<   2013年 07月 ( 38 )   > この月の画像一覧

 

米JPモルガン銀行で”謎の火災”:「プロジェクトゴールドフィンガー」偽旗作戦か!?



みなさん、こんにちは。

いや〜〜、相変わらずいろんなことが起こりすぎて、ETの手も借りたいほどである。

最近、アメリカのJPモルガン銀行で”謎の火災”が起こったという。超極めつけの”怪しい”事件である。そして、その「火災」を挟んで、一気に何トンもの金の延べ棒がなくなった。金は火災で燃えたりしない。なぜ? 以下のものである。
BREAKING NEWS - "Massive Fire" JP MORGAN gold depo!!!


JPM Eligible Gold Plummets By 66% In One Day To Just Over 1 Tonne, Total Gold At Fresh All Time Low

エキサイト翻訳:

1か月以上の間、神秘に管理されたJPMorganは、Comex引渡通告書最新版を備えたその(最大(世界の))跳躍の中に保持された金をうまく調和させないようにします。しかしながら、今日の時点で、その項目、できる、もう蹴られないでしょう。スタートして、JPMは、ちょうど12,000オンス未満の適格の金(同じ公認の金、2日前に、その保証が分離されたのを見て、適格のことに切り替える)がCMP 1の100フィートより下のその倉庫から下ろされると昨日報告しました。しかし、途方もない90,311オンスの適格の金が内向的で、会社の登記未済の金の全在庫品の重い66%を占めており、JPMの所有の中に印46Kオンス(すなわち少し1メートルトン以上)を残していたように、ける人だったのは今日の動きでした。

e0171614_8503093.jpg

言うまでもなく、危険地帯にますます相対してJPMの金保有高を入れる、今日の大規模な動き、先限りは気づく、ちょうど、止まることを拒絶する、ちょうど436kオンスの新しい今までの最低への合計のJPM跳躍金を押した、あるいは、少し、ちょうど12メートルトンを備えた14メートルトン未満、あるいは390kオンス、の、登録された、金、残された、そして、急速に、流出。また、2年前にこの時のまわりでそれを思うために、JPMはその所有に300万オンス以上の金を持っていました。

e0171614_8503859.jpg

最後に、それら、JPMの跳躍金の上の進行中の実行、金属、連邦銀行の金の回復および3M GOFOが連続10日の間今否定だったという事実の抑えた価格あるいは史上最長の期間の間に関係があると信じる、それは0未満だった、また先例がない金の付随的な不足を示すこと、あなたは正確です。

コンテキストにそれをすべて入れて、これは、1トンの金が悪霊の支配の実際の世界礼儀の中で見えるものです:

e0171614_8504513.jpg

はたして、英国に金塊を持ち去るための「偽旗作戦」だったのだろうか?
あるいは、米国地下都市に金塊を持ち込むための「偽旗作戦」か?

いやはや、やることがジェームズ・ボンドの世界ですナ。

今後の情報待ちといところですナ。

もっとも金に無縁の俺にはまったくどうでもいいけどナ。
[PR]

  by kikidoblog | 2013-07-23 09:01 | コンスピラシー

アラスカのHAARP施設が停止中「もぬけのから」!?:ほんまかいな?

みなさん、こんにちは。

いやはや、再びあまりにいろいろのことがありすぎてETの手も借りたいほどである。

さて、今回は久々のHAARPの話。(HAARPでブログ内検索)

このところずっとアラスカガコナにあるHAARP施設のモニターが見れないでいる。だから、ここでも地震電磁波のメモはほとんどすることができなかった。

どうやらその理由が分かったようである。それをここにもメモしておこう。以下のものである。
HAARP一部休止

問題となっているアラスカのHAARP施設が停止
元記事:Alaska’s controversial HAARP facility closed -- will it come back online?
e0171614_929141.jpg

High-Frequency Active Auroral Research Program (HAARP)は地球の電離層に熱を加え、その効果を研究する目的のアンテナの集合体であるが、アラスカのGakonaに据え付けられてから、何年にも渡って陰謀論の一部を占めていた。
HAARPを2011年の日本の地震から、マインド・コントロール、ハリケーンなどのすべてのことに関連付ける非主流の人たちもあった。

しかし、来るべき数週間もしくは数ヶ月に大きな地震や世界的な異常気象が起こらないならば、HAARPに目をつけている人たちはある種の説明をするだろう。HAARPの施設は明らかに6月から停止されているからだ。施設を運用する請負業者が変わるのを待つ間、電源が切られているのだ。また、施設は現在無人であるという。
インターネットのサイトも閉鎖されているのが確認されている。

しかし、この停止はあくまでも一時的なもののようだ。

以前は施設運用はKaktovik Inupiat社とMarsh Creek社によって行われていたが、運用契約はアラスカ地元のAhtna社に移る話し合いがされているという報道がある。


電源がオフ。
施設が無人。もぬけのから。
インターネットもオフライン。

はたしてこれは何を意味するのだろうか?

ハープは超高圧電源を必要とするらしいから、その電気代を工面できなければ、即座にアウト。
HAARPこの恐ろしきものからいかに身を守るべきか?:フラー建築のすすめ
”HAARP”、この不気味な新技術研究所


米軍は予算確保に失敗したのか?
あるいは、銀河連邦やホワイトナイトに阻止されたのか?
あるいは、核爆弾でも食らったのか?
あるいは、単なるストか?

いやはや、我々には理解し難い何かがあるのだろう。

いずれにせよ、ここ数ヶ月で特に大きな気象による変動や大地震災害がなければ、やはり「人工的なものだった」ということになるだろうナア。
[PR]

  by kikidoblog | 2013-07-19 15:20 | HAARPモニター観察

「半魚人危機一髪」:漁師の網に入ったUMA「海底原人」

みなさん、こんにちは。

いや〜〜、これは驚きの映像。スノーデンの地底人リークのところにもメモしたように、半魚人が撮影されたのだが、それの続きになりそうなものである。

まずは、例の映像。
「海底大戦争」と海底から挨拶した”謎の生命体”とは?


そして今日偶然に見つけた映像。
海底原人 漁師の網に入った魚人UMA 未確認生物
e0171614_2050555.jpg

Mermaid trapped in a net. Document 1979.



漁師の網にかかってしまった海底原人、引き上げられて威勢よく大暴れ。そしてついに海へと戻る。

日本の釣り番組でよく見るような死んだような魚を釣り上げたのとはわけが違う。地上で買った魚をダイバーが針につけて引き上げているわけだから、「釣りました〜〜」と言っても魚は身動きしない。

これが本当の生きのいい魚であろう。

いやはや、見事に捕獲失敗。もし無事に捕獲していたら、かつてのキングコングのように、見世物になって世界中をたらい回しされていたに違いない。

危機一髪の半魚人であった。

いや〜〜、この地球にも謎の生命体がまだまだいるようですナ。
[PR]

  by kikidoblog | 2013-07-18 20:56 | UMA:人魚・海底原人

「プライマーフィールド」:やはり「物理学者はワイルドだろ〜〜」であるべきだ!?

ポチ
e0171614_10274199.jpg

権力者に対して犬のように従順な者を揶揄する蔑称として使われることもある。


みなさん、こんにちは。

さて、日本人には、闘将ドゥンガが言ったような「日本人サッカー選手特有のメンタリティー」があるように、科学者にも「日本人科学者特有のメンタリティー」というものがある。サッカーのほうはすでにここでも何度もメモしたから省略。(日本人特有のメンタリティーでブログ内検索)

では、その日本人科学者特有のメンタリティーとはどんなものか?

というと、一言で言えば、「ポチ」のメンタリティーである。すなわち、「権力者に対して犬のように従順な者」としての「ポチ」の方である。特に「ちっこい」という意味ではない。

が、ちっこい物理学者も多い。かつて東大に
小谷正雄
e0171614_114449.jpg

という非常に優秀で、かつての「東大紳士」を絵に書いたような素晴らしい理論物理学者がいた。おそらくいまではだれも知らないに違いない。湯川、朝永クラスで東大最初のノーベル賞の呼び声の高かった人である。

が、この人は小さいのでも有名であった。この人が米国留学した時、
「日本人の天才少年が現れた」
とその大学で噂されたという有名なエピソードがある。

いまでも小粒な日本人学者は多い。むしろ大型は珍しい部類に入るだろう。

さて、そんな日本人の「ポチ」メンタリティーのために、たいていは「教科書的」、「権威的」、「標準的」、「最先端」、「世界初」、などなどの言葉を聞くとうっとりしてしまう。そして、「尻尾を振り始める」。これが私のいうところの「ポチメンタリティー」である。

そして一度、「ご主人様」を発見すると、「忠犬ハチ公」へと大変身。
「は〜〜い、ご主人様」
e0171614_1222346.jpg
ロスチャイルド・メイド服

ポチからハチへ昇格するのである。

こうなると、ご主人様以上に「ご主人様」に顔つきまで似てくる。これが、忠犬と飼い主は顔がそっくりという定理なのである。

ところが、西洋人はなかなかそこが面白い。すべては利害関係、すべてはギブアンドテイク、すべてはウィンウィン関係が成り立つ、「意+5識」の人種である。(5識または岡潔でブログ内検索)
目に見えないものは信じなし、何でもかんでも目に見えるようにしようとする。

別に「俺様はお前様の奴隷じゃね〜〜ヨ」というわけである。だから、意に沿わなければ、従わない。そういう西洋人特有のメンタリティーがある。

だからかどうかわからないが、どうも「革命的な発想」というものは、日本人から出るというよりは、西洋人から生まれるほうが多い。東洋人よりは西洋人の方が多い。

かつてはここから演繹して、「儒教のせいだ」という結論が導き出されたが、どうも宗教や社会的伝統というよりは、メンタリティーの問題、すなわち「心がけの問題」あるいは「心の問題」、これすなわち、「遺伝の問題」だろうと私個人は考えている。

大分前置きが長くなったが、例のドラードさん紹介サイトの「エーテルフォース」に非常に興味深いものが出ていたので、今回はそれをメモしておこう。残念ながら、全部英語である。しかし、ほとんどが映像や実験だからきっと理解できるはずである。以下のものである。
Introducing the Primer Fields



実際、この球型磁石の作るフィールドは実に興味深い。
いったいどうやってこの形を発見したのか?

この球型電磁場の作り出すものが、光子(フォトン)であり、この宇宙を支配する根本原理だ。
そういうのが、この作者の主張である。

実際、宇宙の大規模構造である、多くの奇妙な銀河の形状やら、銀河やパルサーから放出されるジェット(噴射)が、実験で再現できるというのがすばらしい。

また、この球型磁石の作り出す複雑な構造は、かの「THRIVE」に出てくる、そしてその中の主題である「トーラス構造」とまったく一致しているから驚きである。

ついでにメモしておけば、昨今ロシアの物理学者を中心に研究されている「スカラー磁場」の生み出すフィールドとも非常によく似ている。ちなみに「スカラー磁場」は、div Aのことである。

このあたりからいずれ大きな枝葉が開いていく感じがしますナ。
今後を見守っていこう。
[PR]

  by kikidoblog | 2013-07-18 11:06 | フリーエネルギー

「日の当たる場所」:「光をあびて」刺は枝になる。



みなさん、こんにちは。

今回は私の実に小さな個人的発見についてメモしておこう。柑橘類という植物のことである。

(あ)私は食べた夏みかんの種を一度、私の机の上の小さな鉢に植えてみた。それに水をやること3年。それが芽を出し、いつしか木に成長してきた。かなり大きくなった。いまでは一見すれば立派な木である。

だから、私はこの夏みかんの木が双葉の頃から知っている。この双葉の一つは「ハート型」だった。これは最近、鉢を大きくする時にうっかり落としてしまった。とういうのも、すでに枯れていたのだが、その理由がわからなかった。

そこで、鉢を入れ替える時に土の先を見ると、どうやら根が鉢より先の下のプレートまで飛び出し、そこから水分が取れず、一部の葉っぱが病気になって枯れたらしい。

このことから、私はまず次の発見をした。発見というよりは予想かもしれないが、
根と葉はほぼ一対一にリンクしているのではないか、
ということである。つまり、根は我々に見えない土の中を複雑怪奇に微細な生え方をしているのだが、その根のグループや位置情報とその上の地上に生えた木の枝分かれや葉っぱの一つ一つの生い茂り方と根っこのはびこりの仕方が一対一で関係しているのだろうということである。

その結果、ある部分が鉢の外に飛び出した瞬間から、そこに関係した葉っぱの部分だけ枯れ始めたのではないか。そう見えるのである。

そこで、実験として、根っこが元に戻るように全部が入る程度に大きな鉢に変えたのである。すると、どうやら部分的に枯れていた葉っぱもまたまた緑に戻りつつある。

(い)次の発見は最近気づいたものである。

この木は何年も小さな双葉の頃から同じ方向を向けていた。鉢を回転することはほとんどしなかったため、光を受ける方向に偏って葉っぱが付いていた。そして植物がそっちの方にだけ枝を多く生やしながら成長した。つまり、光を多く受ければ受けるほど、枝も葉っぱも光のほうに生えたというわけである。

ところで、柑橘類には刺(とげ)がある。葉っぱの根本の上部にかならず刺が付いているのである。
e0171614_1020154.jpg

ながらく、私はこの刺が何のためにあるのかわからなかった。それが今回やっとその目的を発見したのである。これが第二の発見である。

今回鉢を大きくしたついでに、私はちょっと生え方がアンバランスになったために、方向を180度回転して、これまで日が当たらなかった方向から窓の日が当たるようにしたのである。すると、しばらくして驚くべきこと(もっとも農家の人や植物の専門家には常識だろうが)を発見した。

それは、これまで「単なる刺だ」と思っていた部分が成長し、「枝に変わった」のである。つまり、光を浴びて刺が枝に成長したのである。
e0171614_10253773.jpg


これは何を意味しているか?

というと、「刺はセンサーだ」ということである。「光センサー」である。刺は一定の光を浴びると、それが枝に変化する。そういう性質を持っているということである。

そして一度枝に成長するとそのまま枝として順調に大きく成長できるようである。
e0171614_10191777.jpg

こうして、新しい枝ぶりが誕生する。そしてそこには葉っぱが生い茂り始める。そして、木はバランス良く成長することができるようである。同時に見えない土の中でも、新しい葉っぱの成長と同時に、新しい根っこが対応する場所から生えているわけである。

これが今回の私の発見であった。


さて、翻って人間社会にまでこの話を援用できるだろうか?

これがうまく出来れば立派な随筆家ということになろう。私の知る限りでは、やはり人間社会にもこれは援用できるのではないかと思う。

若者はこの刺のようなものである。成長する前は社会にとって刺以外の何物でもない。下手をすれば刺される。刺がずっと刺のままでいるのは、その刺は葉っぱの奥深くの日の当たらない場所にいるからである。その刺本人はそれがそうだとは分からない。ところが、あることがきっかけで日の当たる場面に登場する。すると単なる刺だと思っていた刺が成長し始める。すると、そこに新しい葉っぱが出てきて、立派な枝ぶりに成長する。木全体の中の立派な役割を担う構成員になる。そして木に栄養を与える役割を立派にこなすようになる。

はたして、その差は何だったのか?

それは日があたったか、あたらなかったかの差にすぎない。

ある時、二人の若者が駒込に住んでいた。二人は同じくらいの年齢で社会の中の日の当たらない場所にある刺にすぎなかった。あるものはあまり日がささなかった。そのままごくふつうの人生を歩いていた。しかし、あるものには日があたった。ちょっとした偶然で芸能界の目に止まり、芸能界の日を浴び始めたのである。すると、後者は徐々に葉をはやし大きく成長していった。これが江口洋介であった。無名時代の江口洋介はよく駒込あたりを歩いていたと言われている。

今回のサッカー日本代表もそうである。「国内組」が久しぶりに登場する。「国内組」であれ、日の当たる場所に出る。すると、光があたる。光を浴びる。すると、一個の刺のような存在がひょっとしたら大きな枝に成長するものが現れる。

人間社会もまた、そして人間もまた、一種の植物のようなものなのである。
[PR]

  by kikidoblog | 2013-07-17 10:59 | スピリチュアル

スノーデンの仰天リーク「地球地下に知的な現生人類が存在」:「ラケルタ」のことか?

みなさん、こんにちは。

馬鹿な人のことを考えて憎悪すると、「情緒が濁る」。せっかくの「感性が鈍る」というのは、かの岡潔博士の言である。自分の情緒を鈍らせてはならない。そこで、お口直しに、例のスノーデンさんの話。

元CIAとか、元NSAとか言われているが、簡単にいえば、CIA=公務員、NSA=民間人である。公務員だと、何かあった場合にその保証をしなければならない。例えば、何かの作戦で死んだりすると、年金やら遺族年金やらいろいろしなければならないらしいが、それがNSAだと民間人だから、どこぞの会社のだれさんが死んだというだけで済ますことができる。だから、ある時期から傭兵にせよ、スパイにせよ、暗殺者にせよ、所属はNSAの民間人という形にしたのだという、「まことしやかな説」がある。

また、NSAのほうがCIAよりグローバルで大きな組織なのである。CIAは米国組織だから米国の問題が中心になるが、NSAはワールドワイドだから、世界規模で活動できる。一説では、CIAはロックフェラーのためのもの、NSAはロスチャイルドのためのものという、これまた「まことしやかな説」がある。

我々には、こういう説の真偽は確かめようはないが、おおよそは正しいだろうと仮定しておこう。まあ、当たらずも遠からずである。

さて、そこでかのスノーデンさんの話題に入る。
この人は、NSAの職員である。だから、米国のためというよりは、英国のために働いていたということだろう。

さて、そのスノーデンさんのリーク情報で捨てがたい魅力のある、実に「怪しい話」、「実にここにふわしい話」がある。それがこれ。
エドワード・スノーデン氏かく語りき : 「地球の地下マントルには現生人類よりさらに知的な生命が存在している」
元記事:Snowden Reveals Documents: 'More Intelligent Homo Sapiens Exist Underground'
地球の地下に、さらに知的な現生人類(ホモ・サピエンス)が存在することを記した文書をスノーデンが明らかに
e0171614_20464671.jpg


e0171614_20495874.jpg


アメリカ国家安全保障局( NSA )の監視文書の情報をリークした人物として知られることになったエドワード・スノーデンはベネズエラへの亡命を許可された。そのスノーデンは、安全な場所で、とても衝撃的で世界を揺るがすような政府の秘密文書を私たちと共有する意志を示した。

次のようにスノーデンは証言した。

「政府の最高首脳陣たちは UFO が何であるのかを知りません。公式の話として UFO が単なる気象用バルーンや自然現象であるという可能性については否定されています。どちらかというと、これらは、私たち自身を超えた知性によって導かれているかのように UFO について述べているように感じる文書です」。

「結局、最も信頼性がある不可解な目撃例は、熱水噴出孔(海底で地熱で熱せられた水が噴出する亀裂)から海底を出た後に、直接太陽の軌道に入っていくことが目撃された車両です……」。

「弾道ミサイル追跡システムと深海のソナーは国家機密として保持されているために、科学者たちはそのデータにアクセスすることはできません。しかし、 DARPA (アメリカ国防高等研究計画局)の契約人たちのほとんどは、地球のマントルに、ホモ・サピエンス(現生人類)の生命よりもさらに知的な人類種が存在していることを確信しています」。

「このことについては、その場所(マントル)が、数十億年の期間、多かれ少なかれ安定し続けていた地球での唯一の場所であるということを考えることがわかりやすいかと思います。長く安定している場所に住むということは理にかなっています。それらの種は特殊環境生物として、私たちとは異なる気温の下で生きているのかもしれないですが、加速度的に知性を繁栄し、発展することができたのです」。

「大統領は、彼らの活動について毎日ブリーフィングを受けています。彼らの遙かに進んだテクノロジーは、どんな戦争であっても私たち人間にはほとんど生き残る可能性はないとアナリストは信じています」。

「彼らの視点から私たち(人間)への一般的な感情は蟻(アリ)ですので、彼らが私たちに共感したり、あるいは、私たちとコミュニケーションをしようとする可能性はありません。現在の非常事態計画は、さらなる攻撃を阻むという望みの中で、希望のない敵を「あざむく」ために深い洞窟で核兵器を爆発させることです」。


さて、そこで、この「地底人」とは何者か?

ムー帝国の生き残り?
「海底軍艦」轟天号:昔の日本人はこんなことを考えていた!

(この映画の現代版リメークが欲しいところ。)

例の半魚人?
「海底大戦争」と海底から挨拶した”謎の生命体”とは?


とまあ、いろいろな説がありえる。

しかし、私はどうやら、あれではないか?と直感した。これである。

ラケルタファイル(The Lacerta File) : あるレプティリアン女性との対話1
ラケルタファイル(The Lacerta File) : あるレプティリアン女性との対話2
ラケルタファイル(The Lacerta File) : あるレプティリアン女性との対話3
ラケルタファイル(The Lacerta File) : あるレプティリアン女性との対話4

質問:他にもあなたの種族が私たちの精神を誘導する命令はありますか。例えば、「我々に仕えろ」とか「服従しろ」など?

回答:これもまた変な質問だ。我々はあなた方の敵ではない(我々の殆どがそうだ)ので、なぜそうする必要があるのか?あなたの質問に答えると、それは人の精神の強さとそれを送るレプティリアンの思念の強さに依存している。「我々に仕えろ」或いは「私に仕えろ」というスイッチはあなた方の精神には備わっていないため、そのような命令への誘導は非常に困難なことだ。人の精神と意識が弱く、レプティリアンの誘導者がこれらの事に長けており、それを試みる前に太陽光の下で数時間過ごしていたなら、恐らく特定の時間はそれが有効となるだろう。これには秘密の教えがあるが、私はそれに関して何ら学んではいない。私は本来備わった能力で擬態化し、私の種族とコミュニケーションし、時には他の私的な事柄に使うが、私は人やその精神に危害を加えるためにこれを使ったことなど決してない。もしこの話題をここで終わらせる事が可能なら私は感謝するだろう。

質問:あなたが前に話した事にかんする最後の質問です。あなた方は自身のUFOを隠す事ができますね?これを行うのに同じ能力を使用するのですか?

回答:そうだが、(科学)技術が元になっている。それぞれの機体内部には、あなた方の精神に空以外に何も見ていない、或いは我々の機体に代わって、飛行機のような普通の機体を見ていると確信させるための人工信号を送出する強力な装置がある。大気中を我々が移動する際、公然と人前に出ることを避けている事から、これはあまり頻繁に使用されない。もしあなた方に我々の「UFO」が見えたなら、それは装置の不良か何らかの理由によって停止している事を意味する。あなたがしそうな質問に事前に答えておくと、カモフラージュ効果は写真には作用しないが、何の変哲もない空を見て誰が写真を撮ろうとするだろうか。余談だが、我々が有する殆の地表付近に存在する入口のトンネルにも、同様の装置が隠されており、通常あなた方の種族には扉に代わって普通の洞窟内にある壁として見えている。あなた方が我々の世界へと通じる秘密の扉を発見できるとは思えないと話した理由の1つがこれだ(しかし、過去に何度かそれは起きた)。

質問:あなたと私たちの歴史に話を戻しましょう。「エロヒム」という種族が私たちを創造したとあなたは話しましたね。彼らはどこから来て、どのような姿をしているのでしょうか?彼らが来た時何が起きたのでしょうか?彼らは私たちの「神」なのですか?

回答:「エロヒム」は、あなた方が星図で「アルデバラン(Aldebaran)」と呼んでいる、この宇宙の太陽系からやって来た。彼らは非常に背が高く、たいていは金髪と非常に白い肌を持つ人型の種族だ(彼らは太陽光が肌や目を傷つけるためそれを避けている。これは我々のような太陽を愛する種族には全く信じがたいことだ)。当初、彼らは知的で平和的に見えたため、我々も多少は友好的なコミュニケーションを彼らと図るようになったが、時が経つと彼らは本来の意図と計画を現し始めた。彼らは、猿を新たな種として進化させようとしており、我々は彼らの新しい動物園惑星に関する要素を妨害するようになった。当初、彼らは凡そ1万か事によると2万程度の類人猿の先祖を捕獲した後、彼らはこの惑星を数百年間離れた。彼らが帰還した時、彼らがあなた方の祖先(より人間らしくなっている)を戻したのだ。再度、彼らは地球から数千年間去り、原始的な前の人類は大きな問題を起こすことなく我々と暮らした(彼らは我々の航空機とテクノロジーを怖がっていた)。「エロヒム」は彼らの知性を教育し、脳と身体構造を強化したため、当時から彼らは道具と火が使えた。「エロヒム」は23,000年のうちに7回帰還し、あなた方特定の種の進化速度を加速した。この惑星に存在した最初の人間はあなた方ではないことを悟るべきだ。最初の進化した人間(エロヒムの実験が進化の異なる速度と段階において行われたことから、低開発であった前人類とも同時に暮らしていた)は約70万年前に技術と話す能力を有しこの惑星に存在していた(あなた方の科学者は、前人類の骨しか発見できていないためこれを理解出来ていない。また幾つかの原始的な洞窟の壁画には、進化した人類と空飛ぶ装置が描かれている)。この遺伝学的に進歩した人の種族は我々と共に暮らしていたが、「エロヒム」の教師達は我々が邪悪な存在で嘘をつきであるとミスリードしたため、彼らは私のような種との接触を避けていた。

たぶん数世紀が経過した頃、異星人達は最初の創造物を滅ぼすことを決め、より試験結果の良い第二のシリーズの進化を加速させ、そしてそれを何度も繰り返した。あなた方人の近代文明は、この惑星地球で最初の文明ではなく、既に7番目だという事こそが真実なのだ。最初の種族の建造物は失われたが、5番目の文明が凡そ75,000築年前に築き、現在あなた方が「エジプトのピラミッド」と呼んでいる巨大な三角形の建造物(当時のエジプト人は太古の巨大なピラミッドを砂漠で発見し、同じ建造物の建造を試みたが上手く行かなかった)や、6番目の文明が16,000年前に、現在のビミニ地域(Bimini Area)の海面下となっている地域に築いた都市が残されている。あなた方の系統である7番目の種族が、最後に創造されたのはたった8,500年前の事であり、この創造だけがあなた方には思い出す事が可能で、宗教的な書物にも記されているのだ。あなた方は、間違ったそして短期間の過去を示す考古学や古生物学の人工物に依存しているが、あなた方には前の6番目の文明に関して何を知り得るのだろうか。それらが存在していた証拠を発見しても、あなた方はそれを否定し事実解釈を誤るだろう。この事は、ある部分においてはプログラムされたあなた方の精神に因るものであり、またある部分では単なる無知に因るのだ。続いて私は、あなた方の創造に関してのみ説明するつもりだ。前の6番目の人類は消失したのだから、あなた方には関係ないことだ。

我々と「エロヒム」、また「エロヒム」自身の特定のグループ間においても、彼らの多くがこの惑星で人の種族の度重なる創造は意味を成さないという意見であったことから、戦争は長く継続した。この戦争における最後の戦闘は、凡そ5,000年前に軌道上と地表で行われた。異星人達は我々の地下都市を破壊するために強力な音響兵器を使用したが、その反面、我々は彼らの多くの地表軍事施設や宇宙空間の基地を破壊することが可能だった。あなた方の系統の人類は、我々の戦闘を見で非常に畏れ慄き、宗教的な神話体系にその様子を記した(彼らの知識では実際に何が進行中であるのか理解不能であった)。6番目と7番目の種の「神」として出現した「エロヒム」は、これは善と悪の戦争であり、自分たちが善で我々が悪の種族だと彼らに説明した。確かにこれは観点に依存する。ここは彼らが来る以前、そして彼らがあなた方種の進化のプロジェクトを始める以前から我々の惑星であった。私が思うに、我々にはこの星で戦う権利がある。エロヒムが再びこの惑星から理由不明なまま立ち去ったのは、あなた方の時間尺度で言うと丁度4,943年前の事だった(これは我々の多くの歴史家が勝利と呼んでいることから、我々にとって非常に重要な日付なのだ)。実際のところ、我々にも何がその時起きたのか分からない。「エロヒム」はその時その時に立ち去り、彼らは自らの宇宙船と共に跡形もなく消失した。我々は彼らが自ら破壊した殆の地表にある軍事施設を発見した。人間は独立して今のあなた方の文明が発展した。それからの数世紀において、我々の多くがあなた方の種族の特定(より南部)の一族と接触しており、彼らの一部に対し我々が「悪」ではなく、異星人があなた方にそう信じ込ませようとしている事を納得させられた。今から4,900年前の間に、多くの異星人の種族が惑星を訪れた(彼らの幾つかはあなた方への古い教えや知性へのプログラムを利用し、再び神としてあなた方に「君臨」した)が、「エロヒム」自身は帰ってくることがなかった。彼らは1,000年前にもある期間この惑星から立ち去ったので、将来のある日彼らのプロジェクトを終了させ、7番目の種族をも絶滅させるために帰還するだろうと我々は予測しているが、彼らに何が起きたのは本当に知らないのだ(先にあなた方がするであろう質問に答えておく)

現在のあなた方の文明は、自らの根源、本当の過去、本当の世界と宇宙について何ら知ってはおらず、我々と我々の過去に関して僅かしか知らない。近い将来に到来する出来事に関してもあなた方は何も知ってはいない。あなた方が理解できなくても私の言葉を信じるなら、我々があなた方の敵ではないという証拠に、あなた方種族に迫る危険の真実について話そう。あなた方の敵は既にここに存在しているが、あなた方にはそれが理解出来ていない。目を開けてよく見ない限り、まもなく大きな困難に巻き込まれだろう。私が前述した事を何も信じないというなら、それこそ心からこれを信じこのことを思い出すべきなのだ。

質問:何故私が信じないとあなたは思うのですか?

回答:私がここであなたの前に姿を現しているにもかかわらず、私にはあなた方が私を信じていないという確かな感覚がある。最後の2時間の話全てが我々の世界の絶対的な真実なのだ。

質問:この瞬間にもどれ程の異星人達が地球上で活動しているのですか?

回答:我々が知る限りでは14の種族だ。11種族がこの宇宙から、2種族が別の「バブル」から、そして非常に先進的な1種族は全く異なる平面からやって来た。あなた方にはほぼ全てが発音できず、彼らの8種族は我々でさえ発音できないのだから、それらの名前を聞かないで欲しい。殆の種族、特により先進的な種族は、動物としてあなた方を研究しており、彼らはあなた方や我々にとってそれ程危険ではない。また我々は彼らのあるグループと共に作業をしているが、あなた方の政府の幾つかと接触し、銅や他の貴重品と引き換えにそのテクノロジーを提供しあなた方の種を裏切っている種族を含む、3つの種族は敵対的だ。これら敵対的な2つの種族の間には73年間「冷戦」が続いており、第3の種族はこの無駄な苦闘における「勝者」のように見える。我々は、彼らの間と近い将来あなた方にもより「激しい」戦争が起こると予測しており(言うなら続く10年から20年のうちに)、我々はその発展に関して気を揉んでいる。近年、新たな15番目の種族が丁度3年か4年前に来たというある噂があったが、我々は彼らの目的に関して何も知っておらず、これまでに我々は彼らと接触を図っていない。

要するに、一番可能性の高い種族は「ラケルタ」である。

「ラケルタ」は、レプティリアンで、トカゲのような生物である。
要するに、地球の恐竜の時代にすでに人型に進化した知的生命体である。
彼らは、地下に住んでいるが、アイクやらバードなどの主張する「地球空洞説」は馬鹿げたものだと一蹴している。そうではなく、地下のある部分の巨大な洞窟のような空間に居住し、地球上の何箇所かに入口と出口がある。

いわゆるユダヤ人を指導したのはエロイムだが、彼らの観点では、ラケルタ人は悪魔扱いされたというが、ラケルタからすれば、エロイムが悪魔となる。すべては見方や立場の違いにすぎないという。

はたして、スノーデンのリークした地底人とは、ラケルタなのだろうか?
あるいは、他の何かだろうか?

実に興味深い。
[PR]

  by kikidoblog | 2013-07-16 21:17 | 未知の宇宙文明

「大学生は選挙できないのだヨ!」:知ってるか?この野郎!

みなさん、こんにちは。

いやはや、「若者よ、選挙に行こう」とか、選挙管理委員会やら、韓HKなどいろいろ口先だけのキャンペーンはやるが、あまり現実を知らないようだ。若者の投票率を一番下げているのは、実は大学生が選挙できないからなのだ。今回は、まずそんな話をメモしておこう。

我が家の息子も県外の大学に通う。だから、そう簡単に自宅には戻れない。そこで市内の選挙管理委員会に自宅に住所を置いたたまま、県外遠くに通う大学生はどうやったら投票できるのか?と聞くと、在宅投票やら不在者投票できるのは、身障者やらビジネスマンだけだとのこと。ふざけていますナ。悪ふざけにもほどがある。

世の中で一番頭が働き、一番元気のある大学生は、自宅に住民票をおいたままだと選挙できないとは?
やはりこの国の選管は狂っている。おそらく左翼の在日に乗っ取られたに違いない。

大学生は最初未成年で始まる。だから、銀行口座を作ったり、保険証などのために、大半の父兄は住民票は自宅のままにするものである。ところが、1、2年経つうちに成人する。しかし、県外住まいの場合には、いろいろ行ったり来たりするのは不便だし、お金がかかるから、大半の大学生とその親は住民票はそのままにしておくのである。

ところが、政治家は自分たちの永田町のご都合で選挙を起こす。

そうなると、日本全国の大学生たち数百万人の清き一票の行方は、何月何日の選挙かということで、投票できるかどうか決まってしまうのである。

だいたい大学生は授業があったり試験期間の最中には投票はできない。あるいは、投票に行きにくい。

ましてや自宅から離れて県外遠くの大学に通っている大学生たちは、自宅にたった一票のために帰宅し、すぐさま大学に戻るなんていう芸当ができるはずがない。仮にその子供が徳島から北海道の大学に通っているとすれば、行き来するだけで、軽く10万円近くかかるだろう。安くて数万はかかる。隣接県であったとしても、バスで行き来するだけでも数千円はかかる。

はたして大学生たちが、そしてその親達が、たった一票の清い一票のために、数千円から数万円を叩いてこのミンス党やら共産党のようなお馬鹿な中国やら韓国の手下どものために投票するだろうか?

まずそんな面倒なことはしないだろう。

というわけで、いくら「選挙に行こう」などと口先だけでほざいた所で、大学生たちは実質上「清き選挙から閉めだされておるのだ」ヨ。

本当に馬鹿な国だナ。

いやはや、世も末ですナ。
[PR]

  by kikidoblog | 2013-07-16 20:32 | マスゴミ

東アジア杯代表「国内組」決まる:頑張れ、国内組!

みなさん、こんにちは。

早速、ザックジャパンの東アジア選手権の代表、「国内組」が決まったようである。
柿谷、大迫、柴崎ら選出 東アジア杯代表

 日本サッカー協会は15日、東京・文京区のJFAハウスで東アジア杯(20日開幕、韓国)に臨む日本代表のメンバー23人を発表した。
 FW柿谷曜一朗(23=C大阪)、大迫勇也(23=鹿島)、MF柴崎岳(21=鹿島)ら23人が選出された。アルベルト・ザッケローニ監督(60)は「まずはW杯予選突破を目的に戦ってきて、圧倒的に予選を勝ち抜いた。今後はW杯に向けて最良の準備をしていかないといけない。その時期が始まる」と話した。日本は21日に中国、25日にオーストラリア、28日に韓国と対戦する。
 メンバーは以下の通り。

【GK】
林卓人(仙台)、西川周作(広島)、権田修一(東京)

【DF】
駒野友一(磐田)、栗原勇蔵(横浜)、※千葉和彦(広島)、森脇良太(浦和)、槙野智章(浦和)、森重真人(東京)、鈴木大輔(柏)

【MF】
青山敏弘(広島)、※高萩洋次郎(広島)、高橋秀人(東京)、※山口蛍(C大阪)、※扇原貴宏(C大阪)、柴崎岳(鹿島)

【FW】
※豊田陽平(鳥栖)、山田大記(磐田)、※柿谷曜一朗(C大阪)、※斉藤学(横浜)、工藤壮人(柏)、大迫勇也(鹿島)、原口元気(浦和)

※は日本代表初招集。

さて、私が
私が選んだブラジルW杯日本代表:国内組を基本にせよ!
で選んだ選手たちは、以下のものだった。
【GK】西川周作(広島)
【DF】槙野智章 片岡洋介 伊野波雅彦 實藤友紀
【MF】乾貴士 柿谷曜一朗 柴崎岳 青木拓矢
【FW】大迫勇也 工藤 壮人
(赤)当たった選手

まあ、けっこういい線いっていた感じですナ。

国内組頑張れ! 
[PR]

  by kikidoblog | 2013-07-15 17:18 | サッカー&スポーツ

真夏の夜は、こんな話で肝が冷える!?

みなさん、こんにちは。

暑い夏が来た。
夏といえば、肝試し。お化け屋敷。肝が冷える話。

そんなわけで、YouTubeで見つけたいくつか面白いものをメモしておこう。

Aliens Come From Hell
Revelation of the Pyramids (BEST Egypt documentary)
Secrets of the Kabbalah - Documentary

最も肝が冷える話といえば、日本の野党の正体だろう。これについてはまたいつか。

それにしても、かのアセンションブームで精神を病んだ人は数知れないようである。
大半は、左翼への釣り込みサイトのようなものだった。

いやはや、世も末である。
[PR]

  by kikidoblog | 2013-07-14 17:30 | ミステリー

ジョーク:「沈思黙考」、無名の一理論物理学者の夢「最年長記録」!?

沈思黙考
e0171614_922720.jpg


みなさん、こんにちは。

今回もまた、私個人の妄想ジョークである。適当にパスを。

ーーーーーーーーーー

世の中、若いほど結構。
というのは一般人の世の常識である。

年老いた女、よりは、若いおなご、が好まれる。

老人よりは、壮年。
壮年よりは、青年。
青年よりは、少年少女。
少年少女よりは、幼児。
幼児よりは、赤ん坊。
赤ん坊よりは、卵。

とまあ、わかいほどいい、と思うらしい。

芸能界でも若い子ほど好まれる。

確かに若者は香ばしく、みずみずしい。
老人はみずみずしくも何でもない。

若いほど健康的にも見える。
老人は無数の薬を毎食後に飲まねばならない。
持病のオンパレードである。

われわれ科学の世界もまったく同じ。
若いほど好まれる。

同じ研究レベルや研究成果なら、
若い人がやれば、学会賞がもらえる。
しかし年配者がやっても無視される。
若い人には、大学から文科省までさまざまな賞が用意されている。

学部学修奨励賞
研究科研究奨励賞
日本学術振興会賞
日本物理学会若手奨励賞
仁科記念賞
そしてノーベル賞まで。

そもそもノーベル賞は本来若手のためのものだった。
数学のフィールズ賞も40歳以下が対象である。

まるで科学者は若くなければダメと言わんばかり。

しかし、一方、こんな話もある。

三浦カズ選手、Jリーグ最年長出場記録達成!
三浦カズ選手、Jリーグ最年長ゴール!
三浦雄一郎、最年長エベレスト登頂!
ロジェ・ミラ、ワールドカップ最年長ゴール!
プロゴルフ、最年長ツアー優勝!
フルマラソン、最年長記録達成!
100m、最年長記録更新!
116歳、世界最高齢記録、ギネス更新!

こうしてみると、
e0171614_9223331.jpg

無名の一理論物理学者の私に残された道は、ただひとつ。

最年長Phys Rev Lett論文掲載更新!
100歳で論文掲載!

これしかない。
それまでしぶとく頑張るだけですナ。
[PR]

  by kikidoblog | 2013-07-12 09:24 | アイデア・雑多

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE