<   2013年 03月 ( 54 )   > この月の画像一覧

 

「卒業」ソングの時代?:だれだ? あの女子自衛官は?

みなさん、こんにちは。

「卒業」

この言葉にはさまざまな意味が含まれている。学校を卒業、何かをすることからの卒業。そしていつしか人は人生すら卒業しなければならない。しかしながら、普通は、学校を卒業するという意味で使うことが一番多いだろう。多感な14,5歳の時期の卒業が一番胸にじんと来る時期なのだろう。

最近、いろいろと悪名高きNHKだが、その合唱コンクールでそうした卒業をテーマにした曲がもてはやされている。そんなものをいくつかメモしておこう。
森山直太朗 - 虹


言葉にすれば


手紙 ~拝啓 十五の君へ


いきものがかりYell

自衛官が歌う いきものがかり『YELL』

(この女子自衛官の歌が実にうまい。すっかりファンになりましたヨ。)

「証」


fight(ファイト)


この地球もいつか戦争から「卒業」する時が来るだろうか?
[PR]

  by KiKidoblog | 2013-03-12 15:40 | マスゴミ

昔のブログから:地震予知関連2004〜2007

みなさん、こんにちは。

昨日「311に思う地震予知の歴史:串田、上田誠也博士の時代からハザードラボまで」の中に
だから、さまざまな観測データを昔の拙ブログKiKidoblogにメモしていたのである。
とメモしておいたが、ひょっとしたら、それは本当かと思う人もいるに違いない。そこで、その昔の私のメモの”一部”をここにいい機会だから再掲しておこう。以下のものである。

2004年
e0171614_1310180.jpg
e0171614_13245071.jpg
e0171614_13255360.jpg

2005年
e0171614_13102579.jpg
e0171614_13103093.jpg
e0171614_13261383.jpg

2006年
e0171614_13105641.jpg
e0171614_1311060.jpg

e0171614_131157.jpg

2007年
e0171614_13113573.jpg


こんなことをもっとまじめに研究しておれば?と思うのは私だけではないはずである。事実、そうだったのである。今のハザードラボのような情報があれば、大方の人々、特に老人や子供や病人などすぐに移動できない人たちは、2,3日前から事前に移動できたはずなのである。

何事も、無知は罪。備えあれば憂いなし、なのである。
[PR]

  by KiKidoblog | 2013-03-12 13:31 | 昔の拙ブログ・記事

覚醒した米軍兵たち、勲章を投げ捨てる!:私は白人のこの切替の早さが好きだナ!

みなさん、こんにちは。

最近、アメリカの兵隊たちが、NATOのお偉方たちに向かって、勲章やバッジを投げ捨てた。そんな映像がYouTubeに出回っているようである。以下のものである。
最悪な間違いだった...(目覚めはじめたアメリカ兵)
(これぞ「真のアカデミー賞」だヨナ。何がジョージ・クルーニーだ、何がベン・アフレックだ。連中は金持ちのいうがままに戦争を演じただけじゃねーか。こっちはリアルの戦争に参加した連中だ。世の中間違っているぜ。)

コケイジアン、いわゆる「白人」たちは、我々東洋人、特に中国人や朝鮮人たちとは違い、自分の非を認めた時の切り替えが実に早い。私は「白人のこの切替の早さが大好きだ」。なかなかアジア人にはできない。

これをクリスチャンは「悔い改め」というが、現実を現実として認める。自分の頭で考え判断する。そして自分が間違っていると分かれば(自分が間違ったことをさせられたと思ったら)、相手がどんな権威であろうが自分の「感情を隠さない」。

これはギリシャ・ローマの哲人、ソクラテスの時代からすでに知られたことである。

もしあなたが自分の憤慨や感情を押し殺すとすれば、それは「あなたはチキンだ」ということを証明したことになる。つまり、あなたは自分自身を騙したことになる。なぜなら、もし自分が正しいと思うのであれば、それがたとえどんな相手であったとしても自分の感情や怒りを押し殺してはならないからである。そう考える。

これが西洋の伝統である。

しかし東洋では「君子危うきに近寄らず」という孔子の儒教精神が先に来るため、相手が自分より権威であるとか、上のものに対しては、あからさまに自分の感情を表すことを嫌うという風潮ができたわけである。

「まあ、そういうな。」「相手を見てから物を言え。」「能ある鷹は爪を隠す。」
「出る杭は打たれる。」「自分が損をする。」「馬鹿な目に遭う。」

などなどの諺に意味されることからもよく分かる。

この「チキン精神」、「臆病精神」から、中共支那の共産党がいまだに政権を持っていられる理由でもある。朝鮮人がつねに弱いものいじめしかできないという理由の根源でもある。

しかしながら、我々日本人にはちょっとだけちがった精神がある。それが、よく時代劇で出てくるように、目上のものにもそれなりに「モノ申す」、今でいうなら「ダメ出しする」ことがある。そんな場面の言葉が、

「恐れながら申し上げまする」

という言葉である。「恐れながら申し上げまする」といえば、どんなことを言ってもいいぞという習慣が日本には存在する。さらには酒の席では「無礼講」、すなわち「本音で語っていいぞ」という風習もある。

残念ながらこの風習は朝鮮にはない。酒の席でも「横向いて」朝鮮飲みクスを行うからである。だから下々が上位に意見をすることができない。そうして結局、馬鹿なエリートの言いなりの国となってしまったというわけである。

正しい判断に上も下もない。良い意見は良い意見であって誰が思いつこうが一向に構わない。そういう習慣が我が国には存在する。貴重な伝統である。同様に、西洋の白人社会にも「お上に物申す」文化伝統がある。

目覚めよ、世界の軍人たち! 敵を間違えるな!
[PR]

  by KiKidoblog | 2013-03-12 00:37 | コンスピラシー

”我々ゴイムの英雄”チャベス大統領の葬儀:人々の悲しみの別れ

ブラジルの諺
【最も幸福な人とは最も多くの人に幸福をもたらす人】


みなさん、こんにちは。

南米ベネズエラは、ミス・ユニバースでも何度も優勝している
ミス・ユニバース2009
e0171614_10152868.png

ように「美人の産地」としても有名である。そのベネズエラのチャベス大統領は、国民的英雄であると同時に、南米の英雄でもあった。それを裏付ける証拠として、その葬儀の模様をかの藤永茂博士が紹介していた。それをここにもメモしておこう。以下のものである。
2013/03/08 ウゴ・チャベスが亡くなった

 ベネズエラ政府の公式発表によれば、ウゴ・チャベスは3月5日午後4時25分ベネズエラの首都カラカスで亡くなりました。
 「おきうちぎ」さんから、前回のブログ『寄ってたかって北朝鮮をいじめるな』に、次のコメントを頂きました。:
■ウゴ・チャベスが亡くなりました。4回目のガン手術のあとの感染症とか。故国での死を望んでの早めの退院・帰国だったかも知れません。ベネズエラ国民は真の民主主義的統治を目指すまともな大統領を失いました。
米国やその追随国家の首脳から心にもない追悼の辞が届いていました。
わたしの記憶の1つは、チャベスが中南米の歴史を描いた『収奪された大地』をオバマに贈った図です。チャベスがオバマに僅かなりとも期待していたのか、単なる外交儀礼なのかどうか。
今は、この死去をきっかけとした災いがベネズエラ国民にこないことを願っています。■
私の思いは「おにうちぎ」さんのそれに全く重なります。

(以下省略)

HISTORIC AND UNPRECEDENTED: VENEZUELANS HONOR HUGO CHÁVEZ
e0171614_1001162.jpg

e0171614_100289.jpg

e0171614_1003626.jpg

e0171614_1005873.jpg

e0171614_101629.jpg

e0171614_10111100.jpg

e0171614_1015851.jpg


これを見れば、いかにチャベス大統領が貧しい人々や普通の人々に愛されていたか分かるだろう。ミンス党、朝鮮飲みンス党の菅直人、野田佳彦、岡田克也、枝野幸男などだれも連中の葬儀には行かないはずである。

チャベス大統領のご冥福をお祈りします。R. I. P.

e0171614_1014095.jpg

e0171614_10112247.jpg

もちろん、チャベス大統領を”やった”連中が、311を”やった”のである。もう知っているよナ。

311の犠牲者にも黙祷を捧げます。安らかに眠れ。
[PR]

  by KiKidoblog | 2013-03-11 10:12 | コンスピラシー

WBCの”熱い戦い”?:メキシコvsカナダで大乱闘!

みなさん、こんにちは。

いやはや、もう一つのWBC予選では、大変な騒ぎになっているとか。以下のものである。



(なんでよけないんだ?十分避けられたと思うがネ。)

カナダ対メキシコ戦で大乱闘、バント安打きっかけ 野球WBC
(CNN) 野球の国際大会「ワールド・ベースボール・クラシック」(WBC)の第1次ラウンドD組、カナダ対メキシコ戦が9日、米西部アリゾナ州フェニックスで行われ、カナダが9-3で大量リードし攻撃していた9回、同チームの選手が行ったバントにメキシコ選手が反発し、両軍が入り乱れる大乱闘となった。

メキシコ選手4人とカナダ選手3人が退場処分を受けた。試合はカナダが10-3で勝利した。

試合の趨勢(すうせい)がほぼ決まった局面でのカナダ選手のバント安打にメキシコ側が怒ったのがきっかけとみられる。メキシコの投手は次打者に報復攻撃とも受け止められる死球を背中上部に与え、乱闘につながっていた。ビデオ画像によると、双方の選手がグラウンドになだれ込んで殴り合い、敵選手を地面に押し倒すなどした。

バントを試みたカナダ選手は、2次ラウンドへの進出には得点数が決め手となるため追加点をさらに目指してバントしていた。

WBCの公式サイトによると、乱闘の終了後も余波は続き、カナダ選手が、多数派だったメキシコ人観客に腕を上げる挑発的な行動を示すなどした。このためボトルなどが投げ付けられ、観客席によじ登ろうとして押し返されたカナダ選手の顔に当たったという。カナダ代表監督によると、コーチ1人は頭部にボトルを受け、別の1人にもボールが当たりそうになった。

メキシコ代表監督によると、乱闘で重傷を負った選手はいなかった。カナダチームも同様だった。
この日の試合結果を受け、メキシコの通算成績は1勝2敗、カナダは1勝1敗となった。D組にはこの他、イタリアと米国が入っている。

いやー、今度のアメリカ戦もアメリカの予選敗退がかかっているために、再び”熱い戦い”が起きそうですナ。
[PR]

  by KiKidoblog | 2013-03-10 16:33 | サッカー&スポーツ

中山成彬議員の「歴史的快挙」:「いくら調べても朝鮮人による犯罪しかなかった」

みなさん、こんにちは。

さて、中山成彬議員の代表質問は「歴史的価値」がある大快挙だったので、もう一度ここに別枠でメモしておこう。戦後の日本の国会でここまで踏み込んだものはなかったらしい。以下のものである。


(こういった国会放映を削除すれば、NHKやウジテレビは憲法違反ですゾ!余計なことをするナ。)

歴史に残る中山成彬先生の質問
e0171614_17222439.jpg
【48分00秒】
ここからは従軍慰安婦問題です。後ろの席に、辻本議員が見えますが、彼女は執拗に日本政府の慰安婦問責任を追及していました。
ところが、その軽薄な質問を、真っ向から否定し、否定を裏付ける具体的な証拠までもパネルで示され、ついでにこの問題について、朝日新聞社を喚問することまで検討を約束させてしまったのです。
これは、売国屋連中にとっては、それこそ一大事です。

(略)

ともあれ、慰安婦問題、教科書のホームページ公開の問題は、私は、歴史に残る偉大な質問だったと思います。

【重要・緊急拡散】慰安婦問題の捏造が国会で暴露される!!!!


要するに、「戦後は終了」したのである。朝日新聞も終了ですナ。

いったい何人死人がでることやら? ジャッカル、出番だぞ。
[PR]

  by KiKidoblog | 2013-03-09 23:32 | 従軍慰安婦・南京大虐殺捏造

HAARPに地震波か?研究用93:最近”謎の人工電磁波”が出ている!?

みなさん、こんにちは。

私は相変わらず毎日アラスカのHAARPモニターは必ず見ているが、最近ちょっと変わった信号が検出されている。特定の周波数の整数倍がずっと出ているから、もちろん人工電磁波である。以下のものである。
e0171614_12411882.gif

e0171614_12405885.gif

e0171614_12405998.gif
3月8日UT7〜8時までの間の「階段状」、「はしご状」のパターンがそれである。この信号は、音で聞くこともできる。

http://www.haarp.alaska.edu/cgi-bin/scmag/disp-scmag.cgi?date=20130308&Bx=on&By=on&Bz=onのページのリッスンボタンを押すと聞くことができる。

聞いてみると、上の「ハシゴ状」の部分は、非常にかすかに「チッチ」と聞こえる。聴覚検査の音のような感じであるから、高音部が聞き取れない人には判別できないかもしれない。今のところ私は耳が非常にいいので、十分に聞き取れる。悪魔の耳と呼ばれ、10人いっぺんに会話が聞き取れる。

はたしてこの信号は何を目論んだものか?

残念ながら、今のところ全く不明である。今後を観察していくほかはない。
[PR]

  by KiKidoblog | 2013-03-09 12:47 | HAARPモニター観察

なでしこジャパンの時代は終わったか?:なでしこ凋落の予兆!?

みなさん、こんにちは。

いま欧州でアルガルベ・カップが開催されている。これは、ワールドカップ、オリンピックに次ぐ重要な大会である。しかしヤングなでしこを含めた今回のなでしこジャパンは見る影もないらしい。以下のものである。
サッカー日本のA組3位以下確定 女子アルガルベ杯

ドイツに敗れ、肩を落とす(左から)田中美、田中陽、川澄の日本イレブン=パルシャル(共同)
e0171614_10484873.jpg

【パルシャル(ポルトガル)共同】サッカー女子の国際親善大会、アルガルベ・カップは8日、ポルトガルのパルシャルなどで1次リーグ第2戦を行い、ドイツに敗れて2連敗の日本のA組3位以下が確定した。
 ノルウェーがデンマークと0―0で引き分けて1勝1分けの勝ち点4でドイツと並び、日本は最終戦でデンマークに勝っても勝ち点3にしかならない。デンマークは2分けの勝ち点2。
 B組では米国が中国に5―0で快勝して2連勝。スウェーデンはアイスランドを6―1で下し、1勝1分けとした。

というわけで、日本はこれから5位、6位の方に回るはずだろう。
11位決定戦 - C組3位とC組4位
9位決定戦 - C組2位と、A組・B組各4位のうち成績の悪いチーム
7位決定戦 - C組1位と、A組・B組各4位のうち成績の良いチーム
5位決定戦 - A組3位とB組3位
3位決定戦 - A組2位とB組2位
決勝戦 - A組1位とB組1位

私が予想するに、これは「なでしこジャパンの凋落」の序章であろうと思う。今回はちょっとこれをメモしておこう。

なぜそうか?

というと、実はこれこそ女子サッカーをずっと見てこないと分からないものなのである。私は大分前から女子サッカーも見てきたので、おおよそ予想したとおりである。要するに、女子リーグ世代の変化とともにレベル低下が起こってきたということに尽きる。以下を参照。
なでしこジャパンW杯初優勝おめでとう2:「なでしこは一日にしてならず」」

e0171614_13295395.jpg

e0171614_13295840.jpg
(この記事を書いた頃、私の息子たちが対戦した中学の選手に、道上彩花ちゃんがいた。阿南中vs那賀川中の試合である。私は横で見ていたから、彩花ちゃんが男子を全部後ろからコントロールしている姿を見ている。今では、女子の日本代表である。)


女子サッカーの第一世代は、例えば、澤穂希選手の世代、大野選手の世代は、小中高の時代、特に小中の時代に「男子といっしょに練習してきた」世代である。男勝り、男の子のように育った世代である。今の世代では、道上彩花選手がここ阿南出身で、男子生徒に混じって小中といっしょにサッカー部で過ごした選手である。

なぜなら、当時は女子サッカーチームがなかったからである。女子がサッカーをやりたければ、男の子に扮して行うしかなかった。「だれ、あのちょっとなよっとした上手い子は?」「あの子、女子なんだって!」と父兄やお母さんたちが言っていたような世代である。

しかしながら、大都市を中心に女子校サッカー部、女子中サッカー部、そして女子の小学校チームや、そしてクラブユースの女子専用の育成チームができてくると、今度は、最初から女の子同士でしか試合をしたことがないという選手たちがたくさん登場して来たのである。

身体能力とスピードに勝った男子選手相手に戦ってきた女子と、男子と比べてのろまで優柔不断な女子選手たちを相手に戦ってきた女子とでは、サッカーの感覚に差が出てくるのである。

この後者の代表格が、今回代表招集された、田中美、田中陽子選手たちである。いわゆる「ヤングなでしこ世代」である。大半は浦和やINAC神戸などの女子専門の育成チームから出てきた選手たちである。こうなってくると、男子の日本代表や男子サッカーと同じような”現象”が現れるのである。

男子の場合は、Jリーグの下部組織のクラブユース出身者と高校サッカー部出身者がこの差になってくる。クラブユースは、幼少期から「選抜試験」を受けて入るから、中に所属している選手がみんなうまい。あらゆる点で他のチームより優れている。幼少期に優れているということは、「早熟だ」ということである。つまり、クラブユースは、地方の「早熟でうまい選手」を根刮ぎする。だから、相手にはその残りが集まる。

したがって、同じ年代で試合をする限りにおいて、同世代には勝って当たり前の状態になってしまう。チーム内で試合するほうが、実際の試合より難しいという状況になる。これが結局、試合中に「手を抜く」、「サボる」、「ちんたらプレーをする」という状況を生むのである。つまり、「いつも必死で一生懸命プレーしない」、「インチキプレーでも試合には大勝する」という状況が生まれるのである。

これが、実はその選手たちを「スポイルする」、「ダメにする」のである。せっかく、良いチームに入って良い指導を受けるのだが、自分たちが強すぎるために、一生懸命にプレーしなくてもいつも優勝する。だから、選手たちが特別意識を持ち、傲慢になり、怠慢プレーをする。あるいは、多少自己中心的なプレーでも許される。サッカーの鉄則通りにプレーしなくても勝てる。言い換えれば、「遊ぶことを覚えてしまう」のである。

この結果、高校レベルから青年時代になると、徐々に相手の下手くそだと思っていた選手たちの身体能力も大型になりスピードも上がり、昔よりずっとうまくなってくると、だんだん自分たちが通用しなくなってくるのである。

ところが、一方の高校サッカー部ではそうはいかない。練習をしないもの、しっかりしたプレーしないものは、レギュラーから外される。高校総体や選手権などすべてトーナメントの一発勝負である。一回でも負ければ終わり。だから、上手い下手以前に常に全力プレーしなければ勝てない。いい心がけを培って、「運を味方につける」。そうでもしなければ勝てない。そういう状況になる。

これが、日本代表の岡崎選手や元日本代表のゴン中山選手たちがレギュラーになっていられた基本的理由である。彼らは高校サッカー時代にそういうメンタリティーを身につけたからである。サッカーの上手い下手ではない。身体のあるなしではない。とにかく、チームのために懸命に動きまわる精神を身につけたからである。

ところが、ユース出身者にはこれが希薄になる。中には、読売ユース時代には神童と言われたような伊藤リオンですら、関東連合の愚連隊や殺人チームの仲間入りをしてしまったというのである。いかに精神を鍛えることが大事か分かるだろう。スポーツは、体でも技でもない。最後にモノを言うのは、精神性なのだ。

これと非常に似た状況がそろそろ女子サッカーにも見えてきたナ、というのが、私個人の見解なのである。田中選手たちは、最近のU20ワールドカップでも非常にいい活躍をし、うまい選手である。しかし、自己中心的で、フォア・ザ・チームやサッカーの鉄則を外した場面が非常に多かった。結局、私は頑張ったけど試合には負けちゃった、という試合だったのである。そこが、澤選手の世代たちとは大きく異るように見えるというわけである。

この問題を、私はだいぶ前から(昔の拙ブログKiKidoblog時代から)「子供横づなの問題」と称して指摘してきた。小学生横綱が大相撲の横綱になることはまずない。子供時代に大柄で強い柔道選手も世界レベルでは小粒になる。だから、子供の時早熟で大柄の選手にも、実際には小柄な選手としての基本を身につけさせないと、世界では通用しないという問題である。どのスポーツにおいても日本人は極めて小粒である。だから、国内で大きく見えてもそれは国内の話であり、世界レベルに通用するのは小粒としての基本技術なのである。日本人選手が大きなプレーをしては世界では通用しないのである。だから、いまのヤングなでしこも国内ではそこそこ通用しても国際大会ではまったく通用しなくなるのである。これは、故柘植俊一博士が日本の柔道についてソウル・オリンピックの時代から言ってきたものである。日本人は小粒としての技の基本を身につけなければ世界には通用しないと。

女子サッカーも高校まで男子サッカー部所属義務とか、そういった特別ルールを課さないと、日本の男子以上に大柄の欧州の女子サッカー選手相手にはまったく歯がたたなくなるはずなのである。

まあ、私個人の見方だけどナ。

いやはや、なでしこジャパンの将来はちょっと暗雲見え始めたようですナ。
[PR]

  by KiKidoblog | 2013-03-09 11:40 | なでしこジャパン

「チャベスは米CIAに暗殺されたのか?」:その手法をめぐって世界中で話題騒然!?2

(続き)

(い)次にその毒とは何か?

どうもかなり前から米CIAはこれを開発済みだったらしい。諜報機関のない「平和ボケ」の「おめでたい国」の日本では、こんなことはまったく知られていなかったようである。
Chromium, Cancer, and the CIA
e0171614_20483540.jpg

グーグル翻訳:
クロム、ガン、とCIA

によってベンジャミン·ロス 2011年1月6日-

論争は必ず従ってくださいIS レポートを全国の飲料水は六価クロムの痕跡で汚染されていることを2週間前に、がんの原因となる化学物質は、エリン·ブロコビッチで有名になった。 質問は、測定の精度について提起し、少量危険であるかどうかについてのより詳しいされます。 これらは真剣にそれが取られるこの材料の非常に低濃度を測定することは容易ではないですし、工業薬品の毒性は、競合の多年生の対象である持っている質問です。

しかし、物事は、彼らがこれらの議論に見えるとは限らないということです。 科学的不確実性の外観は有害物質の規制をかわすために使用することができ、お金と影響力は、人工不一致を作成するために適用されるように。 1タバコの幹部は有名な宣言として捏造 - などの長い歴史が、今ではありますが、 "疑いは私たちの製品です。"

クロム問題では、環境保護主義者は、その化学物質の毒性を最小化1997中国研究を指す。 証拠はアメリカ企業のために働いコンサルタントは、その調査結果に影響を及ぼしたことが明らかになった後、紙は、それが公開されていた雑誌によって引き込まれた。 しかし、それはクロム科学の斜めの一例にすぎなかった。 物語ははるかに遠く、バックとなり、それは歴史の中心舞台のカーテンの後ろにつながる驚異ねじれを取ります。

クロムと癌との間の接続のニュースは、1930年代に初めて登場した。 ミューチュアル·ケミカル·カンパニー、金属の最大のアメリカのプロデューサーは、心配していたが、そのボルチモアプラントマネージャー論争の回避に助言を与えた。 従業員の間で肺がんは、彼は、1938年に内密にお勧めで発生しました "何度も一般人の発生率。"

リトルは、戦争クロムが不可欠戦争材料であった第二次世界中の問題について行われた。 しかし、平和と肺がんに罹患労働者からの補償請求が来た。 会社の弁護士は、博士はアンソニー·ランツァ、アスベストの癌の危険性を隠蔽する時に忙しかった職業病の専門家になった。 クロム業界にとって、アスベストスタイルのカバーアップオプションではありませんでした、あまりにも多く、すでに公開されていた。 ランツァは、公表される結果と、会社主催の勉強をお勧めします。 業界主催の産業保健センターで長年働いていた博士はウィラードMachleは、研究をリードするために持って来られた。

Machleは、同社がすでに知っていることはもちろん、発見した。 彼はクロムの労働者は一般市民よりも25倍も高い肺がん率を持っていたことを1948年8月に報告した。 それまでに、ミューチュアルは、新しい、よりクリーンな工場を建設しましたが、クロムのメーカーはまだコントロール下に科学的知識の進歩を維持するように努めた。 彼らは一つの研究の範囲を限定することを公衆衛生局に働きかけ、国立がん研究所の別の科学者の研究をシャットダウンするには、歳出の削減の脅威を使用していました。

今でMachleはクロム絵から出ていたが、彼のキャリアは、最も意外な回転を取った。 四ヶ月彼のコンサルティング報告書の公表後、彼は中央情報局(CIA)のアシスタントディレクターとして雇われた。 彼は仕事、それがソ連が原爆を造る方法を迅速に把握することであった科学的知能の新しいOfficeを率いた。

Machleは次のように記述され公式の歴史 "陰謀と舞台裏の活動のための異なった才能、"彼はCIAで目立たせることが確かに異なるされている必要が形質を持つものとして。 彼の任期は嵐の一人だった。 ソ連はすぐに数年による予測の前に、爆弾を爆発させたが、彼はエラーの責任を偏向させることに成功しました。 彼はCIAのために新兵器システムの発明にスパイの仕事を獲得し、軍の諜報機関と戦った。

ターフの戦いは、あまりにも自分の機関内富んだ。 他者によって収集された情報の分析に限定ミッションに不満を、彼は科学的な秘密を集めた覆面捜査官の制御を取るように努めた。 この目的のために、彼はヨーロッパで広範囲に亘る旅を引き受け、の詳細は機密解除されたCIAの履歴から削除されました。 我々は彼が政府機関のスパイがアナリストを教えて不本意だった秘密を明らかにするサブ·ローザの試みを企画していること、しかし、言われています。 これらの演習は、すぐに彼自身の組織の他の部分へのスパイ行為で告発、Machleが即決1950年2月に解雇され、検出された。

米中央情報局(CIA)は、しばしば公平に事実を判断し、その代わりに、彼らが聞きたい、その政治の主人に告げるの本来の使命から逸脱と非難されている。 しかし、クロムの原子からスパイへMachleの突然のスイッチが、その本来の使命約1不思議になります。 なぜ産業医学の男が核スパイを任されたのですか? なぜこの重要な事実調査の仕事は不快な真実の発見を回避する上で専門家に割り当てられていた? そして、そのことについては、CIAの接続は有毒化学物質についての私達に何がわかるのでしょうか? しばしばクロム研究のパイオニアとして挙げ、Machleは冷静な科学者よりも、はるかに少ないことが判明した、とはるかに。

ウィラードMachleは、1976年に死亡した。 彼の話は最後の文学的なタッチで終了します。 Machleの死亡記事は、米中央情報局(CIA)についての言葉ではないと言う蘭との栽培に専念して男を描いている。

ベンジャミン·ロスの著者である私たちの化学的に変更された環境の形成-汚染者 (オックスフォード大学出版局、2010)。 彼はワシントンでの環境コンサルタントであり、クロムの製造現場のクリーン以上の訴訟でのコミュニティ·グループのための専門家となっています。
この元CIA工作員によれば、CIAは「六価クロム」を使っていたということらしい。これを使うと癌になる。

ところで、この六価クロムという物質は、その昔我が家でも宝石研磨剤として使っていたものである。ところ狭しと、これがセメント剤の袋のようにして置かれていたものである。これは緑色の粉で、それを水と一緒にして宝石研磨したのである。今で言えば、恐ろしい話だが、甲府の宝石製作所ではそんなことをやっていたのである。そのうち、公害問題が発生し、六価クロムの研磨剤は廃れていったのである。まあ、普通の人はまず見たことはないだろう。当時小学生だった私もこれをかなり吸ったかもしれないネ。

また
During the 1950s CIA developed cancer-causing drugs for use in political assassinations.
Check out this website I found at karws.gso.uri.edu
drugs that would produce what appeared to be 'natural' death

1952 agency memo reports on the cancer-inducing uses of beryllium: 'This is
certainly the most toxic inorganic element and it produces a peculiar fibrotic
tumor at the site of local application.

The amount necessary to produce these tumors is a few micrograms.'

The same memo talks of the possibility of developing techniques for getting beryllium into the victim's lungs by having it inhaled in small doses."

an underground medical laboratory which induced cancer into animals.
には、ベリリウムの使用とある。

というわけで、結論は、すでに米CIAや北朝鮮や英MI6やイスラエルモサドやロシアのKGBなどでは、特殊な銃やペンを使って、ジェームズ・ボンドさらながらに、毒を仕込む手法を少なくとも1950年代から使用していたようである。そして、その毒は、六価クロムやベリリウムらしいということになる。

ちくっとやられたら、ほぼご臨終ですナ。かの小渕首相も怪しかったネ。

な、警察庁よ、速やかに「銃刀法」を改正し、自動車免許制と同じように「銃所持免許制」にすべきだよ。そして「正当防衛」で不遜犯罪者をその場で射殺できるように法改正すべきだ。さもなくば、警官や自衛官ですら簡単にイチコロだよ。政治家が何人やられたことか? 
  

おまけ:
石原慎太郎が危篤状態!?風邪をこじらせ緊急入院 ⇒ 面会謝絶に…2ch「これはヤバイな」「アカン…もう棺桶に片足入っとるやろコレ」「平沼は本当に会ったの?」「デスクとの会話ですね、分かります」「次のニュース速報は…」
e0171614_1281534.jpg
この人もチャベスといっしょのお役御免なんでしょうか? 人は簡単に用済みにされてしまうのか? だれだ? そんなことをしているものは?
[PR]

  by KiKidoblog | 2013-03-08 21:11 | コンスピラシー

「チャベスは米CIAに暗殺されたのか?」:その手法をめぐって世界中で話題騒然!?1

みなさん、こんにちは。

今回は非常に物騒なお話をメモしておこう。

ベネズエラの
チャベス大統領
e0171614_201783.jpg
が「ガン」でご逝去された。まずはご冥福を祈りたい。

これに関連して最近世界中で話題騒然となっているのは、「はたしてチャベス大統領は暗殺されたのかどうか?」ということである。

というのは、南米の大統領たちがことごとくガンでご逝去(ないしは発病)されていたからである。以下のもの。
中南米首脳にがん続発はCIAの陰謀か?[春名幹男「国際情報を読む」]中南米首脳にがん続発はCIAの陰謀か? [春名幹男「国際情報を読む」] (日刊ゲンダイ)

そうなると、「アメリカの陰謀論」がくすぶるだろう。特に近年、中南米左派政権指導者にがんが続発している事実が指摘されるだろう。

過去3年間で、ブラジルのルラ前大統領(喉頭がん)、
e0171614_2022658.jpg

ルセフ現大統領(リンパ腺がん)
e0171614_20224549.jpg

ルゴ前パラグアイ大統領(リンパ腫)、
e0171614_2024429.jpg

反米ではないがサントス・コロンビア大統領(前立腺がん)、
e0171614_20245631.jpg

に続き、チャベス氏に骨盤がんが発見された。

そこで、今何が世界の陰謀暴露論者の間で話題騒然かというと、

CIAは自由自在にガンを起こす方法を持っているのか? きっとそうに違いない。

というものらしい。

米CIAが南米の政治家に「エコノミック・ヒットマン」を送り込む。そして政治家がヒットマンのいうことを聞かなくなれば、ジャッカル(CIA暗殺者)を送り込むことはすでによく知られている。
エコノミックヒットマン:ジョン・パーキンスが語る、世界の現実!

エコノミック・ヒットマン
e0171614_11492479.jpg
それゆえ、昔のケネディー暗殺のような派手なやり方はもうしないのだが、何らかの薬や方法によって、政治家を心臓麻痺やら、脳梗塞やら、ガンで徐々に殺していく。そういう手法を確立していたのではないか?という疑問が出ているのである。

そこで、いろんな人々が

その手法とは何か?
心臓麻痺を起こさせる薬とは何か?
ガン化する薬とは何か?

をいま追求中だというのである。

そこでそんなものをいくつかメモしておこう。

(あ)まず、心臓麻痺を起こす方法とは?
Assassinations By Induced Heart Attack And Cancer
心臓麻痺やガンで暗殺する
e0171614_20354366.jpg


List of CIA-induced heart attack/cancer assassination methods revealed

グーグル翻訳:
誘発心臓発作やがんによって暗殺
Share on facebookShare on twitterShare on emailShare on pinterest_shareMore Sharing Services
456

我々の過去1975年のリマインダー

編集者注:別の場所でアフガニスタン、ノルウェー、イギリス、リビアとの最近の出来事を踏まえて、私たちの本当の歴史を思い出させるものが必要になることがあります。
1975年には、中に教会委員会の公聴会 、秘密の暗殺兵器の存在が明るみに出た。 CIAは即時の心臓発作を起こすように被害者を発生させた毒を開発していました。

この毒は、ダーツの形状に凍結し、ピストルから高速で発射される可能性があります。 銃はダーツがターゲットの服を介して右に行くとちょうど小さな赤いマークを残すだろうと十分な速さで氷の弾丸を撃つことができた。

一度体内に毒を溶かしてしまうだろうと血液中に吸収されると、心臓発作を引き起こす! 毒は、近代的な検死手続きでは検出できないように開発されました。

あなたは人の癌を与えることができますか? 動物でのがんは、がん、ウイルスや細菌とそれらを注入することによって引き起こされることができるなら、それは確かに人間と同じことをするのは可能でしょう! 1931年、コーネリアスローズ、医学研究のためのロックフェラー研究所の病理学者は、意図的に癌細胞とプエルトリコで人間の被験者に感染し、そのうち13人が死亡した。

プエルトリコ人の医者は後でローズは意図的に彼の実験の詳細の一部を隠蔽し、ローズ自身は、彼がすべてのプエルトリコ人は殺されるべきだと考えている旨の書面による証言を与え、彼は後に米軍の生物兵器施設を設置するために行くことを発見したがメリーランド州フォートデトリック(HIV /エイズウイルスの起源、鳥インフルエンザウイルスと豚インフルエンザ/-H1N1ウイルス)、ユタ州、パナマ、彼は放射線被ばくの一連の実験を開始する米国原子力委員会に指名されているアメリカの兵士と民間病院の患者に。

質問への答えは - あなたが人の癌を与えることができます - yesです。 研究開発の約80年後には本当の心臓発作をシミュレートするために、健康な人のがんを与えるための方法は、今がある。 どちらも、暗殺の手段として用いられてきた。 剖検で検索する内容を正確に知っていた唯一の非常に熟練した病理学者は、本物から暗殺誘発心臓発作や癌を区別することができた。 

脳出血の心臓発作、動脈瘤破裂、 "自然な原因"による死亡はありますか? 政府機関はあなたの心拍数、血圧、または血管拡張に影響を与える方法を見つけていない場合。

神経学的な研究は、脳が準備セットと呼ばれるそれぞれの自主的な動きのために、特定の周波数を持っていることを発見した。 心臓ではオフに与えられたELFの信号を含むマイクロ波ビームであなたの胸で焼成して、この器官は、混沌とした状態、いわゆる心臓発作に入れることができます。 彼らはトラブルを起こす前に、この方法では、心臓発作を起こしやすい政党の知名度の高い指導者が死滅することができます。

ジャック·ルビーは、殺人のための彼の有罪判決が控訴裁判所で却下されていたと彼はダラスの外で裁判を受けることを命じられた数週間後に癌で死亡した - このように、彼はそう望まれているなら、彼は自由に発言することができます。 話してから彼を防止するために、リー·ハーヴェイ·オズワルドを殺しジャック·ルビーに少しためらいがあったので、彼が持っていたアメリカ政府の人々に脅威を与えていた場合、それ以上の配慮がジャック·ルビーが示されていることを疑う理由はありませんジョン·F·ケネディ - 米国の大統領を殺害する陰謀を企てた。

マット·シモンズ、石油業界の専門家は、BP湾の石油流出のオバマ政権の隠蔽工作の上にブロワー口笛旋削用暗殺された。 急死した投資銀行家マット·シモンズは、エネルギー業界のインサイダーとプロファイルを持つ彼は、サウジアラビアは石油と世界生産が不足していることを書いたときにピークに達して急騰した大統領補佐官だった。 シモンズ(67)は、メイン州の彼の別荘で死去した。 状態検視局により剖検は、彼が偶然溺れ死んだことを月曜日の結論 "要因として心臓病を持つ。"

彼の2005年のベストセラーの本、砂漠のたそがれ:来るサウジ石油ショックと世界経済は、彼に広い聴衆をもたらした。 本は、サウジアラビアが大幅にその石油埋蔵量の大きさを誇張して、最大の油田は、枯渇しつつあり、世界は深刻な石油不足の危機に瀕していたことがあると主張した。 この啓示はイランによってバックアップされます。 イランは中東の石油の供給が迅速に乾燥されており、その理由のためにそれが今の原子炉の構築に注力しているのを知っている。 一度オイルは、イランがエネルギー自給自足になり、中東で唯一の国であろうが不足しています。 サウジアラビアなど他の中東諸国のすべてが、第三世界の貧困状態になります。

旧ユーゴスラビア大統領スロボダン·ミロシェビッチも暗殺された。 彼はハーグ裁判所で拘置所で死んでいた。 ミロシェビッチ氏は、1990年代のボスニア、クロアチア、コソボでの戦争の彼の疑惑の中心的な役割のために、戦争犯罪と人道に対する罪の容疑に直面していました。 彼はまた、10万人が死亡し、1992年から1995年ボスニア戦争の上のジェノサイド容疑に直面していました。
ミロシェビッチは、彼が刑務所で毒殺されていたと主張し、一日彼の死の前に手紙を書いた。 それはミロシェビッチの身体は彼の死につながった心臓発作を引き起こし、高血圧や心臓病の彼の非効率のための彼のいつもの薬をレンダリングする薬剤が含まれていたことが明らかになったとして剖検では彼の主張を検証した。 

元MI6のエージェントリチャード·トムリンソンは、彼はドライバーがクラッシュを引き起こすために制定され、光とリモート制御ブレーキの故障のフラッシュに目がくらんであろう上演自動車事故の手段によって暗殺ミロシェビッチを議論し、1992年の文書を見たことを記者団に語った。 これと同じ手法は、ダイアナ妃の殺害の本当のために利用された。

ミロシェビッチが殺害された場合は、最終的な責任を誰でしょうか? 北大西洋条約機構(NATO)。 なぜNATOは? ICTY(または 'ハーグ裁判所')は国連機関として世界に自分自身を提示するも、北大西洋条約機構(NATO)当局者は自身が公の場で、明らかにされている、ので、それは本当にNATOに属します。 NATOは検察官を任命し、北大西洋条約機構(NATO)に対してどんな戦争犯罪の告発を調査除外を判定する。 それは、彼が亡くなったハーグ裁判所のスヘーフェニンゲンの刑務所の囚人だったスロボダン·ミロシェビッチが、北大西洋条約機構(NATO)の囚人だったということになります。 NATOは彼を殺す動機と機会の両方を持っていた。

2002年3月に、ミロシェビッチはFBIの文書は、米国政府とNATOの両方がセルビアに対して、その戦争でコソボ解放軍を支援するためにアルカイダのための金融と軍事的支援を提供したことを証明するとともに、NATO制御ハーグ法廷を提示した。 これは一度に一つの対テロ戦争を売却しようとイラクを侵略正当化するために準備を進めていた米国防総省とホワイトハウスであまりにもよくダウンして行きませんでした。

戦争犯罪のミロシェビッチの裁判中に、NATOはセルビア人がコソボRacakの町でアルバニア人の民間人の虐殺を犯したと主張した。 裁判所に提出された証拠は、NATOの主張はデマだったことが明らかになった。 Racakにおける虐殺の主張は、NATOが1999年3月24日(絨毯爆撃はアメリカ空軍当時の大統領ビルとヒラリークリントンで強制認証によって行われました)でセルビア人を爆撃開始するために使用するという口実であったので、これは特に恥ずかしいです。

その後、NATOはセルビア人はたぶん10万アルバニア人の民間人を殺害していたと主張した。 しかし、NATOの独自のフォレンジックは、彼らはミロシェビッチの軍によって殺害アルバニアの民間人であっても一つの体を見つけることができなかったことを報告した。 任意の遺体を見つけるために、失敗は最終的に単一の跡形も無く(クリントン場所を爆撃じゅうたんた間)セルビア人はたぶんセルビアにディープフリーザーのトラックに遺体の何千人も移動させることで大量虐殺を隠蔽したとNATOの不合理な主張につながった証拠。 しかし、ハーグ裁判所はこれらの非難だけでなく、完全に詐欺であることを示した。

ミロシェビッチは、彼はそれがへの道の次のステップだったので、謎に包まれたinternationalistsのグループはバルカン半島で混乱を引き起こしたのかを議論しているいくつかの演説された "新世界秩序"を

2000年2月のセルビア議会のスピーチの中で、ミロシェビッチは、次のように述べて
"スモールセルビアとその中の人々は抵抗が可能であることを実証した。 国と人々の間で自由の擁護者に対する暴力と復讐の憎悪、恐怖、新しいフォームを生成する、より広範なレベルで適用され、それは主に圧政、覇権に対する道徳的、政治的反乱として組織され、独占主義、このような抵抗は、エスカレーションを停止する現代の異端審問。

ウラン爆弾、コンピュータ操作、麻薬中毒の若い暗殺者と新世界秩序の同盟国に昇格恐喝国内の凶悪犯の賄賂、これらは彼らの残酷さと皮肉、復讐暴力の以前のすべての形で、上回っている異端審問の楽器です過去に人類に対して犯した。 "

7000イスラム教徒が死亡したスレブレニツァ虐殺のようにミロシェビッチを結びつける証拠は、詐欺であることが証明されました。 実際には、スレブレニツァはただルワンダのように、国連平和維持軍が意図的に撤回し、虐殺が展開させ、その後ミロシェビッチ非難まだ、 "国連安全地帯"であった。 スレブレニツァの虐殺で国連の関与のミロシェビッチのエクスポージャーは、法廷転写物が重くNATOによって編集され、検閲されたもう一つの理由だったし、彼がその親権に入ったままの状態で北大西洋条約機構(NATO)のためのもう一つの要因は、彼を殺害する。

NATOのハーグ裁判所は明らかにその唯一の目的はすべてのユーゴスラビアのNATOの破壊が正当化されたことを、世界中の普通の人々を説得することであったカンガルーの裁判所であった。 NATOは(証拠の合計不在はこれが困難になりました)独自の法廷でこれを示すことができなかったので、ミロシェビッチ殺人への強力なNATOの動機は確かにそこにある - 彼の無罪を防止する。

このように、NATOはミロシェビッチが有罪であることを主張し続けることができ、誰もそれが戦争犯罪を犯しNATOの指導者(特に米国大統領ビル·クリントン)で人類と大量虐殺に対する罪であ​​ることを示した証拠の山に調査を開始しないであろうユーゴスラビア。

だから多くの人は、それが "彼らの標的癌を与えたり、大規模な心臓発作を誘発することによって人々を暗殺されている"質問をするために今の時間であることを歴史の中で都合の良い時に癌でで行われてきましたか? 誰がヒットした理由を命じた?

彼は彼が作った傘毒矢銃を説明どこ氏チャールズSenseney、フォートデトリック、メリーランド州にあるCIAの兵器の開発者は、1975年9月に上院諜報委員会で証言した。 彼は、それは常にそれが注目されることのないようwebingを通して発射、傘を開いた状態で群衆に使用されたと述べた。 それは黙っていたので、群衆の中に誰もそれを聞くことができなかったし、暗殺者は単に傘を畳むと、群衆を離れて散歩だろう。

ジョン·F·ケネディの暗殺事件のビデオ映像は、Dealeyプラザで使用されているこの傘銃を示しています。 運命の日に解雇さ最初のショットは、常にケネディに麻痺効果があったように見えたことが11月22日のイベントは、1963年のショーのビデオの証拠。 彼の拳を握り締め、彼の頭、肩、腕がこわばるように見えた。 剖検では、彼の首の小さな入口傷があったことを明らかにしたが、彼の首となし弾丸を通して弾丸パスの証拠はこれまで、その小さなサイズと一致したことを回収されなかった。

チャールズSenseneyはフォートデトリックで彼の特殊作戦本部は、エキゾチックな兵器を開発する米中央情報局(CIA)から割り当てを受けていたと証言した。 武器の一つは、いくつかの時間のための行動のそれを出すために番犬に毒矢を撃つことができるハンドヘルドダーツ銃だった。 審査は犬が行動から追放されていたことを明らかにならないようにダーツと毒は何の痕跡も残っていない。 CIAは、これらの兵器の約50を注文し、運用にそれらを使用。 Senseneyはダーツが人間を殺すために、彼はこれがCIAによって行われていたという可能性を排除することができませんでした使用されている可能性があるという。

CIAのために開発された毒の特殊なタイプは、心臓発作を誘発し、剖検は、この特定の毒を確認するために実施されていない限り、いかなる外部からの影響の痕跡を残さない。 CIAは1970年代初頭に様々なアカウントで、この毒を明らかにした。 CIAはあっても、議会の公聴会で心臓発作を誘発するものダーツを発射した武器を明らかにした。

この秘密のCIAの武器からダーツは衣類に浸透し、皮膚の上に何も小さな赤い点を残すことはできません。 致命的なダーツの普及で、暗殺の対象となる個人は、蚊に刺されているかのように感じるかもしれない、またはそれらがまったく何も感じないかもしれない。 毒ダーツは完全にターゲットに入ったときに崩壊する。

致死毒はその後急速に心臓発作を起こし血流に入る。 損傷が完了したら、毒は剖検が心臓発作が自然な原因以外の何かから生じていることを検出することは非常にありそうであるように、迅速に変性させる。 元CIAエージェントがダーツが液体の毒凍結形で作られていたことを明らかにした。 彼女はダーツがターゲット内に溶かしてしまうだろうし、唯一のエントリポイントで非常に小さな赤い点を残すであろうことを明らかに - ジョン·F·ケネディの剖検時に発見された小さな入口傷の同じタイプを。

被害者は自然の原因で死亡したという印象を残して、50年以上にわたり暗殺はとても巧みに行われている。 プロKGBの暗殺者ボグダンStashinskiyは西に亡命し、彼は首尾よくそのような2つのミッションを実行していたことが明らかになったときにこれを達成するために使用されるテクニックのいくつかの詳細は、1961年に明るみに出た。

1957年、彼は明らかに心臓発作の死者犠牲者を残し毒蒸気銃でミュンヘンのウクライナエミグレ作家レフRebetを殺した。 バンデラの死が完全に自然の原因からであったことが認められたことはなかったものの、1959年には、同じ種類の武器は、ウクライナのエミグレリーダーステパン·バンデラで使用されていた。

目撃者の中でも、誘導された心臓発作やがんによって排除されている可能性があり大切な人との共謀者は、次のとおりです。ジャックルディ(彼がJFK暗殺について議会で証言することに合意したわずか数週間後に、積極的ながんの診断未確定の形に起因する脳卒中で死亡)、クレイ·ショー、J·エドガー·フーバー、Earleneロバーツ(オズワルドの土地女性)、マーリンモンロー、スロボダン·ミロシェビッチ、ケネス·レイ(エンロンの元CEO - ゴージW·ブッシュとチェイニーの最大の政治運動の寄稿)、マット·シモンズ、マーク·ピットマン(金融危機を予測し、連邦準備misdoingsを露呈した。ピットマンは、より精査に連邦準備制度理事会を開くために戦ったレポーター)、エリザベス·エドワーズ(夫はの大統領候補バラク·オバマとヒラリー·クリントンに反対運動を展開している間に突然がんと診断された米国。

2007年5月に外交問題評議会の選挙演説中に、エドワーズは対テロ戦争政治的な理由のために作成され、それが米国の安全を確保するための計画はなかったことをされたスローガンと呼ばれる。 彼はバンパーステッカーにそれを比較して、それが米国の同盟関係を損傷し、世界の中に立っていたことにさらに行きました。)、...、あらゆる政治的に率直な人の名前をここに入力した心臓発作で予期せず死亡したり、ブロワーまたは証人を口笛迅速不治の癌で死にました。


これは、写真にあるような、特殊な銃で打つというものである。なんとこの弾丸は氷。その氷の中に薬を仕込み、それを至近距離で発射する。体内に入った玉はすぐに溶け、毒が回り、心臓発作を起こす。

これは北朝鮮の使っていた「ペン型」の暗殺針にちょっと似ている。
北朝鮮の「暗殺道具」、韓国当局者がCNNに公開
e0171614_20435837.jpg

ソウル(CNN) 普通のボールペンや懐中電灯とまったく見分けがつかないが、実はその中に毒針や弾丸が仕込まれていた――。昨年ソウル市内で逮捕された北朝鮮工作員から押収した「暗殺道具」を、韓国の捜査当局者がこのほどCNNのスタジオで公開した。
これでチクっとやられたら、すぐに心筋梗塞で心臓発作。最近、中国大使がこれでやられたよね。

(続く)
[PR]

  by KiKidoblog | 2013-03-08 21:10 | コンスピラシー

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE