<   2012年 10月 ( 51 )   > この月の画像一覧

 

「MKウルトラ」は事実だった:CIAのリモートビューイング論文を発見!

みなさん、こんにちは。

いわゆる「陰謀論」の話の中で、だれしも一度や二度「MKウルトラ」という超能力研究や洗脳研究のことを耳にしたことがあるはずである。

そういう話を聞くと、あるいは目にすると、たいていの人間は、あまり物事を時間をかけて調査研究してから話すという練習をしたことはないから、「自分が知らないこと」=「存在しないこと」という反応で物事を認識する。これは俗にいう「世界の中心で愛を叫ぶ」症候群とでも言えるものだろう。常に世界の中心に自分が存在すると錯覚するのである。

実は自分が世界の中心に存在するか、世界の周辺に存在するかをどうやって調べるかという問題はすでに「ネットワーク理論」の誕生を持って科学的に解明されているのである。

簡単に言えば、中心にいる人物ほどつきあっている仲間が多く、周辺にいる人間ほど仲間が少ないということである。この辺のことは3年前に以下のものに昔の拙ブログの記事を再掲しているので、それを参照してもらいたい。
「ワクチンには何が入っているの?」:素朴な疑問だね

セックス交渉関係でもそうで、私のように妻1人とセックスするというタイプの人間は性交渉ネットワークの周辺部分に存在するにすぎないが、在日朝鮮人経営のAVコンテンツ会社や朝鮮ビジネスの王道である売春宿の売春婦などは、性交渉ネットワークの中心部に存在するわけである。

例えば、かつてエイズに感染し暴露したアメリカプロバスケットボールのマジック・ジョンソン選手は、その時既に1万人以上の女性とセックスしたと言ったのである。だから、自分と性交渉をもった女性たちは検査しろと言った訳だ。

こういうふうに中心部にいる人間や組織ほどそれが関わる関係(リンク)の総数が増える。会社でも同様で、大会社や一流会社ほど関連会社やその取引会社の数が増えるのである。ブログでもHPサイトでも何でもそうで、よく読まれるということはそこにリンクしている読者やファンが多いほどその筋の世界では中心部にいるということになるのである。

昔から、みんなが聞きたい話をする人を「話題の中心」というような言い方を日本ではしてきたが、その感覚は非常に正しく、より多くのネットワークの結びつきを持つ者ほど世界の中心に存在するということになる。

銀行ではもちろんその数でどこが中央の中央銀行かすぐに判明するわけである。ロスチャイルドが世界の中心にいて、その周辺にロックフェラーなどが取り囲んでいるというわけである。

だから、大分説明が長くなってしまったが、自分はほんのわずかのことしか知らず、わずかの分野の情報しか目にしたことがないのに、「自分が知らないこと」=「存在しないこと」というような認識をしていては本当に世界から取り残される運命が待つのみなのだ。世界には、「自分が知らないこと」の方が「自分が知っていること」よりはるかに多いのである。だから、ちょっとでも分からないことや知らないことがあれば、とやかくいちゃもんを言いたくなるだろうが、その前にちょっと(といっても2、3年はかかるのが普通)勉強してから意見を述べるという習慣を身につけなくてはいつまでたっても「B層」は「B層」のままである。

アセンションは、かつての自由主義や民主主義や共産主義といっしょで、民主社会もだめ、共産社会もダメ、となれば、その次は「アセンション社会」がくるのだという、新たなるユートピア思想の一種としてCIAが仕込んだわなにすぎないということも知らずにこの世を去ることになるのである。だいたい、身の回りのちょっとしたことすら理解できない人や自分の家庭すらうまく経営できなかった人間がアセンション(上昇)などできはしない。アセンションする前にやるべきことは「罪滅ぼし」である。

もちろん、ここで言っている意味は、人間が努力して高尚な人間になろうとする努力やスピリチュアルを否定しているわけではない。あくまで「2012年にアセンションする」というような時限付きのアセンション話のことである。

まあ、ちょっとどうでも良い話をしたが、最初の「MKウルトラ」のリモートビューイングの話に戻ると、日本では「リモートビューイング」といえば、ジョー・マクモニーグルやエド・デイムス(Ed Dames)
US Military Major Ed Dames The End Remote Viewing Predictions
がよく知られている。

しかし冒頭に述べたように、日本人の大半は「自分が知らないこと」=「存在しないこと」という認識の仕方をするから、確実に、彼らが自分はMKウルトラのメンバーだったと証言したとしても信じられないはずなのである。

果たしてこの「MKウルトラ計画」は存在したのか? その証拠は?

というと、実際には証拠隠滅のために公式にはそういうものを記述した文書は存在しなくなったと考えられているようである。ほんの一部のみが存在するらしい。

では、その後アメリカで「MKウルトラ」のような研究をしているのだろうか?

というと、答えはイエスである。これは今年の2月にここにメモした
リモートビューイングの科学:世界の科学者はまじめに未来予知の研究をしている!
のように、今現在も研究している人々がいるのである。

最近、私はある理論物理学者の研究を調べているうちに、実はその人物がCIAと共同で昔リモートビューイングの研究をしていたというその結果を公表した論文を見つけたのである。もちろん、日本ではそんな論文を読む人などいないから、まったく知られていないはずである。今回はこれを一応ここにメモしておこう。以下のものである。
Information transmission under conditions of sensory shielding
CIA-Initiated Remote Viewing Program at Stanford Research Institute

まあ、要するに米CIAとスタンフォード大の研究機関で、理論物理学者などを集めてまじめにリモートビューイングの研究をしてきたというわけである。この研究に参加したH. E. Puthoff博士

e0171614_0583586.jpg

はあまり表の研究機関では知られていない理論物理学者だが、米軍の秘密組織でずっと研究して来てある時期から普通の大学の研究者になった人のようである。いまでは「零点エネルギー」の研究をしている。つまり、どのようにすれば、この宇宙の真空からエネルギーを取り出すことができるかという研究や重力とは何か?あるいはどうして原子内の電子は電磁波を放出して崩壊しないのか?といったかなり根源的な研究をしているかなりユニークな研究者である。

いずれにせよ、密閉された状況におかれた特定の才能を持った人物にリモートビューイングさせ、その結果と現実結果を比較することにより、情報が本当に転送されるのかどうかということを地道に研究したようである。結果はリモートビューイングは存在するということを示すが、その原理や理由については今のところ分からない、なぞということのようである。

とまあ、そんなわけで、「MKウルトラ」のような超能力研究はアメリカでもソ連でも本当に行われていたということは事実なのである。この世界に、と学会のようなとうしろうの出るまくはない。
[PR]

  by kikidoblog | 2012-10-08 01:01 | コンスピラシー

スコットランド人女性が「王」の字型のUFOを見つける!

みなさん、こんにちは。

いやー、これは興味深い映像である。あるスコットランド人女性が夜中にケムトレイルをまき散らしている飛行機を独自に赤外線カメラで追跡。映像を残していた。ところがあとでその映像を見てみると、なんと見たことも無い物体がケムトレイル機の向こう側に映っていたというのである。巨大な「王」の字をしたUFOである。その後この女性は古代エジプトのレリーフにある「古代の乗り物」の中に同じような「王」の字をした物体を見つけて驚いたというものである。以下のものである。
Ancient Aliens UFO seen in sky- Scotland! Very cool!! Aug 2012


9 aug 2012 Geo-engineering Chemtrail .night vision.

いずれにせよ、UFOは何十年か前から地球人の目の性質をよくご存知になったようで、大半は「赤外線モード」で飛ぶと考えられている。だから、UFOは赤外線カメラで意外によく映るようである。
[PR]

  by KiKidoblog | 2012-10-07 15:07 | 反重力・UFO

突然変異、放射能の影響、あるいは人工的?:雌雄同体クワガタと人面豚が発見された!?

みなさん、こんにちは。

雌雄同体のクワガタが茨城県で見つかったという。
頭はオス、胸から下はメスのクワガタ…突然変異
e0171614_17422929.jpg


 頭はオス、胸から下はメスという突然変異のノコギリクワガタが茨城県内で発見され、6日から千葉県立房総のむら(千葉県栄町)の企画展「むらの自然―里山の暮らしと生きもの」で展示される。

 専門家が「成虫で見つかるのは極めて珍しい」と話すクワガタ。成田西陵高校(同県成田市)の教諭と発見者の高校生が偶然出会い、展示されることになった。

 このクワガタは、オスの特徴である大顎を持つが、前脚は平たく、後脚も短い上、生殖器もメスであるなど、胸から下はほぼメスの特徴を持つ。茨城県立竜ヶ崎第一高校2年、平山夏樹さん(17)が6月23日、同県牛久市内の雑木林で昆虫採取中に発見した。ほかのクワガタと比べ、部位によって雌雄が異なる「雌雄モザイク型」と気付いた。

 平山さんがこの後、龍ヶ崎市内の昆虫専門店に相談に行った際、たまたま訪れた成田西陵高校の清水敏夫教諭が相談に乗った。

 大学時代からクワガタムシを研究し、論文を発表してきた清水教諭は、「左右で雌雄が分かれるのはあるが、上下は珍しい。発生確率は数万分の1ではないか」と思ったという。清水教諭は、東京都内の昆虫専門誌を紹介。「あまりにバランスがいいため、偽物と言われないように」と、第三者である編集者が生存を確認した上で、翌日標本にした。

 清水教諭が顧問を務める同校地域生物研究部は、校内の「昆虫館」で国内外のカブトムシなどの昆虫を飼育して標本を展示し、チョウの保護活動などもしている。部では「房総のむら」で活動結果を発表する企画展を準備していた時でもあり、展示が決まった。平山さんは「気付いた時には感動した。神秘的な魅力をじっくり見てもらえれば」と話している。

 企画展は11月25日まで。月曜定休(祝・休日の場合その翌日)。入場料のほかに企画展の入場料が必要。

 日本昆虫協会理事の池田清彦・早稲田大学国際教養学部教授の話「雌雄モザイク型で、頭と胸で分かれることは聞いたことがない。何度も繰り返し変わった細胞分割が起きた結果と考えられ、成虫で見つかるのは極めて珍しい」(渡辺加奈)

(2012年10月6日09時08分 読売新聞)

一方、偶然見つけたものだが、人間の顔をもつ豚「人面豚」がついに登場。以下のものである。
Weird Creature With Human Face 2012 HD

突然変異というよりは、やはりだれかがかつてのエジプトのようなことを行っているのでしょうナア。「ドクターモローの島」のような実験を行っている場所があるということだろう。この作品も「宇宙戦争:火星人襲来」の
H. G. Wells
e0171614_17513972.jpg
の作品らしいが、H. G. WellsはNWOの重要工作員だったというから、こういうものもまた彼らの計画的極秘研究の1つだったということだろう。

その内、豚人間か人間豚か分からないが、そんなものが闊歩する日がやってくるのだろう。
[PR]

  by KiKidoblog | 2012-10-06 17:55 | UMA

新潟に竜巻3つ発生の脅威!:同時刻にHAARPモニターが人工電磁波検知!?

みなさん、こんにちは。

新潟県で非常に大きな強い竜巻が発生したらしい。その時の映像を見事に一般人が捉えたようである。以下のものである。
新潟県ですさまじい竜巻が大量発生…

e0171614_2353493.jpg

e0171614_23522897.jpg
e0171614_2353493.jpg
e0171614_2353592.jpg
e0171614_2353925.jpg
e0171614_23532225.jpg
e0171614_23532580.jpg

この竜巻が起こった時刻は午前10時というから、やはりこれか?と思わせるのが、今日突然現れた人工電磁波の痕跡である。以下のものである。UTC0時〜1時頃の照射であり、日本時間はこれに+9であることから、時間的にはほぼ同時と見て良いだろう。
e0171614_2358487.gif

e0171614_23582916.gif

e0171614_23585249.gif

いったいどこから照射されたのだろうナア?
[PR]

  by KiKidoblog | 2012-10-06 00:00 | HAARPモニター観察

ユダヤ・エリートに捧げたいアインシュタインの言葉:「ユダヤが特別なことはない」

ユダヤ教は、ほかのすべての宗教と同様に、最も子どもじみた迷信を体現したものだ。私もユダヤ人の1人であり、その精神には深い親近感を覚えるが、ユダヤ人はほかの全ての人々と本質的に異なるところはない。私の経験した限り、ほかの人間より優れているということもなく、『選ばれた』側面は見当たらない
---アルバート・アインシュタイン
e0171614_1839551.jpg


みなさん、こんにちは。

いやー、このニュースの中のアインシュタイン博士の言葉は興味深い。
「神は人間の弱さの産物」、アインシュタインの書簡が競売に

(CNN) 「神とは人間の弱さの表れにすぎない」――。物理学者アルバート・アインシュタインのそんな宗教観を記した直筆の手紙が、8日からインターネットオークションサイトの米イーベイで競売にかけられる。

手紙はアインシュタインが死去する1年前の1954年、ユダヤ人哲学者エリック・グートキンドの著書に対する反論として、ドイツ語で書かれた。この中でアインシュタインは「私とって神という単語は、人間の弱さの表現と産物以外の何物でもない。聖書は尊敬すべきコレクションだが、やはり原始的な伝説にすぎない」と記している。

自分たちを選ばれた民とするユダヤ教の選民思想にも反論し、「ユダヤ教は、ほかのすべての宗教と同様に、最も子どもじみた迷信を体現したものだ。私もユダヤ人の1人であり、その精神には深い親近感を覚えるが、ユダヤ人はほかの全ての人々と本質的に異なるところはない。私の経験した限り、ほかの人間より優れているということもなく、『選ばれた』側面は見当たらない」とした。

この書簡は2008年5月に英ロンドンでオークションにかけられ、米紙ニューヨークタイムズによれば、科学と宗教をめぐる論争に火をつけた。この時の落札価格は40万4000ドル(約3200万円)だったが、今回のイーベイのオークションの開始価格は300万ドル(約2億3500万円)に設定されている。

どうやらこの記事にあるエリック・グートキント(Eric Gutkind)の著書とはこれらしい。
Choose Life: The Biblical Call to Revolt
e0171614_18493239.jpg

このオークションという手法もユダヤ人の伝統的商売法なんですナ。ユダヤの仲間内で売った買ったを繰り返し値をつり上げる。そこに異民族の部外者が食い込んで来ると、さんざん値をつり上げておいてそいつに売る。そして後で山分けする。

そんなユダヤジョークはたくさん存在する。トケイヤーの「ユダヤ・ジョーク集」にも「儲けのネタ」というタイトルのジョークがそんなものである。

アインシュタインには悪いが、このオークションもそんなものである。アインシュタインがいくら良い言葉を遺したと言っても、所詮は紙切れにすぎない。2億円もするようなものではない。アインシュタインが言っていることは当たり前のことにすぎないからである。

いずれにせよ、この地球は「ユダヤ劇場」なのである。日本が「朝鮮劇場」となったのと同じ。困ったものである。
[PR]

  by KiKidoblog | 2012-10-05 19:02 | 人物

ロシアのコンスタンチン・P・ペトロフ少将「世界の真実」を語る!

日本から消される5つの項目。日本の政府も文化も完全消滅

今の「日本政府」がいつまでも今の形で残っていると思ったら大間違いだ。日本政府はいずれ、単なる「日本支部」のようになっていく。

今の「日本の法律」がいつまでも今の形で残っていると思ったら大間違いだ。日本の法律はいずれ、世界(もっと具体的に言えばアメリカ)が決めることになる。

今の「日本の通貨」がいつまでも今の形で残っていると思ったら大間違いだ。日本の円はいずれ消え去り、世界共通の何か別の通貨がそれに取って代わる。

今の「日本語」がいつまでも今の形で残っていると思ったら大間違いだ。日本語はいずれ、単なる衰退言語となり、英語が公用語となって日本語が捨てられる。

今の「日本の文化」がいつまでも今の形で残っていると思ったら大間違いだ。食文化も、音楽も、映画も、伝統も、ファッションも、考え方も、日本固有のものは何もかもが消されていく。


みなさん、こんにちは。

「舞台裏の真実」サイトに最近お亡くなりになられた元ロシア軍人の生前インタビューが出ていた。このコンスタンチン・ペトロフ少将(Major General Konstantin P. Petrov)が、この世界について自分の認識を率直に語ったようである。

それによれば、旧ソ連、ロシアの軍人としてみてきたソ連やロシアの歴史、欧州の歴史、そして世界史について実に見事にその本質を理解し語っている。大筋では、これまでいわゆる「陰謀論」として取り上げられて来たような内容がすべてリアルであると語られているのである。以下のものである。残念ながらロシア語のみ(英語字幕)である。
Russian general reveals the truth on the global elite
e0171614_2136943.jpg

(いま多くの政治家が「世界政府」とか「西洋パワー」と呼ぶものはマフィアである。)
グーグル翻訳:
少将コンスタンチン·P·ペトロフ(1945年8月23日- 2009年7月21日 ) -ソ連·ロシアの軍事指導者と途中で1995年11月に国軍から排出される、いくつかの興味深い質問をし、グローバルエリート、世界政府に自分自身の考えが含まれています、地球上のプロセスを制御する西欧列強は、米ドルの覇権の終わり、中東戦争でアメリカに従事する9.11のオーケストレーションは、政治家の背後にある力と来ては、米国の崩壊を計画的我々はそれを知っているように、アメリカの。

少将ペトロフは、ロシアの社会的、政治的な活動家であった。 技術科学の候補。 国際情報化アカデミーと政党 "真理とUnityのコース"とウドムルト州立大学部門のヘッドの中央委員会の幹部会の会長のメンバー。

少将コンスタンチン·P·ペトロフに聞く..

グローバルエリートについて


911の真実について


NWOについて


プーチンについて


冷戦について

このロシア軍人の言葉からも、ワールドエリートとは一種の金融マフィアであることがわかる。もちろんいわゆるユダヤ人。現在でいえば、偽ユダヤ人である。スターリンの親衛隊は100%ユダヤ人だったという。そういった話が満載である。

いずれにせよ、シオンの議定書、ロスチャイルドの行動計画書、300人委員会の世界人間牧場化計画、こういったものがすべて真実であるということを、この少将はロシア軍人の立場から証明してくれているといえるだろう。


おまけ:
プーチン講演
Putin July 2012, Amazing Speech

[PR]

  by KiKidoblog | 2012-10-04 21:55 | コンスピラシー

イーストウッドの「グラン・トリノ」:私の思いを代弁する映画ですナ。

夕陽のガンマン ~ 荒野の用心棒テーマ / さすらいの口笛 サントラ


みなさん、こんにちは。

私がアメリカのユタ大学の大学院生になったのは、1986年のことだった。行ってまもなく1985年を描いた「バック・トゥ・ザ・フューチャー
Back To The Future Part I Original Theatrical Trailer
がクランクアップし、映画館で見たことを覚えている。そして3年後の1989年に「バック・トゥ・ザ・フューチャー2
Back to the Future 2 Trailer (original)
をユタで見て、そして帰国前に「バック・トゥ・ザ・フューチャー3
Back to the Future 3 [trailer] (1990)
を運良く見てから帰国。まさに「バック・トゥ・ザ・フューチャー」世代である。

この最後のパート3の決闘シーンは、「夕陽のガンマン」のクリント・イーストウッドの有名なシーンからパクったパロディらしいが、スピルバーグ映画のスパイスの1つとなっている。アメリカ人は子供の頃から有名な映画をみてそのシーンを覚えているから、いざという時にそういうシーンが役に立つといいたいわけだ。

さて、このクリント・イーストウッドも俳優から俳優兼監督となり、これを最後に俳優としての一種の遺作とし、その後は監督業のみに精を出すといわしめた作品がどうやら「グラン・トリノ」というもののようである。たまたまテレビで観たのだが、実に興味深い映画であった。

グラントリノとは、かつての高級スポーツカー
グラントリノ
e0171614_1157446.jpg
であるらしい。フォードの1974年製であるという。

クリント・イーストウッド扮する主人公のコワレフスキーという老人は、デトロイトのフォードの工場でずっと働き、子供も2人育て上げ、そこを定年退職してからずっと静かに余生を送っていた。ところが、アメリカの自動車産業が衰退。そこへ日本車など外国企業の自動車会社が入るようになった。すると、どんどんデトロイトにアジア人が住着くようになり、自分の家のお隣にはフン族一家が住むようになった。

ある時、同じアジア人の中でもよりマイナリティーのフン族出身の隣の姉弟の弟は、アジア青年ギャングにずっといじめを受け続けて来たのだが、ある時ギャングに隣の家のグラントリノを盗んでこいと指令を受け、コワレフスキーの家に泥棒に入る。それを夕陽のガンマン
Gran Torino - Get Off My Lawn _HD
のような感じで追い払う。

ここからコワレフスキー老人とフン族一家の交流が始まって行くのだが、この過程で、「男とはどうあるべきか」、「女の扱いはこうしろ」とか、「タフガイの会話を覚えろ」
とか、「職を取るときは絶対にノーとつく言葉は吐くな」とか、白人男のしきたりというか、WASP根性を徹底的にその弟へ叩き込む。そうして無職の引きこもりのフン族青年に職を斡旋する
のだが、見事成功し、仕事を得るようになる。初めてガールフレンドを得たフン族青年には自慢のグラントリノを貸してやる。「ドライブに誘え」。

しかしそんな頃、老人はいつしか吐血する持病を持ち、病院で検査すると老い先長くないことを知る。

そんなころ、フン族青年が町のアジアギャングと遭遇し、日本の学校の「いじめ」と同じような手口で煙草でほおに「根性焼き」をされてしまう。これに怒り心頭になった老人は相手のいとこを叩きのめし報復し、二度と手を出さないように警告する。

すると、今度はギャングが機関銃を持ってフン家族の家を銃弾で夜襲する。姿の見えなくなった姉は集団リンチの上、集団レイプされて無惨な姿で帰宅する。

これに心底憤慨した老人は、かつて朝鮮戦争で戦った時のことを思いだし、その時に得た勲章をフン族青年につけてやる。「これはお前にやる」。死にいく決心をしたのである。

そして、老人は敵地であるギャングのたまり場の家に向う。そこで、いつものように胸に銃を潜ませているようなそぶりでギャング連中を挑発する。まさにこのシーンは「夕陽のガンマン」そのままの緊張感である。

1階に何人、2階に何人、3階に何人とタフガイの会話を続けながら計算する。そして煙草をくゆらせながら、指の鉄炮で「バーン」、「バーン」、また一人「バーン」と殺して行く。そうやって相手のギャングに緊張を高める。本当は殺したいのはやまやまだが、そうはしないんだぞという内の声とともに。

いつしか周りに近所の人たちの目が集まる。そして、最後に口に食わえた煙草に火をつけようとしながら、胸に手を入れると、。。。。あとはこれ。

遺言状には、グラントリノはフン族青年タオにやるとあり、遺族も唖然。

とまあ、こんな感じの映画であった。

これをみて、今や朝鮮人いじめの代名詞の「根性焼き」や集団リンチや集団レイプも世界的になってしまったナということである。すでにクリント・イーストウッド映画にも取り上げられるほどである。この地球上のWASPを代表するのがコワレフスキー老人。かつて我々が治めてきたこの町も無知無学無教養で無法地帯へと化したということへの皮肉である。法と秩序を重んじるアメリカ白人にとって「黄禍」意外の何ものでもないということである。

この意味では、これは単なる映画ではない。今現在尖閣諸島で起きていることも、根底にはこういう感情、こういう問題が潜んでいるのである。

実は米軍のメンタリティーはまさにこのコワレフスキー老人と同じだろうと私は見ている。アーミテージの「ショウ・ザ・フラッグ」(根性を見せろ)発言。まさに「お前には玉がついているのか」というコワレフスキーと同じである。自宅や近所に押し入る暴漢に対しては銃で応戦して追い出す。そしてそれを「当然のことをしたまでさ」という。尖閣諸島に共産主義国の船が侵入する。すると米航空母艦を派遣し、追い出そうとする。おそらく米人たちは「当然のことをしただけさ」というにちがいない。

まあ、そういうものなんですナ。

いずれにせよ、西洋白人、特にヤンキー魂、カーボーイ魂というものを正確に理解しておかないと、逆に彼らが大和魂を理解しておかないと分からないというように、我々日本人も米人のメンタリティーはいつになっても理解不能となるわけである。

実は国際政治でいまズレが生じているのは、この老人とフン族青年のずれと同じようなものだと私は感じているというわけですナ。その意味でも意外に良作品、深い作品であるといえる。必見の余地有り。
[PR]

  by kikidoblog | 2012-10-03 12:57 | アイデア・雑多

傷だらけの日本:日本終了!ついに韓国人が大臣となる!

傷だらけの人生 鶴田浩二


みなさん、こんにちは。

いよいよ
e0171614_20311477.jpg

のその日が近づいたという。日本終了まであと365日。

野田新政権に、ついに朝鮮人大臣が誕生したという。
売国内閣誕生 野田第3次改造内閣
政府は、2日の閣議で、野田第3次改造内閣の発足に伴って、民主党から25人の副大臣の人事を決定しました。

副大臣に決まったのは、復興副大臣に、黄川田徹氏、参議院議員の今野東氏。
内閣府副大臣に、参議院議員の白眞勲氏、参議院議員の藤本祐司氏、参議院議員の前川清成氏。
総務副大臣に、大島敦氏(留任)、参議院議員の藤末健三氏。
法務副大臣に、山花郁夫氏。
外務副大臣に、吉良州司氏、参議院議員の榛葉賀津也氏。
財務副大臣に、武正公一氏、参議院議員の大久保勉氏。
文部科学副大臣に、松本大輔氏、笠浩史氏。
厚生労働副大臣に、西村智奈美氏(留任)、参議院議員の櫻井充氏。
農林水産副大臣に、佐々木隆博氏(留任)、吉田公一氏。
経済産業副大臣に、近藤洋介氏、松宮勲氏。
国土交通副大臣に、長安豊氏、伴野豊氏。
環境副大臣に、生方幸夫氏、園田康博氏。
環境副大臣は、原子力規制委員会の設置に伴い、1人から2人に増えました。
防衛副大臣に、長島昭久氏。
以上の25人となっています。
このうち、3人が留任し、22人が新たに起用されました。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20121002/k10015456801000.html

どうせ長くて後1年ということで、みんなに大臣の経験をさせてあげようとする野田総理の思惑が見て取れる内閣である。これ以上の「お友達朝鮮内閣」は今までなかっただろう。

注目すべきは朝鮮日報元日本支社長だった韓国帰化人である白眞勲
e0171614_20322649.jpg
だろう。数多くいる選挙に合わせて帰化した民主党議員の一人である。
この白眞勲はまさか選挙で当選することはないだろうと言われていたが、立正佼成会の組織票で当選。
ただの韓国人ではなく朝鮮日報で反日捏造記事書きまくっていた人物である。
韓国のために日本で政治をすると民潭や祖国に忠誠を近い帰化した朝鮮人が与党議員、民主党という政党がどんな政党なのかよくわかる一例。

正直、朝鮮人のやりたい放題ですナ。本州も明日の尖閣、明日の沖縄である。

この世の中は真っ暗闇じゃござんせんか!
右を向いても左を見ても バカと阿呆の朝鮮人ばかり
どこに日本人の夢がある?

真に鶴田浩二の気持ちがわかる今日この頃ですナ。


おまけ:
宮崎麗香は韓国人議員の娘だとか。
宮崎麗香って白眞勲の娘なのかー。といことは朝鮮の方…

e0171614_20552962.jpg

[PR]

  by KiKidoblog | 2012-10-02 20:41 | 反日・在日の陰謀

米軍、アフガンの洞窟で5000年前の「ヴィマナ」を発見!:伝説は真実だった!?

世界の謎「ヴィマナ」

「ヴィマナ」は自由自在に空を飛ぶ架空の乗り物で、古代インド最古の古典である「リグ・ヴェーダ」、叙事詩「ラーマーヤナ」、そして叙事詩「マハーバーラタ」に登場します。まるで現在の航空機のようにいろいろな形式が存在し、中には大気圏外への航行さえ可能なものもあったそうです。

叙事詩の中では英雄たちが戦争で使用するヴィマナですが、UFOとの類似点が多いので「古代宇宙飛行士説」支持者たちは「古代インドに他の惑星から宇宙飛行士がやってきたのでは」と主張しています。

e0171614_1039188.jpg

人類史に刻まれた、宇宙人の関与が想像できるミステリー10選より


みなさん、こんにちは。

いやー、これはすごい!!

インドの歴史の中で、古代インドには空飛ぶヴィマナテクノロジーというものが存在したといわれている。はたして「ヴィマナ」とはどんなものだったのか? というわけである。

ところが、つい最近、アフガニスタンに侵攻した米陸軍の兵士たちが、アフガニスタンの洞穴を調べているうちに、なんと5000年前の古代から存在したという伝承のあった「ヴィマナ」を発見したというのである。それゆえ、同行した米ジャーナリストは、これは世界史を完全に変革するだろうと昂奮して話している。

興味深いのは、その現物の「ヴィマナ装置」を洞窟から取り出そうとしているうちに、少なくとも8人の米軍兵士の姿が突然”消滅”したというのである。そのため、その「ヴィマナ装置」は空間に浮かんで飛ぶだけではなく、「時間の壁」も扱っているらしいという。

以下のものである。

Secret 5000 Year Old Flying Machine Discovery with Steve Quayle

e0171614_18321470.jpg

What caused the sudden rush of these most powerful leaders of the Western World to go to Afghanistan, this report continues, was to directly view the discovery by US Military scientists of what is described as a “Vimāna” entrapped in a “Time Well”
that has already caused the “disappearance” of at least 8 American Soldiers trying to remove it from the cave it has been hidden in for the past estimated 5,000 years.



e0171614_10335637.jpg

e0171614_1033582.jpg

どうやらこれは現物が存在するらしい。是非米軍は全世界に公開すべきだろう。

ここしばらくはこの発見の話で盛り上がりそうである。

というのも、ナチの「空飛ぶ円盤」もヒットラーがナチ兵士を使って、世界中の古今東西の歴史資料を集めさせ、それらをまじめに研究して行くうちに「反重力の原理」を発見したという謎の伝説がある。そして、そのもっとも鍵となったのが、この「古代インドのヴィマナ・テクノロジー」だったといわれているからである。

この話は、最近、ロシア(旧ソ連)の学者たちが研究した、「ナチUFO」の話があるが、それに出ていたのである。以下のものである。
Third Reich - Operation UFO (Nazi Base In Antarctica) Complete Documentary


いやー、おもしろい!


おまけ:
インディアナ・ジョーンズにもナチの探検隊の話がたくさん出て来るのはそれが本当だったからだ。たとえば、最近のこんなもの。
ドイツ:ナチス発見の仏像「隕石」だった
e0171614_20245187.jpg

 【ベルリン篠田航一】ナチス・ドイツが1938年にチベットで発見した仏像が、宇宙から落下した隕石(いんせき)でできていたことが独シュツットガルト大学などの調査で分かった。隕石の仏像は珍しく、米学術誌に発表された。
 この仏像はドイツ語で「アイゼンマン(鉄の男)」と呼ばれ、高さ24センチ、重さ10.6キロ。ナチス親衛隊(SS)のヒムラー隊長の命を受け、アーリア民族の起源を調査していた探検隊がチベットから持ち帰った。11世紀の作とみられ、仏教で幸運の印とされる「卍(まんじ)」が刻まれているため、逆向きのハーケンクロイツ(かぎ十字)をシンボルに掲げたナチスにとって貴重な発見だったという。
 独メディアによると、仏像は個人所有だったが07年に競売に出され、研究者の目に留まった。解析の結果、ニッケルを含む隕石と判明。モンゴルとロシアの国境付近で約1万5000年前に落下した破片とみられる。

[PR]

  by KiKidoblog | 2012-10-02 10:49 | 真の歴史

HAARPに地震波か?研究用81:久々に400nT到来!

みなさん、こんにちは。

この夏後半はアラスカのHAARPモニターが死んでいたために観察できなかった。数日前から復活してそれなりに観察していたのだが、つい最近太陽で地球方向へCMEが到達し、今日久々にかなり大きめの400nT級の地震電磁波が出たようである。1発目はおそらくアラスカに近い場所、例えばカムチャッカ近辺。2発めは、残念ながらアジア日本方面のもののようである。要注意である。

【注】私が最近ここで強調しているのは、太陽風による(特にCME放出時の)地球内部の加熱による地震の誘発という現象である。ここ数年の観察からも、明らかに太陽からの電磁波の到来と地球の地震活動との間には相関関係があるように見えるということである。しかしながら、よく知られているように、現在の地震学者たちは地震は太陽活動とは無関係だと信じているというレベルである。まして、我々人間が強烈な電磁波を照射することによって地震が誘発できるという可能性などまったく知らないのである。この2点を観察することが最近の私の個人的目的なのである。

宇宙天気ニュース
によれば、
2012/10/ 1 09:38 更新
CMEによる太陽風の乱れが到来しました。磁場が大きく南向きに振れていて、磁気圏は大きく乱れそうです。

e0171614_1443421.png


アラスカのHAARPモニター群
e0171614_7373534.jpg

e0171614_7374410.jpg

Magnetometer Chain
青の垂直成分が大きく、赤黒の水平成分が小さいのが、地震電波の特徴。通常は、5つの地点で観測された強度(特に青色の垂直成分)がほぼ同一場合はアラスカモニター群にほぼ垂直の方向から来た地震電磁波と見ることができる。すなわち、アジア日本を通る大円方向ということになる。
e0171614_14432529.png

e0171614_14432789.png


Induction Magnetometer
一番下の周波数ゼロの近く(水平軸上)にある「白く明るい」部分(0ヘルツ近傍)が地震電波の特徴。まあ、白色に近い部分。一方、深夜に垂直に立ち上がった、幅広くピンクから真っ赤に近い色の帯状の部分はオーロラ活動によるものである。これは特にBz成分に顕著。
e0171614_1444087.gif

e0171614_1444470.gif

e0171614_1444828.gif

10月1日UT0~2時付近のものが、400nTの地震電磁波のものと考えられる。人工電磁波存在しないようである。

Spectrum Monitor Waterfall Chart
この滝チャートは、電離層の構造をMHz域の電磁波反射で調べているものだが、何層かの色のバンドに分かれているのが正常状態である。等間隔に色のついたバンドが並んでいる時間帯は、人工的な電磁波がどこかから電離層に向けて放射されていることを示している。
e0171614_14455259.gif


VHF Riometer
(これでは、太陽活動の概日周期からどれだけ外れた異常活動があるかが分かる。)
e0171614_1446481.png

Electron density
(電離層の電子密度がわかる。)
e0171614_14462511.png

Digisonde
(電離層の電子密度がわかる。)
e0171614_14463674.png


一方、カナダの地磁気モニター群
e0171614_23355326.jpg

には以下のような波形が出ている。
Geomagnetism: Summary Plot from Canadian Magnetic Observatories
e0171614_14463919.png

ここに出ている10月1日UT0〜3時前後のゆらぎが、400nTの地震電磁波である。また、これらが地震電磁波かどうかはアラスカHAARPモニターのゼロ周波数があるかないかでチェックするのである。アラスカのものと見比べれば、カナダのもので焦げ茶色の部分がアラスカの白い山の部分に見事に対応していることが分かるだろう。ちなみに日本時間はUTより9時間進んでいる。

参考:
アキラの地震予報
日本国内で個人的に磁力計を用いて地震予報を行っている。非常に予測率の高い優れた研究のようである。さて、ここからは次のような警告が出ている。
父島圏内にM4.0~M6.0の地震発生合図が沢山出ました。
小笠原諸島中心として、南太平洋・マリアナ・ニューギニア・台湾・フィリッピン・本土近辺地方・
サハリン・千島列島地方では、一週間程地震発生に要注意です。 
特に、台風17号の影響により、父島近海で地震発生の可能性が有ります。
(09/29 10:56発信)

備えあれば憂いなし。


追記:
どうやらこの400nTの地震電磁波は以下のものであった可能性が高い。
10/02 07:21 三陸沖   M6.3 震度3 深さ10km
10/02 07:55 三陸沖   M5.0 震度2 深さ10km
10/02 10:10 茨城県沖  M4.3 震度3 深さ10km
10/02 10:51 三陸沖   M4.5 震度1 深さ10km
10/02 06:27 茨城県沖  M4.4 震度3 深さ40km
10/02 05:20 福島県沖  M4.4 震度2 深さ40km
10/02 03:40 福島県沖  M5.2 震度3 深さ20km

再び深さ10km地震が続いているようである。「ちきゅう」の掘削深度のものである。
[PR]

  by KiKidoblog | 2012-10-01 14:48 | HAARPモニター観察

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE