<   2011年 08月 ( 48 )   > この月の画像一覧

 

Era - Ameno (live, Germany, 1998):1998年の生ライブ

みなさん、こんにちは。

風雲急を告げてしまったこの世界にはそれにふさわしい音楽というものがある。

Vitasのレプティリアンボイスもすばらしいが、
ヴィタス VITAS-『Dedication』2003 日本TV紹介の超高音


ERA
e0171614_1771779.jpg

のAmenoもすばらしい。今日偶然、このERAの生ライブのYouTube番組を見つけたので、これをメモしておこう。以下のものである。
Era - Ameno (live, Germany, 1998)

マークの雰囲気とフランスのグループということから、きっとロスチャイルド系ですナ。


おまけ:
Era - Infanati


Era - The Mass [HD]


Era - Misere Mani [HD]

[PR]

  by kikidoblog | 2011-08-31 17:11 | マスゴミ

「311はフリーメーソンの仕業!」:宇野正美氏の講演談!

みなさん、こんにちは。

風雲急を告げてしまったこの日本、この世界。この「理由」を正確に講演していた人がいた。有名な宇野正美氏である。以下ものは必見である。

oninomae氏の
3・11[人工地震説の根拠]衝撃検証 泉パウロ 1
の最後に紹介されていた以下のものである。

[ 宇野 正美 ] 誰が地震列島・日本の上に・・・ 2011年 5月収録


今年2月の初めに東京帝国ホテルの地下

(上から見ると、なぜか「逆十字」の建物。まあ、どっちが上か知らないが。)
e0171614_1645856.jpg

で、イルミナティの会議が開催された。そこに掲げてあった日本地図には東北地方がなかった。「なぜ東北地方がないのか」と質問すると。「東北地方が消えるんです。」と答えが返ってきた。

これが事実だとすると、どうやら「世間」の照氏が例の311予言をブログにメモした頃の秘密会議だったようである。

この照氏も実はフリーメーソンの1人だったというような気がしますナ。もしそうなら、東北がない日本地図を見たら、だいたいどこが被災するのかだれにも分かるに違いないからである。あるいは、だれか仲間にフリーメーソンがいるのだろう。

照氏のその後の動向から考えると、地震事前の携帯電話による地震予知特許申請、ブログの有料化、企業のアドバイザー、食料関連の新規ビジネス開始などから、あまりにシナリオ通りに動いているようである。まあ、疑い出すときりがないが、最近の記事には何の新鮮味も驚きもなく、ウィキペディアに書いてあることをもじっているだけのように見えるからである。協力してやって損したかナ?

さて、いずれにせよ、宇野氏の講演内容は興味深い。イルミナティーは儀式的にやるらしいから、必ず破壊するそのご当地で会議を開くようである。そこで呪いをかけるのであるという。

いやはや、白人に見入られたらまず助からない。「白人は人間ではない」の言葉通りですナ。


おまけ:
[ 宇野 正美 ] 第三次世界大戦は襲来する 2010年 5月収録

[PR]

  by kikidoblog | 2011-08-31 16:39 | 原子炉被災

「逆方向談話解析」4:バックワード・スピーチ解析の妙味!

みなさん、こんにちは。

風雲急を告げてしまったこの日本、この世界。あまりにいろんなことが起きすぎてETの手も借りたいほどである。しかしながら、私の所には一向にETなど来てくれる気配もない上、アセンションによる超能力開花の予兆もまったくない。しかるに、こういう場合には、自分の頭を使って、この風雲急の世界を読み解く他はないということになる。

さて、そこで、ちょっと前、今月の前半に
「逆方向談話解析」1:バックワード・マスキングとは何か?
「逆方向談話解析」2:「逆方向談話解析」の原理とは?
「逆方向談話解析」3:応用例、実施例
をメモしておいた。

今日YouTube内で「backward speech」で調べてみると、すでに非常に興味深い「バックワード・スピーチ解析」の実施例があったので、これがいったいどういうものなのかを理解するために、ここにもメモしておこう。以下のものである。残念ながら全部英語だが、簡単な英語なので、だれにも理解可能だろう。

逆談話とは何か?
What is Reverse Speech?


ベンジャミン・フルフォードの場合
An Ultimatum to the Illuminati - Reverse Speech Analysis


An Ultimatum to the Illuminati Part Two

ジョージ・ブッシュの場合
Reverse Speech - Bush admits 9/11 is "in a larger deal"?

ジョー・バイデンの場合(この人最近日本へ来たネ。)
Joe Biden - Reverse Speech analysis on the "generated crisis" that Obama will face. (480x360)

オバマの場合
Obama on Swine Flu Reverse


「逆スピーチ解析」の妙味はどうだろうか? 非常に面白いだろう!

日本の若者よ、出よ! ぜひだれかこの専門家になって欲しいナア! 
そして世の政治家やリーダーのウソを科学的に見破って欲しい! 
そして、未来を予測するのである。


おまけ:
コーストトゥコーストAMの番組

Reverse Speech 1/16

[PR]

  by kikidoblog | 2011-08-30 10:12 | アイデア・雑多

米東海岸ワシントンの地震は核爆発によるものだった!?:ついにその証拠が上がる!

みなさん、こんにちは。

風雲急を告げてしまったこの日本、この世界。ついに米国も風雲急を告げてしまったようである。

先日、
謎の奇妙な音の原因が判明!?:MJ12-NWOの地下基地が2発の核攻撃を受けた!
でメモしたように、アメリカのMJ12(マジェスティック12)が戦後数十年かけて構築したという、地下トンネル基地ネットワークが、何ものかによる核爆弾の破壊攻撃受け、その爆風をトンネルネットワークの終端の換気口から放出せざるを得なかったという事件が起きた。その際の猛烈なベンチレーションによる奇妙な音が全米で一般市民たちにより観測され、同時にこれが引き起こした地震が東海岸を襲ったのである。

もしそれが事実であったとすれば、この地震は「人工地震」(つまり、人工的に誘発された地震)であったわけである。したがって、その場合には、地震計にも人工地震であったことを示すデータが当然捉えられていたはずである。どうやらこの証拠が出て来たようである。以下のものである。

ワシントンの奇妙な地震は核爆発・jennifer(多重債務国は、良識派と幼稚派の内戦が勃発した気配です)

ワシントンの奇妙な地震は核爆発
元記事:Seismic evidence reveals underground nuclear detonation south of Washington DC
(※緑色は今回の爆発を現わし、黒は通常の自然地震)
e0171614_11182697.jpg

 震央のおよそ85マイル南西のワシントンとLEE大学からの地震計、(www2.tricities.com サイトと類似するもの)
 緑色の線はワシントンメモリアルとワシントンナショナル大聖堂に損害を与えたワシントンD.C.で感じられた振動を示します。
 黒い線はヴァージニア部門の鉱物資源からのpdfファイルからの典型的な自然な発生地震を記述します。
 断層が決裂するとき、エネルギーは地震波のかたちで放たれます。
 地球の表面に到達する最初の波は「P」波(図2)です。
 P波は表面近くで毎秒およそ4マイルのスピードで進む 疎密波です( より速い深さの増加として)
 地球の表面に到達する次の波は「S」波です。
 S波は毎秒およそ1.5マイルのスピードで動くひずみ波です。
 PとS波は、ソナー波が水を通って伝わるように、極めて地球を通して伝わる物質波です。
中略
 ワシントンDCエリアのマグニチュード5,8の地震の地震計から見つからないものは「P」波です。
 断層決裂の直接の結果であるすべての地震には「P」波があります。
 核爆発にはP波はなく、非常に強烈で、そして瞬時です。(上記緑色の波形)
以下省略。

さて、この内容は、大分前に私がここでメモしておいた以下のものの内容とほとんど一致する。
「人工地震」の見分け方:mb−Ms/mbプロットを作れ!

要するに、アメリカは戦後地下核実験を無数に行なって来たから、その時に生じる地震の研究が非常に進んだのである。その結果、自然では「P波がある」が、人工では「P波がない」という基本的違いが解ったのである。

この結果、日本の地震予知学会が基にしている、大昔の地震学の知識による「P波とS波の時間差による地震予知」は、人工地震に対しては何の成果も生み出せないということになるわけだ。実際、311の東日本大震災とそれ以後の地震に対して「誤報につぐ誤報」だったわけである。何事にもそれなりの理由があるわけである。

しかしながら、日本の地震学および地震学会というものは、完全に自分たちの学問レベルを世界最先端だと誤解しきっていたのである。

まあ、サッカーの世界でいうところの「日本人に特有のメンタリティー」というものである。ちょっとできると世界一できるかのように錯覚するというメンタリティーのことである。日本のサッカー選手や指導者は世界最高のものの物まねがちょっとできるようになると、さも自分が世界のトップレベルの選手と思ってしまうのである。なかなか「何事にも上には上がある」という思想で挑戦するというものがいないのである。

これと同じことは日本の学者にも見受けられるのだ。日本物理学会でもそうで、大学院生はたったの1本論文を公表することができるようになると、さも自分がその分野の第一人者になったかのように錯覚してしまうのである。サッカーなら第三者である一般人のサポーターやらファンやらの目に止まるから、それがおばかな自信過剰にすぎないことをすぐに見抜けるが、学問の場合、一般人の目に触れることは少ない上に一般人には理解できない内容であるために、学者が独りよがりに走っても、それを諌めるものがいないのである。第三者のファンやサポーターからのブーイングが届かないのである。

そんなわけだから、今回の東京電力の福島第一原発の原子炉崩壊において分かったように、原子力の専門家は「御用学者」で、それどころか何も知らない、何も出来ない連中であったというようなことが起こるのである。もちろん、他の分野も推して知るべしなのである。当然、地震学しかり。

正直、私が個人的に地震学を研究ないし勉強した範囲でも、日本の地震学は非常に偏っている。基本的には「地震=地震動」しか考慮していないのである。それに伴う、物性の変化、環境変化、生態変化などは全く考慮していない。「想定外でした」ということである。

この意味では、実に簡単なことしかしていないから、私など地震学は1日でマスターできたよ。本当にたいしたことはない。それをカモフラージュするために、スーパーコンピュータを使って、やたらと数値計算し、コンピュータグラフィックをふんだんに使ってアニメ化しているだけのことである。だから、地震予知よりハリウッドでも行った方がいいぞ、ということになってしまうわけである。

ついでにメモしておけば、東京電力などの電力会社の専門家の仕事はといえば、同じように、一般人の使うことの出来ないスーパーコンピュータをふんだんに使って、実際に起こったことを起こっていなかったかのようにカモフラージュすることが仕事だったと、元東京電力の社員だった男が、放射能事故から逃げ延びてぬけぬけと白状したのである。
【驚愕】元東電社員の内部告発:福島第一の1号機じゃ東京ディズニーランドは動かない!

イルミナティーNWOの科学者(これをジェーソンスカラーと呼んでいる)は30年先のテクノロジーを研究しているという。また、いわゆる「軍産複合体」の企業側の有名なリーダーによれば、「科学とSFの違いは、実現したかどうかの違いにすぎない」という名言を残している。アメリカの軍産複合体の科学者たちはこういう考え方をしているのである。阪大の数学者出身の計算屋「と学会」の菊池誠のような考え方などだれもしていないのである。

まあ、そんなわけだから、日本は欧米の学者やイルミナティーのジェーソンのいいように利用されて終わりということになるわけですナ。


おまけ:
「人工地震」の見分け方:mb−Ms/mbプロットを作れ!
311M9の巨大地震の音:やはりアレか?

おまけ2:
核兵器テロリスト攻撃2011年9月11日
差し迫った脅威、目標を定められた合衆国の大都市、爆発させられるおよそ5つの携帯用核兵器、余波に対処すると報告された政府機関の動き、米国軍と貨物の大規模な運動が引き上げられます

[PR]

  by kikidoblog | 2011-08-29 12:16 | 地震・地震予知・噴火

ふくいちライブカメラ前に原発作業員現る!:「お前らに告ぐ!?」

みなさん、こんにちは。

いやー、これは興味深い。

いつも見ている「ふくいちライブカメラ」に作業員が現れ、指を指して何やら言っている。

ふくいちライブカメラ前に原発作業員現る
e0171614_1274734.jpg


2011.08.28 10:00-11:00 / ふくいちライブカメラ (Live Fukushima Nuclear Plant Cam)

(1分30秒目あたりで近づく。怒った顔をしていますナ。ファックユーサインをしろ!)

はたして、だれにメッセージを送っているのだろうか?
[PR]

  by kikidoblog | 2011-08-28 12:10 | 原子炉被災

「血は水よりも濃い?」2:遺伝は正直だ!「悪党色を好む」

「傷だらけの人生」藤田まさと作詞・吉田正作曲



古い奴だとお思いでしょうが、古い奴こそ新しいものを欲しがるもんでございます。
どこに新しいものがございましょう。
生れた土地は荒れ放題、今の世の中、右も左も真っ暗闇じゃござんせんか。

何から何まで 真っ暗闇よ
筋の通らぬ ことばかり
右を向いても 左を見ても
馬鹿と阿呆(あほう)の 絡み合い
どこに男の 夢がある

好いた惚れたとけだものごっこが罷(まか)り通る世の中でございます。
好いた惚れたはもともと「こころ」が決めるもの
……こんなことを申し上げる私もやっぱり古い人間でござんしょうかねえ。

一つの心に 重なる心
それが恋なら それもよし
しょせんこの世は 男と女
意地に裂かれる 恋もあり
夢に消される 意地もある

なんだかんだとお説教じみたことを申して参りましたが、
そういう私も日陰育ちのひねくれ者、
お天道様に背中を向けて歩く、馬鹿な人間でございます。

まっぴらご免と 大手を振って
歩きたいけど 歩けない
いやだいやです お天道様よ
日陰育ちの 泣きどころ
明るすぎます おいらには



みなさん、こんにちは。

さて、インターネット上で私が見つけた「有名人の親子関係」というものがある。「血は水よりも濃い」の例としてここにもメモしておこう。以下のものである。

父 池田大作(ソンテチャク)と子 前原誠司
e0171614_943194.jpg

父 ロスチャイルドと子 スターリン
e0171614_9374788.jpg

父 アドルフ・ヒトラーと子 メルケル首相
e0171614_937499.jpg

父 堀川辰吉郎と子 中丸薫
e0171614_9375125.jpg

父 笹川良一と子 鳩山由紀夫
e0171614_9374340.jpg


人というのは、実に微妙な仕方で親に似る。特に、男の場合はそうである。写真では分からないが、電話に出る声やしゃべり方がそっくりだとか、ちょっとしたしぐさや癖がそっくりだということも多い。後ろ姿の歩き方がそっくりということもある。こういうのは、行動の遺伝にあたる。

これ以外に、外見の遺伝がある。身体の骨格、そのバランスがそっくりだとか、足や手の形や爪の形がそっくりだとか、目鼻口がそっくりだとか、さまざまである。

我々人間は無意識のうちに相手のそういう事柄をつぶさに把握し、相手の親子関係などを類推しているのである。


さて、問題はその親子関係が正当かどうかである。

昔は、本妻の他に妾や側室を取ることが正当であった。だから権力者や男の中にはたくさんの子供を作ったものもいた。徳川家康など大奥を作り、繁殖所を設けたわけである。アラブのハーレム、英米人のペントハウスや社交界も似たようなものである。

しかし、そういうことが一応禁止された現代社会ではどうかということになる。妾ならまだしも、不倫や信者の妻を強姦したとか、そういう結果の子供だったら、ちょっとまずい。

まあ、生まれた子供に責任はないが、作った父親には責任がある。

だからといって、自分の隠し子だから、見えない所から「親の七光り」でやたらとみつぐというのも困ったものである。本人の実力以上の功績を与えてしまうからである。

まあ、だれがその場合にあたるかは、すでにインターネット上にたくさんあるようだから、自分で調べてみるといいだろう。

いずれにせよ、一国の代表者は、不義の子やら不倫の子やら妾の子は避けたいものである。なぜなら、歴史的に見て、そういう国は結局、悲惨な歴史しか生み出していないように見えるからですナ。まあ、簡単に言えば、他国からバカにされるわけですナ。

それにしても政治家や権力者は性的にアクティブだ。恐れ入る。「悪党色を好む」とはよく言ったものである。もっと他にやることがないのか? 少なくとも、コンドームは着用せよ!


おまけ:
「大連立」前原大先生
「大連立」前原氏は明言、他氏は慎重…共同会見

カルトの最終兵器、前原誠司(?)
[PR]

  by kikidoblog | 2011-08-28 10:02 | 人物

リビアの真実:なぜ英米欧がカダフィ打倒にこだわるのか?「金貨禁止」のためだと!?

みなさん、こんにちは。

私がフリーの理論物理学者になった頃の1996年、だれもが私を蔑んだ。プータロー、職無し、キチガイ、きっと人間性に問題があるのだ、変な人。さまざまな評価を頂いたものである。何かを書けば、ルサンチマン、嫉妬のせいだなどと言われたものである。

しかし、あれから15年。今ほどフリーの科学者でいることが誇らしい気持ちにさせてくれたことはない。自由に思考し、自由に発言し、自由に行動できる。これこそアカデミズムの源泉であるからである。

今では、大学や国立や企業の学者でいることすなわち「御用学者」の汚名を着る時代である。事実、その通り。大学の学者や企業の学者は何ものから高額の資金援助を受けている立派な御用学者である。だから、その視点は国民や市民や人類の側からではなく、あくまで上から視線でものをみる。

一般に、どの職業にもいわゆる「職業病」というものがある。医者はだれをみても患者と錯覚し、だれに対しても患者に話すように話す。先生はだれをみても生徒と錯覚し、だれに対しても生徒に話すように話す。会社の経営者はだれをみても部下と錯覚し、だれに対しても部下に話すように話す。官僚はだれをみても一般人と錯覚し、だれに対しても一般人に話すように話す。これとまったく同様に、学者はだれをみても学生と錯覚し、だれに対しても学生に話すように話す、というわけである。

まあ、そんな感じだから、今や学者は理論物理学者といえども権力の犬に成り下がってしまったというのが、昨今の状況である。これは科学がビッグサイエンスになったことや科学が還元論の呪縛から逸脱できないことなどの弊害である。井戸の中のカエルは大海を知らない。例え大海の中であったとしても、たこ壷のたこは自分が大海にいることを知らない。

我々「20世紀型」の教育や専門教育を受けて来た人間にはこういった特徴があるということを肝に銘じておくべきだろう。

さて、前置きがちょっと長くなったが、以前ここに以下のものをメモしておいた。
「白人は人間ではない」:英米仏イルミナティ、カダフィ大佐を空爆!

American Soldiers Are WAKING UP!! SUPPORT OF TAKING AMERICA BACK!!! (StopTheRobbery2)


これに関連して、なぜNATOと英米軍がリビアを攻撃したのかという問題に対しての1つの解答がでているものを見つけたので、ここにもメモしておこう。以下のものである。これはつむじ風氏のサイトに紹介されていたものである。
リビア: カダフィ NATOの狙いはアフリカ統一通貨阻止 ドル体制維持


リビア : NATOによる計画されたトリポリ攻撃 西側国家による恐怖


トリポリ CIA偽装記者戦闘に参加 2011年8月22日 リビア

まあ、簡単に言えば、カダフィ大佐(といっても、リビアの象徴、日本の天皇のようなもので実権はない存在となっていた)が、アフリカの通貨を「金(ゴールド)」を基調にした「リアル通貨」にしようという考えを出し、それにアフリカ全土が応じようとしていたことに対する、ロスチャイルド家に乗っ取られた大英帝国(今では大英帝国の威光も何もないが)が、それを潰しに来たということが真相のようである。そしてロスチャイルド家の傭兵の1つである米軍がていよく使われているということのようである。

リビア問題に関しては「私の闇の奥」の理論物理学者の藤永博士の意見も興味深い。以下のものである。
リビア挽歌(1)

一方、私の記憶では、このリビア、そしてその前のサウジアラビアなど、アラブ諸国で「民衆蜂起」した連中のリーダーはすべて国連で「民主化」の名の下に、欧米のイルミナティーの庇護の下で育成された、「偽旗作戦(偽軍事作戦)」のためのエージェントである。

このことは、大分前からデービッド・アイク氏やイングドール氏によって警告が出されていたと記憶している。

結局、教育のない国民や民衆は簡単に権力(ユダヤ)に騙されるという、歴史を再び繰り返すわけである。

いずれにせよ、ロンドンの地下都市で決まったという「アングロサクソン・ミッション」=「アルバート・パイクの3つの戦争計画」の方向への1つの手段でしかないというのが本当のところだろうヨ。

ついでにメモしておくと、いつも私が思うことだが、ロスチャイルドであろうがロックフェラーであろうがどうでも良いが、また連中が好戦的なのは結構なのだが、もしリビアを爆撃したいのなら、自分で爆撃機を操縦して自分で爆撃して欲しいものだ。自分の目的のために人を巻き添えにするな、他人を利用するな、人の力を頼るなということである。それが無理なら余計なことをするなということだろう。

この意味では、一番良いのは、リビアのカダフィ大佐とデービッド・ロックフェラーがリングの上で戦うことであろう。ロスチャイルドvsカダフィ大佐でも結構。プロレスでもボクシングでも何でも結構、リングの上で万人の目の前で正々堂々と戦うことである。それで勝てば何も文句はないだろう。決闘でも結構。

西洋人の先祖と言われる、ニビルのアヌンナキの王たちは、裸でレスリングをして戦ったという。勝った方が王になる、王位継承するのである。もう一度、この時代に戻るのも一つの方法だろう。ロシアのクリチコに勝つのは容易ではないだろうがナ。


おまけ:
リビア空爆で劣化ウラン弾
ロスチャイルドグローバリスト殺人者が核戦争でリビアに劣化ウラニウムをばら撒く


リビア報道はウソか?
リビアは他のアフリカ諸国とは違い、貧困に苦しんでいたわけではない。

エジプト文民統治要求デモエジプトで数百万人が文民統治を求める

おまけ2:
番外中東編2:「民主化」「非営利団体」を楯にしたペンタゴンの戦略
エジプトの革命:「大きな中東」を創造するための破壊?

[PR]

  by kikidoblog | 2011-08-28 09:04 | コンスピラシー

謎の奇妙な音の原因が判明!?:MJ12-NWOの地下基地が2発の核攻撃を受けた!

みなさん、こんにちは。

風雲急を告げてしまったこの日本、この世界。あまりにいろんなことが起きすぎてETの手も借りたいほどである。

さて、日本では「311」の大震災と福島原発で核爆弾とミニ核爆弾が炸裂し、「人工地震」と「原子炉爆破」が起こったというのが、西側のフリーランスジャーナリストやフリーランス科学者の間では定番となっている。

ところが、今回のヴァージニア州の地震(日本の東北のように、めったに地震がない場所での地震)が起こった件に関して、実に意味深な情報が飛び出して来たようである。以下のものである。

地震の前にコロラド州で奇妙な音

ドン、ドン、ドンという巨大な音
Strange Sounds in Colorado Before Earthquake


ヒューーー、ヒューーーーー、ヒューーーーという音
STRANGE Trumpet Sounds heard before earthquake. Live


これは最近カナダでもいろんな場所で聞かれるようになった、”謎の奇妙な音”である。

世界中で聞こえる「奇妙な音」とは??:何やらだれかが地下で作業中か?


この「原因」に関して、驚きのレポートが飛び出して来た。それが上のものである。このレポートの後半が実に興味深いものである。

以前ここでもメモしたように、アメリカのNWOイルミナティー一族(俗にいう、MJ12)は、全米の地下、特に山岳地帯の中西部の地下に「巨大な地下都市」を建築した。そのネットワークはこんなものであるという。

e0171614_10555723.jpg


ところが、ごく最近、この地下都市が何ものかに核爆弾で襲われたようだ、というのである。
「今日のクレムリン(Kremlin today)」で伝達される、恐ろしい外国軍諜報総局(GRU)の報告が言うには、過去ほとんど36時間で、過去ほぼ45年の永きにわたって米国空軍によって構築された、広大な大陸間軍事トンネル複合体が、米中央情報局(CIA)によってほぼ独占的に使用されていた、その主な終端であるコロラド州とバージニア州で、ある2つの強力な核爆発の攻撃を受けたということである。

このレポートによれば、この前例のない核攻撃は8月22日の夜に始まった。フロリダ州タンパのマクディル空軍基地に位置した、このCIAトンネルのための主空気圧解放トンネルが何十万立方フィートの空気を突然大気中に放出することを余儀なくされた。この出来事のユニークな音が、マックギルの近くのトロピカーナ野球場で行なわれた野球の試合中にビデオ2で捕らえられたのである。アメリカ政府は偽音声システムのせいだとしたのだが。

このレポートは続けている。この広大なトンネル複合体の排気をする2、3時間内に、コロラド州トリニダード近くに位置した西終端駅で爆発した。これはヴァージニア州のカルペッパー近くの東終端駅で12時間後に起こった第2の爆風を伴った。そして、両方がアメリカの何万人もの人々によって感じられた大地震を引き起こした。

アメリカの国の地下に1960年代の初期以来広大な軍事トンネルネットワークが推定40トリリオンドルかかったことはアメリカ人の膨大なマジョリティーには知られていない。この攻撃を除いて衰退する兆候はない。


とまあ、そういうことらしい。要するに、MJ12=NWOの地下基地が核攻撃を受けたのである。しかも2発。そのために、爆風が内部のトンネル中を吹き荒れ、一気にトンネル末端の空気穴から吹き出したのである。その時の音が、奇妙な音として全米ないし世界中に響きわたったのである。

これがロシア、クレムリンの諜報機関が得た情報らしい。

もしこれが事実だとしたら、NWOはご臨終であろう。内部は放射性物質だらけだからである。

いったいだれがそんなことをしたのだろうか?

これについては今の所何の情報もないが、これで「第三次世界大戦」時にだれも地下都市に逃げることが出来なくなったということだろう。

ちょっと前にNASAの長官が「何かが起こる。それに備えろ」というメッセージを出したが、はたしてその何かとはこれのことだったのだろうか?

いずれにせよ、この爆風は放射能の風なのだから、アメリカやカナダの人々もかなり被爆したのではないだろうか?

今後を注意しておくことにしよう。
[PR]

  by kikidoblog | 2011-08-26 11:44 | 地震・地震予知・噴火

「血は水よりも濃い?」:遺伝は正直だ!

みなさん、こんにちは。

「血は水より濃い」

というが、遺伝は正直である。

最近、インターネット上でまたしても1つのタブーが明らかになった。以下のものである。

前原誠司氏は池田大作の隠し子という噂は本当ですか?
e0171614_2211518.jpg

e0171614_215839100.jpg


いったい何人ソンテジャクの子供がいるのか知らないが、確かに前原誠司と池田大作はそっくりである。これが事実なら、前原もまた生粋の在日朝鮮人ということですナ。


ついでに、同じような写真をメモしておこう。一目瞭然であろう。

e0171614_226515.jpg



もうすでに日本は完全に乗っ取られていますナ。みんな放射能で死ね!


おまけ:
棺桶直人退陣が決まった最近になって、小沢一郎の復権を取り上げるものが出て来たようだが、私はすでに3月16日に以下のものをメモしていた。
司法当局は小沢一郎と秘書を一旦恩赦すべきだ!:国民としての責任だ

おまけ2:
棺桶直人民主党政権の犯罪の数々!

宮崎 哲弥&上杉 隆 - 国家と情報Part2(1/4)







[PR]

  by kikidoblog | 2011-08-25 23:12 | 反日・在日の陰謀

ありがとう、スティーブ・ジョブズさん!:ご苦労様でした!

みなさん、こんにちは。

スティーブ・ジョブズ

e0171614_18144989.jpg

と言えば、マッキントッシュ。マッキントッシュと言えばジョブズ。

1970年代後半にガレージからマッキントッシュを創業し、世界にパーソナルコンピュータの時代を築きあげた。80年代に一時マッキントッシュから追放され、新たなNext社に活動拠点を移した。その間、アニメのCG世界に革命を起すピクシー社をルーカスと創業。今やその技術が3DCGに進化し、現在の3D映像の世界の基礎を築いた。そして、その間に落ち目になったマッキントッシュを救うための救世主として、1996年にマッキントッシュに復帰。いきなり5色カラーのiMacで全世界に衝撃を与えた。このiMacのiこそITのiつまりインターネット時代の幕開けを象徴するパソコンの1つになったわけである。それからのマッキントッシュの躍進ぶりはここで述べるまでもないことだろう。iPod, iPad, MacBook, MacAir, iPhoneなどなど、革命に次ぐ革命の連続であった。もはや昔のウォークマンのソニーをしのぐ、時代の革命児となったわけである。

このミスターマキントッシュが今日CEOを退いたというニュースが飛んできた。以下のものである。

「残念ですがその日が」 ジョブズ氏辞任の手紙全文

2011年8月24日

スティーブ・ジョブズからの手紙

 アップル取締役会とアップル・コミュニティーへ:

 アップルのCEOとして、私自身がその職務と期待に応えることができなくなったときには、みなさまに最初にお伝えするということは、これまで常にお伝えしてきました。残念ですがその日がやってきました。

 私はここにアップルのCEOを辞任します。取締役会が適切と判断した場合、私は取締役会長、取締役およびアップルの従業員として従事したいと思います。

 私の後継については、我々の事業継承の計画を実行し、ティム・クックをCEOとすることを強く薦めます。

 私はアップルが最も輝き革新的である日々がこの先にも待ち受けていると信じています。(私は)新たな役割において、その成功を目にし、貢献することを楽しみにしています。

 私はアップルで人生における何人もの最良の友人をつくり、すべての皆さんと共に働けた年月に感謝しています。

スティーブ

(アップルのホームページに掲載されたLetter From Steve Jobsの翻訳)


これまでのジョブズ氏の歴史を振り返る番組があったのでそれもここにメモしておこう。以下のものである。

スティーブ・ジョブズ氏とアップルの歴史を振り返る


私は1986年にアメリカに留学して以来マックを使っている。マックしか使えないのだが、私が留学した時代は、大学のコンピュータルームに入れば、マックの四角い箱のパソコン

e0171614_18341683.jpg

が所狭しと置いてあった。マックII

e0171614_18342944.jpg

はジョブズのいなかった頃のマックの代表的なものだったが、当時の教授たちはこぞってこれを買って使っていたものである。私がFUJITSUにいた頃も、私の部署の大半の社員はマックをデスクの上に置いていた。それほど使い勝手が良かったのである。

しかしその頃から、マイクロソフトのOSが進歩し、MacOS並に近づいて来たため、事業規模に勝るIBMの系列の反撃を受け、マッキントッシュはすこし落ち目になった。潰れるのではないかという噂すら流れ始めた頃に、ジョブズがマッキントッシュを追い出されて作っていたネクスト社の株をマッキントッシュに売る形でマッキントッシュに復帰し、いきなりインターネット時代の幕を開けた、iMacの登場であった。

その頃我が家はここ阿南に移り住んで間もない頃だったが、運良く三菱財団の助成金を得ることが出来て、それで買えたのが、グリーンのiMac

e0171614_18403012.jpg

とミニタワー

e0171614_1845440.jpg

であった。これは今も我が家にある。一応今も使えるが、さすがにその後のインテルCPUマック

e0171614_1842939.jpg

の性能と比べると格段の違いがあるからもはや使えない。

まあ、いずれにせよ、この世界で「企業とはこうあるべきだ」とすれば、このスティーブ・ジョブズのマッキントッシュ以外にはないだろうと私は思うほど、マッキントッシュにはお世話になって来た。

ありがとう、スティーブ・ジョブズさん!

こころからご苦労様でしたと言いたいところですナ。
[PR]

  by kikidoblog | 2011-08-25 18:46 | 人物

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE