<   2015年 11月 ( 34 )   > この月の画像一覧

 

個人的メモ:唯心論武道、唯心論物理学、我々の認識の外にあるものに触れること!?

みなさん、こんにちは。

ここ最近、私は保江邦夫博士の
「唯心論武道の誕生」
e0171614_13294349.jpg
という本をやっと手に入れて読んでいた。

やっと読み終わったのだが、この本は、著名な理論物理学者である保江邦夫博士が大東寺流佐川合気道の弟子保江から徐々に愛魂道の「冠光寺眞法」の保江師範に変わって行く最初の頃の出来事を描いたものだった。

もちろん、「冠光寺」というのは「聖母マリア様由来の道場」という意味である。

その極意は
「なんじの敵を愛せよ」
の一言である。あるいは、随伴する極意として「なんじの隣人を愛せよ」がある。

この一言を実践することがいかに難しいか、これはいまの日中、日韓、米ロ、イランイラク、インドパキスタン、イスラエルパレスティナ、ボスニアクロアチア、独仏などの関係を見ても明らかだろう。

なんじの隣人を愛することは非常に難しい。ましてや、なんじの敵を愛することがいかに困難なことであるかはいわずもがなのことである。

しかしながら、我らが保江師範はその極意を得た。

これにより、人生が大転換していくのである。そして、いまや我々がよく知るあの「愛魂」の保江師範となる。

その最初に
合気開眼―ある隠遁者の教え
e0171614_7384674.jpg
(合気道の植芝盛平の合気道をまだ道半ばだと言える人はなかなかいない。)

個人メモ:私と保江博士との「裏腹」なところ→人にも双対性はあったのか!?3
し、その次が最初にあげた本である。多分2009年頃の話である。

この本の特徴は、2人の重要人物の著作(他にもたくさんのものが紹介されているが)が特に興味深い点である。

(あ)1つ目は、もちろん天才中込照明博士の
唯心論物理学の誕生―モナド・量子力学・相対性理論の統一モデルと観測問題の解決
e0171614_13311024.jpg
である。

この本の主題である「量子モナド」に関して、我々トウシロウにもイメージできる形で簡単に説明されているのである。これが私には非常にありがたかった。なぜなら、中込博士の本はなかなか私には買えないほど高いからである。

(い)2つ目は、いまや保江先生の野山道場の三銃士の一人となった炭粉良三氏の文章である。「合気私考」である。フルコンタクト空手の師範代であるような強者であった炭粉さんが、どうして保江師範の愛魂道に行き当たり、いかにして自分も「愛魂開眼」できたのかという内面の話である。

これも私には実に興味深いものだった。

ところで、この炭粉良三さんはその何年か後、たぶん3年後におそらく「合気私考」からさらに発展した内容だとおもうが、それを本にしたためたようである。以下のものらしい。
合気深遠
e0171614_95498.jpg

e0171614_955177.jpg

本日(4月10日)発売「合気深淵」より

「NPOコムニタ活人塾」設立記念パーティ
e0171614_982728.jpg

その他にも、いまや合気開眼した炭粉師範もたくさん本を出しているようである。以下のもの。
合気解明(2010)
e0171614_9151757.jpg

合気真伝(2010)
e0171614_9212252.jpg

合気流浪(2011)
e0171614_918673.jpg

合気解体新書(2013)
e0171614_916928.jpg

零式活人術(2014)
e0171614_9202436.jpg

零式活人術II(2015)
e0171614_9192486.jpg



さて、話は昔話になるが、おそらく45年ほど前。1970年代のこと。私は野球部からサッカー部に入って間もない頃だが、当時は硬い土の上でサッカーをやっていた。運悪く背中から落ちれば、なんとか後頭部を打たないように顎を引いて落下しても必ず背中を強打する。いくら良い受け身をして落ちてもそれは避けられなかった。数分まったく息ができなくなる。

それでも何とか試合は続けたのだが、後遺症として体中が痛む。時には、腰椎がずれる。

そこで、当時甲府市の西の方に会ったお寺の「長生館」という場所でなにやら骨接ぎや整体をしてくれるというので、時々週末に通ったのである。

台座の上で正座すると、うしろから背骨に膝を当て、前でクロスした両手を後ろから持ち、背中を反らせるようにして背骨をコキ、コキと鳴らして元の位置へ戻す。そんな技=術式の骨接ぎだった。

私はその術よりも、そこで白い服を着て治療にあたる若めの男たちの「目」にいつも印象を持ったのである。

だれもが実に「澄んだ美しい目つき」をしていたのである。

そこに通ったのはほんの1年程度に過ぎなかったが、それ以来、何十年も「あの清々しい目は何から来たのか?」とずっと疑問に思っていたのである。

武道の技の骨接ぎだから、おそらく柔道家だったのだろうと長らく思っていた。

しかしながら、最近になって保江先生の合気道の話を知るようになってからは、「あれは合気道の人だったんだな」と考えるようになった。おそらく間違いないだろう。

長生館という言葉からも長生きするというわけだから、合気=愛魂をかけつつ整体すれば長生きするというような意味合いからのものだろう。

実際、青木師範のコースにもそうした整体のコースがあるようである。
http://www.shintaido.com/course/ippanka/
e0171614_94416.jpg


妄想一発:「そろそろ日本から世界人類の救世主が登場するはずなんだがナ」!?



というわけで、私にとって「合気道者の澄んだ瞳」こそ、あの「愛魂」が発露だったに違いないと思うのですナ。


いずれにせよ、「愛魂」を身につけた日本人力士、横綱の登場を期待したいものである。きっとそんな横綱は目が澄んでいて力任せではなくとも相手が見事にすってんころりんと投げられてしまう。そんな愛魂の横綱となるはずである。

心の修業あるのみ。




e0171614_11282166.gif

[PR]

  by Kikidoblog | 2015-11-05 09:51 | 保江邦夫博士

ついに我が家の上空で「銀色の葉巻型UFO」撮影に成功!?

みなさん、こんにちは。

一週間ほど前の10月25日、我が家の庭から快晴の青空の最中を飛ぶ「短い葉巻型銀色のUFO」を奥さんが発見し、それをともかくも急いで写真に撮ろうと、携帯のカメラで私が撮ったのである。最初のうちは映っていないナア、と思ってがっかりしていたのだが、ズームアップしてみるとなんとちゃんと映っていたのである。一応それもメモしておこう。以下のものである。
オリジナル写真は2枚
1。
e0171614_14122031.jpg
(ちなみに、この家は我が家の家ではなく、お隣の新築中の家)
2。
e0171614_1412358.jpg


さてどこら辺にUFOがいるか分かるだろうか?→一応、赤丸を付けておいた。以下のものである。
1。
e0171614_141379.jpg

2。
e0171614_1413255.jpg


そこで、ズームアップしてみると、こんな感じだった。
e0171614_14143610.png

e0171614_1414306.png


明らかに飛行機のような両翼がない。

私は近眼で近目しか見えないコンタクト着用でよく見えていなかったのだが、奥さんの目はしっかりと捉えていたらしい。それで、飛行機の羽のない銀色の飛行機が飛んでいるから変だと思って見たのである。


というわけで、

ついに我が家の上空にも「葉巻型UFO」が飛来したのである。


しずかにかつ非常に早く飛んでいたので、あっという間の出来事であった。


だれか他にも見た人はいなかったのだろうか?

いずれにせよ、あの低空の飛行機はずっとゆっくりだからすぐ分かる。あのケムトレイル機よりずっと早く飛んでいたのである。

ひょっとしたら米国ロッキードーマーティン製の「マンメイドUFO」かもしれませんナ。



e0171614_11282166.gif

[PR]

  by Kikidoblog | 2015-11-02 14:21 | 反重力・UFO

ロシア航空機撃墜の瞬間映像が存在した!?:ご冥福を御祈りします。

みなさん、こんにちは。

いやはや風雲急を告げてしまったこの世界、この日本。あまりにいろいろのことが起こりすぎてETの手も借りたいほどである。

ついに中東戦争に参戦していたロシアに犠牲者が現れてしまった。それも民間航空機が撃墜されたのである。あの高さで撃墜されたらかつてのB29でも生き残れなかったわけだから、ほぼ全員がご逝去である。以下のものである。
「上空高く飛行中、バラバラに」…露航空運輸局

【モスクワ=緒方賢一】ロシア航空運輸局のネラジコ局長は1日、国営テレビに対し、エジプト東部で10月31日に墜落したロシア旅客機について、機体の破片が広範囲に散乱していることから、「上空高く飛行中に機体がバラバラに壊れた」との見方を示した。


 ネラジコ局長は1日に訪れた墜落現場の模様について「機体の破片は長径8キロ・メートル、短径4キロ・メートルの楕円だえん形の範囲に散らばっている」と説明した。

 墜落原因について、ロシアのソコロフ運輸相は同日、国営テレビに対し「まだ判断材料が十分でなく、結論づけることはできない」と述べるにとどまった。


まあ日本のメディアはすでに在日韓国朝鮮系に拿捕されてしまっているから、イルミナティ側のニュースしか流さない。
Russian airliner crashes in Sinai
だから、例の「報道しない自由」で大事な映像も流すことはないだろう。

ということで、ネット上ではすでに全世界を何周もめぐっている撃墜映像をここにもメモしておこう。以下のものである。
http://www.elmundo.es/internacional/2015/10/31/5634c9f4268e3ecf418b464b.html
Vídeo difundido por el Estado Islámico reivindicando derribo de avión ruso en Egipto
e0171614_13421883.png

e0171614_13422795.png

e0171614_13401110.png
e0171614_13401479.png

e0171614_13424410.png

e0171614_1342532.png
e0171614_13425987.png


この撃墜で御亡くなりになった方々のご冥福を祈ります。合掌。R.I.P.



-------------------------------------------------------------------------------------
-------------------------------------------------------------------------------------
[PR]

  by Kikidoblog | 2015-11-02 13:44 | コンスピラシー

いまサッカーU15~16日本代表が熱い!:並みいる強豪を華麗に撃破中!

みなさん、こんにちは。

我々もいつまで平和のままサッカーの試合を見ることができるだろうか?そんなことまで危ぶまれる世界情勢となりつつある。が、今のところは大丈夫そうである。

さて、サッカー日本代表には「谷間の世代」以降の「偽黄金世代」がついて久しいが、そのせいで世界ランクもラグビー日本代表に追い抜かれ、アジアでもライバル国に追い抜かれ、世界ランク52位前後で推移している。アジア予選を突破できるかどうかの分水嶺にいる勘定になる。

ところが、1つの朗報がある。それが日本のU15男子サッカー日本代表である。

強い。

また、

バルサのような良いサッカーをする、

のである。

そんなわけで、このまま順調に日本のトップレベルまで成長して欲しいという願いを込めて、ここにもメモしておこう。以下のものである。
海外「サッカー日本代表U−15が強すぎるwww」「日本は見事な勝利だ!」海外の反応

U16 : France-Japon (2-3), le résumé



6/26 U-16インターナショナルドリームカップ2015JAPAN→優勝!

U-16日本代表vsU-16フランス代表ハイライト 6/28 U-16インターナショナルドリームカップ2015JAPAN


U-16日本代表vsU-16チリ代表ハイライト 6/26 U-16インターナショナルドリームカップ2015JAPAN Presented by JFA


U-16日本代表vsU-16コスタリカ代表ハイライト 6/24 U-16インターナショナルドリームカップ2015JAPAN Presented by JFA


このU15~U16日本代表には、バルサのカンテラで最優秀選手に選ばれた、あの久保選手も飛び級で入って大活躍しているのである。

この新たなる黄金世代が育ってくれば、ロシアW杯の次あたりから、日本代表の上昇機運がまた戻って来る可能性はある。

しかしながら、問題は山積み。

ラグビーでもエディー・ジョーンズが若手の育成が大事だが、問題は高校大学の育成システムにあると言っているように、サッカーでもまったく同じ状況なのである。

U15~16でいくら頑張っても高校大学チームで大半が潰されてしまうのである。野球では、甲子園優勝投手の斎藤佑樹選手が潰されてしまったのが記憶に新しいところである。

同じような問題は、球技の場合にはずいぶん昔から立ちはだかっているのである。

個人競技の体操や水泳やフフィギュアスケートなどは、完全にクラブ中心の育成になっているが、日本のサッカー、ラグビー、陸上は、中高大が中心になっているために、なかなかまっすぐなエリートプログラムが作れない形になっている。

良い選手も高校サッカーや高校駅伝で怪我して潰れてしまうことが多い。

早期の抜本的改革を見せて欲しいものだが、なかなかそうは問屋が降ろさないだろう。

若者にはどこへ行っても潰されないだけのタフネスを身につけて頑張って欲しいものである。

やはり勝利ほど良い教師はいないのである。


おまけ:
【海外の反応】日本の高校サッカーで生まれたスーパーゴールを世界のサッカーファンが絶賛




e0171614_11282166.gif

[PR]

  by Kikidoblog | 2015-11-02 13:04 | サッカー&スポーツ

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE