<   2010年 04月 ( 41 )   > この月の画像一覧

 

岡田辞めろコールの嵐!:こんな岡田にだれがした!!

みなさん、こんにちは。

いやはや、昨夜の日本代表vsセルビア(若手)代表の試合はひどかった。以前、2ヶ月前に私は以下のものを書いていた。
岡田ジャパン崩壊!?:もはやチームは自信喪失でぼろぼろ

まさにそこで私が論じた通りの展開となってしまった。
e0171614_19132629.jpg

岡田日本完敗、新戦力ゼロ/親善試合
岡田監督帰京、完敗にお疲れ気味

岡田監督の目はうつろ。足下はよぼよぼ。もはや目も当てられない。何の議論もなく無能な監督を日本代表監督に抜擢して、これほどまでに哀れな姿にしてしまった責任は日本サッカー協会の犬飼会長や田島強化委員長にもある。

セルジオ越後氏
e0171614_19141598.jpg

は、私よりまだ優しい人間だが、その越後氏もついに見放した。
今からでも監督代えろ/親善試合

今の日本代表はワールドカップレベルの国々とはどことやっても勝てない。今の鳩山首相政権と同じ。日本は戦争してもどこにも勝てない。経済戦争でも勝つことは難しい。

アマチュアスポーツのオリンピックならともかく、ワールドカップはプロ中のプロの大会。その世界数十億人のファンのあるサッカーの世界の話である。すべては結果主義。即刻、岡田監督は解雇だろうヨ。

おまけ:
World Cup 2006
[PR]

  by Kikidoblog | 2010-04-08 19:18 | サッカー&スポーツ

グーグル・アースにケムトレイルが?

みなさん、こんにちは。

毎日毎日飽きもせず性懲りもなく撒き続けるケムトレイル・タンカー。これほどまでに数多くのケムタンカーが存在しているのであれば、絶対にグーグル・アースのどこかに映っているのではないか、と思う。

そこで、だれかグーグル・アースでケムタンカーを撮影した場所を見つけた人はいないか、と調べて見ると、やはりそういう人がいた。今回はこれを紹介しておこう。以下のものである。
Google Earth Map - Low Tanker Chemtrail



Google Map Chemtrail Low Tanker (Piemonte)


いつもは下からしか見ることの出来ないケムタンカー。それを今度はもっと上から見下ろすのも面白いのかもしれない。日本上空でもケムタンカーを発見できるかもしれないですナ。


そこで私もグーグルアースで見てみると、ありました。ついに私もケムトレイルを発見。残念ながらケムタンカーは発見できなかった。

e0171614_17373693.jpg

大阪から神戸沖上空にたなびく2本のケムトレイル。
e0171614_17374743.jpg

e0171614_17462123.jpg


鹿児島上空にもあった。
e0171614_223917.jpg

e0171614_22391367.jpg

[PR]

  by Kikidoblog | 2010-04-08 17:26 | ケムトレイル

マイケルソンはフリーメーソンだったか?

みなさん、こんにちは。

今回は、まったく異なる話題。まず以下の写真、最前列左から「エーテル」を否定するマイケルソン−モーリーの実験で有名なアルバート・マイケルソン博士、真ん中は言わずと知れたアルバート・アインシュタイン博士、そして一番右が電子の電荷を計測したロバート・ミリカン。これら3人が一堂に会した時の写真である。これは日本ではどういうわけか、あまり知られていない写真である。

Albert Einstein Photo Gallery
e0171614_17425248.jpg


私は、この写真を見て、ちょっと気になることを発見した。それは、マイケルソン博士が「自分の右手を懐に隠している」というところである。これは、俗に「私はフリーメーソンのメンバーである」と確固たる自信を持って記録に残す時のしぐさであると言われている。かの坂本龍馬がそれである。

高知県立坂本龍馬記念館
e0171614_17433137.jpg



この他にもこのしぐさを示した興味深いホームページを見つけたのでそれも紹介しておこう。以下のものである。
The Hidden Hand that Shaped History

スターリンとワシントン
e0171614_17441532.jpg

ナポレオン・ボナパルト
e0171614_1745193.jpg

カール・マルクス
e0171614_1745502.jpg

ジョージ・ワシントン
e0171614_17461390.gif

ウォルフガング・アマデウス・モーツアルト
e0171614_17463648.jpg

マルクイス・ド・ラファエッティ
e0171614_1747657.jpg

ソロモン・ロスチャイルド
e0171614_17472415.jpg

サイモン・ボリバール
e0171614_17474558.jpg

これからすると、マイケルソン博士はかなり立派なフリーメーソンリーだったということだろう。アインシュタイン博士はどうやらそうではないようである。アインシュタイン博士の写真のどこにもそういうしぐさがないからである。ということは、マイケルソン博士の「エーテルの否定」の実験もかなりうさんくさいニオイがする。何がしかの意図があったに違いない。スタン・デヨ博士がいうように、大きな間違いだったのだろう。
[PR]

  by Kikidoblog | 2010-04-07 17:54 | 真の歴史

「地震マシーン」:テスラ振動子

みなさん、こんにちは。

今回はちょっと話題を変えて、再びニコラ・テスラの話である。今日、ちょっと面白いホームページを見つけたのでそれを紹介しておこう。以下のものである。

The Tesla Oscillator
e0171614_16153589.jpg


私が考えるには、ニコラ・テスラの科学的興味は、いわゆる「共振(レゾナンス)」というものである。おそらく、ニコラ・テスラは生涯に渡ってこの「共振研究」に没頭したと言えるだろう。

あらゆる物質にはその物質に特有の「固有振動数」というものがある。原子には原子の、橋には橋の、ビルにはビルの、地球には地球の、そして脳には脳の、固有振動数がある。電磁波や力学的振動をチューニングして、その固有の振動数をみつけることができれば、その固有振動数と共鳴させれば、その物体と遠隔的に相互作用できる。もしその固有振動数に合わせて強烈に振動させれば、その物体を破壊することも出来る。相手が脳みそであれば、遠隔操作もできる。マインドコントロールもできる。したがって、地殻の固有振動数さえ見つけることが出来れば、地震だって起こすことができる。宇宙人の脳波やテレパシーの周波数領域を見つけられれば、宇宙人と交信することだってできる。霊界の振動数を見つけることが出来れば、霊界通信だって可能だ。当然、ケムトレイルを散布しまくっているケムタンカーの固有振動数を見つけるが出来れば、ケムタンカーを撃墜することだって簡単だ。とまあ、こんなふうに考えたのだろうと想像できる。

このニコラ・テスラが発明した「地震兵器」、「地震マシーン」なるものがある。もちろん、彼はこの装置の特許も取得した。ポケットに入る大きさのこの試作機を持って、どこかのビルの破壊実験を試みたという伝説がある。おそるべし、ニコラ・テスラ。
e0171614_1613068.jpg

Haiti quake bomb kills 500,000 for New World Order (evil laff) より)
[PR]

  by Kikidoblog | 2010-04-07 16:16 | テスラ&ドラード

HAARPに地震波か?:緊急情報、見たことのない巨大な地震電磁波の可能性あり!?

みなさん、こんにちは。

いやー、これはすごい。というか、これはひどい!! 私もこれまでHAARPモニターをずっと眺めて来たが、これほどまでにすごい地震電磁波は見たことがない。そんな波形がつい最近のHAARPモニターに現れて来た。

HAARPモニターは、ガコナ以外のものは一気に停止し、
e0171614_21414229.jpg

サウンドトラックも一時消滅したから、何かただならぬ動きや気配を感じるところである。

宇宙天気ニュース

Fluxgate Magnetometer
青の垂直成分が大きく、赤黒の水平成分が小さいのが、地震電波の特徴。今回のものは、かなり大きな振幅で揺れている。
e0171614_20194193.jpg

モニター画面を振り切るほどの波形である

Induction Magnetometer
一番下の周波数ゼロに近くにある「白く明るい」部分が地震電波の特徴。まあ、ピンク色に近い部分。
e0171614_20213776.gif

これほどのものは見たことがない

HAARP VHF Riometer
下の赤い部分がVHF波における電離層の揺らぎ(擾乱)の程度を示す。
e0171614_2023154.jpg

電離層の揺らぎもものすごい。深夜のものはオーロラの活動によるものである。

今回のものは、非常に大きな電離層の擾乱を示している。おそらくその震源地付近の上空には「地震雲」が観察されるはずである。私は、HAARPモニターの誤作動か、あるいは、人間のいない場所への地震であるか、ただただそう願わざるを得ない。

しかしながら、「ケムトレイル・気象操作掲示板」の100403 空模様に、福島県在住の方が発見したという、超巨大な「地震雲」の写真もある。関東から北関東の人々は注意すべきかもしれない。
昨日
e0171614_2010483.jpg

e0171614_2085435.jpg

今日
e0171614_2092945.jpg


これは俗に「2週間前の地震雲」というものである。今度巨大な暗雲立ちこめ、非常に暖かくなったら要注意。それは「2、3日前の地震雲」というものである。

[PR]

  by Kikidoblog | 2010-04-05 20:17 | HAARPモニター観察

「ニュースZERO」のねつ造疑惑:浅田真央のインタビュー差し替え

みなさん、こんにちは。

いやはやこれは面白い。世の中にはいろんな人がいるもので、一つ一つのテレビ番組をしっかりチェックし検証している人がいた。以下のものである。

日本テレビZEROのひどすぎる捏造  浅田真央のインタビュー差し替え


もしこれが事実なら、「ニュースzero」は即刻閉鎖だろう。なぜなら、これは「あるある大辞典」のねつ造問題よりはるかに手の込んだ悪質なやらせだからである。事実報道を名目にしているニュース番組として絶対にしてはならないことだからである。警察は事実関係を調査すべきだろう。

いずれにせよ、これは明らかに日本テレビはだれかに所有されているということのようですナ。
[PR]

  by Kikidoblog | 2010-04-05 14:54 | 反日・在日の陰謀

マックバーガーを食べるとハイになる?:高カロリー高脂肪食品は脳を破壊する!

みなさん、こんにちは。

私は、人工甘味料入りのコカコーラを飲みながら、マクドナルドのハンバーガーやミスタードーナッツのドーナッツ、モスバーガーやケンタッキーフライドチキンを一度食べると、なぜか病み付きになって、また食べたくなる。そして、なぜかハッピーな気分になり、変な高揚感に浸る。

どうやら、この”原因”を示す、いよいよジャンクフードメーカーにとって気の毒な実験結果が出て来たようである。

2年ほど前、私は以下のような記事やジョークを書いていた。
「”肥満”の原因はジャンクフードか?」
e0171614_10562398.jpg

e0171614_1057094.jpg

e0171614_10585837.jpg


「馬鹿は死ななきゃ直らない?」
e0171614_10572073.jpg

e0171614_10573136.jpg


この内容は、アスパルテームなどの人工甘味料やジャンクフードの食べ過ぎを皮肉ったものだが、これを科学的に支持する実験結果が出たようである。以下のものである。

e0171614_1275220.jpg

ジャンクフードはドラッグと同じように脳を破壊するという恐怖の実験結果【ライフハッカー[日本版]】
ジャンクフードはドラッグと同じように脳を破壊するという恐怖の実験結果【ライフハッカー[日本版]】

"ジャンクフードや、甘い物好きな人には覚悟してらわなければなりません。ついに恐れていたことが証明されてしまいました。肉やケーキなど、高カロリー・高脂肪の食品は、ドラッグと同じように中毒性があるのだそうです。

フロリダの研究所で分子治療学の准教授をしているPaul J. Kenny博士の研究によると、コカインや、ヘロインなどのドラッグをやるのと、ジャンクフードを食べ過ぎるのは、どちらも同じように快楽中枢を刺激し続け、そして最後には破壊してしまうのだそうです。

Kenny博士のチームは、ラットを3つのグループに分け、40日間の実験をしました。1つ目のグループには普通のラットのえさを、2つ目のグループには肉やケーキなど、人間の高カロリーな食事を1日1時間だけ、3つ目のグループには同じく高カロリーな人間の食事を、1日23時間与えました。

3つ目のグループのラットが、すぐに肥満体になったのは言うまでもありません。驚くべきは、ラットの脳までも変化したことです。与えられ続けたジャンクフードによって、肥満体になったラットの脳の快楽中枢はマヒしてしまい、「もっと、もっと」と今まで以上のジャンクフードを求めるようになったのです。正にドラッグ中毒と同じ状態です。

さらに、食事の時にラットに電気ショックを与えると、1つ目と2つ目のグループのラットは恐怖で食事ができなくなったのですが、3つ目のグループのラットには変化はありませんでした。Kenny博士によると、おそらく食事を消費することだけに意識が強くフォーカスされ、電気ショックとは切り離されているのだろうということです。"


いずれにせよ、マクドナルドなどの大企業は、そんなことは最初から百も承知でやっていることなんですナ。予想以上の結果が出たということだろう。そうでもしなきゃ、この大不況下においても、増収増益などということはあり得ない。「兵器としての食料」とは、かのヘンリー・キッシンジャー博士の言葉、これを彷彿させる話である。

ついでに付け加えると、実はこれ、我々人間が食料用の家畜に行っていることとまったく同じことなんですナ。牛や豚の彼らにしてみれば非常に高カロリーで高脂肪の食料を与え、太らせ続ける。そうすると、脳は麻痺し、これから殺される恐怖も感じないし、屠殺されても痛みも感じない。考えてみれば、実に恐ろしい話である。「人類家畜化計画」続行中ということだろうヨ。
[PR]

  by Kikidoblog | 2010-04-05 11:13 | バイオコンスピラシー

太陽のスモークリング:太陽も煙草を吸うのか?

みなさん、こんにちは。

自然現象というものは、我々人間の想像力をはるかに超えているものである。なまじの直感に頼るのは必ずしも得策ではない。そんなことを彷彿させてくれる自然現象が、例の「エイリアン・プロジェクト」にあったので、ここでも紹介しておこう。以下の2つである。

2月1日。
e0171614_12125699.gif

2月13日。
e0171614_12132116.gif


これらは、「宇宙天気ニュース」によれば、2月上旬の太陽フレアの大爆発のものであるようだ。いずれも太陽フレアによる「スモークリング」のようである。

空気砲によるスモークリングと比べると非常に面白いだろう。zero toys
e0171614_1215075.jpg



スタン・デヨ博士の説によると、2012年以降に太陽活動が非常に活発になり、これにともない、地球の磁場軸が逆転するのではないか、という話である。「ホピの予言」はこれではないかという話である。

はたしてどうなることか? 
[PR]

  by Kikidoblog | 2010-04-02 12:22 | スタン・デヨ

HAARPに地震波か?

みなさん、こんにちは。

ケムトレイルにばかり気を取られていたら、どうやらここ連日アラスカHAARPモニターに久々に最大級の変動が出ているようである。
Fluxgate Magnetometer: chain array
e0171614_11391744.jpg

Induction Magnetometer
e0171614_11395588.gif

e0171614_1140339.gif


サウンドトラックを聞いてみると、地震電磁波特有の「雷音」が鳴り響いた。夜間部はヒューというオーロラ波特有の「ホイッスル音」がある。それゆえ、夜間は太陽活動によるオーロラ(宇宙天気ニュース)、日昼には地震電磁波活動という日々が繰り返されているようである。また、2.5Hzあたりの人工電磁波も連日続いているから、近々またどこかにかなり大きな地震が来そうである。

特に非常に怪しいのは、3月30日から31日までHAARPモニターの活動が停止したことである
e0171614_11392814.jpg


今回の波形は、Fort Yukon、College、Gakonaのモニター波形もかなり大きく、目視ではFort Yukonの反応が一番先に見えることから、大西洋側というよりは太平洋側に地震が起こるのではないか、と私は予測している。

HAARPのモニターの時間精度がマイクロ秒くらいのものがあれば、きっとフェーズドアレイ方式で方向を予測できるに違いない。しかし、公開されているものは、分単位であるから、我々はそこまでの精度で見ることが出来ないのが残念なところである。(HAARPモニター群から地震電磁波の方角を読み取る方法?:ホイヘンスの原理参照)

いずれにせよ、ここ1、2週間は要注意ですナ。
[PR]

  by Kikidoblog | 2010-04-02 11:55 | HAARPモニター観察

3月30日は「ケムトレイルの日」?

みなさん、こんにちは。

この3月30日の「ケムトレイル」散布は実に集中的でひどかった。徳島上空を数機の旅客機型ケムタンカーが縦横無尽に行き来し、その都度大量のエアロゾルを散布していた。この様は、まるでベトナム戦争時に米軍機がダイオキシンを仕込んだ枯れ葉剤を大量に散布していた時のようであった。それと比べると普段は結構飛んでいるはずの普通の旅客機の姿が見えなかったのが不思議である。おかげで、雲のまったくなかった春の快晴も徐々に淀みはじめ、薄雲で覆われた曇天へと変わり、暖かな小春日和も肌寒い風の強い日へすっかりかわってしまった。3月30日は「ケムトレイルの日」と銘打ったら良かろう。
e0171614_11291765.jpg
e0171614_11292776.jpg

[PR]

  by Kikidoblog | 2010-04-02 11:30 | ケムトレイル

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE