「ほっ」と。キャンペーン

<   2010年 05月 ( 43 )   > この月の画像一覧

 

「2010年ビルダーバーグ会議メンバーリスト」

e0171614_1593042.jpg

「世界は裏の世界を知らない。世間一般の人々が想像しているものとはずいぶん違った人物によって動かされているのだよ」


ベンジャミン・ディズレーリ英国首相(1868年,1874年~1880年)
ユダヤ人について





みなさん、こんにちは。

HAARPモニター観察や地震への注意は各自自己責任の下でやっていただくとして、今回はちょっと異なる話題。

かつてこのブログの開始初期に、アメリカの熱烈なアメリカ憲法遵守派で敬虔なクリスチャンでもあった、ウィリアム・クーパーの1989年の暴露講演のYouTube番組を紹介した。

そのクーパー講演で世界最初に(おそらく)真実が暴露されたように、俗にいう「闇の世界政府」、「陰の政治権力」など、「闇の」とか「陰の」とかつく世界権力の一番の存在は「ビルダーバーグ・グループ」というものであると考えられている。

この会合には正式名称はなく、他の会議と区別するために、デービッド・アイクやジョン・コールマン博士などの、いわゆる「陰謀暴露論者」たちが、勝手にそう呼んでいるという代物である。(ところで、アメリカ国内の「闇の政府」というのは「外交問題評議会(CFR)」のことであり、「闇の内閣」は「MJ-12」のことである。日本では「闇の政府」は「日米三極委員会」のことである。)

ジョン・コールマン博士の有名な「300人委員会―「世界人間牧場計画」の準備はととのった
e0171614_9495629.jpg

には、そのメンバーリストがあり、これには、故大来佐武郎
e0171614_15113640.jpg

が日本人1人枠の代表者ということになっていた。しかし、それ以後、この役割を果たす日本人名は知られていなかった。

実は、このメンバーの日本代表こそ、実質上の「日本の支配者(天皇より偉い)」と欧米の支配者層には見なされているのである。おばかマスゴミ支配され(まあ、そういうことがわかっていて適当につきあうというのならいいが)、マスゴミの流す情報を通してしか見ないでこの世界を考えようとする人々には、こういう事実がなかなか理解できないということらしい。こういう脳天気な日本人には、「だれ?この大来」という程度だろう。この人物こそ、欧米NWOのエージェントである「平成維新の会」の大前研一氏
e0171614_1513094.jpg

を世に出した御仁であった。いわば、大前氏の師匠である。

さて、この「300人委員会」の上を行く、「ビルダーバーガーズ」(ビルダーバーグのメンバー)の中に、初めて日本人名が確認された。私の知る限り、初めてだと信じる。そんな情報が以下のものにあった。今回はこれをここにメモしておこう。
Everything about this year's Bilderberg Conference, June 3-6, 2010!
ビルダーバーグ2010出席者リスト
e0171614_15432310.jpg


Bilderberg participants 2010 (in alphabetic order)

(Present) Occupation
(1)BEL Davignon, Etienne F. Honorary Chairman, Bilderberg Meetings; Vice Chairman,
Suez Tractebel(http://quasimoto.exblog.jp/12051399のお方)
(2)DEU Ackermann, Josef Chairman of the Management Board and the Group Executive Committee, Deutsche Bank AG
(3)USA Alexander, Keith B. Director, National Security Agency(世界中にケムトレイルを撒く国家安全保障局ですナ)
(4)GRC Alogoskoufis, George Member of Parliament
(5)USA Altman, Roger C. Chairman and CEO, Evercore Partners, Inc.
(6)GRC Arapoglou, Takis Chairman and CEO, National Bank of Greece
(7)TUR Babacan, Ali Minister of State and Deputy Prime Minister
(8)GRC Bakoyannis, Dora Minister of Foreign Affairs
(9)NOR Baksaas, Jon Fredrik President and CEO, Telenor Group
(10)PRT Balsemão, Francisco Pinto Chairman and CEO, IMPRESA, S.G.P.S.; Former Prime
Minister
(11)FRA Baverez, Nicolas Partner, Gibson, Dunn & Crutcher LLP
(12)ITA Bernabè, Franco CEO Telecom Italia SpA
(13)SWE Bildt, Carl Minister of Foreign Affairs
(14)SWE Björklund, Jan Minister for Education; Leader of the Lìberal Party
(15)CHE Blocher, Christoph Former Swiss Counselor; Former Chairman and CEO, EMS Group
(16)FRA Bompard, Alexandre CEO, Europe 1
(17)USA Boot, Max Jeane J. Kirkpatrick Senior Fellow for National Security Studies, Council on Foreign Relations(影のアメリカ政府)
(18)AUT Bronner, Oscar Publisher and Editor, Der Standard
(19)FRA Castries, Henri de Chairman of the Management Board and CEO, AXA
(20)ESP Cebrián, Juan Luis CEO, Grupo PRISA
(21)BEL Coene, Luc Vice Governor, National Bank of Belgium
(22)USA Collins, Timothy C. Senior Managing Director and CEO, Ripplewood Holdings, LLC
(23)GRC David, George A. Chairman, Coca-Cola Hellenic Bottling Co. (H.B.C.) S.A.
(24)GRC Diamantopoulou, Anna Member of Parliament
(25)ITA Draghi, Mario Governor, Banca d'Italia
(26)USA Eberstadt, Nicholas N. Henry Wendt Scholar in Political Economy, American
Enterprise Institute for Public Policy Research
(27)DNK Eldrup, Anders President, DONG Energy A/S
(28)ITA Elkann, John Chairman, EXOR S.p.A.; Vice Chairman, Fiat S.p.A.
(29)DEU Enders, Thomas CEO, Airbus SAS
(30)ESP Entrecanales, José Manuel Chairman, Acciona
(31)AUT Faymann, Werner Federal Chancellor
(32)USA Ferguson, Niall Laurence A. Tisch Professor of History, Harvard University
(33)IRL Gleeson, Dermot Chairman, AIB Group
(34)USA Graham, Donald E. Chairman and CEO, The Washington Post Company
(35)NLD Halberstadt, Victor Professor of Economics, Leiden University; Former
Honorary Secretary General of Bilderberg Meetings
(36)NLD Hirsch Ballin, Ernst M.H. Minister of Justice
(37)USA Holbrooke, Richard C. US Special Representative for Afghanistan and Pakistan
(38)NLD Hommen, Jan H.M. Chairman, ING N.V.
(39)INT Hoop Scheffer, Jaap G. de Secretary General, NATO
(40)USA Johnson, James A. Vice Chairman, Perseus, LLC
(41)USA Jordan, Jr., Vernon E. Senior Managing Director, Lazard Frères & Co. LLC
(42)FIN Katainen, Jyrki Minister of Finance
(43)USA Keane, John M. Senior Partner, SCP Partners; General, US Army, Retired
(44)USA Kent, Muhtar President and CEO, The Coca-Cola Company
(45)GBR Kerr, John Member, House of Lords; Deputy Chairman, Royal Dutch Shell plc
(46)DEU Klaeden, Eckart von Foreign Policy Spokesman, CDU/CSU
(47)USA Kleinfeld, Klaus President and CEO, Alcoa Inc.(ケムトレイルの主成分アルミの世界最大メーカーとか)
(48)TUR Koç, Mustafa V. Chairman, Koç Holding A.S.
(49)DEU Koch, Roland Prime Minister of Hessen
(50)TUR Kohen, Sami Senior Foreign Affairs Columnist, Milliyet
(51)USA Kravis, Henry R. Senior Fellow, Hudson Institute, Inc.(あのナッシュ博士のビューティフルマインドで有名なランド研究所が前身の超怖いシンクタンク。さまざまなアジェンダがここで作られるはず。)
(52)INT Kroes, Neelie Commissioner, European Commission
(53)GRC Kyriacopoulos, Ulysses Chairman and Board member of subsidiary companies
of the S&B Group
(54)FRA Lagarde, Christine Minister for the Economy, Industry and Employment
(55)INT Lamy, Pascal Director General, World Trade Organization
(56)PRT Leite, Manuela Ferreira Leader, PSD
(57)ESP León Gross, Bernardino General Director of the Presidency of the Spanish
Government
(58)DEU Löscher, Peter CEO, Siemens AG
(59)GBR Mandelson, Peter Secretary of State for Business, Enterprise & Regulatory
Reform
(60)INT Maystadt, Philippe President, European Investment Bank
(61)CAN McKenna, Frank Former Ambassador to the US
(62)GBR Micklethwait, John Editor-in-Chief, The Economist
(63)FRA Montbrial, Thierry de President, French Institute for International Relations
(64)ITA Monti, Mario President, Universita Commerciale Luigi Bocconi
(65)ESP Moratinos Cuyaubé, Miguel A. Minister of Foreign Affairs
(66)USA Mundie, Craig J. Chief Research and Strategy Officer, Microsoft Corporation
(67)CAN Munroe-Blum, Heather Principal and Vice Chancellor, McGill University
(68)NOR Myklebust, Egil Former Chairman of the Board of Directors SAS, Norsk Hydro ASA
(69)DEU Nass, Matthias Deputy Editor, Die Zeit
(70)NLD Beatrix, H.M. the Queen of the Netherlands
(71)ESP Nin Génova, Juan Maria President and CEO, La Caixa
(72)FRA Olivennes, Denis CEO and Editor in Chief, Le Nouvel Observateur
(73)FIN Ollila, Jorma Chairman, Royal Dutch Shell plc
(74)GBR Osborne, George Shadow Chancellor of the Exchequer
(75)FRA Oudéa, Frédéric CEO, Société Générale
(76)ITA Padoa-Schioppa, Tommaso Former Minister of Finance; President of Notre Europe
(77)GRC Papahelas, Alexis Journalist, Kathimerini
(78)GRC Papalexopoulos, Dimitris Managing Director, Titan Cement Co. S.A.
(79)GRC Papathanasiou, Yannis Minister of Economy and Finance
(80)USA Perle, Richard N. Resident Fellow, American Enterprise Institute for Public
Policy Research
(81)BEL Philippe, H.R.H. Prince
(82)PRT Pinho, Manuel Minister of Economy and Innovation
(83)INT Pisani-Ferry, Jean Director, Bruegel
(84)CAN Prichard, J. Robert S. President and CEO, Metrolinx
(85)ITA Prodi, Romano Chairman, Foundation for Worldwide Cooperation
(86)FIN Rajalahti, Hanna Managing Editor, Talouselämä
(87)CAN Reisman, Heather M. Chair and CEO, Indigo Books & Music Inc.
(88)NOR Reiten, Eivind President and CEO, Norsk Hydro ASA
(89)CHE Ringier, Michael Chairman, Ringier AG
(90)USA Rockefeller, David Former Chairman, Chase Manhattan Bank(アメリカの王様ロックフェラー)
(91)USA Rubin, Barnett R. Director of Studies and Senior Fellow, Center for
International Cooperation, New York University
(92)TUR Sabanci Dinçer, Suzan Chairman, Akbank
(93)CAN Samarasekera, Indira V. President and Vice-Chancellor, University of Alberta
(94)AUT Scholten, Rudolf Member of the Board of Executive Directors, Oesterreichische Kontrollbank AG
(95)USA Sheeran, Josette Executive Director, UN World Food Programme
(96)ITA Siniscalco, Domenico Vice Chairman, Morgan Stanley International
(97)ESP Solbes, Pedro Vice-President of Spanish Government; Minister of Economy and Finance
(98)ESP Sophia, H.M. the Queen of Spain
(99)USA Steinberg, James B. Deputy Secretary of State
(100)INT Stigson, Bjorn President, World Business Council for Sustainable Development
GRC Stournaras, Yannis Research Director, Foundation for Economic and Industrial
Research (IOBE)
(101)IRL Sutherland, Peter D. Chairman, BP plc and Chairman, Goldman Sachs International(サプムライム破綻の超本人)
(102)INT Tanaka, Nobuo Executive Director, IEA
(103)GBR Taylor, J. Martin Chairman, Syngenta International AG
(104)USA Thiel, Peter A. President, Clarium Capital Management, LLC
(105)DNK Thorning-Schmidt, Helle Leader ofThe Social Democratic Party
(106)DNK Thune Andersen, Thomas Partner and CEO, Maersk Oil
(107)AUT Treichl, Andreas Chairman and CEO, Erste Group Bank AG
(108)INT Trichet, Jean-Claude President, European Central Bank
(109)GRC Tsoukalis, Loukas President of the Hellenic Foundation for European and
Foreign Policy (ELlAMEP)
(110)TUR Ugur, Agah CEO, Borusan Holding
(111)FIN Vanhanen, Matti Prime Minister
(112)CHE Vasella, Daniel L. Chairman and CEO, Novartis AG(言わずと知れた不妊ワクチンメーカー)
(113)NLD Veer, Jeroen van der Chief Executive, Royal Dutch Shell plc
(114)USA Volcker, Paul A. Chairman, Economic Recovery Advisory Board
(115)SWE Wallenberg, Jacob Chairman, Investor AB(有名な投資家)
(116)SWE Wallenberg, Marcus Chairman, SEB
(117)NLD Wellink, Nout President, De Nederlandsche Bank
(118)NLD Wijers, Hans Chairman, AkzoNobel NV
(119)GBR Wolf, Martin H. Associate Editor & Chief Economics Commentator, The Financial Times
(120)USA Wolfensohn, James D. Chairman, Wolfensohn & Company, LLC
(121)USA Wolfowitz, Paul Visiting Scholar, American Enterprise Institute for Public
Policy Research
(122)INT Zoellick, Robert B. President, The World Bank Group(この人もいた)
(123)GBR Bredow, Vendeline von Business Correspondent, The Economist (Rapporteur)
(124)GBR McBride, Edward Business Editor, The Economist (Rapporteur)
(なじみあるものなどに赤色を付けた。)

• AUT Austria  → 4
• BEL Belgium  → 4
• CHE Switzerland  → 3
• CAN Canada  → 5
• DEU Germany  → 6
• DNK Denmark  → 3
• ESP Spain  → 7
• FRA France  → 7
• FIN Finland  → 4
• GBR Great Britain → 8
• GRC Greece  → 10
• IRL Ireland  → 2
• INT International  → 8(うち日本 → 1)
• ITA Italy  → 7
• NOR Norway  → 3
• NLD Netherlands  → 7
• PRT Portugal  → 3
• SWE Sweden  → 4
• TUR Turkey  → 4
• USA United States of America → 24
−−−−−−−−−−−
(要するに全部つるんでいるんですナ。銀行家、マスコミ、世界機関のWTOや世界銀行、学者(たぶん優生学思想学者)、シンクタンク、外交政治家、英蘭西の王室、ワクチンメーカーのノバルティスやコカコーラなどの企業、ハリウッド映画、自動車などなど。ここで世界人口削減計画が作られるというわけサ。まあ、こういう人たちが俗にいうイルミナティーNWOの人々というわけですナ。)

まあ、こんなわけで、日本人はインターナショナル枠の8人の中のたった1人というわけで、これが日本人の世界における立場を表している。

では、このたった1人の「実質上の日本の天皇」とはだれか? 

その人物の名前は、「田中伸男」氏(Executive Office Nobuo Tanaka, Executive Director
e0171614_1514590.jpg

(顔のことを言っては悪いが、典型的な「朝鮮人系」の顔ですナ。)
であるという。




いやはや、ここでちょっと面白いのは、この人もまた一昔前に「ノーパンしゃぶしゃぶ(桜蘭)事件」というものがあったが、そこに行った官僚のリストにも名を連ねている(ノーパンしゃぶしゃぶ「楼蘭」 顧客名簿)。女の子の陰毛みながらしゃぶしゃぶを食うというのもけっこうおつなものなんでしょうナ? そのしゃぶしゃぶの肉が実は「豚人間の肉」だったということはないよナ?

まあ、こんな御仁たちが、我々の知らないところで、世界中から集まって地球の将来を決めるというのが「ビルダーバーグ会議」というものなんですナ。
[PR]

  by Kikidoblog | 2010-05-31 15:19 | ビルダーバーグ会議

HAARPに地震波か?

みなさん、こんにちは。

久しぶりにHAARPモニターに地震電磁波らしきものがとらえられているようである。
宇宙天気ニュース
によれば、太陽風はそれほど強くないから、オーロラによるものではなさそうである。

Magnetometer Chain
e0171614_18532695.jpg

e0171614_19241.jpg


Induction Magnetometer
e0171614_18521341.gif

e0171614_1963119.gif


e0171614_18522381.gif

e0171614_1964052.gif


e0171614_1852347.gif

e0171614_1965067.gif


Spectrum Monitor Waterfall Chart
e0171614_18542918.gif

e0171614_12292842.gif


VHF Riometer
Electron density
Digisonde


今回の変動は、カレッジの方が大きいので、太平洋側である可能性が高い。それゆえ、日本も要注意。備えあれば憂いなし。
[PR]

  by Kikidoblog | 2010-05-29 18:54 | HAARPモニター観察

HAARPの地磁気が消滅した?

みなさん、こんにちは。

今日HAARPモニターを見たところ、不思議なことが起こったようである。すなわち、まったく地磁気が検出されないダーク(真っ黒)の時間帯が出ていたのである。時間帯は5月27日の午前0時から28日の午前0時のまるまる1日である。

いくらなんでも地磁気の磁場がゼロになるということはあり得ない。とするなら、この時間帯はモニターを切断していたということだろうか? ではなぜ切断する必要があったのだろうか? ちょっと理解しがたい何かがあったのだろうか?

宇宙天気ニュース

Magnetometer Chain
e0171614_184545.jpg


Induction Magnetometer
e0171614_18453146.gif

e0171614_18454268.gif

e0171614_18455221.gif


Spectrum Monitor Waterfall Chart
e0171614_18463085.gif


VHF Riometer
e0171614_18471733.jpg


Electron density
e0171614_1848894.gif


Digisonde
e0171614_18482838.jpg



アキラ氏の地震研究所からも要注意情報が出ている。
アキラの地震予報
[PR]

  by Kikidoblog | 2010-05-28 18:50 | HAARPモニター観察

カナダのスパイラルUFOは本当に起こった事件の再現CGだった!?

みなさん、こんにちは。

いやはや謎を深める「カナダのスパイラルUFO話」。ChemBlogさんの
2010年「新たに見つかった」カナダ西部の螺旋UFO、100%保証付き
によれば、さらに後日談が登場。どうやら、先の偽物は、本当にあった事件を隠蔽するために、だれかに脅されて作った作品ということで、実際のUFO事件の痕跡を示すというYouTubeがアップされて来たらしい。

以下のものである。

"NEW" Western Canada Spiral UFO 2010 100% proof.


この画像からすると、最初の作り物は確かに作り物であるが、事件の大筋のストーリーを描いているものであるらしい。そして最後のスパイラル爆発の痕跡がこの画像にあるスパイラル状の雲とその下のジグザク飛行の痕跡であるとか。

参考:
カナダのスパイラルUFOはウソ!?
カナダ西部でUFOがタイムワープ?
[PR]

  by Kikidoblog | 2010-05-28 16:39 | 反重力・UFO

カール・セーガン博士の「コスモス」にUFOが!?

みなさん、こんにちは。

今日は、カール・セーガンさんの「コスモス」に関する非常に興味深い話題を見つけたので、それをメモしておこう。

つむじ風氏の「逝ったマシュー君の天界からのメッセージ!!33」に以下のような記述があった。

「そして、今から30年前に実際にあったことを思い出しました。
当時ロ スアンゼルスに住んでいた私は、テレビで話題になっていた「コスモス」のビデオを早速手に入れ、それを友人のS君に貸しました。すると翌日、S君からすぐ 来てくれというので、彼の家に行くと、とにかくビデオを観てくれと言うので、ある場面をふたりで観ました。テレビスクリーンには、カール・セーガンのナ レーションをバックになんの変哲もないエジプトのアレキサンドリアの町の風景がほんの数秒間写っています。S君は、「これ変だと思わないかい?だって話と なんの脈絡もない風景が何でわざわざ写っているの?・・・それでね、何かあるなと思って、コマ落としにしてみたんだ。ちょっと観てよ」と言ってその場面に 戻って再生スピードをコマ落としにしました。そして、ふたりで顔を見合わせました・・・そこに写っていたのが画面を飛び回るUFOだったのです。で すから、私は当時からカール・セーガンはなにかの事情でUFOの存在を公には言えないけれど、本当は伝えたいのだと思っていましたし、いつか本人に会って それを確かめたいとも思っていました。ところが1996年にセーガンは急死してしまったので、その機会を逸してしまったのです。」

カール・セーガンのコスモスは私もその昔全部を楽しみに見た記憶がある。しかし、その映像の中に「UFO」が映っていたというのは気づかなかった。はたしてこれは本当か?

そこで、YouTubeで問題の映像が残っていないか調べたところ、その場面を見つけた。これは以下のものである。スフィンクの顔の後、スフィンクスを背景にした場面の空に2機のUFOが飛んでいた。31秒目のシーンである。
The Library Of Alexandria



これは偶然に映ったものなのか? あるいは、分かっていて放映したものか?

この辺りは、いまはもうカール・セーガン博士はいないので分からない。意外にも昔のセーガン博士の残した映像の中に、その後の世界を彷彿させる何かが潜んでいるのかもしれないですナ。

ついでに付け加えておくと、最初のつむじ風氏の
「ブッシュがクーロン、ポールソンがクーロン、あるいはその部下達がクーロンであっても可笑しくはない。又、そう言う話が、まことしやかに囁かれたことが過去にはあった。ひどい話だが、人間と豚とのクーロン豚人間が食用として飼育されているとの話まであり、そして、その肉が市場に出回っているという話まで聞き(読み)及んだことがある。」
の言葉にある、「人間と豚とのクーロン豚人間が食用として飼育されている」というのは、おそらく以下のもののことだろう。(気持ち悪いものが多いので心臓の弱い人、心の弱い人はスルーして欲しい。)

Bestiary Of The Weird

(この中の25秒目。Pig-Human)
[PR]

  by Kikidoblog | 2010-05-28 12:34 | 反重力・UFO

3Dカラーホログラム、「立体テレビ」の時代ついに到来!

みなさん、こんにちは。

私は40年ほど前の中学生時代に「いつか立体テレビを作りたい」と思っていた。そしてそれを実現するには物理学を学ばねばならないということから物理学者になったわけだが、ついに私自身はその夢を実現することはなかった。しかしながら、今や私以外のだれかたちによって、ついに「立体テレビ」の時代がやってきたようである。

もちろん、ここでいう「立体テレビ」とは、今流行の「2D画面から飛び出す3Dテレビ」のことではない。むしろ、スタートレックやスターウォーズやトータルリコール



などのハリウッド映画に出てくる、ホログラフィーを使ったほうの「立体テレビ」のことである。

アメリカではすでにそんなものが出回っているらしい。以下のものを見よ。

ホログラムのチャールズ皇太子
Prince Charles Speaks in Abu Dhabi Via Hologra

(いつか羽根がはえるか、チャールズ皇太子)

CNNのホログラムのゲスト(CGではない!)
CNN Hologram TV First


CNN Wii.I.Am Hologram Interview



3Dホログラムショー
3D hologram

(こんなものがあれば、 AKB48もPerfumeもワールドカップもどこでも立体映像で同時中継できるのかも知れないですナ。)

これがもし宇宙から放射されて地球上に投影されるとしたらどうか? きっととてつもないファンタジーの世界になるのではないだろうか? UFOも天使も宇宙人も何でも作って見せることが出来る。きっとゴーストカーだってできるかもしれない。

しかし、そのうち、ハリウッド映画のように、ホログラム兵士やホログラム兵器なるものがやってきて、日本人皆殺しなんていうことになる日が来るのかもしれない。平和的利用のみを希望するが、目の連中はいつも兵器利用しか考えていないから、困ったものですナ。

それにしてもこの製品はだれが作ったものだろうか? 世界の科学は進んでいるナア。

どうやらその会社は、イギリスのミュージョン・システムズ(Musion Systems)という会社のようである。
Musion Eyelinear

ついでに、私からの希望。リアルサイズの「立体テレビ」もいいが、人が私の手の平に乗るような小さい映像の「手の平サイズ立体テレビ」

も作ってくれ!! そうしたらぜったいロスチャイルドやロックフェラーをオレの手の平でつぶしてやる!


おまけ:
そんなものが2012年には出るのかもしれない。

Apple's iHoloPhone

[PR]

  by Kikidoblog | 2010-05-27 19:19 | 真の歴史

「デービッド・アイクインタビュー」:地球はパラサイト世界である!

みなさん、こんにちは。

今回は久しぶりにデービッド・アイクの話、ビル・ライアン氏のプロジェクト・アバロンにおけるデービッド・アイク氏の2010年5月19日の最新トーク番組を見つけたので、それを紹介しておこう。残念ながら全部英語、また1時間50分に渡る長いインタビューである。

David Icke - HUMAN RACE, GET OFF YOUR KNEES : A Project Avalon Interview with Bill Ryan



ちまたには、デービッド・アイクはイルミナティー側のフリーメーソンの一味ではないかというような偽情報(disinformation)が流布されているようだが、アイクはそうではない。というのは、彼がこういう世界に目覚めた1990年以来、アイクの話が非常にスピリチュアルで、ホーリスティックな内容であることから明らかである。むしろイルミナティーNWOと敵対するブラックドラゴンの方に近い。

この内容からもアイク氏が、還元論的思考、階層的思考しかできない、イルミナティーとは一線を画するのは明らかだろう。まあ、分割的思考、分裂的思考、還元論的思考、専門家的思考になじみすぎた人にはこの違いがおそらく分からないだろう。

いずれにせよ、今の地球の状況を非常に批判的にかつスピリチュアルな観点から論じているのは実に興味深い。
[PR]

  by Kikidoblog | 2010-05-27 12:24 | スピリチュアル

サッカーは進化した?たわ言を言うな!:歴史上世界最高のチームは74年オランダ!

みなさん、こんにちは。

最近の日本人(サッカー選手も含めて)は、「今のサッカー選手の方が昔のサッカー選手よりうまい」と思っているようだ。しかしこれは大きな誤解。本当に困る。

科学界でもそうで、今の物理学者の方が昔の物理学者より頭がいいと錯覚している始末である。じゃ、もしそうならあなたがニュートンやガリレオの時代に生まれたとして、ニュートン物理学やガリレオの法則を見つけることが出来るだろうか? まず無理だろう。パソコンなしであんたには何が出来る? まあ、たいしたことは出来ないだろう。ガリレオあってのニュートン、ニュートンあってのアインシュタイン、アインシュタインあっての現代の物理学なのである。

これと似て、サッカーでも同じことが言えるのである。実際、日本において言えば、日本人の体型や体力も、ある時期をおいてどんどん下がる一方である。今の子供の基礎体力は我々昔の子供と比べて、実に体力が落ちている。身長体重もそれほど伸びてはいない。こういう基本的事実を無視してサッカーの長期計画は語れない。

ここに実際のデータがある。2007年の徳島新聞に以下のようなデータが出た。
e0171614_12203472.jpg


1986年の中一と2006年の中一の体力測定の平均値の比較である。

これによれば、この20年で50m走で約0.1秒、1500m走で約30秒遅くなっている。これはあくまで全児童の平均であるから、中には突出したものもいるだろうが、相対的に体力低下したことは間違いない事実である。ちなみに、私は中一の入学時の測定で、50m走は6秒8程度、1500m走はたしか5分45秒くらいだったと思う。

このことから、サッカーのようなスポーツは他人との駆け引きをする相対的なスポーツであることから、相手のレベルが下がれば当然自分のレベルも下がる。相手が早ければ当然自分も速く動かなくてはならない。したがって、児童全体の体力が20年間で低下したわけだから、サッカー選手の体力も当然低下したと考えるのが自然であろう。簡単に言えば、サッカーのテクニックは多少昔よりうまくはなったが、基本的に身体能力に劣るのが今の日本サッカーであるといえるのである。

実際、私の息子たちのサッカークラブの選手たちと足のももの太さやふくらはぎの太さを比較しても私の高校生の時の方が太く発達していた。当時の同級生と比較しても、今の高校生より当時の高校生の方が足が太かった(ちなみに私のもも周りは当時で58cmあった。釜本やマラドーナは65cmはあると昔言われていた)。

また、山梨の進学校であった私の高校のサッカー部ですら、週に2回はロード練習日で20km(10km往復)と筋トレを行っていたが、今では昨年高校サッカーを制した山梨学院サッカー部ですら、日に8km(1000m×8)程度の走力トレーニングであると言われている。

ところで、今のボールは選手の脳へのダメージを考えて昔のボールより軽いボールを使っている。だから、クリスチャン・ロナウドで有名な無回転シュートができるようになったわけである。最近、今の高校生が雨のグラウンドでサッカーをしているのを見たが、だれもボールが重くて蹴ることが出来なかった。我々の時代はいつもそんな状況下でやっていたが、それなりにきちんと蹴っていた記憶があるから、プレーの印象から考えても、我々の頃の高校生の方が素早く力強かったのはまず間違いない。

こういうわけで、サッカーは非常に進化したというようなことをよくテレビで言うが、それはあくまで商業化したスポーツ関連会社の商売上のたわ言に過ぎない。実際には、サッカーもサッカー選手もけっしてそれほど進化してはないのである。

もちろん、歴史上最高のサッカーチームは、1974年のオランダ、そう、あのヨハン・クライフのいた、リヌス・ミケルス監督率いた「トータルフットボール」のオランダチームなのである。今現在、このレベルを超えるサッカーチームは未だ出ていないのである。

ぜひこの点を誤解ないようにしてもらいたいものである。


今回は、そのことを証明する、非常に興味深いコラムとYouTubeを見つけたので、それをメモしておこう。

(2)栄光の歴史 74年から

「輝かしい歴史は、1974年W杯から始まった。
 リヌス・ミケルス監督率いるオランダは、準優勝という結果よりも、常識を覆すスタイルで世界中を驚嘆させた。選手たちが目まぐるしくポジションを入れ替えて試合を支配。「トータルフットボール」と称される全員攻撃、全員守備は、現代サッカーにも通じる革命だった。
 人口約1650万人の九州より小さい国は、これを契機にサッカー大国の仲間入りを果たした。69年からジャーナリストとして取材してきたマティ・ファンカマン氏(59)
e0171614_12415531.jpg

も、「すべての成功は74年以降。それまで代表チームは人気もなかった」と振り返る。
 このスタイルを実現できたのは、大スターのヨハン・クライフら、技術と戦術眼を備えた選手がそろっていたからこそだ。70年のフェイエノールト、71~73年のアヤックスと、オランダ勢が4季続けて欧州クラブ王者に輝いた。特にミケルス監督とクライフのアヤックスは、代表と同じ4―3―3システムで華麗なサッカーを展開し、これが代表の下地となった。
 74年W杯時のDFウィム・ライスベルヘン氏(59)は、「皆、一つ先を読んでプレーした。知的な選手ばかりで、全員が役割を理解していた」と懐かしむ。小国だからこそ、ほかとの違いを生むために知恵を絞る、という国民性もある。
 一方で、流動的な位置取りは、偶然が生んだ側面もあるという。ファンカマン氏によると、スイーパーの選手が負傷したため、本来MFのアリー・ハーンを代役に起用。GKも離脱し、足技に優れた選手を最後のとりでに登用した。攻撃時、ハーンは中盤に上がり、GKはスイーパー役を兼ねてゴールから離れて守った。
 「74年の代表には、生涯忘れられない美しさがあった。これ以上のチームを見たことがない」とファンカマン氏。強豪への礎となった36年前のチームは、今も国民に語り継がれている。(ロッテルダムなどで、大塚貴司、5月18日掲載)」

ワールドカップサッカー 英雄列伝7 ヨハン・クライフ 1/2


(今もって世界最高のチーム。西ドイツのゲルト・ミュラーの足の太さを見よ!)
[PR]

  by Kikidoblog | 2010-05-26 12:25 | サッカー&スポーツ

カナダのスパイラルUFOはウソ!?

みなさん、こんにちは。

先のChemBlogさんのUFO映像、その続きが出たようだ。
カナダの螺旋UFOは悪戯だった

「カナダで発生した螺旋UFOの船が宇宙に入る様子を記録した、おびただしい数の写真やビデオはチームによって総合されたものではなく、1人の個人によるものだったとその張本人が名乗り出た。カリフォルニア南部の天気予報官、ケビン・マーチンがこれまでに作り出された中でもおそらくは最大となる悪戯の張本人として名乗り出た。マーチンは、彼の理論を徹底的に試す目的で資料をTheWeatherSpace.comに送付したのだという。「騙されやすいのはアメリカ人なのか、それともヨーロッパ人なのか?」マーチンに尋ねた。「次々と陰謀説を唱えるのがアメリカ人、ヨーロッパ人は事実をきちんと捉えるように思われた。私はそれを徹底的に検証するため、宙ぶらりんのCGIビデオと加工済み写真をTheWeatherSpace.comのスペース・ニュース部門のベティー・モーガンに送付することにした」結果、彼の説が正しい事が分かったという。ヨーロッパ人はアメリカ人に比べて現実に上手く対応できたようだ。さらなる調査で分かったのは、マーチンがマーケティング、画像加工、そして市場操作においても長けているように見えるということだ。TheWeatherSpace.comは騙されただけであり、その点に関して私は申し訳なく思っている。」

まあ、こういうことをする人は、この世界で何をやっても許される、偽ユダヤ人と相場が決まっている。かつて物理学の世界でも似たようないたずらがあった。俗にいう、「ソーカル事件」というものである。結局、どうでもいいことになったが、悪意あるいたずらであった。それゆえ、おそらく、今回のいたずらもケビン・マーチンなるユダヤ人のものだろう。

しかし、おそらくこれは、CIAの実験の1つだろうと私は感じる。個人による悪ふざけに見える形で、こうした情報の伝搬ネットワークを追跡するプロジェクトかなにかがあったのだろう。あるいは、こういう「スパイラル=悪ふざけ」という印象を植え付け、ノルウェーのような本物のスパイラル事件を忘れさせるためのエージェントの策略だろうヨ。


Canada Spiral UFO a HOAX.



ところで、その人物は、「アメリカ人はヨーロッパ人より騙されやすい」という仮説を検証したと、それとなく仕込みを入れているが、おそらくこれを流布したかったのだろう。「アメリカ人は騙されやすいから信じるに値しない」というメッセージを伝播したかったというわけだ。

はたして日本人はどうか? 私のサイトでは、大半の人はこれは偽だと判断したようだ。あまり騙されない民族なのかもしれないですナ。

私には、映像より、この虫の音が頭にキンキン響くのが気になった。何かの洗脳音のようにすら感じた。いずれにせよ、怪しい事件ですナ。
[PR]

  by Kikidoblog | 2010-05-25 18:24 | コンスピラシー

岡田監督辞意表明、「やれ」と犬飼会長:「サッカーは単なるスポーツではない!」

みなさん、こんにちは。

岡ちゃん進退伺「申し訳ない」/親善試合
e0171614_14233953.jpg

(頭を下げればいいのか、謝れば良いのかい、岡田さん? 昔ドーハの悲劇で絶句した時の気持ちをお忘れか? あんたのせいでどれだけ多くのサッカー選手、サッカーファンがこれまで泣きを見て来たことか? おかげでU-21も3連敗で予選敗退だヨ。もうサッカー界には出てくるな! 川淵さんも犬飼会長も責任とりさっさと辞めろ!)

いやはや、こうなることはもう何年も前から分かっていたこと。日本サッカーW杯3連敗敗退まであと2週間とせまった直前に辞意表明。しかし日本サッカー独裁者の犬飼会長は「やれ」と命令とか。

かつて我々サッカー選手は、「サッカーは民主主義のスポーツ。そこが野球とは違う」と教えられたものだ。この意味は、「サッカーはフィールド上の選手たちのチームワークや意思の疎通しながらプレーしなくてはできないものだが、そこが監督命令にしたがってプレーする野球のようなスポーツとは違う」という意味である。言い換えれば、サッカーでは監督が選手を選び、戦術を決めれば、後は選手任せのスポーツということである。試合になって監督がとやかく言ってももう遅い。逆に、このことからサッカーではそれほどまでに監督の責任は重大だということである。

今から2年前の4月1日に私は昔のブログ(KiKidoblog)にこんなジョークを書いていた。
e0171614_14254336.jpg

e0171614_14255120.jpg

(なぜここで辞任しなかった? この2年で数億円儲かったから逃げの一手とは。金返せ岡田!)

この時のバーレーン戦の敗北から岡田監督は、オシム・ジャパンを継承するという形態から独自路線へ大転換したわけである。そのふがいない偽サッカーが今日まで持ち続けられてきた。そしてついに辞意表明。

「遅すぎる」というのが私の意見である。もしこの期で辞意表明するのであれば、どうして最初からしなかったのか? これでは、やはり監督給料世界11位のランキングの年収に目がくらんだとしか思えないということになる。


今から5年前にはこんなジョークを書いていた。
e0171614_14265510.jpg

e0171614_1427592.jpg


これにあるように、サッカーのW杯はプロ中のプロの戦い、戦いは本戦のずっと前の今から始まっている。それに打ち勝つには、試合中はおろか、試合外でもマリーシアを発揮しなくてはならない。

1998年のフランスW杯の直前のNHKの番組で、当時前回のアメリカW杯覇者のブラジル代表キャプテンで、このフランス大会でも主将をすることになっていた、現在ブラジル代表監督ドゥンガはこういっていた。

【ワールドカップ出場の意義は限りなく深い】
【グラウンドの中には友情など存在しない】
【驚くべきシナリオを準備せよ】
【勝つべき試合を落とした日本】
【土壇場で正しい危機感を持つチームに変身した】
【イランの決定的チャンスを忘れてはいけない】
【アウェーに弱い選手は使えない】
【日本人はコミュニケーションが不足している】
【外国からもう学ぶことはないのか】
【グラウンドの外だけのアイドルはいらない】
【基礎があるから高度なプレーは生まれる】
【いま必要なのは謙虚さだ】

これは今持って真実である。同時に現在の日本代表にもそっくりそのまま適用できることである。

この辺のことをまとめたのが、ドゥンガの「セレソン
e0171614_14281376.jpg

である(この本が1円の価値しかないというのが、今の日本サッカーの置かれた立場を物語る)。

私はこの書物は日本人必読書であると思う。特にサッカーに関心のある人は絶対に読むべき本である。


あまりサッカーに関心のない人のためにあえて書いておくと、その本の中でブラジルのドゥンガは、
ブラジルがワールドカップで優勝すると、ブラジルの輸出量が4割増える
と言っている。

これは、ブラジルのように過去5回も優勝経験のある国しか理解できないことである。それゆえ、日本はW杯サッカーで優勝したことがないから、我々日本人には実感としては分からないだろうが、もし日本が優勝すればほぼそのまま日本にも成り立つと見ていいだろう。

財務省貿易統計」によれば、日本の輸出総額は、54兆1706億円である。したがって、その4割である21兆6682億円の輸出量が増えるということになるのだ。「たかがサッカー、されどサッカー」などというものではないことがわかるだろう。サッカーは一国の経済、一国の将来すら決しかねないほどの経済効果があるのである。

サッカー大国のドゥンガは、このことに関して「日本人はサッカーの本質を理解していない」と言ったのである。それを「ワールドカップ出場の意義は限りなく深い」という言葉で表現したのである。実際、今の韓国の勢いがあるのは、2002年の日韓ワールドカップで4位入賞したからである。確実にそういえるのである。

残念ながら、まだ今現在においても日本人や日本サッカー協会にいる人々は、このワールドカップサッカーの意義や意味を理解していない。岡田監督のように、あやまってすむ問題ではないのである。

ワールドカップ日本代表は22兆円のためにサッカーで働いているのである。そのために国がサッカーに1兆円を費やしたところでおつりが21兆円も来る。サッカーとはそういうスポーツなのだ。ただの遊びではない。犬飼会長はこの点をまったく理解していないように見える。

この事実をドゥンガはこう言った。
サッカーは単なるスポーツではない!
サッカーで世界平和を実現することさえ可能かもしれないというスポーツなのである。


さて、そんなサッカーの本場ブラジルにはこんなことわざがある。

最も幸福な人とは最も多くの人に幸福をもたらす人
(すなわち、最も幸福な人とはメッシやクリスチャン・ロナウドのような人々のことで、犬飼会長や岡田監督や現日本代表はその逆の最も不幸な人々ということになる。)

その昔「ブラジルの諺」なるものを書いていたので、以下に再び紹介しておこう。

e0171614_14291846.jpg

e0171614_1429278.jpg

e0171614_143012.jpg



おまけ:
サムライサッカーをめざせ
[PR]

  by Kikidoblog | 2010-05-25 14:34 | サッカー&スポーツ

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE