「ほっ」と。キャンペーン

<   2011年 06月 ( 66 )   > この月の画像一覧

 

こんな日本にだれがした?:菅直人の正体は生き血を吸うヒルだった!?

みなさん、こんにちは。

いやー、これは結構面白い。

e0171614_18271447.jpg

e0171614_18272154.jpg


「裸のペテン師」菅直人首相 人間性だけは首尾一貫 師・市川房枝氏も不信の目…1
「裸のペテン師」菅直人首相 人間性だけは首尾一貫 師・市川房枝氏も不信の目…2
「裸のペテン師」菅直人首相 人間性だけは首尾一貫 師・市川房枝氏も不信の目…3

いやはや、笹川良一の不義の子として生まれた鳩山由紀夫から、生まれながらに「ペテン師」として生まれた菅直人。

e0171614_1855681.jpg

帝都放送協会より。)

この2人を実に端的に論じるジャーナリスト、阿比留瑠比さん。実に痛快きわまりない。

この阿比留瑠比さんのインタビューが以下のもの。

【阿比留瑠比】菅政権延命が日本にもたらすもの[桜H23/6/23]


まあ、この比留瑠比さんの話からすると、菅直人と40人の盗賊政権は、日本という国に吸い付いた「ヒル」

e0171614_17511522.jpg

のような連中らしい。要するに、いろいろ役職をつけては仲間内で持ち回り、税金を吸い取る。まさに国民の血税を吸い取るヒル政権である。

e0171614_17513085.jpg


これが菅直人の正体だったとは! 死神よりたちが悪いナア。

まあ、しかし、これも小泉純一郎もそうだが、ちょっとでもあっち(済州島)の血筋が入るとここまでおかしくなるもんなんですナ。だれか悪徳ヒル退治する猛者は出て来ないのだろうか?

いずれにしても、菅直人ほど教育上よくないものはいない。青少年育成条例違反だヨ。


おまけ:
菅首相:飲食店3軒はしご
e0171614_1826112.jpg


菅直人首相は29日夜、秘書官らとのすし店での会食を皮切りに、焼き肉店、イタリア料理店と3軒の飲食店をはしごした。すし店は秘書官室スタッフの送別会。焼き肉店は国家戦略室スタッフの会合で、最後に桜井勝延・福島県南相馬市長や伸子夫人と会食した。首相は28日夜も側近の荒井聡前国家戦略担当相らと会食しており、冷ややかな空気に包まれた28日の民主党両院議員総会を乗り切った解放感を、会食で共有したかったようだ。

この伸子夫人

e0171614_18221477.jpg

というのもすごいタマですナ。あんたの亭主のせいで、福島原発は大爆発。関東一帯の数千万人が被爆したわけだヨ。まあ、いずれみんな死ぬから俺にはどうでもいいがナ。もちろん、放射能で。

私個人の想像では、東電は今後今以上に大きなミスを犯してくれるのだろうと見ている。3日前にホウ酸水を注入して、水蒸気の膨大な煙を放出してくれたように、いつかとてつもないことやらかすだろうヨ。くわばら、くわばら。
[PR]

  by Kikidoblog | 2011-06-30 17:59 | 反日・在日の陰謀

今日はナイスデー!?しかし福島の放射能は世界を回る。

みなさん、こんにちは。

いやー、今日は実に爽快な日だった。久しぶりの日本の青空を見ることのできた日である。なぜなら、1日まったく米軍機によるケムトレイル散布がなかったからである。本来真夏とはこういう日でなくてはならない。

さて、台風5号の時とその前の梅雨前線は今や非常に曲がりくねってこんな感じである。

e0171614_23141714.jpg


この雲と大気には、米政府(要するにヒラリーのせいだが)が送り込んだバカな外交官か何やらのせいで潰れてしまった福島第一原発が十二分に猛毒放射能を含有した、歴史的な悪魔の雲を含んでいる。なぜなら、その頃の福島第一原発は連夜に渡って猛毒のばい煙をこれほど出せたらどれほど気持ちいいかというほど元気に送り出していたからである。

グーグルアースの天気でみるところ、このまま進むと、確実にハワイ諸島の上を通る。ハワイの人たちは、君らの政府がヘマしてくれたばっかりに崩壊した福島の空気を吸わされることになるのだろう。ハワイの次は米本土西海岸。そうして欧州を通り、中国を通り、そしてまた日本に舞い戻る。可哀想だが、それが現実である。

この地球には内も外もない、とは、かのバックミンスター・フラーの言葉だったが、これはいつも真実である。この地球に空は1つしかない。日本の空を汚せば、それすなわち世界の空を汚すことになるわけである。
[PR]

  by Kikidoblog | 2011-06-28 23:44 | ケムトレイル

福島第一原発4号機からまた大量の煙が発煙中!

みなさん、こんにちは。

いま福島第一原発のライブカメラを見ると、以前と同じように、灰色の煙を大量に放出中である。

2011.06.27 22:00-23:00 / ふくいちライブカメラ (Live Fukushima Nuclear Plant Cam)


(2分30秒目あたりでどこかから強烈な光が当たるのはなぜだろうか?)
e0171614_2343249.jpg

(時々、非常に光速度でこういう光も飛んでいる。はたしてUFOか?ノイズか?)

JNN福島第一原発情報カメラ(LIVE)


ふくいちライブカメラ

やはり雨が降った後に何かが起こるということのようである。周辺の人は要注意。


さて、そこで早速昨日一昨日と調べてみると、なんとやはり以前とまったく同じ状況に陥っていたようである。

2011.06.26 22:00-23:00 / 福島原発ライブカメラ (Live Fukushima Nuclear Plant Cam)

(この映像の途中で何かが光るがそれは何か?)

2011.06.27 00:00-01:00 / 福島原発ライブカメラ (Live Fukushima Nuclear Plant Cam)


まあ、このままこの「悪魔のエンジンサイクル」を繰り返せば、確実に日本は終了ですナ。
[PR]

  by Kikidoblog | 2011-06-27 22:00 | 原子炉被災

「ピューニー・リトル・アンツ」!?:世界はいよいよこれからが本番、佳境に入る?

みなさん、こんにちは。

やっとのことで、マイケル・プリンスとアーロン・マッカロムの話の記事の日本語翻訳が完了し、再び生きた心地が戻って来た。風雲急を告げてしまったために、ETの手を借りたいと言っている私がETのお手伝いをしているようでは、本末転倒ですナ。

しかしながら、それをする価値はあったようである。おおよそ、今の世界中の問題の真の構造が理解できたからである。

さて、まずはこれ。

e0171614_1102643.jpg


これを見て分かるように、私がここにETやUFOのことを書いたとたんにアクセス数が激減したことを表している。一方、13、14日と23日になぜアクセス数が伸びていたかと言えば、13日と23日はHAAARPや地震の話題、14日は福島第一の再臨界が起こった可能性を話題にしたからであるようである。

これは、ここを見ているような、かなり世界の裏側や真実に興味を感じる人々でも、やはり当面の自分の身の安全が第一であるということを意味している。さすがにまだ、この宇宙の真実、この銀河系の真実、こういうレベルにまで到達できているものは皆無だということを示しているのである。

だから、東日本大震災の犠牲者の中にも、HAARPが気象兵器や地震兵器にも転用できることは多少分かった。ひょっとしたら、本当に地震兵器による、人工地震だったのかも知れないと考える人も今ではかなりの人数になったようである。

ところが、では、そもそも、なぜHAARPがあるのか? 何の目的? だれがそんな予算を出した? 

こういった更なる疑問というものがあるのだが、まだそこまではつながらないというわけである。さすがに、一つ一つの事柄を知ることによって、さらにその向こうに何があるのかまで知ろうとするものは、日本では極めてまれである。だから、シープル(偽ユダヤ人)、ヤプー(太田龍)、B層(電通/博報堂/NHK)、精神年齢15歳(ダグラス・マッカーサー)、永遠に子供のまま人間(アドルフ・ヒトラー)などという呼ばれ方をされるのである。()内はそう呼んだ人。

実は、こういう見かけの現象の背後にある、「氷山の一角」が、ここ最近私がここにメモした、マイケル・プリンスやアーロン・マッカラムなど(他にも数十人は少なくともいる)の人々が一貫して主張しているものなのである。

このブログの新参者は一番最初を必見する必要があるが(たいていは新しいところから見ようとするが)、そもそもの始まりは、火星に存在する人間の証拠、つまり、「火星に我々と同じ地球の現代人が住んでいるかどうか」という証拠探しから始まったのである。

もちろん、答えはイエスである。もう6億人規模で住んでいるという。彼らは最初は地球から拉致され、連れ去られた人々らしいが、そして多くは科学者や技術者らしいが、今では子孫を作っているという。行き来は禁止されているから、簡単に地球に戻ることはないという。

では、もう一つ。では、なぜ彼ら「イルミナティー」が地球の人口削減にこだわるのか? どうして5億人がいいと考えるのか? どこからこの数字が出て来たのか? レーガン大統領やジョージ・ブッシュがなぜ火星にこだわったのか? NASAがなぜ突然火星への片道切符旅行などと言い出したのか?

「イルミナティー」という語句もいまではどんな素人でも知るようになった。最近のハリウッド映画でもしょうがなく出したからそれで知った人も多いだろうが、数年前までは、日本では「イルミナティー」という単語を出せば、キチガイ扱いされたものである。

それが、今では、地震掲示板や気象操作掲示板など、一般人サイトでも「イルミナティー」や「NWO」などの言葉が出てもだれも驚かない時代になったのである。数年前の私の旧ブログではそういったテーマを書きすぎ暴露しすぎたせいか、ドブログ(doblog)は突然の閉鎖になってしまったのである。

この「イルミナティNWO」の面々がHAARPを作り、人工地震や気象操作をしているのは分かった。でも、彼ら自身を見る限り、とても頭が良さそうに見えない。本当に彼らにそんな知恵があるのか?


こういう疑問の答えをマッカラムやマイケル・プリンスが答えてくれているというわけである。

実は、彼ら欧米白人種の背後には、エイリアン(ニビルのアヌンナキ、レプティリアン、グレイなどなど)と数千年に渡るおつきあいがある。中にはその遺伝子ハイブリッドである西洋人もいる。そして現在もその関係を続けている。この”隠された”真実が、「オカルト」と呼ばれるものなのである。それゆえ、「オカルト」の本当の意味(つまり、「オカルト」を行う西洋人が言う意味)とは、「非科学的」という意味ではない。「一般人や他人や敵に見せない、知られたくない、先祖伝来の本当の知識」という意味なのである。

したがって、現代用語で言えば、「Hidden Science or Hidden knowledge」が「オカルト」という意味なのである。だから、「オカルト」=「(古代の、先祖伝来の)科学知識」なのである。それゆえ、現在では、米軍の秘密基地に”隠された”、超先進的高度な科学技術、例えば、「スターゲート」や「ルッキンググラス」や「テレポーテーション」や「タイムマシン」などの量子アクセス・テクノロジーもまた、「オカルト」と呼ぶべきものなのである。ここを間違ってはならない。

古代においては、ある種の儀式で呼び寄せ、通信していた、遠くの星々の存在が、ついに地球の居場所を突き止めた。そして、本格的に地球を自分のものにしたいとあっちから飛んできたのが、1920年代のテスラの時代であったという。ニコラ・テスラが「私は火星人と交信した」といったのは有名な逸話である。

そして1930年代に彼らの一部が、アドルフ・ヒトラーや米国政府に働きかけたのである。そのきっかけを作るために、わざとハンカチ(UFO)を落とすというのは、「ローマの休日」のグレゴリー・ペックだけではなかったのである。わざと自分のUFOを撃墜されて、地球人と会ったのである。プレアデス人も、グレイも、レプティリアンも全部似たような手口を使ったのである。人は女との出会いのためにわざとハンカチを落としてきっかけをつくるが、宇宙人はUFOを撃墜され、やられた振りをしてきっかけを作ったというのである。(私個人の印象では、種子島に鉄砲を伝来させた西洋人も同じ手を使ったと見ている。)

こうして1940年代には、すでに欧米人には「宇宙人襲来」の事実が既知の事実となった。知らぬは、後発の未開人ばかり(その中に我々日本人のご先祖たちもランクインしていた)だったのである。オーソン・ウェルズはその襲来を模擬して実放送で実験し、大衆のパニック操作を研究する道を作ったという。

ここから先は、故ウィリアム・ミルトン・クーパーや多くの他のインサイダーたちが命をかけて暴露してきたとおりである。この辺りから私はこの世界を多少かいま見て来たというわけである。この時代は、スティーブン・スピルバーグがかつてのオーソン・ウェルズの役割を任されているというのである。ハリウッドは、これから何が起こるか、何を起すべきかの実験台だというのである。逆音声分析はこれを教えるという。

こういう歴史的結果、今の世界がある。世界中が超異常気象の雨あられ。文字通り、豪雨や大ひょうが降っている。世界中が穴だらけやひび割れだらけ。それも極めて対称性の高いものばかり。
火星の地底世界への入り口か?:火星に存在する奇妙で巨大な穴
グアテマラの怪:ビッグホールが出現!そこにはあの東原亜希の影が?

e0171614_10132747.jpg


こんな幾何学的な大穴が自然にできるはずがない。明らかに人工的(マンメイド)というよりは宇宙人的(エイリアンメイド)な大穴である。

こんな未知の現象に対して、それはなぜ? 何の目的で起こった?

というような問いに対する答えを、アーロン・マッカラムやマイケル・プリンスの説明が出してくれるのである。要するに、「エクスカリバー」という対地下深部基地に対する「エイリアン兵器」の使用の可能性である。

エクスカリバー」というのは、イギリスのアーサー王伝説の中で出来てくる、地表に突き刺さった剣
e0171614_11572527.jpg

の名前である。これを模して、地表に垂直にざくっと突き刺すようなものを欧米人は「エクスカリバー的」と感じるのである。

そこで、地中深くにある何らかの防空壕などに上から突き刺さるような爆弾を米軍は「エクスカリバー」と呼んだのである。これの「劣化ウラン弾」がイラクのフセインに使用された「エクスカリバー」である。

そして、ミルトン・クーパーが暴露したように、当初この「エクスカリバー」製造の目的は、米軍の隣に住み始めたグレイエイリアンの地下深部基地(これには、ダルシー(ドロシー)という有名なものや、グレイと米軍、グレイのみ、レプティリアングレイのみなどいろいろあると言われている)をいつか破壊するという目的で密かに作られたと言われているのである。

ところが、マイケル・プリンスによれば、倫理的宇宙人(昔アドルフ・ヒトラーが「アーリア人」のモデルにした、アヌンナキタイプ。つまり、極めて長身で金髪碧眼の超人的宇宙人)は慈悲深い、宇宙的、スピリテュアルな宇宙人なのだが、この彼らもまた、地球人が「エクスカリバー」と呼ぶような、対レプティリアン地下深部基地用の攻撃兵器を持っているというのである。それが何らかの音波を使った、爆弾型ではない、兵器であるというのである。これなら、地表にいる一般地球人の家屋に被害を加えずに、その下に住む、悪い宇宙人をやっつけることが可能というわけである。

こういう空中と地下深部のエイリアン同士の戦闘の結果、世界中がひび割れ、大きな穴だらけ、時には地表面が異様に発光するというような、謎の現象だらけとなっているのだろうと最近私は考えるようになったというわけですナ。

これを証拠づけるかのように、福島第一原発にもさまざまな形状のUFOが飛来していたのである。マイケル・プリンスやアーロン・マッカラムなどの話から推察すると、どうやら、円盤型のものが、プレアデス人やアルデバラン人の探査機であり、非常に長い葉巻型UFOが彼らの母船であるらしい。
福島第一原発にUFO:今度は「球状UFO」

はて、ではなぜ我々地球人は一番レベルが低いのか?

それは、我々の宇宙の中で地球のいる太陽系がかなり遅くに出来たからである。地球人の宇宙年表を信じたとしても、宇宙は150億年前に誕生、地球は早く見積もっても50億年前に誕生した。50億年でここまで来たのであれば、最初の50億年、次の50億年、最後の50億年ということで割ったとしても、我々の地球太陽系は第3世代ということになる。第一世代、第二世代の惑星の人々からすれば、我々にとってのカビのようなものだろう。宇宙の発展途上国、それが惑星地球である。

我々地球人の国際エリートが発展途上国や第三世界を牛耳っていいようにして儲けたいとおもうように、そして、大成功して大金持ちになり、南の国の孤島で王族のような生活をする夢を持つビジネスマンがたくさんいるように、この宇宙にも同じようなことを夢見ている宇宙人がいるという。その1つがレプティリアン種族であり、彼らはイナゴのようなものだという。この畑を食い尽くしたら他へ移る。我々は彼らの餌の一種にすぎないらしい。まさに「バグズライフ」の世界である。

我々は「ピューニー・リトル・アンツ」に過ぎないということですナ。


[PR]

  by Kikidoblog | 2011-06-27 12:26 | コンスピラシー

マイケル・プリンス「WWIII、敵対的なETたちと人類との間の戦争が開始された!」2

(つづき)
ドラコ爬虫類の致死

マイケル・プリンスは、必ずしもすべての爬虫類宇宙人が人類にとって危険であるわけではないことを書いています。 一つの例外は、グレイ/爬虫類派閥の一部は、現在地球の乗っ取りを脅かしているドラコ爬虫類です。 彼は、悪意のあるDracosは気持ちのいいものでない"と書いています。 それらの間の思いやりのある人間があるかもしれませんが、それらの大規模なセクションが徹底的に悪と危険なものだとあります。 この心配のニュースは、私たちを助けるためにここにいる、そしてDracosと古代の戦争に巻き込まれている様々な星系からの多くの善意のETSがいるという事実によって相殺される。 Dracosは本物の人間ですが、諜報機関は、世界の人々がすべての爬虫類のETSを恐れるように心理的な作戦に関与している"。

プリンス氏は言う、"Dracosは雑食動物であり、この場合に私達である食糧を含む天然資源のためにイナゴのような惑星を通って移動します。この本の中で彼らが食糧のために私たちを使用していることを示す大きな支持する証拠があるでしょう。 Dracos二つの心臓を持って、7~12フィートの間であり、8~16人の男の強さを持っている。 彼らは、殺すのが困難であり、私たちの先に何千年もの間の戦いにおける精神的と技術的スキルを持ち、彼らは冷酷であり、後悔や同情を持っていません。

"別の色のドラコがありますが、ドラコ首相は白色であり、グループの王族やエリートと思われる。 彼らは地下の人間によってはるかに少ないが見られている。

施設と拉致。 様々な色のドラコは翼を持ち、一方、人間により頻繁に目撃される、階層が低い爬虫類人は、翼を持ない。 翼は背中から突出長く、小さな骨棘や肋骨で作られています。 リブは革、黒褐色の皮膚のフラップが隣接し、そして翼は通常後退位置においています。

ドラコの記述に一致する人間は、彼らの翼を使った飛行を見られている。 これは、ポイントの町で、ドラコのような生き物の複数の目撃が報告された。

楽しい、リチャードギア主演のMothmanの預言なる映画は、これが基になっている。 いくつかの遭遇では、人々は彼らの肩ごしから背中の下に掛けられたマントを身に着けている爬虫類の生き物を見てきました。 マントは、特にDracosの翼をカバーするために設計された衣服の一部か、またはそれらの後退、暗い革のフラップは肩と背中とダウン状態になる布状の材料かもしれない。

"何が目撃者の心を打つかといえば、ドラコの人間の物理的な外観についてはほとんどが角です。角は通常、短いです。 彼らは、形状の円錐形のものであり、頭蓋骨から4~5インチ伸びています。 一部のレポートでは、円錐形の頭部に沿って低い骨の隆起を説明します。 これらの尾根は、眉と彼らの頭の上部の中間に表示されます。 彼らは他の爬虫類人間よりもはるかに多くの運動に適する構造を持っているように見えます。 その上部の胴は、非常にスリムであり、その首の筋肉は、顎の付け根から彼らの肩甲骨にまで広がっています。 Dracosは彼らの翼を使用して飛行することができるなら、何人かの人が報告しているように、飛行の物理的な要求は他のどのものよりも発達しているいくつかの筋群のおかげでしょう。

"ドラコの出会いがあったと主張する一部の個人は、白い粉状のスケールのあるものが接近してきて、色で緑がかった褐色である翼Dracosに命令を与えるのを彼らが見ていると言います。 白いDracosはドラコ首相です。 これらのケースの一人一人に、緑がかった茶色の人間は、白いスケールとドラコに非常に敬意と従順なように見えた。 この反応は、ドラコの階層は、肌の色やおそらく他の未知の遺伝的特性に依存してカースト制であることを示唆している。

遭遇レポートでグレイもまたドラコ首相に同様の敬意を示している。"

世界の銀河連邦との条約

米国政府は、地球の出来事に関与している少なくとも118地球外種族の存在を知っているとプリンスは言います。 彼は、"また、これらの思いやりのある種族と人間/ ET条約がなされている、そしてこれらの分野における彼らの動機や行動は、彼らの意図を証明するように見える。"と述べています。

プリンス氏は書いています、"このような状況は非常に奇妙であり、我々は非常に分類された領域に深く行くように、さらに進展します。 私は私のNSA接触、X3で、この惑星の内政に関与する、NSAが知っている少なくとも118の異なる地球外の​​種族があると言われました。 NSAは、結びつきや他のものなどのタイトルの下にこのETのグループを参照しています。

宇宙の銀河連盟としてコンタクティや秘密のサービス担当者に呼ばれている、プレアデス星団、アンドロメダ、ライラ、タウくじら座、シリウスA、およびウンモ(Ummo)、などの星の部門からこの惑星を訪れる善意のETSがあります。 ここでは、複雑なスターウォーズ型地球外政治に入ることになります。

"しかし、例えば、オリオングレイとドラコ爬虫類人の慈悲深い派閥とプレアデスの邪悪な派閥があります。 あらゆる人種に善と悪の要素が存在するように、これは明白です。 私はちょうどこの区別を明確にしたかった。 なぜなら、いわゆるニューエイジ運動で、すべての爬虫類が悪いと主張し、彼らから私たちを救うためにすべてのプレアデスがここにいるというニューエイジの支持者の持つ宗教的なタイプの強迫観念があます。また、これらの思いやりのある種族と人間/ ETの条約がありました。そしてこれらの分野におけるその動機と行動は彼らの意図を証明するように見えます。

1934 -背の高いブロンドのプレアデス&ナチ

マイケル・プリンスは、1934年に背の高いブロンドのプレアデスのグループが最初にルーズベルトの内閣の下の米国政府に近づいたことを暴露します。 彼らは米国政府によって拒絶されたので、プレアデスはナチスに接近した。

プリンス氏は書いています、"1934年には、プレアデスのグループは(ブロンドの髪と青い目を持つ背の高いヒューマノイドの人間)最終的な軍の武装解除の協定をうまくするために、ルーズベルト政権の下、米国政府に接触した。 "プレアデスは、米国政府が拒否したので代わりにヒトラーやナチスに近づいた。 私はこの時点で、ドラコ爬虫類人は、米国連邦政府の上層部の多くを制御していたと信じます。そして人間の人形が自分の軍事兵器を放棄するとは到底思えません。 秘密の爬虫類の議題の一部は、もし大規模な最終的なドラコの侵略の時が来たら、抵抗を減らすために戦争によって世界の人口を減らすことです。 プレアデスは、技術と引き換えにナチスがユダヤ人を攻撃しないことをヒトラーとナチスとの条約を働かせた。 プレアデスはこのすべてを止めようとした、そしてナチスとの条約は1941年前後までは一緒に保持した。 私は情報が非常に厳しく細分化されているので、この後何が起こったのかの非常に明確な像を得ることができません。 それは第二次世界大戦後に出てきたの大量プロパガンダを通じて確認することも困難です。 そこにドイツからマダガスカルへのユダヤ人社会を再投入する計画があったが、マダガスカル人はそれのいかなる部分を望んでいなかったので、これは実現しなかった。"

"プレアデスは、条約ではその一部の名誉を得るために、意図的にドイツで彼らのいくつかのクラッシュの後に、ナチスはプレアデス技術から、高度な皿形の航空機を開発した。

ナチスの船は、ハウニバ(Hauneba)とヴリル(Vril)として知られていた。 ナチスは、プレアデス反重力ドライブを模倣することはできませんでしたが、これを回避する方法を見つけました。 1941年まで、プレアデスは条約から撤退し、ヒトラーとナチスはもはや契約しなかったでしょう。 それはグレイが彼らに近づくことがこの時点でであり、これはナチストラウマベースのマインドコントロールの技術が来た処なのです。"

1954年:アイゼンハワー政権と世界の銀河連盟

マイケル・プリンスは1954年にアイゼンハワー政権の上層部に銀河の統治機関の代表によるアプローチの証拠を確認する。

プリンス氏は書いています、"1954年2月20日、グレナダ条約と同時期に、宇宙の銀河連盟からの代表団が米国政府の上位レベルに近づきました。 これはそれから開発されたグレナダ条約と兵器の死と破壊を制限するための取り組みでした。 この代表団は、米国政府の熱核兵器プログラムに関する合意に達するための失敗でアイゼンハワー政権と会った。"

"あるものは、つまずきは、アイゼンハワー政権の軍事産業の派閥によって使用されている可能性がある技術を提供することを連盟のETSが嫌っていたことだったと言い、 その他のものは、米国政府の上層部の多くの派閥がこの時点でドラコの重いマインドコントロール下にあった、そして彼らは核兵器を放棄しようつもりがなかったと言います。 これらの保護と平和の愛好ヒューマノイドETSはまた、米国、イギリス、ロシアと他の場所において現われつつある新興軍事、産業、地球外複合体[MIEC]に協力することを拒否した。"

プレアデス・アジェンダ

マイケル・プリンスのメッセージは、最終的に楽観的です。 彼は、軍産複合体地球外[MIEC]は現在惑星生態系の破壊と虐殺をしようとするHAARP-エアゾール/ケムトレイルと人工知能のマインドコントロールシステムを含む"運命の銘板”スーパーコンピュータシステムを使用していると述べています。 プレアデス艦隊が人類を解放するためにここにいて、きっと成功するとプリンス氏は言う。

プリンス氏は"私が老人なった時、私の人生を振り返り、私が何百万人もの人々の生活に恐怖をもたらしたある種の終末の預言者だったことを覚えておくことはしたくない"、と書いています。 私の仕事は、何百万人に達していて、私は注意する必要があります。 私のメッセージは、プレアデスパラダイムである、最終的に愛と平和の一つです。 Win - Winの状況は、この惑星上の利点に関するすべての男性、女性、そして子どものものだった。

"堕落したイルミナティのパラダイムは、いわゆるゴイム-"新イスラエル人"ではない地球上のすべての人々-の破壊を見たいというものです。"90年代にロンドンで"私たちのユニットがRV[リモートビューイング]opsに関与していた時、私たちは、"それがすべてダウンしたときに、あなたのような人々が私たちのために惑星を実行する"と言われました。"イギリスに核攻撃の脅威があったとき、エリートは何度も議会の下でCLC - 1施設の地下に呼ばれていました。 バリー・キングは、この正確な状況では、過去にこの施設では特定の女性とペアを組ました。

"それは、鳳凰のような灰の中から復活し、最も才能の子孫で地球を再作成したいという、COG(政府の継続性)タイプのイルミナティの作戦でした。 幸いなことに、これは起こらなかった。 イマニュエルのメッセージは、すべての人々、ユダヤ人と非ユダヤ人は、地球上で平和と繁栄の新しいエルサレムを見るということでした。 これが未来が保持しているものであり、プレアデスはこの惑星が鍋をひっくり返すのを見に行くのではない。 私はこのメッセージを運ぶことができることを光栄に思って感謝しています。 何が私にプレアデスのために発言する権利を与えるのでしょうか?"

"簡単な答えは、私が子供の頃から私は彼らと直接接触してきたということです。 プロジェクトのマネキンの私の役割の部分は大気圏外の大型プレアデス母船とのテレパシーの接触を行ってから、コマンダークラビウスと他の人にメッセージを渡すことでした。 私は旅行座席にある間、これはすべて行われていました。"

運命のタブレット- HAARP&スーパーコンピュータ

"私はこのテーマだけで一冊の本が書き込むことができるほどの長年にわたって彼らと多くの接触を持っていました。 マネキンのメッセージのいくつかは、プレアデスがこれらの軍事施設で発生した虐待に味方しないだろう、そしてアルデバラン同盟軍が彼らに対して直接的な軍事行動をとることという事実を処理しなければならなかった。 これは"地球外 - 政治"についての章ではありませんが、MIEC軍は基本的に大規模なエキゾチックな水晶ベースのコンピュータのネットワークである、運命のタブレットと呼ばれる何かを制御している。"

"これらは、世界中の幾何学的な格子状にリンクされており、津波、ハリケーン、地震などのような大規模災害を発生させることができます。 この主題を調査している人は、アラスカ州に拠点のあるHAARPスカラー気象兵器システムに精通しているでしょう。 これは、T.O.Dのスーパーコンピュータの一部です。 最終的に、人類はこのシステムによって人質に取られています。 人々はしばしば、もしすべての船が惑星の周りに配置されているのなら、なぜプレアデスが入ってきて、私たちや地下基地で虐待されているすべての子どもたちを救出していないのか?と尋ねます。"

"答えは、運命のタブレットのためです。 はい、大プレアデス宇宙船はここにいます。 過去のプローブの国際会議に出席した誰もが証拠を見ました。 私の同僚"ダンカンは"これらの船の多くのカラー写真 -いくつかの宇宙船は 約5マイル以上の長さのもの-を出席の何百人もの人々に発表しました。 人々の息を奪われたように、聴衆からのあえぎを聞くことができました。"

"これらの写真は、インターネット上でサイ​​モンアンダーソンとジョンレナードウォルソンとして知られている私の別の友人によって、大気圏外のオブジェクトの写真を撮るための高度な撮影機材を使用して撮影された。 JLWは私がすべてここにそれらをカバーできないほど多くの宇宙船を撮影しています。 彼の作品は、巨大なRense.comのウェブサイトに含まれています、そして少量の映像をここで見ることができます:[元のテキストで省略されたURL]

プレアデス&アルデバラン連邦解放軍

"私の最近のプレアデス接触はイギリス、アメリカ、そしてオーストラリアの確かな戦略的な場所に対して、アルデバラン連邦軍による直接的な軍事行動の言葉をもたらしました。 これらの攻撃と解放は"エクスカリバー"タイプの技術を用いて利用された。 これは、地下深部に攻撃するが地表面が無傷に残される、音波の地中浸透兵器です。 このメッセージは、8月25日の夜に今私が住んでいる、スコットランド内のある場所の頭上に配置するいくつかの小さな偵察宇宙船によって私に与えられました。"

"攻撃は8月25日から30日の間で行われると、私は言われました。 数日後、フェニックス・マインドコントロール・プロジェクトが実行されている、モントークの地下施設で大爆発と火災があったという話を聞いたリンカーンから私は聞きました。 彼はまた、ニューメキシコ州の拠点間の磁気浮上地下トンネルシャトルシステムは閉鎖したと教えてくれました。 すべての終着駅が閉じられ、これは非常に長い時間続きました。"

"とにかく、私は、プレアデスの戦術面にこだわるつもりはありません。 私は、彼らとの心の結び付き、特に彼らの文明の女性の側面を持つことから来る、喜びとエクスタシーに焦点を当てたい。 彼らは女性と家族を尊敬する女神型社会です。 エネルギー感は、愛に似ています。 プレアデスの遺伝を持つ子どもたちは、マネキンの後に非常に求められています。そしてプラチナ・ブルーやデジタル・チルドレンなどのコード名で知られています。"

"これらは、その癒しの能力が別の人間の愛や感情を感じる能力から来る最も楽しいと天使のような子供たちです。 プロジェクトで使用されている人は、不死鳥のようです。 彼らは自分の魂がしばしば自分の体のために余りに強力でありすぎるというような情熱と炎の個人です。 それは、彼らの肉体を減速し、世話をし、制御する方法を学ぶために、誕生以来30歳の年月が掛かります。"

いやはや、この2つの話はあまりにとてつもないので、ぶったまげたはずである。しかし、HAARPに関してもさまざなヒントを提供している。2人ともあっち側で生きて来た人間である。我々の想像の範囲を超えている。いわゆる「想定外」の知識や情報を持っているのである。

日本人も小さな檻の中の情報だけで生きて行くのか、その外にも出てみたいと思うかは本人次第というわけである。

国内のちまたでは、日本のマスゴミが「日本が裏社会に乗っ取られる」などいって、「良い日本人、悪い日本人」と言って騒いでいる。ちょっと目の効くものは、我々日本人が「日本が朝鮮人に乗っ取られる」といって、「良い在日、悪い在日」などと騒いでいる。その間に、西洋人イルミナティー工作員たちは「地球がドラコニアンエイリアンに乗っ取られる」といって、「良い宇宙人、悪い宇宙人」と騒いでいるというわけですナ。

はて、何が真実か? それは自分の足で調べ、自分の眼で分析し、自分の頭で考えてみる他ないのである。


おまけ:
ちょっといろいろ
[PR]

  by Kikidoblog | 2011-06-24 12:15 | 未知の宇宙文明

マイケル・プリンス「WWIII、敵対的なETたちと人類との間の戦争が開始された!」1

さて、次はこれ。ジェームズ・コズボーのお話。

公益通報者:WWIII、敵対的なETSと人類との間の戦争が、開始された

マイケル・プリンス、 SSとMI - 6英国の諜報網のサイボーグスーパー兵士の暗殺者になるために訓練された現役の内部告発者は、第三次世界大戦、敵対的な地球外文明と人間の文明間の戦争が開始されたことを述べている。 人間の軍隊と敵対する宇宙人の軍隊の間の武力戦争は今、頻繁に行われているとプリンス氏は述べています。

ET 偽軍事作戦行動の操作も予定されています

グレイ/爬虫類軍産地球外複合体[MIEC]と同盟した人間が同時に偽軍事ET侵攻を準備していると、プリンス氏は述べています。 地球乗っ取りを計る、負の地球外生命体-人間の提携の目的は、軍事産業地球外複合体[MIEC] と呼ばれています。

ホモサピエンスの優れた生存ダイナミクス

しかし、人間種の優れた生存ダイナミクスから、人間社会は、主にグレイとドラコ爬虫類人の派閥で構成された敵対的な地球外の文明を打ち負かすだろうとプリンス氏は言う。 インタビューの最後にプリンス氏は言う、"それは、危険な状況です"。 "しかし、すべてがコントロール下にあり、人々はパニックにはならない。"

マイケルプリンス2011プローブの会議のインタビューを見る

プリンス氏の暴露が、彼が英国ランカシャー州にあるセントアンズオンシーにける2011年3月プローブ春季大会中に与えた、2時間29分のインタビューに含まれている。読者は、上記の記事か、以下の埋め込まれたURLでそのインタビューにアクセスできます。

http://www.youtube.com/watch?v=s6K7C8bndHk


1964年に、米国のインテリジェンスは、2000年から2030年にはグレイ/爬虫類ETの乗っ取りを予想

敵対的な地球外のグレイ/ドラコ爬虫類人派と人類との間の現在の戦争は数十年前から激化されて来た。

彼の本では、マイケル・プリンスは、1964年に米国の諜報機関は、グレイ/爬虫類宇宙人の提携はいつか2000年 -2030年の期間で地球の惑星の乗っ取りのためのタイムテーブルを持っていたと結論していたことが明らかになった。

彼は書いている、"1964年4月15日には、2つの米国の諜報要員はニューメキシコ州のホロマン空軍基地で4月25日の会議を手配するためにニューメキシコ州の砂漠でグレイとプロジェクトプラトンの下に会った。 この会議は、再び1934年に開始した条約を更新することであり、グレイとドラコ爬虫類人の問題を解決するために時間を買うために心理的な企てだった。 米国のインテリジェンスの上位レベルは今グレイとDracosはこの惑星の2000年と2030年の間に侵入し、乗っ取りのためにタイムテーブルを持っていたと信じていた。"

マイケル・プリンスの本ジェームズCasbolt MI - 6をダウンロード:生き埋め

その誕生名マイケル・プリンス、養子名ジェームズ・コズボー(Casbolt)であるプリンス氏は、彼の本「ジェームズ・コズボー MI - 6:生き埋め」でこれらの暴露を行った:次のURLでアクセスできる。

http://bit.ly/joXELw

グレイ/爬虫類乗っ取りのExopolitical影響

マイケル・プリンスの暴露は、この時点で地球のexopolitical状況に大きな影響を持っている。 1964年に米国の諜報によって識別された敵対グレイ/爬虫類派閥のアジェンダに従っている支配者のエリートによる、脅威にさらされた人間社会の乗っ取りの豊富で独立した証拠がある。

人類は捕食性の爬虫類地球外の生物種の対象となることがあります

http://www.examiner.com/exopolitics-in-seattle/famed-ufo-historian-humanity-may-be-targeted-by-predatory-reptilian-extraterrestrial-species

最大1億人に及ぶ人間が超次元のETに誘拐され、認知的不協和にあるされています

http://www.examiner.com/exopolitics-in-seattle/up-to-1-billion-humans-are-abducted-by-hyperdimensional-ets-and-humans-are-cognitive-dissonance

この支配者のエリートは、意図的乗っ取りになるグレイ/爬虫類派閥の指令と制御下にクローンやサイボーグによって増やされて来た、地球上の政府(行政、立法、そし​​て司法の支部)、報道機関、国際機関、そして軍と諜報組織を含んでいます。

2011:世界経済秩序の来る崩壊

http://www.examiner.com/exopolitics-in-seattle/2011-the-coming-collapse-of-the-world-economic-order-part-1

ネルソン、BC、カナダのQ552 SSベースで始まる、サイボーグの暗殺者として訓練

彼の2011年3月のインタビューで、マイケル・プリンスは、1976年から1979年の間に、ネルソン、ブリティッシュコロンビア州、カナダの近くにある秘密のナチSSの外傷のマインドコントロールのトレーニング施設でトラウマベースのマインドコントロールと将来のサイボーグスーパー兵士として移植手術を受けた、42人の子供のグループの一人であることを明らかにした。

42人の子どもたちは、多世代トラウマベースのマインドコントロールされたファミリーの一部である人間の家族に採用されていた、人間-地球外生命体のDNAを基に並び替えられた、試験管ベイビーだった。 子どもたちは将来の暗殺者に訓練されていた。

このレポーターアルフレッドLambremontウェブレは、 1976年から1979年の期間でブリティッシュコロンビア州マーフィー湖とも知られているイーグル湖の地域におけるナチスの基地施設のためのフロントとして活動した、ブリティッシュコロンビア州ナチスネットワークのコーディネーターと個人的に会った信頼できるソースとブリティッシュコロンビア州で話しました。 イーグル湖はプリンス氏が彼のインタビューで公開したカナダのブリティッシュコロンビア州ネルソンのナチSS Q552トラウマベースのマインドコントロールの訓練基地エリアの北西部である。

グレイ宇宙人と米国政府との間の1934年条約

マイケル・プリンスによると、グレイ宇宙人の間の最初の条約は、7月、1934年に調印された。 プリンス氏は言う、"それは合意が最初にグレイ(実際にはドラコ星系から爬虫類のような人間の種族を表された人)と米国のインテリジェンスコミュニティの代表者との間で行われたことだった。 条約は、高い技術を提供するグレイの見返りとして、米国連邦政府は、グレイが進行中のET遺伝的プログラムで使用するための人間の誘拐を妨害されずに続行することを許可することだったと述べた。"

プリンス氏は書きました、"1934年7月11日、リトルグレイ(オリオン星系から来た大きな重なりのある目で約3・5フィートの灰色の人間)として知られる人型生命体と大統領フランクリンルーズベルトの下の米国連邦政府間の最初の条約が、バルボア、パナマの港湾都市で、海軍の船で発生した。 それは、我々が悪意のある、地球外の種族にホストになって行うことに関して私たちがまだ用意されていない役割におとしめるので、これは人類史上最も重要なイベントの一つであった。"

"善意がある"Zetan(ゼータ)"グレイがいるけれども、これらのエンティティは、中心に人類に最大の関心を持っていませんでした。"

"米国政府は、これを行うこととアメリカの人々に言わないことで、米国の憲法を完全に無視。 それは、契約が最初にグレイ(実際にはドラコ星系から爬虫類のような人間の種族を表すされた人)と米国のインテリジェンスコミュニティの代表者との間で行われたことだった。 条約は、高い技術を提供するグレイの見返りとして、米国連邦政府はグレイが進行中のET遺伝的プログラムで使用するための人間の誘拐と妨害されずに続行を許可すると述べた。"

"アメリカ人は、拉致被害者のリストが政府に提供されている場合、彼らは唯一の条項に同意するだろうと述べ、拉致被害者はイベントの思い出を消去されて無傷で戻った。 グレイは、この見返りに、反重力装置、金属および合金、環境、自由エネルギー、および医療技術を提供した。 これらのグレイは、基本的に彼らはすべてのレベルで人間社会に潜入することを許可されることと引き換えにこのハードウェアを提供すると述べた。 これは、彼らが行なったし、重要な世界のリーダーをその制御下のクローンで交換し始めた。"

"この条約の7年後、1941年、グレイは、ドイツ政府とヒトラーに接近した。
e0171614_1363082.jpg

条約は、その後ナチスに配置した。 グレイは、ドイツ人にマインドコントロールと他の技術を提供し、見返りに、人間の被験者に彼らの遺伝学的実験を行うことを欲した。 私が持っている情報は、ヒトラーは、彼らがドイツのアーリア人の人々に接触しないようにしていたが、彼らは強制収容所の人々に望みのことをしたとグレイに言ったということです。 最後の世紀に、あなたが最近アメリカで行方不明になる人々の膨大な量からわかるように、ドイツとアメリカはグレイや爬虫類の侵入の主要な分野となっている。 これは、ナチスがクローン技術とその双子に関する実験に関与した理由です。"

"その時の米国とドイツでは約20人が直接グレイ/人間の条約に関与していました。 情報は政府や秘密のサービス内で厳密に知る必要があるごとに保持した。 少しはグレイ、政府、そして強制収容所の問題については変更されています。 我々は現在、[2006年として]地下強制収容所にインストールされ、我々が話すように、被験者を拷問しているイギリスやアメリカではグレイ、ドラコ爬虫類人、そして政府の裏切り者を持っている。"

グレイ宇宙人と1934年条約の10年の拡張

マイケル・プリンスは、グレイ宇宙人との1934年米国の秘密の条約は10年毎に更新されていることを書いています。 彼は述べます、"MIEC [地球外軍産複合体]は40年代前半で拡大するにつれ、1934年グレイと米国​​政府の条約の2つ目の拡張が1944​​年に調印された。 この条約は1934年から1964年に10年毎に更新し、条約は現在でも更新されています。 リンカーンは、最近新しいアーカイブシステムがそこに設定されているように、ドゥルセ、ニューメキシコ州でChrysantheumバイオ遺伝学の施設を訪問しました。 1970年代以来そこに働いている科学者が新しい条約がちょうど署名されていることを彼に知らせています。"

グレイとドラコ爬虫類人の宇宙人によって破られた条約

1944年の条約、10年間の延長の時間まで、条約はグレイ宇宙人によって破られていたとマイケル・プリンスは述べています。

プリンス氏は、"それは、彼らが政府のリストに入れていたよりもグレイはより多くの人々を誘拐していたことが発見されたとして、1944年までグレイ/人間の条約はストレスの兆しを見せていた"と書き込みます。 1954年5月では、アイゼンハワー政権の下、グレイと米国政府条約の3番目の拡張が署名された - グレナダ条約。 我々は本の後半で見るように、オリオングレイとドラコ爬虫類人は露骨に、条項を破った。

"グレナダ条約は、グレイとNSAのULTRA部門でニューメキシコ州のホロマン空軍基地で合意した。 これは現在変更されているかもしれないが、ホロマンAFBの下の施設の名前は、DANDELIONというコードでした。 ULTRA部門が同時にほとんどのエリートとNSAの派閥の極秘密組織の一つであった。1945年以降のNSAの一部であるプロジェクトペーパークリップのナチスによって実行されました。 すべてのULTRAメンバーは、クローン人間でした。"

"この条約とそれからオリジナルのET材料の元のドキュメントは、NSAの施設ブルームーンと呼ばれる今日見つけることができます。 青は地球外を意味する暗号語です。

関連。 ブルームーンは、ニューメキシコ州のカークランド空軍基地の下にある地下施設です。 基地への入り口はマンザーノ山脈にあります。 ブルームーンの内部にリンカーンとディーンワーウィックが仕事した、非常に秘密主義DOEの技術本部があります。 今日[2006]、ブルームーンでのDOEは、宇宙で使用するために、グレイとドラコ爬虫類人技術から開発された自由エネルギーのデバイスを構築しています。"

グレイと爬虫類は2000- 2030年地球乗っ取りのタイムテーブルを持つ

グレイ/爬虫類派閥による地球の侵略と乗っ取りのためのタイムテーブルに関しては、プリンス氏が書いています、"各ET /人間の条約では、政府[MEIC内]は、より高度になっていた。そして文字通り数千年の民間人よりも高度であった人々のグループがあった。 毎年、これらの条約の開始以来、軍事技術の進歩は50年以上が経つ...。その時も今も、公衆は、地球外軍産複合体[MIEC]から新しいコンピュータや技術のいくつかの他の部分を取得しています。これらは初期の白人入植者がインディアンにビーズを与える時に似て、ほんの少し装身具です。"

"1964年4月15日には、2人の米国の諜報要員は、ニューメキシコ州のホロマン空軍基地で4月25日の会議を手配するためにニューメキシコ州の砂漠でグレイとプロジェクトプラトンの下に会った。 この会議は、再び1934年に開始した条約を更新することであり、グレイとドラコ爬虫類人の問題を解決するために時間を買うために心理的な企てだった。 米国のインテリジェンスの上位レベルは今グレイとDracosはこの惑星の2000年と2030年の間に侵入し、乗っ取りのために時間を上程していたと信じていた。"

[PR]

  by Kikidoblog | 2011-06-24 12:03 | 未知の宇宙文明

アーロン・マッカラム「宇宙人は着々と地球乗っ取り計画を実施中だよ〜〜ん!」3

(つづき)
イラク戦争の同等の衝撃の未来”地球外のイベント”とはどういう意味ですか?

記事の私達の調査シリーズは、現在オバマの就任演説の音声認識分析は、オバマ政権の任期(4または8年)の間にグローバルなインパクトを持つ、起こりえる地球外イベントの隠されたメッセージを明らかにすることを報告しました。 音声認識の専門家ジョン・ケリーは、この地球外のイベントについて”イラク戦争と同等の社会的、文化的、政治的、軍事的、精神的な影響を与えるものとして説明しました。”

イラク戦争自体は、 侵略の違法な戦争でした。この戦争犯罪では、人類と大量虐殺に対する犯罪が犯されました。そしてまた、劣化ウラン兵器が、中央アジア、インド、北米大陸と西ヨーロッパに対するサイレント核戦争で放射能毒を広めるために使用されました。 2009年1月現在、劣化ウランから電離放射線に起因するイラクを含む湾岸とアフガニスタン戦争での兵役によって、 100万人の米兵が永続的に障害者になっている。米国と連合軍の攻撃によって1,000,000人の民間人がイラクで殺害されたと推定されている。 一専門家は、ヒトのDNAや人間の健康上、劣化ウラン兵器の世界的な影響は、非常に厳しいので、人間の人口の1 / 3と2 / 3の間を除去するために、国際的な戦争犯罪の恐喝組織による意図的な人工削減化戦略の一部であるようだと述べています。

オバマ氏の逆講演就任演説が記述するこの予測された地球外のイベントは、人類の利益や不利益のためになるのでしょうか?

それは、我々はすべての政治団体として取り組む必要がある重要な問題です。

オバマ政権に関するこの一連の調査記事は、次の質問から始まりました。

我々はUFOや地球外生命に関してオバマ政権の間に何を期待できますか?

♣未確認飛行物体(UFO)と地球外生命体の明瞭な開示?
♣”エイリアン”偽軍事作戦の侵略”は、報告された2001年9月11日の偽軍事作戦攻撃が行われたのと同じように、闇の予算軍事諜報部によって実施されるのか?
♣地球外開示は、地球全体を通じて公式の公共の場やメディア上の情報市民団体や専門家によって、実施されるのか? 知的文明の宇宙社会から地球の惑星隔離は終わりを告げるのか?

我々は現在までにこのシリーズで実証しました。どのように”UFO宇宙人”の宇宙人の偽軍事作戦の侵略の心理社会的インフラが米国とロシアの指導者たちによって設立されたのか、そしてどのようにロナルド・レーガン(”UFOエイリアンの侵略”ミーム)ジョージ・W・ブッシュ(2001年9月11日psyops) を含む元米国大統領が米国本土に対する偽軍事作戦行動のための基礎を築いたか、または承認し参加したかを実証しました。

もしバラク・オバマの逆演説就任演説で参照されるこの世界的な”地球外のイベントが、”UFOエイリアン”偽軍事作戦の侵略、を”具体化する、または、であるのなら、このシリーズは、どのように(米国政府闇の予算の単位)、いつ(2009 -2017)、その行動が発生するかの予備的な実現可能性報告書を今公表したことになります。

このシリーズのオバマ政権、国連、UFOや地球外生命に関する調査記事は、このような偽軍事作戦の”地球外生命体のイベント”の最終目標を確証しています-秘密の戦争犯罪の恐喝エリートの下でグローバル警察国家を確立するために-。また ”衝撃と畏怖”の方法論は、人間の人口の恐怖と征服を浸透させることを目的とする”UFOエイリアン”偽軍事作戦の侵略の基本となるだろう。

我々が以前の記事で示したように 、”UFOエイリアン”侵略ミームを使用している高位米国の関係者は、その現実感のための証拠のかけらを与えている。 したがって、任意のそのような”侵略”は、偽軍事作戦行動でなければならず、本物の敵対的な地球外生命体による侵略であってはなりません。

外宇宙政治(exopolitics)の科学は、倫理的な宇宙人が人間の自治国家を促進していること、そして征服を計画していないことを示しています。

将来の事象を予測する上での逆音声分析の科学的信頼性

音声認識専門家の一人によれば 、”... ...言語は、フォワードおよびリバースの2値レベルです。 人間の脳は音声の音を構築するとして、それは2つのメッセージが同時に配信されるような方法でこれらの音を形成している。 1つは前方へ進む;これは意識を話している。そしてもう一つは逆に送られる;これは無意識の精神が話している。表面のレベルで、それは、通常リバーススピーチが前方スピーチの不整合を修正するように、真理値検出器の一種として機能することができます。 嘘が前方に話されている場合、真実は逆に通信することができる。 もし該当する事実が前方にスピーチから取り残されているのなら、これらはまた逆に話されることがあります。 それが、隠された動機と議題と他の意識的な思考プロセスを明らかにすることができます。 より深いレベルでは、リバーススピーチは、行動や病気の背後にある理由を含めて、無意識な思考パターンを明らかにすることができます。 この情報は治療と治癒プロセスを非常に強化するために使用することができます。”

音声認識の専門家ジョン・ケリーによると、”雑誌Natureが数年前にカリフォルニア大学機構の科学者たちが、それが増大的に時間分割され、逆方向に再配列される時のスピーチを検出する人間能力を研究したことを報告しました。AP(アメリカの報道)は、”脳は話を逆に理解する”という話を伝えました。Scientific Americanの最近の記事もまた、時間が逆に走るという多宇宙を論じました。現実次元の間の時間対称性は、我々の世界の時計とは時間が逆転しているメッセージを合成し転送する可能性がある環境を許すことがでしょう。”

イラク戦争の開始の2年前に公的にかつ正確に”衝撃と恐怖をレポートしたことに加えて、カナダ人音声認識専門家ジョン・ケリーは、”自白する15分前のワチタの朝のラジオ番組でBTK殺人者を同定した;そして昼間のテレビでのウソとして彼女が彼を呼ぶ2週間前にジェームズ・フライ(James Frey)についてのオプラ(Oprah)の本当の気持ちを信頼性をもって暴露した”とレポートしました。

従って、次元間のインテリジェントな文明によって引き起こされた2010年10月13日のUFO目撃のその部分は、実際にはオバマの就任演説のジョン・ケリーの逆音声分析の擁護の始まりかもしれません。

偽軍事作戦の段階的”宇宙人侵略”は現実的な未来の出来事なのか?

1. 1938年のオーソン・ウェルズ(Orson Welles)の”宇宙戦争”は、段階的”宇宙人侵略”だった – 一つの情報源が言います、”宇宙戦争は心理的な戦争実験だったと暗示されている。1999年の独メンタリー番組、宇宙の支配者:連邦予備隊の秘密の誕生では、作家ダニエル・ホップシッカーが、ロックフェラー基金が放送を設立し、パニックを研究し、2、3のものに利用できるレポートを編集したと主張しています。1つの変化が陰謀者としてラジオプロジェクトとロックフェラー基金です。彼の映画 F For Fakeのための予告編で、ウェルズはそういう理論について、放送は”極秘のスポンサーをもつ”とジェスチャー入りでジョークを飛ばしました。”

”マーキュリー劇場はないスポンサーを持っていませんが、CBSとロックフェラー財団は、時間の主要な群衆心理学の研究者を契約された、CBSは、エドワードバーネイズを持っていた、ロックフェラー財団は、アイビーリーを持っていた。 ラジオプロジェクトとCBSの研究部門における彼の立場でフランクスタントンの関与と、それはオーソンウェルズの”創造的好奇心は”これらのビジネス界内での会話から来た可能性があります。 これらの円の詳細なドキュメンタリーと社会的な行動の背後にある考え方は、自己の世紀と呼ばれるBBC、によって作られた。

”宇宙戦争によって生み出されたパニックは同様のパニックを避けて、UFOの証拠を隠蔽するために政府を刺激することだったという憶測が続いています。米空軍キャプテンエドワード・J・ラペット(Edward J. Ruppelt), UFO研究のプロジェクト・ブルーブックの最初の長は書いています、”[]UFOファイルは、オーソン・ウェルズが彼の有名な宇宙戦争放送を行った時の、1938年10月30日のほとんど大量パニックへの参照でいっぱいである。”

2. ’段階的宇宙人侵略’はミームである このミームは、新世界秩序(NWO)と永遠の戦争経済は、HAARPと類似の心理的操作兵器を使って、公衆のパニックと恐怖を植え付ける目的や宇宙空間兵器化と世界的警察国家のアジェンダを遂行する目的で行われていますというものです。

3. 911の偽軍事作戦についての真実の抑制 911の偽軍事作戦についての真実とその高度な量子アクセスタイムトラベルや反重力UFO宇宙船の使用、NSAや他の政府機関による911運動への浸透などの抑制は、もし偽軍事作戦についての公衆の無関心の程度や政府抑制と警察国家の度合いが増大するのなら、成功した段階的’宇宙人侵略’偽軍事作戦が実行されたということを示しているように見えます:

4. 真実運動 –その段階的’宇宙人侵略’が効力を発揮するのを食い止めるために十分大きな数の知識ある意見を創出するように、真実運動の告発者や真実運動それ自体が公衆の大きな部分で知られるようになることは不可欠です。

5. 知識ある市民のET暴露

火星表面の下に住んでいる人間文明との透明性のある、相互作用のある外交関係を復活するための、そして地球による植民地化から繊細な火星生態系を保護するためのイニシアティヴのような、知識ある、市民ベースのET暴露イニシアティヴの重要性は、段階的’宇宙人侵略’のようなドラコ爬虫類人の行動を未然に防ぐためには不可欠です。

6. UFO発光:プロジェクト・ブルービーム、’星座(Star Sign)’または倫理的ETの姿見せ?
一つの視覚的かつ分析的疑問が残ります− 世界中で目撃されたUFOスパイラルや星の光(スターライト)は、プロジェクト・ブルービームの一部、あるいは、多くの信者が言うところのマイトレーヤの’星座’、あるいは、知的多次元文明の次元間探査機の結果、あるいは、単に説明できない自然現象なのでしょうか?

簡単な、全面的な答えはありません - のみ、ケースバイケースの科学的、UFO学的、地球外政治的分析だけがあります。

7. 良いニュース -
我々の宇宙の中心における特異性がいま啓発された統一意識エネルギーの波を放っているということを知る興奮と共に、洞察と慎み深さが適切です。このように、どんなプロジェクト・ブルービーム、段階的’宇宙人侵略’、偽メシア降臨は、意識の二重性からやって来そうであり、失敗します。逆に、倫理的知的文明、すなわち我々の宇宙の中心の特異性(入り口)によって放っている啓発された統一意識エネルギーの波と調和している、真の世界指導者による奉仕活動が成功しそうであるということです。

地球外政治とこの記事のシアトルの関係
Examiner.comによれば、このレポート作成者−アルフレッド・ランブレモント・ウェブレ−は、”地球外政治の分野の2人の専門家の1人”であり、このトピックは一般的に言って局所的な角度に留めるものではありません。このレポーターは、シアトルに本拠地のある、この地球外政治調査コラムを持つことに誇りを感じています。歴史的に言うと、”UFOと’空飛ぶ円盤’の現代的現象はワシントン州では1947年6月24日に始まりました。ケネス・アーノルド(Kenneth Arnold)が、レーニア山近くのカスケード山脈の尾根に沿って、9つの奇妙な、’皿板’のような飛行物体を発見した時のことででした。彼のレポートは、国際的な大見出しニュースとなり、国の内外で何百もの同じような’空飛ぶ円盤’目撃”の引き金になりました。” こうしてシアトル地域のコネクションは、どのExaminer.com記事に埋め込まれています。このレポーターはシアトルの聴衆のために書くことに威信を感じています。

[PR]

  by Kikidoblog | 2011-06-24 11:51 | マッカラム・シーゲート

アーロン・マッカラム「宇宙人は着々と地球乗っ取り計画を実施中だよ〜〜ん!」2

(つづき)
段階的な"宇宙人の侵略"の技術要件

このレポーターアルフレッド・Lambremont・ウェブレは、段階的な"宇宙人の侵略"の偽軍事作戦行動のための技術的要件の多くを研究し、文書化しています。

文書化された技術的な構成要素と偽軍事作戦のシナリオとしての"段階的な"エイリアンの地球侵略"もっともらしいの動作の前提条件は以下のものを含みます:

(1)闇の予算の技術や兵器システム -段階的な"エイリアンの侵略は、その存在が信頼できる内部告発者によって確認されている闇の予算の交通システムと兵器システムなどを含む、高度な技術をもっともらしく採用するでしょう。

エイリアンの侵略の構成要素-闇の予算の輸送と兵器システム

段階的なエイリアンの侵略偽軍事作戦行動の適用のために都合良く利用できる主要な既存の闇の予算の交通システムと兵器システムの構成要素は次のとおりです。

A. 反重力UFOの宇宙船

米国の闇の予算反重力UFOの宇宙船は、ほとんどもっともらしいことに、段階的'エイリアンの侵略'の偽軍事作戦の重要な要素となります。

以下は、さまざまなプロジェクトから反重力UFOを採用した、秘密の米国の反重力UFOの宇宙船について知られているものです。 反重力UFOは、水中及び地下の米国の闇の予算の秘密基地にあります。それらは、ステルス・ホログラフィック機能を持ち、そして目に見えない状態、UFOの飛行物体の形状、またはボーイング747の形状と音を設定することができます。

エイリアンの侵略に使用:米国の秘密の反重力UFOの宇宙船は、偽軍事作戦行動の事前に配置されたスクリプトに従って演習を実施し、おとりの"侵略"エイリアンの宇宙船として採用されます。

B. HAARPと他の指向性エネルギー兵器を含む、多目的指向性エネルギー兵器

HAARPと知られる、多目的指向性エネルギー兵器は、おそらくエイリアン侵略の多機能を遂行するために適用されます。 地球全体に約17の HAARP兵器システムの設置があります。それは、段階的なエイリアンの侵略偽軍事作戦行動の実装のための万能の兵器システムとなっています。

HAARPの背景

HAARPは 1900年代初頭に最初に科学者ニコラ・テスラが発見した技術- "スカラー波の干渉"を使用している、宇宙の兵器化の一部であるエキゾチックな兵器システムです。 二つ以上の縦波の、超低周波数の電波が、どの時間でも、それらは非常にユニークな方法で相互作用し、地球を取り巻くエネルギーの無限の充満に"トントンと送り"、そしてこのスカラーエネルギーを兵器化して、交差ポイントを狙っています。

HAARPは、3つの主要な兵器システムの構成要素もつ:

* 宇宙拠点:HAARPは、地球の電離層をイオン化し兵器化する。
* 大気拠点:HAARPは、その地上と宇宙基地からの周波数の反射器として、そして人間の人口に対してバイナリ兵器システムとして、ケムトレイルを使用している。
* 地上拠点:HAARPの地上局がHAARPにエネルギーを注ぐ(アラスカ、グリーンランド、ノルウェー、オーストラリア)。

HAARP:報告されている兵器機能:

* SDI(戦略防衛構想)ラジオ波兵器
*環境戦争 - 気象と地震兵器
*宇宙戦争システム
*ミサイル防衛システム
*都市、工業用地、建物、人口、および個人を含む土地と人口の目標に対する、スカラーエネルギー戦争
*対象となる集団や個人の行動電磁ハラスメントや精神操作のためのELF兵器
*人口(ケムトレイルの成分を持つ) に対する、生物的&バイナリ兵器

段階的エイリアンの侵略の構成要素としてのHAARP兵器システムのアプリケーション:

1 空のホログラフィック的と超次元的UFOの作成 ​​-4次元や平行宇宙または太陽系外からのエイリアンの侵略の超次元UFO艦隊をシミュレートするために、空にHAARPホログラフィック機能によって作成されたUFOの艦隊。 HAARPは、すでにおそらくノルウェーのバラク・オバマ氏の訪問の間にノルウェーとロシア上空でUFOをシミュレートするために使用されています。
http://www.examiner.com/exopolitics-in-seattle/two-researchers-attribute ...

2 スカラーエネルギー戦争 - それは、スカラーエネルギービームが空におとりとされた秘密の米反重力UFOまたは空のUFOのホログラフィック艦隊(またHAARPによって作成される)から来たように見えるような方法で、偽軍事作戦行動の都市の中心部や他の選択したターゲットを破壊するスカラーエネルギーの戦争。

3 宇宙戦争システム - HAARPからの無線周波数ビームは、地上の"飛来する"防御なミサイルまたは宇宙防衛軍から航空機を検索して破壊するために使用されている。それはホログラフィックUFO艦隊または反重力UFOが地上ミサイルとインターセプタ航空機などを撃墜しているかのように見せかけるためです。

4 攻撃目標となった集団と個人の電磁ハラスメントと精神操作のELF兵器 -  恐怖とパニックのHAARPの精神操作は、人間の人口を恐怖とパニックの状態に置くために使用されているので、それは本物の"エイリアンの侵略"として段階的なエイリアン侵略を受け入れるやすくなるように、そしてこのようにしてどんなドラコ宇宙人の厳格な法律が地球全体に課されていたとしても受け入れやすくなるでしょう。

C. テスラベースの量子アクセス・テレポーテーションとタイムトラベル能力

米国政府の高度に機密扱いの国防プロジェクトの元参加者の複数の独立した内部告発者-アンドリュー・D・バシアゴ(Andrew D. Basiago)、マイケル・レルフェ(Relfe)、そしてアーサー・ノイマンなどの米国の秘密プロジェクトから内部告発者を含む-によって確認されたように、米国の闇の予算は、テスラベースの量子アクセス・テレポーテーションと時間旅行の技術を少なくとも40年間所有している。

2001年9月11日の偽軍事作戦行動を含めて、これらの技術が秘密裏に偽軍事作戦行動の計画に適用されているように見えるという合理的な証拠があります。

二つの主要なタイムトラベルの技術は、(1)Chronovisors(クロノヴィサー)-これはオペレーターが時空間のホログラム内の任意のシーンの過去や未来の実際の"画像"にアクセスを許可するホログラフィック装置。;と(2)量子アクセスするスターゲート型の技術-これは、個人や物品をホログラフィック時空間の特別な場所に送ったり戻したりする装置。

量子アクセス・スターゲート型のタイムトラベルの技術は、証拠によれば、米国DARPAから1971年まで過去に戻り、今年2045年の未来の時間基盤に行って帰り、1971年9 / 11のイベントの画像を取得するために採用されたという。

タイムトラベルの技術は、段階的な"宇宙人の侵略"の加害者によって、偽軍事作戦行動の時空間位置をあらかじめ表示し、その成功への鍵となる重要な戦略と物流情報を得るように、もっともらしくするために使用されます。

(2)"影の政府" -エイリアンの侵略は、2001年9月11日の偽軍事作戦行動のように、は 、これらの兵器システムを命令し制御している国際的な"影の政府"のために実行されます。 "影の政府"内の個人、銀行、金融、などは、国際的な戦争犯罪の恐喝組織として、RICOの法令、ジュネーブ条約、及び国際刑事裁判所の下で訴追の認定強化するでしょう。

エイリアンの侵略の目標は次のようなものです:(1)"侵略エイリアン"との戦争経済のための新たな市場を永続させること;(2)惑星の服従とパニックに人類を征服すること;(3)グローバルな軍事法と独裁の状態を課すこと;(4)倫理的で知的な文明と対話する宇宙の市民としての人類の集団のすべての潜在能力を否定すること。

(3)9/11 兵器アナロジー -エイリアンの侵略に最も近い作戦上のアナロジーは、2001年9月11日 の偽軍事作戦行動です。ここには、最善の証拠が少なくとも4つの既存の高度な闇の予算の技術が採用されたことを示しています:(1)ステルスホログラフィック機能を搭載した米国の反重力UFOの宇宙船;(2)指向性エネルギー兵器による世界貿易センターの建物の分子溶解;(3)高度な第4世代のミニ核兵器;(4)911の計画者に1971年のイベントの作戦知識を事前に与える、量子アクセステスラベースのタイムトラベルの監視。

(4)文脈に埋め込まれて -  エイリアンの侵略は、次元間、銀河系、太陽系やグローバルな文脈に埋め込まれている。そこでは、偽旗行動方法論によって必要とされるように、世界のメディア展開偽軍事作戦のシナリオにおいてそれらの適切な役割を果たすために、世界の政府、軍隊、そしてメディアに埋め込まれた、命令および制御ネットワークを通じて、世界政府の意思決定者、世界の人間の軍隊は操作されています。

(5)'侵略するエイリアン'はどこにいるの ?- 技術的に言えば、実際の'侵略するエイリアン'は、段階的"エイリアンの侵略"の偽軍事作戦行動の必要な構成要素ではない場合があります。 偽軍事作戦のシナリオは、地球上でグローバルに機能する独裁を設置する代償として、地上軍が正常に侵略エイリアンのUFO探査機を撃退するように設計されているのかもしれません。

また、"インデペンデンスデイ"のシナリオは、ニューヨークの国連ビル、ワシントンのホワイトハウス、イギリスの国会議事堂、北京の紫禁城などの重要なモニュメントの上を浮遊する秘密の反重力UFOの宇宙船を見せています。...まあ、 - あなたは画像を取得してみてください。 そこにいる実際の侵略するETsを"見る"必要がありません、新世界秩序(NWO)の守護者としてのただ彼らの宇宙船を見ます。

"ETが姿を見せること" vs 倫理的なETの着陸

2010年10月13日のUFO目撃は - それらは次元間の知的に指示された現象またはHAARPプロジェクト・ブルービームまたは自然現象またはこれらの混合物の一部である - 私たちの3次元地球に並行した次元にある、または高度な不可視の技術を使用している可能性のあるインテリジェントな文明の乗り物や宇宙ステーションの"姿を見せ(decloaking)"の問題を提起します。

私が報告したように、カナダの音声認識の専門家と旧CBSラジオプロデューサーのジョン・ケリーは、逆演説分析のために2009年1月20日に米国の国会議事堂での壇上のオバマの就任演説の録音を受けています。 ケリーの逆演説分析では、(下記参照)、オバマの就任演説は、オバマ政権の任期で発生する"イラク戦争の"規模でグローバルに影響する地球外のイベントを予測する秘密のメッセージが含まれていることを示しています。 第2期目に再選された場合、2008年に選出された、オバマは、2013年1月20日または2017年1月20日までとすることがあります。

従って、次元間の知的文明によって引き起こされた2010年10月13日のUFO目撃の部分は、実際にはオバマの就任演説のジョン・ケリーの逆音声分析の擁護の始まりかもしれません。

バラク・オバマの就任演説は、音声認識の専門家ジョン・ケリーが米国大統領の就任演説で秘密のメッセージを明らかにする逆音声分析を使用したのは今回が初めてではない。 元米大統領ジョージW.ブッシュの2001年1月20日の就任演説のケリーの逆音声分析は、2003年3月20日に実際の米国のイラク侵攻に2年間先立ってイラク戦争を開いた"衝撃と畏怖"応酬を公正で正確に報告しました。

逆演説におけるオバマの就任演説

この記者への独占的リリースでは、ケリーは述べています、"[オバマの逆演説]のメッセージは以下の括弧[テキスト]内で発生します。"

ケリーが参照しているオバマ氏の就任演説の一部は次のように読み取ります。

オバマ大統領就任演説:"我々はこの遺産の管理者である。もう一度これらの原則のもと、我々は一層の努力-国家間の一層の協力と理解-を要求するこれらの新しい脅威に対処することができます。我々が[責任を持ってそれにイラクを離れるために ]の人を開始する、そしてアフガニスタンで苦労して得た和平を推進する。"

逆音声分析の手法で解析したケリーによると、バラク・オバマの逆演説の状態のメッセージは述べています:

オバマの逆演説:"エイリアン円盤の力を知っている"

読者は、音声認識の専門家ジョン・ケリーがこの記者に利用できるようにした、オバマ氏の就任演説のこの一節の逆音声分析の特殊なオーディオリンクを聞くことができます。

AUDIO LINK:オバマ氏の就任演説の逆の音声メッセージを聞くには、ここをクリックして。

音声認識の分析の方法論

下記はバラク・オバマの就任演説逆演説のサンプルの波形グラフです:

専門家のジョン・ケリーは言います、"これらの努力によって生成される情報(この記事で何度も説明した)だけでなく、私の音声認識のドキュメントを制約する品質基準についてその客観的なフィードバックが、品質基準が非常に高いことや情報は非常に信頼性が高いことを示唆しているということを指摘したい。"

ケリーは続けます、"私は、何百ものラジオのインタビューの間で、主要なイラク戦争の諜報機関がイラク戦争の開始をマークする地理座標とその座標を記述するのをレポートした。客観的なフィードバックは、最初のガーディアン紙の記事を通して登場した。
初期の軍事攻撃を説明する知性の間に報告を行った:
http://www.guardian.co.uk/world/2003/mar/11/usa.iraq 。2001年1月に発見され報告されたメッセージで説明されているように、バグダッドで"衝撃と畏怖"ストライキの症状は、再び私の観察の客観性を認定した。"

ケリーは述べています、"これらは実際のイベントであった"という事実は、私が実際に'本物の言葉'を文書化されていることを重要な証拠です。"

ケリーは逆演説を評価する際に言います、"私はコミュニケーションのミラー指向のセットを含む、組織の複数のレベルを示す信号を研究しているということだ。視覚の世界では、私のコンピュータの画面上のピクセルが、光の明暗の交互のパターンを表示していますが、まだどうにかして、これらの一見ランダムなパターンを一貫したメッセージとして解釈することができます。"

オバマ就任の逆講演メッセージの意義は何ですか?

オバマの就任演説の逆の演説を評価する際に、音声認識の専門家ジョン・ケリーは、その重要性の詳細な評価を行っています。 ケリーは言います、"[オバマ就任]メッセージの重要性は2重です。" ケリーは続けます、

"就任演説内での発見は、ブッシュ大統領2001年就任演説で逆にイラク戦争が述べられたような、歴史的なグローバルなイベントを密かに発表するという、以前に実証された能力を考慮して、このメ​​ッセージに意味を与えることです。"


評価のこの部分では、ジョン・ケリーは、米国大統領のジョージ・W・ブッシュの就任演説の逆演説中に隠されていた2003年のイラク侵攻に関する秘密のメッセージを参照している。これを、ケリーは実際の侵攻の2年前に、ラジオ放送で公に明らかしました。

ケリーは、オバマの就任演説の彼の評価のコア分析を述べるために進みます、

"この[オバマ就任演説]のメッセージは、イラクの戦争と同等の、社会、文化、政治、軍事、経済的、精神的衝撃の地球外起源のグローバルイベントが、今後4年間に発生する可能性を示唆している。"


音声認識の専門家ジョン・ケリーが、それがブッシュ元大統領の2001年の就任演説の秘密のメッセージを暴くことによって、それが発生した2年前に、2003年のイラクの侵略の衝撃と畏怖作戦を予測したという正確さは 、見事な大きさのグローバルな地球外のイベントに関するオバマ氏の逆演説メーセージをケリーが暴くことに信憑性を与えます。

音声認識分析とジミー・カーター元米大統領

オバマの逆講演メッセージの評価で、音声認識の専門家ジョン・ケリーは言います、"[オバマ就任]メッセージの語彙は、次の点で意義深い。それがジミー・カーター大統領の秘密の逆メッセージと同一の言語を使用する点で。カーター大統領のメッセージは、"円盤。裸で出かけろ。外へ出ろ。彼らは彼にそれを置くだろう"と言っていて、拉致と注入の可能性を記述していました。

音声認識の専門家ジョン・ケリーは、Exopoliticsラジオの2008年の独占的ラジオ放送で、地球外生命体に関するジミー・カーターの文の彼の逆音声分析をかなりの長さで説明しました。またそれは、クリントン前米大統領、2008年のアメリカ共和党の大統領候補ジョン・マケイン、そして元宇宙飛行士エドガー・ミッチェル博士の地球外生命体に関する逆演説文を分析しました。 読者はここをクリックして、その画期的なプログラムを聞くことができます。

ケリーの音声認識の研究は、元米国大統領ジミー・カーターの逆演説文が、カーターが地球外生命体の拉致被害者であることを確認する傾向があると確証します。 "ジミー・カーターがET / UFOコンタクティですか?"として設定されたように、研究は、カーターが地球外の拉致被害者のいくつかの行動規則性を見せることを示しています。 入手可能な証拠によって、ジミー・カーターは、第一種接近遭遇を持っていました。 これは、彼が彼自身の1973年のUFO目撃報告書で報告しました。したがって、彼は潜在的なUFO / ET拉致被害者としてのしきい値のテストに合格しました。 カーターはまた、感情や精神的な結合の地球外の拉致被害者のしきい値のテストに合格です。 カーターが彼の第一種接近遭遇の繰り返される、深く感情的な思い出は、第四種の接近遭遇(地球外の拉致)の隠された記憶へのトリガー応答である可能性があります。

もし実際には米国大統領ジミー・カーターが地球外のコンタクティであった場合、カーターと地球外文明との間のこの関係は、オバマ就任演説が逆の発声で予測されている、"地球外生命体のイベント"のための地球外文明によって開発された心理社会的インフラの一部とすることができる。

このレポーターは、1977年10月におけるSRI -米国国防総省(DOD)密告の介入によって突然終了される前に、スタンフォード研究所(SRI)によって承認された1977年提出のジミー・カーターホワイトハウス地球外通信の研究のディレクターを務めていたものです。 本研究のDOD終了の基本的な目的は、極秘の米軍-人間諜報機関-地球外密通プログラムの公開を避けるためでした。これは、研究が文書化されていたでしょう。

[PR]

  by Kikidoblog | 2011-06-24 11:49 | マッカラム・シーゲート

アーロン・マッカラム「宇宙人は着々と地球乗っ取り計画を実施中だよ〜〜ん!」1

みなさん、こんにちは。

さて、今回は最近見た中では最もアウトレージャスな話題である。つまり、「とてつもない話」である。だから、おそらく何もこの手の世界に関する情報を知らない人は首を突っ込まないことである。単なる「キチガイのたわ言」にしか見えないからである。あるいは、あまりにとてつもないことの情報量が多すぎて脳がパニックになり、精神分裂してしまうだろうからである。

君子危うきに近寄らず。さりとて、虎穴に入らずんば虎児を獲ず、である。何事にも一長一短。もしこういう内容を自分も知りたい、理解してみたいと欲する人は、まあ、現実的なやり方として、寄せては離れ、寄せては離れるの、ヒットアンドアウェー方式が一番の方法だろう。すぐに理解しようとすると、アナフィラキシーショックのようになるから、時間をかけ、ゆっくりと接近するのである。ちょっと感染し、徐々にならすという免疫療法のやり方と同じである。

実は、あまり知られていないだろうが、脳細胞系と免疫系は非常に似ているのである。これは利根川進博士の昔の言葉にもあったものだが、普通の細胞にとっての外敵や害敵は、脳細胞にとっての外情報や害情報のようなものなのである。自分になじみがあるものが、正常状態だとすれば、自分になじみのないものが、異常状態なのである。

なじみのあるものからなじみのないものを排除するのが免疫機構なのである。これが急激に起こるものが、要するにアレルギーなのである。同様に、なじみのない考えを排除するのが、脳細胞の免疫機構なのである。これが急激に起こるものが、心理的アレルギーなのである。とまあ、そんなうんちくですナ。

さて、トウシロウ相手にそんなことはどうでもいいのだが、以下の記事は実に面白い。両者ともにイルミナティ-NWO側のインサイダー工作員だった若者による話である。片方はまだ現役の暗殺者であるという。一人は、アーロン・マッカラム、もう一人が、マイケル・プリンス(ジェームズ・コズビー)である。

まずは、アーロン・マッカラムのお話から。

内部告発は、企てられたETの操作、"フェスティバル"の偽軍事作戦を暴露する
ExopoliticsTV上アルフレッドLambremontウェブレとの、2011年1月2日独占インタビューの50分ビデオの中で、プロジェクト・シーゲートの内部告発とプロジェクトキャメロット証人であったアーロン・マッカラムが、コロラド州、エバーグリーンでJune 13~19、2011年"啓蒙のフェスティバル" の主催者による、フェスティバルと子供の参加者の上に"decloak"する地球外生命体との間のマニピュレータとして彼を登録するように企てられた募集があったことを露出している。

マッカラム氏はまた、5万人の参加者を誘致する計画がなされており、ライブエイドのボブ・ゲルドフ卿と交渉しているフェスティバルが、参加者と大規模人口に"プロジェクト・ブルービーム'型心理戦の攻撃を加える機会を与えることができることを注意しています。

マッカラム氏は、エバーグリーン、CO及びその三角地帯と米軍基地:フォートコリンズ、コロラドスプリングス、デンバー、CO(報告された深部地下軍事基地を持つ)を持つ3つの領域に近い場所のフェスティバルの開催地の孤立した位置取りと偽軍事作戦のプロジェクト・ブルービーム型の"ETの遭遇"のための肥沃な会場となることを指摘します。

アーロンマッカラムとExopoliticsTVのインタビューを見る

Examiner.comの読者は上記のアーロンマッカラムとか、ここをクリックしてExopoliticsTVのインタビューを見ることができます

http://www.youtube.com/watch?v=MtGf7rva-IA


フェスティバルの主催者は、ハリバートンのために働いている

同社のウェブサイトによると、 啓蒙のフェスティバル主催者ビル・とヤン・ムーアは、"それらの間の80年以上の国際ビジネス経験を持っている。 数百万ドルのビジネスの所有権、100社との資産管理、成功ソリューション指向とパフォーマンスベースのコンサルティングを通じて、彼らは大規模な事業戦略と開発にまたがる知識、プロジェクト管理、販売およびマーケティング、小売マーチャンダイジング、顧客サービス、商業用不動産、インターネットとソーシャルメディアを持っている。 米国のコンサルティングのクライアントは、3M社、テキサスインスツルメンツ、ハリバートン、ジョンソン&ジョンソン、Peterbuiltとロックウェルインターナショナルが含まれています。 英国のコンサルティングのクライアントは、セインズベリー、テスコ、コンパスグループ、アルゴス、ブリティッシュテレコム、ベースブルワーズ、ハーヴェイニコルズ、ブリティッシュカウンシル、そして国際開発省が含まれている。"

アーロンマッカラムの2011年1月2日声明

マッカラム氏は、彼の文を裏付けるフェスティバルの代表者とメールの対応と一緒に6月13~19、2011"啓蒙のフェスティバル"で彼の試行募集について2011年1月2日公開声明を発表した。

"次の文は、私の初期の接触、プライベート電話、応答と後の発見だけでなく、啓発のフェスティバルでされているものの真の本質についての私の考えの私の個人的な証言です。

"今年の12月8日に私に啓蒙のフェスティバルというイベントで講演し、積極的に参加したいかどうか問い合わせする人からメールが届きました。 私に連絡した人は既に私は2011年2月6日に彼のブログトークショーにでる予定だった。 当初、私は非常に記念碑的に見えたイベントの一部であることが求​​められることに幸せだった。だからその担当者に翌日また電話し、このイベントの詳細を議論するように頼みました。私は簡単に、あまり詳しくなく、そのウェブサイトをスキャンしていた。 でも私の腹の中の何かが私に言っていた、私はその瞬間に実感したよりもっと多くのことがこれにはあった。 しかし、私はフェスティバルのために企画委員のメンバーに話すまで言わないでおくことにした。"

"翌日私は、なぜ私が選ばれたのかという理由と私が何をして欲しいかの詳細を議論するために最初に私に連絡し人から電話を受けた。 話が面白くなってくるここです。 私は、主催者が明示またはそう思っているよりも、より多くフェスティバルの形而上学的側面を包含したいと考える委員会内のグループがあると聞いていますので、私はその後、注意深く耳を傾ける。 それは形而上学ベースのフェスティバルなので、もちろんこれは私が奇妙に思うことなのです。 この人が私に明らかにすることは、密かにこのグループでは、このイベントの目的がイベントのクライマックスでのフェスティバルの上に彼らの宇宙船を見せるためにプレアデス種族を招待することのように彼らが感じるということです。 良いアイデアのように正統に聞こえる? まあ、いつも物事は見かけのようではないということです。 この電話の持続時間の間に、私は主催者の許可を得て、私がすべての年齢のスターシードを扱うが、特に子どもたちに焦点を当てた一連のオンラインセミナーの一部になると聞いています。 この理由は、私がこれらの幼児の振動を高めることを支援するためにあらゆる種類の送信機になることです。 十分に無実だ、正しい? 間違っている。ここに私が言う理由があります。私が言われたように、今これらのWebセミナーは、これらのスターシード・チルドレンを準備することです。私は理由を尋ねました、そして私の答えはとどめの一つである。 子どもたちは、フェスティバルの特定の部分の間に私と一緒になり、そこで我々はサークルかそのような何かのなかに入り、"儀式"が実施されると、プレアデス宇宙宇宙船が上空に姿を見せると、これは銀河アセンションの始まりとなるであろうというようなものでした。 何人かの子供は滞在し、一部は行くだろう。 他の言葉で、これは、地球外救助ミッションです。 私は今のように人類自身を救うことは人間の種族にあると何度も述べていますが、一度我々の惑星を取り戻せば、接触が非常に大規模に行われることには私は疑いの余地がない。 これが、単にこの問題の私の考えです。 電話が終わりに来ていたとき、私は私が最初から持つべきであった、問題をより深く検討する強い必要性を感じました。それは、私は諜報機関の私の緊密なネットワークの友人の助けを借りて、私がしたこととまったく同じものです。

"私は詳細に話すことができるが、私はそれが自分自身のためにこれらの事を調査するための個人のものだと思っています。 私の最良の説明は、私が添付されている文書に含まれています。 "スタースタッズ講演者(星を代表する講演者)"のこの巨大なラインアップではどこにも私が示唆した名簿に含まれている方はありません。 アルフレッド・ウェブレ、ミリアム・デリカド(Delicado)、ビル・ディーグル(Deagle)博士、ジェフ・ハーヴェイ、ボブ・ディーン、ローラ・アイゼンハワー、アンドリュー・バシアゴ(Basiago)などなど、もっといますが、はいません。 その代わりにローマクラブ、ブダペストクラブ、そしてネスレ、シェル石油、プルデンシャルなどのような世界で最も危険な企業のいくつかのための訓練のコンサルタントの現在の肩書きを持っている、エリートタイプの意欲を高める講演者があります。 加えて、私の考えでは、U2の歌手ボノとVirginの最高経営責任者(CEO)リチャード・ブランセン(Bransen)卿のようにこの真実の運動への建設的な何かを持っていた人々。 公に彼らの優生学への支持を多く論じている人と露骨なマインドコントロール"ワークショップ"を持っている人の講演者があります。 再び私は子供のためのフェスティバルのゾーンをさらに詳細に話すことができます。 もっと知りたい? それはあなた自身のためにチェックアウト。"
http://www.festivalofenlightenment.com/

"あるものはこの次のコメントが的外れと言うかもしれないが、真のサイエントロジーについて何かを知っている場合は、このウェブサイトは全体でそれの感覚を持っています。 私は彼らが所属しているというつもりはないが、私の考えではいくつかの類似点は再び存在する。 これは、このフェスティバルをどうレイアウトするかのためには重要です。 再び前に言ったことと同じように、私は草の根レベル、独立したラジオでは、大小のイベントで市民に発言する多数の個人を懸念しています。 だれもいません。 選ばれた人々はこれらの明らかな世界的に有名な講演者です、まだ私が聞いたことが非常にまれであり、私の仕事の線で私は驚かされます。"

"今これがどのように私には思えるかという軍事面について。 あなたが考慮するためだけのシナリオ。 私は任意の男性、女性または子供を除外できないすべてのありふれた風景の中にいて、何か大きなことを計画するつもりだった場合、私は史上最大規模の最も大きなイベントのように思われるように企画されたイベントとなるようにするか、または計画するでしょう。 ライブエイドよりも大きい、ライブ8より大きく、これまでの任意のLightworkingイベントよりも大きいものを一緒にしたようなもの。 その後、私はそれを標準の会議と異なるイベントにします。 それはそれより大きくなる必要があります。 子どもたちは、会議に行く必要はありません。 だから、フェスティバルのラベルに平手打ちし、それは家族全員で楽しいものです。 さて次は即時認識されるような、ボノ、リチャード・ブランセン(Bransen)卿とさらにはディーパック・チョプラのようなよく知られた人を持ち込むことです。 順番に他の講演者が誰かを検討してから、あるいは彼らがしたいことが何かという関心からそらす。 場所はまた、そのような大きなイベントで考慮すべき重要な要素です。 私が言われたように、このイベントは、おそらく5万プラス係員が待っているはずだ。 あなたは、まだそのような小さな場所が選ばれたために大きなスペースが必要になりますし、その場所はコロラド州エバーグリーンです。 町のそれに出入りする主要な3つだけの道路で、軍事考え方にある私にとって非常にご都合主義的です。 戦略は、正確な実行とイベントを実行するために、ここで重要なのです。 このような場所で非常に多くの方法をどのように切り上げるのですか? サンゴに牛を放牧するようなものです。 それは三角測量と呼ばれている。 そこから三角測量してから、震源地を選択してください。 北へ63マイルは、フォートコリンズです。 南へ66マイル、コロラドスプリングスです。 東に約23マイルはデンバーです。これらの3つの場所は巨大な地下深部軍事基地を持っていることを知っている人のためです。 実際には企画委員会のメンバーとの電話のすぐ後に、コロラド州の私の情報筋から電話を受けました。彼はコロラドスプリングスのすぐ外の施設が大規模な軍事運動があったことや基地の周辺ではまだ仕事をしていた一部の業者は、契約の仕事の終わりのために解放された秘密の建設があったことを、任意の提案の拘束なしで私に言った。しかし、建設はまだ続いている。 "

"それでは、何がこれのすべてでしょうか? 私は、このフェスティバルの詳細データを得るために、私の調査に深入りするが、私がそれを言うまで、私ははるかに私が説明するつもりのことより以上のものを持っています。 イルミナティは、一生懸命働いていました、1960年代以来、いくつかのケースで成功裏に真実運動に潜入し、すべてはCOINTELPROとして知られるFBIの作戦で始まった。 それは、以来、意識的な戦争をしているが、正直にその戦争は、イオンに対して続いている。 プロジェクト・ブルービームは、かなりいつか今のために米国政府によって"保留"にされている作戦です。 このプロジェクトは、私が大衆の制御のためのグローバルエリートの"最後の手段"と呼んでいるものです。 それは、現在DUMBsと秘密の宇宙計画で使用されるさまざまな高度な技術の構成されています。 ホログラフィック技術、HAARP、衛星グローバルマインドコントロールのモニタリングと最後に"UFO"の使用、これは 最もよく目撃される宇宙船の一つと同じ外観を持っている高度な軍事技術にすぎない。これは、もともとAurora/TR-3Bであった現在TR - 3Dである、三角UFOとして知られています。 ゼロポイントエネルギーと低温核融合のような技術を使用した高度な航空機。 他のすべてが大衆を完全な制御下に維持するのに失敗したときに、2つのシナリオを実行することができます。 一つめは、悪意のあるまたは友好的エイリアンの侵略であり、2つめは、キリストの再臨、すなわち歓喜です。 "

"企画委員会にあるこの個人によって私に語られたすべてのものが本当であり、それが究極のプランの場合は、私は強く遠く離れるように助言する。 フェスティバルには、1つの一般的なテーマを持っています。 そのテーマは、スターフレンズがコロラド州の私達に会いに来るときすべてがうまくなるように、あなたの心をこの"新世界の啓発"に行かせて受け入れるようにすることです。 一度それが起こると、それが本当の情報開示と非常に長い間エリートが抑制してきた内容の完全な露出のための私たちの運動に大きな打撃となるでしょう。 "

"私はこれについて完全に間違っているかもしれないが、非常に正直に言うと私が間違っているとは私は信じていない。 今年私は、私がした予測が良いものではなかったので、いくぶん満足していない、かなり良い実績を持っている。 私は、すべての人にこのメッセージを配信し、彼または彼女が私が彼ら自身のために言ったことを分析できるようにすることが、私の責任だと思っています。 そんなわけで、結論として、私はイルミナティの啓蒙のフェスティバルに参加しないつもりです。そして、これを読んでいるあなた方も参加しないことを願っています。 もしあなたが参加するなら、どうか細心の注意を続行してください。 私はこの問題を調査し、できるだけ早く更新プログラムを提供していきます。 我々は本当にこの惑星で今エキサイティングな時代にあり、それは急いで緊急性につながることができますが、我々は急いではいけません。 我々は、注意深く、観察深く、計算高くなくてはなりません。そして、常にあなたの"直感"があなたに告げる時に不確実であるかのような問題のあらゆる種類を検討する必要があります。 私の友人として、ジェフ・ハーヴェイは、常に"我々は、この中で一緒にいるすべてである"、そしてそれを理解することが非常に重要だと言います。 私たちは、エリートが何を行ったとしても彼らが失敗するように、強く留まり、まとまりのある集団的意識として働く必要があります。 ポジティブ思考の投影は強力なものですが、行動の非常に重要なバランスなしでは、それは単なる思考にすぎません。

"ありがとう、"

署名/アーロンマッカラム

ET 偽軍事作戦の操作の技術-段階的な"宇宙人の侵略"のための段階を設定する

このレポーターとしてアルフレッド・Lambremont・ウェブレは2010年10月15日に書いている、もしエイリアンの侵略の有名な映画とテレビシリーズが、段階的な"エイリアンの侵略"の先駆者であるなら、2011年はどの段階のUFO侵略の犯人によって先駆者の年として計画されたのかもしれない。

"宇宙人侵略"映画の市場は、間違いなく実際の"エイリアンの侵略"段階の大量心理条件付け装置(前編)です。私たちは、公共に行く映画と地球上の宇宙人の実在ミームに宇宙人の恐怖を注入するそれぞれの、エイリアンの侵略映画の本当の勃発へ、まさにハリウッドでいざなわれているところです。 もし"エイリアンの侵略"映画"が、実際に段階的な"エイリアンの侵略"を条件づける前編であるのなら、偽軍事作戦の"エイリアンの侵略"の現実は、(疑問の)2011映画とTVのプレミアシーズンに続いてやってきます。

1つの情報源が言います 、"スティーブン・スピルバーグは、TNTのテレビネットワークと共同で、Falling Skiesというタイトルの新しい空想科学小説シリーズを生産するところです。Falling Skiesは、宇宙人の侵略の余波に基づいている。Falling Skiesは、2011年の夏のいつかにTNTで初公開される。彼はScifiのためのナインライヴズの12時間ミニシリーズを生産するように指示し、SF映画のRobopocalypseが作成する予定です。"

別の映画産業の情報源は言います 、"信じられない、エイリアンの侵略の最前線に関するさらに多くのニュースがあります-それのいくつかは大きいニュースです。 明らかにサム・ライミは、アメリカが共産主義中国との小競り合いをすることを含む、地球防衛軍と呼ばれる新しい映画を準備している...宇宙からの訪問者からはるかに大きく、より致死的な侵略へのプレリュードとして。 それでこの映画は、最近の二つの映画の傾向:反共産主義とエイリアンの侵略を結合します。 すばらしい。"

"しかし、今やそれらの上空における混雑の種類を楽しもう! 特定の時点で、これらのエイリアンの侵略者の一部は、おそらくお互いの戦いを開始する予定です。 なぜ? なぜなら、 現在、ローランド・エメリッヒのオリジナルのインデペンデンスデイには2つの続編の可能性があるという噂が駆け巡っているからです。これらの他の作品のいくつかは彼を出し抜くので、エメリッヒはよりよいものと急いでいたもののですがね。そのような映画の1つが、我々が以前にここに関するいくつかの予約を登録したが、これだけ素晴らしい新しい予告編がデビューしたスカイラインです。 この映画は$ 10M(1000万ドル)かけて作られたことに留意してください。 驚異的です。"

"そして、十分皮肉にも今日:リドリー・スコットは、明らかに彼のエイリアンの続編に$ 250万ドルの予算を望んでいる。また、彼は"ハードR"格付けを持っている映画を望んでいる。 フォックスは、明らかに、両方の計算にためらっている。 正直、リドリー卿は引退を検討する必要があります。 彼は、ボックスオフィスで不振の映画に関して長年の間、他の人々の莫大な資金を吹き飛ばしました。また、報告したように、これらの要求が本当の場合、彼はマトリックス-形式の夢の状態に生きている必要があります。 彼は、スカイラインの予告編を見て、今日では金銭のために何ができるか分かるはずです。"

"他の宇宙人の侵略のニュースでは:エマ・トンプソンは明らかにMIBの3Dを回している;リハンナ(Rihanna)は彼女の仲間の戦艦キャストメンバーから絶賛を得ている;いくつかの興味深いセットの写真は、J.J.エイブラムス/スティーブン・スピルバーグ・スーパー8から流出している;コミック-コンは今後5年間、サンディエゴに滞在している;トムハンクスはエレクトリックシティと呼ばれる未来的な新しいウェブシリーズにデビューする;そしてMTVが「スターウォーズ・サーガ:3Dで見るのが待ちきれない 」から10シーンの素晴らしいリストを実行している− しかし、何らかの理由で、かれらは、デススターのトレンチのシーンを忘れてしまった! デススターがない?!"

しかし、上記のようなもの、スティーブン・スピルバーグ監督のフォーリング・スカイ、エイリアンの侵略の余波に基いた2011年のテレビシリーズは、プロジェクト・ブルービームのような段階的な"宇宙人の侵略"のミームを維持するために十分ですか? 予想しにくい。

2人の研究者はプロジェクト・ブルービーム&HAARPをノルウェーの光の原因とする

このExaminer.comの記者は、 2009年の12月9日、ノル​​ウェーのノーベル賞受賞者のバラクオバマ氏の平和賞受賞式のまわりで段階的な"エイリアンの侵略"の可能性について初めて報告した。"2人の研究者は、ノルウェーの光の原因をHAARP、すなわち反ET宇宙空間設置の大量破壊兵器のせいにする"

私は書きました、"オバマのノーベル賞受賞スピーチの前夜に2009年12月9日ノルウェー上に青緑色の光の渦の解釈のクロスボレー(ロシアのミサイル、ロシアのミサイルを破壊するETS)の後、2人の研究者が独立して仮説を立て、HAARPこと、1つのスペースベースの大量破壊兵器(その1つのアンテナの場所がノルウェーの渦巻き光の地点に近い)と断定しました。"

"研究者の一人デビッド・ウィルコックによると、彼の秘密の情報源の一つは、ノルウェーの渦巻き光はプロジェクト・ブルービームの一部だったと述べた。ウィルコック氏のインタビューは、ケリー・キャシディのプロジェクト・キャメロットのラジオ番組で表示されます。"

"プロジェクト・ブルービームの主張な目的の1つは、グローバル企業の新世界秩序(NWO)目的とした大量心理的動機付け装置として、HAARPによって生成し、ノルウェーの渦巻き光に表すというような、高度な電磁波イメージングを使用することです。"

"もしこの分析が正確であるなら、ノルウェーの光は、次の日2010年11月10日のオスロでのオバマ米大統領のノーベル賞の受諾演説あたりで、地球外生命体のようなもの、または、超越"オーラ"を固定しようとするためのHAARP誘発効果であったのかもしれない 。"

(つづく)
[PR]

  by Kikidoblog | 2011-06-24 11:46 | マッカラム・シーゲート

HAARPに地震波か?:研究用22

みなさん、こんにちは。

今朝先ほどカナダの地磁気モニター群とアラスカHAARPモニターを観察したところ、久々にみる、非常に大きな(カナダの地磁気モニター群で350nT程度、アラスカ HAARPモニター群で最大500nT程度)の地震電磁波が出ている。どうやらこれは日本アジアを通る大円の方角のもののようである! 

これは昨日のものとは異なるので、昨日の地震電磁波に予兆される地震が起こった後、今日のものが来る可能性が高い。要注意である。

残念ながら、我々はこれらのモニターからマイクロ秒レベルの位相情報が引き出せない。だから方角や場所を正確に予想することは現段階では不可能である。

一方、アキラ地震予報は、国内で唯一の地震電磁波計測による地震予知を研究しているものだが、何ぶんそこ一カ所しか無いために、特定出来る場所は広すぎてほとんどのものが予想したことになってしまう(おおまかに3地域の区分)。少なくとも国内に3カ所同じような観測所があれば場所を特定できるはずである。

全部書き込むのに時間がかかるため、これまでとは逆に先に予想結果のみを書き込んでおこう。後から、その証拠となるデータを順次付け加えてゆくつもりである。

---------
アラスカのHAARPモニター群
e0171614_7534797.jpg


カナダのモニター群
e0171614_7532175.jpg


UT14時〜UT18時の間のもの(特にUT15〜16時のもの)が我々が要注意すべきものである。

京大のモニター群
e0171614_814759.jpg

ABG=Alibag ABK=Abisko AMD=Amderma ASP=Alice Springs BFE=Brorfelde 
BMT=Beijing Ming Tombs CBI=父島 CCS=Cape Chelyuskin DIK=Dixon Island
GDH=Godhavn HER=Hermanus KAK=柿岡(内宿) KNY=鹿屋
LRV=Leirvogur LYC=Lycksele NAQ=Narsarsuag NOK=Norilisk
PBK=Pebek THL=Thule, Greenland TIL=Tixie Bay, Russia UPS=Uppsala
[PR]

  by Kikidoblog | 2011-06-24 07:58 | HAARPモニター観察

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE