<   2015年 10月 ( 34 )   > この月の画像一覧

 

「長生きは三文の得」2:ベル博士の大発明もプレアデス星人セミオーシからだった!

e0171614_15285436.jpg

"Now it's up to you to decide if the Billy Meier UFO contacts are the biggest hoax,
or the most important story in all of human history."
(さて、ビリー・マイヤーのUFO接近遭遇が史上最大のウソっぱちか、
人類史のすべてにおける最も重要な出来事かを決めるのはあなた次第です。)

「真実の静かなる革命:外宇宙からのUFOと予言」:ビリー・マイヤー物語


みなさん、こんにちは。

先日メモした
「長生きは三文の得」:It's time to tell you! ついに来た〜〜!UFO暴露の数々!
の中のフレッド・ベル博士は実に興味深い人物だった。

私が知る限り、月刊ムーにも、都市伝説にも、矢追純一の番組にも、コンノケンイチの本にも、これまでどこにも出て来たことが無かった博士であると思う。せいぜいボブ・ラザー博士程度だっただろう。

このグラハム・ベルの子孫であるフレッド・ベル博士の以下のものが実に興味深かったので、今回はこれをメモしておこう。

(あ)放射送信装置
Dr. Fred Bell on Radionic Transmission Devices - Part One
e0171614_826573.png



ここでは、「スカラーウェーブ」(=「スカラー波」=電磁場の縦波成分)のことはごく当たり前のこととして出て来る。問題は、いかにそれを集めるか、伝達するか、というのがこの講演の主目的である。

このスカラー波を伝達するために作った装置が非常にバックミンスター・フラーの作った建築物に似ているのが興味深い。


(い)UFOとの遭遇、ET生命体は存在する&政府の隠蔽工作
UFO Encounters, Dr. Fred Bell. ET Life Exists & Government Cover-up
e0171614_83245.png



これらは翻訳ボタンで日本語にも翻訳できるので、おおまかな内容を理解できるだろう。

このインタビューは実に興味深く、このフレッド・ベル博士が遭遇したエイリアンは、プレアデス星人であった。つまり、プレアデス星団方面から来た北欧人型(ノルディック型)の金髪碧眼の宇宙人である。

ベルが言うには、彼らプレアデス人が地球に来たのは1971年〜1989年頃で、自分は1973年にはじめて会ったという。(ちなみに私がユタ大に留学したのは1986年〜1990年だから、ひょっとしたらプレアデス星人とどこかで出会っていたという可能性もあるかもナア。)

それ以来、彼らの科学技術をリバースエンジニアリングで地球に実現することがベル博士の研究テーマだったというのである。

そこで出会ったプレアデス人の名前が、なんと「セミオーシ」だったという。驚きである。なぜならセミオーシ(あるいは、セミオーゼということがあるが)は、あのビリー・マイヤーがUFOに乗せてもらった時の相手だったからだ。(ビリー・マイヤーあるいはセミオーシでブログ内検索)

つまり、1970年代当時金髪碧眼種族のプレアデス人がこの地球にやってきた。そしてその頃、彼らのスピリチュアル精神を地上の何人もの人物たちに別々に伝達したらしい。その一人がスイス人のビリー・マイヤーであり、アメリカのフレッド・ベル博士だったということになる。

というのも、彼らプレアデス人とコンタクトするにはかなりのテレパシー能力が必要であったからのようである。言葉ではなく意思疎通するにはそういう能力が必須であり、たまたまマイヤーやベル博士は幼少の頃からそういう能力が発揮されていたために小さい頃から接触する相手としてマークされていたようである。

成人になったマイヤーは、軍人になり、精神的にも肉体的にも強靭な人物に成長した。だから、UFOに搭乗する相手に選ばれたのかもしれない。

また、一方のフレッド・ベルは14歳からミシガン大に入学する天才であり、その後米政府の秘密の特殊研究部門の科学者となった。だから、ベル博士にはプレアデス星人の科学技術を伝授するための人物に選ばれたのかもしれない。

こういうような事情で、ベル博士は1970年代から89年頃まで何らかのエイリアン的存在とコンタクトを取り、さまざまな科学的装置を発明して行ったという。

そんなものに、以下のような発明があるというのである。
レーザー光によってエンジェル(天使)的存在を引き寄せる技術
e0171614_8585325.png

e0171614_8585528.png

反重力エンジン
e0171614_8593627.png

e0171614_8594088.png

若き日のベル博士
e0171614_9462771.jpg
(頭のかぶり物に注目!まるでエメット・ブラウン博士のようだろ。)
e0171614_1010718.jpg


プレアデスの円盤
e0171614_8595370.png
e0171614_98663.png

この円盤の最後の写真はつい最近関西テレビが番組撮影中に偶然神戸上空で撮影したものに非常に似ている。

エボラ出血熱やインフルなどにかからないためのお薬。

シルバー主成分の免疫増強剤=抗菌ハーブ=シルバー+葡萄からの抽出成分とか
e0171614_901423.png

これは実は千年以上も前から知られた事実の応用であったという。かつて中国人が航海する時に、飲料水を確保しなければならなかったが、細菌繁殖を抑制するために、偶然水樽の中に銀貨を入れておくと良いことを発見したからだという。それと同様に、抗菌作用にはシルバーが非常に有効だから、免疫を高める自然ハーブとシルバーを混合したような液体らしい。

放射能の影響を減らすサプルメント

Electro tropyn
e0171614_951799.png

これは、第二次世界大戦後に米軍が広島長崎の原爆地を訪れた際、爆心地付近で被爆したのにほとんど無傷だった日本人と爆心地から30kmも離れていたのに放射線障害に陥った日本人の差は一体何かを研究することから判明した技術だという。

保江邦夫博士との拙著
物理で語り尽くすUFO・あの世・神様の世界 アインシュタイン、マックスウェル、ディラック、シュレーディンガーさえも超えて
e0171614_9251428.jpg

「世紀の”謎の”対談本」ついに完成!:物理で語り尽くしたこの世とあの世のすべて!
の最初の方に広島の被爆者の話で、ミネラル豊富な濃厚なみそ汁を飲んだり、米麹による清酒を飲んだ人たちでまったく原爆後遺症にならなかった人たちが多くいたという事実のことが出ている。

ベル博士の話はこの話に符合する。

というわけで、被爆や放射線障害の除去も体内の電磁場、特に電圧や電気の問題であり、ミネラルが体内にたくさん存在すると、その金属原子の電荷のせいで、脳が高電位になり、脳からたくさんのホルモンが分泌されては放射線被爆の影響を非常に和らげ除去するというのである。

だから、そういうミネラルの多い健康剤を作ったというのである。

被爆したと思ったら、非常に濃いみそ汁を飲む(決して濃い塩水を飲むのではない!)。清酒やどぶろくを飲む。これが非常に身体を守るということになる。

Pure Staff
e0171614_95525.png


これは、体内の自然なホルモンを増やすようなサプルメントだという。ステロイドのような人工的に作ったものを体内に入れるのではなく、身体が自ら生成するホルモンを増やし、脂肪を筋肉に置き換えるようなものだという。今の所、アスレチックジムのような場所にしかないが、一般人にも広めるべきだという話である。というのも、アメリカ人は太り過ぎだからだと。

こういったことをフレッド・ベル博士はプレアデス人から学んだというのである。


さらに面白いのは、最初の(あ)の講演のパート3〜4の方にある話で、スピリチュアルの人たちが「アカシックレコード」と言うようなものはいったいどこに記録されるのかというと、実は結晶=クリスタルの中だったというのである。

思考は全部電気的なものであり、その電気は電圧と関係し、その電圧は電気力線と関係する。電気力線は宇宙に伸びて繋がっているから、その電気力線は結晶にも繋がっている。その結晶内の電気とのやり取りとして、この世界中の出来事は岩石内や鉱物内や地球内部や宇宙に存在する結晶に静かに記録されているというのである。

だから、精神活動を補助する意味でも結晶を身につけるのは身体にも精神にも脳にも実に良いことなのだという。これをプレアデス人から知ったというのである。

というわけで、見た目はどうもかなりサイキックなスピリチュアルな人の
風景
e0171614_9403393.jpg

バリ島でスピリチュアル体験~バリアンとは?~
に似て来るのである。が、その理由がどうやらこういうことらしい。

いわゆるパワースポットとか、パワーストーンとか、そういうものが存在する場所や物質も実は内部の結晶にあるということなのである。

我が家の先祖は元来ずっと甲府の宝石商。つまり、甲府の水晶加工業をやっていたのだが、水晶やクォーツ、オパールやルビーやダイヤモンド。なぜかスピリチュアルな人たちが宝石を好む。

この理由も電気とミネラルとアカシックレコードの未知なる関係のおかげだったということのようである。

実に興味深い。


それにしても1970年代から1980年代にわたってプレアデス人が地球に来ていたというのは本当だったんですナ。

いや〜〜、ビリー・マイヤーの円盤搭乗機をもう一度読み直すしかないですナ。

しかしながら、このフレッド・ベル博士も2011年9月に何ものかにより暗殺されてしまったのである。享年68歳。

ご冥福をお祈り致します。合掌。RIP.



e0171614_11282166.gif

[PR]

  by Kikidoblog | 2015-10-05 09:51 | グリア・シリウス暴露

「長生きは三文の得」:It's time to tell you! ついに来た〜〜!UFO暴露の数々!

みなさん、こんにちは。

昨今は、遅れたアジアの特アこと中国韓国の反日攻勢が激しくなり、かつ、中東発か欧州発か北米発かあるいは極東発の第三次世界大戦の可能性が高くなったから、あまりここ本来のUFOやら反重力エンジンなどの話をメモする機会が減っていた。

そこで、久しぶりにYouTubeでそういうUFO関係を見てみると、なんとかのスチーブン・グリア博士に端を発したUFO暴露プロジェクトがどんどん先を行っていたのである。

我が国では国営放送から始まったNHKが今や売国の暗黒面シスに乗っ取られているから(もちろん、朝鮮人のことだが)、UFO関連も朝鮮電通から眉唾物扱い命令が出されているらしく、世の不思議はすべてインチキだ路線のオンパレードである。

例えば、出来の悪かった東大生の典型、茂木健一郎およびその相棒の竹内薫とで、マスゴミ関係を走破してしまったようである。ろくな研究実績も何もないにもかかわらず、視聴者のトウシロウを胡麻かして煙に巻く悪の典型例だが、そういう連中こそ暗黒面の電通博報堂好みなのである。

ところで、雑誌「ムー」なんか買って読んでも、金のムーだ。金の無駄ですヨ。シリウス暴露プロジェクトのインタビューの前には「ム力」である。

我が国がそんな感じで汚染されている間、欧米、特にアメリカでは、グリア博士の信奉者がどんどんインサイダーから出て来て、今では「シリウス暴露プロジェクト」が立ち上がっている。

映画「シリウス」は有名になったが、、その後、SiriusdIsclosure.comまでできているのである。

そのシリウス暴露.comのインタビュー番組のいくつかが実に興味深いので、ここにも日本初公開(かもしれない)でメモしておこう。以下のものである。

(あ)Dr. Fred Bell。フレッド・ベル博士。
この人は電話を発明したグラハム・ベルの直系の子孫であり、14歳でミシガン大学に入学した天才である。が、かのMKウルトラ(マインドコントロール)計画の実験生となった人物でもある(マクモニーグルもその一人として有名である)。その後、研究者となって裏NASAの研究者となり、反重力エンジンや空飛ぶ円盤の研究者となった。

この博士のインタビューはすでにたくさんある。要チェックの人物である。

しかしながら、「陰謀論」の番組を持つジェシー・ベンチュラの収録後に突然死去した。
Jesse Ventura Death Ray Conspiracy PRIVATE INVESTIGATION with Dr. Fred Bell family interview preview


この謎の死をめぐり、かなりベンチュラは暗黒面のエージェントではないかと大いなる疑いがかかり始めたようでもある。いまもこの話題は尽きない。

さて、問題のインタビューは以下のものである。
Dr. Fred Bell on Veritas Radio | The Inside Track...From Beyond [Encore] | Part 1 of 2
e0171614_2230670.png



(い)Dr. Mark McCandlish。マーク・マッカンディッシュ博士。
この人は、ロッキード社の秘密の最先端航空機研究所、通称スカンク・ワークスのリーダーだったベン・リッチ
Ben Rich on 60 Minutes
e0171614_22282974.png

のことを詳細に知っている人物である。(ちなみに、ベン・リッチでブログ内検索)

Mark McCandlish Secret Space Program, Ben Rich Skunk Works, Frozen Time FarOutRadio 8.11.14


(う)Dr.Don Phillips。ドン・フィリップス博士。
この学者は、長年米軍やCIAとタイアップして秘密プロジェクトで空飛ぶ円盤技術を研究して来た正真正銘のインサイダーである。

ロスウェルのUFO墜落事件が契機になってアメリカの秘密の研究プロジェクトが発足したこと。そのUFOの破片から得られた様々な物質や装置や回路を基にして、リバース・エンジニアリングでさまざまなハイテク装置を作ったこと。光ファイバー、レーザー、形状記憶合金、半導体集積回路などなど。(リバース・エンジニアリングでブログ内検索)

こういった装置がどのように生まれたか、反重力はどういう原理を基にしているかなどの話が突如として登場する。

ニコラ・テスラのテスラコイルの中に光ファイバーを入れて、その中にレーザー光を通すと、磁場と光の相乗効果により、時間の進みが変化する。そういう効果を発見したというのだ。

そんな話が満載のインタビューである。必見である。以下のものである。
(MIND BLOWING)Lockheed Skunkworks employee speaks out "Technology from Extraterrestrials"
e0171614_22273489.png



(え)Dr. Robert Wood。ロバート・ウッド博士。
ついでに、ロバート・ウッド博士のインタビューもメモしておこう。以下のものである。
Dr. Robert Wood - A SCIENTIST'S PERSPECTIVE ON ET VISITATIONS
e0171614_22422710.png



さて、これらのインタビューを見て、驚くべきことは、これらの人の口から出てくる内容が、私の「ニコラ・テスラが本当に伝えたかった。。。(下)」
「ニコラ・テスラの風が吹いている」?2:いよいよ下巻が発売予定!

e0171614_2074491.jpg

e0171614_20183020.jpg

書名:「ニコラ・テスラが本当に伝えたかった宇宙の超しくみ 下」
で書いたことと一致していたことである。つまり、私が書いたことが、分析したことが、100%事実だったということである。


ベン・リッチが死の直前に教えてくれたように、すでに米国の科学者は、「エイリアンを家に連れて行く乗り物」を発明して所有しているということである。

We can take aliens home!

なのである。


いや〜〜、面白くなって来ましたヨ。長生きは三文の得ですナ。




e0171614_11282166.gif

[PR]

  by Kikidoblog | 2015-10-02 22:37 | グリア・シリウス暴露

自民・稲田政調会長の米シンクタンクで講演→稲田朋美議員、頭大丈夫!?

みなさん、こんにちは。

いや〜〜、これは痛い。

俺は自民党の稲田朋美議員というのは、ある意味”特ア”の「スリーパー」ではないのか?と疑っているのである。やはり、ちょっと前までトウシロウの一般人が政治家になるというのは考えものである。

なぜなら徐々に地位が上がるとともに、事大して行き、大事な場所でどうしようもないことをしでかしてくれる。陰謀暴露論、陰謀論のいろはも知らずにこの権謀術数渦巻くこの世界の政治はできないからである。

せっかくの一見良い政治家、それも後々、安倍晋三首相の後がまになるのではないかとさえ噂されている女性がこれである。一応それをメモしておこう。以下のものである。

自民・稲田政調会長「真のチャンピオンは倒れても立ち上がる人」 米シンクタンクで講演(全文)
e0171614_185224100.jpg

 米国を訪問している自民党の稲田朋美政調会長が9月30日に米ワシントンのシンクタンク、戦略国際問題研究所(CSIS)で行った講演の内容(和訳)は以下の通り。

 「みなさん、こんにちは。自民党政調会長の稲田朋美です。自民党の政策責任者をしています。私の父は英語の教師でしたが、私の英語、分かりますか。私の英語は完璧ではないでしょう。でも、10年、政治家をやって、私のスピーチに欠かせないものが何かは知っています。それはビジョンと情熱と、このメガネです。2年前には、日本ベストメガネドレッサー賞も受賞しています。このことは後でも触れたいと思います。」

 「まず、安倍晋三政権の実績からお話ししたいと思います。今日は、3つの分野を強調します。それは、経済・財政に関する決断、外交、そして女性の活躍です」

 「政権を取り戻して、私たちが最初に取り組んだのが日本経済の再生です。ご存じの通り、私たちはアベノミクスとして知られる政策を進めています。金融緩和、財政出動、そして構造改革の3本の矢により、15年以上に及ぶデフレからようやく脱却しつつあり、税収は毎年予想を上回る勢いです」

 「私は第2次安倍内閣で規制改革担当相に就任し、精力的に規制改革を進めました。大きな課題の1つは、60年ぶりの日本の農協改革でした。それまでは農業団体は自民党の最大の応援団でした。その構図を根本から変えたのです。新しい制度の下では、農業団体は単なる圧力団体ではありません。彼らは今、新鮮な農作物をできるだけ高く販売し、肥料や農機具をできるだけ安く届けるという適切な使命を追求しています」

「そして政府も、補助金により農業者の所得を補償するのではなく、販路拡大や輸出拡大で農家の所得を増やす政策を推し進めるのです。日本の農業は強くなり、しっかりとTPP(環太平洋戦略的経済連携協定)の影響に対応するでしょう」

 「もう1つの課題は、2014年4月に実施した消費税の5%から8%への引き上げでした。そして、2017年4月には10%に引き上げます。私自身、自民党内に『財政再建に関する特命委員会』を立ち上げました。この委員会は持続可能な社会保障のフレームワークを策定し、歳出改革の政策を提示しました。将来世代の負担を先送りしてはいけません。経済成長なくして財政再建はありません。また、構造改革なくして財政再建はないのです」

 「最も重要なことは、単に次の選挙を心配して、喫緊の改革を延期しないことです。ユンケル欧州委員会委員長は次の通り述べています。『私たちは何をすべきか知っています。ただ、それを実施した後に、選挙で再選されるすべを知らないのです』」

 「次は外交です。安倍首相の外交政策の核心は、国際協調主義に基づく積極的平和主義、そして人間の安全保障です。日本の外交政策の主要な柱の1つは、日米同盟の強化です。安倍首相は米国議会演説で『希望の同盟』といいました。日米安保条約に基づく米国の力強いコミットメント、米軍一人一人の献身に感謝します。2週間前、安倍政権は平和安全法制を成立させました。これにより日本は国際社会の平和に、より大きな貢献ができるようになり、日米同盟は強化されます。日本はもはや傍観者ではありません」
「私たちは『人間の安全保障』という考え方を非常に重視しています。私たちは、世界中のすべての人々が、平和で安全に暮らせる社会をつくりたい。例えば、世界中のすべての子供たちが安心して学校に通って、勉強できるようにしたいと考えています」

 「日本政府は今年3月に女子教育支援分野で2015年からの3年間で420億円、3.5億ドルのODA(政府開発援助)を実施することにコミットしました。私たちは世界中での貢献を継続します。日本は国連においては、過去20年間で14のPKO(国連平和維持活動)のミッションに延べ1万人以上を派遣してきました。法の支配の促進は私たちの優先的な課題です。アジアの8カ国において、グッドガバナンスの確立や投資・ビジネス環境の整備への支援を行っています」

 「女性活躍も大きな課題です。最近、私たちは女性の社会進出を促進するため、新しい法律を制定しました。この法律により、企業は女性の採用、登用、能力開発などのための行動計画を策定しなければなりません」

 「私が弁護士になったのは約30年前です。私が弁護士事務所で職探しを始めたのは25歳の時ですが、若い女性を雇う会社はありませんでした。私の夫は、私と同時期に司法試験に受かりましたが、数え切れないオファーを受けていました。しかし、私は女性であるがゆえに何のオファーもなかったのです。少なくとも、私はそう信じていました」

 「結局、私はある弁護士事務所から、少なくとも5年間は結婚しないという条件付きでオファーを受けました。現在、そのような条件付けを行われることは、想像すらできません」

「しかし、日本の男女平等の指数は世界142カ国中104位です。これは、企業における管理職割合と政治参画が惨澹たる結果だからです。女性の国会議員はわずか10%です。私はちょうど10年前に政治家になりました。私は、自身の選挙区から選出された59年ぶりの女性衆院議員です」

 「日本にはM字カーブという言葉があります。女性が結婚や出産を機に仕事をやめ、子供が成長してからようやく仕事に戻るので、子育て世代の女性の就業数が減ってしまい、Mの字になるということを表しています。これらの女性にどのようにフルタイムの雇用に戻ってもらうかが大きな課題です」

 「女性活躍の政策は、女性のためのものではありません。私は行革担当相のときに、多様な働き方を推進する社会をつくるために、勤務時間の改革を提唱しました。何時間働いたかではなく、何を成し遂げたかで評価しなければなりません。女性が働きやすくするためだけではなく、男性がより充実した人生を送るために、ワークライフバランスを評価するメカニズムも必要です」

 「8月末には東京で、女性が輝く社会に向けた国際シンポジウムの第2回会合を開きました。女性の活躍を支援するため、国民の意識を高め、世界のグッド・プラクティスを共有する取り組みを世界にも広めたいと思っています」

 「次に、日本の将来に向けた課題についてお話しします。これまでに経済・財政政策、外交、女性の活躍についてお話ししましたので、文化と青少年交流に焦点を当てたいと思います。日本の豊かな伝統や文化は、これまでも海外において大きな関心を集めてきました。私は初代の『クールジャパン』戦略担当相として、さまざまな活動を始めましたが、多くの外国の人々が日本に対する理解や親近感を深めてもらい、うれしく思います」

「クールジャパンの使命は何かというと、技術や細部にこだわる日本人の国民性を駆使し、世界の課題をクリエーティブに解決することだと思っています。クールジャパンはそれぞれの個人が考える日本の良さを発信する運動でもあります」

 「私の地元、福井は有名なメガネの産地です。私がクールジャパン戦略担当相に任命されてからまず行ったのは、メガネをかけることでした。私は視力がよいのですが、地元の特産品を宣伝するために、洋服に合わせるアクセサリーとしてメガネをかけるようにしています。17本のメガネを持っていますし、メガネのベストドレッサー賞もいただきました」

 「もう1つの課題は青少年の交流、とりわけ韓国や中国といった近隣諸国との青少年交流を強化し、将来の世代間の絆を強化することです。若者はソーシャルメディアを通じてさまざまな情報に接しています。その中で、人々は世界で起こっていることに大きな関心を持つようになる半面、事実に基づかない情報、偏ったイメージに基づく誤解も増えているのではないでしょうか。日本に来た中国、韓国の留学生の9割が日本に好印象を持って母国に帰るという調査結果もあります

 「人々の直接の接触を通じて感動を共有することができ、それが相互理解、相互信頼につながる。未来を担う青少年の交流を一層促進していきたいと思っています。日米間では、多くの米国の若者が英語の教師として日本に滞在するJETプログラムが相互理解に大きな功績を残しています。こういった青少年をはじめとする交流を続けることで、日本と中国、韓国との間の困難な問題も解決することができると確信しています

「次に、私の政治信条は『伝統と創造』です。真の改革とは、伝統を守りながら新しいものをつくることです。伝統なき創造は空虚、しかし創造なき伝統は枯渇なのです。守るべきものは守らなければなりません。また、この目標を達成するために、継続した改革が必要なのです」

 「日本はすべての人にチャンスが与えられる社会となるために、引き続き努力しなければなりません。安倍首相は生きる証です。安倍首相は2006年9月に首相に就任しましたが、翌年の9月に病気のために辞任しました。首相は厳しく批判され、だれも彼が再び首相になるとは思いもしませんでした」

 「しかし、安倍首相は2012年に自民党総裁選に立候補しました。私は安倍首相の決断を強く支持しました。そして、安倍首相は総裁選で奇跡的に勝利を収めたのです。真のチャンピオンは倒れない人ではなく、倒れても立ち上がる人。私はそういう人々を応援したいと思います」

 「私は余裕のある人生を送っている者は、弱者を助ける義務があると考えています。生まれた場所や出自にかかわりなく、等しく教育を受ける権利や、病気になれば治療を受けることができる権利が保障されなければいけません。日本の皆保険制度は世界に誇る制度であり、この制度を持続可能なものにするために、社会保障改革が必要なのです」

 「すべての人を平等に尊重し、自分の生き方を決めることができる社会をつくることに取り組みます。個人は生まれつきさまざまな特徴を備えています。そのことを理由としてその人が社会的不利益や差別を受けることがあってはなりません。保守政治家と位置付けられる私ですが、LGBT(性的少数者)への偏見をなくす政策をとるべきと考えています」

「日本は単なる経済大国から『道義大国』へと深化すべきだと思います。道義大国とは、自由で民主的な国、高い道徳性と倫理観で世界から尊敬され、評価される国です。世界のすべての人々が平和で安全で幸せに暮らせる社会を目指して積極的に貢献する国です」

 「東日本大震災の際に、多くの人々が他の方々の命を救うために命をささげました。世界中の人々が、震災を生き延びた人々の行動や彼らが大きな課題に静かに対応できるその能力に、感銘を受けたのです」

 「日本は非常に低い出生率と高齢化、エネルギー問題、大胆な財政再建の必要性など、多くの社会的問題に直面する世界で初めての国の1つです。私は日本が共通の課題に対する解決策を他の国々に提示するようになれば、世界中で尊敬される国になることを確信しています」

 「この目的を達成するために、日本国民全体が国の課題を他人の問題ではなく、自身の課題として受け入れ、その解決に積極的に取り組まなくてはなりません。日本は将来は参加型の社会をつくる使命の中にあります。この精神は、ジョン・F・ケネディ元大統領が有名な就任演説で呼びかけられたものです。『国が何をしてくれるかではなく、国のために何ができるかを考えよう』」

 「本日は私の個人的な考え方を披露しましたが、私は米国において保守派と位置付けられるのでしょうか。自民党は日本の保守政党ですが、その思想は多様です。大事なことは、個人個人の個性を評価し、潜在能力を完全に発揮できるように支援する社会をつくること。また、一生懸命に努力し、成功する人を評価し、努力しても成功しない、または成功できない人を支援する社会をつくることです」

 「米国の政治家の方々も、この考えを共有する方々は多いのではないでしょうか。今後とも一政治家として、『伝統と創造』の理念で日本の改革を進めることにより安倍政権を支えていきます。そして、日米同盟の強化のために、私自身の役割を果たしていきたいと考えています。ご清聴、ありがとうございました」

いやはや、この後に及んでも自民党の有力政治家にこんな唐変木なことを言う御仁が絶えない。

では、今現在の世論はどうか?

この稲田さんのいうようなことがリアルかどうか?これを見る必要がある。

ちょうど良いものを見つけたのでそれをメモすると、今現在で、日韓、日中のお互いの認識はこんな感じであるという。以下のアンケート調査である。
世界の人に聞いてみた。

あなたの嫌いな国は?
e0171614_18593129.png

あなたの好きな国は?
e0171614_18584751.png

韓国「日本は世界の嫌われ者!」 → 実際に世界にアンケートを採ってみた結果……より

つまり、壮絶なる戦後70年に及ぶ、韓国と中国の洗脳教育により、中韓の国民は、日本文化や日本文明に関心があるのではなく、単に日本の物資、物質、食材、土地、水源などに興味があるだけ。

あとはそれらをいかに奪い取るか、かすめ取るか、これしかない。

おまけに海外では、すでに従軍慰安婦問題はその証拠皆無という、アメリカ国の証明済みであるにも関わらず、相も変わらずのプロパガンダで現地日本人に辛酸をなめさせ続けている。

どうやれば、この稲田朋美のような見解が出るのであろうか?

福井も日本海側だから、石川、新潟、山形、島根、鳥取と、朝鮮人密輸、不法侵入ルートに入る。したがって、裏日本、日本海側では拉致被害も多いし、背乗り、成り済まし、在日、帰化人も実に多いことが分かっている。

ひょっとしてこの御仁もそんな1人かと思わせかねないトークであった。

安倍首相のサポートする地位にいて、安倍首相といっしょにアメリカに行って、そこでこんな不可能の提案をするというのは、最近の安倍首相の「1億人活用プラン」という不可能政策と同じである。

女性のM字開脚ならぬ、「M字曲線」を言って米人の評判を取りたかったのだろうが、欧州やアメリカなど白人社会では、基本的に奥さんが働くのは貧民の象徴なのである。妻は家庭で子供の教育にいそしむ。これが白人保守層の通念である。

だから、ブッシュ大統領の奥さんも単なる主婦だし、オバマ大統領夫人も主婦である(オバマ夫人は性転換手術した男性だった女性という話だが)。

IT長者のビルゲイツの奥さんも基本主婦だったし、ジョブズの奥さんもそうである。

要するに、アメリカの中流階級が減り、中流白人層の家庭の主婦が減ったのである。その結果として、夫婦共働きしなければならない貧困層が大量に生まれたのである。

子育てをするには母性が大事なことはすでに科学的生物学的に証明済みである。母親に母性が生まれるためには、安定した家庭が必須である。安定した家庭を作るには、女性は子育て時代は主婦である必要がある。子育ての間主婦でいられるためには、その間だんなが正規雇用のサラリーマン以上である必要がある。

夫婦共働きで、家庭の主婦を減らして働かせること。これと子供を増やすこと、健全な家庭を増やすことは両立しないのである。つまり、稲田さんのおっしゃっていることは矛盾しているのである。もちろん、この部分に関する安倍首相の意見も矛盾している。

したがって、実現性0である。不可能なのである。

税収を増やすために主婦を無くし共働きにすれば、安月給の夫婦が2人できるだけ、夫婦が働いている間は誰かに養育を見てもらわなければならず、その分社会保障がかかる。

つまり、本当は逆なのだ。

男性を正規雇用で妻一人分程度は食わせるほどの収入が得られれば、男性は結婚でき家庭を作り、子供を作ることができる。女性は家庭の主婦として子育てだけに集中できる。したがって、社会保障が少なくてすむ。

働く女性を増やせば増やすほど、実は社会が荒れるのである。

実は、このアジェンダを生み出したものが、欧米の偽ユダヤ人率いるNWOやらフリーメーソンやらビルダーバーグ会議の連中だったのである。

フェミニズム運動、女性差別撤廃、女性の社会参加運動。→こういうのは、かつてのソ連の共産党や今の中国の共産党の主張と同一なのである。

世界のセレブ、王族を見よ。すべて奥方は主婦にすぎない。家系を存続させるためには、女性は主婦業に徹しなければならないのである。

これは性差別でもなければ、女性蔑視でもない。これが本当の本来の伝統なのである。人間的にもっとも伝統的に適っているのが、主婦業である。(我が家は逆のケース。俺が主夫に徹した。)


自民党の有力議員ですらすでにこれほどまでにNWOに洗脳され、支離滅裂なのだ。

アジェンダ21。世界人類牧場化計画。

こういうシナリオ通りに動かされているのだが、それが分からない。もうちょっとジョン・コールマン博士やデービッド・アイクの本でも読んで勉強してもらいたいものである。


いやはや、世も末ですナ。


おまけ:
政治家がとろく、政策が緩ければ、世界中からマフィアが集まる。制度が緩く、税金がなければ、世界中からヤクザマネーが集まる。同じことである。
ピンクパンダ、日本標的か…ダイヤすり替え図る

宝石展示場でダイヤモンドを偽物とすり替えようとしたとして、警視庁が、欧州を拠点とする中国人窃盗団「ピンクパンダ」のメンバーを窃盗未遂容疑で現行犯逮捕していたことが捜査関係者への取材でわかった。

 同庁は、ピンクパンダが標的を欧州から日本に移そうとしている可能性があるとみて、フランスの警察当局とも情報交換を進め、警戒を強化している。

 捜査関係者によると、逮捕されたのは、中国籍の義才正容疑者(37)。義容疑者は9月28日午後1時頃、東京都豊島区の宝石展示場で、店員に中国語で話しかけ、販売価格160万円のダイヤを商品ケースから出させた上で、自分の手の中で偽物とすり替えようとした疑い。警視庁から注意喚起されていた店員が気付いて取り押さえ、警戒中の捜査員に引き渡した。
二階や稲田のような緩いおつむの政治家がいるかぎり、連日どこかでだれかが害人により殺害され続けるのだ。



e0171614_11282166.gif

[PR]

  by Kikidoblog | 2015-10-01 19:36 | コンスピラシー

ガンバ大阪、広州恒大に不覚!:ガンバDF陣に「韓の法則」発動か!?

みなさん、こんにちは。

アジアチャンピオンズリーグも終盤、とうとう準決勝に入った。我が国のJリーグで残っているのはもはや遠藤や宇佐見のいるガンバ大阪のみ。「劣化」、この言葉が語るように、Jリーグのチェアマンが在日朝鮮人、日本サッカー協会の会長にやはり帰化人の大仁邦彌が就いて以来、日本サッカーは良いことがない。世界ランクは下がる一方。代表監督は鼻くそほじってろ監督である。

そんな中、ガンバ大阪は中国支那の「金満」チーム広州恒大と比べれば安上がりのチームだが、それなりに不屈の精神で頑張って来た。そして、ついに優勝候補の広州恒大と準決勝を闘った。

しかしながら、先行したものの、2失点で敗戦した。この失点シーンが余りにもひどいので、一応ここにもメモしておこう。以下のものである。
ACL速報‼ ガンバ大阪VS広州恒大 ハイライト


G大阪対中国マネー ニンジン作戦1点差9600万
e0171614_9432113.png

 【広州(中国)29日=小杉舞】G大阪にパワーアップした難敵が立ちはだかる。今日30日のアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)準決勝第1戦アウェー広州恒大戦を翌日に控え、試合会場で公式会見と練習に臨んだ。豊富な資金力で有名な相手は、準決勝で通常の勝利給だけでなく、得失点差1につき500万元(約9600万円)のボーナスを追加設定したことが判明。G大阪はスポーツマンシップにのっとって、Jリーグの意地をぶつける。

 G大阪が“にんじん作戦”に出た金満クラブに立ち向かう。7年ぶりの決勝進出へ向けた大一番で広州恒大に“エサ”がまかれたことが分かった。地元メディアによると、準決勝2試合の勝利給600万元(約1億1500万円)に加えて、得失点差1につき500万元(約9600万円)のボーナスがチームへ配布される。ボーナスの限度は、なんと10億円近い5000万元という桁違いな金額だ。

 G大阪には残念ながらACLでのボーナス制度はない。長谷川健太監督(50)は「我々はスポーツマンシップにのっとって戦っていきたい」。FW宇佐美も「お金のためにサッカーをやっているんじゃない。応援してくれる人、家族のためにやっている。ボーナスのある、ないはプレーに関係ない」ときっぱり言い切った。

 相手は決勝に進出すれば、さらに600万元が臨時で配布される。6月にスコラリ監督体制になってからは、リーグ戦でも得失点差ボーナス制度ができた。資金力で上を行かれ、野呂社長は「うちも、決勝に行ったら(ボーナスを)考える」と対抗心をのぞかせた。

 ここまで一丸となって勝ち上がってきた。準々決勝第2戦では宇佐美を出場停止で欠きながら劇的勝利を収めた。この日エースは約1時間、ピッチで動きを確かめて「悪くない感じがした」。ACLでのアウェー広州恒大戦は昨年C大阪が勝ったものの、Jリーグ勢は通算1勝1分け6敗と苦しんでいる。アジア王者に返り咲くため、G大阪らしく底力を見せる。【小杉舞】


宇佐見は「金のためにやっているんじゃない」と大見得を切ったが、さすがにプレーは冴えなかった。Jリーガーは金がない上に、おまけに日本代表に入れば、ハリル監督から「体脂肪率数%に落とせ命令」が出るからである。腹ぺこで動けない。

そこへ行くと、野球界は明るい。

甲子園で注目されたら、高卒ルーキーでもすぐに1億円以上の給料が得られる。数年後に大リーグから及びがかかれば、今度はその100倍の値がつく。100億円プレーヤーである。

おまけに、小中高と「1日5000キロカロリー摂取命令」が出る。どんぶり飯3杯以上食え。体脂肪率なんか気にするな。まずは身体作りと体力作りが大事だという基本理念が行き届いている。

だから、甲子園球児ともなれば、世界ランク1位の大リーガー予備軍と互角で闘う。スピードもパワー負けもしない。

なぜなら基礎体力が身に付いたからである。

基礎代謝1日5〜6000キロカロリー。

ちなみに、かのオリンピックの水泳の8冠のマイケル・フェルプス選手は、1日1万5000キロカロリー摂取だという話である。もちろん、その分、1日20kmも泳ぐ。ほぼ一日中泳ぐ。食っては泳ぎ、食っては泳ぐ。昔の古橋広之進が日大時代がそうだったという。だから世界記録が出る。

高橋尚子選手も、現役時代はそのくらい食べたらしい。Qちゃんも小出監督時代、毎日フルマラソン2本走っていたという。

実は、大スポーツ選手になるには、ギャル曽根のような大食いの選手でないと難しいということが最近分かりつつあるのである。だから、多分ギャル曽根はQちゃんなみの良いマラソン選手になれたはずである。

昔から、長距離選手は胃腸が強くないとダメ。そういわれて来たが、その意味は、運動中に腹痛を起こさないからだろうと私は考えていたが、そうではなく、試合前日までに大量のエネルギーをグリコーゲンとして肝臓に蓄えることができるかどうかの差なのである。

それと比べたら、ハリル監督がどこで仕入れた知識か知らないが、サッカー界の「体脂肪率数%の貧食文化」は女々しいし、腹ぺこで走れるはずがない。

クリスチャン・ロナウドなどはモデル業もやっているから見た目がすっきり筋骨隆々である必要があるが、中盤の選手はずっと走り回るわけだから、1試合12km〜15km走るためには、きっちりたくさん食べて、体内にエネルギーを満たしておかなければならない。

実際のところ、ロナウドやメッシはFWだからここぞというときしか走らない。

日本はランクが低いのだから、相対的に相手チームより走り回らなければならないわけだから、やはり野球選手並に大食いしておかなければならないのだ!

1食分が普通の人の1日分。つまり、1日で普通の人の3日分を食べる。こうなると、お金がバカにならない。食費が今の普通の人の3倍以上になるわけだ。

だから、こうなるとリッチな家庭、リッチなチーム以外に身体作りができないことになる。実は、すでに甲子園ではそうなっている。格差社会になってしまったのである。

だから、貧乏小せがれは、リッチなチームに推薦されて入学するほかないのである。


さて、ちょっと脇道に逸れた話が長くなったが、この試合のガンバ大阪の失点の問題点をメモしておこう。

(あ)1失点目。
相手のオウンゴールで先制した後、同点に追いつかれたシーンである。以下のものである。
1失点目相手のスーパーゴール→実はガンバDF6の痛恨のミス
e0171614_1042148.jpg
(なでしこのようにオフサイドトラップかければなんていうことはないのだが。プロでもオフサイドトラップのやり方を知らないとは。)

このシーンで何が問題だったかというと、ガンバ大阪のセンターバックの2人がどうしようもない動きをしたからである。特に、DF背番号6の選手が厄病神だった。

この6の選手は誰かと調べてみると、なんとどうも在日韓国人の金正也選手だった。
e0171614_106895.png


ちなみに、他のDFは4人。なぜなら、ガンバは5バックを取っていたからである。
e0171614_10121431.png

e0171614_1072397.png

e0171614_1073188.png

e0171614_10125023.png

この中でも、DF6の金が最悪だった。失点シーンはこれ。
e0171614_14204527.jpg

というわけで、DF6の金正也のマークがはずれたために、相手FWが完全フリーになり、芸術的ボレーで得点したのであった。


(い)2失点目。
結論から言えば、2失点目もセンターバックのDF6金正也選手の完全にマークミスのために、ヘディングで競り負けて完全フリーでヘディングシュートを食らったのである。以下のものである。
2失点目
e0171614_10162587.jpg
(ヘッドは相手より先にジャンプしないと負ける。これ小学生でも知っているはず。)

要するに相手のスコラリ監督は、ガンバ守備陣のだれが悪いかはっきり研究分析済みだったのだろう。常にDF6金正也選手の裏からの飛び出し、あるいは、裏への飛び出しでチャンスを作っている。

1失点目と同じように分析しておくとこんな感じである。
e0171614_1019848.jpg


というわけで、いくら中盤に遠藤、前線に宇佐見がいた所で、守備陣がザルでは勝てない。あまりにイージーな失点が多すぎるのである。DFはボールではなく、相手のFWを見なければならない。この鉄則が守られていないのである。まあ、ガンバに限った話ではないが。

ブラジルのサッカーの言葉に、
ボールは一人ではゴールできない
というものがある。いくらゴール前にボールが転がったとしても、そのボール自体がゴールできることはない。それがゴールネットを揺らすためには、そのボールを蹴ろうとする相手選手が蹴らなければ、ヘッドしなければならない。だから、常にだれがボールを狙っているかをチェックしなければならない。

これが鉄則である。

こういうサッカーの基本中の基本事項や鉄則をいまのJリーガーは守らないのである。

ニヒルなターミネーターのように、ただビジネスライクに徹底的にプロとしての鉄則通りに動く。こういう選手がほとんどいなくなったのである。

どうもこれがJリーグや日本サッカーの敗因の理由だと俺は見るがナア。

たぶん、在日選手はそうは見えないようにして、わざと大事な試合でチョンボして負けていると俺は推測している。つまり、韓の法則発動である。


ところで、いつも気になるのは、在日朝鮮人や在日韓国人は所詮マイナリティーにすぎない。にもかかわらず、どうして日本のJリーガーには在日や朝鮮人が多いのか?

これが気になるわけである。

日本の高校生にもすぐれたサッカー選手は数限りないほどいる。しかしプロから声がかからず、進学し、その内普通の草サッカー選手になってしまうものが無数にいるのである。

日本人選手がいないと言うなら別だが、金正也程度の選手なら、高校選手権、特に高校総体を見れば分かるが、各チームに1人ほどはいる。

にもかかわらず、日本人選手がガンバ大阪や神戸や広島に入る可能性は非常に低い。

どうもJリーグのチェアマンの裏指示が出されている可能性が高いと俺は見ているわけですナ。あいつは本当にクズだヨ!早く死んで欲しいものである。誰とは言わないがナ。


いやはや、世も末ですナ。



e0171614_11282166.gif

[PR]

  by Kikidoblog | 2015-10-01 10:33 | サッカー&スポーツ

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE