<   2012年 06月 ( 52 )   > この月の画像一覧

 

スティグリッツ教授、「1%の真実」を語る:「1%の、1%のための、1%による」政府

「人民の、人民による、人民のための、政治を地上から絶滅させない」
––エイブラハム・リンカーンゲティスバーグ演説

e0171614_1136304.jpg


みなさん、こんにちは。

「1%が8割を所有し、99%が2割を所有する」と言われて久しい。そして、「日本の1%」と言えば、いまや在日朝鮮人のことである。これは名実共に事実である。終戦直後にできた、「在日特権」などさまざまな法的救済措置のおかげで、ほぼ100%の在日が無税の恩恵を被る。その反面、日本人同様の土地所有、企業経営などが行えるため、いまでは「やりたい放題」、「無法地帯」、「特権階級」化しているのである。

事実、すでに何年も前から、日本の長者番付の上位の大半は在日系企業経営者である。いかに日本人を食い物にして来たか明白である。
日本の長者番付に在日が多すぎる
これが日本の実体 2005-09-11 18:36:28 No.224672
■フォーブス長者番付。日本の資産家は在日パチンコ屋とサラ金ばかりです。
朝鮮人は税金をろくに払わないし、違法ビジネスも堂々とやれる特権があるから金持ちばかりです。多くの政治家を買収して更なる特権法律を制定し貴族階級を目指しているようです。 創価や統一など宗教団体幹部も在日ばかりです。在日一人で日本庶民50万人分の金を持っているのです。

彼らは益々金持ちになるため、格差社会を政治家に進めさせ戦前の財閥と労働者階級の固定化時代が再到来するのでしょう。

★付きが在日(と明確に判っているもの。実際にはもっと多いはず)。

1.佐治信忠    5800億円【サントリー】
2.福田吉孝    5600億円【アイフル】(サラ金)★
3.武井保雄    5500億円【武富士】(サラ金)★
4.糸山栄太郎   4900億円【新日本観光】
5.木下恭輔    4700億円【アコム】(サラ金)★
6.毒島邦夫    4700億円【サンキョウ】(パチンコ)★
7.岩崎福山    4400億円【岩崎産業】
8.孫正義      4300億円【ソフトバンク】 ★
9.堤義明      3700億円【西武鉄道】
10.森章      3200億円【森ビル】
11.柳井正     3200億円【ユニクロ】★噂あり
12.伊藤雅俊   2900億円【イトーヨーカ堂】
13.重田康光   2600億円【光通信】★噂あり
14.滝崎武光   2600億円【キーエンス】
15.船井哲良   2300億円【フナイ】
16.吉田忠裕   2300億円【YKK】
17.神内良一   2200億円【プロミス】(サラ金)★
18.山内薄     1800億円【任天堂】
19.岡田和生   1700億円【アルゼ】(パチンコ) ★
20.辛格浩(重光武雄)1700億円【ロッテ】 ★
21.福武總一郎  1500億円【ベネッセ】
22.大島健伸   1400億円【SFCG(旧:商工ファンド)】★
23.盛田英夫   1300億円【ソニー(レイケイ社長)】
24.馬渕健一   1200億円【マブチモーター】
25.韓昌祐     1100億円【マルハン】(パチンコ) ★

日本の場合は、このように、終戦直後の日本のおかれた政治状況とその落とし後であった「在日朝鮮人問題」の結果が、癌細胞のように増殖して、ついには体中に転移して、もはや死を待つ一歩手前に至ったというわけである。

一方、アメリカも似たようなものである。アメリカの場合は、日本の在日にあたるのが、偽ユダヤ人と呼ばれる、先祖が中世のハザール帝国出身で、近代には東欧にいたヨーロッパのユダヤ人、一般には、アシュケナージ・ユダヤ人というカテゴリーに分類される人々である。この中の特に富裕層が、現在のシオニストになり、米国はシオニストの所有する国へと化したというわけである。

ユダヤ人にも、伝統的に旧約聖書だけを信じる一派、ユダヤ正統派というもの(この人々は、ヒゲと長いもみあげと黒い帽子と黒いマント、そして、おでこに黒い箱のようなものを付ける)

e0171614_10565872.jpg

と、それに「タルムート」という、一般にユダヤ立法書と呼ばれるものを合わせて信じる一派(いわゆる、黒い小さな帽子を後頭部につける、ラビという宗教リーダーが率いるもの。日本ではM.トケイヤー

e0171614_1059440.jpg

が有名)、さらに「カバラ」という古来の拝火教と融合したような、悪魔主義の思想を信じる一派(一番有名なのは、レディー・ガガ

e0171614_112664.jpg

)の、おおよそは3派があるようである。この他にも、いわゆる「無神論者」というカテゴリーのユダヤ人がいる。欧米の科学者にはこのタイプが多いが、自分はユダヤ系だと名乗るわけである。ユダヤ人の場合は、母親がユダヤ人なら子は全部ユダヤ人。血筋がユダヤ人でなくてもユダヤ教に改宗すればユダヤ人になれるらしい。だから、ユダヤ人がいなくなることはまずない。そして、大半のユダヤ人は教育があり、リッチである。

私がここで「偽ユダヤ人(Fault Jews)」と呼ぶのは、今は亡きアメリカのユダヤ人歴史学者のジャック・オットー博士の講演における定義なのである。私が勝手に付けたものではない。学問的な言葉なのである。以下のものである。
Forbidden Knowledge: Jack Otto Part 1


いま世界中で問題になっているのは、こうしたユダヤ人のうち、特に邪悪なシオニストのカバラユダヤ人たちが、ついに世界中のほぼ全部の金融を支配してしまったからである。彼らは自分のためにしかお金を使わない。だから、世界中が金が回らず、不況に陥っているのである。

その心は?

というと、それは、彼らのいう「ゴイム(家畜)」、すなわち、彼らにとっての異民族を根絶やしして、「ユダヤ人のソロモンの千年王国樹立」のためだというのである。このための実行計画が「アングロサクソン・ミッション」というものなのである。この目的のためのさまざまな手段の1つに、例のビル・ゲイツの「不妊ワクチン・ビジネス」がある。こういうものはその目的(アジェンダ)のための手段に過ぎないから、食品、金融、経済、ワクチン、石油、原子力などなどあらゆる分野で同じようなことをするということになるわけである。

さて、前置きはかなり長くなったが、こういうアメリカの状況、すなわち、「アメリカの1%」がどんな連中かを議論した本というものがあるらしい。ノーベル経済学賞受賞者のジョゼフ・スティグリッツ博士

e0171614_11192465.jpg

の本である。それを紹介しているサイトを偶然見つけたので、それをここにメモしておこう。以下のものである。

米教授が暴く億万長者の「秘密兵器」

e0171614_11203179.jpg

 大衆主義を唱えるポピュリストたちの「われわれは99%を占める」というスローガンを打破するのは難しい。ただ、この大衆行動はこれまで首尾一貫したメッセージと議題を欠いていた。これからは違う。

 ノーベル経済学賞受賞者で米コロンビア大学教授のジョゼフ・スティグリッツ氏は鉄鋼の街、インディアナ州ゲーリーで育った。刺激的な新著「The Price of Inequality(仮題=不平等の価格)」で取り上げたこのテーマについて数十年にわたって研究を続けている。

 教授の結論はこうだ。米国人の1%が所得の5分の1を稼ぎ、富の3分の1以上を支配すると、経済成長や民主主義、上流階級そのものさえもが支障を来す事態となる。まさに今日の状況が示すように-。

 ジャーナリストのロバート・フランク氏が「リッチスタン」と呼ぶ居住者についてスティグリッツ教授は「富裕層は世間から隔絶されて存在しているわけではない。彼らは地位を維持し、資産から所得を生み出すために、機能する社会を必要としている」と指摘する。

 米政府は不平等を減らすどころか30年かけてその逆の状況を助長してきたと教授は喝破する。市場をゆがめ、資金を社会の底辺と中流から上流へと移行させたのだと。この見方によれば、政府こそが億万長者たちにとっての秘密兵器なのである。

 スティグリッツ教授はマサチューセッツ工科大(MIT)で1960年代に博士論文を執筆して以降、不平等がいかに経済行動を形成するかについて探究を続けている。この著書で的確かつ情熱的に提示されている研究成果は、行動経済学や非対称情報の経済学などに基づいている。

 市場は常に効率的に機能するという「宗教的信仰」や政府が常に非効率的であるとの推論に対して教授は容赦ない姿勢を示す。これら2つのバランスを取る必要性を訴えながら、哲学的問い掛けについて議論を広げようとしている。その問い掛けとは、米国社会には不公平がはびこり、「チャンスにあふれる国」という言葉は神話と化してしまったのではないかというものだ。

 不平等はここ30年間拡大し、貧困層はさらに貧しく、中流階級は空洞化している。一方、米国の富は1%の人々の手の中に集中していると、スティグリッツ氏は指摘する。前回、富がこれほどまでに集中していた時代は大恐慌の直前だった。

 これにより、消費は抑制されてリセッション(景気後退)が長引いていると指摘。結局、この「1%クラブ」は所得の15~25%を貯蓄に回しているため、需要が減退して失業が増加すると教授は説明する。

 英経済学者、ケインズの時代から、政府は公共あるいは民間投資の拡大によって需要の不足を補おうとしてきた。スティグリッツ教授によると、1%の人々が政府支出を抑制しようと躍起になっているため、景気刺激の負担は減税や米連邦準備制度理事会(FRB)の低金利政策につながっていった。

 その破滅的な結果が住宅市場のバブルだった。FRBのグリーンスパン前議長は市場が完全に効率的であると信じていたためバブルを予測できなかった(あるいは予測しようとしなかった)。バブル崩壊から約5年を経ても景気低迷は続いている。

 先進国の中で、米国は最も不平等な国だと、教授は主張する。悲惨な状況は偶然生まれたわけではない。市場の力が働いたわけだが、政策がこの力を形成した。ウォール街の銀行が連邦政府お墨付きの預金でギャンブルをすることが許され、賭け金が吹き飛べば救済される状況を見れば、それは誰の目にも明らかだ。

 スティグリッツ教授によれば「われわれはリバタリアン(自由論者)が提唱するミニマリスト(最小限主義者)の国家を作り上げているのではない」。われわれが作り出しているのは、弱体化し過ぎてインフラや教育などの公共財を改善できない一方で、富裕層に惜しみなく富を与える強さを持った国家である。つまり「1%の、1%のための、1%による」政府なのだと-。

 「The Price of Inequality」はノートン刊。414ページ、27.95ドル(約2200円)。(ブルームバーグ James Pressley)

まあ、カバリスト=シオニスト、ユダヤ系米人が政治を握り、米国は完全にユダヤ独裁国家へと変貌を遂げたとこの博士は言っているわけである。まだ見た目は一見華やかで民主主義国家のように見えるけれども、実質的にはすでに独裁者国家と変わらないとノーベル経済学賞学者がお墨付きを与えたのである。

これが、私がちょっと前から、「自由の国ロシア」、「不自由の国アメリカ」と書く理由だったのである。プーチンのロシアは、欧米のシオニストのマスメディアからは悪人呼ばわりされているが、いまのロシアの方が見るからに1980年代までの米国のように自由なのである。デモの時の逮捕のシーンを見れば一目瞭然。ロシア警察はデモの逮捕者を両脇を抱えて、優しく検挙する。しかし、アメリカの場合には、警察官たちが1人を取り巻き、死ぬまで叩きのめす。これほどに違っているのである。

スティグリッツ教授は見るからにいわゆるユダヤ人であるが、そういうユダヤ人にとっても、現米政権やこれまでの米政権のやり方には異質なものを感じるというわけであろう。

このシオニスト政権(もちろん、いまはオバマ政権のことだが)の手下になっているのが、日本の民主党朝鮮人政権なのである。

ここで書いていることは全部リアルの話で、私個人の妄想ではまったくないということを書き加えておこう。


おまけ:
ゲティスバーグ演説・全訳

八十と七年前,私たちの父祖は,この大陸に新たなる国家を打ち立てました.自由を原点として懐胎され,人はみな平等であるとの命題に捧げられた国家です.
今私たちは,たいへんな内戦の渦中にあります.その国家が,あるいはそのような原点をもって懐胎され,そのような命題に捧げられた国家一般が,長らえることができるかどうかが試されているのです.私たちはその戦争の激戦地に集っています.その国家が生き長らえるためにこの地で命をなげうった人々の最後の安息の地として,その戦場の一角を捧げるために集まりました.それは私たちにとって,全くもってふさわしく,また理にかなった行ないであります.
しかし,より大きな意味では,私たちがこの土地を捧げることはできません.この土地を聖別したり,神に捧げたりすることはできません.この地で奮闘した勇敢な人々こそが,生きている方々も戦死した方々も含め,すでにこの地を聖別しているのです.それに付け加えたり,差し引いたりすることは私たちの貧弱な力の及ぶところではないのです.私たちがここで話すことは世界の耳目を引くこともなく,やがて忘れ去られることでしょう.しかし,彼らがこの地でなしたことは,永遠に世界の記憶に留められるのです.この地で戦った人々がこれまで気高くも進めてきた未完の仕事を完遂するために,私たち生きている者は,むしろ自らの身を捧げるべきなのです.
私たちの前には大いなる責務が残されています.名誉ある戦死者たちが最後まで完全に身を捧げた大義のために,私たちも一層の献身をもってあたること.これらの戦死者たちの死を無駄にしないと高らかに決意すること.神の導きのもと,この国に自由の新たなる誕生をもたらすこと.そして,人民の,人民による,人民のための政府をこの地上から絶やさないことこそが,私たちが身を捧げるべき大いなる責務なのです.

[PR]

  by Kikidoblog | 2012-06-30 11:35 | コンスピラシー

「原発反対」629デモ炸裂、15万人超!:これでもテレビマスゴミはシカト!

みなさん、こんにちは。

昨日は、金曜日。「首相官邸前原発反対デモ」の日。官邸前には、先週は4万5千人がデモ。そして、ついに昨日は15万人もの人々がデモしたようである。以下のものである。

全国各地で原発抗議 官邸前「15万人」で騒然

e0171614_9463473.jpg

 関西電力大飯原発(福井県)の再起動を7月1日に控え、反対する市民らの抗議行動が29日夜、首相官邸前であった。毎週金曜日夜を中心に実施されてきたが、主催者はこれまで最高だった前回の約4万5千人を大きく上回る15万〜18万人が集まったとしており、官邸周辺は騒然となった(警視庁調べで約1万7千人)。同じ時間帯に全国各地でも抗議行動があり、反対の声は広がりを見せた。

 官邸前では参加者がマイクで「名誉ある撤回を」「国民の声を聴け」などと次々と声を張り上げた。車道にまであふれた参加者は中高年から子連れまで年齢層もさまざま。

e0171614_946359.jpg

 東京都足立区の主婦(36)は、長男(7)とベビーカーの次男(3)を連れ初めて参加。「政府は私たちの生活を全く考えていない。これまで黙ってみていたが、我慢の限界に達した」と話した。「私たちは、選挙かデモでしか訴えられない。自分たちの気持ちを伝えていくうえで、結局、数にまさるものはない」と力を込めた。

e0171614_946031.jpg

「原発いらない」民の声を聞け!~官邸前を埋め尽くした巨万の人々(レイバーネット日本)
6.29 「再稼働反対」官邸前を埋め尽くした巨万の人々

そもそもどうしてこのようなデモが起こるのか?

といえば、いまの元全共闘や革マル派のヘルメット世代の残党で構成されている民主党執行部は、非常にへそ曲がりで、常に人々とは正反対のことに恍惚となるという、奇妙な気質を持った人々であるからである。菅直人もひどかったが、いまの野田佳彦もまた同じくひどいからである。それゆえ、民衆の声、国民の声がまったく届かないからである。

原発の犯罪者(もちろん、その中には、東電執行部から民主党執行部、そして保安院執行部などを含む)の責任をちゃらにすると宣言したことからも分かる。
野田首相、原発事故の責任を取らないと閣議決定
 関西電力大飯原発3号炉(福井県おおい町)が7月1日夜にも起動すると報道されるなか、野田佳彦首相の無責任ぶりがあらためて浮かび上がった。6月29日夕方からの首相官邸前抗議行動の参加者をはじめ、全国各地・世界からさらなる怒りの声が上がりそうだ。
 大飯原発3、4号炉の運転再開について、野田佳彦首相は「最終的には総理大臣である私の責任で判断を行いたいと思います」と5月30日の記者会見で述べた。インターネット上などでは即時に「福島をみてるのか!事故の責任を取れるわけがない」「どうやって責任を取るんだよ」などの批判が出た。
 この「責任の範囲と内容」について、きっちりと問いただしたのが、福島みずほ参議院議員(社民)だ。6月21日に提出した質問主意書で次のように質問している。
〈「私の責任で再稼働を判断した」原発が事故を起こした場合、「事故を起こした責任を野田首相が負う」と理解してよいか。その場合、東京電力福島原発事故で明らかなように、国家社会に与える被害は莫大になることも想定すべきだが、首相としてどのように責任を取るのかをその賠償方法を含め、具体的に説明されたい〉
 この質問に対し、政府は6月29日、「政治的判断を必要とする国政上の重要な問題であり、内閣の首長である野田内閣総理大臣がこれに関与し責任を持って判断を行うという趣旨で述べた」との答弁を閣議決定したのだ。その一方で、事故発生時の賠償については「原子力事業者がその損害を賠償する責めを負う」などと従来の枠組みの説明にとどまっている。
 つまり、「首相の任務として再稼働を決めた」が、「自分のした事の結果、事故が起きてもその被害について責めを負う気はない」ということだ。しかも野田首相の”二枚舌”はここにとどまらない。
 野田首相は5月30日の記者会見で「あのような事故を防止できる対策と体制は整っております」と断言したが、同政府答弁では事故原因は「津波」であるとし、「地震動」による主要機器の破損については認めなかった。国会事故調では「地震動」による主要機器破損の可能性について重大な関心を持っているほか、そもそも大飯原発の防潮堤はまだ完成していないのだ。不誠実きわまりない。
 さらに6月8日の記者会見で、野田首相は「豊かで人間らしい暮らしを送るために、安価で安定した電気の存在は欠かせません」としたが、同政府答弁では「コストの試算においては、電源ごとの発電単価ではなく、火力及び原子力の燃料費のみにより計算した単価を用いている」とした。燃料費のみの比較で原発が安価だというのでは、野田首相は大ウソつき、との批判を免れないだろう。
(伊田浩之・編集部)

まあ、一言で言えば、菅直人やこの野田佳彦の精神状態こそ、俗に「チョン公精神」と揶揄される、朝鮮人特有のメンタリティーの発露なのである。「自分は棚に上げて、他人を非難するが、自分は良いとこ取りする精神」というものである。いまの民主党執行部の無策とお馬鹿さ加減から、福島第一原発は崩壊したのであり、東電執行部同様、民主党執行部全員には「業務上過失致死罪」で死刑に値するほどの責任がある。かつての東京裁判で言えば「A級戦犯」である。

それを「私は責任を問わない」という。まあ、それは同じ朝鮮系のお仲間、同じ穴のムジナなのだから仲間の責任は問わない、問いたくはない、問うたら何されるかたまったもんじゃない、ということなのだろうが、こういう悪魔的な人物が野田佳彦という人物である。

これでは、デモが拡大するのは当然であろう。

私が言っているように、在日朝鮮人は日本人になったつもりでこの日本の政治家になるというのではなく、さっさと北朝鮮を買い取り、そこで自分の足で独立すべきである。金正恩の指示通りに動きまわって、何とか北朝鮮に金や物資を調達するなどという回りくどいやり方をするのではなく、直接在日系の会社を根こそぎ北朝鮮に持って行って、そこでビジネスを始めるべきなのである。

はっきり言って、民主党在日勢力は、十二分に政治とはどういうものか分かったはずである。そこで学んだことを北朝鮮や韓国に戻って実行して欲しいものである。これ以上、他民族の国で悪さをするな、と私は言いたい。さもなくば、このまま居座れば、日本はおろか、自分の本国の韓国や北朝鮮もろとも滅ぼされることは目に見えているからである。

もう少し、世界の流れの中から物事を見ることができる、知性が必要である。まあ、在日朝鮮人にはそれは期待できないだろうがナ。


おまけ:
朝鮮総連本部差し押さえ手続きへ 北を追い詰める動き
[PR]

  by Kikidoblog | 2012-06-30 10:16 | 原子炉被災

愚図小沢一郎、「離党するのかしないのか?」:それより早く日本政治の暴露本を書け!

傷だらけの人生 鶴田浩二


みなさん、こんにちは。

「いい知恵あるか…」小沢氏結論週明けに持ち越し(06/29 17:58)

e0171614_20532481.jpg

離党するのか、しないのか。輿石幹事長と3度目の会談をした小沢元代表の結論は「週明けに持ち越し」でした。29日午後から小沢氏が会見しています。

いやはや、こんな「愚図」に政治を任せるとは、日本は終わりである。政治の世界は、囲碁将棋の世界ではない。待った、もなければ、やり直しも効かない。ましてや、勝負がついた後で、後付けをすることなど不可能である。

どうも小沢一郎を見ていると、囲碁のやり過ぎだろう。政治を囲碁のように見るのは間違いなのだが、それが分かっていないらしい。いまだに相手に向って考え直せと迫っているぐずぐず振りである。相手は小沢一派に考え直せと迫っていたわけだから、勝負はつんでいるのである。

小沢ができることは、ちゃぶ台返しだけだ。将棋盤でも囲碁盤でもひっくり返して出て行くことしか無いのである。ご本人はそれが分からない。

果たしてこんな感覚の人間に世界政治が分かるのだろうか?

民主党が無能な朝鮮系政治家の集まりなのは周知の通りだから、小沢一郎が生き延びるとすれば、自分は無能ではないということを証明する他ないわけだが、同じく、同じ血筋を引く小沢もまた無能政治家の1人に過ぎないということである。

どっちみち、東京時代はもうジ・エンドだから、どの政党に転んでも同じことである。世の中、右を向いても左を見ても、バカ(北朝鮮)と阿呆(韓国朝鮮)の絡み合い、でしかないというわけである。

世も末である。
[PR]

  by Kikidoblog | 2012-06-29 20:51 | マスゴミ

No Violence, Throw Weapons, but Shall we dance?:マット君頑張る!

みなさん、こんにちは。

いやー、これは面白い。と同時に、これは素晴らしい。黄金の金玉氏のサイトに紹介されていたものである。

通称マット君という、若者が世界中を旅しては歩き、その現地を背景にダンスを踊った。
Where the Hell is Matt? 2008

このダンス映像は、いまでは数千万人が見たようである。

あれから、4年。マット君が帰ってきた。「帰って来た、待っとくん」である。
しかし今度は、孤独なマット君ではなかった。
みんなと踊るマット君である。
Shall we dance?
Let's dance!
のマット君であった。

Where the Hell is Matt? 2012


かつてバックミンスター・フラーが世界中に説いて回ったのだが、この地球の諸問題は、結局支配層の贅沢三昧にある。いまではコンパクトで衛生的なユニットハウスが作れるにもかかわらず、そんなものより、古代石器時代のピラミッドやら石造りの城に住みたがる。しかし、あまりにエネルギー効率が悪い。だから、古代流のピラミッド住宅では無駄が大きくなりすぎるのである。同様に、パルテノン神殿のような建物では、無駄が多すぎる。そんなわけで、RBフラーは、どことなくUFOに似ている居住空間、ドームハウスを提案したのである。
フラー

現代人が、そんな古代やら中世やらの建物に住んでいると心を病む。まるで爬虫類になったかのように冷酷無比の人間になるのである。薄暗い、冷たい居住空間は、魔が差すのである。人心がレプティリアンになるわけである。そんな居住空間にすめば、みなロスチャイルド家のような人間になってしまうのである。

どうやらRBフラーは表立っては言っていなかったが、私はそんなふうなことを考えていたのではないかと信じているのである。RBフラーは正しい。

環境が心を変えるのである。
心が変われば、態度が変わる。
態度が変われば、行動が変わる。
行動が変われば、 習慣が変わる。
習慣が変われば、人格が変わる。
人格が変われば、運命が変わる。
運命が変われば、人生が変わる。
人生が変われば、地球が変わる。

こうして環境を変えることにより、ゆくゆくはこの地球全体を変えることができるのである。

マット君のやったことは、フラーがやったことにどことなく似ているのである。人間は自分を変えることはできないが、環境を変える事ができる。環境を変える事ができれば、環境から自分自身を変える事ができる。戦争よりはダンス。憎しみよりはダンス。セックスよりはダンス。こうすることにより、世界は変わる。変えることが可能なのである。

確かにそんなことを知らせてくれているように見える。

欧米の自称エリート層(その実は、古代の妄想に取り憑かれた悪魔主義/人種差別主義の集団にすぎないのだが)が、NWO(ニューワールドオーダー)とか言っているが、そのシステムはこの宇宙の原理に適っていないのである。もし王政や独裁制がこの宇宙の原理にうまく合っているとすれば、すでに古代においてもそれが実現した訳だから、それが永遠に続いたはずであろう。しかし、現実の歴史はそうはならなかった。NWOはエネルギー的にもあらゆる面で無駄が多くなりすぎるのである。

やはりこの世界はハーモニーの世界、圧力や重力などの破壊力ではなく、引力や魅力などの引きつけ合う力の方が適っているといえるだろう。フラーのいう、テンセグリティーやシナジー効果の方である。


おまけ:
最近、テレビ、もちろん、テレビはCIA電通の天下だから、電通支配下では、ということになるが、日本のテレビで、NWOならぬ、「ワールドオーダー」というグループが登場した。まさに電通が仕掛けた、男性ダンスユニットであり、NWOをもろに意識したものである。

驚くべきことに、そのリーダーは、かつて格闘家だった須藤元気である。この人物は、一時テレビのバラエティーで意外なインテリ振りをみせ、UFOやらスピリチュアルの方を擁護していたのであった。それから数年姿を見ないと思っていたら、なんと180度逆方向へ変身した。以下のものである。

WORLD ORDER in WPC 2011

これを見れば明らかだが、振り付けに「イルミナティー」の悪魔のシンボルが満載されている。三角形やら、ピラミッドやら、万物の目やら、まるで水木しげるの「悪魔君」の世界である。ビジネスマンになった悪魔君のようである。

おなじシャーウィーダンスでも、悪魔に魂を売るとこうなってしまうという典型である。いつかこういうミュージシャンが出て来るだろうとここのどこかに書いていたはずだが、やはり出て来ましたナ。それが須藤元気だったとは。驚きである。
[PR]

  by Kikidoblog | 2012-06-28 22:13 | 人物

HAARP軍隊「次ぎはどこへお見舞いしましょうか?」:石川と新潟の上の巨大正方形!?

みなさん、こんにちは。

私は地球を宇宙から見るのが好きである。宇宙飛行士には近眼でなれそうにないから、グーグルアースや他の衛星画像で地球を眺めるのである。本当なら、そういうデータサイトがあれば、リアルタイムで日々我々がしていることを宇宙から見ることができるはずである。自分が今どこかでパソコンを打っている姿すら見えるはずである。

さて、そんな感じで見ていると、時に面白いことに気づくことがある。そんなものを2つほどメモしておこう。

(あ)まずは、かの悪名高い、外資に乗っ取られた感のある、掘削船ちきゅうである。「ちきゅうはどこにいるのか?」によれば、今現在は三重県沖にいる。

e0171614_20214957.jpg
e0171614_20253120.jpg

ちょっと前には、九州の長崎に駐留していたのである。本当に危ないところばかりうろちょろする、厄病神である。

(い)次は、衛星画像からの日本である。
AERONET_Osaka Subsets

この画像収集サイトの6月25日のものには、福井、石川、新潟あたりを中心に見事な「正方形」の窓が梅雨前線による雲間にできているのがはっきりと写っていたのである。いわゆる、「HAARP攻撃」ですナ。以下のものである。
6月25日
e0171614_2033768.jpg
e0171614_2033462.jpg

その辺りの人は、覚悟はいかが?

昨年、我が家の真下がピンポイントHAARPで狙われました。
ピンポイントHAARP!?:徳島阿南がHAARPで地震攻撃2発!?

おそらく、米フリーメーソン(悪魔主義者=KKK)の悪党は、福井や新潟の原発を狙っているものと見える。要注意あるのみ。備えあれば憂いなし。


追記:
秋田県で震度3
 1日午前6時24分ごろ、秋田県内陸南部を震源とする地震があり、同県大仙市で震度3の揺れを観測した。気象庁によると、震源の深さは約10キロ、地震の規模(マグニチュード)は2.7と推定される。(2012/07/01-06:36)

やはり来たネ。これだった可能性は高い。いずれにせよ、要注意。
[PR]

  by Kikidoblog | 2012-06-28 20:41 | HAARP

「子宮頸がんワクチン」で失神「567人」!:各省庁役人に「東大話法」蔓延!?

みなさん、こんにちは。

いやはや、不妊ワクチンの名だたるものが、「子宮頸がんワクチン」である。
サーバリックス子宮頸がんワクチンによる民族浄化/弁護士 南出喜久治

これを接種直後に失神したという女性たちが、この短期間に「567人」だったという。もちろん、直後ではないが、それからしばらくして突然死した女性もいるから、すでにかなりの人数が不調をきたしているはずである。そんな統計が出て来たようである。
子宮頸がんワクチン接種後に失神、567件報告

 子宮頸がんの予防ワクチン接種後、失神した例が、過去2年余りの間に国内で567件報告されていることが27日、厚生労働省のまとめで分かった。
 注射に伴う痛みや恐怖心が原因とみられる。同省は失神によってけがする場合もあるとして、接種後30分間はなるべく立ち上がらないなど注意を呼びかけている。
 子宮頸がん予防ワクチンの接種は、中1から高1の女子を対象に2009年12月から始まった。今年3月までに、推定284万人(計約686万回分)が接種し、「気が遠くなる」など症状がでたのが812件。うち約7割が失神だった。
 同省は、症状は注射の痛みや恐怖で、神経が防御反応を起こす「迷走神経反射」で、ワクチンそのものとは無関係とみている。
(2012年6月27日20時35分 読売新聞)

厚生労働省の「ワクチンビジネス&日本人削減プロジェクト」のメンバーの仕業であるが、良い年した、中学生以上の年齢層の女性たちが、痛みの恐怖で失神するわけがない。なぜなら、もともと男性と比べて女性の方が痛みに強いからである。さもなくば、妊娠して出産はできない。

厚生労働省の「症状は注射の痛みや恐怖で、神経が防御反応を起こす「迷走神経反射」で、ワクチンそのものとは無関係とみている。」というものいいは、まさに東電や保安院の東大話法と同じである。「ただちに健康に問題はない」といった、こだまの枝野の言い方とまったく同じである。よくもまあ、どいつもこいつも同じような言い逃れ方をするものだとあきれるばかりである。

ワクチンを接種しなければ死なずにすんだ女性も、受けたばっかりに不調になって死んだ場合にも、「直接ワクチンとの因果関係はない」といって責任逃れするわけである。調べればすぐに分かることでも、調べない。そして、東大話法で一見もっともらしいへ理屈でお茶を濁すというわけですナ。

いっそのこと、東大話法にならないようにするワクチンでも開発しないといけないですナ。それも二度と東大話法をする子孫が登場して来ないように、たっぷりと不妊アジュバントを入れたやつを作らないといけないだろうヨ。


おまけ:
ところで、いまではビル・ゲイツと妻のメリンダ・ゲイツが、世界人口削減計画のアングロサクソン・ミッションの最右翼として、ワクチンで世界人口を減らすというプロジェクトの長として有名である。最近NHKの教育番組で、このゲイツが、あからさまにワクチンで人口削減できると主張し有名になったワクチン普及の講演会を放映していたから恐れ入った。NHKはすでにあっち側に乗っ取られて久しいが、ますます「その牙」を国民に向け始めたようである。ヤプー国家日本に向けて着実に次の一手を繰り出すというわけである。

おまけ2:
ワクチンコンスピラシー
日本の「ワクチンビジネス」の首謀者たち:無知のなせる技か?
ビルゲイツCO2方程式の”妙”:ゲイツさんから人口削減ワクチン接種してネ!
米国の医師・学者83名が署名した「ワクチンのすべて」日本語版リリース:為清氏の快挙!
「何をか言わんや」:ワクチンの初期接種で死亡多数。

まあ、一言で言えば、「ワクチンは生物学における原子力のようなもの」である。エンジニアビジネス世界の原子力神話とよく似ている。製薬事業分野における「ワクチン神話」である。原子力にも電力を得るために、放射能の危機をはらんでいるが、それと同じで、ワクチンにも抗体をつけるために、さまざなアジュバント副作用後遺症の危機をはらんでいるのである。食品添加物では、人工甘味料神話がこれにあたる。アスパルテームには安価に甘味をつけるために、さまざまな副作用があるのである。歯磨き製品では、「フッ素添加物神話」がこれにあたる。フッ素は塩素より酸化作用が強く、塩素が行うこと以上のことをフッ素が行うのである。しかも、フッ素には発がん性や脳障害、ダイオキシンのような性撹乱物質としての作用があるのである。各業界ごとにすべては同じような構造ができているのである。その昔の水俣病のチッソのアセトアルデヒドとその中に混じっていた有機水銀、チクロやサッカリンなどに混じっていた鏡像物質成分と同じようなものである。何事も無知より怖いことはない。
[PR]

  by Kikidoblog | 2012-06-28 00:04 | ワクチンコンスピラシー

ついに米評論家も認めた「我々はロスチャイルドの奴隷になる!」:「ヤプー国家日本」

ロスチャイルド・メイド服
「は〜〜い、ご主人様」
e0171614_1222346.jpg


みなさん、こんにちは。

昨年の11月に
「家畜には家畜の肉を与える」:ついに「人工調味料」に人肉が使用される!?
をメモしていた。

そこでメモしたように、「ニュー・ワールド・オーダー」や「ワン・ワールド」、そして「ロスチャイルド帝国が世界を支配する」というような内容を話せば、少し前にはアメリカの表の経済学者や経済専門家たちは「陰謀論」といって馬鹿にし、大笑いしていたものである。デービッド・アイクやジョン・コールマン博士やアックス・ジョーンズなどをキチガイ扱いしていたものだ。そして、こういう怪しい話題ばかりを集めたこのブログの私自身もキチガイ扱いされていたのかもしれない。

しかし、今やアメリカの表の経済学者や経済専門家たちが、かつての「陰謀論者」たちと同じような視点で大まじめに議論する時代となったようである。以下のものである。残念ながら英語のみである。

CNBC Admits We're All Slaves To ROTHSCHILD CENTRAL BANKERS GLOBAL GOVERNMENT
(CNBCは、我々はみなロスチャイルド中央銀行家世界政府の奴隷になると認める)


アメリカ人たちがついに「ロスチャイルドの奴隷になる」と騒ぎ始めたわけだが、「アメリカが風邪を引けば、日本がくしゃみする」という言葉の通り、我々日本人もまた「ロスチャイルドの奴隷になる」ということである。要するに、かつて故太田龍氏が言っていた、
家畜人ヤプー

e0171614_22481115.jpg

になるということである。

虐げられても、それを喜ぶ。支配されていることに恍惚となる。そういうタイプの人間が家畜人ヤプーの第一段階である。それから、人間便器、人間チェアー、人間ゴミ箱、などなどの生物器具や生物家具になる。それでも何とも思わず、むしろ自分が人間家具であることに喜びを感じる。そういう生物へと進化する。そして最終段階には、自分の身体がそういう人間家具に合うように進化する。これが家畜人ヤプーになるということである。

実に末恐ろしい世界なのだが、「は〜〜い、ご主人様」といって一種の愛玩動物となった日本女性はかなりヤプーに近い。おそらく第0段階と言えるのかもしれない。

政治家とて同じであろう。世界中の誰彼なしに「お金が欲しい」といわれたら、ない金をバラまく。ちょっと前まではただの普通のおじさんに過ぎず、一日の食べ物にもケチっていた人間が、ちょっとした票数で当選した途端に豹変し、代議士ぶりっこをし始める。それがたまたま偶然の成り行きで首相にまでなってしまうと、完全に勘違いをし始め、気が大きくなって、いつしかそこら中に大盤振る舞いをするようになる。「ノーと言える日本」どころか、「イエスしか言わない日本」の「イエスマン首相」となる。短い期間にあっという間に15兆円が消えたのである。

e0171614_2258687.jpg

次の増税は10月開始 もっともっと増税されるもの・民主党がばら撒いているものより

棺桶直人の時には、ヒラリー・クリントンが「トモダチ作戦」のどさくさに200兆円をかっさらって行ったという話があったが、いったいいくら出せば気がすむのだろうか?(まあ、もっとも、出した国民の金の何%が後で成功報酬として自分個人にキックバックしてくるというから、笑いが止まらないのだろうヨ。エコノミック・ヒットマン談。)

とまあ、ミクロに見れば、個々人も家畜人ヤプー化しているが、マクロに見れば、日本という国自体がヤプー国家と化しているというわけである。

本当に日本の終焉はかなり近いのではないか、と感じる今日この頃である。
[PR]

  by Kikidoblog | 2012-06-27 23:06 | コンスピラシー

オーマイガッド!「消費税増税法案」可決:ついに在日朝鮮人の悲願達成か!?

みなさん、こんにちは。

いやはや、戦後70年ほど経ち、日本は完全にかつての被支配者側の人々の手中に落ちてしまったようである。この世界的大不況の最中(もちろん、この不況は人為的かつ計画的なもので、世界に散らばった通称ユダヤ人、正確には、偽ユダヤ人たちの壮大なる数千年のアジェンダのせいなのだが)、鳩山由紀夫と小沢一郎の親中国フリーメーソン一派と、民主/自民/公明の親韓国朝鮮一派との争いをしている最中というわけである。

もともと、小沢と鳩山が民主党を立ち上げ、「民主vs自公」の一見2大政党制の始まりのような呈をなして始まったものが、菅直人と仙谷由人の学生運動残党によるクーデターで政権奪取し、一種の偽旗作戦として、311東日本大震災と314福島第一原発爆発崩壊事故を招いた。その事後処理に失敗し、菅直人と仙石ラインは消え、野田政権が誕生。

今度は、日本をデフォルトに叩き落とすために、「消費税増税法案」をぶち上げた。そして、昨日の国会で、いよいよこの「消費税増税法案」+さまざまな悪法案が衆院通過という段階である。

e0171614_12332448.jpg

さて、この流れを見ていると、まず真っ先に理解できる事は、この国会期のちょっと前に「日米欧三極委員会」が東京で開催されたことである。
必見!2012/04/21 【録画】「三極委員会」:ジョセフ・ナイ、野田首相の講演あり!
多極化する時代に凋落する「三極委員会」1:盛者必衰の理を現し始めた?
多極化する時代に凋落する「三極委員会」2:「多極化する世界」に追いつけず!?

我々には、その三極委員会の中でどんな議題が議論されたのかということについてはまったく分からない。まあ、JFKがもっとも嫌った「秘密会議」というものの一種なのである。それゆえ、そこで決まった計画やコンセンサスに合わせて、その後の政権運営がなされたかどうかの検証のしようがないのである。

しかしながら、やはり野田政権のその後の政治的応対を見ていると、日本の経団連や米シオニスト政権の思惑通りに動いているから、三極委員会のシナリオ通りに動いていると見ていいだろうと思う。ちなみに、経団連の米倉会長がかならず、政府の応対や小沢一郎の反消費税などにいちゃもんを付けることから、だれが実質上の首相か分かるだろう。経団連+財務省+米大使館+キャンプ座間が実質上の日本の支配者なのである。

かつてインドが大英帝国の植民地支配下にあった時、一番上に白人のイギリス人とそのご夫人たちや子息たち、その下に現地インド人と白人の混血のハーフ層、その下に現地インド人の内のもっとも教育のない最下層者を訓練してイギリスの番犬に仕立て上げた層、そしてその下に一般の普通のインド人が支配下にあったという。

これとまったく同じ構造は植民地支配の世界ではどこでも見ることができる。インドネシアでは、オランダ白人たちが行い、中国では、イギリス人が行った、などなどのようである。

こういう植民地支配に対して、日本人の先祖たちが「人種差別撤廃」を基にして国際連盟で主張し、その後の第二次世界大戦後の世界でも同じようにして世界がやっと人種差別撤廃の世界に様変わりしたのである。

ところが、大英帝国(というより、すでにユダヤ人層、つまりロスチャイルドのような金融ユダヤ人によって乗っ取られた大英帝国というべきだろうが)は、基本的にユダヤ人は他民族を人間とは認めていないルールに縛られているために、白人至上主義(少なくとも、ユダヤ人以外では白人はユダヤ人の近い、一種の名誉ユダヤ人扱いする)や優勢主義思想に基づいて、他国を植民地支配しても平気だという国なのである。

それゆえ、いくら戦後に世界は人種差別撤廃や独立国が増えたとはいえ、連強国の支配層にとっては、認め難い現実に過ぎなかったというわけである。そこで、ことある度に「植民地支配」の時代へ先祖帰りするようなことを繰り返すという訳である。どうやらその一番のものが、いわゆる「グロ−バリゼーション」や「ワンワールド」というものであった。

要するに、これは、これまで国々が世界の単位であり、国々が世界経済のエージェントであったが、国よりも企業の方が上に行く事を目指した計画であったというわけである。これによって、世界は民族とその文化に根ざした国家という単位を基にした世界経済、世界政治の世界から、世界は大企業とその文化に根ざした資本家という単位を基にした世界経済、世界政治の世界への一代転換をすることになったわけである。

これが実現すると、これまで王侯貴族や白人支配者層が国を治める形でいたものが、民主主義の台頭によって王侯貴族や白人支配者層の代わりに民衆の代表者が支配する政治形態に変わらざるを得なくなったのだが、それが再び、金持ちである王侯貴族や白人支配層が企業を経営するという形、企業を投資家として間接統治する形で、世界を支配できることになったからである。これが、企業は弱肉強食、社長は独裁者として君臨できることになったわけである。

国家に対してやることは違法になったことでも、企業に対してであれば、昔の封建時代とまったく同じようなことが実現できるのである。

こういう流れの中で、戦後の日本は、世界の人種差別撤廃、有色人種国家独立運動のひな形であり、よきロルモデルとなった。有色人種の国々は、「日本の近代化に学べ」と日本の独立の真似をしたのである。

しかし、欧米列強に巣食ったユダヤ人の白人至上主義者たちは、何とかしてこの風潮を止めたい。そのためのもっとも近道は、日本を破滅させる事である。そこで、かつてのインドや中国の白人支配の歴史のように、戦後の日本もまたこの古典的手法を、特に芸能界や広告業やギャンブルを通じて仕込んだというわけである。

その現地日本の手下として、かつての米国の白人の手先化されたイロコア族のように、かつてのインドの最下層民族、かつての中国の最下層民族の華僑のように、日本に違法に住着いた在日朝鮮人たちが選ばれたというわけである。ユダヤ白人支配層にとっては、無知蒙昧の朝鮮人がもっとも従順かつ野蛮で、古典的白人植民地支配の手法に適していたということなのである。

まあ、それゆえ、芸能界は、欧米白人とのハーフや在日や創価学会や統一教会のエージェントで満ち満ちているわけである。日本支配の現地人エージェントを作りたいからである。

そうして戦後70年。ついに来るべきときが来たというわけである。小沢/鳩山を造反させるにより、一種のショックドクトリンとして、ここで一気に「消費税増税法案」に賛成する形で、民主党、自民党、公明党などの保守党が、連合したからである。反対勢力はわずかに90人程度。いわゆる、「大政翼賛政治の実現」である。しかも、在日朝鮮人勢力による「大政翼賛政治の実現」である。

e0171614_12332826.jpg
(いつもはののしりあっているはずの2人がこの和やかさ。仲間ですナ。)

なぜなら、公明党は創価学会という在日朝鮮人の池田 大作(いけだ だいさく)、本名成太作(성대작、ソン・テチャク)が総裁のカルト宗教団体が国会に送り込んだものであるし、自民党の主流派の清和会は、これまた韓国朝鮮人の文鮮明が作った統一教会のエージェントたちである。そして、民主党の首脳部は、野田、前原など韓国民団やら朝鮮総連の支援を受けたエージェントたちである。さらに、反対派のリーダーの小沢一郎もまた在日朝鮮人だと見られているし、鳩山由起夫は在日朝鮮人の笹川良一の実の息子だという疑惑がある。さらに、前原誠司はソン・テチャクの実子の噂もあるというわけである。

というわけで、626日に実質上日本の政治は、在日朝鮮人の政治に名実共に移ってしまったということだろう。そう見るのが一番まっとうな見方であると私は感じる。

さて、非常に前置きが長くなったが、その「消費税増税法案」に関してそれぞれ独自の視点で見ている人たちのサイトをいくつかメモしておこう。以下のものである。

News.us:小沢一郎、離婚はしたが離党せず!消費増税法案可決へ!小沢も財務省の犬だった!最悪のシナリオは回避か
日本の将来:消費増税法案 衆議院で可決
さてはてメモ帳:台本通り
ひとりごと、ぶつぶつ:日本のトップが何故こうも駄目なワケ
つむじ風:消費税法案衆院可決! 民主造反57人・・・・・。
ねずきちのひとりごと:消費税法案衆院通過と今後の政局(1)
同時多発テロはヤラセだよ!:まだまだ信者は多いみたいだけど、一体いつまで騙され続けるのか?――感情に左右されず、事実を直視して!!
MUのブログ:みんなで踏み絵


まあ、だれが支配者になろうが俺には関係ないのだが、放射能を解決しない限り、この国の支配はできないということですナ。
[PR]

  by Kikidoblog | 2012-06-27 12:30 | コンスピラシー

【速報】福島第一原発3号機で噴煙か?:いまクローズアップ映像中! 追記:4号機だった!

みなさん、こんにちは。

今先ほど福島第一原発のJNN映像を見たところ、珍しくクローズアップ映像であった。そこには驚くべき光景が待っていた。おそらく3号機から噴煙が出ているもよう。

JNN福島第一原発情報カメラ(LIVE)

原子炉建て屋の外壁も屋根もなく、原子炉上部の黄色い蓋は雨ざらし。そういう状態が実によくわかる。問題の噴煙は、10時55分頃であった。

11時15分頃から、クレーン車から何か白い粉をまいているように見える。

要注目。要注意である。


追記:
いやはや、屋根も壁もない建て屋になっていたからてっきり3号機かと思っていたら、それは4号機だったようである。3号機並みかそれ以上に破壊してしまったようである。いったい格納プールはどうなっているのだろうか? すでに録画映像があるようなので、それをメモしておこう。以下のものである。

2012.06.26_11.59--12.59(TBS_JNN)

[PR]

  by Kikidoblog | 2012-06-26 11:02 | 原子炉被災

625:MJよ、永遠なれ! R.I.P.

R. I. P. to MJ

e0171614_22535368.jpg


みなさん、こんにちは。

今日はマイケル・ジャクソンの命日だという。1周忌の追悼をかねて、MJのYouTube番組をメモしておこう。

マイケル・ジャクソン様からメッセージがあります!

Michael Jackson - HIstory World Tour (Munich, Germany 1997).avi


Michael Jackson - For All Time ≪日本語字幕≫


Michael Jackson - Black Or White (Complete Version)

Michael Jackson Ghosts (Full Version)


Michael Jackson - Bad


Michael Jackson - Who Is It (1991)


Michael Jackson Thriller HD


http://www.youtube.com/results?search_query=mickel+jackson

[PR]

  by Kikidoblog | 2012-06-25 22:31 | 人物

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE