<   2011年 02月 ( 58 )   > この月の画像一覧

 

CBSアトランタニュースでついに「ケムトレイル」が話題に!:「ケムトレイルの写真を送って!」

みなさん、こんにちは。

いやはや、”ついに”アメリカのイルミナティー側のマスメディアにおいても「ケムトレイル」
e0171614_17273755.jpg

の問題が正面切って取り上げられるようになったようである。今回はこれをここにもメモしておこう。

狭依彦氏の「デーヴィッド・アイク(David Icke)の情報」に以下の記事が紹介されている。
米CBSで写真提供呼びかけ
米CBSのローカル番組でケム・トレイルについて放送され、写真の提出を呼びかけている。

CBS-「人間や自然に対する文字通りの犯罪がある」とロスアンジェルスのケムトレイル研究家のマイケル・マーフィが語った。
マーフィはいわゆるケムトレイル隠蔽についてのドキュメンタリを作った。
彼は、ケムトレイル中の化学物質であるアルミニウム、バリウムなどがわれわれを病気にしていると信じていると語った。


この元記事は、
Alert: CBS Outlet Calls for Chemtrail Pics--Fire Away!
e0171614_1251668.jpg



この中に、CBSアトランタニュースで「ケムトレイル」が取り上げられたYouTube番組がある。以下のものである。残念ながら全部英語である。

Chemtrails Make Mainstream Media, Michael Murphy Exposes Geo Engineering


この番組の中で、「どうかケムトレイルの写真をここへ送ってください」とある。
pics@cbsatlanta.com


いずれにせよ、世界中の主要国のメディアがケムトレイル、ケムトレイルと騒ぎだすと、外圧によって、やっと日本のマスゴミも騒ぎだすというところだろう。ちなみに、私の知る限り、最も初期からこの「ケムトレイル」を問題視していたのは、かのデービッド・アイク氏やレンズコムの人々である。
[PR]

  by Kikidoblog | 2011-02-05 13:08 | ケムトレイル

アメリカの「ホームランドセキュリティー(自国防衛)」:アメリカで激増する警察による暴力

みなさん、こんにちは。

いよいよ、アメリカは異常事態の国となって来たようである。かつてデービッド・アイク氏の話では、世界最初に「テーダー銃」で市民を撃ったのはイギリスであったというが、その次はおそらくアメリカ合衆国だろう。

そんなアメリカは、もはや「自由の国アメリカ」でもなんでもなく、平気で市民を逮捕し射殺する国へと変貌を遂げたようである。その理由がなんと「ホームランドセキュリティ(自国防衛)」
e0171614_1714248.jpg

veeswan.com
のためだというから驚く。

最近のアメリカの警官は、かつての西部劇のシェリフの時代とは異なり、まるで軍隊並みのフル装備
e0171614_16592760.jpg

weblog.sinteur.com
でやって来るらしい。

今回は、2つのブッシュ政権の後に変わり果ててしまった、アメリカ合衆国の話題をここにもメモしておこう。

1つめは、そのホームランドセキュリティの立役者のナポリターノ氏の言葉。

Walmart Public Service Announcement



2つめは、デービッド・アイク氏のサイトの最新のニュースにあった映像。

Police brutality increases in US


ここには、誤認逮捕どころか、誤認射殺、誤認家焼却事件にまで発展しているという衝撃的な事件が語られている。まちがった家に警官たちが突然やってきて、犯人扱いし、家を焼き払う。驚いて家から出て来たら撃ち殺される。そんなことが多発しつつあるというのである。いやはや、恐ろしいアメリカになったものである。

ユダヤジョーク流で言えば、こんなところですナ。

激増するテロの恐怖について、世界の警官たちが議論していた。
まず最初にイギリス人警官が口火を切った。
「我々イギリス人警察は紳士の国の名にかけて、危険をも顧みず、怪しい奴には真っ先にテーダー銃を行使する」
次にアメリカ人警官が言った。
「我々アメリカ人はAIGの保険に加入している。危険に対しても万全だ。怪しい奴には真っ先にテーダー銃を行使する」
次にドイツ人警官が言った。
「我々ドイツ人は命令は絶対である。命令さえくれば、どんな危険に際しても、怪しい奴には真っ先にテーダー銃を行使する」
次にフランス人警官が言った。
「我々フランス人警官は自由平等博愛の精神に基づき、これを阻害するものには真っ先にテーダー銃を行使する」
次にイタリア人警官が言った。
「我々イタリア人警官は他人の真似をしないのがモットーである。したがって、危険があろうがなかろうが、真っ先にテーダー銃を行使する」
最後に日本人警官が言った。
「我々日本人警官は諸外国の動向をまずは観察してから決める。したがって、危険の際には、諸外国では真っ先にテーダー銃を行使しているようだから、我々もそうする」

イルミナティーカードそのままの世界に着実にアメリカもどの国も突き進んでいるようである。
e0171614_1151486.jpg

世も末ですナ。
[PR]

  by Kikidoblog | 2011-02-04 17:33 | コンスピラシー

「ウロボロスの蛇」と化した日本社会:自分で自分を食い殺す世界ですナ!

みなさん、こんにちは。

いやはや、警察にもひどい連中が蔓延って来ているようだが、検察にももっとひどい連中が蔓延っているようである。検察の犯罪はいったいだれが取り締まれば良いのか? 

これぞ捏造のプロフェッショナル 東京痴犬は捏造界の王様です(属国離脱への道)
水谷建設元会長衝撃の暴露「(1億円裏ガネ証言は)ワケ分かりません」(日刊ゲンダイ)

小沢一郎氏の秘書の石川氏の逮捕の問題は、いまや完全なるえん罪の体をなして来た。こうなると、これまでのえん罪捜査にかかった費用(もちろん税金)はいったいだれが工面すべきなのだろうか?

えん罪、えん罪、またえん罪と繰り返されることにより、捜査費、人件費、弁護士費などとますますこ国庫から負担しなくてはならなくなるというわけですナ。まあ、要するに、えん罪や犯罪ねつ造すると、検察、警察、弁護士の世界は潤うというわけだろうヨ。

いまや、日本の検察や東京地検特捜部、国家公安局や警察は、ウロボロスの蛇

e0171614_10222044.jpg

のようである。

まさに世も末である。
[PR]

  by Kikidoblog | 2011-02-03 23:53 | 反日・在日の陰謀

警察取り調べの実態:「お前の人生むちゃくちゃにしたるわ!」

みなさん、こんにちは。

いやはや、大阪には実に興味深い警官や検事がいるようである。以下のものである。

警察取り調べの実態「人生むちゃくちゃにしたるわ!」

(あまりにひどいので、中は聞かない方がいいだろう。)

この警官の言っていることは、サラ金取りたて屋と同じようですナ。きっとこの警官は、サラ金取り立てのアルバイトでもやっているんじゃないかね。ぜひこの人物がだれか公開すべきだろう。こいつの顔を出せ!


一方、最後の方で出て来る、岡崎トミ子国家公安委員長は、元反日運動の立役者だったというから、これこそ本末転倒であろう。

岡崎トミ子国家公安委員長の反日運動を追及.avi



いやはや、この国はもう終わっていますナ。
[PR]

  by Kikidoblog | 2011-02-02 21:32 | 反日・在日の陰謀

HAARPに地震波か?

みなさん、こんにちは。

久々にきょうHAARPモニターを見ると、かなり大きな地震電磁波をとらえていた。

宇宙天気ニュース
によれば、
2011/ 2/ 2 13:07 更新
やや早めに高速太陽風が始まりました。激しいオーロラ活動も発生しています。

とあり、今の時期は太陽風は結構強いようである。

Magnetometer Chain
青の垂直成分が大きく、赤黒の水平成分が小さいのが、地震電波の特徴。今回のものは、黒線はそれほど大きくはないが、青色成分かなり大きな振幅で揺れている。
e0171614_151728100.jpg

e0171614_1312402.jpg



Induction Magnetometer
一番下の周波数ゼロの近く(水平軸上)にある「白く明るい」部分が地震電波の特徴。まあ、白色に近い部分。一方、深夜に垂直に立ち上がった、幅広くピンクから真っ赤に近い色の帯状の部分はオーロラ活動によるものである。これは特にBz成分に顕著。
e0171614_15173210.gif

e0171614_15173552.gif

e0171614_15173792.gif


e0171614_13125941.gif

e0171614_13131248.gif

e0171614_13131945.gif



今回のスペクトルデータには、かなり大きな地震電磁波が捉えられている。


Spectrum Monitor Waterfall Chart
e0171614_15191272.gif

e0171614_13133436.gif


VHF Riometer
e0171614_1521554.jpg

Electron density
e0171614_15211850.gif

Digisonde

参考:
アキラの地震予報
日本国内で個人的に磁力計を用いて地震予報を行っている。非常に予測率の高い優れた研究のようである。

さて、ここからは今のところ特に何も出ていないが、備えあれば憂いなし。
[PR]

  by Kikidoblog | 2011-02-02 15:22 | HAARPモニター観察

「アトランティスの異常」と「パンチホール雲」:やはり米軍HAARPの仕業か?

みなさん、こんにちは。

いやー、風雲急を告げる最近の世界情勢、実に奇妙奇天烈な事件が目白押しである。しかもそのレベルが年々高くなって来ている。科学技術や医学知識に無知であったり、人類の歴史や考古学、果ては宇宙論から素粒子論に至までカバーできる度量や器量がないと、すべてはトンデモない話に見えてしまうことだろう。まったく理解することすらおぼつかない。それゆえ、今や科学知識も常識もない一般のマスゴミでは、もはやついて行くことすら出来ない。そういう時代に入ったと言えるだろう。

さて、昨日何気ない記事として取り上げた、ナショナル・ジオグラフィックの「パンチホール雲」の話題。なにやら実に不思議な話と関係がありそうである。今回はそれを取り上げてここにもメモしておこう。

昨年、「アデン湾の謎の渦」の話題は全世界の陰謀暴露論者たちの世界を席巻した。実際、今現在アデン湾では何が起こっているのか、普通のメディア、マスゴミ情報からは何も入って来ない。たかがソマリアのちっぽけな漁船海賊何十人相手に、全世界の屈強でハイテク航空母艦(航空母艦の乗員数は1万人規模。1つの都市が移動しているようなもの)が集結する理由が分からない。

いったいアデン湾で何が起こっているのか?
本当に「シーゲート」や「海底基地」があるのか?
そこで何か紛争が起こっているのか?


そんな中、最近実に奇妙な情報が、東洸(アズマヒカル)氏の「ロストワールド Season2.3」に紹介されていた。以下のものである。これは、ソルチャ・ファールの記事
元記事:“Atlantis Anomaly” Causes Shutdown Of US Army Weapons Base
の日本語訳である。

「アトランティスの異常」が、米陸軍の兵器基地の閉鎖を引き起こします(再)

今日クレムリンで広がるロシア宇宙軍(VKS)報告によると、現在、『先例のない規模』のガンマ線バーストがユタ州にある米陸軍のメイン兵器基地:ダグウェイ実験場から発せられているのを北アメリカ上空の軌道上を浮かぶ衛星『Kosmos(コスモス)-2469』が観測したとあります。

このレポートによると、アデン湾(我々の2010年12月1日の:警告された不可解な『渦』は、世界的な天候大災害を引き起こしていますの報告を参照)に出現し始めた『磁気の渦』と呼ばれたものの形成以来、我々の地球とその海の下でますます多くのガンマ線バーストが発せられ、そして、シリウス・スターシステム[シリウスは夜空で最も明るい星]の方へ向かっていくのが検出されて、それが古代の「早期警戒システム」に属するタイプの一部だと多くのロシア科学者の確信を呼び起こしました。

最も大量のこのガンマ線バーストが、古代ギリシアの哲学者で数学者のプラトン(BC347ー428)によって、ソロンの時代より前の9000年、または紀元前約9600年に西ヨーロッパとアフリカ大陸の多くの地域を征服した、『ヘラクレスの柱の向こう』に存在した海軍大国だとして解説された、かつての失われた大陸アトランティス
e0171614_1133557.gif

の一部であったと長い間考えられてきた地域である、フロリダ州の海岸沖の海域から発生しているのが検出されました。

しかしながら、我々の地球でこのガンマ線バーストが検出されたことに関して他の場所とは異なり、フロリダ州の海岸沖
e0171614_11351884.jpg

は異例で、海の底が500メートル以上もないと推定された比較的浅い水域でガンマ線バーストが発生していることです。そして、それにより、ここ一週間で米国海軍がこれまでを『リカバリー(回復)』するために最大のオペレーション(作戦)を展開しました。

その時のレポートによると、米国連邦航空局(FAA)が、進行中のこのリカバリー・オペレーションの間に全地球位置測定システム(GPS)を『あてにならない、役に立たない』ままにしておき、国防省(DOD)が『テストを実施している』1月20日~2月22日の間に、この地域[写真の地域]上空を飛行する全てのパイロットに対し前例のない警告を発令しました。

実際には、そのレポートの国防省(DOD)オペレーションが、この不可解なガンマ線バーストの源の内の一つだと推測された、フロリダ州沖で発見された『ピラミッド形の構造』から取り除いた『冠石』を更なるテストの為にユタ州ソルトレークシティの南西約149km(85マイル)に位置する米陸軍ダグウェイ実験場へと、その『冠石』を運ぶことだったとVKSが述べています。

とはいえ、この不可解な『冠石』が昨日ダグウェイ実験場で保管され、そして、おそらくそれに対するテストが開始され、『Kosmos(コスモス)-2469』がその場所から発生する一連の大量のガンマ線バーストを観測し、そして、アメリカ合衆国からの最新のニュース報道で基地司令官(ウィリアムE.キング大佐)が『重大な懸念』を解決しようとしていたと述べ、その全ての施設を厳重監禁しました

この基地
e0171614_11283231.jpg

に関してアメリカ政府公式ウェブサイトによると:

『国防総省はダグウェイ実験場を主要な射撃場とテスト施設に指定しました。そして、Relianceプログラムに基づき化学と生物兵器に対する主要な防衛テストセンターでもあります。実験場の敷地面積は798,214エーカーです。それは、ユタ州:ソルトレークシティの約85マイル南西、グレートソルトレーク砂漠にあります。実験場は、厳しい岩山とソルトフラットが散在する砂丘の変異した地形と、3方面が山脈で囲まれています。』

しかし、アメリカ人の独立研究者は、このダグウェイ実験場についてこう述べます:

『その遠く隔離された広大な敷地が、一般的な地域よりもより多くの秘密の目的を満たし…、米国空軍の飛行試験の場所として用いられます。過去に回収されたUFOを収納した場所だと疑われました。そして、UFO活動はこの地域で非常に頻繁に起こっています。エリア51の秘密の多くがこの地域へ移転されたと疑われました。そして、それはエリア52と呼ばれる原因となる全てのUFO活動と結合され、それによって悪名が高まりました。

2009年11月に、夜空を照らす『流星』(UFO?)だと言われたものは、大気圏で爆発しました。そして、その軌道を追跡した科学者は、破片がダグウェイ実験場の地域に落下すると断定しました。それで、破片の地域へアクセス(出入り)することを多少望んだので、少し宣伝しました。その宣伝地域がまさに一般人に閉ざされた地域だけでなく、それがあまりに危険であるとみなされ、軍人員にさえ広大な地域へのアクセスが許されていません。』

スティーヴ・クエールという名の一流のアメリカ人独立研究者もまた、この不可解な「アトランティス異常」について書きました。そして、我々は彼の1月23日のタイトル『「大西洋の異常」未知のバミューダトライアングル、古代のゲート開放、またはアトランティスが浮かび上がる?』から読む事ができて、そして、それによると一つには以下のように述べています。:

『1/22金曜日に、プエルトリコで通信を行おうとする多くの部隊とともに動揺を乗せてそれが戻って来ました。そして、通常の誤差伝播問題によってではなかった通信に伴う重大な障害を引き起こした「異常」について議論しているように聞こえました。フロリダ州沖の大西洋カリビアンにいるようだった部隊が、メッセージの適切なコピーを受け取るために、プエルトリコの通信局で作業する際に複数回周波数を変えなければならないようでした。これらは通常範囲の飛行ではなく、彼らのレポートを通信局へ送ることを望む、コード・ネーム化された特殊部隊でした。その後の金曜日の夕方に、この「異常」がアマチュア無線技士オペレーターによって検波されました。

まず最初に、それは振幅が数メガワットに至る最大パワーの信号を調整したと言われました。それは振動しないで一定で、VLF帯の範囲内でした。それはスペクトル・アナライザーで、そのうえ、パイロットによって一般的に使われる稲妻のマッピングと発見のためにVLFを使う稲妻発見装置が使われ現れました。問題は嵐がその地域に起こっていなかったということです。『異常』の位置が実は、『国防省のGPSテスト?』のための範囲サークルの中心として与えられた場所と比較してフロリダ州の沖合より遠い、バミューダトライアングル・エリアに近い場所にありました。

明確に、アマチュア無線技士がこれまでに聞いたどんなこととも違っていて、非常に奇妙にリピートするパターンを示すと述べました。それはアマチュア無線技士が40年以上のキャリアにおいてこれまでに聞いた、「ホイッスラー(口笛を吹く人)」、または稲妻、または他のいかなる地球物理学的信号でもありませんでした。たとえそれを起こしたのが人でなかったとしても、それは重大な問題を引き起こしている、と述べました......。それは稲妻探査マップ上に現れました。しかし、リピートするための嵐は起こっていませんでした。

1/22土曜日、『異常』が同じ場所に留まっていて、ゆっくりと強度が増しているようでした。また、同じ信号の別の『異常』が、オリジナルの場所より数百マイル北で探知され、そして、より精密な分析により、これら各々の分散した『異常』が地図上でお互いが非常に近い、2つの異なった源(出所)から出ていることが分かりました(つまりは基地とバミューダ海域)。土曜日に、起きているはずの嵐が、まだそれらの地域には発生していませんでした。』

将来起こるであろう事の、そして、現在起こっていることを古代の祖先が今日の我々に渡した警告の重大な本質を暴き、解読して、完全に理解するため、数世紀の一部の実例で、『不可解な物体が地球に近づき動いた後、強い地震の懸念が高まります』、『米国の空港の閉鎖とロシアの航空機事故の原因とされたポール・シフト』、『地球を襲っている有毒な宇宙雲によって、鳥と魚の大量死が発生』、『スーパーストームが惑星を打つ事によるグリーンランドの日の出が世界にショックを与える』、『政府の『オバマがUFOの公式発表をする』という報道後、非常におおくの中国人がビックリします』、で我々がレポートで述べたように、現在、我々の地球が直面している恐ろしい問題の複雑さを理解するのに数十年かかる知識を、普通の人がすぐに得るにはあまりにも膨大です

あなたのリーダーがあなたに、本当に起こっている真実を話すだろうと信じている事で、さらに多くのスーパーストームが我々の惑星を攻撃し続けることが対岸の火事ではなく、それは非常に危険で、先週、アメリカ人のトップ気象学専門家(Accueweather.Comのペンシルバニア州立大学ジョー・バスタルディ教授)でさえ、我々の世界の天候の危機的な状況が、ただ単に前例がなかっただけではないと認めることを強いられ、まさに誰(少なくとも政府当局は)もが何故?それがどのようにして起こるのかメカニズムを解明する事ができないのです。(彼のビデオ・レポート)

我々が生きるこの時代で、彼らが発言し従わせようとしているその裏で己の為に、いわゆるリーダー達がしていることの例としておそらくもっともベストな参照で以下を含みます。:その国の河北地域で5,000km以上も伸びる、地下の「万里の長城」と呼ばれるバンカーを構築している中国政府 : 何億もの毛布と遺体袋とサバイバル・フードを用意するよう命じた米国政府 : さらに5,000棟の核爆弾シェルターを2012年までに建設するよう命令じたロシア政府 : そして、地球上全ての種子と植物のDNAを保存している、いわゆる「最後の審判の日:種子地下貯蔵室』があるノルウェーの建造物。


いやー、実に”怪しい記事”である。しかし、実に興味深い。アデン湾の渦とアトランティス、さらには、ピラミッドの冠石、ユタの隕石爆発などなど、最近の怪しげなキーワードが全部結びついている。したがって、まあ、普通の人がこれを読むことはまず無理だろう。これが事実の一端を捕らえているかもしれないと思う人などけっしていないはずである。ましてや、科学者などはまともに取り扱うことはないだろうヨ。

そこで、この記事の内容をある程度フォローできるように、この私のブログ内でもメモしておいたものだけを利用して、一応まとめておこう。

(あ)まず、「アデン湾の渦」の話は、以下のものである。
「アーロン・マッコラム」インタビュー:「開けごまー」シーゲートが開く!!
来年以降を予想させるいくつかの話5:「アデン湾の謎の渦」と「巨大な宇宙物体」
あとは、「アデン湾」でサイト内検索をかけるといくつかの記事がヒットするだろう。

(い)次に、エイリアンが住み、UFOを逆工学により建造中であるという、「エリア51」の話はすでに既知。一方、「エリア52」とは、オーストラリアにある。英米豪カナダのイルミナティーNWOの軍隊の持つ研究施設の1つ
e0171614_21474257.jpg

のことであると考えられている。
エイリアンテクノロジー:反重力の起源ついに証明される?

(う)次に、「2009年11月に、夜空を照らす『流星』(UFO?)だと言われたものは、大気圏で爆発しました。」という、隕石の話とは、昨年、アメリカの中西部ユタの上空を巨大な隕石が通過し、大爆発のように真昼のような光を発する現象が起きたというものである。以下のものである。

夜空に「巨大な火の玉」、隕石か 米中西部



一説には、これがペンタゴンを狙った核ミサイルを米軍が撃墜して大爆発したのではないか、というものもあり、かなり混迷を招いた。結局、巨大隕石の大爆発として落ち着いたようである。

(え)そして、この時の大爆発した残骸が、ユタ州にあるダグウェイ実験場なる基地に落ちたようだ、というのが、そこにダグウェイという名前が出る理由である。

(お)そして、不可解な「アトランティス異常」、「大西洋の異常」、「未知のバミューダトライアングル」などのキーワードで出て来るものが、どうやら実は今回の、昨日ここにメモした、例のナショナル・ジオグラフィックの「パンチホール雲」の話
雲に空いた穴は軍の陰謀か?:HAARPか?軍用機か?どっちも軍の陰謀ではないのか?
と関係がありそうだ、ということなのである。

上の記事によれば、

『1/22金曜日に、プエルトリコで通信を行おうとする多くの部隊とともに動揺を乗せてそれが戻って来ました。そして、通常の誤差伝播問題によってではなかった通信に伴う重大な障害を引き起こした「異常」について議論しているように聞こえました。フロリダ州沖の大西洋カリビアンにいるようだった部隊が、メッセージの適切なコピーを受け取るために、プエルトリコの通信局で作業する際に複数回周波数を変えなければならないようでした。これらは通常範囲の飛行ではなく、彼らのレポートを通信局へ送ることを望む、コード・ネーム化された特殊部隊でした。その後の金曜日の夕方に、この「異常」がアマチュア無線技士オペレーターによって検波されました。

まず最初に、それは振幅が数メガワットに至る最大パワーの信号を調整したと言われました。それは振動しないで一定で、VLF帯の範囲内でした。それはスペクトル・アナライザーで、そのうえ、パイロットによって一般的に使われる稲妻のマッピングと発見のためにVLFを使う稲妻発見装置が使われ現れました。問題は嵐がその地域に起こっていなかったということです。『異常』の位置が実は、『国防省のGPSテスト?』のための範囲サークルの中心として与えられた場所と比較してフロリダ州の沖合より遠い、バミューダトライアングル・エリアに近い場所にありました

明確に、アマチュア無線技士がこれまでに聞いたどんなこととも違っていて、非常に奇妙にリピートするパターンを示すと述べました。それはアマチュア無線技士が40年以上のキャリアにおいてこれまでに聞いた、「ホイッスラー(口笛を吹く人)」、または稲妻、または他のいかなる地球物理学的信号でもありませんでした。たとえそれを起こしたのが人でなかったとしても、それは重大な問題を引き起こしている、と述べました......。それは稲妻探査マップ上に現れました。しかし、リピートするための嵐は起こっていませんでした。

1/22土曜日、『異常』が同じ場所に留まっていて、ゆっくりと強度が増しているようでした。また、同じ信号の別の『異常』が、オリジナルの場所より数百マイル北で探知され、そして、より精密な分析により、これら各々の分散した『異常』が地図上でお互いが非常に近い、2つの異なった源(出所)から出ていることが分かりました(つまりは基地とバミューダ海域)。
e0171614_1264332.gif

土曜日に、起きているはずの嵐が、まだそれらの地域には発生していませんでした。』

とある。そして、
その時のレポートによると、米国連邦航空局(FAA)が、進行中のこのリカバリー・オペレーションの間に全地球位置測定システム(GPS)を『あてにならない、役に立たない』ままにしておき、国防省(DOD)が『テストを実施している』1月20日~2月22日の間に、この地域[写真の地域]上空を飛行する全てのパイロットに対し前例のない警告を発令しました

とある。

この警告とは、以下のものである。
FAA warns of ongoing GPS issues in southeastern US due to Defense Department 'tests'
By Donald Melanson posted Jan 20th 2011 2:53PM

e0171614_11351884.jpg

Don't panic, but anyone planning on using GPS in the southeastern US for the next month or so will likely want to make sure they have a fallback option. That's according to a flight advisory just issued by the FAA, which warns pilots that their GPS signal "may be unreliable or unavailable" due to "GPS tests" that the Department of Defense will be conducting between January 20th and February 22nd. Details are fairly light beyond that, but the FAA does note that when the "tests" occur they will be active for 45 minutes, and be followed by 15 minutes of off time -- additional notices to pilots will apparently be issued at least 24 hours prior to any test. Of course, while this particular advisory is directed at pilots, it will presumably will also affect all other GPS devices, as the FAA doesn't mention any GPS issues specific to aviation. The real question, however, is just what those mysterious "GPS tests" are -- if they're, in fact, GPS tests at all...

そこで、昨日のナショナル・ジオグラフィックの「3つのパンチホールクラウド」のあった場所(サウスカロライナ州マートルビーチ沖合)とこの航空規制が行われている場所を比べてみると、以下のようになる。
e0171614_12101215.jpg

要するに、ナショナル・ジオグラフィックの「パンチホール雲」の生じている場所と今回の米軍の国防実験の場所はほぼ同一の場所であるということになる。

まあ、そんなわけで、やはり「パンチホール雲」は米軍のHAARPの仕業であり、どうやら今回のこの実験の背後には、「アデン湾の渦」とか、最近の異常気象などのさまざまな問題が、我々の知らないような形で密接に結びついている可能性が高いと言えるだろう。

いやはや、もはや一般のマスゴミのスピードや知力や体力では追いつかないということだけはだれにも理解できるだろうヨ。


おまけ:
ATLANTIS MAGNETIC VORTEX Anomaly Causes Shutdown Of US Army Weapons Base (JAN 27TH

[PR]

  by Kikidoblog | 2011-02-02 12:15 | HAARP

豪州に大型サイクロン上陸の可能性:超巨大台風「ヤシ」接近!

みなさん、こんにちは。

豪北東部に「カトリーナ級」のサイクロン接近、炭鉱に再び打撃か
e0171614_23163658.jpg


 [キャンベラ 1日 ロイター] 大規模洪水により甚大な被害に見舞われた豪北東部クイーンズランド州では1日、新たな大型サイクロン接近に備え、多くの住民が避難を開始した。

 大型サイクロン「ヤシ」は3日未明に同州沿岸に上陸する恐れがあり、最大風速は時速280キロと、2005年に米ルイジアナ州ニューオーリンズを襲ったハリケーン「カトリーナ」と同等の勢力が予想されている。

 また、気象当局によると、ヤシは沿岸部を襲った後も強い勢力を保ち、内陸部の鉱山地域にも被害を与える恐れがある。クイーンズランド州のブライ首相は、記者団に「嵐は大型で人命を脅かすものだ」と述べた。

 同州経済は、豪国内総生産(GDP)1.3兆豪ドルの約5分の1を占め、同国の鉄鋼原料炭輸出の90%をまかなうが、昨年末からの大規模洪水で甚大な被害を受けた。

 今回のサイクロン上陸で再び打撃を受ける可能性もあり、英豪系資源大手リオ・ティント(RIO.L: 株価, 企業情報, レポート)(RIO.L: 株価, 企業情報, レポート)オ・ティントがヘイル・クリーク原料炭炭鉱の操業を停止したほか、石炭輸送鉄道QRナショナルも一部の運行を見合わせている。

 クイーンズランド州沿岸部は、世界最大のサンゴ礁であるグレートバリアリーフを有するなど豪州随一の観光地でもあるが、ヤシは同地域を襲う熱帯性暴風雨としては史上最大の強さとなる可能性があり、観光産業も大きな打撃を受けるリスクがある。


いやー、これはすごい台風のようである。オーストラリアの人々はうまく非難し、無事でいて欲しいものである。

豪州に大型サイクロン上陸の可能性


くまざさ氏によれば、以下のようなものらしい。
オーストラリアにでかい台風接近

e0171614_23173158.jpg

たしかにグーグルアースの天気でも同じように巨大な台風が存在する。

e0171614_23192639.jpg


備えあれば憂いなし。
[PR]

  by Kikidoblog | 2011-02-01 23:20 | HAARP・台風・ハリケーン

雲に空いた穴は軍の陰謀か?:HAARPか?軍用機か?どっちも軍の陰謀ではないのか?

みなさん、こんにちは。

いやはや、ついにナショナルジオグラフィックにもこんな記事が登場。しかしながら、その結論部分は実にありきたりで陳腐なものだった。まあ、アメリカの懐疑主義者団体(実際にはメンバーのほぼ100%がユダヤ人シオニストのようである)が火消しにやっきになっているというのが真実だろう。以下のものである。


雲に空いた穴は軍の陰謀か?
e0171614_1023558.jpg

Photograph courtesy P. Wesley Tyler Jr.

Ted Chamberlain
for National Geographic News
January 31, 2011

 アメリカ、サウスカロライナ州マートルビーチの上空に、UFOのような形の穴が3つあいた雲が浮かんでいる。最近起こった鳥の大量死と関係があるのだろうか、それとも軍事実験だろうか。この写真の公開とともに憶測が憶測を呼び、インターネット上で激しい議論が巻き起こっている
 一説によると、「ホールパンチ雲(穴あき雲)」というこの雲の発生には軍事施設が絡んでいる可能性があるという。
 1月7日、IT専門家ウェスリー・タイラー氏は、コンピューターの部品を取りに自分の車まで向かう途中、UFOのような不思議な形の穴があいている雲に気付いた。
「最初は竜巻雲かと思ったけど、大気は不気味なほど穏やかだった。普通ではなかったね。この辺りに住んでもう何年にもなるけど、あんな雲は見たことがない」とタイラー氏は語る。自宅に戻って雲の写真をFacebookにアップすると、気象学者の知り合いがホールパンチ雲であることを確認した。
 小規模な吹雪を発生させるホールパンチ雲は、氷点下の薄い層で形成されるタイプの雲だ。ちりなどの微粒子が少ない高層の雲の周囲では、水滴はほとんど凝縮せず、液体のまま摂氏マイナス36度ほどまで温度が低下する。
 雲の内部を航空機が通過すると、湾曲した翼上部に押し上げられたり、プロペラが後方に押しやる力が働き気圧が下がる。雲のある一点が円形に冷却し、そこでは水滴の大部分が氷の結晶となる。それから45分ほどで氷の結晶が成長、外側に拡散し、時には密度の高い小規模な吹雪となる。周囲の水蒸気が凝縮する結果、雲に円い穴があくのだ。
 しかし、写真を撮影したタイラー氏は航空機が原因だとは思えなかった。3つも同時に発生した例がないためだ。
「インターネットでいろいろと調べてみたけど、穴が2つの写真すら見つからなかった。近くにあるマートルビーチ国際空港の運行量もそれほど多いわけではない。それに、ホールパンチは高度6100メートル付近で形成されるとどこかで読んだけど、あのときの雲はもっと低かった。航空機が原因だとは考えにくいね」と同氏は話している。
 興味深い話を紹介しよう。アメリカ軍出資の「高周波活性オーロラ調査プログラム(HAARP)」陰謀説だ。信じる向きによると、この計画は地震や慢性疲労症候群、地球温暖化などの現象とも関連しているという。
 アラスカのガコナにあるHAARPの照射施設では、機密体制が敷かれているわけではない。しかし、電波を照射して地球の電離層を“活性化”する試みが進められており、一部では天候をコントロールできるとも言われている。3つの穴もこの施設が作り出したと見られているのだ。
 あるHAARP説の支持者は、今回の雲についてニュースブログの「Big Wobble」に次のようなコメントを残している。「間違いない。これは人為的に創出された電磁通路だ」。陰謀説には与しないタイラー氏だが、未だにどうも腑に落ちないようだ。「自然現象かもしれないし。とにかく理由は他にあると思う」。
 これに対し、コロラド州ボルダーにあるアメリカ大気研究センター(NCAR)の物理学者アンドリュー・ヘイムズフィールド氏
e0171614_16352855.jpg

は、自然とそれ以外の両方に理由があると説明した。「航空機がつくった普通のホールパンチ雲だ。何も驚くことはない。遠くの澄んだ空からもわかるように、上に層がなく、薄いタイプの正常な雲に決まっている」。高度が低かった点に関しても、「要は雲の層が十分に冷やされていれば問題ない」と同氏は語った。
 では、3つも同時に“穴”があいたのはなぜだろう?
 ヘイムズフィールド氏は、「穴の大きさとそこから降った雪の質から、3つ共ほぼ同時に形成されたようだ。おそらく、複数の軍用機が編隊飛行したのだろう」と説明する。事実、マートルビーチ上空では軍用機の訓練飛行が頻繁に行われている。しかも写真が撮影された1月7日の午前9時~午後2時の間、サウスカロライナ沿岸の沖合では戦闘機の軍事訓練が行われていたのである。
 この話を聞いて、タイラー氏も航空機が原因であることに納得したが、身もふたもない証拠には少々がっかりしたようだ。「でも、それならそれで悪くはないね。陰謀話は好きだけど、ナチュラリストでもあるのさ」と同氏は話してくれた。


これは、大分前にここでもメモしたものである。
2010年チリ地震もやはりHAARPのせいだった!?
天空に光り輝く巨大な雲:これは何だ?

モスクワ上空


我々がインターネット上で、HAARPの仕業ではないかと言っているのは、こっちの方。パンチホール雲でもそれが発光しているようなものである。このナショナルジオグラフィックの記事のものは、発光しているかどうかはかなり分かりにくい。

記事にある、アンドリュー・ヘイムズフィールド博士(Andrew Heymsfield)は、
「航空機がつくった普通のホールパンチ雲だ。何も驚くことはない。遠くの澄んだ空からもわかるように、上に層がなく、薄いタイプの正常な雲に決まっている」。
高度が低かった点に関しても、
「要は雲の層が十分に冷やされていれば問題ない」。
「穴の大きさとそこから降った雪の質から、3つ共ほぼ同時に形成されたようだ。おそらく、複数の軍用機が編隊飛行したのだろう」
というご意見のようである。

いやはや、最近のジェーソンの物理学者の言うことは冗談がきつい。もし飛行機でこんな「パンチホールクラウド」が出来るのであれば、世界中がパンチホールクラウドだらけとなってしまうだろう。

はたして真実はどうか?

今後の調査を見守る他はない。


おまけ:
e0171614_1353345.jpg

やはり上の画像は、NASAがよくやる隠蔽工作の技術であるネガポジ反転が使われているのだろう。私が明暗反転すると、パンチホールの周辺部が非常に明るくなっていることが分かる。このことから、やはりこの3つのパンチホールもまたHAARPによる電磁波放射のせいである可能性が高い。
[PR]

  by Kikidoblog | 2011-02-01 10:34 | ミステリー

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE