<   2014年 09月 ( 43 )   > この月の画像一覧

 

オンサーガーが降臨!:「オンサーガーの不可逆過程の熱力学」今日発売だった!

明日死ぬと思って生きよ。永遠に生きると思って学べ。−−マハトマガンジー


みなさん、こんにちは。

”4年ほど前からこう思って取り組んだオンサーガー博士の論文選集の出版までついにたどり着いた。例によって、独立系出版社の太陽書房からである。まだアマゾンにはない。”

といって、先月上旬に拙著「オンサーガーの不可逆過程の熱力学」を
「オンサーガーの不可逆過程の熱力学」完成!:今度は「オンサーガー」が降臨!
でメモしたが、今日無事発売日を迎えた。そこで、一応、またメモしておこう。以下のものである。
オンサーガーの不可逆過程の熱力学(太陽書房←アマゾン嫌いの人はこっちへ)
オンサーガーの不可逆過程の熱力学(アマゾン)
e0171614_1439203.jpg


ラルス・オンサーガー(Lars Onsager, 1903-1976)博士は偉大な理論物理・化学者であった。彼の研究分野は多岐にわたる。化学や生物学から液体理論や流体力学、物性物理学や固体物理学、そして統計力学や数理物理学に至るまで幅広く活躍した。そして、それぞれの分野で数多くの重要な古典的論文を残した。彼は旧ソ連のランダウやアメリカ合衆国のファインマンと並び称される万能型理論物理学者の最後の一人であった。中でも、1930年代のオンサーガーの相反定理と不可逆過程の熱力学。1940年代の2次元イジングモデルの厳密解。1950年代の液体ヘリウム理論や揺らぎの理論。こういったものがつとに有名である。それぞれの分野で金字塔になっている。どれもがノーベル賞に値する。実際、オンサーガーの相反定理の化学への有効性でノーベル化学賞を受賞した。

本書は、特に不可逆過程にまつわる彼の研究論文 ― 原子分子の不可逆過程の問題から究極の不可逆過程現象といえる生命現象に至るまでの原論文 ― を集めてある。私はそれらを2年ほどかけて日本語に翻訳した。これらには偉大なる理論化学者の問題提起の仕方、物理現象の捉え方、問題の考え方、計算方法、問題の解き方など、学ぶべき点が満載されている。これらを読み、学ぼう。そうすることからより深く物理化学を学ぶことができる。そして読者それぞれの持つ自分の問題へ応用する場合のヒントの数々を得ることができるに違いない。ぜひオンサーガーの考え方を一人でも多くの方々に学んで欲しいものである。読者に役立つことができれば、私の苦労も報われるだろう。

このオンサーガー理論の本質であるところの、「オンサーガー−マックラップ公式」をエレガントにまったく異なる方法で求めることに成功したのが、いまやスピリチュアルの「愛魂道」の達人となった、我らが保江邦夫先生である。
保江邦夫博士
e0171614_13264822.jpg
保江博士の論文がこれ。
A simple derivation of the Onsager–Machlup formula for one‐dimensional nonlinear diffusion process
The role of the Onsager–Machlup Lagrangian in the theory of stationary diffusion process

この夏はゆっくり時間をかけて、これらの保江博士の論文を全部「解読」することができた。本当に理論物理学者のひとりとして、こういう美しい理論を生み出したいものである。

ただし、まだそれはいわゆる「マルコフ過程」の枠組みからに過ぎず、「ベルンスタイン過程」や「マンデルブロー−レヴィー過程」にまでは至っていない。

この現実世界は、何がしかの「記憶を持っている」。だから、緩和過程や緩和現象といっても、単なる減衰現象だけですむということはない。多くの場合には、ロングテール(=長い尻尾)を持つ、べき法則が現れる。

オンサーガーは、「詳細釣り合いの原理」を基に、ノーベル賞に輝いた「オンサーガーの相反定理」を導いた。

この摩訶不思議で実に深い原理は、力学の言葉でいうと、「作用−反作用の原理」となるが、これはまた熱力学や化学反応の言葉でいうと、「反応−逆反応の原理」となる。前者は力学変数のことばであり、後者は状態変数のことばである。

化学平衡とは、進む化学反応(右反応)と戻る化学反応(左反応)の釣り合い=平衡のことである。力学平衡とは、力を加える作用(=押す力)とそれに対する反作用(=押し返す力)との間の釣り合い=平衡のことである。

これらは、時空間でいうと、過去から未来に進む時間方向と未来から過去へ進む時間方向に進む物理現象ということになる。

量子力学における、粒子密度(=存在確率)は、波動関数の絶対値の二乗であるが、それは波動関数とその複素共役との積である。この時、波動関数は過去から未来へ進む波動の時間方向を表すが、その複素関数は未来から過去へ進む波動の時間方向を表す。そして、それらの積=出会いが現実に現在に存在する粒子密度ということになる。

このアイデアは、最初エディントンが気付き、それに感銘を受けたシュレーディンガーが発展させた。そして、最後に数学者のベルンシュタインが完成した。そして、それを保江邦夫博士のネルソン−保江方程式の枠組みに載せたのが、保江博士の「たった2人の弟子」の一人、フランス人のジーン−クラウデ・ザンブローニであった。

過去から未来への過程と未来から過去への過程が出会う。それが現実だ。この思想は実に深い。

詳細釣り合いとは、その2つが現実で見事に釣り合っているということである。この時、未来と過去との入れ替えが効く。

これがベルンシュタイン過程というものである。

いまのところ、オンサーガー理論をこういった見方で再構築した人物はいないようである。

いや〜〜、物理学者でほんとに良かった。

失礼、だれにも分からね〜〜よナ。



e0171614_11282166.gif

[PR]

  by kikidoblog | 2014-09-10 19:52 | アイデア・雑多

スターチャイルドの時代!?2:ヤスミンちゃんの渋〜〜い選曲!?

みなさん、こんにちは。

錦織圭選手、初の準優勝おめでとうございます。優勝は逃したが、100年に一度の偉業を果たした。ひょっとしたら、また100年後ということになってしまうのかもしれないが、歴史にその名を残したのはすごい。

さて、先日
スターチャイルドの時代!?:ブラジルの天才少女ヤスミンちゃんの歌声!

愛は花 君はその種
をメモしていおいたが、ヤスミンさんの選曲がまた渋かった。全部私が知らない曲ばかり。そこで、いったいだれがオリジナルなのかを一応メモしておこう。

愛は花 君はその種
唄)作)アマンダ・マクブルーム(Amanda McBroom)
訳)高畑勲

Amanda McBroom "The Rose"

白い雪
唄)香西かおり
作詞作曲)松山千春


愛のうた
唄)松原健之
作詞)五木寛之
作曲)池高志

松原健之 愛のうた 演歌百撰

昭和最後の秋のこと
唄)桂銀淑
作詞)阿久悠
作曲)浜圭介

カバーのみ(どこぞのおばさまの歌声)

悲恋歌
唄)チェウニ/唄)倉橋ルイ子
作詞)Kim Haengun
作曲)Ryi Geon


吾亦紅(われもこう)については、最初、作詞)ちあき哲也、作曲)杉本眞人の「吾亦紅」だろうと思っていたが、どうもこの曲はフォークソングで全く別物だった。もう一つは、さだまさしの「吾亦紅」というものがあった。しかしこれもまた別物だった。さんざん探したあげく、どうやら川中美幸の「吾亦紅」という唄であることがわかった。以下の中で聴くことができる。
川中美幸大全集
e0171614_17275125.jpg

面白いのは、日本ではほとんど知られていないが、どうやらブラジルの日系人の間では非常にポピュラーな曲のようで、多くの人達が唄っているらしい。例えば、以下のもの。
Isadora Kataoka - Waremokou

愛の伝説
唄)キム・ヨンジャ
作詞)吉岡治
作曲)岡千秋


いずれにせよ、こうやって正真正銘の有名歌手たちの歌声と比較してみても、ヤスミンちゃん10歳の唄が驚異的なうまさであるということが分かる。かつて美空ひばりさんが登場した時に匹敵するような「完成された歌声」という感じがする。

いや〜〜、素晴らしい歌手が出てきたものですナ。



e0171614_11282166.gif

[PR]

  by kikidoblog | 2014-09-10 17:47 | ヤスミン・ヤマシタ

「私が見た従軍慰安婦の正体」小野田寛郎:娼妓は稼ぎまくっていたようですナ!

もし生まれ変われるのであれば、朝鮮人や韓国人を根絶やしする殺ヒトモドキウィルスとしてこの地球に戻ってきたい。
−−井口和基博士


みなさん、こんにちは。

小野田寛郎さん(故人)
e0171614_8424744.jpg
は、フィリピンのルバング島で29年間戦闘を続けていた元日本軍将校であった。さすがに旧日本軍の将校だけあって、戦前のインテリだったから、復帰後の適応力もすごかった。

実際、この小野田少尉のように生き残って日本社会に復帰した旧日本軍人の力によって、戦後日本が復興したのである。さもなくば、日本の復興は成し遂げられなかったにちがいない。

さて、この小野田少尉は、「従軍慰安婦捏造」問題についても、実際に現地で慰安所を警備した実体験を語っていた。

慰安所にいた女性は、日本内地からの日本人女性、現地の中国シナ人女性、そして併合されて日本となっていた韓国人(朝鮮人)女性の三種類がいた。全部がごく普通の「売春婦=娼婦」だったことを証言している。当時は、売春は合法だった。だから、公的に営業許可された売春婦、すなわち、 公認の売春婦(=公娼)のことを「娼妓(しょうぎ)」と呼んだ。

そして、特に朝鮮人売春婦のところへいくことを、「ちょっと朝鮮銀行へ行ってくる」というように隠語で話したらしい。

実際、兵士の給料は、1/3が生活費、1/3が貯金、1/3が娼妓に使われたようである。だから、借金のために娼婦として売られたシナ人、朝鮮人、内地日本人はすぐに借金返済でき、自由人となることができ、足を洗ったというのである。

また、当時韓国は、台湾と同様に日本であった。
日本がアジア侵攻する前のアジア
(ちなみに、侵攻とはいってもアジア人を西洋白人列強から開放するために侵攻したのであって、現地人を襲うためではなかった。)
e0171614_8564829.jpg

侵攻後。(大半のアジアで西洋軍隊が駆逐され、現地人の主権が回復された。)
e0171614_8564191.jpg
(この図の赤い部分が当時の「日本国」。だから、日本と台湾と朝鮮半島は全部が日本であった。)

そのため、小野田さんは、当時「朝鮮人」という言葉はタブーであって、朝鮮人というと厳しく罰せられたのだという。同じ日本人だという扱いであった。

こういう内容を詳細に語っているものがあったので、ここにもメモしておこう。以下のものである。
証言「私が見た従軍慰安婦の正体」 小野田寛郎

これの元になっている雑誌取材記事はこれ。
小野田寛郎「私が見た従軍慰安婦の正体」 「正論」1月号より
(記事はオールアバウトより抜粋)

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

首相の靖国神社参拝や従軍慰安婦の問題は、全く理由のない他国からの言いがかりで、
多くの方々が論じているところだ。
南京大虐殺と同様多言を弄することもあるまいと感じていたのだが、未だに妄言・暴言が消え去らない馬鹿さ加減に呆れている。
戦後六十年、大東亜戦争に出征し戦場に生きた者たちが少なくなりつつある現今、私は証言として、「慰安婦」は完全な「商行為」であったことを書き残そうと考えた。
外地に出動して駐屯する部隊にとって、治安維持と宣撫工作上最も障害になる問題は、
兵士による強姦と略奪・放火である。
そのためにどこの国もそれなりの対策を講じていることは周知の通りである。

大東亜戦争時、戦場には「慰安婦」は確かに存在した。
当時は公娼が認められている時代だったのだから至極当然である。
野戦に出征した将兵でなくとも、一般に誰でも「従軍看護婦」と言う言葉は、常識として知っていたが、「従軍慰安婦」と言う言葉は聞いた者も、また、使った者もいまい。
それは日本を貶める為に後日作った造語であることは確かだ。
淫らな言葉だが、中国戦線では「ツンコ・ピー」「チョウセン・ピー」と呼んでいた筈であるが、
他の人の見ている所でする筈のないことだけに、「慰安所」のことも「慰安婦」のことも、公の場で自己の見聞を正確に発表する人が少ない。
あまり詳しいと「よく知ってるね」と冷笑されるのが落ちだろう。 では何故、君は、と私に聞かれるだろうが、幸い私はその実態を外から観察出来る立場にあったから、何も臆することなく、世の誤解を解くために発表することが出来るのだ。

◆漢口の「慰安所」を見学
商社員として十七歳の春、中国揚子江中流の漢口(現武漢)に渡った私は、日本軍が占領してまだ五カ月しか経っていない、言わば硝煙のにおいが残っている様な街に住むことになった。
当時、漢口の街は難民区・中華区・日華区・フランス租界・日本租界・旧ドイツ租界・旧ロシア租界・旧英国租界に分かれていて地区ごとにそれぞれ事情に合った警備体制が敷かれていた。
日華区とは日本人と中国人とが混じって住んでいる地区で、そこに住む中国人は中華区に住む者と同様「良民証」を携帯しており、そうでない者は警備上難民区に住まされていた。
難民区は日本兵も出入りを禁止されていて、私たち在留邦人は届け出て許可を得なければ出入り出来なかった。それだけ危険な場所だった。
私は、仕事が貿易商だから、難民区以外はよく歩いた。 ある日、汚れた軍服を着た兵士に「慰安所はどこか知りませんか」と路上で尋ねられ、一瞬思い当たらず戸惑った。
しかし看板に黒々と「漢口特殊慰安所」と書いて壁に掲げていて、その前に歩哨と、「憲兵」の腕章をつけた兵隊が立っている場所を思い出したのでその通り教えてあげた。
映画館と同様に日華区にあった。汚れた軍服から推測して、作戦から帰ってきた兵士に間違いない。街を警備している兵士は、そんな汚れた軍服で外出してないからだ。
私は「特殊慰安所」か、なるほど作戦から帰った兵士には慰安が必要だろう。
小遣い銭もないだろうから無料で餅・饅頭・うどん他がサービスされるのだろうと早合点していた。ところが、私の知人が営む商社は日用品雑貨の他に畳の輸入もしていて、それを「慰安所」にコンドームなどと一緒に納入していたので「慰安所」の出入りが自由であった。
彼に誘われて一般在留邦人が入れない場所だから、これ幸いと見学に行った。 私たちは、憲兵に集金の用件を話してまず仕事を済ませた。
日が暮れていたので「お茶っぴき」(客の無い遊女)が大勢出てきて、経営者と私たちの雑談に入ろうとしてきたが追い払われた。
そこには内地人も鮮人も中国人もいた
(現在、鮮人は差別用語とみなされ、使われない。しかし朝鮮半島が日本統治だった当時は「日本人、朝鮮人」などと言おうものなら彼らに猛烈に反駁された。彼らも日本人なのだからと言う理由である)。
群がってきた彼女たちは商売熱心に私たちに媚びてきた。 憲兵は特別な事情の時以外は、部屋の中まで調べに来ないからである。
料金は女性の出身地によって上中下がある。
また、利用時間も兵士は外出の門限が日没までだから日中に限られるが、下士官は門限が長く、将校になれば終夜利用出来る。料金も階級の上の方が割高で、女性たちは当然、同じ時間で多く稼げることになる。
半島出身者に
「コチョ(伍長─下士官)かと思ったらヘイチョウ(兵長─兵士)か」 「精神決めてトットと上がれ ネタン(値段)は寝間でペンキョウ(勉強)する」とか、 笑うどころではない涙ぐましいまでの努力をしているのも聞いた。
内地人のある娼妓は
「内地ではなかなか足を洗えないが、ここで働けば半年か一年で洗える」といい、 中には「一日に二十七人の客の相手をした」と豪語するつわものもいた。

◆どこにもいなかった「性的奴隷」
ここで親しくなった経営者の話を紹介しよう。
「体力的に大差がない筈なのに、内地人は兵士たちと言葉が通じるために情が通うのか、本気でサービスして商売を忘れ健康を害してしまう。
そのために送り返さねぱならず、経営者にとって利益が少ない。兵隊さんには内地人ばかりで営業するのが本当だが」と本音を漏らしていた。
私の育った街には花柳界があったので、芸妓と酌婦をよく眼にしたが、当時は玄人女と呼ばれた彼女たちの外出姿でも一般の女性と見分けることが出来た。
その目で見れば漢口の街でも同様だったが、特に朝鮮人の女たちは特色があった。
というのは、彼女たちは数人で外出してくるのだが、民族衣装ではなく、着慣れないツーピースの洋装のせいで着こなしが悪く、また歩き方にも特徴があって一目で見分けられた。彼女たちは実に明るく楽しそうだった。
その姿からは今どきおおげさに騒がれている「性的奴隷」に該当する様な影はどこにも見いだせなかった。
確かに、昔からの言葉に、
「高利貸しと女郎屋の亭主は畳の上で往生出来ぬ」というのがあった。
明治時代になって人身売買が禁止され「前借」と形は変わったが、娘にとっては売り飛ばされた」ことに変わりはなかった。
先述の「足を洗う」とは前借の完済を終えて自由の身になることを言うのだが、半島ではあくどく詐欺的な手段で女を集めた者がいると言う話はしばしば聞いた。
騙された女性は本当に気の毒だが、中にはこんな話もある。
「『従軍看護婦募集』と騙されて慰安婦にされた。
私は高等女学校出身なのに」と兵士や下士官を涙で騙して規定の料金以外に金をせしめているしたたかな女もいた。 またそれを信じ込んでいた純な兵士もいたことも事実である。 日本統治で日本語が通じた故の笑えない喜劇でもある。
ところで、その「慰安所」にどれだけの金が流れたのだろうか。 これが「慰安婦」が「商行為」であった確かな事実である。
私の次兄が主計将校で、漢口にある軍司令部に直接関係ある野戦衣糧廠にいたので、「慰安所」について次のような統計があると教えてくれた。
当時、漢口周辺には約三十三万人という兵力が駐屯していたが、ある理由で全軍の兵士の金銭出納帖を調べた。
3分の1が飲食費、3分の1が郵便貯金、3分の1が「慰安所」への支出だった。 貯金は給料の僅かな兵士たちにとって嬉しいことではなかったが、上司から躾として教えられている手前せざるを得なかったのが実情だった。
私も初年兵として1ケ年、江西省南昌にいたが、食べたいのを我慢して貯金した。
1人の兵士がそれぞれ3等分して使った訳ではないだろうが、人間の三大欲は食欲、睡眠欲と性欲と言われるだけに、貯金を睡眠に置き換えると全く物差しで測った様な数字である。
ちなみに当時の給料は兵は1カ月平均13円程で、その3分の1を約4円として計算すると33万人で総額約132万円になる。
「零戦」など戦闘機一機の価格は3万円と言われたが、実に44機分にも相当する。 サラリーマンの初任給が40円そこそこの頃だったのだから、経理部の驚くのも無理のない話である
以上が、私が商社員として約3年半の間、外部から眺め、また聞き得た「慰安所」と「慰安婦」の実態である。
私が漢口を去った昭和17年夏以降に、漢口兵站(作戦軍の後方にあって車両・軍需品の前送・補給・修理・後方連絡線の確保などに任ずる機関)の副官で
「慰安所」等を監督した将校の著した『漢口兵站』と照合してみたが、地名・位置等について多少の相違点は見いだしたが、本題の「慰安所」について相違はなく、より内情が詳しく記されていた。
これでは誰がどう考えても「商行為」であるとしか言いようがないだろう。
「商行為」ではない、軍による「性的奴隷」であるとそれでも強弁するとすれば、知らな過ぎるのか、愚かで騙されているのか、そうでなければ関西人が冗談めかして言う、「いくらか貰うてんの?」なのかもしれないが、あまりにも馬鹿げた話である。

*補足
◆問題にして騒ぎ出す者たちの狙い  
次に、軍関与の暴論について証言する。  
私は20歳で現役兵として入隊、直ちに中支の江西省南昌の部隊に出征した。
初年兵教育が終わって作戦参加、次いで幹部候補生教育、途中また作戦と、1ケ年1度の外出も貰えずに久留米の予備士官学校に入校してしまったから、外出して「慰安所」の門を潜る機会に恵まれなかった。  
だが初年兵教育中、古い兵士には外出がある。
外出の度にお土産をくれる4年兵の上等兵に「外出でありますか」と挨拶したら「オー、金が溜ったから朝鮮銀行に預金に行くんだ」と笑って返事をしてくれた。
周りは周知の隠語だからクスリと笑うだけだった。
南昌には師団司令部があった。
「慰安所」には内地人も朝鮮人も中国人もいて、兵士は懐次第で相手を選んで遊んだのだろう。
私は幹部候補生の教育を、南昌から三十キロ以上も離れた田舎の連隊本部で受けた。
「慰安所」は連隊本部の守備陣地の一隅に鉄条網で囲まれて営業していた。教育の末期に候補生だけで本部の衛兵勤務につくことになった。
もちろん勤務は24時間である。  
私は営舎係だったので歩哨に立たないから何度も歩哨を引率して巡察に出た。巡察区域の中に「慰安所」も含まれていた。前線の歩哨は常時戦闘準備をしている。
兵舎内の不寝番でさえ同様だ。鉄帽を被り、銃には弾を装填し夜間はもちろん着剣である。
その姿で「慰安所」の周囲だけならまだしも、屋内も巡察し、責任者の差し出す現在の
利用者数の記録を確認する。軍規の維持とゲリラの奇襲攻撃を警戒しているからである。
考えてみるまでもない、そこで遊んでいる兵士は丸腰どころではない。もっと無防備で不用心な姿の筈である。その将兵を守るべき責任は部隊にあるのは当然だ。
それに性病予防の問題もある。そんな田舎に医師や病院がある筈がない。性病予防のため軍医や衛生兵が検査を実施するしかない。  
「慰安所」の経営者は中国人だったし、日本では当時公認の娼妓と呼ばれた女たちも、中国人だった。彼らも食料やその他の生活用品が必要だ。
大人数なのだから、それなりの輸送手段もいる。辺鄙な場所だから部隊に頼る以外方法がない。部隊が移動する時もそうなるだろう
私の話す湖北省の言葉もだいたい通じたので、経営者と立ち話をして彼女たちについてそれなりの様子も聞き出せた。
今でも「慰安所」の両側に部屋のある中廊下を巡察した不粋な自分の姿を思い出すが、
こんな漫画にもならない風景が現実にあったのだ。これは私の部隊だけではないと思う。  
もう60年も昔のことである。時代が変わり、また平時と戦時の違いもある。したがって娼妓(ここでは慰安婦に相当する)に対する解釈も当然変化している。
そうであるにもかかわらず、すでに証拠も不完全になっていることを幸いに、今更これを問題にして騒ぎ出す者たちの狙いは何なのか。
言えることはただ一つ、不完全だからこそ喚き散らしていれぱ、何かが得られると狙っているということだ。  
戦場に身を曝し、敵弾の洗礼を受けた者として最後に言っておく。このことだけは確かだ。野戦に出ている軍隊は、誰が守ってくれるのだろうか。周囲がすべて敵、または敵意を抱く住民だから警戒を怠れないのだ。
自分以上に強く頼れるものが他に存在するとでも言うのならまた話は別だが、自分で自分を守るしか方法はないのだ。  
軍は「慰安所」に関与したのではなく、自分たちの身を守るための行為で、それから一歩も出ていない。
「異常に多く実を結んだ果樹は枯れる前兆」で「種の保存の摂理の働き」と説明されるが、明日の命も知れぬ殺伐とした戦場の兵士たちにもこの「自然の摂理」の心理が働くと言われる。
彼らに聖人君子か、禅宗の悟りを開いた法師の真似をしろと要求することが可能なのだろうか。  
現実は少ない給料の中から、その3分の1を「慰安所」に持って行ったことで証明されている。有り余った金ではなかったのだ。
「兵隊さん」と郷里の人々に旗を振って戦場に送られた名誉の兵士も、やはり若い人間なのだし、一方にはそうまでしてでも金を稼がねばならない貧しい不幸な立場の女性のいる社会が実際に存在していたのだ。
買うから売るのか売るから買うのかはともかく、地球上に人が存在する限り、誰も止めることのできないこの行為は続くだろう。
根源に人間が生存し続けるために必要とする性さが存在するからだ。
「従軍慰安婦」なるものは存在せず、ただ戦場で「春を売る女性とそれを仕切る業者」が軍の弱みにつけ込んで利益率のいい仕事をしていたと言うだけのことである。
こんなことで騒がれては、被害者はむしろ高い料金を払った兵士と軍の方ではないのか。

売国新聞と侮日国家より

まあ、しかしながら、やはり当時の日本人は朝鮮人韓国人のことをあまり良く知らなかったようですナ。あまりに善意で接しすぎたようである。ましてや「韓の法則」というものは伊藤博文他誰も知らなかった。強いて言えば、福沢諭吉程度だろう。

まあ、それもしかたないだろう。インターネットの時代になってやっと全世界からさまざまな事実の破片が見ることができるようになって初めて分かるようになったからである。

ところで、当時なぜ「公娼」だったかと言えば、日本兵が性病になったら困るからである。性病の娼婦は追放したのである。そのためには、薄汚いその辺の売春婦ではいけない。だから、政府が認定した健康な娼婦を娼妓と呼んだのである。

つまり、娼妓になれたということは、政府からお墨付きをもらった健康女性だといういい意味で称号だったわけである。

だからこそ、日本の兵隊さんや将校さんたちとエッチできたわけである。

ありがたく思え、この野郎!

というところですナ。

だから、従軍慰安婦20万人というようなことは衛生上ありえないことだったのである。こんなことをしたら、日本兵が淋病やら梅毒やらでとても屈強な白人兵と戦うことなどできるはずがないのである。

また、セックスするわけだから、裸で無防備である。そこを敵兵に襲われたら最後である。ましてや売春婦といえども、聖なる日本軍人と合体する女性たちである。だから、こういった娼妓の身の安全も日本軍が確保した。

だから、「安心して売春できた」のである。さもなくば、敵兵や野盗や共産パルチザンの襲撃にあって、連れ去られて殺害されたのである。

小野田元少尉は、そういう慰安所を警備する任務を任されていたのである。日本の将校や兵隊さんたちが合体中である。それは護衛するのが当たり前。

もし、20万人や30万人も娼妓がいたら、だれが護衛することができるのだろうか?物理的に不可能である。こんなに売春婦がいれば、護衛する人数だけでも膨大となり、敵と戦うことは不可能である。なぜなら、せいぜい33万人の兵士だったというからである。

とまあ、こんなあんなで、いかに現実の戦争に無知で、まったく現場を知らないものが、戦後になって適当に妄想によって生み出した「捏造=架空のお話」であることは、こういったことからも明白なのである。やはり何事も現場主義。現場にいたものにしか分からないのである。その点、小野田元少尉は現場で働いていた経験の持ち主なのだから、もはや左翼や韓国人の反論の余地はない。

とまあ、そういうことですナ。

ほんと韓国人朝鮮人や韓チャイニーズの妄想癖には困ったものである。

おまけ:
中園ミホの「アンと花子」の捏造ドラマにもまったく同じことが言えるのである。というのも、戦前には「国民」という言葉はなかったからである。戦前までの大日本帝国においては、「天皇陛下の臣民」という言葉が、明治憲法=大日本帝国憲法によって定められていたからである。「国民」という言葉は、昭和憲法の日本国憲法で定められた。ところが、犬エッチKの「アンと花子」では、戦前の場面でも「国民」という言葉が出てきて、もはやウリナラ捏造ファンタジー以外の何ものでもない。まったく日本の歴史を知らない人物が書いている、ないしは演出しているということになる。見るに耐えないというのはこういうことである。幼稚過ぎる過ちである。基本的に韓国人は幼稚なのである。日本人が3歳程度で卒業し、さらに精神が成長していくところが、その3歳レベルで一生留まっている。そんな人種のようですナ。




e0171614_11282166.gif

[PR]

  by kikidoblog | 2014-09-09 09:32 | 従軍慰安婦・南京大虐殺捏造

スターチャイルドの時代!?:ブラジルの天才少女ヤスミンちゃんの歌声!

みなさん、こんにちは。

いや〜〜、錦織圭選手の全米オープン決勝進出。おめでとうございます。


「2012年のアセンション」ブームの時代、俗にいう「スターチャイルド」という一種独特の子どもたちがこの地球に生まれてきていて、その子どもたちが地球を救うのだ、というような話があった。

こういった子どもたちのことは、かのアドルフ・ヒットラーも予言していたのである。1980年代後半から地球人類は持つものと持たざるものの二種類の人類にあらゆる分野で二極分化するというものである。
ヒットラー予言


錦織選手もある意味、そのスターチャイルドの一人といえるだろう。素晴らしい子どもたちが成長した一つの完成形といえるからである。

その錦織選手に匹敵する天才少女がどうやらかのブラジルの地に誕生した。その名はヤスミン・ヤマシタちゃん10歳である。

錦織選手の優勝を祈願してここにもメモしておこう。以下のものである。
愛は花 君はその種


白い雪


愛の歌


昭和最後の秋のこと


悲恋歌


吾亦紅


愛の伝説


他数曲存在。


ヤスミンちゃんは、

品を作らない。
顔を振らない。
首をふにゃふにゃしない。
アヒル口をしない。
タメ口を聞かない。

要するに、在日韓国系で汚染された日本のディレクターやスタッフの変な要求に合わせたり、マスゴミの好みに合わせず、素のままで歌う。まさに、

レット・イット・ゴー
ありの〜〜ままの〜〜姿みせるのよ〜〜
ありの〜〜ままの〜〜自分になるの〜〜

を実践するとはまさにこういうことだということをヤスミンさんが示している。AKB48のようなザパニーズソングとは対極を行く。

おそらく、この日系ブラジル人のヤスミン・ヤマシタさんの歌い方が古来から日本人に伝わる本来の歌い方や本来の歌手の姿だろうと思う。

それと比べると、昨今の日本の芸能界の歌い方や所作はあまりに在日朝鮮人化したのである。はっきりいって、気持ち悪くて仕方がない。首をふにゃふにゃしたり、いつも話す度に顔を左右に微小振動させている。まるで薬物使用している人間のようだ。

今一度芸能界や歌手も反日韓国人の手から日本人の手に取り戻すべきでしょうナア。

まあ、俺にはどうでもいいがナ。

錦織選手、あと1勝。頑張れ!




e0171614_11282166.gif

[PR]

  by kikidoblog | 2014-09-08 08:06 | ヤスミン・ヤマシタ

君が代絶唱できないやつは去れ!:日本代表選手はしっかり君が代を歌おうぜ!

みなさん、こんにちは。

もうすぐアキレタジャパンの初戦が始まろうとしているところだが、国際試合といえば、国歌斉唱。そこで、ブラジルワールドカップの時にブラジルとドイツがどう歌っていたかをメモしておこう。以下のものである。
ブラジル国歌斉唱

ドイツ国歌斉唱

アルゼンチン代表の国歌斉唱
(ちなみに、アルゼンチンの国歌には政治的歴史上、歌詞がないのである。)


国歌斉唱しない選手は去れ!

というところですナ。

おまけ:
いま見たところでは、ブラジルW杯の時よりはまじめに君が代を歌ったようですナ。

e0171614_23433344.png
(本田選手と長友選手が我々の大音響に気づいて一瞬こっちの方を見たのが分かります。追記:今見ると、香川真司は君が代ではない何か別の歌を歌っているようですね。)
私の2014年ブラジルW杯観戦記2:「君が代」斉唱で、ついに「神が降りた!」より




e0171614_11282166.gif

[PR]

  by kikidoblog | 2014-09-05 19:21 | サッカー&スポーツ

「獅子身中の虫」にご注意あれ!:やっぱり虫下しも飲まないとナ!?

もし生まれ変われるのであれば、朝鮮人や韓国人を根絶やしする殺ヒトモドキウィルスとしてこの地球に戻ってきたい。
−−井口和基博士

獅子身中の虫(しししんちゅうのむし)
《獅子の体内に寄生して、ついには獅子を死に至らせる虫の意》
1 仏徒でありながら、仏法に害をなす者。
組織などの内部にいながら害をなす者や、恩をあだで返す者。
[補説]「獅子心中の虫」と書くのは誤り。


みなさん、こんにちは。

いやはや、風雲急を告げてしまったこの世界、この日本。特に、在日韓国人の巣窟と化した我が国は、もはや腐ったチーズ状態である。すべてが劣化してしまった。いったいどうやれば、放射脳を駆除できるのか?

このヒントになるものは、やはりかつてのアンリ・ファーブルやここ徳島阿南の海岸のおじさんたちのやり方であろう。

アンリ・ファーブルは、かつてフランスのいんげん豆が害虫によって絶滅しかけた時、結局は害虫を一匹ずつ手作業で駆除することがもっとも手っ取り早いということを見つけたのだった。農薬をやると天敵まで死ぬから結局また同じことの繰り返しになるのである。

一方、今回の台風で阿南の海岸に膨大な数の材木や流木が流れ着いた。数百本の3mほどの電柱のような材木が海岸中に流れ着いたのである。それ以外にも大中小さまざまの大きさの流木が流れ着いた。いったいどこから来たのか?それは分からないが、人間一人で持ち上げるにはかなりたいへんな重労働である。

こうした中、海の家や近隣の住人が、毎日毎日、手作業で流木を集めては燃やす。こういうことを行っている。最初は、あまりに膨大で山のようなゴミが海岸に流れ着いたからどうなるかと思っていると、市役所の職員が重機で何とかしようとしたが、結局素人だから浜にハマって大変になった。それ以来市役所の公務員は何もしていない。

ところが、近隣に住むご老人たちは、海岸を毎朝掃除にやってくる。よぼよぼの老人なのだが、木々を集めては火をつけて燃やす。少しずつ少しずつ。しかしながら、それが何ヶ月、1年、2年とずっと続くと、いつの間にか海岸が綺麗になっているのである。

災害復興もそうで、できるところから少しずつ行っていくと、時間はかかるが、最後には元に戻る。

結局、日本という国も世界も同じである。できるところから、少しずつやり始める。これを繰り返していくほかはない。

放射脳除鮮もそうである。不遜韓国人朝鮮人を少しずつ駆除していく。それしかないのだ。

さて、そんな放射脳ぶりをいまさらながら証明してくれるのが、例の朝鮮日報日本支社の赤日新聞である。所長さんは謝罪のしゃの字もない。むしろ、憎悪されて血気盛んに燃え盛っている。まさに韓国人である。
朝日新聞 木村伊量社長のメール公開
朝日新聞 木村伊量社長のメール公開
e0171614_855160.jpg

「慰安婦報道検証記事」の余波で揺れる朝日新聞の木村伊量社長(60)が全社員向けに綴ったメールの内容が明らかになった。

長年にわたる朝日新聞ファンの読者や企業、官僚、メディア各社のトップ、ASA幹部の皆さんなど多くの方から「今回の記事は朝日新聞への信頼をさらに高めた」「理不尽な圧力に絶対に負けるな。とことん応援します」といった激励をいただいています》(以下、《》内は木村氏のメールより)

 この文章は朝日新聞社内専用ホームページ「風月動天」に、ひと月に一度アップされるもの。同ページは朝日新聞社外の人間には閲覧不可能。また他メディアに内容が漏れないよう、「閲覧する際には、個々人のパスワードを打ち込まなければならず、誰が印刷したかまで、会社側が把握できる」(現役社員)という。

 今回、「週刊文春」はメール全文を入手。そこには、

「慰安婦問題を世界に広げた諸悪の根源は朝日新聞」といった誤った情報をまき散らし、反朝日キャンペーンを繰り広げる勢力に断じて屈するわけにはいきません》などと記されている。

 また、産経、読売など他紙の報道で「一時退避」を「撤退」とミスリードした疑惑が明るみに出た「吉田調書」報道についても触れており、

《朝日新聞が書かなければ永久に世の中に知られることがなかったかもしれない衝撃の事実の連打で、これぞ価値ある第一級のスクープ》と自賛。

 朝日新聞は近々、「吉田調書報道」の検証記事を作る予定とされており、木村社長の対応が注目される。

まあ、この人には福島瑞穂といっしょに国会で証人喚問するしかない!

ところが、一方、日本新聞協会という謎の組織がある。が、そこがなんとこのアカヒ新聞を表彰したというのだから興味深い。以下のものである。
「猪瀬氏5千万円」報道に新聞協会賞 朝日新聞3年連続

 日本新聞協会は3日、2014年度の新聞協会賞を発表し、朝日新聞社の「『徳洲会から猪瀬直樹・前東京都知事への5千万円提供をめぐる一連のスクープ』と関連報道」(東京社会部、特別報道部)が編集部門で選ばれた。受賞は3年連続。10月15日に新潟市で開かれる第67回新聞大会式典で授賞式がある。

特集:猪瀬直樹前都知事の5千万円受領問題
徳洲会、猪瀬氏側に5千万円 都知事選前、捜査後に返却(11/22)
猪瀬都知事、辞職を表明 「都政を停滞させられぬ」(12/19)

 最初の報道は13年11月22日付朝刊。猪瀬氏が12年の都知事選の告示直前、医療法人「徳洲会」グループから現金5千万円を受け取り、一切公表していなかった事実を調査報道でスクープした。猪瀬氏は、徳洲会が13年9月に東京地検特捜部の強制捜査を受けた後、資金を返却したが、その事実も報道で明らかにした。資金提供の直前に、徳洲会側が都内にある東京電力病院の取得を目指す意向を猪瀬氏に伝えていたことも特報した。

 選考で「報道によって知事は任期途中で辞任に追い込まれ、刑事責任が追及される事態へと発展した」などと評価された。

 編集部門のその他の受賞は次の通り。

 河北新報社「潮路はるかに 慶長遣欧使節船出帆400年」▽毎日新聞東京本社「『太郎さん』など認知症の身元不明者らを巡る『老いてさまよう』の一連の報道」▽福島民報社「東日本大震災・東京電力福島第一原発事故 原発事故関連死 不条理の連鎖」▽信濃毎日新聞社「『温かな手で―出産を支える社会へ』キャンペーン」

要するに、日本のマスゴミは全部が東京オリンピックは招致不成功、負けるものと思っていた。ところが、「お・も・て・な・し」効果で東京オリンピックの招致に成功してしまった。これに火病を起こした在日韓国人系に支配されたメディアが猪瀬都知事を引きずり下ろした。

そのために、仕組んだのが、朝日新聞の暴露記事。そもそも美味しい餌をあてがって協力を求めていたのだが、調子が悪くなると、自分が撒いた餌を相手がやったかのように180度取り替える。「やった方がやられた方に成りすます」。いつものパターンである。

そうやって、より在日韓国人側の人物を都知事に据えた。それが、在日韓国人スリーパーの舛添要一だった。

朝日新聞はこれに貢献したという理由で、日本新聞協会からお褒めをいただいた。

とまあ、そんな感じですかナ。

その日本新聞協会とは、何者か?

というと、どうも反日の左翼や在日韓国人系の総本山のようですナ。
日本新聞協会
e0171614_8181662.jpg

会長は白石興二郎さん。この人。
e0171614_821357.jpg
(さすがに貫禄はありますナ。メーソンですナ。)

まあ、東京そのものが反政府活動のメッカ、反日首都なんですナア。いや〜〜面白い。

さて、最後に、そんな日本のマスゴミに「蜂の一刺し」が来たらしい。以下のものである。
【暴露レス多数!】 TBS社員の独り言、「うちの局がこんなになってしまった経緯をお話しましょう・・・」[TBS在日枠採用が始まり・・・]
e0171614_839647.png

日本人の油断     7月2日(水)  

6月24日のブログ「朝日新聞の正体」を発表してから不気味な脅しが続い
ています。

直接的な脅し文句は一切使わず、コメント欄も使わずに、FC2ブログメール
フォーム経由で直接メールをしてきます。例えば「大手メディアはすでに反日勢力
のコントロール下にある」と書いてあるが、一体何を根拠にこのような事を書くの
かブログといえども許せるものではない」とか、「このようなデタラメなブログを続け
ていると、あなたの社会的地位が傷つきますよ!」など、じわりじわりと圧力をかけ
てきます。

そこで今回は、TBS社員の独り言 「うちの局がこんなになってしまった経緯
をお話しましょう」 というTBS社員と思われる人物の書き込みをそのままコ
ピーさせてもらいました。

朝鮮総連の巧妙な圧力から、無試験の在日朝鮮人枠を設けたTBSが除々に
在日朝鮮人に乗っ取られる様子が克明に記されています。


(1)1960年代~
テレビ放送が始まってまもなくの頃、放送中のちょっとした言葉づかいの問題
(例えば「朝鮮民主人民共和国」を“北朝鮮”と呼んでしまった、など)に対して、
朝鮮総連から会社及び経営幹部の自宅に対して脅迫に近い抗議行動が繰り
返される。彼等はヤクザまがいの風貌で自宅にまで押しかける始末だった

抗議行動に対する「手打ち」として、採用枠に“在日枠”が密かに設けられる。
総連幹部の子弟を中心に入社試験無し(カタチだけの面接)での採用が毎年
続く。 在日枠の密約を所轄官庁に対して内密にしてもらうよう局側から総連に
「お願い」をしてさらに弱みを握られるなど、素人のような甘い対応で身動きが
とれなくなっていく。

(2)1970年代~
政府を叩きさえすれば世論が喝采する狂った時代。
在日社員の「反日番組」を「権力に対するペンの戦い」「調査報道」と勘違いした
経営幹部が 社内で在日を積極登用。「日本人社員と在日社員に昇進の差別が
あってはならない」 などと理想論を述べたのは良かったが、結果を見れば
昇進差別をしなかったのは甘い、課長、部長と昇進した在日社員は、帰化した
在日二世を理不尽なまでに優遇する逆差別人事を徹底。 異を唱えた日本人社
員は徹底的にマークされ、営業や総務など番組制作の第一線から退けられる。

(3)1980年代~90年代
昇進した在日社員が主要な報道番組のプロデューサーや報道局長など、 決定
的なポストを占める。某サヨク週刊誌の在日の朝鮮人編集長(筑紫哲也)をキャ
スターに迎えたニュース23の番組が学生時代に学生運動に没頭した団塊の
世代の視聴者の支持により高い視聴率を得る。
1989年の参議院議員選挙では「土井社会党」「マドンナブーム」を「消費税反
対キャンペーン」 で徹底的に援護。 宇野総理のスキャンダルを連日報道し、
社会党在日朝鮮人党首を徹底して 「おたかさん」と呼ぶなど、あからさまな社会
党支持。 社会党が地すべり的な勝利。「山が動いた」と感動の報道。

(4)1990年代~2000年代
偏向報道、捏造報道、取材情報を特定の勢力に提供するなど、 報道機関とし
て存在を否定されかねない不祥事が続発。 ウチと同様に「左翼的」と呼ばれる
朝日新聞、系列のテレビ朝日が、 どちらかといえば「北京の意」を汲んだ報道が
多く、その手法が良くも悪くも緻密で計算高い のに対して、ウチの場合、この時
期に発生した数多くのトラブルは、ほとんどすべてが 朝鮮半島絡み。 不祥事の
内容も、テロを実行した朝鮮カルトの手伝いをしたオウム事件を筆頭に、 粗雑で
行き当たりばったり。 バブル崩壊以降の景気低迷で、ただでさえ厳しい広告収入
が、 「サラ金」と「パチンコ」に大きく依存。まさに、在日朝鮮人の資金で在日朝鮮
人が 運営しているのがウチの放送局。 2005年以降は、もっと露骨なカタチで
在日のスターを「作り上げる」ような番組制作が 為されると思う。


このように各TV局は無試験入社で在日韓国朝鮮人の採用を毎年 続けました。
もちろん在日朝鮮人たちは日本戸籍をとり日本名で入ってきます。 いわゆる
「なりすまし日本人です」。 その在日韓国朝鮮人社員が昇進して、主要な報道
番組のプロデューサーや報道局長など1980年以降、決定的な権力を持ったポス
トに、つき始めました。 すなわち、在日韓国朝鮮人に各TV局は、乗っ取られて
いると云う事です。 その証拠に、韓流ブーム捏造と韓流ゴリ推しTVが、繰り広
げられてきました。

恐怖を感じていたTBSはそれ以降、無試験入社で在日韓国朝鮮人の採用を毎年
続けました。
この脅迫で味をしめた朝鮮総連は各局のテレビ局や新聞社をTBS
と同じように因縁をつけて脅し、在日枠を設けさせたのです。NHKも同じです。
こうして在日韓国朝鮮人のなりすまし日本人によって日本のテレビ局が支配
されてしまった
のです。

在日朝鮮人は日本で生まれ、日本国籍を取り、日本名を名乗り、世界に冠た
る日本の社会福祉の恩恵を受け、教育機関の恵みに浴し、公共施設を利用し、
日本経済の繁栄の余沢に充分に預かり、そのことに対して、なんの感謝の念
を持たずに、何故 反国家の姿勢を取り、反日本の構えを見せるのか?
それが半島人=鮮人である。遺伝子のなせるわざ。

彼らに日本国籍を貰ったならば何故日本人に成らないのか?と質問したら
「国籍は変えられるが民族は変えられない」とうそぶいたそうです。

しかしすべての在日朝鮮人が彼らのように日本を憎み、日本を貶める人たち
ばかりではありません。日本社会に溶けこんで一市民として一生を終える人
たちがほとんどです。

日本のメディアを支配した在日は日本社会における「獅子身中の虫」です。
獅子の身中に住み込んで、これの恩恵を蒙っている虫が、かえって獅子の肉
を食って、ついには獅子を死に至らしめる。つまり組織などの内部にいなが
ら害をなす者や、恩を仇で返す者たちです。獅子が死ねば虫も死ぬというこ
とが何故わからないのだろうか?


日本人はこのような祖国に害をなす異民族は断固排除しなければなりません。
中国や韓国・朝鮮の工作員に成り果てた在日を排除する強い姿勢が必要です

すでに戦争が始まっています。中国と韓国の共同対日攻撃、元寇の再現です。
日本は大陸の野蛮人と総力戦が始まっていることを知るべきです。
ヤクザな中国との間に、話し合いも和解もありません。

在日に支配されたメディアは、戦争の恐怖を煽って安倍政権の足を引っ張り
退陣させる動きを活発化させています。

日本の破滅を防ぐのに必要な知識は、戦後の反日歴史観と左翼思想からの解
放です。そのためには「真実の近現代史」を知らねばなりません。

捏造された近現代史を土台にして日教組は子どもたちに、自虐史観、自虐思
想を植え付け、原爆を落とされたこと、国中を焼け野原にされたことは
すべて日本が悪いからだと洗脳してきました。また評論家や在日に支配され
たメディアは経済人と保守政治家を罵ることで、この60年、日本社会を
弱体化させてきました。

現在、左翼と保守の戦いではありません、イデオロギーの対立の時代は既に
終わっています。日本においては在日と日本人の戦いです。

戦後
うかつにも日本は獅子身中の虫に気がつかなかった。
我々日本人は「致命的なまでに油断してしまった」私はそう思えてなりません。

(個人的なことで恐縮ですが 「近現代史の旅 真実を求めて」が7中旬~8月頃
に出版されます。サブタイトルは「真実をゆがめて日本を攻撃する中国・韓国に、
もう我慢できない」です)

まあ、俺に言わせれば、TBSもマスゴミも悪いが、最悪は電通でしょうナア。

電通をここまでのさばらせたのは、かの「精神年齢12歳」のマッカーサーの進駐軍。そして、米シオニスト。そろそろ撒いた種は自分で刈ってもらうほかないですナ。

日本が太古からいかに極悪非道のアジアで苦労してきたのか?

その理由が少し分かってきたのではなかろうか?

西洋人の信じる、人類アフリカ起源説。そんなものでは通用しない人種がここアジアには存在したのである。中国韓国ではいまだに人間食っているというからナア。

元寇の時には、韓国人に日本の対馬の島民全員が陵辱された後に食われてしまったわけだからナア。「対馬の大虐殺」という事件である。日本人は敵は殺しても食うことはしなかった。死人は弔いものであって、食い物ではない。が、大陸や半島のアジア人にとっては勝手が違った。敵は食い物だったのだ。基本、いまもこれは変わっていない。食うことがだめなら陵辱するのである。執拗に婦女子をいたぶるのだ。よだれを垂らしながらヨ。この子孫がいわゆるアダルトをやっている在日韓国人というわけヨ。

血は争えない。

いやはや、極東は地獄だったんですナ。太古から。

我が国には、地獄の閻魔様という言い方があるが、この閻魔様の姿が日本人ではない。
e0171614_853263.jpg
だれがみても朝鮮の両班か、支那の王様なのである。私も子供の頃から、不思議な格好をしているなと思っていたものである。だから、おそらく昔からそういうイメージが日本人には刷り込まれたのだろう。

ほんと、この韓国朝鮮人というのはどこから来たのでしょうナア?ウリナラ星人か?宇宙から?

謎である。

おまけ:
朝日新聞の“特許、無条件で会社のもの”は誤報だった 東大教授が指摘
2014.09.04 14:55

朝日新聞が昨日公開した記事“特許、無条件で会社のもの 社員の発明巡り政府方針転換”がネット上で話題となり、『Twitter』やSNS、ネット掲示板で瞬く間に拡散。“政府は、社員が仕事で発明した特許を「社員のもの」とする特許法の規定を改め、無条件で「会社のもの」とする方針を固めた。”と書かれているが、これについて”誤報”と指摘する人物が現れた。

東京大学教授の玉井克哉氏である。「日経は”条件付き”と。”無条件”とした朝日とはまったく逆」と『Twitter』で指摘しており、また「これ、日経が正しいというより、水曜の審議会を取材して書いてるということ。朝日は敢えて当日朝に観測記事を出し、誤報に終わった。功を焦ったか、誤った見通しで世論誘導を図ったか」朝日を批判している。

しかし未だに訂正されない記事を見て玉井克哉氏が「これ、誤報ですから。訂正がいつ出るか、存じませんが」と再度ツイート。これに対して朝日新聞がどう出るか。現時点(2014年9月4日 14:30)も訂正はされていない。
問題の記事はこれ。
特許、無条件で会社のもの 社員の発明巡り政府方針転換
西尾邦明 
e0171614_972516.jpg
2014年9月3日05時45分

政府は、社員が仕事で発明した特許を「社員のもの」とする特許法の規定を改め、無条件で「会社のもの」とする方針を固めた。これまでは、十分な報償金を社員に支払うことを条件にする方向だったが、経済界の強い要望を踏まえ、こうした条件もなくす。企業に有利な制度に改まることになり、研究職の社員や労働団体は反発しそうだ。・・・
要するに、アカヒは日本社会を大混乱させたいわけですナ。捏造しているというよりは、自然にそうなるわけですナ。それが放射脳である。朝鮮脳ともいう。本人たちは異常だとは思っていないからお気の毒である。



e0171614_11282166.gif

[PR]

  by kikidoblog | 2014-09-05 08:57 | 電通コンスピラシー

スマイリー・シーからスマイリー・ケイへ:錦織圭選手96年ぶりのベスト4入り!

みなさん、こんにちは。

テニスの全米オープンでついに錦織圭選手がベストフォー入り達成の快挙。96年ぶりとか。
錦織4強!日本男子96年ぶり快挙/詳細


e0171614_14103057.png

e0171614_14101065.jpg


かつて野球の野茂英雄投手が日本人選手として初めて大リーグ入りした時、実は日本人初ではなかったことがわかり、野茂選手よりずっと昔に村上選手が大リーグで活躍したということが知られるようになった。

サッカーでもかつて1996年に、イタリアセリエAのペルージャに中田英寿選手が入団した頃、実はそれより前には三浦知良選手がブラジル・サントスFCの初の日本人選手となっていたり、1993年イタリアセリエAのジェノアCFCに初の日本人選手となっていたことが、普通の人にも分かった。

さらには、奥寺康彦選手
e0171614_12163752.jpg

私の2014年ブラジルW杯観戦記2:「君が代」斉唱で、ついに「神が降りた!」
が欧州における本当の日本人プロサッカー選手の第一号で、そればかりか、旧西ドイツの1FCケルン時代は二度優勝。ブレーメン時代には、いまの主流となった、長友選手と同じ、左サイドバックの攻守の要めのプレーの源流となったのである。
1.FCケルン時代[編集]
同年10月ドイツへ渡り、10月7日に1.FCケルンと契約を交わし正式に入団。12日にはブンデスリーガのベンチ入りを果たし、10月22日、対MSVデュイスブルク戦で先発デビューを飾った[5]。

12月20日に行われたドイツカップ準々決勝、シュバルツバイス・エッセン戦で初ゴール(2得点)、ブンデスリーガでは1978年4月8日のカイザースラウテルン戦で初ゴールを記録。名将・ヴァイスヴァイラーの下で数々の活躍をみせ、1977-78シーズンのリーグ優勝とドイツカップ優勝の二冠に貢献した。優勝を決めた試合では途中出場ながら2ゴールを挙げた。

翌1978-79シーズンのUEFAチャンピオンズカップでは準決勝に進出し、イングランドのノッティンガム・フォレストと対戦。アウェーの第1戦において貴重な同点ゴールを決め3-3のドローに追いついた[6][7]が、ホームの第2戦では0-1で破れ欧州制覇は成らなかった。

1980年にヴァイスヴァイラーがアメリカ・NASLのニューヨーク・コスモスへ移籍すると、後任監督カールハインツ・ヘダゴットの構想外となり、ベンチからも外れる。出場機会を求めて1980-81年シーズンの後半にブンデスリーガ2部所属のヘルタ・ベルリンへ移籍した。

ヴェルダー・ブレーメン時代[編集]
1部昇格に挑んでいたヘルタは最終的に昇格を逃したが、そのシーズンにヘルタに競り勝ち1部昇格を決めたヴェルダー・ブレーメンのオットー・レーハーゲル監督に認められ、翌1981-82シーズンからブレーメンに移籍する。

奥寺は左ウイングとしてブンデスリーガに渡ったが、レーハーゲルは守備的MFとしての奥寺の能力に注目した。守備の強さ、堅実なプレーに惹かれ、80年代なかばからヨーロッパの主流となった3-5-2システムの中で、奥寺は左ウイングバックという「天職」を与えられた。守備を行いながら、味方ボールとなると、ウイングそのものとなって攻撃の中核を担う。そうしたプレーはレーハーゲルをして「オク1人で他の選手の3人分の働きをしてくれる」と言わしめた。

1982年、1部1年目のブレーメンは、5位という好成績を残し、翌83年にはハンブルガーSVに次ぎ2位、そして84年5位、85年、86年と連続して2位。優勝は経験できなかったが、奥寺は最もコンスタントな選手として監督に信頼され、ファンから愛された。

ブンデスリーガには通算9年間在籍。63試合連続出場記録を樹立するなど、帰国するまでの9年間でブンデスリーガ通算235試合出場、25得点を挙げ、ヨーロッパサッカー連盟主催の国際大会ではアジア人最高となる6度出場の活躍を見せた。

話がだいぶ脇にそれたが、これと同じで、錦織選手が96年ぶりの快挙ということがわかると、

え〜〜、前にだれかいたのか?

ということになる。

実は、その人こそ教科書などに書かれた
やわらかなボール
e0171614_14282116.jpg

「やわらかなボール」が放たれたのは、1919年ウィンブルドン選手権のオールカマーズ決勝(現在の準決勝)である。対戦相手のチルデンが足を滑らせて転倒、その時にゆっくりとしたボールを返したという。チルデンが態勢を立て直し、返球がエースに。「ヘイユー!ルック!!」とチルデンがラケットで指した所、観客がスタンディング・オベーションで清水に向かって拍手をしていた。結果としてチルデンが勝ち、二人が会場を後にしたものの、その後しばらく拍手が続いたという。
という本のモデルになった清水善造さん
e0171614_14285464.jpg

であった。

相手は当時のスーパースター、
ビル・チルデン
e0171614_14304377.jpg
選手であった。

当時日本人選手が世界ランク、3、4位にいたのである。

当時の日本は軟式テニスが主流。高価なボールの硬式テニスをやるものはほとんどいなかった。清水善造さんも日本式テニスの軟式テニスから始めたという。いまでも柔らかいボールの軟式テニスでは、フォアハンドもバックハンドも同じ面で打つのが主流である。そして、コートに入れるためにトップスピンを掛ける。清水善造さんは硬式テニスになってもこの癖が抜けず、それが幸いして、1970年代のビヨルン・ボルグのようなトップスピンのロブなどを多用する変わったスタイルだった。だから西洋人には始めはからかわれたらしいが、実力が知られるようになると、「スマイリー・シー」と呼ばれる人気選手になったらしい。

さて、その頃のチルデン選手の映像がYouTubeにあったので、錦織選手を祝して、いかに昔だったかをメモしておこう。以下のものである。
Big Bill Tilden (1931)


Bill Tilden's Advanced Tennis
(昔のアメリカ人は細かったナア。やっぱりマックのせいですナ。)


おめでとう、錦織圭選手!次も頑張って!


おまけ:
その時代の韓国はというと、こんな感じだった。
テニスどころではなさそうだ。



e0171614_11282166.gif

[PR]

  by kikidoblog | 2014-09-04 14:45 | サッカー&スポーツ

ひ・ど・い、ひどすぎる:アキレタジャパンのプレーに本当にア・キ・レ・タ!

みなさん、こんにちは。

いや〜〜、ひどい。これはひどすぎる。

アキレタ創価アディダスジャパンの公式練習が始まったというが、そのシュート練習の精度があまりに低い。遊んでいるのか、ふざけているのか。なんなんだろうか?

センタリングする方もボレーシュートする方もまったくボールをヒットできない。

これでは、私のほうがはるかにうまいナア。

かつて9年ほど前に教えた阿南高専のサッカー部の方が上手ですナ。これで本当にプロなのか?それも日本代表?笑わせるな。以下の映像である。
日本代表アギーレジャパン公開練習 クロスからのシュート練習
https://www.youtube.com/watch?v=s2nSm2fgfaw

またこんなちんたらプレーをみて「ううぉー」なんて感嘆している。
ここのギャラリーは全部トウシロウか?

私なら、

ちんたらやるんじゃね〜〜!まじめにやれや〜〜!
いくらもらっていると思っているんだ〜〜!

と絶叫して檄を飛ばすはずである。俺がいなくてよかったナ。アギーレ監督よ。


そこで、女子ならもっとまともにやっているだろうと思ってINAC神戸のシュート練習を探した。が、そこでも驚くべきレベル低下。以下のものである。
なでしこリーグ2011第17節 INAC神戸 試合前のシュート練習

まともなのは澤選手だけ。若い選手の足先は全部曲がっているからボールをふかす。昔、宇宙開発といっていたやつですナ。シュートは足を膝で曲げて「くの字」でスウィングしなければならない。その時、足首はすねと一直線/になっていなければ枠には行かない。足先が_/の字になっているからまったく枠にはいらないのである。

ひどい。ひどすぎる。劣化しすぎているナア。

これが、昨今の「パス回し中心練習」
の弊害である。基本動作ができていなくても、パス回しではごまかしが効くからである。

そこで、世界の連中はどうか?これをメモしておこう。以下のものである。
■海外の反応■日本代表vsベルギー代表戦に向けたベルギーメディアの記事など
【アザールとルカクがシュートコンテストに勝利】

ベルギー代表がボレーシュートのセッションで楽しんだ。エバートンのルカクとチェルシーのアザールがこのコンテストでベストだった。動画にベルギー代表の素敵なボレーシュートのゴールがあります。

(全員がダイレクトボレーでもサイドネットを狙っていることに注目せよ!)

ジョーク:なぜか頑張るザック日本?2 柿谷余計なことするナ!

いつになれば、このレベルに行けるのか?

我々の高校生の頃のほうが、センタリングシュートは今の高校生よりもっとうまかった。この今の高校生の方がJリーグのプロ選手よりセンタリングシュートがうまい。

いったいどうなっているのかいナ?
アギーレはシュートの下手くそな選手だけピックアップしたんだろうか?

謎である。

これは意外に解任が早いかもしれませんナ。




e0171614_11282166.gif

[PR]

  by kikidoblog | 2014-09-03 22:39 | サッカー&スポーツ

本当の「闇世界」とはこれだ!:都市伝説も吹っ飛ぶ、本当のUFO伝説の数々!

みなさん、こんにちは。

いやはや、都市伝説の関が、単なる物好きバーテンダーだった
というのが、正真正銘の都市伝説だった。

が、韓国朝鮮人の話をしていると、結局は首から下の下の話にしかならない。動物なんですナ。ちょっと言葉をしゃべる動物。
【日中韓】中国人「本当の嘘つきは韓国人、日本人じゃない。疑うなら行ってみればいい」


さて、この世界は、そんなレベルをはるかに超越した事件や事実が満載である。以下のものである。
UFOs & AREA 51 - Secrets of the Black World - FEATURE FILM


UFOs & AREA 51 - Secrets of the Black World - FEATURE FILM


UFO Sightings TOP UFOs Of April 2014 Free Full Length Documentary Watch Now!


もし本当にエイリアンが来ているのなら、どうぞ韓国人を食っちゃってください。お願いします。

というところですナ。

いやはや、世も末ですナ。




e0171614_11282166.gif

[PR]

  by kikidoblog | 2014-09-03 10:29 | 反重力・UFO

Jリーグにもハリウッドにも「韓の法則」発動中!:全世界に拡散する「バカチョンカメラ」!?

もし生まれ変われるのであれば、朝鮮人や韓国人を根絶やしする殺ヒトモドキウィルスとしてこの地球に戻ってきたい。
−−井口和基博士



ブーメラン ストリート

作詞阿久悠
作曲三木たかし
唄西城秀樹

ブーメラン ブーメラン ブーメラン ブーメラン
きっとあなたは戻ってくるだろう
ブーメラン ブーメラン ブーメラン ブーメラン
きっとあなたは戻ってくるだろう

(中略)

ブーメラン ブーメラン ブーメラン ブーメラン
きっとあなたは戻ってくるだろう
ブーメラン ブーメラン ブーメラン ブーメラン
きっとあなたは戻ってくるだろう


みなさん、こんにちは。

いまでは日本人の朝鮮人研究がかなり進んだようで、
「息を吐くように嘘をつく」
「恩を仇で返す」
「火病を起こすと何をするかわからない」
「火事場泥棒」
「弱い者いじめ」
「相手に裏切られると思うと先に裏切る」
「自分個人のストレスをレイプ、暴力、放火で晴らす」
などなど、もはや常識の一つになりつつあるようですナ。

昔の人は、これを一言「バカチョン」と言ったらしい。言い得て妙であったというわけである。

ということのついでに、興味深いことをメモしておこう。

1つ目は、例の横浜マリノスの「黒人差別バナナ事件犯」の特定。
2つ目は、昨日話題になったばかりのできたてのウンコのような臭いにおいの事件である。

(あ)横浜マリノスの「黒人差別バナナ事件犯」
この事件もまた、韓国における日韓戦の旭日旗マッチポンプと似たにおいがする。多くの人は、「また例のレイプナチスのヨシフ有田の家来のしわざか」と慧眼よろしく、適確に推測したようである。
すべては最初から仕込まれていた!?:韓国と在日によるマッチポンプだった!


この推測がかなりいい線いっているという証拠をメモしておこう。

まず問題の場面のレポートはこれ。すぐに削除されるはずだから、速攻でメモ。
<バナナを振り人種差別>横浜F・マリノスのサポーター、バナナを振る!
e0171614_8141755.jpg
(左のやつは見覚えあるナ。)

このバナナ男を拡大すると、こんな顔。
e0171614_815112.png
(どこかで見覚えある?たぶん、ないだろう。)

ネット上で多くの人が、きっとシブがき隊、じゃなかった、本当にしばきたい「しばき隊」(=在日韓国人の在日特権グループ)のしわざだろうと予測していたわけである。

まず問題の映像の黒い揃いのTシャツを着た左の人物。そいつは、どうみてもこいつですナ。
右の男。
e0171614_817741.jpg
(左の男は、しばき隊&男組のメンバー山口祐二郎(=牧田祐二郎。こやつは無職なのに家持になったってのも不思議ですナ。だれに金もらったのかいな?もしかして日本政府の在日生活保護600万か?)。
新大久保デモで8人逮捕!デモ側4人とレイシストしばき隊4人・不当逮捕連発の新宿署にも抗議
反ヘイト名乗る「男組」幹部ら8人逮捕 右派系男性への暴行容疑
e0171614_835218.jpg

e0171614_8353466.jpg
(普通の日本人はこんな見るからに暴力団といっしょに行動をとることないだろうヨ。いずれにせよ、公安はいつまで有田芳生の非合法組織擁立を許しておくんでしょうナア。すでに日本人の被害者がたくさんでてきている。その内連中、井戸に毒入れるヨ。ナチスを信奉するネオナチだからナ。)

一方、右の人物はこいつだろう。
しばき隊メンバー、通名、大石則雄。
e0171614_8392777.jpg

e0171614_839762.png

まあ、いずれにせよ、戦後自民党が在日韓国人を「在日特権」というやつで最大限に「甘やかしたつけ」が今来ているんですナ。連中は、仕事がなく暇。しかし、在日年金年収600万の金がある。所得税ゼロ。(海外の人たちは知ってましたか?)だから、金があって、時間がある。仕事をする必要がない。韓国焼き肉店でカプサイシン入りのキムチと焼き肉を食っている。だから、エネルギーにあふれている。人生の目的はない。だから、そのほとばしるエネルギーを無駄に反日行為に使う。

とまあ、そういうことですナ。

ちなみに、韓国人朝鮮人にとって「憎悪」はエネルギーの源らしい。嫌われてこそ、元気が出る。そういうかなり異質な生命体なのである。

最近では、世界中にこの韓国人朝鮮人が出向いていったから、いまでは世界中でこの生命体を見ることができるはずである。

どうもエイリアンがこの地球を破滅させるために育成した人種という気がしてならない。「韓の法則」などおよそ人間技とは思えないからである。韓国朝鮮人と関わったものはみな滅亡するのである。

ところで、このバナナ事件、横浜マリノスは実名ないし通名報道していない。ましてや、最初のYouTubeで分かるように、マスゴミもわざわざ顔をピンぼけにしている。さらにマリノスへの処分もたったの500万円という軽いものだった。

ということは、横浜マリノスとマスゴミと有田芳生のしばかれ隊が、本国の韓国からの指令でわざわざ仕組んだという可能性が捨てきれない。なぜなら、横浜マリノスの社長がこれまた熊本出身の嘉悦朗という社長だからである。出来レース、マッチポンプですナ。アカヒ新聞が沈没した後は、マリノスで工作を仕掛ける。そしてJリーグを血祭りにせよ。そんな思惑が見える。

いずれにせよ、在日韓国人が犯人だったなら、犯人は日本人ではなかったと公表すべきである。さもなくば、朝日の「従軍慰安婦」「南京大虐殺」「関東大虐殺」などと同じく、再び日本人サポーターがその朝鮮人の起こした汚名を着せられることになるからである。「やった方がやたれた方の振りをする」これもまた韓国人の性癖である。

まあ、いずれ事実が分かってくることでしょうナア。


(い)次はハリウッドの画像流出事件。
iCloudがハッキング被害? 米女優ヌード写真拡散

朝日新聞デジタル 9月1日(月)9時48分配信
e0171614_8574563.jpg

アップルのクラウドサービス「iCloud(iクラウド)」がハッキングされ、アカデミー賞女優ジェニファー・ローレンスさんを含む複数の女優やモデルなどのヌード写真などが画像・動画投稿サイトに投稿されたと、31日、米メディアなどが報じた。

ネットメディアなどの報道によると、投稿された写真はアップルのクラウドサービス「iCloud」に保存されていたもので、ローレンスさんの代理人が、ローレンスさんの写真は本物だと確認したという。

ほかにも、複数の女優やモデルのものとされる写真がサイトに掲載されており、ハッカーは写真を入手した著名人のリストを公開し、掲載をやめる代わりに仮想通貨「ビットコイン」を要求している。
アップルはコメントしていない。

この事件を早々に発信したのが、これまた朝日新聞だったというから興味深い。韓国の朝鮮朝日日本支社。

いまやサムスンは利益99.5%が減益で、ほとんど経常利益がない状態に陥っているという。
(朝鮮日報日本語版) 韓国IT部品メーカー上場99銘柄の営業利益99.65%減
朝鮮日報日本語版 9月2日(火)8時25分配信


 今年上半期の韓国の上場企業による売上高と営業利益がいずれも前年同期を下回った。また、上場企業の第2四半期(4-6月)の営業利益は第1四半期(1-3月)に比べ2桁台の減少だった。

 韓国取引所と韓国上場会社協議会が有価証券市場(メーンボードに相当)の12月決算企業のうち、海外子会社や非上場系列会社の業績を含む連結財務諸表を提出した439社の今年上半期の売上高を集計した結果、前年同期比0.15%減の906兆7437億ウォン(約93兆4000億円)だった。営業利益は11.73%減の48兆7506億ウォン(約5億円)だった。

 収益性を示す営業利益率(売上高に占める営業利益の割合)は前年同期の6.08%から5.38%へと低下した。

 時価総額トップのサムスン電子は、スマートフォン販売の低迷で売上高と営業利益が大幅に減り、上場企業全体に占める割合が低下した。昨年上半期にサムスン電子は上場企業全体の売上高の11.87%、純利益の40.93%を占めたが、今年上半期は売上高の11.69%、純利益の36.89%へと低下した。

 サムスン電子の業績不振を受け、店頭市場コスダックに上場している中小IT部品メーカー(99銘柄)の第2四半期の営業利益は合計で4億ウォン(約4100万円)にとどまり、第1四半期の1176億ウォン(約121億円)に比べ99.65%も減少した。

サムスンはもはや倒産直前である。

そんな矢先のi-Phone潰し。

さもありなん。見え見えですナ。韓国KCIAの仕業だろう。

だいたい、ソフトバンクのサーバーはすでにソウルにある(と考えられている)。同じく、LINEのサーバーもそうである。日本や世界中の在日韓国人系+韓国人系の企業のサーバーが韓国にあると見て良い。

だから、ハッキングなど超簡単なのである。その企業に強制すればいいからである。

ところが、どうやら、USAはそれを待っていた感がある。

きたーーー!

という感じである。

たぶん、ハリウッド女優も織り込み済みだろう。なぜならハリウッドは偽ユダヤ人の作った広報部である。言い換えれば、偽ユダヤ人のヤクザが仕切っている世界である。ましてやハリウッド映画のほぼ100%はペンタゴンがセリフの一字一句を検閲しているという時代なのである。ペンタゴンだよ、ペンタゴン!

つまり、シオニストや偽ユダヤやNWOの白人ヤクザに、朝鮮人韓国人ヤクザが喧嘩をふっかけた。

虎のしっぽを踏んだ

のである。

これはある意味観ものである。

韓国のことわざにある、
他人の家の火事を見物しない君子はいない
という状況に陥りそうである。

すでに即座にFBIとNSAとCIAが動いた。

ロシアの仕業か、韓国の仕業か?はてまた中国の仕業か?

その辺を見極めようとしているに違いないが、NWOとしてロシアの仕業であって欲しいのかもしれないが、なんと韓国サムスンだったということになると、がっかりするに違いないですナ。

いやはや、世も末ですナ。


おまけ:
超怪しい話もついでにメモしておこう。以下のものである。
韓国に愛想を尽かして海外永住する韓国人が急増中

2014年8月29日、人民網によると、シンガポール華字紙・聯合早報は、セウォル号の一件から韓国で移民を希望する人が急増していると伝えた。

韓国外交部によると、欧州各国で永住権を取得する韓国人が増加している。2013年にデンマークに暮らす韓国人は538人で、2011年の293人から83.6%も増えている。これは、永住権の取得などで長期定住する韓国人の割合が、3倍近く増加したことが大きな要因となっている。オランダでは、永住権を取得した韓国人が2年間で38.9%増加。ノルウェーでは26%増えている。

韓国の移民交流サイトには、北欧移民に関する質問が毎日寄せられる。デンマークの技術移民や、7000万~1億ウォン(約700万~1000万円)の財政保証で得られるスウェーデンの事業移民に関する質問が多い。専門家は「北欧の場合、医師や工学博士などの専門職は受け入れられやすい」と指摘する。

一方、米国やカナダを移民先に選ぶ韓国人は減少傾向にあるという。移民仲介会社の経営者は、「これまで米国、カナダ、豪州への移民を主に取り扱っていたが、最近では業務の約半分が北欧に移った。特にセウォル号の件が起きてからは移民相談が2倍以上増えた。相談に来る人はみな、韓国社会に対する失望から移民を決めたと漏らす」と述べた。(翻訳/本郷・編集/TK)
韓国マスゴミは北朝鮮同様に緘口令を敷いているから、ひょっとしたらすでに韓国にエボラが蔓延し始めたのではなかろうか?経済問題もあるかもしれないが、あまりに唐突感がいなめない。韓国でエボラがパンデミックになれば、あっという間に世界中に逃げまわるから、世界中に飛び火するだろう。NWOはそれを分かっているにちがいない。



e0171614_11282166.gif

[PR]

  by kikidoblog | 2014-09-03 09:22 | 韓国・ウリナラ・法則

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE