<   2013年 04月 ( 46 )   > この月の画像一覧

 

ミッションインポッシブル:エピソード「ボストンマラソンを爆破せよ!メーデーの捧げもの」

ミッション:インポッシブル ダイジェスト予告編


みなさん、こんにちは。

もはや、ボストンマラソン爆破テロは、まさにインサイドジョブの典型中の典型であったことは明白である。まさにメーデーのための血の捧げもの、そして、「大統領があいつはテロリストだと言えば、そいつはテロリストになる」という、通称「オバマ法案」の実演場と化したのであった。もはやアメリカは「自由の国アメリカ」ではなく、その昔のKGBのソ連のように「今日のアメリカ連邦共和国(=ア連)」とあいなったというわけである。

一見不可能に見えるすべては最初から綿密に計画されてできた「マッチポンプ劇」であったといえるだろう。以下のものである。
FBI Psyop Press Conference INFOBOMBED!


壁の中からすっと現われる不審者の姿あり。一番右端に注目。
e0171614_723888.jpg

e0171614_7163234.jpg

e0171614_7163976.jpg

チェチェン人兄弟が通り過ぎた後に右側の壁からすっとその後ろ姿を確認しながら、左耳に仕込んだ無線機で連絡するエージェントの姿もしっかり捕らえられていた。すべては「仕込まれたワナ」であったということですナ。プーチンの反撃が怖いヨ。俺は知らね〜〜。

スモーキングガンショット
e0171614_7393491.jpg
「すべては計画されていた」わけですナ。
この青年にアカデミー「演技」賞をあげようヤ!
e0171614_8515549.jpg

地震やらテロやら 好き勝手にやってくれますねぇ――ボストン・マラソン爆破事件も大いに「ヤラセ」の可能性より
例の「両足を失った血みどろ足の青年」は、すでにアフガンで両足を失っていた青年であった。これなら出血多量で死ぬはずがないヨナア。NWOは人間の感情の特性のすべてを突いて来るというわけですナ。

問題は、これがオバマの「銃刀法規制法案」不成立の時の脅しとしての報復で行われたのか、あるいは、もっと別の特殊な重要法案を通すためのカモフラージュとして行われたのかどうかということであろう。おそらく、その両方だったのだろう。さもなくばこれほど金と時間と人材をかけてまでして行うはずはないからである。

マシュ〜〜君、アセンションまだ〜〜??? 古歩道君、大量逮捕まだ〜〜???
いやはや、世も末ですナ。


おまけ:
これには右端の私服の工作員の顔もしっかり映っているようですナ。

[PR]

  by KiKidoblog | 2013-04-22 08:35 | コンスピラシー

Wanted !:いまや世界ネット民たちは、この2人を捜索中!もはや逃げ場はないヨ!



みなさん、こんにちは。

いや〜〜、ジム・ストーンの情報が、デービッド・アイクのサイトにも登場。我が方の情報
ボストン・マラソン爆破テロ事件、すでにネット上では「真犯人の姿」がキャッチ!?
がついにデービッド・アイクより先を行ったようですナ。以下のものである。
e0171614_21105140.jpg

Boston: The Tale of Two Backpacks
ボストン:2つのバックパックのしっぽ
e0171614_2134929.jpg

へい、背荷物はどこへ行ったの〜〜?



e0171614_2119185.jpg

e0171614_21194397.jpg
偽旗テロ攻撃の5つの兆候
1)公衆にショックを与えるために恐怖映像がメディアにより繰り返し使われる。
2)同日に同じ地域で類似の攻撃訓練が起こる。
3)目撃者の証言は当局の話と食い違う。
4)矛盾する証拠はメディアではまったく取り上げられない。
5)権利の制限や戦争開始のための口実として使われる。

いやはや、世界はこの2人の顔をしっかり覚えてしまった。ウォンティッド!

もはやこの二人に逃げ場はない。いずれ土左衛門になるだけだろうナア!
くわばら、くわばら。
[PR]

  by KiKidoblog | 2013-04-21 21:11 | コンスピラシー

四月中旬とアメリカの暴力は関係ありですか?:メーデーへの血の捧げものだとサ!?

みなさん、こんにちは。

いやはや、四月中旬のアメリカでは伝統的に「血なまぐさい事件」が勃発する。どうやら米CNNがその理由とは何か?について、すでに2011年に特集記事を掲載していたらしい。長いので冒頭のみメモしておこう。以下のものである。
元記事:What is it about mid-April and violence in America?
グーグル翻訳:四月中旬とアメリカの暴力について、それは何ですか?
e0171614_18383782.jpg

約20年前、76人がウェイコ、テキサス州の近くにFBIの襲撃時に命を失った。 CNNのドリューグリフィンで土曜日の夜8 ET / PTと11 ET / PTで、それらのイベントを見て"ウェイコ:信仰、恐怖&ファイアー"
(CNN) - 4月中旬には、最近の米国の歴史の中でいくつかの恐ろしい攻撃の記念日をマークします。
1993年4月19日- ウェイコ大虐殺 :FBIの襲撃が、76名の男性、女性、そして子供たちを殺す、ダヴィディアンという宗派の複合施設の延焼に導いた。
1995年4月19日- オクラホマシティ爆破事件 - 168人が殺された。
1999年4月20日- コロンバイン高校乱射事件- 13人が殺害され、21人が負傷。
2007年4月16日- 米バージニア工科大学乱射事件 - 32人が殺され、17人が負傷。

オクラホマシティーの爆撃はウェイコ周年に一致するように行われた。 そしてそれは、コロンバインのシューティングゲームは、アドルフ·ヒトラーの誕生日または多分ワコをマークするために、その攻撃をしたかどうかは不明だ。
この種の攻撃は、より一般的になり、この時期についての何かはありますか?
(以下省略)

さて、この理由については、どうやらモルモン教の飛鳥昭雄のいう、キリスト教原理主義者=悪魔主義カルトの組織が信仰している「バアル神への捧げものの儀式」のためだろうという主張が、以下の記事で述べられているようである。
さてはてメモ帳
4月の終わり:人身御供の季節 Apr 18th, 2013 Vigilant

なぜ我々はしばしば、4月の後半に、悲劇と無意味な死を目の当たりにするのか? この期間中に発生した暴力的な出来事のリストは、ただ驚異的である。 ここでは、それらのいくつかをあげてみる。

1993年4月19日- ウェイコ大虐殺 :FBIの襲撃が、76名の男性、女性、そして子供たちを殺す、ダヴィディアンという宗派の複合施設の延焼に導いた。

1995年4月19日- オクラホマシティ爆破事件 - 168人が殺された。

1999年4月20日- コロンバイン高校乱射事件- 13人が殺害され、21人が負傷。

2007年4月16日- 米バージニア工科大学乱射事件 - 32人が殺され、17人が負傷。

2013年4月16日- ボストンマラソン爆発事件 - 3人が殺され、107人が負傷。

2013年4月18日- テキサス州の肥料工場爆発、 - 5-15人が殺された(この出来事はほぼ正確に、ウェイコ大虐殺の20年後、同じ地域で発生していることに注意。また、1947年4月16日に、硝酸アンモニウムを積んだ一隻の船が、テキサスシティの港に停泊し、炎の中で爆発し、約576人を死に至らしめた大規模な爆発を起こした)。

その期間中に発生した他の多くの暴力的事件があった。 実際、CNNは、4月中旬とアメリカの暴力には何がある?と題した記事を、2011年に発表し、4中旬に発生した出来事を論じた。 悲しいことに、その記事は、「陰謀論者」をただ非難し、そして基本的に「もしあなたがマスメディアよりもさらに進んで答えを探し求めるならば、あなたはクレイジーで、潜在的に危険である」と述べた。 しかしながら、2年後、その暴力的な傾向は継続している。

それはすべて偶然か? 知っている者たちにとって、偶然のようなものはない。 2011年に、私は、4月30日と5月1日の間に発表されたビンラディンの死についての記事を書いた(参照:なぜ9/11の背後にいなかった人物の死が、5月1日に発表されたのか) 。 その記事の中で私は、5月1日(メーデー)の儀式的意義と、オカルトエリートにとって依然として重要である神:バアルとの、その関係について簡単に説明した。

(以下省略)

まあ、結論を要約すれば、彼ら悪魔主義カルトは、西暦奇数年の4月中旬を、5月1日のメーデーへの捧げものを捧げる時期だと考えているということらしい。あるいは、2011年のこの時期には、チャールズ皇太子の息子のウィリアムズ王子の結婚
e0171614_21264357.jpg
があったように、自分たちの王族を祝う儀式を行うらしい。

そんなわけで、我々一般人には「知らぬが仏」というわけで、結局何も知らずに彼らの儀式のための血の捧げものにされるゴイム(家畜)に過ぎないということらしい。

奇数年の2015年の4月中旬や2017年の4月中旬など、こういう時期には、アメリカでは非常に悲惨な事件が起こる可能性が高いのだということになろう。

いやはや、いつになれば、大量逮捕やら大量アセンションしてくれるんでしょうナア。
世も末ですナ。
[PR]

  by KiKidoblog | 2013-04-21 18:54 | コンスピラシー

ボストン・マラソン爆破テロ事件、すでにネット上では「真犯人の姿」がキャッチ!?

みなさん、こんにちは。

いや〜〜、さすがに欧米のフリーのジャーナリストたちは根性が据わっている。すでにインターネット上では、本当の「真犯人」の姿がキャッチされ、ほぼ特定されたようである。以下のものである。

(あ)まずは、爆発物の置かれた場所と問題の爆発物の爆発する前のものとされたもの。
e0171614_15352741.jpg
これを見る限り、そうとうに大きな物体である。しかし、実際の映像から見た限りでは、爆発はこの場所ではなかったようにも見えた。

爆発後のものとされた残骸はこれ。
e0171614_15433254.jpg

(い)311東日本大震災の人工爆発の証拠を流布して米偽ユダヤ人権力から目の敵にされてメキシコに居住地を移した、フリージャーナリストのジム・ストーンのサイトによれば、今回の事件もまた用意周到に計画された「プロによる犯罪」だということのようである。その証拠がすでにインターネット上で拡散中である。以下のものである。
犯人たちは、少なくともこの3人と別の2人の数人の特殊部隊。
REAL PERPS IN THE BOSTON BLAST FOUND
e0171614_1538012.jpg
そして、この2人も現場で連絡を取りながら、行動していた姿が捉えられていたという。以下のものである。
e0171614_1541717.jpg

e0171614_15334336.png

 (う)一方、犯人とされた兄弟の姿。
e0171614_1546926.jpg

e0171614_1545239.jpg

はっきり言って、観客の大半はこの兄弟のような恰好をして来ている。バックサックもそれほど大きなものではない。一方、特殊部隊の3人のものは、非常に大きく、重そうである。

まあ、そんなわけで、インサイダーの裏情報との連携によって得られたジム・ストーンの情報の方がより真実に近いといえるだろう。

いずれにせよ、いわゆる「シープル」や「B層」は、こうやってまた偽の歴史を頭に埋め込まれるのであるというわけですナ。

「死人に口なし」とはよく言ったもので、えん罪でも犯人とされた容疑者が死んでしまえば、それまでなのである。アメリカや欧州では昔からの伝統的手法の一つというわけですナ。

いまだに地球はアセンションしているなどというでたらめを信じている人々はいったいどういうふうにこういうものを見るのでしょうナア。

自分の知らぬ間に犯人にされ、殺されてしまったチェチェン人の兄弟に黙祷を捧げます。ご冥福を祈ります。

俺が、「偽ユダヤ劇場」という意味分かるよナ?
[PR]

  by KiKidoblog | 2013-04-20 15:58 | コンスピラシー

ボストンのMITキャンパスで銃撃戦!?:ついに米国内戦勃発か?

みなさん、こんにちは。

風雲急を告げてしまったこの世界、この日本。最近、世界の大学ランキングが出たので、そのうちここにメモしようとデータをまとめていたのが、これ。
e0171614_14496100.jpg

データを出したのが、イギリスの会社だから、英国マンセーの英国寄り、英米アングロサクソン王国寄りなのは当然である。そうやって刷り込むのである。だから聞いたことも無いような英国の大学名がランキング上位に出るわけである。いったいどんな選別方式なのかというところである。はっきりいって自分の好みで好き勝手にランキングを付けたとし思えない。

それが証拠に、ロシアの大学がまったくない。なぜなら、いま英国とロシアは開戦間近というくらいに関係が悪化しているからである。それもそのはず、ロシアの売国奴のオリガルヒの連中が、ロシア人の財産を全部英ロスチャイルドに売りさばいて大富豪となったからである。そして全員が英国在住である。それをロシアのプーチンが、一人一人抹殺していっているわけである。良い関係になれるはずがない。

さて、そんな英国人が「世界一の大学」という称号を与えたのが、MITであった。

このMITでボストンマラソンテロの直後の今日、ついに銃撃戦が起こり、死人や負傷者が出たらしい。以下のニュースである。
MITキャンパスで発砲 1人撃たれ死亡 米
(CNN) 米マサチューセッツ州ケンブリッジ市のマサチューセッツ工科大学(MIT)で18日遅く、発砲があり、大学関係者1人が死亡した。州警察が発表した。
州警察の広報官は先に、大学関係者1人が撃たれ、病院に搬送されたと伝えていた。
発砲は同大学の「ビルディング32」と呼ばれる建物であったとの通報があり、警察や米連邦捜査局(FBI)が出動。現在建物の周囲を取り囲み、対応中だとしていた。
現場では危険な状態が続いており、大学は建物に近付かないように呼びかけている。
同大学に隣接するボストン市では、15日に開催されたボストン・マラソンで爆破テロ事件が発 生し、3人が死亡、約180人が負傷した。

上の大学ランキングは、いわゆる米ロックフェラー帝国や英ロスチャイルド帝国にとってどれほどかわいい存在かで決めているということにすぎない。いまでは「ノーベル賞に近い」という意味は、どれほど真に科学に貢献したのかではなく、どれほど科学を金儲けのだしにしたかの貢献度に対して与えられるのである。儲けさせたやつやこれから儲けさせる可能性のあるやつに授与されるのである。もちろん、山中博士の「iPS細胞」もそういうものに過ぎない。

もし大学ランキングに大学の治安やら、安全性やら、昼寝も出来るとか、そんなものでランキングを決めたとすれば、おそらく日本の大学はかなり上位を独占できるに違いない。

それにしても、世界一知的な街ボストンのイメージは丸つぶれですナ。
[PR]

  by KiKidoblog | 2013-04-19 15:04 | コンスピラシー

ボストンマラソンテロ:やはり不審な点ばかりなり!?

閲覧注意:以下の内容には、心の弱い人や問題を持つ人には悪影響のある場面がありますので、そういう方々は見ないで欲しい。


みなさん、こんにちは。

次は、やはり例のボストンマラソン大爆発テロ。これについては、大手マスゴミからすでに怪しい二人の若者風の写真や映像が出されている。しかし、ここではそういうNWO側の手下となっている大手マスゴミではない、もっと別の情報源から出た、非常に「怪しい話」だけをメモしておこう。

(あ)まずは、テロ、陰謀と言えば、この人の右に出るものはいない。デービッド・アイクさん。その人の記事はこれ。
ボストンと圧力鍋爆弾
CNNがいわゆる圧力鍋爆弾を「過激派右翼の者たち」と結び付けている

(アイクさん)
あんたたちはそう言わなかっただろうか?
政府のファシスト・アジェンダに異議を申し立てる人たちは何だ?
政府が葬り黙らせたい人たちは?
あんたたち、彼らがやったって言っているよね?
ショックだ。

あんたたちは予測できるんだよね?
ほんとにできるんだよね?
それならワクチンを打ったほうがいいよね。
there's bound to be one

CNNは米軍の第四心理操作グループによって吹き込まれた古い習性に頼ろうとしているようだ。
ボストンで発見されたいわゆる圧力鍋爆弾についてのニュースで、CNN(政治的権力のプロパガンダネットワーク)は次のように主張している-「過激派右翼の者たち」はアルカイダの雑誌に紹介されている装置が気に入っている。

元記事:CNN Links Alleged Pressure Cooker Bomb to “Extreme Right-wing Individuals”
元記事2:More cameras needed says NY Senator. What happened to the ones they already have?


(い)次は、「囚人惑星」(プリズンプラネット)のアレックス・ジョーンズの話。



これによれば、ボストンマラソンが始まる前日に、テロ対策のための演習と称して、ボストン警察が道路に穴を開けていた事実があるという話である。

(う)次は、早耳、つむじ風氏のサイトにあった情報はこれ。
ボストンの爆発のまえに、Facebook Pageに事前記載?!

詐欺には仕込みがある・・・
ボストン爆破は、
2日前からFacebookに記載されていた!!
そして、
爆破予告は認知されていたのだ。
爆弾探知犬がまさに実働直前だというから、
驚く!!


つまり、知っていた者が居たのである。予定された事件であった。



【転載開始】目撃:当局者は、ボストンの爆発のまえに、”演習”だと宣言していた 2013年4月15日
http://www.prisonplanet.com/eyewitness-authorities-announced-drill-before-boston-explosions.html
Eyewitness: Authorities Announced “Drill” Before Boston Explosions

UMコーチが言うには、”爆弾探知犬がまさに実働直前で、列を作っていたのは奇妙だった。”
Paul Joseph Watson
Prison Planet.com
April 15, 2013

ボストンマラソンでの今日の爆発の目撃者は、今日、爆発が起きる前に、”演習だ!”と繰り返し宣告され、爆弾探知犬が爆発の前に配置についていたのは、奇妙に思えた、と言った。

モ バイル大学のクロスカントリーコーチである、アリ・スチーブンソンは、現地の15のニュース局に対して、”彼らはラウドスピーカーで、単なる演習であり、 心配の必要は無い。”と放送し続けていた。”まるで、脅威があるような言い方だったが、彼らは単に演習だといい続けていた。”と言った。

ニュース局も、スチーブンソンが”爆弾探知犬が動く構えをして、列を作っていたのは、奇妙だった”、と語ったとの報道をしている。

スチーブンソンは、爆発音を聞いた時は、現場から離れてマラソンのゴールを終えたときだった、と言っている。

もしもこの報道が正確なら、二人の人を殺し、少なくとも23人の人を負傷させた爆発についてあらかじめある程度知っていた者がいた可能性があることを示している。

(訳者注:別のユーチューブには、事件の二日前に、事件の犠牲者を悼むフェースブック記事が見られる、という動画が示されている。
Interpretor’s note: the YouTube below shows the incident notice two days before on facebook.
http://www.youtube.com/watch?v=n4l9yK6vtCU&feature=player_embedded)

爆発に先立って”演習”だという放送があったということは、別の恐ろしい事件である、7/7ロンドン爆弾事件を彷彿とさせる。

ニューヨークタイムズが最近、最近のほとんどの米国国内恐怖事件は、F.B.Iが作り出したものだという記事を書いているが、今日のボストンでの爆発もこの作戦の一部だった可能性がある。

メディアとオバマ政権がこの事件について誰を責任者に祭り上げるかは見ものである。しかし、ラーム・エマニュエルの”重大危機を無駄にするな”と言う忠告がまさに現実のものになっている。
翻訳 Taki

というわけで、これまたNWO側の仕込んだ「偽旗作戦」(ファルスフラッグオペーレーション=マッチポンプ方式=自作自演)だった可能性が一番高いということになる。自国民を犠牲にしようが、そんなことはおかまいなし。そういう連中がいるということである。

私も、事件の映像
アメリカ ボストンマラソンで爆弾テロ 死傷者多数


ボストン・マラソン爆発、直後の惨状(閲覧注意
を見ていたときから、まわりの警官の手際良さや医療スタッフの駆けつけ方が早かったこと。両足を吹っ飛ばされていたり、日本では出血多量ですぐに死亡しそうな被害者も生きていたように、あまりに死亡者が少ないことなどから、あまりに出来すぎているなと感じていたのである。
e0171614_14102323.jpg

この青年は、どうみても以下の映像のこの人だよね。助かって良かった。
e0171614_14101868.jpg


ほんと偽旗作戦のダシにされてはたまったものではない。しかし、犠牲者が少なくて非常に良かった。

ところで、私の感想は、イスラエルのモサドが工作した事件は、その後、まるで「犯人は現場を必ず見に来る」といわれているように、必ずに見に舞い戻るのである。911もそうだったし、日本の311もイスラエルの医療団(軍人)が東北を医療と称して観察して行った。今回もそうで、何の関係もないはずのイスラエル警察のトップが現地視察にやってきたらしい。

もはやこの地球はユダヤ劇場(正しくは偽ユダヤ劇場)と化したのである。この日本がもはや朝鮮劇場(正しくは在日劇場)と化したのと同じことである。

いやはや、世も末ですナ。後は、自衛のために銃刀法改正と正当防衛で自衛する他はあるまい。有坂38式くらいは各家庭に一つ常備したいところである。


おまけ:
(お)これを忘れていた。長らく休眠していたケムブログ氏の以下の記事である。長いので、最初の部分のみメモしておこう。
ボストンの爆弾テロは内部犯行である事を示す証拠
元記事:The Boston Bombing Is An Inside Job -- Evidence!
ボストンの爆弾テロは内部犯行である事を示す証拠
2013年4月16日火曜日

ボストン・マラソンの爆弾テロは、陰の政府が全てをお膳立てしたという特徴を示している!

「ボストン・マラソンの爆弾テロは、ボストン爆弾処理班による『制御下の爆破』演習と同じ日に発生していると、ナチュラルニュースのマイク・アダムスが報告している」。
「主流メディアがまだ報道していない事の一つに、『制御下の爆破』がマラソンの爆弾テロと同じ日に進行中だったことが挙げられる。

ボストン・グローブ(Boston Globe)の本日のツイートによると、『関係者:爆弾処理班の活動の一環として、一分以内の制御下の爆破が図書館の反対側であった』という。

一部の人々はこの爆発が別の爆弾による破壊の一部だと捉えたようだ。しかしながら、爆弾処理班が最初にマラソンの爆弾テロが発生してから1時間以内というあまりにも早いタイミングで、1マイル先の図書館に爆弾を仕掛け爆破したという事は考えにくい。

これこそ正に、裏から世界を操っている秘密組織による犯罪の手口なのだ!
(以下省略)

[PR]

  by KiKidoblog | 2013-04-19 14:21 | コンスピラシー

日本のマスコミが韓国【電通】に支配されている理由:立花孝志元NHK職員語る!

みなさん、こんにちは。

風雲急を告げてしまったこの世界、この日本、あまりにいろいろのことが起こりすぎて、再び、ETの手も借りたいほどになってきた。

まずはこの話題をメモしておこう。いや〜〜、これまた痛〜〜〜い話が炸裂。NHKがどうして在日朝鮮電通の支配下に収まったのか?この問題を元NHKのインサイダーだった立花氏が暴露。実に勇敢な人である。以下のものである。
日本のマスコミが韓国【電通】に支配されている理由 立花孝志元NHK職員

この人の話によれば、NHKから日本の日の丸が無くなって久しい。したがって、いずれに韓国国旗が掲揚される日も近いらしいですナ。
[PR]

  by KiKidoblog | 2013-04-19 10:48 | 電通コンスピラシー

アメリカの2つの大爆発:ボストンvsテキサス

みなさん、こんにちは。

アメリカのボストン・マラソンの爆発、そしてテキサスの肥料工場の爆発。二つの大爆発が起こった。これらの原因や背景についてはまた後々にして、ここでは、その映像だけをメモしておこう。

(あ)まずボストンマラソンの爆発。




(い)次は、テキサスの工場爆発。


どうみてもガス爆発には見えない。ミニニュークの様相がある。かなりの距離に一瞬にして閃光が飛び散った。実に不可解な爆発である。普通のガス爆発ではこういう感じにはならないのではないだろうか。


このテロや事故でお亡くなりになられた方々のご冥福を祈ります。R. I. P.
[PR]

  by KiKidoblog | 2013-04-18 21:08 | コンスピラシー

地震解析ラボは、「ガチムチ」氏をスカウトしたら?

みなさん、こんにちは。

またまた最近はあまりにいろいろのことが起きすぎて、ETの手も借りたいほどである。しかしながら、ETがやってくる人というのは意外に信心深い人に限られるようである。いまのところ不信心の私のところにくるETは皆無である。

ところで、これは結構、的を射抜いている。
フッジッサーン /^o^\ そろそろ・やっぱり..ですか。
e0171614_2013861.jpg

とりあえず、仕事も家庭もないワタクシにはあまり脅威がありません..


私はこの人のこのサイトはだいぶ前から知っているが、非常に優秀なプログラマーである。地震波の音声解析やさまざまな電磁波による地震解析などもご存知のようである。私もだいぶ前から、このサイトに並んでいるアラスカHAARPモニター群のデータを利用してきている。

ハザードラボの地震解析ラボは、こういう人をスカウトしなくちゃいけないのではなろうか?

いやはや、世の中にはひょんなところに才能が潜んでいるものなのである。
[PR]

  by KiKidoblog | 2013-04-18 20:05 | 地震・地震予知・噴火

石原慎太郎の歴史的代表質問!:「遺伝子改変作物は絶対に禁止すべきだ!」ともの申す!

みなさん、こんにちは。

何でもそうだが、「書けば癒される」という面がある。そのため、小説であろうが、漫画であろうが、アニメであろうが、ブログであろうが、何であろうが、その作者が自分の日々の鬱憤を書き連ねることで、その鬱憤ストレスをはらすことができる。そういう面が存在する。

だからというわけではなかろうが、なんでもなんでも「戦争は嫌だ」から、反政府的意見を言ったり、だれかに心酔しきってしまい、何でもかんでも小沢マンセーになったり、日々の鬱憤をエイリアンに求めて、宇宙人を「救世主」にしてみたり、何でもかんでもアセンション話や霊魂に結びつけたり、何でもかんでも偽ユダヤ人のロスチャイルドやロックフェラーのせいにしてみたり、何でもかんでも特亜のせいにしてみたりする。そうすると、確かに自分の日々のストレス、この現実社会の不合理や不条理を癒すことができる。

そんなわけで、多くのブログ主にもそういう傾向があるようである。

しかしながら、やはり何事にも一長一短はあるわけだから、それが99%嘘で1%の真実しかなかったとしても、その1%の真実には耳を傾けるべきだろう。仮に90%が真実だが、10%が嘘であったにせよ、その10%のために90%を無視することはフェアーではないに違いない。

実は、これはかつて、東大柔道部出身の柔道家で流体力学の専門家、NASAのエイムズ研究所で長年勤務し、筑波大教授だった、故柘植俊一博士が
反秀才論
e0171614_1732866.jpg
で語った「積分評価」と「微分評価」の違いというものである。物事は微分評価でみないとよろしくないという話である。

ちなみに、この柘植博士は、最近柔道を引退表明した福見友子さんの師匠であった。福見さんは子供の頃、つくばの柘植道場で練習を始めたという話である。

さて、ちょうどそんな例の典型的なものが、昨日の「衆参両院 国家基本政策委員会合同審査会」の党首討論で登場したので、今回はこれをメモしておこう。それは、石原慎太郎氏の代表質問である。今回の石原慎太郎の代表質問は非常に興味深かった。おそらく歴史的なものであると思う。

石原慎太郎さん個人を好き嫌いでみれば、大半が嫌いというだろう。また、石原慎太郎さんを政治的信念や信条でみれば、大半は極右の国粋主義者、戦争大好き人間にみえるからといって、毛嫌いするにちがいない。だから、石原慎太郎の言っていることなどあてになるか、というような見方をするに違いない。

こういう見方を「積分評価」という。物事を総じて足してしまうのである。簡単にいえば、その人の行為を多数決して評価してしまうのである。和をとって見てしまうというやり方である。

一方、「微分評価」というのは、その人の行為の一つ一つをミクロに見て良いことは良い、悪いことは悪い、というふうに評価するやり方のことである。

だから、もし今回の石原慎太郎の代表質問も「積分評価」で見れば、今回の石原氏の非常に重要な意見があったにもかかわらず、それがスルー(無視)されてしまうに違いないが、「微分評価」で個別に見ていけば、実に重要な発言(質問)を投げかけたということになるだろう。

さて、前置きがだいぶ長くなってしまったが、その代表質問の映像はこれ。本当はその日のうちにメモしたかったが、YouTubeに映像がでるまで待っていたので遅くなった。
【党首討論】~平成25年4月17日衆参両院 国家基本政策委員会合同審査会~

問題のシーンは、36分目である。
e0171614_17442417.jpg
e0171614_17442841.jpg

これは、日本の国会で歴史上初めて「モンサントの遺伝子改変作物」の危険性を問題視した代表質問である。

この代表質問で、いわゆる「陰謀論」としてこれまでだれも取り上げなかった、スコットランド人生物学者のアーバッド・プースタイ博士の研究
遺伝子改変食物は人類改変食物か?:その目的は人口削減と人類2種分裂化だとサ!
e0171614_15343939.jpg
を取り上げて、遺伝子改変作物の摂取の危険性を日本の国会の代表質問で、TPPの問題の根本
マネーハンドラー ロックフェラーの完全支配
e0171614_18335546.jpg
に据えて反論したものである。

やったぞ、石原慎太郎さん!グッジョブ!

私の個人的印象では、この石原慎太郎の代表質問に対する脅しとして、三宅島の地震や東北の地震を起こしたのではないかという感じすらするのである。それほどまでに、反TPP」論議の本質として、「遺伝子作物禁止」を取り上げたのは、この石原慎太郎以外にはいないのである。

はたして政府自民党の安倍晋三、麻生太郎内閣が、どれほどまでにこの問題に踏み込むかは今後の動向次第というわけである。

いずれにせよ、ボディーブローのように、「陰謀暴露」論者からの情報が政治家たちの脳裏にも上がりつつあるということだけは確かなようである。

中山成彬議員の歴史的質問に続き、石原慎太郎も歴史的質問を行った。
ちょっとだけ政治家も覚醒してきた観はある。


おまけ:
石原慎太郎のうしろで首振ったりすっとぼけた顔しているのは、この人だった。
元民主党菅直人政権内閣官房副長官、福山哲郎民主党議員
e0171614_10263539.jpg
いったい大学大学院で何を勉強したんでしょうナ? 日本語分かる?
[PR]

  by KiKidoblog | 2013-04-18 18:00 | 人物

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE