<   2011年 07月 ( 52 )   > この月の画像一覧

 

HAARPに地震波か?:研究用24、昨日NZ沖のM7.8の地震

みなさん、こんにちは。

昨日ニュージーランド北東沖でM7.8の大地震が起こったようである。

7.8M Earthquake Triggers Tsunami to Hit Auckland, NZ - July 6, 2011 - Warning CANCELED



さて、これを記録していたHAARPモニターはあっただろうか?

そこで過去の記録を一応調べてみると、以下のものが、それらしいものである。

e0171614_1720536.jpg

e0171614_17254363.jpg

e0171614_17263636.gif

(この2つの中にある、UT5時の地震電磁波がNZ沖のものだろうと推測できる。)

地震電磁波が観測されてから、実際の地震が起こるまでには、すこし時間差がある。普通、2日後(早ければ1日後)から2週間後の間に起こると考えられている。だから、この間にたくさんの地震電磁波が出ている場合、そのどれが該当するものか見定めることが難しい。だから、100%の確証を持って後付けすることは難しいのである。このあたりは更なる研究が必要だろう。
[PR]

  by Kikidoblog | 2011-07-07 17:28 | HAARPモニター観察

アメリカのアリゾナ州フェニックスの大砂嵐!

みなさん、こんにちは。

いやはや、今度は米アリゾナで強烈な砂嵐が起こったようである。以下のものである。

Phoenix Dust Storm: Video of Doomsday Scenes in Arizona


Sand Storm in Phoenix Arizona July 5 2011


2011 Must See Massive Dust Storm in Arizona Huge Haboob o_O


Sandstorm Phoenix Arizona Amatorial Footage


何を隠そう。私が生まれて初めてアメリカ本土に行ったのは、1986年の9月13日であった。ユタ大学大学院に入学するためだった。デルタ航空でカリフォルニア州ロサンジェルスからアリゾナのフェニックスへ行き、そこから飛行機を乗り換え、アメリカ本土を縦断する形でユタ州ソルトレークに行ったのである。

e0171614_2259197.jpg

フェニックス空港で待っている間、何とも言えない、日本ではかいだことのない特有の臭いがした。何かシガー、シガレットのようなドライな、強烈な臭いがしたのである。そして、ユタに飛び立った時、乾燥地特有の赤茶けた土地、黒い土地が空から見えたことを覚えている。

そんなフェニックで、このような信じられない砂嵐が起こったらしい。驚きである。中南部では大洪水。お隣のニューメキシコのロスアラモスでは山火事。そしてアリゾナでは砂嵐。いやはや、いったいアメリカもどうなっているのだろうか?


おまけ:
2007年のもの。
Phoenix Dust Storm 2007


2008年のオーストラリアのもの
Broken Hill Dust Storm Australia

[PR]

  by Kikidoblog | 2011-07-06 23:06 | ミステリー

「彗星エレニン」にまつわるさまざまな噂?

みなさん、こんにちは。

風雲急を告げてしまったこの日本、この世界。今や天文学者の間では「彗星エレニン」の話題で持ち切りのようである。そんな「彗星エレニン」に関して、ちょっと謎めいた記事がたくさん出て来ているようなので、その一部だけここにもメモしておこう。以下のものである。

# NASAによるエレーニンの「観測」回数は「天文学的」数字に達している。「普通」の彗星に何故それほどまでに関心があるのか?
2011.07.05 Tuesday
元記事:Elenin 'Observed' an 'Astronomical' Number of Times by NASA; Why Such Interest for a 'Normal' Comet?

2011年7月5日(火)05:14

NASAによると、エレーニン彗星は全く「普通」の彗星だという。では何故、彼ら自身が公開しているデータでは、レビー彗星は4年半以上もの期間にわずか324回しか観測されていないのに対し、エレーニン彗星の「観測」回数は7ヶ月未満の間に2,181回も行われた事を示しているのだろうか?事実上、NASAが観測し結果対象としなかった他の地球近傍天体(Near Earth Object)は、その大きさを与えらていないエレーニンの観測回数ほども認められていない。エレーニンが「普通」の彗星だと言うなら、NASAは何に対してそれほどの関心を持っているのだろうか?加えて、NASAがエレーニンの大きさに関する正確な情報を、未だ我々に提供していないのは何故なのか?NASAはエレーニンの監視に必死になっている!



もう一つはこれ。この中の「NASAの緊急電子メール」の部分のみメモ。

2011/07/01
フォトン・ベルト レポート <宇宙から厄災の星―大災害に備える米国>


さらにNASA本部からは、次のような電子メールが全職員に送付された。

「みなさん、NASAの一員として、誇りを持って仕事に取り組んでいることと
思います。
 さて、今回のメールは緊急を要するものです。
 今年、2011年の10月に起きる出来事に対して、充分な備えが必要だと
いうことを勧告する
ものです。
 食料、水、医薬品などの備蓄を行ってください。少なくとも1年分の備蓄を
するように、あなたとあなたの家族のために行ってください。
 これは来たる大異変に対する緊急オペレーションです。

 詳細は、NASA事務局より、再び知らせます。
 早めに詳細を知りたい方は、事務所まで足を運ぶか、メールで問い合わせを
してください。
  みなさんとその家族の幸運を願っています。     
                     NASA宇宙局広報部


次はこれ。

オーストラリアの東海岸は不可避の強力な津波に襲われる - オーストラリア津波研究センター
元記事:Powerful tsunami on Australian east coast is inevitable - Australian Tsunami Research Centre

記事、マイク・ヘッジ(Mike Hedge)2011年7月4日午後6:17

つい500年前までの津波は、この数世紀の間に南太平洋を襲った如何なる津波よりも強力であり、それと同じ程度の津波が発生し、オーストラリアの東海岸を襲うことがほぼ確実だと、専門家は考えている。

世界的な津波の権威の一人、ジェームズ・ゴフ(James Goff)によると、歴史から教訓が得られるという。

「我々がこれまでに知っているより、確実に大きな事象が発生し、不可避の巨大な津波がオーストラリア北部を襲うだろう」と、オーストラリア津波研究センターのゴフ教授は、メルボルンで開かれた会議で話している。

ゴフ教授によると、津波を理解するのは比較的容易だが、可能性のある確実な結論に至るに足る十分な知識があるという。

確実性のあるものとして、1460年にバヌアツ近郊で発生した巨大火山の崩壊によって、1883年にインドネシアのクラカトア火山島が爆発した時の10倍ものエネルギーを放出している。

クラカトアの爆発は、近代史上記録されている火山爆発の中でも最も激しかったと見られており、結果として発生した津波によって、約4万人が死亡している。

爆発は、広島を壊滅させた原子爆弾のおよそ13,000倍も強力で、5,000Km離れた場所で音が聞こえたという。

ゴフ教授によれば、これはまだ子供程度なのだという。

「15世紀に発生した2つの出来事は、クラカトアとは比較にならないほど巨大で、また我々が知っている2,000年前のものと比較しても、少なくとも2倍は大きい」と、国際測地学・地球物理学連合(International Union of Geodesy and Geophysics = IUGG)の会議で彼は話している。

ゴフ教授は、これらは事実だと述べている。

予測できないのは、それが再び起きる時期だという。

「実に興味深い要素は、我々が考えもしない場所から、我々が考えている以上に大きな出来事の可能性を認識しているということだ」という。

「歴史的にもあまり知られていない場所が、オーストラリアの東海岸なのだ」。

「しかし、巨大な出来事が起きることを我々は知っており、それはここから始まるのだ」。



さて、最初の「彗星エレニン」をNASAが何千回も観測する理由はかなり明らかである。これは、しばらく前にここにもメモした
彗星エレニンは、UFO大艦隊を引き連れて来た!?:オーマイガッド!
に関係していると考えられるからである。



つまり、エレニンのしっぽのあたりに何やら編隊を組んだ光体の群れ

e0171614_1721228.jpg

e0171614_17211752.jpg

が確認されたからである。

誰が見てもこれは何だ?ということになる。UFOなのか、空飛ぶ円盤か、宇宙人の乗り物か? もしそうなら、その動きが気になる。地球に飛来するのか? そのまま通り過ぎるのか? 


さて、その次のNASAの緊急メッセージは実に気になる代物である。その大異変とは何か? 隕石の衝突なのか? 火山の大噴火なのか? 大陸の移動による巨大地震なのか? あるいは、宇宙人の襲来なのか? あるいは、NWOによる第三次世界大戦の核戦争なのか? 一体何か? 1年分の食料を用意し、いつでも避難できるようにしろとはどういう意味か? 自分たちNASAの職員だけ助かれば良いのか? いずれにせよ、日本人はパニックにならない。NASAは正確な情報を日本人にも伝授すべきである。


さて、最後のものは、今度はオーストラリアの北東部における巨大津波のお話である。火山の噴火によるものと推定されている。ここに隕石が激突するのか? あるいは、未知の海底火山が噴火するのか? あるいは、ここに新大陸が誕生するのか? その時に巨大津波が押し寄せるのか?

ここでもメモした、元イルミナティー側の MJ12の科学者で、UFOの反重力エンジン製造にたずさわっていたスタン・デヨ博士の説
「日本は沈没するのか?」:それはだれにも分からない!?
では、今後地球は歴史上例を見ない形で大陸の変動が起こる。その結果、大半が海に沈み、新大陸がオーストラリアと南米の間に誕生するというようなコンピュータシミュレーション結果を出している。はたしてこの大陸移動がいよいよ始まるのか?

いずれにせよ、我々は今後を見守って行く他ないようですナ。
[PR]

  by Kikidoblog | 2011-07-06 17:52 | エレニン彗星

HAARPに地震波か?:研究用23

みなさん、こんにちは。

今日の夕飯時、和歌山を中心に震度5強の結構大きな地震があった。
地震:和歌山県で震度5強=午後7時18分
およそ20年ぶりという。ちょうど紀伊水道を挟んで和歌山の反対側にある、ここ徳島県の阿南でも震度4強ほどのかなりの地震に見舞われたようである。

というのも、私は、ちょうどその頃、海岸沿いをジョギングしていたために、まったくこの地震に気付かなかった。いい天気なのに米軍機からそこら中に有害エアゾールが撒かれ、いくスジものケムトレイルが出来ていたため、

e0171614_23573770.jpg

それを眺めながらのジョギングだった。したがって、もし大津波がきたら、「みなさん、さようなら〜〜」というところであっただろう。

普通の旅客機は音速よりちょっと遅い速度で、普通の雲の上を飛ぶ。しかし、米軍傘下のケムトレイル散布機は、それよりずっと上空の巻雲の領域を音速よりわずかに速く飛ぶ。しかも、何機かがチームを組んで集団で飛ぶために、さっき通ったばかりの場所を次々に別の旅客機が膨大なケムトレイルを作り出す。こうすることで、HAARPから出る電磁波を非常に有効に反射することができるようになるからだと考えられている。震源地は7kmの深さ、余震は10kmの深さというから、ちょうどHAARPの電磁波の深度と考えられるだろう。

また、私のパソコンのTexShopの再インストールをしていたため、それに時間をとられ、ついうっかりアラスカのHAARPモニターもチェックするのを忘れていたのである。

そこで、今日、先ほどカナダの地磁気モニター群とアラスカHAARPモニターを観察したところ、久々にみる、非常に大きな(カナダの地磁気モニター群で300nT程度、アラスカ HAARPモニター群で最大125nT程度)の地震電磁波が出ている。どうやらこれは日本アジアを通る大円の方角のもののようである! 

全部書き込むのに時間がかかるため、これまでとは逆に先に予想結果のみを書き込んでおこう。後から、その証拠となるデータを順次付け加えてゆくつもりである。

---------
アラスカのガコナHAARPモニター(またガコナのみになった)
e0171614_23383070.jpg


カナダのモニター群
e0171614_23374993.jpg


UT15時~UT20時の間のものが我々が要注意すべきものである。
[PR]

  by Kikidoblog | 2011-07-05 23:41 | HAARPモニター観察

彗星エレニン、赤い惑星ニビル、褐色矮星ネメシス:「惑星X」とはどれか?

みなさん、こんにちは。

現在の地球全体の異常気象の原因の1つに巨大な天体「惑星X」が近づいているためだというまことしやかな説がある。

The Red Devil Planet Revisited



その天体「惑星X」が何かということに関して、「惑星X」は「ニビルだ。アヌンナキの惑星が3600年ぶりに帰還したのだ」というもの。いや、「惑星X」は「彗星エレニン」だ。「エレニンこそニビルのことに違いない」、「NASAはニビルのことを勝手にエレニンと呼び名を変えているのだ」というもの。いやいや、「惑星X」とは、「褐色矮星(ブラウンドーフ)のネメシスのことだ」、「NASAは隠蔽のために、その名をティケと変えている」、「ネメシスの衛星であるのが惑星ニビルだ」というようなもの。などさまざまである。

最近、そのエレニンに関して、NASAの公開データを使って調べたというものが、例の「舞台裏の真相」にあったので、それもここにメモしておこう。以下のものである。

Comet Elenin - Dwarf Star From 2007! Mirror


この中では、グーグルスカイの中にある、以下のものが謎の天体のことではないか?と考えているらしい。

e0171614_122331.jpg



そこで、一応私も同じことを確認のためにやってみたのである。そのYouTube番組と同じようにNASAのサイトを開き、NASAのデータを使って、目的の場所をグーグルスカイとグーグルアースの天体の星空で見ることにした。

まずはエレニンの軌道。これを私も確認した。

e0171614_1253342.jpg


そして、場所を6月30日の場所を特定し、それをグーグルアース天体に入れると、

e0171614_1272370.jpg

現在は、エレニンは獅子座の後ろ足のあたりにあることになっている。

次に、グーグルスカイで同じ場所を暗い星を観察するための赤外線にして見ると、

e0171614_1284464.jpg


上のYouTube番組がこれだと言っているものが、エレニンの先の方(ちょっと右上)、獅子座の前足の先に見つかった。ところが、今度はずっと後ろの方(左下)にもっと大きなもの(黒い四角でマスクされたもの)が存在しているらしいことがわかる。要するに、3つの天体があるということになる。前のものがニビルであれば、後ろのものは何か? ネメシスか? 褐色矮星なのか? エレニンは、それらの間にあると言うことになる。エレニンはニビルとネメシスに随伴する彗星なのか?

いやはや、これらはいったい何なのか? 謎が深まるばかりである。NASAはこれらを十二分に観測できるはずだから、ぜひ情報を公開すべきだろう。
[PR]

  by Kikidoblog | 2011-07-05 12:23 | エレニン彗星

ロスアラモスの山火事:あまりに壮大すぎる!

みなさん、こんにちは。

風雲急を告げてしまったこの世界、この地球。原爆開発で有名なアメリカのロスアラモス国立研究所
e0171614_11461693.jpg

は、いま閉鎖の危機にあるという。ここは山火事に襲われつつあるために、研究所全体が緊急避難のために閉鎖中というのである。

さて、そんな山火事の映像があるようなので、ここにもメモしておこう。実に不思議な山火事である。まるで火山の噴火のような膨大な煙を出している。

June 26 2011 Las Conchas Fire near Los Alamos


Los Conchas fire near Los Alamos


Massive Fire Threatens Los Alamos National Lab, Mandatory Evacuation Orders Given to Local



いやはや、アメリカの山火事はあまりに壮大である。いったいどうしてこんな火事になってしまったのだろうか?
[PR]

  by Kikidoblog | 2011-07-05 11:49 | ミステリー

アメノウズメ塾:今の日本は「右を向いても左を向いても真っ暗闇じゃござんせんか」

アメノウズメとは天宇受賣命、
あの天の岩戸開きに貢献した女神で、
岩戸隠れした天照大神を引き出し、
世に光を取り戻した神話である。−−アメノウズメ塾

兵庫県加古川市 宗佐厄神八幡神社の絵馬
e0171614_103761.jpg


みなさん、こんにちは。

最近、つむじ風氏が紹介している「アメノウズメ塾」というYouTube番組は非常に面白い。かつためになる。そこでここにもメモしておこう。以下のものである。この手の話に無菌状態の「B層」や「シープル」の人は一番最初の1番目から見ることをお勧めする。

貴方を洗脳から覚醒させるアメノウズメ塾⑩秘密結社サイン 民主党


貴方を洗脳から覚醒させるアメノウズメ塾⑪アメリカ軍 洗脳


貴方を洗脳から覚醒させるアメノウズメ塾⑫サタニスト 秘密結社


そして、極めつけに優れているのはこれ。旧日本軍の大東亜戦争についてのもの。白人の獰猛で悲惨極める支配を同じアジアの同胞として立ち上がり、アジアに自由と平和をもたらした日本軍に対する「感謝、感謝の雨あられ」である。この事実を日本人はもっと知る必要がある。英米人のプロパガンダには注意する必要がある。

貴方を洗脳から覚醒させるアメノウズメ塾⑬大東亜戦争 右翼


この中に出て来る、ミャンマーのアウンサウンというのが、今イギリス人によって拉致され洗脳されたアウンサウン・スーチー
e0171614_13294022.jpg

(この女性は、自分の父親が英軍に暗殺されたことも知らず、その後自分が英工作員にトラウマベースマインドコントロールされて英国の犬にされてしまったことも知らないという哀れな女性である。もしミャンマー軍が軟禁しなければ、パキスタンのブット女史と同じ運命になる可能性が非常に高い。少しでもイギリスに歯向えば則暗殺である。)

の父親のことである。

日本兵士は、捕虜にしたアジア人ともどこの国々の民族とも打ち解け、寝食を共にした。完全に差別し、別々に食したイギリス人など欧米白人種とは違ったのである。この心意気が、戦後の経済復興の時、トヨタやソニーや松下電気などの戦後の日本企業が受け継いだものなのである。従業員と管理職も寝食を共にする。社長も同じ食堂で飯を食う。しかし、英米人は違う。ここがポイントである。

さらにこの最後の方に「神風特攻隊」作戦の作製秘話が出ている。負けると分かっていても、アジアのために血を流した日本人がいたという歴史を遺すこと、それ自体が重要なのだ。そうすれば、それがいつかまたその精神をまとってくれる日本人が出るきっかけになる。当時の英米植民地の非力なアジア人は、日本が負けると分かった時も日本人の味方になり、日本人を応援してくれたわけである。

しかし、あまりに無知な朝鮮人や中国人の最下層の貧乏な層だけが、イギリスでトラウマベースの深い洗脳を受けてしまったアウンサンスーチーのように、見事に英米人にウソを教え込まれ、誤った歴史観と世界観を洗脳されてしまったということなのである。例えば、当時日本は南京などを爆撃したが、南京大虐殺などはなかったと当時そこに住んでいたユダヤ人は証言しているのである。

これについては、武田教授の「「白人は人間ではない」:現代のコペルニクス」の話とぴったり符合する。

欧米人が仕掛ける罠1 2


そしてこれ。小沢一郎を信奉する人は必見だろうナア。

貴方を洗脳から覚醒させるアメノウズメ塾⑭日教組 右翼


面白いのはこれ。この最初のネットワーク図は私が自分のパソコンで作ったものである。このブログから流通したようですナ。

貴方を洗脳から覚醒させるアメノウズメ⑯アポロ計画捏造


アメリカ白人のネオナチ、ヒットラーの息子たち、それがアメリカのNWO、ネオコン。根性の悪さはナチス以上。

貴方を洗脳から覚醒させるアメノウズメ塾⑰NWO新世界秩序

(このアメリカ人警備員のような人間を「ロボット人間」という。完全にマインドコントロールされている。自分の頭で思考することができない。お上からの命令に服従するだけである。これからこういう人間ばかりになるのだ、とアドルフ・ヒットラーが予言した。)

とまあ、そんなわけで、中国人、韓国人、北朝鮮人、在日朝鮮人/韓国人/中国人のみなさん、同じアジア人同士で殺し合っている場合ではない。いがみ合っている場合ではないということなのである。このまま行けば、アジア全体でアジア人は消滅させられかねないのである。

いずれにせよ、今の日本は「右を向いても左を向いても真っ暗闇じゃござんせんか」というところですナ。


おまけ:
知恵出さなければ助けない 復興相、被災地に厳しい注文
e0171614_1111822.jpg


 松本龍復興対策担当相は3日、岩手県の達増拓也知事、宮城県の村井嘉浩知事と両県庁でそれぞれ会談し、東日本大震災からの復興をめぐり「知恵を出さないやつ(自治体)は助けないぐらいの気持ちを持って」「こっちも突き放すところは突き放す」などと厳しい口調を交えて注文を付けた。被災地の知事を激励する意味合いがあったとみられるが、真意や閣僚としての資質を野党が国会で追及する可能性もありそうだ。

日本は在日外国人でも被差別部落民でもだれでも政治家になれる世界で唯一の国である。「自由の国アメリカ」でもそこまでは達成できていない、文字通り「自由の国」なのである。部落の父の義理孫の松本氏ももう少しその辺のことを理解して、あまり横柄な態度に出るのはよろしくありませんナア。こいつも「ロボット人間」の部類ですナ。
[PR]

  by Kikidoblog | 2011-07-04 10:48 | コンスピラシー

福島第一原発、雨後に必ず水蒸気放出!:ラジエーターのオーバーヒートと同じか?

みなさん、こんにちは。

今しがた福島第一原発のライブカメラ

ふくいちライブカメラ
JNN福島第一原発情報カメラ(LIVE)


2011.07.03 22:00-23:00 / ふくいちライブカメラ(long ver)


を見ると、ふたたびシュールな映像が眼に入った。またまた膨大な放射性の水蒸気をもくもくと吹き上げているようである。まさに「悪魔のエンジン」である。

簡単に比喩で言えば、空焚き状態になり、オーバーヒートしたラジエーターの口を開けた時にシューっと熱湯より熱い水蒸気が吹き上げるというのと似ているのである。自動車の場合、これを絶対にしてはならないということになっている。大やけどを負うからである。

私がこれまでずっと福島第一原発を観察して来て、確実に言えることは、3号機や4号機の核燃料は水がなくて真っ赤となり、格納容器は空焚き状態になっているのだろうというものである。空焚き状態だから、一部は徐々に溶けて穴が空き、メルトダウンやメルトスルーを起しているわけである。そして最後には原子炉のコンクリートの底の外壁にも穴が空き、地下に侵入する。

そんな状況のどこかにいるわけだが、そこに雨が降る。その度に、空焚きでオーバーヒートしたラジエーターのように、高温の水蒸気が舞い上がる。これを繰り返していることだけは間違いなさそうである。なぜなら、雨が降った後に確実に白煙を登らせるからである。

そんなわけだから、原子炉内に不必要な雨水が入り込まないようにすべきかもしれない。

それにしても変である。崩壊した原子炉を水で冷やすのが必須であるからといって、水でさんざん冷やして来たはずなのに、雨が降る度に水蒸気の噴煙を出す。ということは、冷やすために入れた水はすぐに失われてどこかに行ってしまうということである。そうでなければ、空焚き状態になることはないから、水蒸気を出すはずがないからである。ところが、雨が降った日には必ず、膨大な水蒸気の噴煙を出しているのである。やはり、空焚きでオーバーヒートしているということである。

東電は、「冷温停止」だとか、「棺水」とか、即興で作った東電製造語ばかりに才能を発揮しているおばかさんたちだが、傷だらけで底に穴が沢山開いたやかんに水を貯めることができないのと同様、崩壊した格納容器で「冷温停止」など出来ようはずがない。だれが考えたところで、物理的に不可能なのは明白である。

ところが、東電は循環冷却がうまく行ったとか、何やら本当かどうか分からないニュースばかりリークしているように見える。私が見た限り、最近大型クレーンが1号機のところに設置されたのと、3号機のところに小型クレーンが設置されたのを目撃しただけで、循環冷却のための作業など一度も見たことがない。本当にそんな作業を行っているのだろうか? もしうまく行っているのであれば、これほど頻繁に水蒸気など出すはずがない。

それゆえ、ひょっとしたら、東電は絵に描いた餅や机上の空論を勝手にほざいてやったことにしているのではないかという疑念すら持ち上がるのである。昔の日本軍の大本営のようにウソばかり報道という可能性もある。はたして本当はどうなのか? このあたりが今後の問題ということだろう。

ところで、菅直人が、「冷温停止」のめどがつくまで、などといって首相の座に居座るとすれば、冷温停止は永久にできないわけだから、日本が滅亡するまで菅直人が居座るということのようですナ。ほんとこいつは死神のヒルですナ。

冷温停止、メルトダウン…定義曖昧 「事故認識に混乱も」割れる専門家意見


おまけ:
私は京大の小出博士などとは違って、単なるお人好しではない。どちらかといえば、この世界の酸いも甘いも知り尽くしている方である。また、私は小出博士のように、原子核で食わせてもらったこともない。DNAの研究においては理研にいた3年間のみ。もちろん、この16年完全なるフリーの理論物理学者でいるから、給料も生活費も研究費もない。単に個人的挑戦心から研究を続けているのである。

今回は、たまたま、福島原発の崩壊事故は、私の挑戦心に火を付けたのである。何とかして被害と被災者を少なくしたい。それにはどうすべきか?と。だから、自分のそれまでの研究テーマはさておいて、最初の被災から2週間以内に世界中のサイトから手に入る情報を勉強に勉強をして一刻も早くどうすればいいかを考察し、それをここにメモしたというわけである。だから、他人がそれをどう取り扱おうが、どう参考にしようがしまいが私にはそんなことはまったくどうでもいいのである。

まあ、普通の人、電通の言う「B層」の人たちは、日本の科学者社会をあまり知らないだろう。だから、参考までにここにメモしておくが、日本の科学者のおそらく7、8割は首都圏(や大都市)に住んでいる。国立大学では東大がダントツである。完全なる一極集中である。東京都内とその周辺の関東圏内(つくばなど)に広げたら、日本の科学技術者の大半がそこにいることになるはずである。だから、私などの力を頼るべきではなく、自分の身の回りの大学にいる物理学者や技術者たちを頼るべきである。

おおまかに見積もっても、東大には1万人の科学者がいるはずである。ちまたで御用学者などと言われているのは、そのほんの一部である。

まあ、一般人は、「御用学者が悪い」、というようなことを言うが、それは木を見て森を見ないの例え通りである。御用学者はまだずっとましなのである。御用学者には、一応、大学の外の下界の企業と組んで何やら社会貢献を行おうという野心や功名心がある。今回は、それが裏目になっただけのことだからである。私個人の見解では、御用学者とその反対である小出博士は似たもの同士なのである。その方向性が違うだけなのである。

ところが、実はもっとずっとたちの悪いタイプの学者が日本の大学には無数にいるのである。それが、日本の普通の大学の学者である。そういう連中は、そのどちらにも組せず、自分の狭い興味だけで研究(と彼らが称するもの)を行っている。しかしながら、連中もまた御用学者並みの高給取りの学者たちなのである。物理学者にもこういう連中が大半である。

こういう連中は、東北で何人死のうが、福島で何人死のうがおかまい無し。被害を受けたわけではなくとも、自分が被害者のように思い、自分の研究が出来なくなる場合を心配する。また、御用学者に対しては、実に微妙な言い方でサポートなのか批判なのか分からないような言い回しを行う。もっともお仲間だからそうなるのかもしれないが。また、小出博士や武田博士のような、さまざまな警告を発するような学者に対しては、「過激な人」というようなちょっと斜に構えた見方をする。

しかし、自分の身が一番大事だから、何かあった場合には、すぐに海外へ逃げ出せるように、そこは抜け目なくしっかり海外とのパイプを作っておく。だから、海外の国際学会などがあれば、率先して出向いてゆく。これみな税金である。

こういう連中は、私の個人的見解からすれば、本当に困ったちゃんなのだが、彼らはまったく逆に認識するわけである。

まあ、そんな極めつけの例が最近出ていたので、一応ここにもメモしておこう。以下のものである。
吉岡直樹(仮名)のアンテナ
放射線と原子力発電所事故についてのできるだけ短くてわかりやすくて正確な解説

福島の被災者の人たちは、関東にはこういう極めて優秀な物理学者たちが居られるわけだから、積極的に彼らの力を頼ってみたらどうでしょう? 何万人も物理学者がいるわけだから、1万人寄れば文殊の知恵ということになるはずであろう。

東大エリートが作った会社が東電なのだから、やはりその不始末や後始末は東大出身の学者さんたちの責任の名において対処してもらい、もしだめなら、東大とともに、東京は消え去るのみということサ。

蛇足だが、ついでにつけ加えておけば、今のうちに連中の首根っこを捕まえておかないと、放射能がひどくなれば、すぐにどこかへとんずらするかも知れないヨ。まあ、そうではないと思いたいが。俺の妄想だがナ。
[PR]

  by Kikidoblog | 2011-07-03 21:14 | 原子炉被災

受難の金の時代到来?:7月15日以降、米人は金銀取引禁止となる??

永遠の輝き
e0171614_128758.jpg


みなさん、こんにちは。

風雲急を告げてしまったこの世界。ETの手も借りたいほどさまざまなことが次々に起こる。しかし、ハリウッドはそのETを敵だと洗脳する作品ばかり。そんな中、世界は宇宙人侵略ならぬ、オバマ侵略を受けている。まだ日本人はそれを知らない。

このオバマ大統領になって、あの悪徳の子ジョージ・ブッシュ大統領も出来なかったことを次々にやっている。それも世界の目をどこか他のところに釘付けにしては、その際にこっそりとサインしているのである。(その手口を菅直人にも伝授?)

「有事の際には全てが国のものに出来る」というマーシャル法にサイン。遺伝子作物関連の例の「国が認める植物しか栽培してはならない」という禁止法案にサイン。「俺がテロリストだ言えば、お前はテロリストだ」というテロ法案にサイン。

そして、ついに「アメリカ人は金銀の取引を行ってはならない」という貴金属取引禁止法案にサインしたという。この最後の法律が、この2011年7月15日付けで発効するらしい。
e0171614_1204816.jpg


これが何を目論んだものか?

もちろん、アメリカ経済が破綻したり、何か金融において有事に陥った際、人々はドル紙幣から金銀に変えようとする。その動きを先に牽制し、そういうことが出来ないようにするためのものである。それゆえ、これにより、米国民はドルから金銀への財産移譲ができないことになる。したがって、もしドルがゴミくずになれば、ドルしか持っていない人は、破産である。

そんな恐怖の規制法案にオバマ大統領は世界各国に黙って内緒でサインしたのだという。これが今世界のネット界で大問題になっているものらしい。以下のものである。

普遍的な負債免除と差し迫った世界的な負債記念祭
Trading Of Over The Counter Gold And Silver To Be Illegal Beginning July 15
BIX WEIR: FOREX.com Closes Gold & Silver Trading for US Citizens
http://www.roadtoroota.com/

2011年7月15日から店頭販売の金・銀の取引は非合法です
http://shtf411.com/over-the-counter-gold-amp-silver-trading-to-be-illegal-starting-july-15-2011-t16061.html

合衆国議会によって制定されたドット - フランク法令、合衆国の住民が金と銀を含めた店頭販売の貴金属売買を禁じる新しい規則の結果が2011年7月15日金曜日に効力を発するでしょう。

この新しい規則と関連して FOREX.com は、2011年7月15日金曜日の東部時間午後5時の取引終了において、合衆国住民のための金属取引を中止しなくてはなりません。


歴代のアメリカ大統領の中で、オバマ大統領ほど表裏があり、嘘つき大統領はいない。日本の菅直人と良い勝負である。こんなオバマにノーベル平和賞授与などジョーク以外の何ものでもない。歴代のノーベル賞受賞者は全員お返ししたらと言いたいほどひどい。まあ、もらった賞金はもらうとして。

e0171614_1233911.jpg

(金の永遠の輝きはもっと渋い。あまりに金ぴかの金は偽物。タングステンに金メッキ。フォートノックスの謎:米国産の偽の金塊を受け取ったと中国が主張より)

いやはや。いよいよ世も末ですナ。
[PR]

  by Kikidoblog | 2011-07-03 12:09 | コンスピラシー

「2011年夏、宇宙人が地球侵略か!?」:宇宙人地球侵略ミーム映画の数々!?

みなさん、こんにちは。

今日は、久しぶりに奥さんといっしょにハリウッド映画「マイティー・ソー」を見たが、この映画の予告編に実に興味深いものがあった。それらは、すべてこのブログでもメモして来た「エイリアン侵略」やら、「スーパーソルジャー」やら、目白押しである。

先日、アーロン・マッカラムの話やマイケル・プリンスの話をメモしておいたが、それを彷彿させるものばかりのようである。今回はこれをメモしておこう。

アーロン・マッカラム「宇宙人は着々と地球乗っ取り計画を実施中だよ〜〜ん!」1

ET 偽軍事作戦の操作の技術-段階的な"宇宙人の侵略"のための段階を設定する

このレポーターとしてアルフレッド・Lambremont・ウェブレは2010年10月15日に書いている、もしエイリアンの侵略の有名な映画とテレビシリーズが、段階的な"エイリアンの侵略"の先駆者であるなら、2011年はどの段階のUFO侵略の犯人によって先駆者の年として計画されたのかもしれない。

"宇宙人侵略"映画の市場は、間違いなく実際の"エイリアンの侵略"段階の大量心理条件付け装置(前編)です。私たちは、公共に行く映画と地球上の宇宙人の実在ミームに宇宙人の恐怖を注入するそれぞれの、エイリアンの侵略映画の本当の勃発へ、まさにハリウッドでいざなわれているところです。 もし"エイリアンの侵略"映画"が、実際に段階的な"エイリアンの侵略"を条件づける前編であるのなら、偽軍事作戦の"エイリアンの侵略"の現実は、(疑問の)2011映画とTVのプレミアシーズンに続いてやってきます。

アーロン・マッカラム「宇宙人は着々と地球乗っ取り計画を実施中だよ〜〜ん!」2

アーロン・マッカラム「宇宙人は着々と地球乗っ取り計画を実施中だよ〜〜ん!」3

偽軍事作戦の段階的”宇宙人侵略”は現実的な未来の出来事なのか?

2. ’段階的宇宙人侵略’はミームである このミームは、新世界秩序(NWO)と永遠の戦争経済は、HAARPと類似の心理的操作兵器を使って、公衆のパニックと恐怖を植え付ける目的や宇宙空間兵器化と世界的警察国家のアジェンダを遂行する目的で行われていますというものです。

3. 911の偽軍事作戦についての真実の抑制 911の偽軍事作戦についての真実とその高度な量子アクセスタイムトラベルや反重力UFO宇宙船の使用、NSAや他の政府機関による911運動への浸透などの抑制は、もし偽軍事作戦についての公衆の無関心の程度や政府抑制と警察国家の度合いが増大するのなら、成功した段階的’宇宙人侵略’偽軍事作戦が実行されたということを示しているように見えます。


まずは、今日観た「マイティー・ソー


この予告編にあった映画。

スピルバーグの「スーパー8


スピルバーグの「トランスフォーマー3」


スカイライン-征服


フォーリングスカイズ Falling Skies - First Trailer


キャプテン・アメリカ Captain America: The First Avenger Movie Trailer 1 Official (HD)


いやはや、こんなものばかり見せられたら、宇宙人侵略ミームに完全に洗脳され、本当に起こった時も911や311の時のように、もうなれっこになってしまうことだろう。エイリアン侵略が起こったとしても、何かの映画のようにしかとらえることができないに違いない。宇宙人はすべて悪。宇宙人と見たら戦え、撃ち殺せ。そういう先入観を植え付けるには持ってこいの映画の数々ですナ。

そういう世界になれば、宇宙人なら撃ち殺していいわけだから、もしあなたを「お前は宇宙人だろ」ということになったら、すぐにあなたを撃ち殺すことも可能という世界になるわけですナ。かなり末恐ろしい世界になるわけである。この意味では、ハリウッドは完全にNWOのプロパガンダ広報部に成り下がったということである。

はたしてハリウッドは何をしたいのやら?

いずれにせよ、こういうストーリーは、何もないところからは生まれない。だれかが現実にあったことを教えて、そうした中から適当に見繕って作っていることだけは間違いないだろう。日本のヤクザ映画を作る人が、本物のヤクザから情報をもらって作るのと同じことである。


おまけ:
グリーンランタン Green Lantern Movie Trailer Official (HD)

[PR]

  by Kikidoblog | 2011-07-02 20:11 | コンスピラシー

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE