<   2011年 12月 ( 47 )   > この月の画像一覧

 

鹿島アントラーズ、放射能で崩壊か?:西へ来い!

みなさん、こんにちは。

いやはや、ETの手も借りたいほどのこの忙しい最中に、とある掲示板に私の偽物が現われて大活躍しているという。暇な輩が出たそうで、困ったものですナ。

そんな輩には関わりたくないものだが、福島の放射能と在日民主党の放射脳の2つは、こちらがどう逃げ回っても防ぎようのないものであるから始末に負えない。まさしく文字通りの「始末に負えない」代物である。

その放射能がついにJリーグの鹿島アントラーズに降り注いだ。鹿島アントラーズの名将、オリベイラ監督が、放射能を理由に急遽退団が決まったというのである。
J1鹿島のオリベイラ監督退任へ 原発事故、家族が不安

e0171614_208569.jpg

 J1鹿島は5日、オリベイラ監督(61)が今季限りで退任すると発表した。天皇杯終了まで指揮を執る。後任は未定。同監督は就任した2007年から09年にかけてJ史上初のリーグ3連覇を達成。天皇杯、富士ゼロックス・スーパーカップをそれぞれ2度制し、今季はヤマザキナビスコ杯を獲得。Jリーグ最優秀監督賞も3度受賞した。
 鹿島側は続投を要請したが、東日本大震災をきっかけにブラジルに帰国していた家族が原発事故による放射能の影響を心配し、親類の体調不良もあって進退を迷っていた。ブラジルのほか、中国や中東などから鹿島の2倍ほどの年俸でオファーを受けていた。

鹿島アントラーズは元々住友金属のサッカー部が前身。そこへ神様ジーコ

e0171614_2013106.jpg

と「ともだちなら当たり前」の助太刀アルシンド

e0171614_2012227.jpg

がやってきて一気にトップクラスのサッカーチームへと成長したのである。それ以後、日本を代表するトップチームを維持して来たという強豪チームである。

そのチームの北側から福島の邪悪の風がやってきた。すべてはこれに尽きる。豆腐を常食にする日本人と違い、白人は放射能に弱い。家族が健康を心配するのは当然であろう。

はたしてこれを契機に、Jリーグは放射能で崩壊してしまうのだろうか?

さっさと崩壊して欲しいものは、プルトニウムやセシウム、ストロンチウムなどの放射性物質だろうが、「臭いものは元から絶たなきゃダメ」というように、福島第一をいまだに再使用したいなどという夢物語を政府や東電が描いているようだから、廃炉決定までの時間が経てば経つほど関東周辺の人々は被爆する。因果応報の努めである。

私は東京電力、すなわち、東京の人が使用したわけだから、東京の学者と研究者と技術者を使って何とかすべきであろうと考えている。数万人の学者がいるわけだから、3人よればもんじゅの知恵となるはずであるが、もんじゃ焼きというぐじゃぐじゃの食い物もあるから、もんじゅかもんじゃかどっちだというように、きっとうまくは行かないだろうと見ている。

そんなわけで、大分前からここにもメモしたように、関東の人たちがうかうかしているうちに、関東に住む研究者は1人減り、2人減りと海外へ逃亡してしまうに違いない。海外の研究機関のオファーがあれば、そっちへ逃亡することは間違いないからである。だから、知恵を出してもらうにも、時間勝負なのである。

はたして、鹿島アントラーズの今後はどうなってしまうのか?選手たちが、このまま放射能の餌食になって弱体化するのか、あるいは、放射能から逃げてチームから出てしまうのか?どちらになるのだろうか?

私としては、いいチームだけに、本拠地を高知とか、香川とか、まだJチームのない西日本の場所へ移転することをお勧めする。こっちの地元は大歓迎するはずであろう。そうすれば、オリベイラ監督も選手もみんな助かるに違いないからである。

今後を見守りたいところである。
[PR]

  by kikidoblog | 2011-12-05 20:29 | サッカー&スポーツ

私がサッカーが好きなわけ。

みなさん、こんにちは。

今回は、個人的メモに過ぎない。いろいろな考え方があるので、興味ない人や賛同しない人は読まないこと。


私がなぜラグビーよりサッカーが好きか?と言えば、ラグビーは貴族のスポーツであるが、サッカーは庶民のスポーツだからである。ラグビーは手を使うタックルが認められている。そのため、原理的に強者が勝つ。大きなものが小さなものをなぎ倒す。そうして快感を得るスポーツである。しかしサッカーは足下を使う。手は使えない。だから、小粒な選手も大男を相手に活躍できる。この差が大きい。

そして、現在、世界中の弱小国の貧民たちに教育の機会均等を行っているのは、FIFAしかない。ラグビー組織が弱小国を援助などということは聞いたことがない。そんなFIFA組織に米英の手先によるさまざまな妨害工作があり、乗っ取りが計られているのはよく知られたことである。FIFAのトップを執拗にスキャンダルをでっち上げて追い落とそうとしたり、ワールドカップ開催をめぐって理事会に工作して汚名を着せたりというのはその典型である。しかしながら、FIFAの結束は固い。なぜなら、オリンピックと違い、FIFAの大半は元プロサッカー選手が運営しているからである。

プロサッカー選手と言えば、どこの国々でも元々貧民の出である。ペレ、マラドーナ、欧州の大半の選手も平民出身である。今のイタリア、スペイン、ドイツなどの大半の選手も普通の子供が努力してサッカー選手になっている。欧州で活躍する黒人選手、アフリカ出身、ブラジル出身の選手たちもみな生活のため、家族のためにサッカー選手になったものたちである。

日本においてもまったく同じことである。日本のプロサッカー選手の大半は貧乏人出身である。その辺の普通の子である。さもなくば、サッカーの厳しい練習に耐えられないからである。

サッカーとはそんなスポーツである。サッカー界とはそんな世界である。だから、私は好きなのである。この火を消してはならないと思うのである。

この意味で、小粒な選手が活躍できるサッカーは、日本人に向いている。牛若丸と弁慶の話のような場面がピッチ上で繰り返されるのである。FWメッシとDFファーディナンドの戦いやDFカンナバーロとFWイブラヒモビッチの戦いはまさに牛若丸と弁慶の戦いそのものである。

古来我々日本人は小さかった。一説では、戦国時代の平均身長は157cmと言われている。
「歴史上の人物 身長」あれこれ
(ところで、これを見る限り、直江兼続が182cmの大男だったというから、いかに今やKHKとなったNHKの時代考証が嘘っぱちか分かるだろう。)
だから、我々日本人は、「小男がいかにして大男をやっつけるか」や「小人数で大人数をやっつけることができるか」という文化を育んで来たと言えるのである。質実剛健、少数精鋭、合気道などに含まれたものには、そういうものが込められていると言えるだろう。この延長線上に司馬遼太郎の「まことに小さき国が大きい国を倒す」という発想もあると言えるだろう。

ところで、「「歴史上の人物 身長」あれこれ」を見ると、
●長身な戦国武将
風魔小太郎(五代目)‥背丈は七尺二寸(216cm)もあったともいわれる。伝承

斎藤義龍‥身長は六尺五寸(約197cm)といわれ、非常に大男であったとされている 信長を主人公とした小説では、信長は義龍のことを「六尺五寸殿」と呼んでいた。

豊臣秀頼‥背丈六尺五寸(約197cm)
体重43貫(約161kg)の並外れた巨漢であったと伝わる。

藤堂高虎‥190cm 伝承

加藤清正‥体格は非常に大きく、六尺三寸(約191cm)の大男だったと言われている。だが実は五尺三寸(約161cm)にも満たない身長であったが、かぶる兜を長くして全体像を高く見せる事によって相手に威圧感を与えようとしていたという説もある。

後藤又兵衛(基次)‥六尺(182cm)豊かの大男で、色白、髭濃く、大槍を好んで使った。

前田利家‥六尺(182cm)を誇る類稀なる恵まれた体格の持ち主であった。

直江兼続‥身長は六尺(182cm)近くあり、眉が太く双眸が澄む美男子だった。
「大男にて、百人にもすぐれたる‥長高く容儀骨柄並びなく‥」「常山紀談」より

浅井長政‥180cm余

宮本武蔵‥約180cm 伝承

織田信長‥肖像から推定して約170cm

長宗我部元親‥背も高く体格も優れていたが、色白で無口、人見知りも多かったため、家臣から姫若子とあだ名された。

小西行長‥「色白く身長高く、尋常の者とは見えず」

小早川秀秋‥靖国神社蔵の伝小早川秀秋所用の甲冑(三鍬形後立小星兜 紫糸威二枚胴具足)は巨大

というものがあるというから面白い。平均身長157cmの時代に210cmの大男も存在したのである。いまで言えば、平均身長170cmの時代に223cmの大男というところだろう。

はたして何を食ってそんなにまで大型化したのだろうか? 
(おそらく、米を食って大きくなったはずである。今でも新潟は非常に大きな人が多い。)
どういう家系の子孫だったのか?

いろいろ興味深いところである。

もしラグビーで勝つのなら、海外の大型選手を日本人にして勝とうとするのではなく、そういう大型の家系に目をつけて子供の頃からラグビー教育をするべきかもしれない。
[PR]

  by kikidoblog | 2011-12-05 14:14 | アイデア・雑多

「どじょう」が「捨て石」になる?だれの?:「一党独裁の世界」byデービッド・アイク

みなさん、こんにちは。

次はこれ。デービッド・アイクの久々のYouTube番組である。

先日、土壌汚染の野田首相がこんなことを言ったという。

首相「捨て石になる」 消費増税やTPP交渉参加

「自分の代で、しっかりと捨て石になってけりをつける。不退転の覚悟でやる」。野田佳彦首相

e0171614_13425055.jpg

は3日、都内で開いたベンチャー企業の経営者らとの会合で、膨らむ社会保障費の財源に充てる消費増税や環太平洋経済連携協定(TPP)交渉参加に向けた決意を改めて強調した。出席者が明らかにしたもので、米軍普天間基地の移設問題を念頭に安全保障政策についても首相が「しっかりとした心構えでやりたい」と表明したと述べた。会合は勉強会として首相の高校時代の同窓生らが創設し、首相もメンバーと説明した。

これは、日本の首相には、国民のことはまったく眼中にないということの証明である。我々が知らない「だれか」さんのために、「捨て石になる」と言っているのである。そいつは「だれ」か?ということである。経団連?米外務省?オバマ大統領? いったいだれのための捨て石か?ということになる。

かつての棺桶直人首相もそうだったが、普通の政治家の時には実に良さそうな人だと思っていた人物も偉くなり首相になると、とたんに態度が豹変、それどころか、顔つきも悪くなり、邪悪な人相に様変わりしてしまう。アメリカのオバマ大統領も、イタリアのベルルスコーニ首相も、フランスのサルコジ大統領もそうだった。もちろん、どじょうの野田首相もそうである。

それは、なぜ?

とだれしもが思うに違いない。むしろ、必ずしもそうではない、ベネズエラのチャベス大統領やロシアのメドベージェフ大統領、中国の国家主席の方がなにやら健康的に見えるのだから、興味深い。

この理由を実に見事にデービッド・アイクが説明しているので、今回はそれをここにもメモしておこう。以下のものである。残念ながら、全部英語である。
David Icke - The One Party State (Essential Knowledge For A Wall Street Protestor - Part Two)


要するに、「陰謀暴露論者」やいわゆる「陰謀論」に出て来る「陰の世界政府」、「真の世界政府」というものだが、そのセンターがヨーロッパにあり、それが超グルーバルなネットワークでできているために、どの国も太刀打ちできない。そこが世界各国のメディア、国家機関、国の政治家などを使ってコントロールしているために、政治家、マスコミ、学者など諸国のリーダーたちの目は国民にむくというよりは、自分の支配者である「陰の世界政府」の要人たちの方へ向いているのだ、ということですナ。

この「陰の世界政府」は、ビルダーバーグ会議、300人委員会、33人委員会、13人委員会などの階層構造を作り、実質的には、西洋白人種のごくわずかな家系が全世界を支配しているんだヨ、というのが、デービッド・アイクの21年間の研究成果であるという。そのトップの王朝の1つにスペイン王朝のように、みるからに我々とは異なるタイプの面相を持つ家系(まあ、アイクはレプティリアンと呼ぶ)があるのである。
スペインが愛する自由奔放な公爵夫人、アルバ公爵夫人

そして、彼らは我々アジア人は世界の無駄飯食いとしか思っていないということらしいですナ。

いやはや、世も末である。

おまけ:
もちろん、だれのための捨て石か?といえば、在日朝鮮人/韓国人のためである。若いときから、民団から前原同様にたくさんお金を支援してもらってきたわけだから。今でもパチンコ業界など、在日優遇政策は目に余るが、「在日天国、外人天国」を作るための捨て石ということのようですナ。
華僑と植民地統治

そして超貧民だった華僑が、植民地政策上の特権階級的身分を得て大金持ちになったのと同様、在日コリアンも、戦後のほんの一時期の特権的身分の付与によって、特殊な地位を得、これを現代にいたるまで、いまなお保持している。

ついでにいえば、彼らのおかげで、日本は「放射能天国」、「放射性物質置き場」となったわけである。したがって、「捨て石」どころか、「墓石」になるしかないわけだヨ。くわばら、くわばら。

おまけ2:
日本人「捨て石」政策はすでに始まっていた。政府は容認だってヨ。だまって実験していたんだね〜〜。
安全性未審査の添加物を輸入 韓国メーカーが製造
 厚生労働省は5日、韓国の食品メーカーが製造した食品添加物が、日本の安全性審査を経ないまま国内に輸入、販売されていたと発表した。遺伝子組み換えの微生物を使ってつくられた添加物で、たれやだしなどの原料として広く使われているという。
 厚労省によると、これまで健康被害の情報はなく、商品の回収は指示しない方針。一方、輸入している国内10社に、添加物の輸入と販売の停止を指示した。また内閣府の食品安全委員会に、安全性を判断するよう諮問した。
 問題の添加物は韓国の食品メーカーのインドネシア工場で製造された。

[PR]

  by kikidoblog | 2011-12-04 14:07 | アイク

「スマホ」は、スパイフォン「スパホ」だった!?:全部筒抜けの巻き!?

みなさん、こんにちは。

風雲急を告げてしまった、この日本。この世界。しかしながら、日本人は「世界一忘れっぽい民族」と言われているように、8ヶ月前の311の記憶をすでに忘れてしまって、毎日を楽しそうに生きている人々ばかりだから困る。放射能問題はすでに8ヶ月間我々の頭上に降り注ぎ続けているのである。そして吸い込んだものは確実に我々の体内を切り刻んでいる。しかしそうした悲惨な事実もすでに大半の人間は忘れているというわけである。「健忘症の国民は滅ぶ」というのが歴史の常である。

さて、最近、通称「スマホ(スマートフォン)」

e0171614_13321070.jpg

と呼ばれる、高機能の携帯電話がある。あまりに高機能のために無数のアプリケーションがその中に潜んでいる。大半は全く使用されないものである。

その昔の大学のコンピュータも「汎用性」という目的で作られた大型計算機であった。だから、さまざまな学者や学生のための多目的のためにそれはさまざまなプログラム言語とプログラムアプリケーションが備えられていたものである。しかし、逆に言えば、どの学生や学者も結局在学中や在職中には全部使うということはなかったのである。当然である。1つの分野の専門家はその分野で使われるものだけを使用できればそれでいいからである。

今のスマートフォンの場合もこれに似ている。

実際、だれ1人全部を使いこなすということはない。それはほぼ不可能である。自分自分の目的に見合ったアプリケーションだけを使っていればそれで事足りるのである。

しかし、昔の大型コンピュータの場合と今のスマートフォンの場合の差もある。

昔の大型コンピュータの場合は、その装置を購入している大学が支払いを行っていた。利用者はアクセスした時だけに課金されたのであるから、利用時間でお金を支払ったようである。

しかし、スマートフォンの場合は、アプリケーションの取得、利用など、その他に通話料などすべてに利用者が支払うはめに陥っているようである。だから、子供が見栄えがいいスマートフォンを利用する場合、その親の支払いはばかにならない。独立している若者の場合、自腹を切るわけだから、結局自分の食事代を制限することになり、若者の健康被害を増長する結果になっている。なぜなら、スマートフォンにかかった費用分は食事代を浮かせるために、どんぶり飯屋やハンバーガー屋などの安いファーストフォードに通うことになるからである。人工甘味料アスパルテーム、プリオン入りの可能性のある牛肉、調味料MSG(グルタミン酸)などで、金玉から脳まで変色させられてしまうというわけである。

しかしまあ、まだその程度であれば、実害はずっと先伸ばしされるから、本人には「ただちに健康に影響はない」といえば、電通のいうところのB層は誤摩化せる。

しかし、こういうものとは違う、もっと深刻な問題がスマートフォンには存在するようである。要するに、盗聴や情報収集の道具になるという問題である。今回は、この問題をうまく察知して文章にしている人がいたので、それをここにもメモしておこう。以下のものである。

アマがえるブログ
読んでも意味が分からない、しかし重要な情報

毎日新聞によると、総務省は先月、米インターネット検索大手のグーグルが昨年5月まで、無線LAN経由で個人の通信データを収集していたとして、再発防止策を報告するよう文書で指導した。同社は誤って収集していたとするが、第三者にデータが流出しやすい無線LANの危険性が浮き彫りになった。利用方法によってはメールやパスワードなどの個人情報が他人に見られる危険性がある。【岡礼子】◆世界で問題に 住所を打ち込むだけで町並みの画像がインターネットで見られるグーグルの人気サービス「ストリートビュー」。同社はこのサービス向けの撮影車で、無線LANの電波を利用して位置情報を収集。別のサービスの精度向上に役立てていた。ところが、暗号で保護されていない通信本文(ペイロードデータ)も誤って収集していたことが判明、昨年5月に公表して謝罪した。日本を含む34カ国・地域で、収集地点で送信されたメール本文や、ID、パスワードなどの情報が含まれていた可能性があるという。(中略)グーグルは撮影車による収集をやめ、昨秋、研修強化などの防止策を発表。(中略)日本でも07年12月から通信を受信し、その一部を記録していたが、「閲覧、使用はしていない」とする。総務省は電気通信事業法(4条)の「通信の秘密」を侵害するおそれがあったとして先月11日、同社に対して該当する記録の削除と再発防止策を早期に実施して報告することなどを求めた。グーグル日本法人は現在、早期の対応について検討中としている。◇誰でも傍受が可能 グーグルが収集していた無線LANの基地局情報は、スマートフォン(多機能携帯電話)向けの「位置情報」を使ったソフトなどにも利用されている。現在地からの道案内や紛失した端末を探すサービスなどは人気。位置を特定するのにGPS(全地球測位システム)や通信各社の携帯電話用基地局情報が使われるが、それだけでは精度が保てないため、個人が使っている無線LANの情報なども併用されることがある。電波は10~100メートル届くため、その範囲内では誰でも電波の受信が可能だ。さらに、使っている機器の種類、通信速度、暗号化の方式などとともに、通常は通信内容も記録されてしまう。データは断片化されており、通常は暗号化されているため、そのままで意味を読み取ることはできない。しかし、森井昌克・神戸大学教授(情報通信工学)によると、暗号化されていないデータを読める形に「復元」するツールはネット上で無料で公開されており、「無線LANに接続できるパソコンがあれば可能で、特別な装置は必要ない」という。メールの送信先、内容、閲覧しているウェブサイトなど、他人がインターネットで送受信している内容は、いわば、誰でも「傍受」できる状況といえる。(中略)電波法では、無線通信を傍受すること自体は法律違反にならないが、「その存在若しくは内容を漏らし、またはこれを窃用(通信内容を見て、何か行動を起こすこと)」することは禁じている。(後略)さて、分かりにくいニュースだが、特に「誰でも傍受が可能」の後の文章が意図的に歪められており、民主主義の建前上報じてはいるものの、その内容は把握させないというマスコミの悪意が垣間見える。エニグマチックな上の記事の翻訳を試みると、「パソコンの無線LAN通信の内容はグーグル社によって全国的に収集されていて、各種プライベートな情報は丸裸で、それがスマホの位置情報ソフトなどに反映されている。スマホには、3G通信、Bluetooth、WiFi(無線LAN)の通信環境がサポートされているが、百メートル以内の無線LAN通信も受信して位置把握に役立てる。しかし無線LAN利用者に知識があれば、パソコンの個人情報を解読することが可能である」ということだ。必要な情報だけを取り入れるのでなく、取得可能な全無線LAN情報を入手・記録するシステムを採用していたグーグル社に対し警告は発せられたが、電気通信事業法がザル法なので「得た通信内容を公開せず悪用もしていません」と開き直られると、現状ではそれ以上この企業を追及出来ない。さらに言えば、パソコンやスマホが無線LAN通信の設定でなくとも、その機能が備わっている限り、例えば導入されたウイルスが無線LANを知らないうちに活性化して、全通信活動が百メートル以内にいる誰かもしくはグーグル社のような企業に筒抜けになっているかも知れないということだ。<1589>


この文章の言っていることの意味が分からない人には、まさにそれを実際に実験して検証している人がいたので、それもメモしておこう。以下のものである。
何百万という(アンドロイド)携帯電話で秘密のソフトウェアがすべてを記録する研究者のビデオ
Carrier IQ Part #2

これによれば、「キャリアIQ」というアプリが必ずスマートフォンには仕込まれていて、これは利用者にはほとんど使われることもなく、その存在を認知されていることもないものだが、いつも使用中の状態になり、使用を不使用に変えることもできない。にもかかわらず、しかるべき筋がそれを通じて自分のパソコンにあらゆる情報を引き出すためのツールになっているということである。

これと似たようなことは、グーグル、ウィンドウズなどあらゆるハイテク機器にも備わっているということのようである。
[PR]

  by kikidoblog | 2011-12-04 13:29 | コンスピラシー

握手拒否されるアメリカ?:男はつらいよ、米国大統領編!?

みなさん、こんにちは。

「握りこぶしとは握手できない」とは、かのマハトマ・ガンジーの言葉であるが、女性に「ギブミーアハグ」とハグを求めて拒絶されるならいざ知らず、自分から握手を求めた時に相手が握手してくれないという時には、よほどその相手から嫌われているということである。

日本の土壌汚染内閣の土壌の野田首相もオバマ大統領から無視されたり、軽んじられているらしいことは有名だが、実はそのオバマ大統領も、欧米ロシアの「白人エリート」たちからは、露骨な握手拒否をされているらしい。そんな場面が今ではYouTubeに氾濫している。そこでそんなものをいくつかここにメモしておこう。以下のものである。
Russians Refuse to Shake Obama's Hand


John McCain Refuses to shake hands with Barack Obama - 2nd Presidential Debate


Queen humiliates President Obama at Buckingham Palace by refusing toast - May 24 2011

要するに、オバマ大統領は、アメリカ憲法をないがしろにして合衆国を「警察国家」化し、米国民を管理強化するのにやぶさかではないようだが、そういうオバマ大統領自身は他国のエリートたちからすでに相手にされなくなっているということである。素晴らしい米国憲法をもつ米国自体が危うくなれば、黒人差別も人種差別も再び戦前に舞い戻り、多くの有色人種が迷惑を被るということを知っておくべきだろうナア。「自由の国アメリカ」を存続させない限り、自分自身も存続できなくなるということである。
[PR]

  by kikidoblog | 2011-12-03 22:51 | コンスピラシー

オランダより「人類終了のおしらせ」:世界人口の半分を殺す鳥インフル変異種誕生!


e0171614_11275950.jpg

もし私が生まれ変われるのなら、人口母集団レベルを低下させる殺人ウィルスとして地球に戻りたい。−−エジンバラ公フィリップ王子(別名マウントバッテン卿)


みなさん、こんにちは。

風雲急を告げてしまった、この日本。この世界。あまりにいろいろなことが起きすぎてETの手も借りたいほどである。そんな中、なんとかして良いニュースに遭遇しないものかといろいろ探しているのだが、良いニュースよりは、ますます悪いニュースばかりが飛び込んで来る。今回のものは、極めつけのものだから、これをここにもメモしておこう。

さてはてメモ帳
「人類終了のおしらせ」 だそうです
人類終了のおしらせ...世界人口の半分を殺す鳥インフル変異種誕生
e0171614_22133797.jpg

ああ、人類はやはりH5N1変異種のパンデミックで終わるのか...

映画でもSF小説でもない、現実のはなし。オランダの科学者が世界数十億人を骸の山に変える致死力を備えたスーパーウイルスをこしらえてしまいました。まあ、深呼吸、深呼吸...あ、深呼吸はまずいか...このウイルス、鳥インフルのくせに空気感染するんです。

生成したのはロッテルダムのエラスムス医療センターのウィルス学者ロン・フォウチャー(Ron Fouchier)教授。
e0171614_2252185.jpg

アメリカ国立衛生研究所(NIH)から「H5N1鳥インフルエンザウイルスの伝染力が強くなってパンデミックを起こし得るかどうか、いっちょ調べてくれないか」と頼まれ、かしこまりました、とやってみたのです(警告フラッグ!)。


試しにフェレット(イタチの一種)の群れにウイルスを撒き散らしてみたところ、ウイルスが再生(繁殖)を繰り返すにつれ、なんだか前より速く広まるではないですか(警告フラッグ!!)。「フェレットのなんだから人間が心配することないよな」って一瞬思っちゃいますけど、過去の研究でフェレット間で感染するインフルエンザ株は人間の間でも感染することがわかっているのですね(警告フラッグ!!!!)。

で、伝染力が強まる方向で10世代感染を繰り返したら、ななななんと世界全人類の半分を殺す超まずい空気感染ウイルス株ができてしまった、というわけ(警告フラッグ!!!!)。

研究では、最初にウイルスに三つの変異を起こさせ、フェレットに容易に感染する変異株を作成した。(フェレットは人と類似の様式でウイルス感染を起こす)。しかしながら出来たウイルスはフェレット間で感染を起こさないため、ウイルスをフェレットに、より適合させるため感染を繰り返させた。
そして10回の感染の後に(感染フェレット->健常フェレット:の繰り返し)、フェレット間で容易に感染する変異ウイルスが誕生した。変異ウイルスは別のケージ内のフェレットに感染して、全てを死亡させた。―New Scientistの日本語訳(pdf)より

実験を率いたFouchier教授自身も「これはおそらくみなさんが作れる中で最も危険なウイルスのひとつですね」と認めており、今年9月にマルタで開かれたインフルエンザ会議で実験の成果を発表しました。

この記事によれば、オランダのロン・フォウチャー(Ron Fouchier)教授という、おばか博士が、超高級猛毒の殺人鳥インフルエンザウィルスをついに作製してしまったというのである。そして、このおばか博士に研究以来したのが、アメリカ国立衛生研究所(NIH)であったという。これまたもはやイルミナティーNWOの出先機関になって久しい組織で、ここが不妊ワクチンの開発を手がけていたのであるから、さもありなんである。もちろん、日本の東大の有名教授の河岡博士に強毒性の、自然では絶対に起こりえない、人+鳥+豚のインフル合体キメラウィルスを作製させたのもNIHである。

はたしてこれは真実かどうか? ウソであって欲しいものだが、どうやら本当のようである。

欧米のイルミナティーNWOの製薬企業やワクチンメーカーは、一度こういうニュースが飛び交うと、自社株が急上昇するから大喜びには違いないだろう。なぜなら、そのウィルスからワクチンを作らざるを得なくなるからである。これに要する日数はだいたい2年。早くて数ヶ月だろう。だから、来シーズンか、再来年には用意できることになるが、そうなるとわざとどこかからリークする輩が出て来るに違いない。

なぜなら、数年前の豚インフルの場合もメキシコでアウトブレークする数年前には豚インフル特許とそのワクチン特許が取得されていたからである。それから、準備万端整ったところで、アウトブレークしたわけである。そして、連中の手下のお仲間機関のWHOがパンデミックを煽り、世界中の人々を不妊ワクチンの恐怖と多くの人々の命をワクチン接種によって失うはめになったというわけである。

いずれにせよ、積極的に音頭をとっているのが、アメリカ政府のトップ機関のNIHである(もちろん、ロックフェラー機関である)ということは覚えておいた方がいいだろう。こういう有名な場所が、わざわざ人類を殺戮してしまいかねないものを希求しているのである。

ところで、この手の話にはまだまだ興味深い展開が待つ。まず第一のものは、これも何年か前のことだが、イスラエルの軍事組織の中の生物兵器機関があり、そこでは「アジア人、すなわち、東洋人だけに感染するインフルエンザウィルスが完成している」という話があったのである。したがって、もし上の新規の殺人インフルとイスラエルのアジア人感染ウィルスを合体させられてしまったらどうなるか?ということである。

私が大分前から恐れているのは、このことだが、311以降に欧米のほとんどの医療チームが日本政府によって支援拒絶を受けたにもかかわらず、イスラエル医療チームだけが活動を認められたという出来事があった。しかもそのイスラエル医療チームはイスラエル軍の機密組織からの派遣であった。

ということは、すでに日本人の遺伝子型は8ヶ月以上もの間に研究されたわけだから、日本人だけに感染するインフルも作製されたと見て間違いないだろうということにならざるをえないのである。

したがって、もしそれに今回のものを組み込まれたら、日本人は全滅しかねないことになり得るということである。

もう1つのものは、いわゆる「アングロサクソン・ミッション」なる、アルバート・パイクの時代からの計画というものが知られているが、その具体的な行動計画の1つに、第3次世界大戦が勃発した場合、中国に殺人ウィルスを撒く、というものが存在するのである。

今のところ、「第3次世界大戦」の本格的な勃発には至っていないが、すでにイランの核施設が爆破されたり、ミサイル研究者の機関が爆撃され殺害されたり、実質上の戦争の兆候を呈しているわけである。

したがって、もしこれからのイランの出方と、イスラエルの出方次第では本格的な「第3次世界大戦」に発展しないとも限らないのである。こうなった場合、イスラエルはおそらく本当に殺人ウィルスを何がしかの方法でアジアにバラまくはずであろう。

とまあ、実に恐るべきアジェンダの実行計画なのであるが、彼らは何年も何年も前からそういう計画通りに日夜喜々として生活しているわけである。

しかし、ワクチンの現代的製造法にも問題だらけで、アジュバント(不妊やアレルギー成分)や防腐剤(自閉症成分)やDNA/RNAの断片(発がん成分)が満載されざるを得ないわけだから、ワクチンを作ってもいいことなく、ワクチンなしですまそうとすれば、東洋人や日本人だけに取り憑き、白人にはせいぜい鼻風邪程度で終わるという代物なのだから、本当に始末に負えないのである。

いやはや、困った時代になったものですナ。

おまけ:
強毒性インフルエンザ
アジア人は馬鹿か?:もっといろいろ読み学べ!
世界のエリート「人口削減」を語る!1:これがお金持ちエリートたちの地球観だ!
[PR]

  by kikidoblog | 2011-12-02 22:45 | インフルコンスピラシー

今年の流行語大賞は「なでしこジャパン」!:なでしこにあってサムライにないもの

みなさん、こんにちは。

いやー、風雲急を告げてしまった、この日本。この世界。中東はイスラエルと英米NATOのやりたい放題でもはや風前の灯火。それもそのはず、「アルバート・パイクの予言」の通りの展開だからである。

さて、そんな中、日本の今年の流行語大賞が決まったという。今年は「なでしこジャパン」であった。
流行語大賞は「なでしこジャパン」

 世相を反映し今年話題になった言葉に贈られる「ユーキャン新語・流行語大賞」の年間大賞に1日、サッカーの女子W杯で初優勝した「なでしこジャパン」が選ばれ、東京都内で表彰式が行われた。
 東日本大震災関連では「3・11」「帰宅難民」「風評被害」「絆」のほか、ACジャパン(旧公共広告機構)のCMで頻繁に放送された「こだまでしょうか」もトップ10入りした。
 トップ10にはほかに、野田佳彦首相が自らを例えたことにちなんだ「どじょう内閣」、タレント楽しんごさんの「ラブ注入」や、「スマホ」「どや顔」が選ばれた。


残念ながら、「死神菅直人」、「こだまの枝野」、「汚染土壌野田」は漏れた。枝野の「ただちに影響ない」も落選。残念しごくである。

せっかく「なでしこジャパン」に決まったことを祝して、今回は、「なでしこジャパン」
なでしこジャパンW杯初優勝おめでとう1:「なでしこの先人たち」「サッカーは文化だ」
なでしこジャパンW杯初優勝おめでとう2:「なでしこは一日にしてならず」」
「聖和学園ゴールへのシナリオ」:明日のなでしこジャパン
にあって「日本男児のサムライジャパン」にないものをメモしておこう。

それは要するに「技術」である。サッカーはテクニックに始まり、1にテクニック、2にテクニック、3にテクニック、4にテクニック、5にテクニック、、、、、なのである。「技術力の進歩」、それ以外にない。

これを理解することができるように、世界のスーパースターやファンタジスタたちのテクニックを集めてメモしておこう。

[サッカー]ジダン 神技ドリブルシュート!!!


ロナウドベストゴール Ronaldo 9 Most Beautiful Goals(selected by Yahoo Brasil)


メッシ驚愕ドリブル&ハットトリック!!サラゴサ - FCバルセロナ


カカのスーパードリブル


デルピエロのデルピエロによる本家デルピエロゾーン集.wmv


バッジョの後ろから来たボールをボレー


クローゼ:中田→Rバッジョ→クローゼのヘディング


クリロナクライフターン


チャビ ターン


ペルージャ中田英寿 インテル戦カウンターアタック


日本男児よ、完璧なサッカー選手を目指せ!
[PR]

  by kikidoblog | 2011-12-01 18:25 | なでしこジャパン

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE