125140.jpg
e0171614_1012594.jpg

またそのうちこの人の話をレポートして本にする人が出てくるに違いない。

いや〜、それにしても最近はUFOが多すぎるようですナ。

我々の地球文明を見てもわかるが、第二次世界大戦後、独立国家になって一気に文明化近代化した国々が現れた。これを見ても分かるように、文明というものは、ある時期に一気に同時並行的に同じように発達するということがある。古代の先カンブリア時代の生命爆発もそうである。

ひょっとすれば、この銀河系ないしは宇宙でも同様に一気に爆発的に円盤テクノロジーが開花して、宇宙空間に飛び出したという可能性もありえる。

地球の天文学者や高エネ物理学者が、遠い遠い銀河のずっと向こうの宇宙開闢の頃の話にトラップされている間に、むしろずっと近くの銀河系内において爆発的に宇宙文明化が花開いているのではなかろうか?

そして、戦後のアジア人が欧米にこぞって旅したように、あるいは、大航海時代のヨーロッパ人が文明化して一気にアジアや日本を訪れたように、いまではどんどん自分の惑星外を旅するブームが起こっているのではなかろうか?

なんとなくそんな気がするのである。

ぜひここ阿南にも着陸して、この私と第三種接近遭遇して欲しいものである。

今後を期待したいところですナ。



e0171614_11282166.gif

[PR]

  by kikidoblog | 2014-01-17 10:25 | 未知の宇宙文明

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE