<   2014年 09月 ( 43 )   > この月の画像一覧

 

HAARPに地震波か?研究用105:400nTの地震電磁波到来か?

みなさん、こんにちは。

前回、久しぶりの地震電磁波500nTのものをメモした
HAARPに地震波か?研究用104:最大級500nTの地震電磁波到来か?
が、どうやら当たったようで、2、3日後に関東で結構大きな地震が起こった。(ちなみに、私は最近は400nT以上の地震電磁波が出ない場合はここにメモしないが、毎日モニター観測をしているので、ご心配なく。何もなければ、メモしない。)

今日モニターを見たところ、400nT程度の地震電磁波が出ているようである。宇宙天気ニュースを見た限りでは、特に太陽風やCMEはない。だから、地球活動による地震電磁波(HAARP照射を含む)によるものだろう。

宇宙天気ニュース
2014/ 9/24 12:26 更新
太陽風磁場が南向きになり、オーロラが活発になっています。イエローナイフのオーロラをどうぞ。


【注】私が最近ここで強調しているのは、太陽風による(特にCME放出時の)地球内部の加熱による地震の誘発という現象である。ここ数年の観察からも、明らかに太陽からの電磁波の到来と地球の地震活動との間には相関関係があるように見えるということである。しかしながら、よく知られているように、現在の地震学者たちは地震は太陽活動とは無関係だと信じているというレベルである。まして、我々人間が強烈な電磁波を照射することによって地震が誘発できるという可能性などまったく知らないのである。この2点を観察することが最近の私の個人的目的なのである。


アラスカのHAARPモニター群→停止中、再開の目処なし。

一方、カナダの地磁気モニター群
e0171614_23355326.jpg

には以下のような波形が出ている。
Geomagnetism: Summary Plot from Canadian Magnetic Observatories
e0171614_8231194.png

NOAA計測
フラックスモニター(地磁気のゆらぎがわかる)
e0171614_8235313.gif

電子流計測(成層圏の電子流束がわかる)
e0171614_8233026.gif

陽子流(プラス荷電粒子)計測(地磁気のゆらぎがこれでわかる。)
e0171614_824398.gif

(CMEが来たかどうかがこれでわかる)

私の個人的予測では、今回の地震電磁波はアジア方向(日本以外、たぶんスマトラ方向)からのものだと思う。要注意である。

はたして当たるか?

備えあれば憂いなし。

参考:
アキラの地震予報
日本国内で個人的に磁力計を用いて地震予報を行っている。非常に予測率の高い優れた研究のようである。さて、ここからは次のような警告が出ている。
父島圏内にM5.0~M7.0の地震発生合図が出ました。
小笠原地方中心として、南太平洋・マリアナ・ニューギニア・フィリピン・台湾・
本土近辺・千島列島・サハリン・アリューシャン列島など、環太平洋では、
一週間程地震発生に要注意です。既に、マリアナでM6.7が発震しましたが、
特に、父島近辺・本土近辺の地方の可能性が高いです。
(09/18 11:13発信)





e0171614_11282166.gif

[PR]

  by Kikidoblog | 2014-09-25 08:31 | HAARPモニター観察

世界のサイコパス韓国人2:空調や審判買収で試合をコントロール!

もし生まれ変われるのであれば、朝鮮人や韓国人を根絶やしする殺ヒトモドキウィルスとしてこの地球に戻ってきたい。
−−井口和基博士
獅子身中の虫(しししんちゅうのむし)
《獅子の体内に寄生して、ついには獅子を死に至らせる虫の意》
1 仏徒でありながら、仏法に害をなす者。
組織などの内部にいながら害をなす者や、恩をあだで返す者。
[補説]「獅子心中の虫」と書くのは誤り。

水戸黄門 印籠が通じなかった悪人たち 其の壱


みなさん、こんにちは。

(あ)先日の男子バドミントンの「前代未聞のエアコン事件」、その映像があったので、ここにもメモしておこう。以下のものである。
バドミントン日韓戦で不可解な風、空調が変化
e0171614_7312882.png

さすがにシャトルが空中で静止して自由落下するというのはひどすぎる。

しかしながら、空気を吐くように嘘をつく。行動すれば、自然に犯罪をおこす。フェアプレーもルールも無関係。精神年齢3歳程度。世界のサイコパス。それが朝鮮人種である。

今回のアジア大会もまたこの鉄則を証明してくれている真っ最中のようである。

それゆえ、世界平和のためには、この世界から朝鮮人を撲滅する他ないというのが、私の長年の研究の結論なのである。真にNWOシオニスト同様に韓国人は人類の敵である。

ところで、日本のJOCに報告すると言っているが、このJOCもまた朝日新聞やTBSやウリテレビ同様、すでに韓国人に乗っ取られているのである。だから、事件を報告したところで、連中が日本人選手の味方になってくれるということはない。それは幻想である。


(い)売国ウリテレビことフジテレビが、これまた売国朝鮮日報日本支社こと朝日新聞系列のテレビ朝日に宣戦布告。以下のものである。
【さすがフジテレビwww】「HERO」最終回で木村拓哉と北川景子の背景に「古館家」「竹内家」と書かれた墓が映る
e0171614_7403955.jpg

22日放送の、フジテレビ系ドラマ「HERO」最終回の一部シーンで、「古館家」と書かれた墓が映しだされる一幕があった。

この日の放送では、主演の木村拓哉が演じる久利生公平と、北川景子が演じる麻木千佳がお墓参りをするシーンがあった。

ここで、ほとんどの墓は名前が確認できないように映されていたのだが、映像では主演2人の背景に「古館家」「竹内家」と大きく書かれた墓が2つあるのが確認できる。

たくさんある墓で、名前が見えたものはこの2つだけで、偶然にもテレビ朝日の看板番組キャスターと看板アナの苗字と同じである(「報道ステーション」の古舘伊知郎氏とテレビ朝日の竹内由恵アナウンサー)。

「竹内」はともかく「古舘」は珍しい苗字であり、何らかの意図がある演出では、との憶測を呼んでいる。


(う)朝日新聞は反日のための結社の1つであるという証拠→裏には秘密結社がいっぱい!
朝日新聞倒産に追い詰める水間政憲の神発言!朝日新聞が必死に隠すヤバすぎる急所を大暴露

その昔、韓国旅行といえば、「キーセン旅行」といわれていたものである。1970年代のことである。

キーセンとは朝鮮人(=韓国人)売春婦のことである。

1970年代の韓国では、床屋へ言っても、そこには別の部屋があり、散髪したあと、金次第で売春もできた。つまり、社会のあらゆる職業が売春とつながっていたのである。

これは有名な事実である。

だから、当時頻繁に韓国へ行く。そういう日本男子はキーセン旅行が目的であった。当時の農協の旅行も韓国へ行けば、キーセン旅行という意味だったのである。

女衒(ぜげん)とキーセン。

これが韓国である。韓国人ほどシモが好きな人種はいない。

おまけはこれ。
【動画】朝日新聞大検証・大激論!日本を貶めるような記事を掲載したのはなぜ?(そこまで言って委員会)
http://www.dailymotion.com/video/x26cbh2_たかじんのそこまで言って委員会-140921-1_news
http://www.dailymotion.com/video/x26crpm_たかじんのそこまで言って委員会-140921-2_news#from=embediframe


(え)捏造「南京大虐殺」−−「南京大虐殺捏造問題」

ついに
本多勝一
e0171614_162732.jpg
も降参のもよう!

もう3年以上前から私はここにこんなものをメモしてきた。
アジア人よ、目を覚ませ!:「握り拳と握手はできない」マハトマ・ガンジーの言葉

ところで、私が個人的に調べて来た中では、日本が、アジアに進出併合して行く中で、アジア人である現地人の生活を重視し、文字通り、心からの「八紘一宇精神」で、欧米白人支配下の奴隷的生活から解放して行ったのは、歴史的事実である。

今では「南京大虐殺という概念は、朝日新聞社がねつ造して作った」ことが事実であったことも分かっている。1970年代当時、朝日の記者であった本多勝一と社会党の田辺誠書記長が中国と仕組んでやったことが真相である。
靖国問題、南京大虐殺、従軍慰安婦、教科書問題 実は朝日新聞記者の捏造が発端

日本で有名なユダヤ人ラビのM・トケイヤー氏も、中丸薫氏との討論本の中で、これを保証している。戦争当時極東アジアで商売していたユダヤ人の生き残りや子孫たちから、日本人はユダヤ人にも非常に親切で、現地人にも親切であり、非常に友好的な経済圏であったのだ。南京大虐殺など存在しなかったと聞いていると証言している。

国民が知らない「日本のイターーイ歴史」の数々:「朝鮮進駐軍」とは何か?
今日は私の誕生日:「清王朝崩壊」から「日本軍南京入城」までの歴史!これが真実!
中国政府は「南京大虐殺」ねつ造責任と「通州大虐殺」の賠償を行え!

「南京大虐殺」などというものは、終戦後大分経ってから中国共産党とそのシンパの日本人(本当は在日だが)がねつ造した大ウソに過ぎないのである。今では「南京大虐殺という概念は、朝日新聞社がねつ造して作った」ことが事実であったことも分かっている。1970年代当時、朝日の記者であった本多勝一
e0171614_162732.jpg

と社会党の田辺誠書記長が中国と仕組んでやったことが真相である。

2008-01-16-Wed
靖国問題、南京大虐殺、従軍慰安婦、教科書問題 実は朝日新聞記者の捏造が発端

(本田勝一は即刻逮捕して尋問すべきだろう。)

むしろ、虐殺にあったのは、中国人ではなく、敗戦して日本に帰還しようとしていた、日本人婦女子や老人たちの方であったのである。当時の中国人たちは、何の責任もない、そして非武装の民間人の老弱男女を極めて残酷な方法で殺害したのであったという。その時の極めてショッキングな写真が残っているが、その時に凌辱され、虐殺された、帰国しようとした日本人婦女子の写真を使って、さも自分たち中国人が虐殺されたと、騒ぎ立てて今日に至るのである。

この本多勝一はいまや白旗をあげたらしい。実に無責任な人間である。まあ、ヒトモドキだろうナア。
本多勝一氏が南京事件に関する写真の誤用を認めた! 国際社会に真実を発信しよう

「日本軍が南京で30万人虐殺した」という嘘をでっち上げた張本人である本多勝一氏が、この度、南京事件に関する写真の誤用を初めて認めた。

今回、本多氏が誤用を認めたのは、同氏の著書『中国の日本軍』に掲載された、日本兵と中国人が写った写真。この写真は1937年11月10日号の「アサヒグラフ」では「我が兵士に護られて野良仕事より部落へかへる日の丸部落の女子供の群」と説明されていた。

しかし、1972年に発刊された同書では、「婦女子を狩り集めて連れて行く日本兵たち。強姦や輪姦は7、8歳の幼女から、70歳を超えた老女にまで及んだ」と解説されていた。

この矛盾点を追及したところ、本多氏は、「『中国の日本軍』の写真説明は、同書の凡例に明記してあるとおり、全て中国側の調査・証言に基づくものです。(中略)『アサヒグラフ』に別のキャプションで掲載されているとの指摘は、俺の記憶では初めてです。確かに『誤用』のようです」と、文書で回答したという。

「週刊新潮」9月25日号が報じた。

本多氏は、中国側の証言のみを取材し、内容を十分に検証しないまま、「南京大虐殺」に関する著作を出版していたことが、改めて明らかになったといえる。

ただ本多氏は、今回誤用を認めたことで、「南京事件自体が否定されることにはならない」と述べている。


さて、この「南京大虐殺」捏造とそれによる賠償問題を狙っているのが、どうやら「日中友好協会」という謎の組織である。この売国エージェントがこの人物である。まだ一般人には余り知られていない。こいつらのせいで、中国の暴動でいったいどれだけの日本人が損害を受けたのだろうか?

中国人戦争被害者の要求を支える会
事務局長
大谷 猛夫さん
e0171614_81706.jpg

加害の歴史を若い世代に

 東京都内の中学校で社会科の教師を務めながら、中国人戦争被害者の要求を支える会(以下、支える会)に95年の結成ごろから呼びかけ人として参加。
 日本政府に中国人被害者への謝罪と賠償を訴え、731部隊・南京大虐殺・無差別爆撃、中国人「慰安婦」、中国人強制連行・強制労働、平頂山事件、遺棄毒ガス・砲弾被害事件の各訴訟で原告側支援、学習会や集会の開催など大活躍です。
 きっかけは、96年に平頂山事件の現場とハルビンの731部隊跡を訪ねたこと。被害者や遺族の証言を聞くうちに「これはなんとかしなければ…。加害の事実を子どもたちに教えないと」と思いたちました。
 その後、裁判のため来日した被害者を学校の授業に招き、教科書にはない加害の歴史に重点を置いた授業を続けてきました。
 02年から支える会の事務局長。無差別爆撃訴訟の敗訴時、「裁判には負けたが、良かった。また大谷さんたちと交流できるから」と、原告の高熊飛さんがかけてくれた言葉が原動力に。
 07年3月の中学校定年退職後は、週3日3つの大学で教員志望の学生に加害の史実をどう伝えていくかを教えています。生徒の反応は上々。「裁判の傍聴や、支える会の集会に来て手伝う学生もいます。希望がある」と語ります。
 「戦後補償問題はなんとしても全面解決を。そして将来、加害の歴史をまとめた教材を作って全国の教師に広めたい」。大谷さんの夢は尽きません。(O)
 1946年生まれ、東京都出身。支える会のホームページ(http://www.suopei.jp/index-j.html)Eメール(suopei@tky.3web.ne.jp)

日本中国友好協会
〒101-0065
東京都千代田区西神田2-4-1 東方学会ビル3F
Tel:03(3234)4700
Fax:03(3234)4703

「南京大虐殺はなかった」という人へ
-「否定派のウソ」と「事実」-


大谷 猛夫
(南京大虐殺はなかった。しかし南京虐殺はあった。しかしながら、それを行ったのは、当時の中国国民党の蒋介石の愚連隊だった。それを駆逐して、南京城入城を果たし、南京に平和をもたらしたのが、帝国日本陸軍であった。これが史実である。多くのユダヤ人も証言していますナ。だから、人口が急速に増えたのである。しかし、毛沢東の共産党ができると、そういう記憶を持った中国人をどんどん殺害していった。証拠隠滅である。そして、いつしかやった方がやられたかのように歴史を書き換えたのである。これが真実の歴史である。)

「加害の歴史を若い世代に」と笑っていることではないだろう!
このサイコパス野郎め!

こういう左翼の共産主義かぶれは中国訪問とか、韓国訪問とか公費で旅行すると、簡単に「洗脳」されて戻ってくる。だから、教員ほど困った存在はない。毎日相手にする相手が未成年のガキだから、自分がなんでも知っていると錯覚してしまう。百戦錬磨の我々のようなオヤジと向き合った経験がない。というわけで、偽写真や偽造写真を見せられるとすぐに信じこんでしまう。また、変に律儀なところがあって、美しい支那女性の歓待を受けると、すぐに忠実なしもべになってしまう。まあ、世間知らずなのである。

だから、こういうメンテリティーの教員や議員や知事などに公費で支那、朝鮮へ行かせるべきではない。むしろ、福島へ送り込んで除染作業させるべきである。

覚えておこう、この大谷猛夫という名前を。また、エキサイトで似たようなことをしている「世を倦む日々」の通名「田中宏和」というサイコパスの名前も覚えておこう。

連中は根っからの正真正銘の工作員だから、日々反日の日々である。



e0171614_11282166.gif

[PR]

  by kikidoblog | 2014-09-24 08:35 | 韓国・ウリナラ・法則

アジア大会で「韓国の風」炸裂中!:世界のサイコパス韓国人:企業も個人もスポーツも乗っ取る韓国人!

もし生まれ変われるのであれば、朝鮮人や韓国人を根絶やしする殺ヒトモドキウィルスとしてこの地球に戻ってきたい。
−−井口和基博士
獅子身中の虫(しししんちゅうのむし)
《獅子の体内に寄生して、ついには獅子を死に至らせる虫の意》
1 仏徒でありながら、仏法に害をなす者。
組織などの内部にいながら害をなす者や、恩をあだで返す者。
[補説]「獅子心中の虫」と書くのは誤り。


みなさん、こんにちは。

私はここにジョークをメモするときにはいつも
笑いは百薬の長。
笑う門には福来る。
あまりの恐怖で笑う他はない。
笑いは本物に限る。
偽笑いは吉本におまかせ。

以下は大人の辛ジョークである。決して信じないでくださいヨ。本気にしないことが肝心
で始める。が、ジョークのようでいてジョークではない。これが現実。すなわち、ジョークのような現実というものもある。そんなものをいくつか目もメモしておこう。

(あ)フジテレビ→ウジテレビ→ウリテレビへ
フジテレビ内の日本語表記がなくなったという現実
日本語はどこへ行った!
e0171614_953873.jpg

【画像あり】フジテレビ、ついに日本語表記をやめる

ちなみにウリテレビの今年の元旦の謹賀新年がこれだった。
日本の地獄絵巻
e0171614_1783327.jpg
(それにしても、首に板絞めの拷問といい、新年の実に”すばらしい”挨拶ですナ。やはり日本人の情緒ではないよナ。)
【画像】在日フジテレビが新年早々「日本を地獄絵図にする」と宣言!!!
ウジテレビの「地獄絵」謹賀新年:この世にハンベーダーがいる限り地球の危機が迫る。

この絵が予言したとおり、最近は日本全国で「不審火の嵐」だろ!→つまり、フジテレビが裏組織に金やって日本全国を放火しているということですナ。警察庁はフジテレビに家宅捜査すべきでしょうナア。


(い)加藤茶が危ない!
ブログ更新なし。第三者の書き込みがあるという謎の現象のあかつきにあるものは?
→加藤茶の死?
というお話。
加藤茶ブログの現在がヤバイ…驚きの発言でいろいろ崩壊し過ぎと話題に…(画像あり)
e0171614_9134965.jpg

ビフォー
e0171614_9141563.jpg

アフター
e0171614_9144788.jpg

ナウ
e0171614_915829.jpg
(目が死んどる)
e0171614_9152890.jpg
(生気なし)

これが有名な、朝鮮人による「日本人乗っ取り」という手口ですナ。これで、「加藤」姓から財産から全部乗っとり完了。

国を上げて、日本全国でこれを行うように支持してきたのが韓国人と在日韓国人。ロッテ、オリックス、ソフトバンクなどの企業は企業乗っ取り、個人は家庭乗っ取り。

いずれにせよ、アジア人がわかっていないのは、この地球から日本という国がなくなり、日本人がいなくなれば、もはや有色人種の自由はなくなり、また古代のアッシリアの時代の奴隷制の地球に舞い戻るということである。


(う)アジアのオリンピックこと「アジア大会」で、「韓国の風と笛」が炸裂中!
昨日のフェンシングの日本の大田選手と韓国人選手の準決勝。太田選手の有効剣が一切点灯せず得点にならず。相手のプレーの終わったあとの刺しが点灯という前代未聞の試合だった。

あきらかにスコットランドの独立選挙同様に、機械に仕込みがあったとしか思えない。

最終の15点目では太田選手の得点。勝利のはずだった。が、審判からクレームがきて決勝点は取り消し、やり直し命令。となって、最後は韓国人選手と太田選手の突きが同時だったが、韓国人選手の突きが太田選手の突きより早いことになり、赤が点灯。緑の太田選手の敗退。

どうやら今回の韓国のアジア大会ではこんなことが頻繁に炸裂。全世界に韓国人の異常さやサイコパスぶりをリアルタイムで放映中。それを行っているのが、サムスン。もはやソニー以下の低迷ぶり。日本では、サムソンの末期的症状を隠ぺいするために、あえてソニーの赤字を強調したという按配。
これが「韓国の風」→室内でいつも韓国人選手が風上に立つ!→隣のコートで優勝候補が敗れる大波乱引き起こすトバッチリ発生。
e0171614_931220.jpg
(困惑する日本の田児選手)

http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2014/09/22/kiji/K20140922008971160.html
【速報】 アジア大会で韓国人スタッフが日本人選手をフルボッコ!!!!! 日本人選手がとんでもない状態に・・・ これ酷すぎだろ・・・


いやはや、いったいだれが朝鮮種族を生み出したのだろうか?北朝鮮人はおろか韓国人ももはや人類の敵。そのうち、テロ国家指定を受けるのはまずまちがいないだろう。常に旗色のいい方につこうとする。

朝鮮人が居る限り、「韓の法則」が発動する。→人類滅亡

いやはや、世も末ですナ。



e0171614_11282166.gif

[PR]

  by kikidoblog | 2014-09-23 09:42 | 韓国・ウリナラ・法則

ドイツのロイトリンゲンに円盤が着陸!?:ロシアのUFO番組と米国製無人UFO!?

みなさん、こんにちは。

久しぶりにUFO=空飛ぶ円盤のことをメモしておこう。

以前の中国に着陸したという円盤も興味深かった。以下のものである。
[HD]UFO Lands In China!!! June 7th, 2013 Unbelievable UFO Sighting!!!


今回のものは、ドイツのバーデン=ヴュルテンベルク州のテュービンゲン行政区域内のロイトリンゲン( Reutlingen "Ohmenhausen", Baden-Wuerttemberg, Germany)に着陸していたというものである。以下のものである。
Real UFO With Aliens Caught On Camera
e0171614_14111383.png



円盤の特徴からすると、イギリスで目撃されたというものとも似ている気がする。以下のものである。
Real UFO Over North England
e0171614_13542684.png



さて、他にも面白いものを見つけたので、いくつかメモしておこう。

(あ)ロシアのUFO番組。ロシア語がわからないからなんとも言えないが。
Ударная Сила Боевые НЛО 1/4 Udarnaya Sila


Ударная Сила Боевые НЛО 2/4 Udarnaya Sila


Ударная Сила Боевые НЛО 3/4 Udarnaya Sila


Ударная Сила Боевые НЛО 4/4 Udarnaya Sila



(い)アメリカで目撃された米国製空飛ぶ円盤。
UFO Escorted Near Oklahoma State Line? 2011
e0171614_1412282.png



UFO Transported On A Flatbed Truck By US Government Higher Ups!
e0171614_1422332.png


この2つのUFOはほぼ同じ形のものに見える。撮影角度では舳先の上の部分がよく見えない。だからあまり良くわからないが、ひょっとしたら以下のものかもしれない。大きさはほぼ一致している。
Northrop Grumman X 47B First Flight - AMAZING!
e0171614_1445556.png


これがノースロップ−グラマン社の「X 47B」という無人UFOらしい。

あるいは、こういうのはダミーで、実はもっと別のかなり本物の円盤に似たもの「Tr3b」があるというのは有名な話である。

いよいよ、エイリアン製円盤vs地球製円盤の戦いが始まるのだろうか?




e0171614_11282166.gif

[PR]

  by Kikidoblog | 2014-09-22 14:11 | 未知の宇宙文明

人魚の新たなる証拠「Mermaid New Evidence」3:ネアンデルタール人が海底原人化した説!?

ACRI


みなさん、こんにちは。

風よりも早く、学研ムーよりもずっと早く、みなさんに真実をお伝えする究極のブログ。それがここ。ついに人魚伝説に最終的解決を提供。

いやはや、マーメイドはリアルだった。それを隠ぺいするために「マナティー=人魚」伝説が作られた。NASAによる宇宙人隠蔽をまったく同じである。


さて、先日の
人魚の新たなる証拠「Mermaid New Evidence」:あの二人がテレビに登場!?
人魚の新たなる証拠「Mermaid New Evidence」2:海底原人=海坊主だった!?

Discovery Channel Mermaids: The New Evidence
のディカバリーチャンネルの「人魚特集:新しい証拠」という検証番組は見れば見るほど興味深い。

1865年7月15日、アメリカのニューヨークでは、リアルマーメードの展示公開が催されようとしていた。ところが、開催日の2日前の1865年7月13日にその会場となる建物が、謎の火災で全焼。リアルマーメードも燃え尽きた。
ということになっているらしい。

その時のチラシ広告がこれらしい。
1865年7月15日開催予定、見世物ショーのチラシ
e0171614_8291543.png
e0171614_8445490.png

これには
シャム双生児のチャンとエン(Chang and Eng)
e0171614_2225534.gif

e0171614_8411015.jpg

世界最小の男=親指トム大佐(General Tom Thumb)=身長23インチ(約58cm)
e0171614_8422913.jpg

世界一のデブ男、などがラインアップされていたらしい。

ところが、公開日2日前に大火災で会場が消失。当時のニューヨーク市最大の火災だったらしい。
1865年7月13日のニューヨーク市大火災
e0171614_845768.png

アメリカ合衆国の面白いところは、こういった写真や記事がすべて「米公文書館」に保管されているというところである。この謎のチラシや火災記事やリアルマーメードの写真も米公文書館の記録を研究する中から発見されたらしい。

その中で見つかった「リアルマーメード」の本物の写真が例のやつだった。以下のものである。
リアルマーメード
e0171614_8474456.png

e0171614_862713.png

e0171614_862959.png

e0171614_863149.png
e0171614_8502878.png

おどろくべきところは、このマーメードには「とさか=crest」がある。要するに、ウルトラマンのような頭をしているというところである。

海中を泳ぐ場合、やはり背びれのようなものがあると安定する。それが頭にある。

問題は、例の「潜水艇に挨拶した海底原人」
Mermaid 3000 Feet Deep Off the Coast of Greenland Mermaid Caught on Film

e0171614_13294591.jpg
や「海岸で発見された海底原人」
Mermaid found on a Beach

e0171614_754228.png
にも、とさかがあったということである。

というわけで、海底原人=人魚(半魚人ではない!)は確かに実在する、ということである。もし捕獲すれば、大金持ち間違いなし。まあ、ジョークだが。

さて、問題は人類の進化の問題である。

人類進化の系図の中で、いったいどこでこの種族に分岐したのか?

ということである。捕獲したり体細胞が見つかれば、すぐに理研のDNA解析器で分析して、進化の系統が理解できるはずである。

そこで、以下は私個人の直感というか、妄想である。つまり、
ネアンデルタール人が海底原人になった!
と想像したい。

ネアンデルタールは、欧州にいた。我々東洋人やそれから別れたクロマニオン(西洋人)が存在する前から、そこにいたという。しかしながら、わからない理由によって、欧州大陸から駆逐されて絶滅したということになっている。また、ネアンデルタール人は我々のような言葉が喋れなかったと考えられている。

つまり、陸上向きではなかった。陸上には敵が多すぎた。

そこで、私は、
実はネアンデルタール人は絶滅したのではなかった。絶滅したのではなく、海中に生活の場を変えた。そして、海底原人に進化したのだ。
という仮説をとりたい。

はて、その証拠は?

そんなものはない!いまのところ。

しかしながら、ネアンデルタール人の頭蓋骨は現生人類よりずっと大きく、がっちりしている。そして目に大きなくぼみがある。だいたいこんな感じらしい。
現代人とネアンデルタール人の頭蓋骨比較
e0171614_98494.jpg

ネアンデルタール人の後頭部は尖っている。特有の出っ張りがあるらしい。人類で一番似ているのはアフリカ人らしいが、アフリカ人の頭はそれほど大きくはない。

ネアンデルタール人の頭蓋骨が一番「海底原人」の頭蓋骨に似ているのである。

というわけで、ネアンデルタール人が海に入っていった。そして、ACRIこと、ホモ・アクアリリアス(=homo acqualilius)になった。私はこの仮説に非常に興味を感じるのである。

いずれにせよ、毛髪や体細胞を採取できれば、即座にDNA解析できる時代であるから、真偽がすぐに判明するだろう。

今後の情報を待ちたい。


e0171614_11282166.gif

[PR]

  by kikidoblog | 2014-09-19 09:19 | UMA:人魚・海底原人

壮大なる金正日ファミリー!?2:中丸薫説に従うとこんな感じか!

みなさん、こんにちは。

先日、
壮大なる金正日ファミリー!?:「第4夫人=クネクネ大統領説」があったヨ!

金正日ファミリー
e0171614_18412787.png
をメモしたが、中丸薫さんの言っていることをそのまますなおに理解して家系図を作るとこんな感じだろうか?
金正日ファミリー2
e0171614_2016293.png


確かに金正日の顔は、金日成より金策(=畑中理)の顔に似ている。

遺伝子検査を行えば、すぐに真偽のほどは判明するはずである。



e0171614_11282166.gif

[PR]

  by kikidoblog | 2014-09-18 20:19 | 北朝鮮・高句麗

人魚の新たなる証拠「Mermaid New Evidence」2:海底原人=海坊主だった!?

ACRI


みなさん、こんにちは。

昨日メモした
人魚の新たなる証拠「Mermaid New Evidence」:あの二人がテレビに登場!?

Discovery Channel Mermaids: The New Evidence
のディカバリーチャンネルの「人魚特集:新しい証拠」という検証番組は実に興味深いものだった。

この検証番組には、ここにもメモしてきたのと同じ映像がいくつかピックアップされている。たとえば、こんなもの。
Mermaid found on a Beach
e0171614_7535623.png

e0171614_754058.png

e0171614_754228.png

e0171614_754542.png


「半魚人危機一髪」:漁師の網に入ったUMA「海底原人」
Mermaid trapped in a net. Document 1979.
e0171614_2050555.jpg




Increible video de Sirena en Kiryat Yam, Israel ---人魚イスラエルに記録


ディスカバリーチャンネルの映像にはまだYouTubeには出ていないものも存在した。イギリスの海岸警備隊が海岸救助に行ったところ、それがなんと海底原人だったというもの。

さらには、19世紀には「生きた海底原人」が捕獲されて見世物小屋で展示されていた。しかし、公開2日前に展示会場がなぞの火災にあって結局公開されなかったというもの。その時には写真まで撮られていた。

さらには、海底の沈没船を無人潜水艇で撮影していたところ、カメラの前で「狩りを行う海底原人がいた」というもの。

そして最後のものが、例の3000フィートの海底で潜水艇の窓にハイタッチした海底原人のものである。一応、これらをメモしておこう。

(あ)まず、イギリスの海岸警備隊が海岸救助の演習中に海底原人を発見したというもの。
Mermaid Caught on Tape - UK Coast Guard Cam During Man Over Board Training
e0171614_86411.png




(い)19世紀には「生きた海底原人」が捕獲されて見世物小屋で展示されていたというもの。
e0171614_862713.png

e0171614_862959.png

e0171614_863149.png


(う)海底の沈没船を無人潜水艇で撮影していたところ、カメラの前で「狩りを行う海底原人がいた」というもの。
e0171614_892061.png

e0171614_892319.png


(え)3000フィートの海底で潜水艇の窓にハイタッチした海底原人
Mermaid 3000 Feet Deep Off the Coast of Greenland Mermaid Caught on Film


いや〜、それにしてもこの「海底原人」は我々の先祖が陸で狩りを行ったように海中で狩りを行うらしい。そのモリも人間の使うモリ
人間のモリ
e0171614_815925.jpg

e0171614_8151141.jpg

海底原人のモリ
e0171614_892061.png
とは違う。

海底原人のモリは、理にかなっている。海の中だから、流線型のモリの方が射程距離が長くなる。細長い魚のような形である。人間のモリは、陸上から海中へ投げ入れるものだから、陸上で使いやすいということが前提になっている。それゆえ、私はこの海底原人のモリを見ただけで、これは実在するナ、と思った。

また、岸辺に打ち上がっていた海底原人が突如起き上がって、シャ〜〜〜と叫んだというのもうなずける。人間のような言葉を使わないということである。おそらく、くじらのような極超低音の音声を使って、かなり遠くでも意思疎通ができるのだろうと思う。

それにしても、今頃になってどうしてこれほどまでに海底原人が人間の近くに現れるようになったのだろうか?

おそらく、米英ロなどの原子力潜水艦が極超低周波ソナーで海底ナビゲーションしながら進行するようになったことと関係があるのだろう。

要するに、海底原人からすれば、うるさくてしかたがない。アマゾンの森の住人が、近くで道路を作るブルドーザーの音でうるさくて仕方なくなって見に来たというような感じのことだろう。

それにしても、1865年にすでに生きた海底原人が捕獲されていたというのはすごい。しかも水槽に入れられていた。まさに19世紀のキングコングと同じ発想である。


我が国には「海坊主」という言い方がされているが、海底原人とは海坊主なのだろうか?古来日本人は海坊主伝説
海坊主
e0171614_8294573.jpg

読み札
 海坊主 
 トドのつまりは
 大海亀
妖怪名
 海坊主 

海坊主の正体は大海ガメだというのが、江戸時代の百科事典「和漢三才図会」に書かれています。人面の亀ですから、やっぱり妖怪でしょう。

e0171614_8323269.jpg
を持っていた。やはり海洋国家の我が国の先祖たちは、海底原人を発見していたのだろう。

おまけ:
ところで、イスラエルのKiryat Yamという海岸では頻繁に人魚の姿が目撃されているらしい。そこで、イスラエルの大富豪が懸賞金を出したらしい。なんと100万ドル。約1億円。人魚ハンターの時代到来。どうでしょう、海中にいって人魚を捕獲するというのは。それにしても米米CLUBの石井竜也さんの「ACRI」。ちょっと時代が早すぎましたナ。いまならおそらく空前の大ヒット。借金地獄も吹っ飛ばせただろう。



e0171614_11282166.gif

[PR]

  by kikidoblog | 2014-09-18 08:32 | UMA:人魚・海底原人

人魚の新たなる証拠「Mermaid New Evidence」:あの二人がテレビに登場!?

みなさん、こんにちは。

昨年夏にここに「海底原人」のYouTube番組をここにメモした。以下のものである。
「海底大戦争」と海底から挨拶した”謎の生命体”とは?
例の「謎の生命体の姿」はどんなものだろうか?:こんな姿か?





e0171614_13291654.jpg

e0171614_13294591.jpg


どうやらその映像を撮影した2人がアメリカのテレビ番組に出た時のYouTube番組があった。今回はこれをメモしておこう。以下のものである。
Mermaids: The New Evidence full episode (not available in the U.S.)


それにしてもこの二人が撮影した人魚=海底原人は本当に面白い。


さて、ここに問題が現れる。

なぜ人類の手にだけ「水かき」が存在するのか?

だれもが知っているように、

(あ)我々の指の間にはどういうわけか水かきがある。

ところが、他の霊長類には存在しないのである。猿の手というように彼らの手には水かきがない。

現代生物学では、もちろん、それはアポトーシスという細胞壊死によって胎児の間にもともと水かきがあった状態から水かき部分がなくなっていく。その名残が水かきとして残る。そう考える。

また、どういうわけか

(い)我々人類だけが非常に水泳がうまい。

中にはフリーダイビングのように100mを超える深さまで酸素ボンベなしで潜ることもできる。
ところが、他の哺乳類はイルカやくじら以外はあまり泳ぎが得意ではない。

さらには、

(う)人類の体毛だけに流線が存在する。

だから、かつて人類は海辺で進化したというような説が存在する。海辺が二足歩行を助けたのだ。そういう考え方である。

こう考えると、かつてバックミンスター・フラーが唱えたように、人類はイルカと共通祖先から進化したのだというものがある。ダーウィンの猿から進化というのは真っ赤なウソだという説である。

しかしながら、イルカ、くじら、あざらし、オットセイのようにもともと陸上動物から海に適応したのだと考えられている動物も多い。

その一つの根拠が氷河期である。氷河期であれば、陸上は寒すぎる。むしろ海の方が温かい。そんなわけで、人類の祖先もひょっとしたら何百万年も前には氷河期時代や大洪水の時代に海に適応したものがいたかもしれないのである。

そして、海への適応の最中で、我々人類(=陸上原人)と海の人類(=海底原人)とに分化したのかもしれない。

そう考えると、我々にある水かきや流線や水泳が得意や潜水能力などという幾多の海適応の証拠の説明ができるのかもしれない。

とまあ、そんなことを考えなおさせてくれる実に興味深い映像である。

ひょっとしたら、我々はすぐにもまた海へ最適応しなければならなくなるのかもしれない。が、その時には、こうした潜在能力のあるなしが効果を発揮するに違いない。



おまけ:
Real Mermaid Caught On Camera

e0171614_1537855.png
e0171614_22294197.png




e0171614_11282166.gif

[PR]

  by kikidoblog | 2014-09-17 15:37 | UMA:人魚・海底原人

マンデルブローとウォルフラムの世界:ともに12歳で人生が決まった!

みなさん、こんにちは。

今回は純粋に普通の現代科学に関する個人的メモである。大半の普通の人には理解できないかもしれない。適当にスルーを。

さて、スピリチュアル科学者の騎手、「愛魂道」の保江邦夫博士の「確率変分学」の研究はこの夏から本格的に勉強してやっとほぼ全論文を走破した。「ネルソン−保江の方程式」など私が大阪大学基礎工の大学院生だったころには読んでもまったく理解できなかったことが(数学的のことを除いてだが)、さすがに経験の違い、今では手に取るように分かるようになった。「年季が入る」ことの利点というものだろう。

ネルソン−保江の確率場の量子化の研究から何が大事かというと、結局、この宇宙の時空がひょっとしたらつぶつぶかもしれない、ということを示唆している点である。素粒子は時空のつぶとつぶの間で行ったり来たりブラウン運動している。そのブラつきの大きさの規模を表すものがプランク定数なのだ。

だから、同じように流体の中でブラウン運動している粒子を確率場で表現すると、自然に流体力学の基礎方程式であるナビエ−ストークス方程式が得られるのだ、ということになる。ただし、この場合は粘性係数がそのブラウン運動の大きさの程度を表す。

こうして保江邦夫博士の業績を学ぶと、なんとなくマンデルブローとウォルフラムの研究と相通じる部分を感じたわけである。それでここ最近は、マンデルブローの「フラクタルの世界」とウォルフラムの「新種の科学の世界=セル・オートマトンの世界」を勉強しなおしているところである。

そういうわけで、この二人のことをメモしておこう。


ちょっと前に「人間は12歳で決まる」ということをスティーブ・ジョブズのところでメモしたが、
スティーブ・ジョブズ 「失われたインタビュー」 1995
これはまたしても真実であるということがわかった。

その代表例としてスティーブ・ジョブズを取り上げたわけだが、実はもう二人の巨人、ベノワ・マンデルブロー(Benoit Mandelbrot)とステファン・ウォルフラム(Stephen Wolfram)もまた同様であったのである。

まずマンデルブローは、叔父さんに大数学者がいて、かなり小さい頃から非常に大きな影響を受けていた。この叔父の先生は現代数学の巨人のアダマールだった。そして当時のフランス数学界のそうそうたるメンバーがマンデルブローの家に来て、マンデルブローの父親と親しい仲だったのである。そうした知的環境の中でマンデルブローは育ったのである。その中にジュリアがいた。このジュリアは日本の岡潔が最初に支持したフランスの数学者である。結局マンデルブローはこのジュリアの思想圏の中で12歳を迎えた。そこから、「フラクタルの父」に育った。
Benoit Mandelbrot: Fractals and the art of roughness
e0171614_9214675.png

The Fractal Geometry of Nature
e0171614_10233230.jpg

(ところで、私はこのマンデルブロー博士と会ったことがある。私がユタ大物理学部の大学院生の頃、たまたま学部建物の前を歩いていると、後ろから声をかけられた。それがマンデルブローだった。「物理学部のビルはどれ?」と聞かれたから、「あれです」と答えただけだったが、その時は気づかなかったが、直後に後ろ姿を眺めつつ、「ひょっとして?うわ〜〜マンデルブロー博士だ」と気づいたのだった。怪物博士というのがその時の印象ですナ。)


もう一人は、現在では「MATHEMATICA」の創始者として有名なステファン・ウォルフラムである。
The Story of the Making of Wolfram|Alpha
e0171614_9232394.jpg

この中とウォルフラムの最新の本
新種の科学
e0171614_9251583.jpg

の中で、「自分は12歳の時にはじめてセルオートマトンの問題に気づいた」とある。

私もこれまでまったく気づかなかったが、ウォルフラムに衝撃を与えた図がこれである。
バークレー物理学講義
e0171614_9263759.jpg

この本の表紙にある、気体原子の拡散するコマ撮りフィルムの図が、12歳のウォルフラムの人生を変えたのである。

12歳ですでに大学の物理学の教科書を読んでいるというのもすごいが、このコマ撮りフィルムを見て、これがセルオートマトンだと見抜いたところがすごい。さすがに天才である。
ウォルフラムが14歳の時に描いた最初のセルオートマトン

e0171614_1019724.jpg

現在のマテェマティカで描いたもの
e0171614_10202988.jpg


さらに興味深いのは、この二人ともに、カルテク出身者であった。マンデルブローはフランスで最高級の教育を受けたあと、アメリカのカリフォルニア工科大学の大学院に入り直したという。これはマンデルブローの自伝にでている。
フラクタリスト――マンデルブロ自伝――
e0171614_934242.jpg


一方、アメリカ人のウォルフラムもまたカルテクに入学している。

この二人がそこで出会ったものは?

もちろん、リチャード・ファインマン
e0171614_1654790.jpg
であった。

ともにファインマンのお弟子さんだった。

当時ファインマン博士はノーベル物理学賞を日本の朝永振一郎博士、アメリカのシュウィンガー博士といっしょに受賞し、カルテクの名物教授であった。がしかし、素粒子論はほぼ走破したから、まったく別の道を模索中であった。ファインマンの息子がコンピュータ・プログラミングの方に進んだこともあって、コンピュータやテクノロジーの工学の方向、生物学の方向に目を向け始めていた。

こういう時代にマンデルブローやウォルフラムが大学院生になったのである。

マンデルブローは大学ではなく、IBMに入社。ウォルフラムは自分の数学ソフトの会社を立ち上げることを考えた。だが、ファインマンは、会社経営は難しいからという理由で、またウォルフラムは素粒子論で若くして大きな成果を上げた天才児だから大学に残したいと思っていたという理由で、会社を作ることは否定的だったという。

しかしながら、マンデルブローはIBMに入ったことで、フラクタル幾何学を創始できた。なぜならマンデルブローそのものは、解析的な数学者であって、あまりコンピュータプログラムはできなかったからである。それにはIBMの世界最先端のコンピュータ技術が必須であった。

同様にウォルフラムにとって大学はあまりに仕事の義務が多すぎた。これでは自分のやりたいことができない。またウォルフラムにとっては、IBMは思想圏が違う。むしろ自分の思想の邪魔になる。というわけで、普通のコンピュータ企業に入ることもできない。だから、結局自分で会社を立ち上げるほかはなかった。この点、ウォルフラムはスチーブ・ジョブズに似ている。

とまあ、こんな感じで、やはり世界を変えるような天才児は、スポーツ然り(たとえばテニスの錦織圭選手)、科学然り、だいたい12歳までに決まっているのである。

厳しく言えば、
「小6あたりで自分の将来像がイメージできない子供に将来はない」
「小6あたりで明確なビジョンを持つ子供には未来がある」
ということである。

翻って、私自身の小6の卒業アルバムを見れば、やはり「将来は医者か科学者か」と書いてある。その後野球サッカーと本格的にプロレベルを目指したが、結局元の鞘に収まるかのごとく物理学者になった。必然だったのだろう。

さて、私が今、保江博士の研究のあと、この二人の業績を再び学んでいるのは、この分野で仕事したいという理由からではない。数学的なことや物理的なことはすでに十二分に理解して知っている上、すでに論文も書いているからである。そうではなく、いったいぜんたい、この二人がやったことというのは、
何をやったことになるのか?
ということを知りたいからである。

マンデルブローの行ったように、フラクタルは幾何学のプログラム化(ないしはアルゴリズム化)である。同様に、セルオートマトンは動力学のプログラム化(ないしはアルゴリズム化)である。こういうものは、別にマンデルブローやウォルフラムの現れるずっと前から微分方程式の数値積分などにおいて知られていたことである。すくなくともポアンカレの時代には知る人は知っていた。だからそれほどおどろくべきことではない。

私が知りたいことは、どうしてそういうことができるか?ということである。どうしてそういうことをして計算した結果が自然をうまく説明できるか?ということである。

なぜか?

両者の思想圏にあるものは、時空間の量子化ないしは差分化である。すなわち、この宇宙をつぶつぶとして見るということである。これは原子論というような意味のつぶつぶという意味ではない。時空構造そのものをつぶつぶとしてみるという意味である。

この思想と保江博士や岡潔博士の自然観とは見事にマッチしているのである。

マンデルブローのように自然記述をつぶつぶのアルゴリズムの結果出てくるものだと見るか、あるいは、ウォルフラムのように動力学によって起こる変化をつぶつぶのアルゴリズムの結果出てくるものだと見るか、というようなことである。前者は静的側面であり、後者が動的側面である。

いったいウォルフラムが書くところのセルオートマトンの図の縦横軸の図は何を意味するのか?
バークレーの教科書のコマ撮りフィルムの絵はいったい何を意味しているのか?

まあ、なんとなくだが分かるのは、我々統計物理学を知っているものがいうところの「(無限の)アンサンブル」というものがあって、そのアンサンブルの中で最初のアンサンブルから次のアンサンブルへ、そしてまたその次へと移り変わる規則を与えているものが動力学である。こういうものを図式化するアルゴリズムがマンデルブローやウォルフラムのやっていること。そんな感じだろうというところである。

それにしてもマンデルブローのやったことやウォルフラムのやったことは壮大かつ莫大な量の仕事がありますナ。


ウォルフラムの本はあまりに分厚く重いので持ち歩いて読むことができない。

至難の業である。



e0171614_11282166.gif

[PR]

  by kikidoblog | 2014-09-17 10:07 | 人物

「マネックス」と聞いたらボブスレー!?:ボブ戦友の松本大さん美女と結婚!?おめでとうございます!

みなさん、こんにちは。

いや〜〜、「マネックス」の松本大さんが大いなる美人をゲット?以下のものである。
大江キャスター、マネックス松本社長と結婚へ
e0171614_2084213.jpg

e0171614_2083793.jpg

「マネックス」と聞いたらボブスレー。

まあ、ほとんどの人は知らないはずである。

日本代表のボブスレーの鉄人パイロットの
鈴木寛さん
e0171614_2031721.jpg
e0171614_20321431.jpg
の所属している会社である。
マネックス社長 松本大のつぶやき

皆さん、当社の社員がオリンピックに出場します。来月始まるバンクーバー五輪です。これは凄い!オンライン証券がオリンピックに!これは当社のウェブ&マーケティング部に所属する鈴木寛選手です。ボブスレー4人乗りの日本代表選手として4度目のオリンピック出場を果たします。2人乗りも、未だ最終決定していませんが、恐らく出場できることでしょう。鈴木選手は日本では無敵。日本が出場できさえすれば、それは当社所属の鈴木選手がパイロットを務めるボブスレーなのです。

昨日は兄弟(オリックス証券)の誕生、今日は社員の活動の話と、自らの話が続いて申し訳ありません。でも嬉しいのです♪皆さんも是非応援して下さい。ボブスレー日本代表・鈴木寛・マネックス証券所属、です!4年に一度のオリンピック出場にあやかって、そして恐らく証券界唯一のオリンピック代表にあやかって、当社のお客様の投資成績が飛躍することをお祈りします。そして当社自体も飛躍したいと願います。

ふと自らの周りの外に目を向けると、郵便貯金の預入限度額を引き上げる方向で政府・与党が調整に入ったなどの報道が気になります。そもそもその内容には大きな異論がありますし、なんでこんなニュースがポロッと出るのか、というプロセスにも大いに問題を感じます。が、今日はめでたいオリンピック出場の話にしときましょう。政府に意見の類は、よく考えてからまとめたいと思います。

実は私はこのマネックスの社長さんと10年ほど前に長野で会ったことがある。

その時のものがこれだ。
e0171614_23164568.jpg

検索「井口和基とは?」:ひまな奴もいるものだ?より

日本初の一般人のボブスレー搭乗の時である。鈴木さんがパイロットをし、千葉自動車の社長さんが二番手、三番手がこのマネックスの社長さん、そして最後尾が私であった。一番危険なのは最後尾。私はそこを志願して受け持ったのである。

我々は日本人で選手以外では初めて4人乗りボブに乗った戦友のようなものである。

当時はまだ若手社長だったんだが、いまやすっかり貫禄がついたようですナ。


ご結婚、おめでとうございます!

末永く鈴木寛氏のサポートをよろしくお願いします。
日本のボブスレー、日の丸ボブスレーめざしてサポートよろしくお願いしますゾ!

お幸せに!



e0171614_11282166.gif

[PR]

  by kikidoblog | 2014-09-16 20:34 | ボブスレー

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE