人気ブログランキング |

癌は真菌感染のせい!?:トゥリオ・シモンチーニ博士の「癌の治療法」

みなさん、こんにちは。

さて、今回は、デービッド・アイクさんのブログ内で紹介されていた、非常に興味深い医学療法の話をここでもとりあげておこう。以下のものだ。
ガンは真菌であり、治療可能だ
癌は真菌感染のせい!?:トゥリオ・シモンチーニ博士の「癌の治療法」_e0171614_18234338.jpg


この話題の主は、イタリアの医師トゥリオ・シモンチーニ(Tullio Simoncini)という腫瘍学の医師である。この博士のホームページは以下のものである。
Cnacer therapy(癌セラピー)
癌は真菌感染のせい!?:トゥリオ・シモンチーニ博士の「癌の治療法」_e0171614_18251386.jpg


デービッド・アイクさんによれば、このトゥリオ・シモンチーニ博士の癌のメカニズムとは、

「人体の癌を引き起こすメカニズムは、人体にカンジタなどの真菌類が感染した際、人体の免疫による防御システムが働くために、感染した細胞を腫瘍細胞という形で増殖させ、他への感染を防ぐのである。したがって、真菌感染した癌細胞を重炭酸ナトリウム溶液で洗浄すれば、真菌が死ぬ事により、癌化した細胞は正常細胞に戻る」

というものである。

一般に、つまり、普通の生化学の考え方では、「癌とは、化学物質やウィルスや紫外線などの外部からの原因で、正常細胞の遺伝子が変異して癌細胞化し、自己増殖を繰り返して異常増殖を行った結果、生物個体は癌細胞の犠牲となり、生物個体を死に至らしめる」と考えている。そのため、癌細胞が増殖して末期症状の頃になると、抵抗力が低下するために、カンジタなどの真菌類の日和見感染を受ける。結果として、「癌細胞の近辺や周辺にはいつもカンジタ菌が存在するのである。」というような考え方をしている。

ところが、トゥリオ・シモンチーニ博士の説では、これは全く誤りで、本当は正反対だというのである。要するに、先にカンジタ菌が人体に感染し、それが血液に乗って身体のどこかに寄生する。そこで人体がそのカンジタ菌を取り除こうと防御システムを働かせて細胞増殖を起こして時間稼ぎをする。さもなくば、すぐに人体をカンジタ菌で乗っ取られてしまう。これが癌細胞であり、腫瘍とはまさに人体が真菌感染と戦っている最前線なのである、という考え方なのである。

中でも、「癌細胞はたいていは白い」という事実に着目。これはカビなどの真菌類が感染すると、身体に白いものができるという事実に見事に対応しているというのである。実際、疥癬や水虫など真菌類が感染すると、皮膚が白くなる。舌にカンジタが感染すると、舌が白くなる。こういうことは、周知の事実である。これらは、我々が外から見える範囲内の感染に過ぎないが、体内でも同じようなことが起こる。これが癌である。まあ、おおまかに言えば、こういうような説である。

トゥリオ・シモンチーニ博士は、自分の癌に対する考え方が正しいかどうかを見るために、さまざまな実験や治療を行った。この治療に関しては、以下のビデオが非常に興味深い。特に、水1リットルに200gの重炭酸ナトリウム溶液で癌細胞を洗浄すると見事に癌細胞が正常化して行くという様は感動的である。

トゥリオ・シモンチーニ博士の講演
癌は真菌感染のせい!?:トゥリオ・シモンチーニ博士の「癌の治療法」_e0171614_18265855.jpg


例えば、子宮癌などの原因は、人パピローマウィルスの類いであると普通の生化学や医学の中では信じられているが、性器や子宮にカンジタなどの真菌類も感染するのは間違いないだろう。だから、実際には、トゥリオ・シモンチーニ博士の考えるように、カンジタ感染のせいで子宮筋腫
癌は真菌感染のせい!?:トゥリオ・シモンチーニ博士の「癌の治療法」_e0171614_1830263.jpg

(子宮筋腫もやはり患部は白い)
子宮癌
癌は真菌感染のせい!?:トゥリオ・シモンチーニ博士の「癌の治療法」_e0171614_183192.jpg

(子宮癌もやはり患部は白い。赤いのは炎症のせいだろう。)
などが引き起こされているという可能性もある。

いずれにせよ、実に興味深い考え方である。今後の進展を待ちたい。

  by Kikidoblog | 2010-01-10 18:34 | アイク

<< 前ミネソタ州知事による、ある医... 火星の遺跡:アワーグラス(砂時... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE