「ほっ」と。キャンペーン

<   2012年 08月 ( 52 )   > この月の画像一覧

 

アメリカンジョーク:ブッシュ大統領「韓国は日本の植民地に戻れ!」

韓国の議員が米国に「もし第二次世界大戦が起こらなければ、韓国が分断することはなかったし、韓国が分断しなければ、あえて開城工業団地を構築する必要も無かった」「米国は開城製品を買って分断の歴史の清算をせよ」と発言し米国が不快感を示した。

e0171614_21324070.jpg

ジョージ・ブッシュ大統領「韓国は日本の植民地に戻れ!」
小泉純一郎首相「いや〜、それだけは勘弁して!」


みなさん、こんにちは。

いやー、これは面白い。偶然インターネットで見つけたものである。

韓国VS世界 韓国に対する世界の反応です



在日韓国人が語る 犯罪国家 韓国



おまけ:
日本のマスコミは日本人のための報道をしていない

日本国内で好き放題強姦事件を犯す朝鮮人
彼らは牧師を装い日本人の少女らを狙って来日して強姦事件を犯す場合が多い、それがちょうせん人の特徴である。
わざわざ強姦目的で適当な芸能事務所まで設立するちょうせん人もいる。
延々と続いている韓国での反日教育、日本人にならなんでもしていい、日本人は悪いのだから酷いことをされてもしょうがないという言い訳によってこういった犯罪は行われ、マスコミは韓国人の犯罪であっても「通名報道」をしてまるで日本人がやったかのように偽って、韓国という国の正体を隠し続けているのである。
(以下省略)

[PR]

  by KiKidoblog | 2012-08-31 21:34 | 反日・在日の陰謀

”ヤングなでしこ”もやはり強かった!:”ヤングなでしこ”も男子サッカーの先を行く?

「ドイツ人にゲルマン魂があるように、君たちにも大和魂がある」
−−デットマール・クラマー

e0171614_1041124.jpg


みなさん、こんにちは。

昨日のヤングなでしこの日韓戦、3–1でヤングなでしこが韓国を一蹴した。徐々に日本国内でもなでしこサッカーの”すごさ”が判って来たようである。要するに、日本では女子サッカーの方が男子サッカーと比べてレベルが高いのである。にわか女子サッカーファンにもそれがようやく目に入るようになったということである。

ヤングなでしこ、韓国戦視聴率は17・6%

 サッカーのU-20(20歳以下)女子W杯で、日本が韓国を破り初のベスト4入りを決めた試合の番組平均視聴率(30日夜、フジテレビ系)は、関東地区が17・6%、関西地区は14・7%だったことが31日、ビデオリサーチの調べで分かった。
 瞬間最高視聴率は関東地区が25・0%、関西地区が22・5%で、ともに試合後半の時間帯だった。


実は私は数年前からこの日本の女子サッカーの強さの秘密を分析して来たのである。それを昔の拙ブログにメモしていたが、NTTのdoblogは数年前に廃業となったので、それっきりであったが、ここにもすでにいくつか再掲した。それを再びメモしておこう。以下のものである。

なでしこジャパンW杯初優勝おめでとう1:「なでしこの先人たち」「サッカーは文化だ」
なでしこジャパンW杯初優勝おめでとう2:「なでしこは一日にしてならず」」

タイムアップの笛は、次の試合へのキックオフの笛である
---デットマール・クラマー

e0171614_13164941.jpg


その中に取り上げた以下のものを良い機会なのでまたメモしておこう。
”なでしこジャパン”が男子サッカーの先を行く?(2006年7月23日)
e0171614_13175849.jpg

”なでしこジャパン”の強さの秘密?(2007年8月6日)
e0171614_13294752.jpg

e0171614_13295395.jpg

e0171614_13295840.jpg

この中に我が家の息子たちが徳島の女子サッカー選手たちと練習試合した時のことが書いてあるが、長男と次男が対戦した鳴門ポラリス(女子のみの女子サッカーチーム)と、次男が対戦した那賀川中学男子サッカー部(男子サッカー部の女子部員として)の試合のことを書いたのである。

後者の試合では、そのチームのセンターバックにいまヤングなでしこのFWをしている道上彩花選手がいたのである。道上選手は、男子チームを最後尾から統率して攻守に活躍したのである。そして、阿南中学の男子チームを相手にデフェンスから中央突破で5人抜きで得点という芸当をやってのけたのである。その後順調に成長し、良いサッカー経歴を得て、いまヤングなでしこ代表になったというわけである。

この時の女子中学選手のサッカーセンスの良さや技術の高さから、日本の女子サッカーの強さの秘密をどうにかして理解したいというのが、この2つの分析であったというわけである。

日本男子は、小中高のサッカー部やサッカークラブの時代から、この日本の女子サッカーの指導方式を学ぶべきだろうというのが私個人の見解なのである。

いずれにせよ、一度、なでしこジャパンとサムライジャパンと試合して欲しいものである。おそらく、スタジアムが超満員になることだろう。
[PR]

  by KiKidoblog | 2012-08-31 19:28 | 昔の拙ブログ・記事

「ドイツ 美しすぎる女性政治家の主張」:ACTAはあらゆるコピーを禁止する!

ACTA反対!「こんにちは民主主義。さよならACTA」
e0171614_1933959.jpg

e0171614_19331450.jpg


みなさん、こんにちは。

在日系の民団党、通称民主党政府は、「TPP、 人権法案、ACTA」と矢継ぎ早に法案可決を目論んでいるようである。これを裏で取り仕切っているものは、もちろん、欧米のNWOシオニストのグループとその手下となった韓国人と在日韓国人である。

おばかなのは、そういう海外の白人至上主義秘密結社のメンバーである欧米の政治家と協力したら自分たちにもメリットがあるとまともに信じ切っている日本の政治家たちであろう。欧米の邪悪な白人層は、「アングロサクソン・ミッション」に本気で着手しているわけだから、最終的にはアジア人である日本の政治家たちもまたトカゲの尻尾切りのように切り捨てられるのである。民主党政権も韓国朝鮮人政権もその辺がまったく理解できていないようである。

さて、そこで今度は「ACTA」なる謎めいた法律に反対する理由を述べたYouTube番組をメモしておこう。以下のものである。

ACTA 日本が報道しない訳とは!ドイツ 美しすぎる女性政治家の主張


120803_斎藤やすのり議員インタビューダイジェスト

この邪悪な法律はもちろん欧米の金融寡占勢力=イルミナティーが世界支配するための切り札の1つとして作成したものである。

TPPで産業界をコントロールし、人権法案で人々をコントロールし、ACTAで言論をコントロールするためのものであると考えられている。一言でいえば、これらは「国家の上の国家=世界政府」を作るためのものである。

それゆえ、民主党政府の連中がこの世界政府の住人にしてもらえると思ってやっているのだろうが、それは甘い。彼らは最初からそんな心づもりはない。

いよいよ世も末どころか、世も末の末に近づいてきたようですナ。人類のジ・エンドも近い。


ところで、ここからは私個人の妄想のようなものだから、普通の人はスルーして欲しい。

ACTAという法律は「あらゆるもののコピーを禁止する」。今のところ、インターネット上の著作物やら著作権やらのコピーを禁止する。だから、ドイツの美しすぎる女性政治家の主張のように、ビデオテープの時代やカセットテープの時代のように、我々は個人的に芸術や文化を享受するためには個人的なコピーも禁止するのは馬鹿げているという主張に賛同できるのである。

さて、問題は、わざわざそういうふうにしてインターネット上で著作物をコピーできないようにする理由の裏には何があるのだろうか?ということである。私は、おそらくこの後に窮極のコピー禁止法案が来るのではないかと憶測しているというわけである。

それは何か?

というと、要するに、「子作り禁止法案」である。無許可で子供を産むことを禁止するのである。

子供の遺伝子はまさに親の遺伝子のコピーである。情報をコピーすることを禁止するという法律を作ることにより今度は窮極の情報である人間の遺伝情報のコピーも禁止するというようなことを政治家たちが言って来るだろうということなのである。私はこれを危惧している。

これは一見馬鹿げて聞こえるだろうが、植物においてはこれはすでに実現済みであると言われている。モンサントが地球上の無数の植物の遺伝子を解析しては特許を取り、だれも使い得ないようにモンサント特許でブロックしているのである。

そればかりか、遺伝子組み換えによって生み出された一世代で死に絶える種、ターミネーター種子しか市場に流通できないようにしているのである。これにより、毎年農業従事者はモンサントから種を買わなければ農業できなくなるのである。

さらには、遺伝子組み換えで作られた、食べた人間の生殖細胞を攻撃するモンサントコーンまで存在するのである。このとうもろこしを食べれば、永久不妊になりかねないのである。つまり、人口削減のための種子である。

TPPの影の目的は、このモンサント種子を世界的に流布させることにあるとデービッド・アイクなどはずっと以前から警告して来ているものなのである。この植物におけるTPPの人間版のようなものがこれから現われるだろうというのが私の危惧していることなのである。

おそらく、この問題に日本人の場合は、福島の原発被爆問題を絡ませて来るだろうと私は個人的に想像しているのである。すでに一部の学者が「福島の人間は子供を作るな」というような発言をしているようだが、こういう風潮が今後醸成され、結局は政府が許可する人間以外は子作りできないという社会になっていくように権力者たちは画策するだろうというのが私の個人的予想なのである。

それもこれも、実はそういう社会にしようとイルミナティーの行動計画書にはずっと前から書かれているからである。そういう計画がずっと昔から存在して来たのである。これが
300人委員会
e0171614_1833594.jpg

の「世界人間牧場計画」と呼ばれる代物である。
『世界人間牧場計画』
(1)三百人委員会指揮のもと、教会と金融システムを統一し、ワン・ワールド政府=新世界秩序を確立する。
(2)国民国家のアイデンティティーと誇りを完全に粉砕する。
(3)世界の大宗教、特にキリスト教の壊滅を計画し、実行する。唯一自分たちの宗教だけを認める。
(4)マインド・コントロールやブレジンスキーが提唱する「テクノトロニクス」によって人間を管理、コントロールする手段を確立する。
(5)脱工業化ゼロ成長政策に基づき、すべての工業化と核エネルギーによる電力供給を廃止する。
(6)ドラックの使用を奨励し、最終的には合法化。ポルノを芸術として広く認めさせ、最終的には日常的なものにする。
(7)カンボジアのポル・ポト政権が実行した実験を応用し、大都市の人口を激減させる。
(8)科学の発達は、三百人委員会が必要と見なすものを除いて一切抑制する。
(9)先進国に局地的な戦争を起こし、第三国に飢饉と病気を広めることによって、2050年までに彼らの言う30億人の「ムダ飯食いの人々」を殺す
(10)膨大な失業者を生み出し、国全体の道徳心を低下させ、労働者の生産意欲を失わせる。最終的には家族という共同体を根底から揺るがし、破壊する。
(11)意図的に危機的状況を次々に起こし、それを操作・管理して、自分たちを除く全人類が自らの運命に対して無力感しか持ちえないようにする。
(12)新たな「破壊的カルト」を増産し続け、すでに役割を果たしている連中の後押しをする。
(13)イギリス東インド会社に奉仕するダービー卿がはじめたキリスト教原理主義の信仰を後押しし続ける。
(14)ムスリム同胞団、イスラム原理主義、シーク教徒のような宗教的・破壊的カルトを圧迫し、マインド・コントロールの実験をする。
(15)信教の自由という思潮を世界中に輸出し、既存の真摯な宗教、とりわけキリスト教の根底を揺るがす
(16)世界の経済を完全に崩壊させ、政治的混乱を生じさせる。
(17)アメリカの内外政策をコントロールする。
(18)国連や国際通貨基金(IMF)、国際決済銀行(BIS)、国際司法裁判所のような超国家的制度を強化し、三百人委員会の目的の障碍となる局地的な機関に関しては段階的に廃止させたり、国連の影響下に置いて、その効力をできるだけ弱める。
(19)すべての政府中枢に侵入し、打倒し、政府が代表する国家主権を内奥から破壊する。
(20)世界的テロリスト・グループを組織し、テロリスト活動が起きた際、テロリストと当事者の交渉に介入する。
(21)アメリカおよび世界各国の教育をコントロールし、完全に破壊する。

10年前には、まだまだ遠い道のりだと安心していたが、今ではかなりが実現しつつあるように見える。NWOの「大量逮捕」が早いか、NWOによる「大量虐殺」が早いかどっちだろうかという段階のようである。


おまけ:
さてはてメモ帳
放射能という小さい虫が拡散濃縮中 + メンゲレ + ACTA(悪多)
news.u.s
【緊急】ACTAがヤバイ 批准明日8月31日に迫る!!抗議テンプレ・まとめ(最終版)インターネット終焉の危機!危険すぎる5大売国法案を全力阻止だ!
【緊急】人権侵害救済法案の抗議先テンプレ集・まとめ:9月中の閣議決定を全力阻止せよ!日本国家の正念場迫る!在日朝セン人の野望を打ち砕け!!

おまけ2:
「アレックス・ジョーンズ・ショー日曜版」:”我々の命は狙われている”

おまけ3:
ACTAは外務委員会で野党多数欠席の中、強行採決、可決してしまいました。 三宅雪子‏
[PR]

  by KiKidoblog | 2012-08-31 14:52 | コンスピラシー

HAARPに地震波か?研究用78:人工電磁波再び!

みなさん、こんにちは。

ここ最近太陽活動は比較的静穏であった。それに伴って地震電磁波も100~250nT程度のものに収まっていた。しかしながら、8月28日頃から人工電磁波がずっと毎日出ているようである。以下のものである。
Induction Magnetometer
8月28日
e0171614_9465554.gif

e0171614_9463377.gif

e0171614_9463585.gif

8月29日
e0171614_9473825.gif

e0171614_9472878.gif

e0171614_947521.gif

8月30日
e0171614_948519.gif

e0171614_948945.gif

e0171614_9502113.gif

8月31日
e0171614_9483898.gif

e0171614_9485390.gif

e0171614_949390.gif

(今日から前に遡ってみると、連日同じようなパターンが続いている。)

はたしてこれは何も目論んだものなのだろうか?
洪水か? 地震か? ハリケーンか? 台風か?

またどこから放射されているのだろうか?
アラスカか? 他の地域か?

いずれにせよ、今後を観察していくべきだろうヨ。
[PR]

  by KiKidoblog | 2012-08-31 09:52 | HAARPモニター観察

キュリオシティー映像に好奇心一杯!?:火星の空の色は「淡いブルー」!?

みなさん、こんにちは。

火星無人探索機キュリオシティー
Complete MSL Curiosity Descent Interpolated HD

がまた興味深い画像を送って来たという。以下のものである。
火星から初の音楽放送、若い世代に科学への関心を NASA
e0171614_23581438.jpg

この映像のどこが興味深いかと言えば、火星の空の色である。いわゆる「ピンク色」ではない。かなりこの地球上の曇り空の色に近いのである。これもまた徐々に火星の空の色の隠蔽工作から人々を目覚めさせるためのものかもしれない。

さて、これまでも何度もここで言って来たように、火星の色はすべて「隠蔽工作」されているから、真実の色を我々が見ている訳ではない。

その証拠は?

と聞かれたら、例えば、別のニュースを見てみれば明白である。例えば、以下のもの。
火星が「すぐそこ」に思える!キュリオシティ最新画像

e0171614_042388.jpg

この映像の中の右側にある、頭が丸い棒の根っこのところに正方形が見える。ここにはカラー調整するための基準色が4色張られているのである。赤、黄、青、緑の4色である。どれもこの原色には見えないはずである。これが、この映像には色の隠蔽工作(つまり、色修正)が行われている証明なのである。

では、まずこれをMacBookの画像ツールで、適当に色補正して、その4色が見えるように補正してみよう。そうやって修正したものが以下のものである。
e0171614_0194153.jpg


かなり見やすくなったはずである。右上=黄色、左上=緑、右下=青、左下=赤であったというわけである。

このように色補正して最初の画像をすべての映像が一番見やすくなるような色に補正するとこうなる。
e0171614_0223364.jpg

オリジナル
e0171614_23581438.jpg


とまあ、そんなわけで、火星の空の色は「淡いブルー」。これが現実なのである。
[PR]

  by KiKidoblog | 2012-08-30 00:25 | 火星

日本でもパワービーム炸裂!?:いったいどこだ?

みなさん、こんにちは。

今年の1月頃以下のものをメモしておいた。
世界中のピラミッドから謎のエネルギー・ビームが飛び出た!?:何かの始まりか?



これは世界中の巨大ピラミッドから何やらパワービームのようなものが放出されたというものである。

果たしてこれは、ピラミッドが活性化したのだろうか? あるいは、復活したのだろうか?

そのあたりはまったく分からないが、どうやらこの日本国内でもまったく同じような”謎の現象”が起こったというのである。以下のものである。

Mystery Light Beams Appear In Japan 2012



はたしてここはどこなのだろうか?
ひょっとして、この場所の地下には巨大なピラミッドがあるのだろうか?

実に興味深い現象である。今後を注目しておきたい。


追記:
その後、グーグルアースで調べてみたところ、この映像にある「貞松・浜田バレエ」という学校は、神戸にあるようである。映像とどんぴしゃりのYanaseの場所はまだ判明していないが、神戸にもかなりYanaseの会社は存在するようである。したがって、この映像の場所は神戸のどこかということだろう。


おまけ:
謎の光の柱&2010年10月10日に神戸の灘区にある王子スタジアムに出現したUFO

e0171614_23551625.jpg

2010年10月10日に神戸の灘区にある王子スタジアムに出現したUFO


井口博士がティーUPしている神の戸と言われている神戸の灘区に出現した謎の「光の柱」現象は六甲山の麓で出現した。

六甲山と言えばUFOが頻繁に目撃・撮影されている。

その六甲山の向こう側には「水晶谷」と言われる純度の高い神聖幾何学模様の六角形のプラトン立体構造の水晶が大量に埋蔵されている場所がある。

以前にUFO研究家の武良信行さんが、その六甲山の鉢巻展望台からUFOを撮影している。

そのパラボナアンテナUFOは、水晶を摂取して帰還する途中に撮影された。

興味のある方はネットで「六甲山」・「水晶」・「神聖幾何学」・「共鳴」などで検索すれば、その答えがいくつか見つかるだろう。

小型UFO通称「ディスク・スキャナー」は、その水晶テクノロジーで人間の意識=超光微粒素子を水晶で共鳴させて光の振動を読み取ることが可能だ。

[PR]

  by KiKidoblog | 2012-08-28 17:54 | ミステリー

故中川昭一氏「日本の財布が目の前で盗られている」:日本の資源をちゅーちゅー!

みなさん、こんにちは。

昨夜は久しぶりで映画を観に行った。もちろん、人類創成の話を描いたとされる「プロメテウス」である。
映画『プロメテウス』予告編第2弾

ところが、どっこい。すっかり騙された。人類創成については、まったくちゃち。むしろ今ではインターネット上のYouTubeに無数に存在するエイリアンや地球人創成の物語の方がはるかに先を行っている。あげくの果てのラストシーン。おっといけねー、これをいっちゃーおしまいよー。ヒント「人類創成というよりは、○○○○○創成」だったというわけである。

さて、映画の話はどうでもいいのだが、かの中川昭一氏が生前言っていたこの話
中川昭一 日本の財布が目の前で盗られている

を蒸し返されると一番困るのが、実は政府民主党だろう。だから、尖閣諸島の騒動は早く終わって欲しいのである。

「尖閣諸島問題」の”根源”とは?:世界統一政府樹立とアジア人抹殺のはざまでうごめく人々 1

【日本消滅】戯画に見えぬ驚愕の中国発「2050極東マップ」
e0171614_1443721.jpg
「尖閣諸島問題」の”根源”とは?:世界統一政府樹立とアジア人抹殺のはざまでうごめく人々 2

この中に紹介さている、今現在中国がやっていることがこれである。
e0171614_15181981.jpg

日本海域の外から地下資源を「抜き取る」こと。これぞ中国共産党が「イルミナティー」だという証拠であろう。やっていることは、アメリカのネオコン、NWOイルミナティーと全く同じことである。

中川昭一さんが「日本の財布が目の前で盗られている」と言ったのは、尖閣諸島沖で中国はどんどん天然ガスを黙って抜き取っているよ、ということであった。もう日本がガスを取ろうとする時には、もぬけの殻、空っぽになっている可能性が高いのである。

ここで中国企業がガスを抜き取っているというと、さも中国人が抜き取っていると思うのかもしれないが、そこが無知なB層の浅はかなところなのである。

日本の掘削船「ちきゅう」でも掘削作業は外人部隊が行っている。日本人研究者に石油掘削技術はないから、元メジャーの労働者だった連中が掘削作業をプロとして請負っているのである。

同様に、中国企業といえども、ガス田掘削や石油掘削の技術は全部メジャーが抑えているわけだから、中国人にそんな高度な掘削ができるはずがないのである。だから、結局、NWOイルミナティー企業が掘削事業においてはどこの国にも入り込んでどっちに転んでも儲けられるという寸法なのだろう。

もちろん、日本の企業には掘削技術がある。なぜなら「ちきゅう丸」を作ったのは三菱造船だからである。しかし、それは掘削しない以上、宝の持ち腐れなのである。

そんなわけで、みすみす日本の宝が中国ルートで欧米グローバル企業に盗まれているのだろうというわけである。その辺は我々には詳しくは分からないが、中東の石油産出国でも結局掘削専門の英米企業が支配しているのは周知の事実である。これと同じような状況が中国にもあると見るのが自然だろう。

とまあ、故中川昭一さんは、こういうことを言いたかったのである。その後この問題を取り上げるマスゴミはまったくなくなってしまったが、果たしてその後はどうなったのだろうか?

いずれにせよ、自国民に尖閣諸島や竹島に上陸を拒み、他国に自由に天然ガスを盗ませているという政府というのはいかがなものか?

それにはそれなりのカラクリがあるはずである。おそらく、一番考え易いのは、昔の言葉で言う「リベート」だろう。あとで、掘削している企業から金をいただくのである。あるいは、IMF理事とかそういう国際的地位をもらうのである。

この種の手法をアメリカの「エコノミック・ヒットマン」がよくやるものだという話ですナ。それに乗らないと「ジャッカル(殺人者)」を送るとか。
[PR]

  by KiKidoblog | 2012-08-28 17:35 | コンスピラシー

追悼中川昭一大臣:あなたは真の国士だった!「正義はゆっくり動く」!?

みなさん、こんにちは。

今やその死後においてますます声価の高まりつつある、中川昭一氏。未だにその死は謎めいている。というより、電通CIAマスゴミがあっさり病死と報道して終わりにしたことから、滋賀県大津の中2自殺事件同様に、その報道そのものが「やらせ」のウソ捏造報道だったに違いないというわけである。

最近、偶然に中川昭一氏、そしてその父親の中川一郎氏の”なぞの自殺”事件のYouTube番組を見つけたので、ここにもメモしておこう(おそらく、すぐに削除されるはずだろう。)

(あ)まずは父親中川一郎氏のもの。
中川一郎 死の真相 1/3火葬を急いだわけとは?葬られた秘密・・


中川一郎/死の真相 2/3 石原慎太郎が語る死の真実!CIA機密


中川一郎/死の真相 3/3 石原慎太郎が語る死の真実!CIA機密


(い)次は息子の中川昭一氏のもの。
恐怖!「人権侵害救済法案で私は消される。」 故中川大臣


中川昭一 日本の財布が目の前で盗られている


眠ったままの日本人へ~中川昭一氏が残したもの


中川昭一大臣は、はめられた ! 写真みろ詳細の一番下


中川もうろう会見の真相を報じないメディア


中川昭一 財務大臣が失脚し、暗殺された理由 (一応復習)

これに対して、マスゴミの辛坊は、中川昭一氏に向って「あんなものは自殺すれば良い」とテレビで発言したというのである。まさに殺人予告、あるいは、殺人幇助ですナ。
追悼 中川昭一と辛坊発言

まあ、読売の女性記者が薬を仕込み、もうろう会見をやらせて、それをマスゴミがこうやって報道するというマッチポンプの典型ですナ。これがいわゆる「電通工作」というものである。

この会見の後、中川昭一氏の向って左にいた人物はIMFの理事になった。女性記者も栄転。行方知れず。(しかし、理事につけた方のIMFの総裁ゼーリックはその後不明の理由により解任となった。)

真っ昼間から正々堂々とこういう殺人事件を起すとは、すでに日本のマスゴミは終わっていますナ。いずれ天罰が下るはずである。それにしても、名前からして在日外国人系の辛坊という人物は何様のつもりなんでしょうナ?(ちなみに、例の「(在日外人)人権救済法案」が可決すると、こういう辛抱発言のような横暴を批判すると、即座に逮捕されるということになるらしいヨ。)

アメリカのインディアンもそうだったが、こうやって徐々にアジア系の地球人は地獄の世の中へ真っ逆さまに落とされて行くらしいヨ。

まさに世も末である。
[PR]

  by KiKidoblog | 2012-08-27 11:42 | コンスピラシー

朝鮮半島に台風15号ボラヴェンが襲う!?:やはり神様がいるのか?

みなさん、こんにちは。

いやー、いよいよ「反日」韓国&北朝鮮に「天罰」が下りそうである。「台風15号」、英語名Bolavenが、韓国史上最悪のコースである。

なぜなら、台風というものは、海上にある時、海から水蒸気とエネルギーを得るからである。だから、陸上に入るとすぐに熱帯低気圧に変わる。また、台風は北半球では左回りのため、台風の右側に入ると暴風雨になる。台風の左側ではそれほどでもない。

今回のコースは韓国の左側の海域を通るため、この両方の条件が揃うのである。

e0171614_19293231.jpg

e0171614_19295230.jpg

e0171614_19293886.jpg

e0171614_19294011.png


秋の収穫の時期だから、農業は大変な危機になるのではないだろうか?

いくら朝鮮人が反日であろうと同じ人間である。自分の身は自分で守って欲しいものである。

備えあれば憂いなし。
[PR]

  by KiKidoblog | 2012-08-25 19:46 | HAARP・台風・ハリケーン

もはや「修復不能」の恐怖!:やっちまったヨ!の恐怖!

みなさん、こんにちは。

以下はジョークである。本気にしないことが肝心。


韓国による歴史捏造問題、日韓の竹島=独島問題、日中の尖閣諸島問題などのやりとりを見ていると、まさにこんな感じである。そう、「修復不能」なのである。
Mr Bean vs Whistler's Mother Part 1


Mr Bean vs Whistler_s Mother Part 2.mp4

直そうと思えば思うほど悪くなる。手を加えれば加えるほど本物とはほど遠くなる。

ホイスラーの名画が悲惨な目に!
スペイン19世紀のフレスコ画、「修復」のなれの果て 悲惨な結末

e0171614_2213536.jpg


(CNN) スペインの教会の柱に描かれていた120年前のフレスコ画が、高齢の一般信者の手で「修復」されて原画とは似ても似つかない状態になっているのが見つかり、地元で騒ぎになっている。
「修復」が行われたのは、スペイン北東部ボルハの教会にある19世紀の画家エリアス・ガルシア・マルティネスの作品。いばらの冠をかぶったキリストの肖像が描かれていた。
ボルハの地域研究センター職員がこの作品を写真に収めようと教会を訪れて異変に気付き、「驚愕した」という。
「修復」を手掛けたのは教会員のセシリア・ヒメネスさん。地元メディアの取材に対し「頼まれたからやっただけ」と話している。作業は堂々とやっており、ほかの信者たちも見ていたが、誰も止めようとしなかったという。
変わり果てたその姿に、地元に住むガルシアの孫のテレサ・ガルシアさんは「作品が破壊されてしまった」とショックを受けている。
作品を元通りにできる手段があるかどうかは不明。地域研究センターは「この言語に絶する行為に解決策があるのかどうかは分からない。しかし再発防止のための対策が必要だ。意図はともかく、強く非難されるべき行為だ」と述べている。
今回の出来事について同センターのブログに寄せられたコメントの中には、英コメディアン、ローワン・アトキンソンが演じる「ミスター・ビーン」の1997年の映画版で、画家ホイスラーの母の肖像画が悲惨な目にあう一場面を思わすとの一文も見られた。

いやはや、一枚の絵でも修復するのはこれほどまでに困難なのである。

はたして現実の歴史の修復や領土の修復はいかに難しいものだろうか?
[PR]

  by KiKidoblog | 2012-08-24 22:16 | マスゴミ

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE