<   2010年 04月 ( 41 )   > この月の画像一覧

 

インド人もびっくり!:エア・インディア機3機のケムタンカーと接近遭遇

みなさん、こんにちは。

いやー、これは面白い。今日偶然、エア・インディア機が3機のケムスプレータンカーと接近遭遇したというYouTube映像を見つけたので、ここにも紹介しておこう。

Air India Cockpit Video with 3 Planes crossing us

ジェット旅客機が次々にすれ違う、迫力のコクピット・ビューより)
ケムタンカーがどんな感じで飛んでいるか実に良く分かる。


ついでにこれも。

Are Planes Supposed to Fly That Close


Somewhere over the Atlantic


777 Contrail up close!


Royal Jordanian Airline A340-200 contrail


Cargolux b747 400F


Video of Contrails of the Airbus A340


これらをみれば、そこら中の民間機も共犯ということですナ。

追加:今日(4月14日)に気づいたが、ケムトレイルがノズルの中から散布されているのかと思っていたが、これらを見る限り、直接エンジン部分から散布されているように見える。したがって、燃料に混ぜて出しているか、エンジン部にノズルが仕込まれているか、いずれかだろう。
[PR]

  by Kikidoblog | 2010-04-13 22:34 | ケムトレイル

世界のケムトレイル機2&ついにケムタンカーの居場所を突き止めたゾ!?

みなさん、こんにちは。

面白いから、今日もYouTubeで見つけた、世界のケムトレイル機(ケムタンカー、ケムスプレイヤー)の数々を紹介しておこう。以下のものである。

Unidentified plane.


The Eighth.


Monday morning.


That Black Chemtrail.

ついにここまで来た。


さて、こういうケムスプレイヤー(ケムトレイルの散布機)は、毎日毎日日本の空(いや世界の空)を汚しまくっているが、いったい連中はどこからやってくるのだろうか? 

私は最近、いつかその場所を突き止めてやるとばかりにグーグルアースと首っ引きになっていたというわけである。そしてついにその場所を突き止めた。もちろん、まだそこから飛び立った飛行機が現実に目の前でケムトレイルを散布した現場をつかんだわけではないから、これはあくまで状況証拠である。

まず、我々が日本の上空に見るケムトレイル機は、旅客機にしてはかなり速い。 あっという間に全天を駆け抜け視野から外れ、数分もするとまた舞い戻ってケムトレイル(化学飛行機雲)をまき散らす。

また、連中の機体は非常に見ずらい。 かなりステルス性がある。空の色のような色をしているからだと考えられる。おそらく、我々がいつも目にするものは、以下のようなものだろう。
e0171614_12455970.jpg

e0171614_12461413.jpg

e0171614_12462538.jpg

さらに、面白いことに、食事時になると一時間ほど姿が見えなくなる。 そしてまた同じことを繰り返す。このことから、かなりサラリーマン的にやっていることがわかる。連中にはきちんとした勤務時間があるのである。ちょっと食事して、さあまた仕事だというわけだから、日本のそんなに遠くから来ているはずがない。かなり近い場所にいるはずである。

こうしたことからすると、一番臭いのは、やはり沖縄米軍基地
e0171614_12473679.jpg

であろう。沖縄には有名な普天間飛行場
e0171614_1251736.jpg

嘉手納飛行場
e0171614_12513246.jpg

の2か所ある。そこで、そのそれぞれをグーグルアースで見てみることにした、というわけである。

どうやら目視では、普天間飛行場にはC-120輸送機のようなプロペラ式飛行機しかなく、比較的牧歌的であったが、一方の嘉手納飛行場には結構たくさんの旅客機型ジェット機が存在する。
e0171614_12551260.jpg

それをクローズアップすると、
e0171614_12554485.jpg

この場所にはかなり近くまでグーグルストリートビューが来ているから、それで見えないかと考えてみたら残念ながらそこはしっかりと土手が仕切っていて一般道路から見えないようになっていた。そこで、これに似たものがどこかにないかと調べると、ハワイのオアフ島のホノルル国際空港に隣接したヒッカム空軍基地なる場所に存在した。
e0171614_12593225.jpg

クローズアップ。
e0171614_1301987.jpg


ここには、ストリートビューもあるので、それを見てみると、
e0171614_1312145.jpg

目の前に「FedEx」のカーゴがあり、これは一見FedExの飛行機
e0171614_1345260.jpg

かと見ると、どうもそうでないようである。いずれにせよ、米軍基地の飛行機であるのは間違いないだろう。

こんなわけで、どうやら一番怪しいのが沖縄の嘉手納米軍基地であったということになる。ここから毎日毎日やってきては日本人にケムトレイルをまき散らすのだろう。とまあ、私は勝手に妄想しているというわけである。やはり「思いやり予算」は中止だな!! 


おまけ。
この過程で偶然見つけた「シュワちゃん」の写真。
e0171614_13185920.jpg

とても"I'll be back!"できそうにはありませんナ。
[PR]

  by Kikidoblog | 2010-04-13 13:11 | ケムトレイル

世界のケムトレイル機

みなさん、こんにちは。

今日は、YouTubeで見つけた、世界のケムトレイル機(ケムタンカー)の数々を紹介しておこう。以下のものである。

Chemtrail Plane Up Close and Personal



Chemtrails, el Polvo del Diablo


Chemtrail plane up close



sprayplanes closeup trondheim city norway


Lagrangian Chembow and Sprayer



More spray planes NYC 2009


UFO Chemtrails The Layer Cake


Dark Aerosol Release NYC Jan 2010


How To STOP Chemtrails: A DIY Solution



Chemtrails all around the world

[PR]

  by Kikidoblog | 2010-04-12 22:02 | ケムトレイル

「リチャード・コシミズ」講演:サブプライム破綻で創価学会には金がない!

みなさん、こんにちは。

今回はまったく別の話題である。最近見かけたリチャード・コシミズ氏の大阪公演の模様である。昨年の衆議院選挙前のものらしい。実に興味深い内容が満載である。興味のない人はスルーしてくださいヨ。

1/13 リチャード・コシミズ 【「創価学会」大阪講演会09.06.20】


ここには、公明党=創価学会=北朝鮮、自民党=統一教会=韓国の図式、今の日本の政治、日本のマスコミの関係が見事に説明されている。今度の夏の参院選までの実に興味深い予想もあり、示唆的である。



ところで、最近の生物学でかなり分かって来たことにこんなものがある。ミトコンドリア
e0171614_12465859.jpg

などは一種の寄生生物(パラサイト)で、宿主生物の中で生き、宿主と寄生生物はもちつもたれつの関係で共生している。ところが、それだけに終わらない。本来後から侵入して来て寄生しているはずの生物が実は共生においてはその共生システム全体の時間リズムを決定してしまうというのである。後から入った、ミトコンドリアが宿主細胞のリズムを決めるのである。

これと似て、カマキリに針金虫が寄生すると、
e0171614_12462255.jpg

寄生生物の針金虫がカマキリの身体を乗っ取り、細胞リズムをコントロールし、最後にはカマキリの行動すらコントロールしてしまうのである。どうやら、時間遺伝子、時計遺伝子と呼ばれる遺伝子の研究からそんなことが分かって来たらしい。

実は、私が研究している、ネットワーク理論で言えば、考えているシステムが生物細胞か社会組織かはまったく関係ない。同じようなネットワークが組まれていれば、ほぼ同じようなことが起こると考えているのである。そして、多くの場合、スケールフリーネットワーク構造をつながりにして、細胞内でも社会内でも似たようなネットワーク構造をしているという多くの証拠がある。

この意味では、カマキリや単細胞生物に言えることは、我々の日本社会にもアメリカ社会にも言えるのである。

そこで、我々の社会に目向ければ、アメリカがパラサイト種(寄生種)である、いわゆるユダヤ人イルミナティー(カザール人=偽ユダヤ)に乗っ取られてしまったわけだから、今度はアメリカ全体のリズム運動を支配するのがこの寄生生物ということになる。これはすでに毎日のケムトレイルなど政治・非政治のどの分野を見てもだれにもわかることだろう。事実、アメリカでは、人口においてほんの数パーセントのユダヤ人がハーバード大学教授の60%を占め、共和党や民主党のおそらく90%を占めている。マスコミやハリウッドではほぼ100%の支配であろう。そういう人々がごく普通の95%のアメリカ人をコントロールしているというわけである。ちなみに、イギリスは偽ユダヤ人のロスチャイルドに乗っ取られたわけである。

では、日本はどうか? と言えば、実はすでに日本もまたこの例外ではなかったことになる。

かつて、司馬遼太郎(という、日本人かそうではないかちょっと不明の人)が「この国のかたち」という随筆を書き続け、多くの人々の共感を得た。私もよく読んだものである。しかし、はたして彼が描いた日本が本当の現実の日本のかたちかといえば、どうやらそうではなかったようである。司馬が描いたのは主に日本の戦前(太平洋戦争前)の話であり、戦後南北朝鮮から何十万人もの移民が渡って来た後の話ではない。

ところが、今我々が存在している社会、現実の社会は、司馬が描かなかった(おそらく意識的に描かず避けて来た)宿主と寄生種の問題がもっとも決定的なのである。要するに、我々の日本という国は、もはや宗教であれ、政治であれ、マスコミであれ、軍事であれ、やくざであれ、企業であれ、何であろうが、この問題を避けては通れない時代に入ってしまったわけである。

これは、アメリカがユダヤ人問題を抜きに語れないのと同様の問題と見ることが出来るだろう。要するに、民族的には寄生種である南北朝鮮人出身(もちろん、古代ではなく、戦後のこと)の人々が、この日本社会を乗っ取り、ほぼコントロールしてしまったということである。まあ、一言で言えば、世界でユダヤ人が行って来たこととまったく同じことを日本国内で在日の人々がやっているということである。

ここで言っておくが、寄生種か宿主かはあくまで最初にどちらが存在したか、どちらが数において支配的かということを意味していて、私が朝鮮人を蔑視して朝鮮人を寄生種だといっているわけではない。あくまで歴史的意味から派生した生物用語の使用に過ぎない。学問的には、どちらかが宿主でありどちらかが寄生種なのである。(なぜなら、我々日本人の60−70%の遺伝子は朝鮮人と共通のものである。アジアでもっとも近い人種は朝鮮人と日本人であるからである。実際には北方モンゴル人とは70−80%は共通のものである。時には西アジアのウィグル族と100%に近い遺伝子を持つ日本人もいるようである。)

また生物学の話に戻ると、はたしてもしその寄生生物が宿主生物をむやみに殺してしまったとしたらどうなるか? 自分が生き続けたいのであれば、また別の宿主を探さなくてはならないが、それが見つからなければ、宿主を生かし続けなくてはならない。さもなくば自分も居場所をなくし共倒れするわけだ。

今や、日本にいる朝鮮人もまたこれと向き合わなくてはならないわけである。日本人が滅べば、日本の寄生種である、朝鮮人や中国人やユダヤ人や欧米人もまた滅ぶのである。あるいは、どこか別の国々へ移住しなくてはならない。

この意味では、その昔の役人が、「百姓は生かさず殺さず」といったというが、それはまったくにおいて正しい。寄生種は宿主に対して「宿主は生かさず殺さず」ということである。要するに、「日本人は生かさず殺さず」ということになるわけである。

今やわれわれ理論物理学者というものは、こういう感じで我々の社会すら厳密な数式に乗せて密かに研究し、楽しんでいるというわけである。信じる信じないは別として、私個人の妄想のようなものだから、どうでもいいのだが。最後に、こんなふうなことを考えさせてくれたリチャード・コシミズ氏のYouTube番組感謝する。またいずれこのテーマではここに紹介するときもあるだろう。実に興味深いテーマである。

いやはや、寄生生物と宿主の問題は実に興味深い。
[PR]

  by Kikidoblog | 2010-04-12 13:00 | コンスピラシー

グーグル・アースにケムトレイルが?4:京都府上空

みなさん、こんにちは。

今やグーグルアース上でケムトレイルやケムトレイル機(ケムタンカー)を見つけるのが、私の趣味になってしまった観があるが、今日は、京都府上空にケムトレイルをみつけたので、ここにメモしておこう。以下のものである。

京都府上空
e0171614_8395062.jpg

e0171614_8404218.jpg

これは結構幅広く雲化しているが、あきらかにケムトレイルの残骸だろう。


ついでに明石の君氏が教えてくれたYouTube番組などを以下に付け加えておこう。
Weatherman Slips .......CHEM-TRAILS!!!


Red Ice Radio - Andrew Johnson - Pt 1 - Chemtrails, Weather Modification & Climate Change

[PR]

  by Kikidoblog | 2010-04-12 08:41 | ケムトレイル

グーグル・アースにケムトレイルが?3:亀山市-鈴鹿市上空と豊川市上空

みなさん、こんにちは。

今やグーグルアース上でケムトレイルやケムトレイル機(ケムタンカー)を見つけるのが、私の趣味になってしまった観があるが、今日は、亀山市から鈴鹿市上空と豊川市上空にケムトレイルをみつけたので、ここにメモしておこう。以下のものである。

亀山市-鈴鹿市上空
e0171614_9502341.jpg

これには、地上にしっかりケムトレイルの”陰”まで写っている。
e0171614_9503226.jpg

豊川市上空
e0171614_9504382.jpg

こっちははっきりと2本線であることがわかる。まさしくケムトレイルだ。
[PR]

  by Kikidoblog | 2010-04-11 09:52 | ケムトレイル

インドで「子宮頸癌ワクチン」接種の犠牲者多数で緊急停止!?

みなさん、こんにちは。

今日、非常に嘆かわしいニュースが飛び込んで来たようである。

日本では、だれが音頭を取っているのか知らないが(おそらくイルミナティー企業である製薬大企業と洗脳されたアホな厚生官僚や大学教授の類いだろうが)、「子宮頸癌ワクチン」接種や「癌ワクチン」接種キャンペーンが始まっている。「だれもが尊敬する人物(有名な学者や俳優や女優)のいうことを(ばかな)大衆は信じる」という、イルミナティーユダヤの鉄則通りの戦術である。

そこへ以下のような衝撃的ニュースが飛び込んだ。
e0171614_2265935.jpg

Cancer vaccine programme suspended after 4 girls die
インドでガーダシルの研究プログラム、死亡者が出たため緊急停止さる
”インドで行われていた子宮頸癌ワクチン、マーク(メルク)社製のガーダシルの公的医療における有用性と受容性を調べる2年間の研究プログラムで、ガーダシルを接種した120人の女子のなかから4人の死亡を含む多数に問題が生じたため、インド医療研究評議会(The Indian Council of Medical Research - ICMR)がただちにこのプログラムを停止するよう命じた。

死亡以外の健康被害は、胃障害、てんかん、頭痛や早期初経。女性の活動家たちは、これまで悪い症状が出ていない女子にも精神的な悪影響があるのではないかと恐れている。

このプログラムはガーダシルと、シアトルにあるNGOのPATH、ICMRおよび2つの州政府が共同で実施していて、10歳から14歳までの約3万2000人の女子に試験される予定だった。ICMRのチーフ、カトック医師は「ICMRは単なる技術的なパートナーで、顧問の役割を果たすに過ぎなかった」と明かしたが、「責任の所在を確認しているところだ」と述べた。

CPM(上述の女性活動家団体と思われる)トップのブリンダ・カラットは、「政府はどうして、2回の接種で十分かを調べる計画があったのに3回接種を実施するこの研究を開始したのか?」と疑問を呈している。

薬品が子供たちに投与されるには、段階3の成人への臨床試験を含むいくつもの臨床試験を通してからでないといけない、とカラットは指摘。しかしガーダシルではたった110人の女子への試験しかしておらず、そのフォロー・アップも1ヶ月後にワクチン後の免疫反応を見ることしかしていない。ワクチンは(インド国内で)27歳(まで)の女性にも(接種の)許可が出ているが、なんらの試験もされていないとカラットは語った。「科学的論理や倫理的な指針が、どの段階においても守られていなかった」とカラットは主張している。(訳、終わり)”

「子宮頸癌ワクチン」接種を少女に義務づけ、集団接種を行うという日本の地方自治体の首長たちは、インドと同じ運命をたどるのだろう。将来のばかな行為による(つまり、コンドーム使用しないでだれとでも寝る行為)を恐れて、目の前のもっと大きな危険を無視するのは、非常に馬鹿げていると言えるだろう。

「子宮頸癌ワクチン」接種を勧めるのは、私には、こう言っているように聞こえる。
「今の日本の女の子は、馬鹿だから、コンドームもさせないでだれとでもセックスしまくり、子宮頸癌にかかって医療費の増大をさせる馬鹿な連中だ。だから、ワクチン接種させて、不妊にしてしまえ」

しかし、正しい性教育をしておけばウィルス感染を未然に防げるわけだから、わざわざ大企業を肥やすだけのワクチン接種を勧める理由はないはずなのだが。
[PR]

  by Kikidoblog | 2010-04-10 22:10 | ワクチンコンスピラシー

グーグル・アースにケムトレイルが?2:岩国市上空

みなさん、こんにちは。

先日、グーグル・アースにケムトレイルが?を紹介したが、そこで、私はグーグルアース上で、特に日本上空に現れる「ケムトレイル」を発見した。今日もっとはっきりしたケムトレイルを見つけたので、ここにメモしておこう。以下のものである。

岩国市上空

e0171614_20125824.jpg

e0171614_201371.jpg

これはまだ撒かれて間もないため、ケムトレイルの線が細い。したがって、ケムタンカーがその線の先に存在したはずだが、そこは別の映像で差し替えられている。
[PR]

  by Kikidoblog | 2010-04-10 20:13 | ケムトレイル

グーグルアースの「天気」画像に異常あり?

みなさん、こんにちは。

昨日グーグルアースの「天気」という映像にも結構奇妙な多角形が現れることがあり(時には「バッテン」(X)も現れることもあるとか)、それが地震と関係があるのではないか、というような説がある、ということを紹介した。それ以来、私もグーグルアースで天気映像を見るようにしているが、今日のものにも奇妙なものが存在したのでこれを紹介しておこう。以下のものである。

北極
e0171614_15565198.jpg


南極
e0171614_15562340.jpg

e0171614_15564010.jpg


はたしてこの「白い円」は何のまねか?
[PR]

  by Kikidoblog | 2010-04-10 15:58 | ミステリー

HAARPに地震波か?

みなさん、こんにちは。

今日HAARPモニターを1ヶ月のスパンで見たところ、非常に興味深い傾向が出ているようである。

Magnetometer Chain
e0171614_17254981.jpg

これでは、急に多点データが消えてしまったから、ガコナ以外のデータが分からなくなってしまったが、2月
e0171614_17243630.jpg

3月
e0171614_17251512.jpg

のこれまでひどいと言っていた時期とは異なり、4月のものに最も振幅の激しいものが、ガコナモニターに出て来たということである。
e0171614_17301288.jpg


電磁波の強度というものは、距離の2乗に反比例数。それゆえ、電波源に近ければ振幅が大きく、遠ければ振幅が小さくなる。そこで今回の4月のガコナのデータが示すものは、地震電磁波がガコナに近い方角からやって来たという可能性がある。太陽活動が原因であれば、地磁気の大きな乱れは極付近から生じるはずだから、Katovikのモニターのデータが大きく揺れるはずである。しかし、今回のものは、一番下のガコナのものが大きく振れている。したがって、今回のものは、太平洋側の震源である可能性が高いのかもしれない。

注目しておくべきだろう。


ついでに、浅川さんのブログにも興味深いことがあったので、これも紹介しておこう。
グーグル・アースに写し出された奇妙な図形

地震の直前にグーグルアースの「天気」映像に変な多角形が現れるという説である。これが真実かどうか分からないが、早速グーグルアースを見ると、今日のものにもやはりそんなものが存在した。ロシアの北の北極海あたりである。果たして本当に1、2日後にここに地震が起こるのだろうか?
e0171614_20131617.jpg

e0171614_20132478.jpg

[PR]

  by Kikidoblog | 2010-04-09 17:30 | HAARPモニター観察

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE