<   2011年 07月 ( 52 )   > この月の画像一覧

 

やつらがまたまたまたやって来た!:太陽の周りを回る巨大物体たち

みなさん、こんにちは。

いやー、また
太陽の周りを回る”謎の宇宙文明”?:NASAその証拠を消去!?
やつらがまたやって来た!:太陽を周回する謎の巨大物体たち
やつらがまたまたやって来た!:太陽の周りを急速に回る巨大物体たち
の、あいつらがやって来ているようである。「太陽を回る超巨大文明」である。

UFO activity on the Sun !!! (2011-07-16).wmv


UFO activity on the Sun !!! (2011-07-18).wmv



いったいこの連中はどこからやって来ているのだろうか? 太陽の周りを回って何か面白いことでもあるのだろうか? やはり惑星ニビルから飛来しているのか? 

とにかく「謎の物体」である。
[PR]

  by Kikidoblog | 2011-07-22 15:47 | 未知の宇宙文明

桜島噴火の異変?:最近の「桜島の噴火」は何かが違う。超高温溶岩噴出+UFO!

みなさん、こんにちは。

風雲急を告げてしまったこの日本、この世界。あまりにいろいろなことが起こり過ぎてETの手も借りたいほどである。

昨年の6月に棺桶直人が首相になってからというもの、この日本に何一つ良いことが生まれていない。おそらく、棺桶直人のせいで、今の青少年には非常に負の遺産を熟成中であるようである。

今の中高校生に日本の政治のことを聞けば100%瞬時に「菅直人死ね!」という声が返って来る。もはや事態は「菅直人を殺せ!」という怨念で渦巻く日本社会へと変貌を遂げているのである。

さらに「ゲイ脳界は、ホモ、不良、暴走族、在日、沖縄、創価学会じゃないと入れない」という定説まで出来ている(これはほぼ100%真実だが)。もはや日本のまともな若者は芸能マスゴミには進むものはない。そんな時代に入って来た。

在日朝鮮/韓国人はせいぜい数十万人しかいない。棺桶直人や在日民主党政権のせいで、今後こういう風潮が加速すれば、必ずや次の世代、今の中高生の世代で、内戦がこの日本でも起こりえることだろう。

さて、そんな在日民主党政権や棺桶直人のことはどうでも良いが、なぜならもうすぐ(だいたい1年内部被爆したら)もう元には戻れない、未知の領域に入る。こうなると、1年2年3年と過ぎてゆくうちに、知らずのうちに被爆した人々が徐々に不調になり、死に絶えるからである。東日本や東北や関東一帯は3月14〜16日のあたりに強烈な被爆をしたから、今の「汚染牛肉」や「汚染野菜」などの農産物や畜産物と同じ運命が待つのである。なぜなら広島型原爆の1万発分の放射性物質がまき散らされたはずだったからである。



ついでにメモすれば、私に理解できないのは、被爆地の人間が「牛肉をどうかしてくれ」あるいは「野菜をどうかしてくれ」とまるで他人事のようなことを言っているということである。動かない動植物が立派に被爆しているという事実は、そこで動き回っている人間はもっと被爆しているにちがいないということなのである。牛に起こったことは当然その地にいるすべての生物に同じことがいえるだろうということなのである。(こういう「関連性の思考」ができないというのが、米ロックフェラーが仕組んだ「グローバル2000」という教育プログラムの成果ですナ。俗にいう、マークシート方式、共通一次、センター試験は「愚民化政策」の根幹だったのだヨ。もちろん、ホールドレン博士も関与していたわけですナ。)

こうなることは311が起こり、314,315の爆発の時期にすでに分かったから、私はかつての「悪魔の天才」フォンノイマン博士の狂った言葉をもじって、「ストロング・ラブ博士の言葉」とメモしたわけですナ。しかし、今はもう手遅れ、これ以上の放射能拡散を防ぐために、自己責任で処理する他ない。いずれにせよ、日本は「ヒットラー予言」にある「東方の実験場」になっているわけである。


さて、余分な前置きが長くなってしまったが、今回メモしたいと思うものは、ちょっと前に「舞台裏の真相」で紹介されていたYouTube映像であるが、実に気になるものである。以下のものである。

*ALERT* Sakurajima Volcano Eruption! Pt. 1 *ALERT*


(なぜ気になるか?といえば、どうみてもこれはただの噴火ではなく、核爆弾のようなものが使われたようにしか見えないからである。最近、西日本で福島以外の原因の放射能が佐賀などで確認されている。ひょっとしたら、桜島噴火が核爆弾によるものであった可能性があるからである。福島や東北大震災で使われた小型核爆弾である。イスラエル製。)

*ALERT* Sakurajima Volcano Eruption! Pt. 2 *ALERT*


これは、桜島の噴火の映像である。この映像には、空のたくさんの白い発光体や噴煙の中を動き回る発光体が写っている。また、噴火した際、非常に明るい青白色のプラズマのようなものが見える。さらに奇妙なのは、桜島の溶岩の色がとてつもなく明るく、白いということである。これは溶岩の温度がプランク輻射の法則からして、ものすごい高温であるということを意味する。普通火山噴火の溶岩の色はかなり赤い色のものである。だから、まるで製鉄所の溶鉱炉から出て来たばかりの溶融鉄のようなものが、桜島の火山から出て来ているのである。

以前、ここでも「世界中に広がる「謎の発光現象」!:ブルービームの前触れか?」でメモしたが、最近の「桜島の噴火」は実に奇妙な発光現象とUFOがつきまとう。

Earthquake Light - UFOs Monitor Sakurajima Volcano Japan



こんなことから、何やら未知の存在が(エイリアンかも米軍かもしれないが)、桜島で何らかの実験でもしているのではないか?と思わせるような噴火なのである。富士山噴火のための実験データの収集なのか? あるいは、NWOネオコン/イスラエル/シオニストの日本の火山潰しを外宇宙の未知なる存在がモニターしているのか? この辺のことはまだ分からないが、実に不思議な桜島の噴火なのである。昔の桜島噴火とは明らかに何かが違うようですナ。
[PR]

  by Kikidoblog | 2011-07-22 10:48 | ミステリー

熊谷選手陥落!?:「なでしこジャパン」の諸君、すでに戦いは始まっているのだヨ!

タイムアップの笛は、次の試合へのキックオフの笛である---デットマール・クラマー

e0171614_13164941.jpg



みなさん、こんにちは。

サッカーでは、「タイムアップの笛は、次の試合へのキックオフの笛である」というように、試合が終われば、もう次の試合の準備が始まっている。またブラジルには「過去は唯一博物館の中で生きている」という諺がある。つまり、栄光は素晴らしいが、いつまでもそれに酔いしれていてはならないという戒めの言葉である。

さて、なでしこジャパン優勝の余韻も冷めやらぬうちに、早速「なでしこジャパン潰しが始まった」ようですナ。

私は
なでしこジャパンW杯初優勝おめでとう2:「なでしこは一日にしてならず」」
にこう書いていた。
まずはデットマール・クラマーさんの言葉:
試合で勝った者には友人が集まってくる。新しい友人もできる。本当に友人が必要なのは、敗れたときであり敗れたほうである。私は敗れた者を訪れよう

にあるように、優勝した時には「凱旋」という言葉を使うとか何とか、さも自分が優勝したかのようなしたり顔をして、今度はなでしこジャパンにあやかったり、便乗して番組のネタにしたり、金儲けしようという輩が必ずたくさん出て来るはずである。あるいは、今後そういう「なでしこジャパン」の選手を連れ回してそのおこぼれにあずかろうというような輩もたくさん出て来るはずである。しかし、そういう「外野」にはくれぐれも用心し、自分を見失わないで欲しいと思う。なぜなら、かつての日本代表にも(海外の有名選手でも)そうやってダメになってしまった選手がたくさんいたからである。


まさに私のこの予想通りに、「なでしこジャパン」の熊谷選手が、プライベートな「合コン」をやり、その相手がツイッターで私的写真や私的会話を即座にリークし、大変な状態に陥っているというニュースがあった。かつての城彰二選手や柳沢選手などと同じようなことをやらかしたようですナ。

DF熊谷が“ツイッター被害” 宴席での発言暴露され騒動

 サッカー女子ワールドカップ(W杯)で初優勝した日本代表「なでしこジャパン」のDF熊谷紗希(20)

e0171614_2384538.jpg

が帰国後、私的な宴席で話した内容が同席した男子大学生によって簡易ブログ「ツイッター」に書き込まれ、インターネット上で騒動となっている。

 ツイッターでは20日、男子大学生が熊谷とのツーショットや、自ら金メダルを口にする写真を掲載。熊谷の監督批判とも取れる発言や、携帯電話に記録されていたチームメートの上半身裸の写真を見せたことをうかがわせる書き込みもあった。

 男子大学生のアカウントはすでに削除されたが、書き込み内容はネット上に広く拡散。掲示板では男子大学生への非難のほか、熊谷の脇の甘さを指摘するコメントも散見される。日本協会の大仁邦弥副会長は「軽率なことをしないよう、当事者と所属クラブに中村修三・女子部長を通じて連絡する。お騒がせして申し訳ない」とコメント。一方で小倉純二会長は「よくそんな時間あったよね。僕なんかすぐ寝ちゃったのに元気だな。大したもんだよね」と擁護した。

 熊谷はチーム最長身(171センチ)のセンターバックで、W杯では全6試合に出場。米国との決勝ではPK戦の4人目のキッカーとして、優勝を決める豪快なPKを蹴り込んだ。7月1日付で、なでしこリーグの浦和からフランクフルト(ドイツ)に移籍した。

(これは産経のニュース。一番最初にここがリークした。やはり、産経は一部あっち側(韓国)の手下がいるようですナ。)

そこで早速、我々サッカー歴数十年のサッカーマンでもそうやすやすとは近づかない「世界の覇者」に気軽に飲みに誘ったおばかな子供はだれかと探してみると、こんなものが出回っているようである。

なでしこ熊谷が合コンで監督批判してたら法政大学の橋本大樹にツイッターで実況される
なでしこ熊谷ちゃんが法政大学の橋本大樹に 合コンで監督批判をツイッターで実況される

この「公私混同の」リーク野郎は、橋本大樹君
e0171614_23202027.jpg

という大学生とか。

まずはツーショット
e0171614_23212256.jpg


我々が喉から手が出るほど見てみたい栄光の金メダルを汚い手にとり
e0171614_23202495.jpg


ここから頭に乗って汚い口で噛んだ
e0171614_23202636.jpg


さらに調子こいて
e0171614_23193773.jpg

(これは別の女性だナ。)

いやはや、「なでしこジャパン」は
サッカーは単なるスポーツではない

という言葉をかみしめないとナア。いけませんナ。ド素人のだれとでもスキンシップしているようでは悪に引き込まれるヨ。

顔つきと手口からすると、この橋本という奴は在日ですナ。早速、なでしこ勝利をねたんだ中国韓国が在日青年を工作員にして、オリンピック予選の仕込みをやってきたのかもしれませんナ。

いったいこの橋本大樹の背景にはだれがいるのだろうか? こいつは何ものなのだろうか? 調査が必要だろうヨ。単なるはめはずしではなさそうですナ。

というのも、このニュースを一番最初にメジャーした全国紙は「目ん玉」
e0171614_15274628.gif

系列のフジ産経新聞だからネー。朝鮮資本に乗っ取られた会社だ。あまりに食いつきが早かった。今後さらに日本のなでしこ潰しがエスカレートすることは間違いないだろう。それが「覇者の宿命」である。

「なでしこジャパン」の諸君、すでに戦いは始まっているのだヨ!



おまけ:
熊谷ツイッターで謝罪、内容は否定
 日本女子代表のDF熊谷紗希が21日、20日夜に飲食した際の発言などが短文投稿サイト、ツイッター上に掲載された件で、ツイッター上に謝罪文を掲載した。熊谷は「監督批判をしたということについては、事実ではありませんが、間違いなく私の言葉足らずで、誤解を招いてしまうような発言が原因です」と掲載された内容については否定。その上で「監督をはじめ、チームメイト、関係者の方々、応援してくださっている全ての方々にご迷惑をおかけしたことを、この場を借りて深くお詫び申し上げます」と謝罪した。[2011年7月21日22時23分]

まあ、謝罪すべきは、「公私混同」の法政大学生の橋本大樹の方だろうがナ。法政大学はいったい何を学生に教えているのだろうか? ナンパのしかたかいナ? 金メダルの食い方? 日本潰しかい? 法政大学も謝罪すべきでしょうナア。もっと学生には遊ぶ暇がないくらいに勉強させろ。週に2日くらい徹夜するほどにナ。


おまけ2:
ツイッター騒動で佐々木監督「熊谷を信用している」
e0171614_15291197.jpg

どこから手に入れたのか知らないが、いくらなんでもこの写真はないだろ! さすがにイルミナティー企業の産経ですナ! やることがえげつない。警察はこういう企業モラルの低下を監視すべきですナ。まあ、韓国資本が日本国内の反日分子を使いしばらくはこうした運動が続くだろうヨ。「韓流」資金がこういうことの資金源に回されているということだナ。


おまけ3:
「朝鮮人とは関わるな!」とはロシア人の諺(?)。
やはり私の予想通り。フジ産経のネットワークが朝鮮人のつてで仕組んだいかさまだったようですナ。フジテレビも産経新聞も即刻営業停止処分でしょうナ。
衝撃展開!熊谷合コン“黒幕”はフジテレビ勤務(東スポ)
衝撃展開!熊谷合コン“黒幕”はフジテレビ勤務
“合コン”実況中継の余波はでかかった。女子W杯で優勝したなでしこジャパンの熊谷紗希が“合コン”で監督批判などをしたとツイッター上で暴露された騒動で、その席を設けたのがフジテレビに務めているアルバイト男性であることが判明。フジは弁明するなど対応に追われるハメになった。

e0171614_2238430.jpg

よく学園ドラマ(GTOとか、ドラゴン桜とか)に出て来る、意地悪黒幕みたいな顔だナ。性根の悪さが出ているゾ!

いずれにせよ、フジテレビは浅田真央潰ししキムヨナ礼賛という朝鮮王朝のフロントだから、営業停止、資格停止処分が妥当だろう。もしフジテレビと産経が偽テロ報道などを意図的にながしたとしたらどうなるか? 韓国政府は「日本を仮想敵国にしろ」とアメリカ政府にせがんだといわれている。フジ産経の動向は要注意である。こういった朝鮮アルバイターがスーツケース核爆弾(朝鮮総連には1個あると考えられている)を持って突っ込んで来るという可能性も否定できないからである。
[PR]

  by Kikidoblog | 2011-07-21 23:39 | なでしこジャパン

人口削減計画「エコサイエンス」の著者、ジョーン・P・ホールドレンがやってくる!

みなさん、こんにちは。

風雲急を告げてしまったこの日本、この世界。あまりにいろんなことが起きすぎてETの手も借りたいほどである。

そんな中、白人至上主義者の優生学者で、人類削減計画「エコサイエンス」の著者、そして現オバマ政権下の大統領補佐官、ホルドレン米大統領補佐官(ジョーン・P・ホールドレン

e0171614_2374559.jpg

アレックス・ジョーンズ・ショー日曜版」:”我々の命は狙われている”
が日本に再び上陸するという。

米大統領補佐官、福島第一原発を視察へ

【ワシントン=山田哲朗】ホルドレン米大統領補佐官(科学技術担当)が21日から訪日し、福島第一原発を視察することが19日、分かった。
 細野原発相らとも会談し、事故処理への協力について協議する。3月の事故発生後、米政府高官が福島第一原発を訪ねるのは初めて。米政府はこれまで、原子力規制委員会(NRC)やエネルギー省職員を東京に派遣している。
(2011年7月21日00時48分 読売新聞)


この人去年は東大でこんな講演をしていたとか。
米大統領補佐官が東大で講演「温暖化対策は経済のため」
 来日中のホルドレン米大統領補佐官(科学技術担当)

e0171614_11525346.jpg

が11日、東京大でオバマ政権の地球温暖化対策の取り組みなどについて講演し、「対策を先延ばしにする方がコストがかかる。経済のためにこそ対策が必要だ」と述べた。
 今年11~12月にメキシコで開かれる気候変動枠組み条約第16回締約国会議(COP16)に向けた方針について会場から質問されると、ホルドレン氏は「米国にとっても他国にとっても合理的な方法を探している」と応じ、「オバマ大統領は気候変動による被害には緊急の対策が必要であることを理解している」と強調した。
 講演後、ホルドレン氏は環境省で小沢鋭仁環境相と今後の温暖化交渉などについて会談。環境省によると、ホルドレン氏は「気候変動による損害について米国でも理解は進みつつある。上院で審議中の地球温暖化対策法案を成立させるため全力を注ぐ」と述べたという。
(共同通信)【 2010年06月11日 19時50分 】


ところで、このブログでも「コンスピラシー」のカテゴリーでいろいろメモしてきたが、そういう内容を非常に簡潔に短くまとめている、アメノウズメのYouTube番組をつむじ風氏が紹介していた
現代の『天の岩戸』開きに挑戦するアメノウズメ塾!!⑦
現代の『天の岩戸』開きに挑戦するアメノウズメ塾!!⑧
ので、ここにもメモしておこう。














いやはや、「B層」の洗脳は深いナア。まさしく世も末ですナ!


おまけ:
アメノウズメの中級編2で、この中に「911」は自作自演のやらせ、ベネズエラのチャベスをやっつける、というニック・ロックフェラーの話がある。昨夜の「世界一受けたい授業」の増田ユリヤ

e0171614_11593091.jpg

(この人も在日朝鮮系ですナ。)
の「チャベス独裁者説」の情報操作、実にブラックでしたナア。NWOネオコンのブッシュに敢然と反論しているのはチャベス大統領だけ。
e0171614_1224671.jpg


そこで、ニック・ロックフェラーが言ったように、国がNWO陣営に取り込まれると、「国」はNWOの手先となり、もはや国民の側にはつかない。国民は利用され、消費されるだけの存在となるわけである。これは「と学会」のおぼっちゃんたちが得意になっていう「陰謀論」というような仮想現実のお話ではない。まったくのリアルの世界の話である。福島や東北、東日本の人々は、この意味が分かるはずである。何一つ「国」は、被害者である国民のためになることはしてくれないのである。

こういう発想の元締めの1人が、「エコサイエンス」の著者、ホールドレンなのですナ。この人は、ブレジンスキーの手下だヨ。


おまけ:
これがホ−ルドレンが作った「警察国家アメリカ」の実像だ。インディアンや黒人や東洋人はすぐに射殺されるゾ!


[PR]

  by Kikidoblog | 2011-07-21 12:08 | バイオコンスピラシー

ピンポイント台風?:台風6号マーゴン、空海の悟りの地、太龍寺を破壊!

みなさん、こんにちは。

いやはや、棺桶直人が首相になってからというもの、どういうわけか日本全国の神木が倒れて来ている。
「ご神木が倒れる」菅直人政権:全分野で動く日本解体計画。いずれ天皇家も普通の人になるだろう!

そのせいで、日本は未曾有の災害に見舞われる。これが棺桶直人の役目らしい。死神である。(もうすぐ棺桶直人の頭から角が生えるゾ!?)

今度の台風6号(マーゴン)も実に「不可解な動き」(おそらくHAARPで人工操作されただろうと思うが)

e0171614_9553226.gif

(なんなんだい? 先端の乳首のようなピコは? )
でここ阿南にも到達した。なぜなら、衛星による台風の進路ではここに来ていないかのように書かれていたが、ここは台風の目の中に入り、瞬間的に穏やかになったからである。何とかこの不可解な台風6号から逃げおうせたかと思いきや、なんと四国お遍路の創始者、空海が悟りを開いた場所として有名な「太龍寺」の御神木

e0171614_10123812.jpg

が倒れ、本堂を突き破ったという。

台風6号県南に上陸 太龍寺で本堂損傷

e0171614_9575592.jpg

 大型で強い台風6号は20日未明、徳島県南部に上陸した後、和歌山県・潮岬付近を東寄りに進んだ。徳島地方気象台によると、台風の四国への上陸は2004年10月以来7年ぶり。県内では那賀町木頭出原で降り始めからの雨量が807ミリに達するなど、山間部を中心に大雨が降った。このため、各地で道路の損壊が相次いだほか、阿南市加茂町の四国霊場21番札所・太龍寺ではスギの大木が折れ、本堂の屋根を突き破るなど被害が出た。気象台は引き続き、土砂災害への厳重な警戒を呼び掛けている。 
 台風は、室戸岬沖を通過した後、県南の沖合を北上した。気象庁は四国への上陸の恐れはなくなったとしていたが、北に進路を変えて20日午前0時半ごろ、県南部に上陸。直後に東へ進路を変えて遠ざかり、午前9時ごろまでには県内全域が暴風域を抜けた。
 県内全域に発令されていた暴風警報は同日午前6時半、全て解除された。徳島、小松島両市や那賀町に出されていた避難指示・勧告も午前10時までに全て解除された。勝浦町の3世帯7人が自主避難を続けている。
 気象台によると、17日午後6時の降り始めからの雨量は、20日午前5時現在、那賀町木頭出原で807ミリ、上勝町福原旭で802ミリ、海陽町で396・5ミリなど。上勝町福原旭では同日午前0時半までの24時間雨量が観測史上最多の648・5ミリを記録した。
 台風は同日午前10時現在、潮岬付近を時速20キロで東進。中心気圧は980ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は30メートル、中心から半径70キロ以内が風速25メートル以上の暴風域。
 県内への影響は午後も残り、雨や雷雨の所もある見込み。地盤が緩んでおり、気象台は美馬市穴吹町、那賀町木頭、つるぎ町一宇に土砂災害警戒情報を出している。
【写真説明】強風で折れたスギの大木が、屋根を突き破った太龍寺本堂=午前11時ごろ、阿南市加茂町龍山(藤長英之撮影)

死神棺桶直人のネガティブパワーはどこまで強まるのだろうか? 

しかし、もっと驚いたのは、私がいつもジョギングしている。そして、このところの満月の夜、これまでの人生で最高の景色
e0171614_11441651.jpg

だったとメモした場所(福島の3匹の子豚に狼台風6号が接近?:狼なんて怖くない〜、怖くない!?)、中林のサイクリングロードが、この台風6号のせいで、「陥没」崩壊した。いやはや、恐れ入る。

県内に大きな爪痕 台風6号、各地で道路・建物損壊

【写真説明】台風6号の高波で、崩れ落ちた県道=午前8時ごろ、阿南市中林町東(藤川佳宏撮影)
e0171614_1064830.jpg

 20日未明に徳島県南部に上陸し、その後進路を東に変えた台風6号は、県内各地に大きな爪痕を残した。速度が遅く、長時間にわたって風雨をもたらした台風の猛威は、一夜明けて次第に明らかに。阿南市の四国霊場21番札所・太龍寺の本堂や美馬市脇町のうだつの町並みなどが損壊し、海岸沿いの道路も一部が高波で壊された。収穫を間近に控えた農作物も被害を受けた。
 ●建物被害
 折れたスギの大木が本堂の屋根を突き破った太龍寺では、19日夕に参拝客から倒木の情報があり、20日朝に詳しい被害が分かった。同寺によると、折れたのは高さ約40メートルあるスギ一本の先端約15メートル。本堂の銅板の屋根に3メートル程の穴を開けて突き抜けており、外陣と呼ばれる参拝する部屋に枝や天井板、銅板が散乱した。
 島村泰史副住職(47)は「樹齢約400年の巨木で、折れた部分の幹周りは1・5メートルもあった。過去にも倒木被害はあるが、今回の台風の強さを思い知った」と話した。
 国の重要伝統的建造物群に選定されている脇町のうだつの町並みでも、しっくい壁が落ちる被害が相次いだ。町並み内にある市指定文化財・吉田家住宅では、離れを改装した情報センターの東向きのしっくい壁が高さ約2メートル、幅約3メートルにわたってはがれ、茶色い土の下地がむき出しになった。他にも88棟ある民家や倉庫のうち、少なくとも5棟で白壁がはがれるなどの被害が確認された。
 石井町藍畑の国指定重要文化財・田中家住宅でも、ヨシで葺いた主屋の屋根の南側の一部が縦約1メートル、横約1・5メートルにわたって抜け落ちた。
 ●道路の損壊
 高波で海岸沿いのサイクリングロードに被害が出た。阿南市中林町東の中林海岸にある県道戎山中林富岡港線では幅3メートル、長さ34メートルにわたって崩壊。鳴門市里浦町里浦の県道鳴門徳島自転車道でも幅最大2メートル、長さ約50メートルの規模で崩れた。
 ●農作物
 上板町の果樹園では収穫期を迎えた桃に被害が出た。同町神宅の約1ヘクタールで栽培する平山晶博さん(56)の畑では樹齢15年以上の老木が折れたり実が落ちたりと、全体の約4割の実が収穫できない状態に。幹から折れた木も多数あることから、来年度以降の収穫量への影響も心配している。
 ●その他
 県内有数の桜の名所「松島千本桜」がある上板町泉谷の畜産研究所では、約480本ある桜のうち、4本が根元から倒れた。


まあ、台風6号の最中ではさすがに外で走ることは無理だから、家で待避していたが、私のランニングコースも変更せざるをえなくなったというわけですナ。

ピンポイントHAARPにも恐れ入ったが、ピンポイント台風にも恐れ入る。よほど暇な連中がいるようですナ。
[PR]

  by Kikidoblog | 2011-07-21 10:13 | HAARP・台風・ハリケーン

「雨の、雨の、雨の福島」:シュールリアリズム、ニュークリアリズム!?

ERA - Ameno




みなさん、こんにちは。

いやはや、「雨の、雨の、雨の福島」は、シュール以外の何ものでもない。台風6号の雨で核の水蒸気を放散中。

ふくいちライブ
2011.07.20 19:00-20:00 / ふくいちライブカメラ (Live Fukushima Nuclear Plant Cam)


2011.07.20 20:00-21:00 / ふくいちライブカメラ (Live Fukushima Nuclear Plant Cam)



「ニュークリアリズム」(Nucrealism)という新語が生まれそうですナ!


おまけ:
Era Ameno:「ドリメ、イタリノ アダパレ ラチレ」
[PR]

  by Kikidoblog | 2011-07-20 23:02 | 原子炉被災

HAARPに地震波か?:研究用26

みなさん、こんにちは。

昨日は、ここ徳島県の阿南に向って台風6号がやってきたため、数年ぶりの猛烈な暴風雨であった。あと10〜20m/s風が強ければ、かわらが飛び、大変なことになっただろう。しかし、どういうわけか、ここに直撃する直前でUターンし、紀伊水道沖へ進路変更した。おかげで、何度か停電があり、なかなかパソコンに向うことが出来なかった。

そんなわけで、今日、先ほどカナダの地磁気モニター群とアラスカHAARPモニターを観察したところ、久々にみる、非常に大きな(カナダの地磁気モニター群で300nT程度、アラスカ HAARPモニター群で最大200nT程度)の地震電磁波が出ている。どうやらこれは日本アジアを通る大円の方角のもののようである! 

全部書き込むのに時間がかかるため、これまでとは逆に先に予想結果のみを書き込んでおこう。後から、その証拠となるデータを順次付け加えてゆくつもりである。

---------
アラスカのガコナHAARPモニター(またガコナのみになった)
e0171614_2240168.jpg

e0171614_1258828.jpg


カナダのモニター群
e0171614_224113100.jpg

e0171614_12581193.jpg


UT15時~UT20時の間のものが我々が要注意すべきものである。
20日UT12時のものは、非常に大きな地震電磁波(350nT)を表している。しかし、これはどうやら北米大陸に垂直、つまり縦断する大円の方向のものである。北中南米の人は要注意かもしれない。


結果:
e0171614_1415761.jpg

[PR]

  by Kikidoblog | 2011-07-20 12:59 | HAARPモニター観察

なでしこジャパンW杯初優勝おめでとう2:「なでしこは一日にしてならず」」

タイムアップの笛は、次の試合へのキックオフの笛である---デットマール・クラマー

e0171614_13164941.jpg


みなさん、こんにちは。

今は台風6号のせいでこちらは停電したり回復したり、30mの強風の暴風雨にさらされている。

e0171614_12575479.jpg

(どうやらここ徳島阿南直撃コースですナ! この風向きでは福島の風が朝鮮半島へも駆け巡りそうである。)


さて、次は今回の「なでしこジャパン」につながった歴史をメモしておこう。大半は私のその昔の「KiKIdoblog」にメモしておいたものである。この中からいくつかピックアップしておこう。

これらを見れば、「世界ランク4位」、「ワールドカップ優勝」も決してまぐれでも、夢物語でもなかったことが分かるはずである。今の「なでしこジャパン」の快進撃はすでに数年前には出ていたからである。

まずはデットマール・クラマーさんの言葉:
試合で勝った者には友人が集まってくる。新しい友人もできる。本当に友人が必要なのは、敗れたときであり敗れたほうである。私は敗れた者を訪れよう

にあるように、優勝した時には「凱旋」という言葉を使うとか何とか、さも自分が優勝したかのようなしたり顔をして、今度はなでしこジャパンにあやかったり、便乗して番組のネタにしたり、金儲けしようという輩が必ずたくさん出て来るはずである。あるいは、今後そういう「なでしこジャパン」の選手を連れ回してそのおこぼれにあずかろうというような輩もたくさん出て来るはずである。しかし、そういう「外野」にはくれぐれも用心し、自分を見失わないで欲しいと思う。なぜなら、かつての日本代表にも(海外の有名選手でも)そうやってダメになってしまった選手がたくさんいたからである。

さて、私はここ最近、数年前から非常に急成長してきた「なでしこジャパン」のサッカーをずっと見て来ている。2006年には以下のものを書いていた。この5年前には、すでに今の「なでしこジャパン」の「なでしこサッカー」が出来ていたのである。
e0171614_13175849.jpg

しかしながら、それから1年ほどのこの頃の沢選手はおそらくかなりの曲がり角に立っていた。本人も非常につらい時期を過ごしていたはずである。というのも、この時代の沢選手は典型的な「厄病神」だったからである。
e0171614_13245545.jpg

しかしそれから北京オリンピック出場権をかけたアジアカップの戦いで、見事出場権を獲得した。
e0171614_13294752.jpg

e0171614_13295395.jpg

e0171614_13295840.jpg

この時代には、すでに私は「男子サッカーは進歩が低迷しているのに、女子サッカーの進歩が著しい理由は何か」を問題にしていたのである。未だに男子サッカー界はこれを本気で考えている気配はないが。

そしてアジア杯初優勝。
e0171614_1340397.jpg

e0171614_13404197.jpg

そうして北京オリンピック。反町ジャパンはあえなく敗退したが、「なでしこジャパン」=「佐々木なでしこジャパン」は何とか決勝トーナメントに進出した。
e0171614_1333155.jpg

e0171614_13332425.jpg

e0171614_13335164.jpg

そして準決勝で今回同様に優勝候補のアメリカ世界ランク1位と対戦した。しかし良い勝負だったが惜しい敗戦。
e0171614_13382252.jpg

e0171614_13365228.jpg

この試合は確かにアメリカに負けたのだが、非常に大きな手応えをつかんだはずである。この北京リンピックの活躍で、「なでしこジャパン」はそのサッカーの質とその方向性に関してこのまま進めば良いという、確信をつかんだはずなのである。以下のものを見れば、今回の「なでしこジャパン」のすべてがすでにここで出ていたことが分かるはずである。

北京オリンピック 名場面 なでしこジャパン 全ゴール


そして今回は東日本大震災という未曾有の被害(まあイスラエルの裏社会による人工災害だったのだが)が日本を襲った。これが選手たちに「不退転の決意」をもたらしたのだろうと思う。こうして「なでしこジャパン」の優勝という歴史的偉業に結びついたのであろう。

歴史、偉業というものは、後からみると、すべてがまさにそのための布石や伏線であったかのように見えるものである。決勝のアメリカ戦では、私はアメリカの監督が金髪ショートにしていた、ラピノー選手を替えてくれたことがなでしこ勝利への最高のプレゼントだったと思う。サッカーの監督というのは、往々にしてあることだが、試合のプレッシャーに負けると、普通の精神状態ではなくなり、いつもはしないような不可解な選手交代を行って自滅するということがある。これをアメリカのスンダーゲ監督

e0171614_1353334.jpg

がやらかしてしまったということである。滅多にない采配ミスである。

結局、この采配によって、アメリカの先取点のロングパスを送った攻守のキーパーソンだったラピノー選手がいなくなり、17番の選手が出て来た。この選手が最後のPK戦で失敗してくれたのである。私はラピノー選手は非常にいやだなと思っていたから、この選手を替えてくれた瞬間にこれで日本が勝てると思った。さすがにPK戦で勝つとは思わなかったが、すべてはこの采配で決まったのである。

歴史というのは一回限りなので(もちろん、タイムマシンで過去に行くというようなことを考えなければ)、どんな采配でもそれが良かったのか悪かったのか、それがミスだったのか、失敗の原因だったのか、こういうことを判断するのは非常に難しい。なぜならミスだったとしても勝利するということもあるからである。この場合は、人はそれをミスとはいわず、むしろ監督の良い采配のおかげと見るのである。しかし、ミス采配で勝つことはあっても、名采配で負けることはない。当然、名采配で負ければ、名采配とはいわないからである。おそらく、アメリカはダントツだったので、多少監督がミス采配したとしてもこれまではそれでも十分に勝利できたのだろう。しかし、均衡した試合では、結局それが命取りになったということである。私はそう見ている。

もし、ラプノー交代がなければ、きっとアメリカが優勝しただろうと私は思うが、ここに歴史は一回限りということが出て、だれも本当にそうなったかどうかは分からないということなのである。ここにサッカーなどその場限りの出来事の場合の難しさがあるというわけですナ。
[PR]

  by Kikidoblog | 2011-07-19 14:09 | なでしこジャパン

なでしこジャパンW杯初優勝おめでとう1:「なでしこの先人たち」「サッカーは文化だ」

「ドイツ人にゲルマン魂があるように、君たちにも大和魂がある」
−−デットマール・クラマー

e0171614_1041124.jpg


みなさん、こんにちは。

風雲急を告げてしまったこの日本。この世界。いまここ阿南は台風6号による風雲暴風雨のまっただ中である。

さて、昨日は女子サッカーワールドカップ・ドイツ大会で見事に日本女子が初優勝。このニュースが全世界を駆け巡った。勝利の美酒に酔いしれた人々が多かったにちがいない。サッカーなど全く経験もなく、今もすることもない、にわかサッカー通の人々もサッカーの醍醐味というものを少しは理解できたかもしれませんナ。

普通のニュースや特集はテレビマスゴミの格好の題材なのだろうからそっちで見てもらえば良いだろう。ここでは、あまり普通の人、ド素人が取り上げないような話題だけをメモしておこうと思う。

(あ)「サッカーは少年を大人に、大人を紳士に変えるスポーツだ」という名言は、今の日本サッカーやJリーグの創始者たちの青春時代に日本サッカーの現代的基礎を作り上げた、旧西ドイツのデットマール・クラマーコーチの言葉である。正確には、下のおまけにあるように、
私はサッカーを好きなのではない。心から愛している。なぜならば、サッカーは少年を大人に育て、大人を紳士に育て上げるスポーツだからだ。
というものである。今回の女子サッカーを見て分かるように、今では全世界でサッカーは男女を問わず大人気のスポーツなのである。したがって、今ならクラマーさんもこう言うにちがいない。
私はサッカーを好きなのではない。心から愛している。なぜならば、サッカーは少年少女を大人に育て、大人を紳士淑女に育て上げるスポーツだからだ。


(い)実は日本サッカーの歴史は本当ははるかに古く、それ自体非常に興味深いものがある。実際には、イギリス海軍が日本にやって来た明治初期の時代1873年(明治3年)にすでに日本にはサッカーが伝わっている。英軍で海軍兵学校の講師だったダグラス少佐という人物が暇を見てはサッカーをしていた。それに好奇心で寄ってきた学生たちに広まったのが最初だという。当時の日本人には英国式蹴鞠と見えたという。

サッカーは、1863年10月26日イギリスのフリーメーソンズ・タヴァーンというパブでイギリス式のサッカーのルールが誕生したと言われているが、そのわずか10年後に日本へ伝来したのである。それから48年後1921年大正10年に「大日本蹴球協会」が誕生した。これが今の日本サッカー協会の前進である。

そして、日本で最初にサッカー部を作ったのは、東京帝大(東大の前進)や東京高等師範学校(筑波大の前進)であったという。明治の師範学校体育の格好の球技種目としてサッカーが行われたのである。もちろん当時はサッカーという英語ではなく、蹴球と呼ばれていた。しかし、大阪ではすでに1918年に大阪サッカー倶楽部というものが出来ていたという。

今現在サッカーが最もさかんな地域がなぜそうかといえば、東京、横浜、神戸、大阪、広島などには英海軍が寄港し、当時のプレーヤーや指導者が英兵だったからである。日英同盟のおかげである。米軍兵が野球をもたらしたように、英軍兵がサッカーをもたらしたのである。そしてそれが伝わった師範学校(旧制高校や旧帝国大学)のあった地域が今のサッカーどころなのである。

これが今の女子サッカーの大半が神戸や東京やと横浜のクラブにいるという歴史につながっているということなのである。単にスポンサー企業や会社のあるなしというような、そういう見かけ以上のものがあるのである。

(う)第二次世界大戦後、日本はサッカー不毛の地、不毛の時代になった。それは、日英同盟後、日本が徐々に英米に敵対する時代に日本がサッカー不毛の48年を経たように、再び戦後の動乱と経済破綻で低迷時代になる。そこへ東京オリンピックの時代を通じて、再びサッカー熱が高まり、ついにメキシコオリンピックで初の3位という歴史的偉業を達成したわけである。この時代にやって来て、伝説の基礎を作ってくれたのがデットマール・クラマーさん

e0171614_11202084.jpg

だったのである。

Mexico Part1



(え)まあ、簡単に日本のサッカーの歴史を振り返ったが、もし日本が日英同盟を続け、英米と反目することなく進んでいたら、日本サッカーはどうなっていたか?というのは実に興味深い視点である。おそらく、今のブラジル、ウルグアイ、アルゼンチンのように、かなり早い時期サッカーの強豪国になっていたかもしれない。しかし、一方で、英米や欧州の白人によるアジアの植民地支配は終わらず、今のような世界大会というものは出来なかったかもしれない。いずれの意味においても、日本は世界史においてかなり重要な役割を担ったことだけはまちがいないのである。

こういう深い歴史があってこそ、今回の「なでしこジャパン」のワールドカップ初優勝という偉業につながったと見るべきなのである。「サッカーは文化だ」というのは私がいつも我が家の息子たちに言っていることである。この意味は、サッカーが成長し、うまくなる、強くなるには、1世代、2世代、3世代とかかり、実に時間がかかるということである。「ローマは一日にしてならず」。同様に「なでしこは一日にしてならず」なのである。

おまけ:
日本サッカーの歴史

私はサッカーを好きなのではない。心から愛している。なぜならば、サッカーは少年を大人に育て、大人を紳士に育て上げるスポーツだからだ。

選手一人一人の個性を知らずして、どうしてよい指導ができるんだ。コーチは常に選手と共にあるべきだ

タイムアップの笛は、次の試合へのキックオフの笛である

試合で勝った者には友人が集まってくる。新しい友人もできる。本当に友人が必要なのは、敗れたときであり敗れたほうである。私は敗れた者を訪れよう

ドイツ人にゲルマン魂があるように、君たちにも大和魂がある

人間は暗い気持ちの時は耳を塞いでしまう。そんな時には、どんな名言も届かない。しかし心を開いている時なら、苦言でも受け入れることが出来る

「Es ist der Geist, der sieht. 物を見るのは精神であり
  Es ist der Geist, der hort. 物を聞くのは精神である
  Das Auge an sich ist blind. 眼そのものは盲目であり
  Das Ohr an sich ist taub. 耳それ自体は聞こえない」


デットマール・クラマー
日本サッカーの父 デッドマール・クラマーの言葉

[PR]

  by Kikidoblog | 2011-07-19 12:34 | なでしこジャパン

福島の3匹の子豚に狼台風6号が接近?:狼なんて怖くない〜、怖くない!?

三匹の子豚

ディズニー『三匹の子ぶた』全編~狼なんかこわくない (1933)


81話 三びきの子ぶた




みなさん、こんにちは。

風雲急を告げてしまったこの日本、この世界。その日本に今度は本物の風雲がやってくる。かなり巨大な台風6号である。

e0171614_1121409.jpg

e0171614_11214218.jpg


3連休明け、西日本接近=台風6号、高波に注意−気象庁

e0171614_10163572.jpg

 大型で非常に強い台風6号は16日午前、小笠原諸島の沖ノ鳥島近海を西に進んだ。3連休明けの19日には、西日本にかなり接近するとみられ、気象庁は太平洋側で高波に注意を呼び掛けた。
 6号は16日午前6時、沖ノ鳥島近海を時速約15キロで西へ進んだ。中心気圧は950ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は45メートル、最大瞬間風速は60メートル。半径190キロ以内が25メートル以上の暴風域、北東650キロ以内と南西560キロ以内が15メートル以上の強風域。
 6号は発達しながら進路を北西に変え、18日に沖縄・南大東島に近づいた後、19日から20日にかけ、西日本に接近する。(2011/07/16-09:30)


この台風は今回は西日本や四国直撃コースのようである。この台風のことと福島第一原発

2011.07.15 17:00-18:00 / ふくいちライブカメラ (Live Fukushima Nuclear Plant Cam)


のことを合わせて考えると、私は「3匹の子豚」を思い起こさずにはいられないというわけである。なぜなら、福島第一原発の崩壊の様が、まさしく「3匹の子豚」状態だからである。わらの家のような3号機と4号機、木の家のような1号機、そしてレンガの家のような2号機や5号機6号機。そこにオオカミである台風6号がやってくる。

はたしてその結末やいかに?

下手をすれば、巨大クレーンが強風に煽られて2号機の上に倒れる。あるいは、強風で放射性物質が国中にまき散らされる。まさに悪夢のような展開。こういう展開も予想されるわけである。

今回の「放射能汚染の福島産牛肉」の顛末を見ても分かるように、こんなことは3月11日に分かり切ったことである。3月14日の爆発から4ヶ月も経たないと分からなかったのなら、たわけ者以外の何ものでもない。

3月には避難区域も避難場所も想定できた。地方でもそれなりに援助し準備したからである。にもかかわらず、「嘘つき、こだまの枝野」、「死神棺桶直人」の大ウソにほだされて(人間というのは、自分が言って欲しいこと、自分がそうあって欲しいと願うことだけを認識するように出来ているようだが。それゆえ、自分たちの悲惨な信じ難い現実を受け入れられなかったということだろうが)、避難しなかった、畜産場所を移さなかった、福島県の人々にも自己責任がある。

一方、日本政府の棺桶内閣は、こうなると分かっていたにもかかわらず、福島の産業を国有化し、資産を買い取るという手間暇を省いた結果、放射能汚染をいたずらに拡散したというていたらくであった。

西日本の地方自治体の中には、せっかく準備したのに少しも避難してくれずに非常に残念がったという事実がある。西日本の地方の地方は「少子化」や「過疎化」のために廃校となった学校施設や幽霊屋敷化した場所など無数にあるのだヨ。だから、いくらでも避難できる場所はあるし、地方の人々は大歓迎したのである。

しかし、今となっては遅い。放射能の汚染肉といっしょで、放射化した人間や放射能汚染した人間は有害物質満載なのである。二次、三次被爆の可能性が出て来るからである。除染施設のない場所への避難はさらなる汚染地の拡大のもとになるわけである。(とはいっても、もう遅いが。武田博士がいっていたように、新幹線や物流を通じて、すでに日本全国に放射性物質は拡散し続けているからである。私自身、アマゾンで都内や関東からの本はできるだけ買わないことにしている。梱包場所を見てから買うようにしているのである。だから郵便も東京のものには注意している。これはよりいっそう深刻化するだろう。)

このように、棺桶直人内閣は、すべてが後手後手となり、後先が逆転する。そして事態をより深刻化させてきたわけである。海江田万里なんていうのは、マスゴミテレビのコメンテーターの乗りで適当なことをいうばかりでらちがあかない。ごますりとお調子者だけでのさばったものへの天罰だろう。きっと今以上に悪くなるはずである。

私個人が驚くのは、一番最初からすべてが誤った選択の積み重ねになるということである。どうしてなのか? 打つ手打つ手が裏目に出る。知性がない。合理性も根拠もない。俗にいう「トンデモ対策」である(ちなみに、この「トンデモ」という意味逆転化した言葉を流行らせたのは、東電職員のような気質を持つ「と学会」の連中であるが、「トンデモ」とは、「根拠」という意味である。だから「トンデモナイ」と否定にしないと意味をなさない。「根拠のねえこと」を「とんでもないこと」というわけだからである。物事を逆にとらえるところは東電や棺桶内閣といっしょである。実に興味深い。)

まあ、今ではその理由は明らかとなったわけである。つまり、いみじくもクリントン元大統領がかつて「政府の中に政府がある。彼らには歯向えない」といったというように、棺桶内閣の中の内閣があるというわけである。例のウォーラーがふんぞり返っているわけである。官邸内部にシオニスト/イルミナティー/NWOの米人組織があるわけですナ。こいつらが指図したことや指図していることが全部裏目に出た/出るわけである。

それもそのはず、福島産を流通させれば、放射能汚染肉と判明するのは明らかなのだから、いずれそれに変わるために米国産などの北米産や豪州産牛肉を輸入しろと指図できるからである。農産物とて同じことである。連中の本音はここにある。今や売るものは、兵器しかなくなりつつあったアメリカ合衆国の農産物畜産物を日本に売って、自分の実績をあげ、錦をあげて帰国し、さらに出世したいというわけである。

まあ、「国産の放射能汚染肉」vs「北米産のプリオンと成長ホルモン汚染肉」、「国産の放射能汚染農産物」vs「北米産のモンサント遺伝子改変人口削減農産物」の戦いというわけである。ついでにいえば、「国内農業団体産」vs「TPP外資外国企業産」の戦いというわけである。

はたしてどっちが良いか? 

まあ、最近私は、こんな夢を見る。
「いっそのこと日本の原発全部崩壊させてしまった方が良いんじゃないか!」
「そうすりゃー、日本もアメリカもEUも全部終焉する。」
「そうなれば、本当に強いものだけが生き残る。」
「生き残った連中がもう一度地球をやり直した方が地球のためになるのじゃないか?」

まあ、これは単なる私の夢なのだが、今の現実では決して夢ではなく、これから本当にそうなりかねない危機をはらんだものである。

福島第一原発(や一説ではチェルノブイリも)は地震で崩壊したのだが、台風でも同じことは起こりえるのである。実際、アメリカでは大洪水で原発が危機に陥ったのである。

原発はこの宇宙のもっとも原始的なエネルギー源を使っている。太陽の原理である。だから、我々人間側から見れば、原子炉崩壊ということになるが、宇宙の自然の側から見れば、揺さぶれば、元に戻るだけということにすぎない。太陽のように戻るのである。核爆発起して、太陽化するわけである。なぜなら、そもそも核物質にとってそっちの方が安定だからである。自然はいつもより安定な方向へ動く。この原理から、エントロピーの増大の法則もすべての物理法則が成り立っているのである。

原発(や太陽エネルギー発電も発電という現象)は、非平衡非線形不安定状態をうまく利用して発電できるという発想で出来ている。だから、何かあれば、より安定な状態へと崩壊するにすぎない。どかんと一発やってみようよということで安定になれるのなら、それを自然は好むのである。もちろん、我々生物、生命現象も非平衡非線形不安定状態を利用している。だからもっとも安定化した状態は死なのである。

我々が生きて行くということは、常にこの非線形非平衡不安定状態をうまく維持してゆくことなのである。そこには知恵が必須である。社会とて同じこと。そういう知恵のないものは棺桶に入る。知恵のない首相は棺桶首相ということになるわけですナ。

冗談はさておき、今度の台風6号はかなり注意する必要があるだろう。これまでの暴風雨による災害もさることながら、福島原発などの被害も想定すべきだろう。ストレステストしている最中にこんな巨大猛烈台風が来たりしたらいったい連中はどうするつもりだったのだろうか。「想定外でした」といって終わるのでしょうナア。まあ、棺桶直人やこだまの枝野やゴメンテーターの海江田では「日本がなくなっても、想定外のことでした。すみません。」で終わるのだろうヨ。現実の放射能にも困るが、棺桶内閣の「放射脳」にも悩まされるというわけですナ。


おまけ:
ところで、「嵐の前の静けさ」という言葉があるが、ここ最近、特に昨日は、海岸を走っていると、私がこれまで生きて来た中では最高の満月と太平洋であった。思わず「ここはハワイか?」と思うような静かの海と満月のライジングであった。「ライジング・サン」ならぬ「ライジング・フルムーン」であった。ここ最近の月は非常に明るい。そのため、その光が海に跳ね返り、とてつもない美しい海の風景であった。まあ、こんな感じ?

e0171614_1144772.jpg


か、こんな感じ?

e0171614_11441651.jpg

(現物ははるかにもっと美しかったナア。マーメイドでもいればまさにハワイか天国だ。)

多くのアマチュアカメラマンもせっせとライジングムーンを撮影していましたヨ。3人の少年がボードで波打ち際を滑っていたが、これはハワイの子供たちがよくやる遊びである。そんなことをここ日本で出来るとは思わなかった。それも我が家のすぐ近くでネ。福島の海も良いが、こっちの水は甘いぞというところですナ。おかげで私は15km近く(たぶん)も走ってしまったヨ。
[PR]

  by Kikidoblog | 2011-07-16 11:22 | HAARP・台風・ハリケーン

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE