人気ブログランキング |

もうすぐアメリカ政府が「UFO・宇宙人問題」を正式公表か?

みなさん、こんにちは。

いよいよ面白いことになってきたようだ。アメリカ政府がいよいよ「宇宙人問題」を正式に公表するというのである。以下のものである。

UFO Disclosure is VERY Near! 1/2


UFO Disclosure is VERY Near! 2/2



これで、日本の「と学会」などの風俗カルトが吹っ飛ぶ状況となってきた。彼らは嘘っぱち本を書いて人々を誹謗中傷し、多くの人々に迷惑をかけてきたということになる。自分たちが行ってきた詐欺行為に対して人々に謝罪する必要があるだろう。

というのは、ここでも「クーパー」や「未知のテクノロジー」や「未知の宇宙文明」で紹介したように、かつてウィリアム・クーパーが1989年に暴露講演を行って主張したことがすべて真実であるということになるからだ。

この「と学会」のメンバーは非常にアクティブに未だにさまざまな場や大学で情報操作を繰り返してきているが、そろそろそういう与太は止めて、「自分たちはインサイダーではないので、インサイダー情報は知りません」と謝罪すべき時が来たのだろう。科学者というものは自分が知っていることは知っている、知らないことは知らないということのできる人々のことである。科学者であることを利用して、自分が知らないことも知っている振りをして他人をおとしめるようなものは、科学者とは言えない。そういう輩たちは、断髪し、今一度、「初心に返る」べきだろう。

いずれにせよ、実に面白い時期になった。これもかつてスタン・デヨ博士が「スタン・デヨ博士インタビュー(1977年):ボスはテラー博士だった!」で言ったように、イルミナティーが「時期が来た」と考えたからだろうか。

  by Kikidoblog | 2009-10-07 22:10 | 反重力・UFO

<< 2009年ノーベル物理学賞は「... HAARP vs e-PISC... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE