<   2011年 05月 ( 62 )   > この月の画像一覧

 

私の名前のイニシャルは「KI」:ヨウ化カリウム!

みなさん、こんにちは。

いま徳島は異様な濃霧に包まれ始めている。非常に暖かい日だったから、こういう日は地震の可能性もある。もしこの辺りが大地震に襲われたら、東北の二の舞である。まあ、その時は「みなさん、さようなら〜〜。あっちで待っていますヨ」というところだろう。

さて、私の名前を英語で書くと、このブログのタイトルにあるように"Kazumoto Iguchi"である。これをイニシャルで書けば「KI」となる。これは、ゼカリア・シッチン博士の研究したニビル語では「KI=chi=地」となる。これは「地球」という意味である。だから、「エンキ」とは、"enki"、「地球の支配者」となるというわけである。

ところが、実に面白いことに、「KI」にはもう一つの意味がある。それは、英語では"potassium iodide"のこと、日本語では「ヨウ化カリウム」のことである。今回はそれをメモしておこう。

放射能の除去剤として、いわゆる「安定化ヨウ素剤」、「ヨウ素剤」などと呼ばれている薬がある。こんなものである。

e0171614_19422270.jpg

e0171614_1943224.jpg


以前、放射能除去のところで、こんなことをメモしておいた。
プルトニウムは極悪非道:「三十六計逃げるに如かず」
セシウム137はカリウム、ストロンチウム90はカルシウムでブロックできるか!?

放射能作業員や放射能の雨がやって来た時、まず真っ先に飲めといわれるのがこの「安定化ヨウ素剤」と呼ばれる薬である。その理由は、放射性のヨウ素131は可溶性であると同時に揮発性であるために、空気に乗って遠くまで達し、雨で飲み水などにも含まれてる可能性が高い物質であるからである。一番体内に入り易く、後々甲状腺障害や甲状腺がんの原因となる。子供の場合には、さらに成長障害を引き起こす。だから、安定化ヨウ素剤を飲めというわけであった。

あるいは、こんな説明も流布されている。
(情報提供) 安定ヨウ素剤の予防服用について
Q1)なぜヨウ素剤を飲むのか?

A: 原子力施設に事故がおきた場合、いろいろな放射性物質が施設から放出される。放射性ヨウ素もその中の一つで、放出された放射性ヨウ素は、呼吸や食物とともに体の中に取り込まれ、甲状腺に集まる。そのため甲状腺癌の原因になるおそれがある。これに対し、前もってヨウ素剤をのんでおけば、放射性ヨウ素が甲状腺に集まることを防ぎ、尿や便から排出されて、発癌の危険性(リスク)を低減することが出来る。

私も「安定化ヨウ素剤」、あるいは「ヨウ素剤」という日本語のおかげで、ずっとそう思っていた。

ところがである。この主成分は何なのか?とちょっと調べてみると、なんとそれは「KI」であった。つまり、「ヨウ化カリウム」であった。

「塩化ナトリウム」とは、塩のことだが、ナトリウムはプラス1の正電荷を持ち、塩素はマイナス1の負電荷を持つ。これと同じで、カリウムはプラス1の正電荷、ヨウ素はマイナス1の負電荷を持つ。

もし我々が塩素を必要として、塩をなめて、塩素を摂ろうとすれば、同時にナトリウムも採ることになり、そのせいでしょっぱく感じるはずである。塩気を感じるのである。ナトリウムの摂り過ぎに注意しなくてはならない。逆に言えば、塩からナトリウムをとるとすれば、同時に塩素も摂っていることになる。

塩化ナトリウムの塩がそうなのであるから、ヨウ化カリウムとて例外ではない。これからヨウ素(I)を摂取しようとすれば、同時にカリウム(K)も摂るということになる。

実は、この部分を多くの研究者や多くの人々が忘れていたのだろうと思う。もちろん、私も忘れていた。
原発で重大事故が起きたら子どもたちに安定ヨウ素剤を飲ませるべきか?
安定ヨウ素剤の対象は子供だけ?

以前、
「チェルノブイリの被災者は豆腐を食べた!」:確かに大豆製品にはカリウムとカルシウムがある!
にメモしたように、私のこれまでの理解では、
ヨウ素131(I131) ⇄ ヨウ素(I)
セシウム137(Cs137) ⇄ カリウム(K)
ストロンチウム90(Sr90) ⇄ カルシウム(Ca)

のような役割対応があると考えている。だから、カリウムやカルシウムがある食品、例えば、大豆食品を食べることを勧めて来たわけである。

なぜなら、放射能障害の問題としては、黒澤明監督の「赤富士」にあるように、
ヨウ素131(I131) → 甲状腺に溜まる → 甲状腺障害になる
                         子供は成長障害になる
セシウム137(Cs137) → 生殖腺に溜まる → 奇形児につながる
ストロンチウム90(Sr90) → 骨に溜まる → 白血病になる

と考えられているからである。だから、何とかしてセシウムも除去したい。それゆえ、カリウムの多い食材は何かと考えたわけである。ところが、「KI」である「ヨウ素剤」にもヨウ素とカリウムがあるわけである。それも同量だけ含まれているわけである。

だから、外人はすぐに「ヨウ素剤」を飲むわけである。経験的に、こういう事情を知っていたのだろうと思う。ヨウ素もカリウムも摂って、甲状腺と生殖腺を保護してきているわけである。

まあ、そういう理屈から、この「安定化ヨウ素剤」は子供たちにも飲ませてあげるべきだろう。子供には必須アイテムなのかもしれない。ただし、若干の副作用があるらしい。

政府は、福島付近の子供たちには、この「KI」剤を無料で配布すべきでしょうナ。最低限でもそのくらいのことはやるべきですナ。
[PR]

  by Kikidoblog | 2011-05-01 20:51 | 放射能防御除去

「エゴを殺して生きる」、いまこそフラー精神を身につけよう!:雑魚には雑魚の生き方がある

生物のすべてが本能的にあらかじめデザインされた役割を果たす限り、
宇宙は生きるものすべての面倒を見ている。
魚は海に遊泳料を支払う必要はない。
人間も成功するようにデザインされているはずだ。
−− R. B. フラー


みなさん、こんにちは。

こういうゴールデンウィークの時期こそ、この宇宙と一体となり、この宇宙の声に耳を傾けてみる。あるいは、いつもは嘘だデマだ眉唾だ、トンデモねえものだ、といって簡単に片付けていることを自分なりに調べてみる。こういうのを本当の命の洗濯、魂の浄化というと私は考えている。

かの20世紀の超人といわれた建築家のバックミンスター・フラーは、1920年代のアメリカの大不況の時代に、事業が倒産。ほぼ自殺しかないところまで追いつめられたという。しかし、彼は「なぜ自分が自殺に追い込まれることになったのか」自問自答の日々を送ったという。

その結果、「自分には金はない。学歴もない。身体も小男。財産も失ってしまった。今できることは考えることだけだ。この世界を感じ取ることだけだ」、「考えることはただで出来る」と認識し、毎日「考えること」に集中したという。

そこから「宇宙はそもそもこの宇宙にあるものすべてを育むことにその目的がある」、「この宇宙自体に背かない限り、自分自身の人間としての存在そのものに意義があり、かならず成功するように宇宙は成り立っている」。

ところが、「これまで自分個人の成功だけを望み、家族の成功を望む」そんなことばかりを願って生きて来た。つまり、「エゴのために生きて来た」。その結果が「このざまだ」。そして、「このエゴを貫く為に自殺しよう」としたと理解したという。だから、これからは「自分のエゴのために自分の身を滅ばす(自殺する)」のではなく、「エゴを殺して利他的に生きよう」、「自殺する」のではなく「自らのエゴを殺そう」と考え方を変え、それに応じた行動をとるようにしたという。

こうして行くうちに、「ダイマキシオン・ハウス」、「ダイマキシオン・カー」、「宇宙船地球号」、「フラードーム(ジオデシック・ドーム)」、「トラス構造」、「テンセグリティー構造」、「シナジー」、「インテグリティー」、「シナジェティクス」、「プリセッション」などなどのさまざまな概念を創始することが出来、いつしか「20世紀最大の建築家」とまで呼ばれることになったのである。

このすべてが「エゴを殺して生きる」というところから始まったのである。是非フラーの「クリティカル・パス
e0171614_14162421.jpg

や「バックミンスター・フラーの世界
e0171614_21402621.jpg

を読んでもらいたいものである。

さて、日本にはそんなフラー的なもう一人の人物、超能力者の照氏(松原照子氏)がいるが、最近実に興味深い話を書いている。

ビル・ゲイツ
Date: 2011.05.01 | Category: 世見 | Tags:

ビル・ゲイツ
e0171614_1420143.jpg

って今、何才なのだろうか?
世界第一の大富豪、最近体調を崩している。そんな気がしてならない。
首の裏辺りが気になるのか、首に手を当てる姿が見えた。
ウ~ン、もしかすると彼は自分が築いたものを奪われる恐怖を感じているのかもしれない。
いや、それだけではなさそうだ。
ウ~ン、又もや唸ってしまった。
一代で財を築いた彼の終わり方が、私には首を傾げたくなる。
彼が悲劇的な結末で終わらない事を今日は願いたい。

それと、ゲイツ氏の奥様って、どんな人なのだろう。
きっと、今後はこの奥様の手に大きな物?が飛び込んでくる事だろう。
この奥様に手を焼いているゲイツ氏が見えてしまったが、間違っていたら「ごめんなさい」と先に誤っておく事とします。

ロックフェラー家とこのゲイツ氏の戦いは、これからが本番のように私には思えるのです。

暗雲が漂い始めているように思う

Date: 2011.05.01 | Category: 世見 | Tags:

このところ、ロックフェラー家の内部がギクシャクしていると思われて仕方がない。
この巨大なロックフェラーは、もはや大きな大国だと思ってもいる。
私達一般人にはわからない経済的な大きな流れを作り、140年もの長きに渡り、
世界をのし歩いて来たのですが、どうやら、この一家にも暗雲が漂い始めているように思うのです。
勿論、私達とは違い、この一家が没落する事はあり得ませんが、
1911年に起きた独占禁止法違反の様な衝撃がおきるように感じられるのです。


これが本当なら実に興味深い。

ロックフェラー家こそ、いま福島の原発を世界中に売りさばいた張本人である。GEはもともとはあのトーマス・エジソンが自分の無数の発明によって生み出した会社である。しかし、それをスポンサー役をした偽ユダヤ人のJ・P・モルガンがいつのまにか奪い取って世界的な大企業になったという会社である。

一方、ビル・ゲイツもまた、現代の神話の一人である。マイクロソフトを生み出し、OS事業で大成功。世界のビル・ゲイツになった男である。私がユタにいた頃、マイクロソフトの製品はMACのためのゲームソフトを作っていたような企業であった。それがマックからIBMのUNIX系のOSを作り始めたことから大企業への道を歩み始めた。

ついでに付け加えておけば、私は日本で初めてインターネットが誕生する前からインターネットを知っていたから、日本のインターネットの始まりのころを少し知っている。今や日本を代表する企業となったソフトバンクはヤフー検索を日本に導入し始めたちっぽけな個人事業であった。楽天も個人営業を始めたインターネットモールの最初のものの1つであった。コーヒーのブリックスは海外コーヒーのネット販売個人事業種に過ぎなかった。あれから20年ほどの内に、それぞれ日本を代表する大企業の仲間入りまでしたのである。

これは、ビル・ゲイツ同様、海外企業の資本参入があったからである。要するに、お金を使わせてくれる後ろ盾がいたということである。その当時のレベルであれば、私も似たようなことは出来たが、私は全く関心がなかったので、一切そうした個人事業は始めなかった。おかげでいまも金銭的には無収入である。私の本などせいぜいコーヒー1、2杯分程度の売れ行きである。私のサイトにも自分の事業のためのものは付けていない。

まあ、不思議なことに、ある時期私と関わった人が非常に幸せになるという変わった特技がある。昔私の真似をしてアメリカ留学した何人かはいまやそれぞれの大学の学部長クラスになっている。私と共著の論文を書いた人はそれぞれそれなりに有名になり、職をとっている。私の証明した定理を使ってある問題を解決した人は賞をとっている。私の息子たちのサッカーチームはそれぞれに県でベスト8(戦後初)、準優勝(58年ぶり)という快挙を昨年あげた。奥さんは立派に自分のキャリアアップしている。311では、私といっしょに地震予知した人たちがかなり有名になったようである。まあ、すべてがそんな案配である。

私は必然性のないことには無頓着である。金儲けは私には必然性がない。しかし福島原発の事故解決には必然性がある。だから、さまざまなアイデアを考え出した。「生命とは何か?」この問いにも必然性がある。だから必死で考えている。子供たちがサッカーをうまくなりたい。いい結果を残したい。これにも必然性がある。だから、必死で出来る限りの協力をした。奥さんが自分のキャリアを延ばしたい。これにも必然性がある。だから協力する。

私は私なりにフラーの精神を理解した結果、フラーを知るようになるずっと前から、私はフラー的な生き方や考え方で生きて来たということを知ったというわけですナ。だから、それなりに宇宙が生かし続けてくれるわけである。フラーほどすごい人間にはなれなくとも、ミニフラーでもいいのだろうと私は考えている。雑魚には雑魚の生き方がある。宇宙は雑魚も育むように出来ている、ということですナ。
[PR]

  by Kikidoblog | 2011-05-01 15:02 | スピリチュアル

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE