<   2013年 07月 ( 38 )   > この月の画像一覧

 

「フェイスブックで日本を自慢したら警告が来た!」はスノーデンが証明済み!

みなさん、こんにちは。

ついでにこれもまた再掲しておこう。以下のものである。
フェイスブックで日本を自慢したら警告が来た!:FBの真の目的は「思想警察」か!?

e0171614_9152074.jpg

のある利用者が、「日本は良い国だ」ということを証明する自分の観点を述べたところ、即座に「警告」が来たという。

。。。

その代表格が、表のシープル情報を、特に、ヒューマンリレーション(人間関係)や人間のネットワーク

e0171614_9154396.jpg

盗聴することだというものである。だから、あえて、最初はすばらしい技術やサービスだということで社会に浸透させておいて、後で根こそぎ情報をもらう。

とまあ、こんなことが目的だと、大分前から、デービッド・アイクやジョン・コールマンなどが主張していたというわけである。

。。。


元CIAのスノーデン
が暴露したので、いまや私が書いていたことが100%真実だったと分かったにちがいない。

「陰謀論」は全部真実なんだよ。

「都市伝説」は在日朝鮮系マスゴミの捏造だけどナ。
[PR]

  by kikidoblog | 2013-07-03 21:04 | コンスピラシー

ザックよありがとう!あとは越後に任せろ!:ブラジルW杯代表監督は「セルジオ越後」しかいない!?

みなさん、こんにちは。

ついでにこれもメモしておこう。サッカーの話だから、興味ない人はスルーすべし。

−−−−−−−−−−−

ブラジル戦完敗にセルジオ越後氏「今のままでは永遠に差は埋まらない。悪いところは叩くべき」
e0171614_14161829.jpg

 ブラジルで開催されるコンフェデレーションズカップが15日に開幕し、グループAではブラジル代表と日本代表が対戦。世界のトップとの距離を測る絶好の舞台において、日本は前後半それぞれの立ち上がりに失点を喫し、さらに終盤にも加点され、0─3で完敗した。

 試合後、サッカーキングの取材に対し、解説者のセルジオ越後氏
e0171614_14154161.jpg
は次のように語った。

「旅立つ前に言っていたことと、やっていることの落差。現実はこれほど違うのかと思い知らされる試合だったろう。気持ちや言葉では埋まらない明確な差があった。香川も長友も、日本では超ビッグクラブで大活躍しているスーパースターのような扱われ方だが、現実はこんなものだ。煽り報道に冷水を浴びせる敗戦でもあった」
 
「試合内容としては、昨年の欧州遠征で対戦した時のほうがまだ良かった。ビハインドを背負った時にどうすべきか、チームとしての方向性が見えなかったのはもちろん、選手一人ひとりに独立性がなく、解決策を見いだすことができない、つまり子どものサッカーだった
 
監督の采配も相変わらずだった。遠藤を下げた時点で、次戦への温存を考えたのだろうけど、まず負けてる試合のあの時間帯でそういう選択を取ったことへの疑問が一つ。それなのにロスタイムに乾を入れるという、ちぐはぐさ。最後まで残念な試合だったね」
 
「個の力を上げていくしかない、というのは確かにそうだけど、今のままのやり方では、差を埋めるのは不可能だ。こんな試合をしたら、徹底的に叩かれるようじゃないと、これから先伸びていかないし、ブラジルには永遠に追いつけない。だから僕は文句を言うよ。選手もマスコミもファンも、目を覚まして、もう一度足元を見つめ直すべきだ」

その通り。

日本代表や監督が責任とって「ハラキリ」(=代表辞退)するくらいでないと永久にトップへは無理。

吉田麻也と内田、お前らのせいでこうなったんだぞ。

もうザッケローニはイタリアに帰れ! お前の顔など見たくもない!

日本人がこういうふうにならない限り、世界のトップには無理なのだヨ。

ブラジルはあそこで負けたら、命がかかっていたのかもしれないのである。
ダビド・ルイスがあそこでオウンゴールしたら、エスコバルの二の舞だったかもしれないのだ。

香川は、宣言をまったく実現できずに惨敗してきて、被災地の子どもとサッカー? 
(普通は優勝してこういうことをする。)
はあ?
(いつまで子供気分でいるんだ?)

「試合終了の笛は次の試合へのホイッスルである。」

を知らないのか?
みんなで反省会じゃないのかいナ?

「平和ボケ」の「甘えた国では永久に世界一にはなれない」。

これが「戦後憲法」と「戦後教育」の成れの果てというやつですナ。

「日本国民は永久に戦争を放棄する」

この悪影響は計り知れない。

ワールドカップは戦争なのだ!

やはり本当に日本サッカーを心底愛しているのは、俺とセルジオだけだナ。

おっと、今気づいたが、日本代表監督、ザッケローニよりいい監督がいたじゃないか。
このセルジオ越後さんだよ! ブラジル出身のセルジオさんだよ。

日本代表を何十年も見てきて、しかも本人も若かりし頃は、ネイマール並みのテクニシャン。
おそらくブラジルのことは非常に詳しい。

いや〜〜、セルジオ越後こそ、このブラジルワールドカップのために生まれてきた。
三浦カズとセルジオ越後率いる「侍ジャパン」、

なんかわくわくするナ〜〜〜。

日本サッカー協会よ、ザッケローニを早く首にして、セルジオ越後さんを代表監督にしてくれ!
私の分析では、「ブラジル」のワールドカップに特化していえば、これほどの適任はないだろうナア。

どうでしょうか? 日本サッカー協会さんヨ。

監督:セルジオ越後    
副監督:ラモス瑠偉

コーチ:呂比須ワグナー、三都主アレサンドロ、
GKコーチ:シジマール

代表主将:三浦知良   
副代表主将:田中マルクス闘莉王

他21人:オープン、未定

これで世界一を目指す!

これで行こう。やはりブラジルに縁がないやつは去れ!でしょうナ。

今回の若いブラジル代表を見ても分かるように、いかに「心理状態」が大事か、「精神状態」が大事かということであろう。

広大な土地、ポルトガル語、サンバ、美人、明るさ、こういうことを知っているものが行かない限り、今回の100mの桐生が外国行った途端に身が縮こまって、11秒近くの悪いタイムしか出せなかったように、そういう悪いことが起こる。

やはり地の利、南米ブラジルの現場を知っているものが多いほどいいのである。
[PR]

  by kikidoblog | 2013-07-03 14:24 | サッカー&スポーツ

時事放談:北朝鮮外交官、ケリー米国務長官の演説時に「ションベンタイム」!??

(つづき)

どうしようかな?

e0171614_12555657.jpg


(い)次は北朝鮮。
一方の北朝鮮の方はこれまた驚きの展開のようである。

「席立たないで」と米長官 北朝鮮外相に要請
e0171614_12502099.jpg

(ブラジル優勝の授賞式の時に、スペインの選手全員がこういう顔していたよナ。)

2日の東南アジア諸国連合(ASEAN)地域フォーラム(ARF)閣僚会議で、米国代表団のメンバーが北朝鮮の朴宜春(パク・ウィチュン)外相に席を立たないよう、要請する一幕があった。会議に出席したASEAN加盟国の高官が明らかにした。

会議でケリー米国務長官が発言しようとしたところ、朴氏が退席しようとした。
ケリー氏は
私が話すことは彼に向けたものだ。席を立たないでほしいと言うように
と米代表団の一人に指示した。

要請を受けた朴氏はいったん会議場を出てトイレに行った後、席に戻ったという。(共同)

【ヤバイ】 米国よ、これが朝鮮人だ!閣僚会議で米国務長官「君に話している、席を立つな!」→パク外相、それでも無視して退席ww

主婦が買い物袋を下げてスーパーやデパチカの食料品売場を見て回る時、
「今日はどうしようかな?」
「今晩のおかずは、何にしようかな?」
と考える時、思わず手がアゴにいく。

人間は考える時、それも深く考える時に思わずそれが行動に出るのである。

サッカーでも決定機に外したり、負けたりすれば、両手で頭を抱える。
e0171614_131697.jpg

面白いことに、こういう仕草は万国共通のようである。

さて、私も何年かアメリカにいてアメリカ白人文化の中で生活したからよく知っているが、いわゆる「コケイジアン(=白人)」が、このケリー氏のような行動をとった時というのは、非常に「深刻な場合」なのである。

「こいつ、どうしてやるか?」

というようなことを考えている時に出る仕草なのである。

「いまに目にもの見せてやる」

という場合である。

いや〜〜、実に危険な兆候ですナ。

まあ、ここをずっと見てきた人や「陰謀論」に詳しい人なら知っているだろうが、何を隠そう、このケリーさんは、ジョージ・ブッシュと同様に、西洋社会のエリート秘密結社のフリーメーソングランド・ロッジの最上級33階級にいる人であらせられるぞ!頭が高い!
この紋所が目に入らぬか!
e0171614_1322339.jpg

こちらにおわすお方をだれと心得る。頭が高い!



いわば、メーソンの「ゴールド・プレミア・カード」のその上の「ザ・クラス」
e0171614_1374577.jpg
なのである。

そういう人物に向かって、この北朝鮮の朴宜春
e0171614_1334568.jpg

(なぜかこういうヤツに限って小沢一郎と瓜二つ。困ったものだ。)
なる輩は
「便所に行った」
e0171614_1391649.jpg

のであるという。

驚きのメンタリティーだ。

最近知ったが、類人猿は困った時に排便し、それを相手に投げて威嚇するのだという話もある。
謎の類人猿型UMA モノス
e0171614_13112061.jpg
一体はオス、もう一体はメスのようでした。その生き物は怒ったように見え、うなり声や身振りで遠征隊を威嚇し、排便をして糞を投げつけてきました。

要するに、公式の場で、我慢せずに「排便する」ということは、実に不謹慎極まりないことと西洋世界では捉えるのである。

「こいつは人間なのか?」

とケリーが疑ったかもしれないわけですナ。

西洋人が「あいつは人ではない」と判断したらそりゃ〜〜、恐ろしいゾ!
 
なぜならライフルで狩猟ゲームしにくるからだ。
e0171614_13193088.jpg

人間じゃないんだから、狩りしたって関係ないだろ? 単なるゲームサ。
って来るのサ。

いや〜〜、くわばら、くわばら。

ほんと日本が北朝鮮のとばっちりを受けないことだけを祈るのみ。

くわばら、くわばら。

(ちなみに、「くわばら(桑原)」とは、落雷に合わないように願う時の言葉であるという。)
[PR]

  by kikidoblog | 2013-07-03 13:17 | 北朝鮮・高句麗

時事放談:朝日新聞のウォーリーを探せ!

朝日新聞
e0171614_11585944.jpg

を着た、ウォーリーを探せ!
e0171614_12135841.jpg


みなさん、こんにちは。

いや〜〜、あまりにいろんなことが起きすぎて再びまたETの手も借りたいほどである。

そんな中、北朝鮮ばかりか、南朝鮮もまた似たような国であることがますます明らかとなり、いまではどっちがどっちという有様である。古来の李氏朝鮮文明しかない国と現在の西洋の悪魔主義文明しかない国となったかのようである。

そして、悪いことに、これら双方のエージェントがまた、「スパイ天国日本」の国内で大活躍だから困る。

そんなことを証明するようなニュースを2,3メモしておこう。

(あ)まずは、南朝鮮。
日本と韓国—互いに向きあうときだ

 おとなり同士、新しい政権が生まれたというのに、外交の責任者が会談できない。そんな冷たい空気が漂っていた日韓で、外相会談がやっと実現した。→互いに相手の顔色を見ただけだ。
 まだ、すこし強い風にさらされれば壊れそうな危うさだが、たがいに相手の必要性は十分に認識している。会談をきっかけに関係改善を進めるべきだ。→もう日本人は韓国人の本質を理解した。もはや韓流は反韓に変わった。あとは国交断絶のみの段階。
 ここまで事態が険悪になった責任は、日韓双方にあった。→「南京大虐殺」と「慰安婦問題」を捏造したのは朝日新聞。
 韓国の歴代政権はこれまで、少なくとも発足当初は日本との友好を探った。→こんな事実はどこにもない。
だが、「外交は互いの信頼が最重要」という朴槿恵(パククネ)政権がまず直面したのは、日本からの数々の歴史認識発言だった。→韓国が捏造歴史ファンタジードラマと韓国の捏造歴史教科書を元にした「反日思想」が問題を作った。
出ばなで安倍政権に大きな疑問符がついた。
 朴大統領は米国に続き、先月訪れた中国でも、日本を想定して「歴史問題で対立と不信が深まっている」と異例の言及をした。経済のみならず政治や安保面での協力も共同声明に盛り、中韓の接近を印象づけた。→ 中国パワーちらつかせた脅しですナ。たちが悪い。
 そんな現状について当の韓国の外交当局者も「日本の歴史発言が私たちと中国を必要以上に近づけてしまっている」と懸念する。この夏は、安倍首相らが8月15日に靖国参拝するかどうかに神経をとがらせている。→ 確実に靖国参拝するだろう。なぜなら従軍慰安婦問題同様に、靖国神話もまた朝日によって捏造されたからである。すでに国民は靖国はアメリカのアーリントン墓地と同じものであることを理解した。なぜなら、マッカーサー自ら戦後になって日本の開戦は「自衛のためだった」と証言したことが知れ渡ったからである。
 一方、その朴政権も、柔軟さに欠けるといわざるをえない。→ それが朝鮮人というものだ。
 朴大統領は「新しい関係」をつくるためには、侵略や加害の事実を直視せよと日本に求めている。だが、歴史問題は時間をかけて解きほぐす課題だ。いま改まらなければ対話しないというのでは話は前に進まない。→古来「朝鮮人とは関わるな」が世界中で再確認されたにすぎない。当然、我が国も脱特亜である。
 朴大統領は北朝鮮に対しても原則論的な条件を課して対話の好機を逃した。対立点があっても、まずは話し合いの席についてこその外交だ。かたくなな姿勢は慎むべきだろう。→話し合いはこれまでの韓国の借金返済、督促を先に行うべし。5兆円スワップも早急に返却させ、東日本に返すべし。
 すでに日韓関係の停滞は、多方面に影を落としている。→影と落としたのは韓国のみ、日本は光があたったのではないか。相変わらずのへんてこの捏造感性だな。なのに、「日本に頭を下げるのか」などと韓国側で報じられた末に、延長できなかった。→ はあ?あんたはほんまに日本人? 自国に損害与えて平気なのかいナ?
 日韓の企業による経済投資はたがいに盛んでも、自由貿易協定をめぐる政府間の実務協議は昨年から事実上止まったままだ。日本から韓国への観光客も急減している。→ 韓国に旅行した日本女性の何百人もが陵辱レイプされ、望まぬ堕胎などをさせられたという情報が飛び交ったためだ。南鮮人は危険過ぎるためだ。
 2015年に日韓は国交正常化から半世紀を迎える。未来志向の50年につなげる節目にしようと、両国の外交当局は知恵を絞り始めている。だが、残り時間は、あまりない。→ 歴史は綿々と続く。捏造しなければナ。
 朴大統領が年内に日本を訪れ、首脳同士、率直に論議できるよう願う。→ もはや一般国民のだれも朝日や毎日やNHKやフジを信じるものはないヨ。

これなど、まさに
「お前が言うな」
e0171614_13383528.jpg
の南朝鮮の工作員が大活躍中の証拠である。一応、私のコメントもつけておいた。私のコメントは全部100%事実に基づく

もともと従軍慰安婦問題など存在もしなかった。なぜなら、旧日本軍は「従軍慰安婦」をとらなかった。あくまで個人営業の売春婦しか相手にしなかったからである。朝鮮人や日本人(おそらくもっと昔の時代の朝鮮人)のいわゆる「売春婦」しかいなかったのである。それも、日本軍は彼らの不幸を同情して「日本兵の10倍の報酬」を支払ったのである。

これはすでにこの間の中山成彬議員の国会質疑ですでに、戦後の日本の歴史上初めて証明されたのである。
中山成彬議員の「歴史的快挙」:「いくら調べても朝鮮人による犯罪しかなかった」



(こういった国会放映を削除すれば、NHKやウジテレビは憲法違反ですゾ!余計なことをするナ。)

正義はゆっくり動く:戦後最大の”快挙”を行った、中山成彬議員に幸あれ!乾杯!
2013年4月10日、中山成彬の国会質問第二弾:教科書検定に異議あり!
「世界が学び続けるとてつもない日本」:正々堂々と生きよう、日本人!

また最近では、「第二次世界大戦」を専門とするアメリカの歴史学者が立ち上がった。

アメリカ人歴史家が従軍慰安婦性奴隷説の嘘を告発「これは歴史に対する冒涜です」


「民主党を否定するのが民主主義」あれ?:最近の「ジョークのような真実」の数々!


また民主党の「反日親韓行為」や「韓国の反日行為」については前に集めておいたこんなものを再掲しておこう。
「マスコミは日本の敵です」西田昌司議員:民主党もオウムも同じ穴のムジナですナ!

【超人大陸】野田首相はN氏の娘の結婚式に蓮舫氏と共に出席

字幕【テキサス親父】日本のH-2Aロケットが打ち上げた韓国の衛星

いずれにせよ、テキサス親父がいうように、韓国にとって「敵国No.1=日本、敵国No.2=北朝鮮、敵国No.3=アメリカ」なんだヨ。韓国人のインテリたちがそう言っているわけですナ。

「国交断絶」はもはや「仕方ない」ネ。

それにしても、この「匿名記事」の作者は誰か?

ウォーリーを探せ!ですナ。


「追記」:
朝日新聞が報道 「平和甦る南京」の写真特集 (田中正明)
e0171614_8302729.gif

朝日新聞が報道 「平和甦る南京」の写真特集 (田中正明)から
http://www.history.gr.jp/~nanking/peace.html

 いわゆる「南京大虐殺30万」などは全くの虚構で、中国の作り話にすぎない。
だが、このえん罪は日本民族永久の恥辱であり、ぬぐいがたい歴史的汚点である。
当時朝日新聞が報道した数々の写真や記事は、南京占領当時のありのままの姿を映した第一級史料である。

 しかるに、戦後「朝日」は一転して「南京大虐殺」をはやしたて、ついに小・中・高校の教科書にまで掲載されるに至った。
 真実は1つしかない。「朝日」よ、売国的改ざんはやめよ。

“朝日新聞が報道「平和甦る南京」の写真特集”表紙

[PR]

  by kikidoblog | 2013-07-03 12:53 | 従軍慰安婦・南京大虐殺捏造

フレッジの「一発芸」:なんだフレッジの1点目はハンドじゃないか!

みなさん、こんにちは。

どんなことでも検証していくのが、真実究明士の役割である。

そろそろブラジルvsスペインの決勝のYouTubeが出る頃だろうと思ってみてみると、やはりYouTubeにブラジルの番組のものが出ていた。 以下のものである。
Brazil Vs Spain 3-0 Goals and Highlights Confederations CUP 30/6/

どうしてスペインのピケとセルジオラモスが手を上げた
e0171614_18145278.jpg
のかわからなかった。おそらくオフサイドのアピールかと思っていた。が、どうも「ハンド」のアピールだったようである。

そこで私自身この試合は録画していたから、この部分を何度も見てみたが、ネイマールのリバウンドが最初のスペインDFの手に跳ね返ったのはハンドではないが、このフレッジのプレーは明らかに「故意のボール引き寄せ」だから、正真正銘のハンドであろう。

しかし、ちょうどレフリーは真後ろから見ていたためにまったくそれを見ることができなかった。線審にも見えなかったはずである。それほどフレッジの身体の真下の「一瞬芸」であった。これである。
フレッジの「一瞬芸」のハンド
e0171614_1883713.jpg

e0171614_1885191.jpg


ブラジルは自陣エリア内のハンドも見逃してもらったから、2点得をしたんですナ。

しかし、いくら強豪でもこんなことでは本戦は勝ち抜けられないのかもしれない。
まあ、審判団を抱き込めば別だろうが。

やはりビデオ判定の導入が必要だろうヨ。
[PR]

  by kikidoblog | 2013-07-02 18:12 | サッカー&スポーツ

全国で謎の無言電話「816456005040」の怪:これもまた「バカチョンが」かいナ?

みなさん、こんにちは。

次はこれ。謎の不審電話である。

最近、「816456005040」から無言電話が来る。
「電話に出るととたんに切れる。」
こんな事例が日本全国で増えている。我が家にもやってきた。

それで、いったいこれは何だ? どこの電話番号なんだ、と調べてみると、出るわ出るわ、こんなにたくさんの事例が存在した。いくつかメモしてこう。

フリースペースK かっぱのスタッフ日記♪より

2013年03月12日 16:39
81645605040 (怪)


少し前に、こんな電話がかかってきました。
e0171614_1465055.jpg

ずいぶん長くコールして、出ると切れました。

それにしても 8 から始まる電話番号って聞いたことがありません(--;)

いらずら電話にしても、いったいどこからかかっているやらと思うと気持ちが悪いですね・・・

それで、ちょっとネットで調べてみたんですが、うちにかかってきたのと同じ 81645605040 は、3月初めくらいから全国で気持ちの悪いいたずら電話として問題になっているようです。

かかってきてもこちらが出たらすぐ切れる。出ないでいるといつまでもかなり長くコールする。1日に何度もかかる。ワン切り。

もちろんこちらからかけても通じない番号だそうです。

国際電話なのでしょうか・・・ どんな目的があるのかわかりませんが、この番号が使えるかどうか機械を使って調べているのかもしれませんね。それにしても気持ち悪いです。

対処法としては、今のところは迷惑ガード登録して着信拒否にするしかないようです。

皆さんもお気をつけてくださいね。
81645605040という電話番号の着信

嫁さんから
e0171614_1483391.jpg

81645605040という電話番号の着信があって出るとすぐに切れるんだけど…
という話を聞いて調べてみると
↓こんなのが出てきました
81645605040|国際電話|迷惑電話番号サーチズ http://www.meiwaku.com/number/81645605040.php
【ご注意ください!】
迷惑電話番号サーチーズは皆様からの情報を元にワン切り詐欺や振り込め詐欺、コールバック詐欺などの情報の共有を目的とするサイトです。中には迷惑電話でなく掛け直しが必要(支払い遅延による催促など)な番号も含まれています。 そのような番号でも、安心して掛けれる情報を提供したいと考えていますので、ぜひ口コミ情報として登録をお願いします。よろしくお願いします!


結局正体不明なので不気味なのですが…

何なのでしょう?
頭に81がつきはじめた

先日tomomiさんからコメントをいただいたので久しぶりにこの項目を更新。


645605040の無言電話については今更語るべくもありませんが
最近はその前に「81」がついた電話番号が出始めているとのこと。
この「81」というのは勿論、国際電話に割り当てられている日本の国番号ですね。

81645605040ということは市外通話に置き換えると「064565040」となります。
大阪の中心地域の番号という事になります。
ただ本当に大阪からかけているとは限りません。


これもまた「バカチョンが」だろうヨ。

警察は犠牲者が出る前に即刻逮捕したほうがいいな。


おまけ:
http://www.news-us.jp/article/368100904.html
e0171614_14164480.jpg

(橋下と同じメンタリティーですナ。)

ちょっと前まで単なる一民間人が選挙で勝ったとたんに「いったい何様のつもり?」。神様にでもなったつもりかいナ。また民間人に戻るんだヨ。任期終えれば死ぬつもりなのか?

だいたい大韓民国(KOREA)の独立宣言は「昭和23年8月13日」である。
大韓民国政府樹立国民祝賀式
e0171614_14211813.jpg

韓国建国の詐術と未来より
つまり、1948年のことにすぎない。60数年前のことである。どこから「1000年」というのが出てくるのですかいナ?

こんな案配だから「このバカチョンが」といわれる始末なのである。非常識にも程がある。身の程をわきまえろということである。

まあ、今年のビルダーバーグ会議のところでちょっとメモしたが、すでにもう韓国と中国の地獄行きは決定してしまったのである。未来はない。可哀想だがそれが本当らしい。あれほど俺がNWO甘く見ないほうがいいぞとメモしてやってきたのにである。もっとも日本の未来もかなり厳しいがナ。

脳天気な「お花畑系」に毒されている内、あるいは「戦争は嫌だ」とかだだこねているうちに、国内がまず崩壊する。笹子トンネルのようにだ。平和ボケに生きる場はなくなる。

身体のためだ、予防のためだといってワクチン打てば、身体障害児の仲間入りだ。なぜなら、あれほどワクチンの添加物には危険なものが含まれるからよしなヨ、と言っていたのに打ったからだ。

そうとう昔のワクチンは鶏卵で作った。だから卵アレルギーが普及した。そのうち保存剤を入れた。そしたら自閉症だらけになった。

次の世代のワクチンはアカゲザルの細胞で作った。ポリオの生ワクはそういうものだった。そしたら、ガンが異常に増えた。若年性の癌だ。この原因はアカゲザルの持つSV-40というウィルスのせいだった。

その次の世代のワクチンはミドリザルを使った。今度は豚インフルの頃から、アジュバントを入れた。そしたら、不妊だらけになった。

そしてもうすぐ最新世代のワクチンは、カイコの昆虫細胞で作ることになっている。いま現在の最新研究ですでにそうやって実験している真っ最中である。これで何が生じるか? 身体から絹が生えるか? 昆虫アレルギーになるか? まったく未知である。

「平和ボケ」とはこんなことを言うのですナ。


おまけ2:
韓国が「東京五輪」妨害工作wwwwwwwww

1: ジャパニーズボブ(北海道):2013/07/01(月) 21:14:44.41 ID:Bb9npkS90
韓国、東京五輪妨害工作 IOC、米メディアなどに「資格ない」と働きかけ

韓国の民間団体が、2020年東京五輪招致を阻止する運動を展開している。一部の「反韓・嫌韓デモ」を取り上げて、「五輪の資格なし」などと、国際オリンピック委員会(IOC)や海外メディアに訴えているのだ。

インターネットで反対署名を呼びかける動きもある。開催都市を決めるIOC総会まで約2カ月というなかでの妨害工作。ジャーナリストの西村幸祐氏が、日本人の癇(かん)に障る、隣国の言動に迫った。

韓国側の妨害活動は今年4月ごろから目立ち始めた。韓国・聯合ニュースは4月5日、以下のようなニュースを配信した。

《韓国の民間団体『VANK(バンク)』は5日、日本の右翼団体が東京や大阪などで在日韓国人を狙った人種差別的な『反韓・嫌韓デモ』を行っていることについて、平和と人類愛を掲げる五輪精神に反すると訴える書簡をIOCに送付した。書簡は米紙ニューヨーク・タイムズとワシントン・ポスト、CNNテレビなどの海外メディアにも送付された》

VANKは、韓国に関する情報宣伝活動をネットを使って行う民間団体。島根県・竹島を韓国領土とアピールしたり、日本海を東海と書き換えるよう、各国政府や国際機関などに働きかけたりしている。VANKの朴起台団長
e0171614_10453981.jpg

は今年2月、韓国政府から勲章と大統領表彰が授与されている。

こうした動きと連動しているのか、米国で運営されているオンライン請願サイトでは、東京五輪を阻止する署名活動が展開。韓国のコミュニティーサイトなどが、この動きを取り上げている。
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20130701/frn1307011811004-n1.htm
韓国人よ、そんなことやる暇あるんだったら、はやくスワップ5兆円、日本に返却してくれヨ。
[PR]

  by kikidoblog | 2013-07-02 14:14 | 反日・在日の陰謀

時事放談:「このバカチョンが」「朝鮮人は息を吐くように嘘をつく」は真実か?

みなさん、こんにちは。

コンフェデ杯の騒ぎも終わり、また平常時がやってきた。しかし相変わらず日本も世界も騒がしい。そこで、いくつか面白いものをメモしておこう。

(あ)まずはこれ。安室の「口パク疑惑」ならぬ、「ピアノ偽演奏疑惑」。



これに自身ピアニストであるふかわりょうが噛み付いたという話題である。
嘘ついたらアカンよ安室ちゃん
e0171614_12261131.jpg

おいエイベックス日本を舐めてるのか。日本の音楽を舐めてるのか。

06/30 ラジオ
『J-WAVE ROCKETMAN SHOW』 生放送より

【音楽】ふかわりょうが安室奈美恵のMVを痛烈批判「安室さんはアーティストではない」「エイベックスは音楽業界を舐めてんのか?」


(い)米エール大学の韓国人教授の「韓国学専攻開設請願」
e0171614_12254222.jpg
▲米エール大で韓国語を教えるキム・ソンジャ教授

米国東部の名門大8学をあわせて‘アイビーリーグ(Ivy League)’と呼ぶ。その一つ、エール大学学 生たちが今年2月‘団体行動’に出た。「韓国学専攻を開設せよ」という請願を学校当局に出したのだ。‘ハーバード・コロンビアなど他の大学にはあるのに私たちだけ韓国学専攻がない’というのが彼らの主張だ。 。。。

正しい韓国の歴史って・・・
属国半万年の輝かしい歴史のこと?

米大統領輩出したエール大学、未来の指導者に正しい韓国の歴史教える必要がある~韓国学専攻開設請願より


(う)次は反日フジサンケイ「一つ目グループ」の話題。
フジHD株主総会大荒れ
…テレビ視聴率3位転落や業績低迷に、経営責任を問う声相次ぐ

e0171614_12315952.jpg


「フジテレビはもう、時代に取り残されてしまったのでは」
「ウソならダイヤモンドに法的措置をとるべき」
「いろいろな総会に出ているが、他の企業は社長が議長をやっている。
どうして毎年、日枝会長が議長をやっているのか。
日枝会長自身への質問に、本人が答えないのはなぜか。
他の会社の総会では、質問する株主の席まで係員がマイクを持ってくる。
どうしてフジHDでは、株主がマイクスタンドまで足を運ばなければならないのか」

フジテレビがやらかしたこと。

浅田真央への嫌がらせの数々
http://www.nicovideo.jp/watch/sm14325656

テレビドラマで「反日のサブリミナルやステマ攻撃」
e0171614_12365742.jpg


日の丸で「黙祷」
e0171614_12363137.jpg


日本の国家行事をふざけたギャンブルに変える
e0171614_12372694.jpg
他所の国民であれ、まあ、およそ人間のすることじゃねーなあ。違うかい? ナチスでもこんなくだらん子供染みた嫌がらせはしなかったヨ。自民党よ、早く銃刀法改正しろ! 武力蜂起あるのみですナ。


私が子供の頃、日本では「バカチョン」という言葉があった。そして1980年代の頃には、だれでもできるという意味で「バカチョンカメラ」全盛期を迎えた。

当時はだれも「バカチョン」の意味を知らなかった。そんなことはどうでも良かったのである。

ところが、いつしか、それが「バカ」と「朝鮮人」のことだから、差別用語だと左翼や日教組が学校で吹聴し始めたのである。そしていつしかだれもが、「差別用語だからやめよう」ということになった。

しかしながら、だれがみてもここ最近のこういったニュースや韓半島の出来事や連中のやらかしていることを見れば、これが必ずしも「差別ではなかった」、むしろ「真実を見事に捉えていた」ということになる。

もはや「戦後は終わった」。「これから本格的に第3次世界大戦の時代に入る」、「心しておきなさい」というのが、私からのメッセージだが、私が言うまでもなく、もう10数年も前から、デービッド・アイクやジョン・コールマン博士が言ってきたことである。最近では、ビル・ライアンの「アングロサクソン・ミッション」がそれである。

警戒すべき人種や民族に対して銃を手に取り自衛するのが当たり前の時代が来るということである。自衛と戦争は異なる。戦争は、他国に侵入することだが、自国で民族を防衛することが自衛である。しかしその自衛隊には「玉の一発一発まで在日米軍の指示を得なければ打てない」のである。警官は(自国民に)発砲できるが、自衛官は(他国民に)発砲できないのである。これが究極の「在日特権」なのである。

ましてや我々民間人は銃すら手に持つことができない。これでは、自分の家を守ることすらできない。(日本国民はよそ者に殺されるだけ殺されるということだ。毎日毎日、殺されているよナ。)

とまあ、これからはこういう時代に入っていく。私はだいぶ前からそう考えているわけである。

なぜなら、韓国人は民間人を装って、すでにこうしてフジテレビにもNHKにも入社しているわけだヨ。韓国には徴兵制がある。一民間人と言えども、軍隊訓練を受けている。当然銃やナイフの扱いはお手のものだ。

こういう状況の中で日本人を守るためには、昔のように常に剣を持って歩く特権階級が必要なのである。警察官がそれであれば結構だが、警官ですらなかなかこの状況を理解しない。だから、不遜殺人が絶えないのだ。

だとすれば、我々民間人の中に侍が必要だ。侍(サムライ)とは、古代シュメール語の「シャムライ」来た言葉である。つまり、「守る人」という意味である。憲法改正より前に「銃刀法改正」が必要なのである。

今のエジプトやアラブの状況は明日の世界の状況、明日のアジアの状況でもある。NWOイルミナティーはだいぶ前からそうしますよと言ってきた。そしてその通りに世界経済は崩壊しつつある。

備えあれば憂いなし。これは災害だけではない。人災に対してもそうなのである。

いやはや、世も末ですナ。
[PR]

  by kikidoblog | 2013-07-02 13:02 | マスゴミ

ネイマールの「シミュレーション劇場」:これが「南米ブラジルの笛」というやつさ!

みなさん、こんにちは。

いや〜〜、今朝のコンフェデレーションズカップの3位決定戦と決勝戦はそれぞれ非常に興味深かった。

ブラジルはネイマールの大活躍で「無敵艦隊スペイン」を3−0で一蹴。イタリアは宿敵ウルグアイを2−2のPK戦で、2試合連続PK戦を制して、3位になった。ブッフォン選手は3つのPK阻止をした。

というふうに書くのが、日本のマスゴミさんの書き方である。要するに、あまりサッカーを知らない人の書き方である。

ブラジルがスペイン破り優勝/決勝詳細
e0171614_18144286.jpg
e0171614_18153467.jpg

<ブラジルのスタメン>
GK ジュリオセザール(クイーンズパーク)
DF アウベス(バルセロナ)
DF チアゴシウバ(パリサンジェルマン)
DF ダビドルイス(チェルシー)
DF マルセロ(Rマドリード)
MF オスカル(チェルシー)
MF ルイスグスタボ(Bミュンヘン)
MF パウリーニョ(コリンチャンス)
FW フレジ(フルミネンセ)
FW ネイマール(サントス)
FW フッキ(ゼニト)

<スペインのスタメン>
GK カシリャス(Rマドリード)
DF ピケ(バルセロナ)
DF セルヒオラモス(Rマドリード)
DF アルベロア(Rマドリード)
DF アルバ(バルセロナ)
MF イニエスタ(バルセロナ)
MF シャビ(バルセロナ)
MF ブスケツ(バルセロナ)
FW フェルナンドトレス(チェルシー)
FW ペドロ(バルセロナ)
FW マタ(チェルシー)

そこで、一応私流にこの2つの試合に関してちょっとメモしておこう。

(あ)「南米の笛」
このブラジルvsスペインは、もはや開催国のホーム、ブラジルの「南米の笛」、同時に「オランダの復讐」と化していた。

こういってもよくわからないかもしれないが、要するに、ユーロではスペインがオランダを下して優勝したのだが、この試合の審判団の主審と線審の3人はみなオランダ人だったのである。この主審がスペインに対するファールをことごとく見逃したのであった。

イニエスタが後ろから蹴られようが、汚いタックルされようが、シャビが横からふっとばされようが、まったく反則をとらなかった。

一番ひどかったのが、ブラジルディフェンダーのペネルティーエリア内のハンドをとらなかったことである。これがPKであれば、確実に1−1に追いついていただろう。

また、トップのトーレスへの反則もまったくとらなかった。

そして、後半ではネイマールのシミュレーションに過ぎず、何もしていないピケが「一発レッドカード」。これでほぼ試合は決まってしまった。

さすがに、フェアプレー賞で売るスペイン代表もあきれ果てていたようである。もはや途中から勝利は無理だと諦めていたように見えた。

実はこれが昔からある「南米の笛」というやつである。もちろん、逆に西洋にも「西洋の笛」がある。

そんなわけで、昔から南米大会では南米チームが優勝し、ヨーロッパの大会ではヨーロッパが優勝するという伝統ができているのである。昔のトヨタカップでもそうであった。とにかく、ホームデシジョンが過激になるのである。

(い)「注射相撲」
この決勝では、それに南ア大会で煮え湯を飲まされたオランダの審判を開催国ブラジルが当ててきた。すでに仕込まれていたのである。日本で言う「注射相撲」である。オランダサッカー界はスペインは強烈なライバル国である。ブラジルのサッカー協会は、そういうオランダ人の心理をたくみに利用してきたのである。来年の本大会ではもっとこれが過激になるはずである。


(う)「ネイマールは軽すぎる」=「シミュレーション劇場」
ネイマール選手がいい選手でうまいのは素晴らしいのだが、私が好きになれないのは、同じ「10番」でも王様ペレと違って、「目つきが悪い」のである。どうもネイマールの目つきだけは好きになれない。日本によくいる在日の不遜犯罪者の目つきと一緒なのだ。まあ、チンピラだナ。

今大会で最優秀選手は、結局このネイマールが選ばれたのだが、このネイマールは他国の監督や選手たちから「ネイマールは軽すぎる」と揶揄されているというのである。その理由はもちろん、「自分から飛ぶ」という意味である。

相手がちょっとでも触れば吹っ飛ぶというのは、アルゼンチンの選手も有名で、昔はオルテガがそんな選手だった。ちょっとでも触れば2,3m吹っ飛ぶのである。これが、南米の選手特有のプレースタイルである。今大会では、ウルグアイのスアレスがそうだった。

しかし、ブラジルのネイマールは、相手が触らなくても吹っ飛んだのであった。要するに「自分から吹っ飛ぶ」のである。

相手の足がかかるだろうと予想して、プレーの流れの中で、自分から空中で横になる。このプレーが今大会ではまったく「シミュレーション」をとられなかったのである。

これでは、相手はファールだらけになり、ネイマールのフリーキックにやられたわけである。

この「詐欺師的プレー」スタイルが、おそらく「あのネイマールの目つき」を表しているのだろうと私個人は考えている。「詐欺師ネイマール」である。

技術的には十二分に熟達しているわけだから、そんなことをやらなくても十分だと思うが、そこがネイマールである。

問題は、そのネイマールが来季にスペインのバルセロナでスペインの代表たちといっしょになるのである。これが吉と出るか凶と出るか、ここがミソである。

リーグ戦の最中に怪我させられるという可能性があるからである。

(え)「イタリアの学習能力の高さ」
もう一つの試合の、イタリアvsウルグアイは真に死闘だった。暑いブラジルの「1時キックオフ」。地獄の試合。しかも延長、PK戦である。しかも、イタリアは2試合連続のPK戦だった。

ブッフォンのファインセーブ連発でキーパーで勝った。

今回のイタリアはスペインにPK戦で負けたが、非常に可能性のあるチームだった。何が良いかといえば、やはり「学習能力の高さ」である。これが日本にないものである。

韓HKで日本サッカー協会の回し者解説者の早野とか山本昌邦とかが、よく「自分たちの良さを出す」ことが大事だというようなことをいうが、そういうのも確かに大事なのだが、やはり実戦で最も大事なのは、その学習能力だろう。

同じ相手でも日によって作戦もメンバーも異なる。相手がどういうふうに戦ってくるのかは実際にピッチに入ってやってみないと分からない。だから、臨機応変にその状況から「こうしよう」というように試合中に学習して修正していかなくてはならないのである。

イタリアやスペインは、「自分の良さ」を出すことはもちろんだが、この「修正能力」というか、「学習能力」が非常に素晴らしいのである。

特に今回のイタリアはそれが群を抜いていたように見えた。ナイス、アズーリである。しかし、このアズーリも「南米ブラジルの笛」に負けたのであった。


とまあ、そんなわけで、来年のブラジルワールドカップは「ブラジル優勝」ですでにできあがっちゃっているんじゃなかろうか?

ブラジルとはこんな感じの国である。だから、日本は、ブラジルをホームにするためにはやはり

「キングカズ効果」

を狙うほかはないだろうナア。

あるいは、ブラジルの次を狙うほかはないだろう。
 
MVP、ネイマール。「ネイマールのシミュレーション劇場」というやつですナ。
[PR]

  by kikidoblog | 2013-07-01 18:29 | サッカー&スポーツ

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE