人気ブログランキング |

ロックフェラー家と「秘密の人体実験の歴史」:ほんとよくやるナ〜〜!

みなさん、こんにちは。

いやはや、「ケムトレイル」の歴史を調べていたら、なんとこんなものがわんさかと現れた。
A History of Secret Human Experimentation(秘密の人間実験の歴史)(元記事、A History of Secret Human Experimentation
秘密の人体実験の歴史

1900: 囚人の数についてPlagueに感染しているフィリピンでの米国の医師する研究。 彼は、別の29人の囚人でBeriberiを引き起こすことによって、研究を続けていました。 実験は2人の知られている死者をもたらしました。

1915: ミシシッピーの医師は12人の白人のミシシッピー収監者で病気の療法を発見する試みでPellagraを生産しました。

1931: Medical InvestigationsのためのロックフェラーInstituteの援助で、コーネリアス・ローズ博士は癌細胞で人間の対象を染めます。 彼は、後でメリーランド、ユタ、およびパナマの米軍Biological Warfare施設を設立し続けて、米国原子力委員会と命名されます。 そこである間、彼は米兵と市民病院の患者の一連の放射線被曝実験を始めます。

1932: タスキギーSyphilis Studyは始まります。 梅毒と診断された200人の黒人男性が、病気の進行と兆候に続くのにそれらの病気について決して言われないで、処理が否定されて、代わりに人間のモルモットとして使用されます。 彼らが扱われたかもしれないと決して言われなかった状態で、彼らは皆、次に、梅毒、家族から死にます。

1935: ペラグラは付随しています。 何百万人もの個人がPellagraで20年間の期間にわたって死んだ後に、米国公衆衛生総局は、病気を食い止めるために最終的に行動します。 政府機関の指導官は、Pellagraがニコチン酸欠乏によって引き起こされる少なくとも20年間知っていましたが、死の大部分が非常に貧しい黒人の人口の中に起こったので、行動していなかったことを認めます。

1940年代: 米国政府はCold戦争時代放射実験の一部として知らないうちに12匹の人間のモルモットにウランとプルトニウムを注射しました。 12人の犠牲者が、人体がどう原爆投下に反応するだろうかを見るために1940年代(プルトニウムがある11、およびウランがある1)の間、注入されました。 テストは原子力兵器を開発するための努力から生じました。 当時、科学者は、人々が末期症状でとにかく病気であり、10年間生き残らないと主張しました。 しかし、それらの数は長生きしました、そして、プルトニウムは尿路感染力の、そして、苦痛な骨粗鬆症、または骨の間引きを引き起こしたと言われています。

1940年代: 1940年代のバンダービルト大学での例外的に大きい研究では、約820人の貧しくて、妊娠している白人女性が放射性鉄の管理されたトレーサー量でした。 バンダービルトはHealthのテネシー国務省と共に働いていました、そして、研究は公衆衛生総局によって一部資金を供給されました。 今日、ほとんどの女性が、妊娠中に鉄分補充保健薬を取ります。 この実験は鉄のために妊娠中に栄養必要量を決定するのに必要である科学的データを提供しました。

1940: シカゴの400人の囚人が、病気と戦うために新しくて実験的なドラッグの効果を研究するためにMalariaに感染しています。 ナチは後でニュルンベルクでトライアルを治療します。ホロコーストの間にそれら自身の動作を擁護するこのアメリカの研究を引用してください。

1942: 化学Warfare Servicesは約4,000人の軍人のマスタードガス実験を始めます。 実験は、1945年まで続いて、現役の委員となるよりむしろ人間のモルモットになるのを選んだセブンスデーアドベンティスト派を利用しました。

1943: 日本の実物大の細菌戦プログラムに対応して、米国はFort Detrick、MDの生物兵器の研究を始めます。

1944: 合衆国海軍は、ガスマスクと衣服を検査するのに人間の対象を使用します。 個人は、ガス室が閉じ込められて、マスタードガスとルイサイトにさらされました。

1945: プロジェクトPaperclipは開始されます。 米国国務省、陸軍情報機関、およびCIAは、合衆国の最高機密政府プロジェクトに対する仕事と引き換えにナチの科学者を募集して、免疫と秘密のアイデンティティを彼らに提供します。

1945: マンハッタン計画プログラムF。 米国原子力委員会(AEC)によって実行されます。 これはフッ化物の健康への影響の最も大量の米国の研究です。(フッ化物は原子爆弾生産で主要な化学成分でした)。 男性に知られている最も多くの有毒化学物質の1つ、フッ化物、それは見つけられますが、原因は中枢神経系に悪影響をマークしましたが、情報の多くが訴訟が原子爆弾の全規模生産をひそかに害するだろうという恐れによる国家安全の名にかけて押しつぶされます。

1946: VA病院の患者は医学の実験にモルモットとして使用されます。 疑念を和らげて、医学の研究が国のベテランの病院の1つで働いたと報告するとき、実験という単語を調査か観測に変えるためにオーダーを与えます。

1947: 政府機関が静脈内投与の放射性物質を人間の対象に施し始めると述べながら、米国原子力委員会のE.E.カークパトリック大佐は秘密書類(1947年1月8日のドキュメント07075001)を発行します。

1947: CIAは使用のための潜在的兵器としてアメリカの知性でLSDの研究を始めます。 人間の対象(民間ものと同様に軍事の)はそれらの知識のあるなしにかかわらず使用されます。

1950: 国防総省は砂漠地帯で核兵器を起爆して、医学上の問題と死亡率のために風下の居住者をモニターする計画を始めます。

1950: アメリカの都市が生物攻撃にどれくらい影響されやすいかを決定する実験では、合衆国海軍はサンフランシスコの上の船からバクテリアの雲をスプレーします。 モニタ装置は、感染の範囲をテストするために都市中に位置しています。 多くの居住者が肺炎のような兆候によって病気になります。

1951: 国防総省は、病気を発生させるバクテリアとウイルスを使用することで外気テストを始めます。 テストは1969を通して続きます、そして、隣接した領域の人々がさらされているという関心があります。

1953: 米軍はメリーランド、およびリースバーグ(ヴァージニア)でウィニペグ、セントルイス、ミネアポリス、フォートウェーン、Monocracy流域の上で亜鉛硫化カドミウムガスの雲をリリースします。 彼らの意図は、彼らがどれくらい効率的に化学薬品を分散できたかを決定することです。

1953: ニューヨークとサンフランシスコのどの何万人もの人々が空気伝染する病原菌セラチア・マルセッセンスとBacillus glogigiiに露出されるかで統合陸海軍-CIA実験が行われます。

1953年に、36のテストの憎らしいシリーズがカナダでウィニペグの市民の上で行われました。 テストが無毒のであってディフェンス必要であったことを彼に知らせて、私たちの政府はウィニペグ市長に嘘をつきました。 これらのCIAによって設計されたテストの実際の目的は、化学的に誘発された癌を考えて、人口の百分率がどれくらい大きいかもしれないかを見ることでした。

1953: CIAはProject MKULTRAを開始します。 これは、マインドコントロールと行動修正に使用される11年間の生産するように設計された研究計画と、試験薬物と生物学的因子です。 6つの「副-プロジェクト」が、知らず知らずの人間の上でエージェントをテストすることを伴いました。

1955: 生物学的因子で人口母集団を染める性能をテストする実験では、CIAはタンパベイ(Fl)の上で陸軍の生物兵器戦争蓄えから引き下がるバクテリアをリリースします。

1955: エージェントを無能力にする化学物質としての利用の可能性を研究して、陸軍ケミカルCorpsはLSD研究を続けています。 1,000人以上のアメリカ人がテストに参加します。(テストは1958年まで続きます)。

1956: 米軍はSavannahとGaとエイヴォンPark、Flの上でYellow Feverに感染している蚊をリリースします。 各テストに続いて、国民の健康職員のふりをしている陸軍のエージェントが、効果がないかどうか犠牲者をテストします。

1958: LSDは知性への効果がないかどうか陸軍のケミカルWarfare研究所の95人のボランティアの上でテストされます。 1960年代: 政府はProject Shadをよく秘密にしました。 Project Shadの分類されたテスト、長さ100マイルのエアゾールをスプレーして、海兵隊員ジェットが遠く離れた太平洋の環礁からの夜から金切り声を出しながら来たショーは5隻以上の引き船を曇らせます。 そして、男性は病気になり始めました。

1960: Intelligence(ACSI)の陸軍Assistant幕僚長はヨーロッパと極東でLSDの実地試験を認可します。 european人口のテストはProject THIRD CHANCEとコード名を付けられます。 アジア人口のテストはProject DERBY HATとコード名を付けられます。

1965: プロジェクトCIAと国防総省はProject MKSEARCH(精神に作用する薬の使用で人間挙動を操る能力を見いだすプログラム)を始めます。

1965: フィラデルフィアのHolmesburg州Prisonの囚人はダイオキシン(ベトナムで使用される枯葉剤の毒性の強い化学薬品成分)にかけられます。 男性は後で癌発生のために研究されます。(それは、枯葉剤がずっと疑いのある発癌物質であったと暗示します)。

1966: CIAは、人間と動物へのある種の薬物の毒性効果をテストするためにProject MKOFTEN、プログラムを開始します。

1966: 米軍はニューヨーク市の地下鉄網中で枯草菌異形nigerを分配します。 軍隊の科学者が換気格子でバクテリアで満たされた電球を落とすとき、100万人以上の民間人が露出されています。

1967: CIAと国防総省は、生物化学兵器を維持して、備蓄して、テストするためにProject MKNAOMI、MKULTRAであって設計されることの後継者を実行します。

1968: ワシントンDCでのFDAの給水に化学物質を注ぐことによって飲料水に毒を入れる可能性があるCIA実験

1969: 1969年6月9日に、プロジェクトがどの人間のために合成の生物学的因子を生産するように基金を要求するか歳出委員会の下院小委員会がまだ自然免疫を取得していない前に、D.M.McArtor博士、当時の国防総省へのResearchとTechnologyの次長は現れました。 McArtor博士は、1000万ドルのドルが次の5-10年間このエージェントを生産するように頼みました。 連邦議会議事録は、この細菌エージェントの進化のためのプランによると、新しい病気の最も重要な特性が「伝染病から私たちの相対的な自由を維持するのは、私たちが依存する免疫の、そして、治療法の過程に手に負えな[抵抗力がある]であるかもしれない」ということであることを明らかにします。 エイズは10年後に最初に、公衆衛生上の危険として現れました。

1960と1970Altogether、1960年と1970年の間に予定されていた103のテストがありましたが、今までのところ、米国国防総省は、12が行われたと確認するだけでした。 3つのテストがライブ神経系に作用する物質を使用しました、そして、1つは活動的な生物学的因子を使用しました、そして、1つは当時、無害であると考えられている間に以来危険であることがわかっている興奮剤を使用しました。

1970: H.R.15090の下で合成の生物学的因子のための基金を得ます。 CIAの監督下で、プロジェクトがFort Detrick(軍隊の最高機密生物兵器施設)でSpecial Operations事業部によって行われます。 分子生物学のテクニックがエイズのようなレトロウイルスを生産するのに使用されるという思惑は高くしています。

1970: 合衆国は選択的にDNAの遺伝的な差と変化のため影響されやすい特定の民族を狙って、排除するように設計された、エスニック兵器(1970年11月の軍用のReview)の開発を激化させます。

1975: Biological Warfare ResearchのためのFort Detrickのセンターのウイルス部は、国立ガン研究所(NCI)の監督下でフレドリックCancer Research Facilitiesに改名されて、置かれます。 特別なウイルス癌のプログラムが表面上発癌性のウイルスを開発するために合衆国海軍によって開始されるのが、ここにそれがいます。 retrovirologistsが免疫が全く存在しないウイルスを隔離するのが、ここにもそれがあります。 それは後でHTLV(人間のT細胞Leukemia Virus)と命名されます。

1975、1977、および1994年の議会傍聴は私たちのDeathの有名な部が不運であるとしてアメリカの人口を使用したという詳細に吐き気を催す際にWWII以来のモルモットを確認します。 米軍から集まっているラトガース教授レオナルド・コールはアメリカの、そして、カナダの一般市民でひそかにテストされた生物および化学兵器用の薬品のぞっとさせるリストを記録します。

1977: HealthとScientific Researchの上院傍聴は、1949年と1969年の間に、生物学的因子がいる状態で239の人口集中地域が汚染されたと確認します。 その領域のいくつかがサンフランシスコ、ワシントンDC、Key西洋、パナマシティ、ミネアポリス、およびセントルイスを含んでいました。

1978: CDCによって行われた実験的なHepatitis Bワクチンの試用は、ニューヨーク、ロサンゼルス、およびサンフランシスコで始まります。 調査課題のための広告は明確に無差別な同性の男性を求めます。

1981: エイズの初めての症例はニューヨーク、ロサンゼルス、およびサンフランシスコの同性の男性で確認されます、Hepatitis Bワクチンを通してエイズを導入したかもしれないという思惑の引き金となって

1985: サイエンス誌(227: 173-177)によると、HTLVとVISNA(致命的な羊のウイルス)は非常に同様です、親密な分類の、そして、進化論の関係を示して。

1986: 米国科学アカデミー(83: 4007-4011)のProceedingsによると、HIVとVISNAは非常に同様であり、すべての構造要素を共有します、HTLVとほとんど同じ小断片を除いて。 これはHTLVとVISNAが自然免疫が全く存在しない新しいレトロウイルスを生産するためにリンクされたかもしれないという憶測を呼びます。

1986: 議会へのレポートは、米国政府の生物学的因子の現代はである:明らかにします。 変更されたウイルス、自然に起こっている毒素、および免疫キャラクタを変えて、すべての従来型ワクチンで処理を防ぐために遺伝子工学を通して変更されるエージェント。

1987: 国防総省は、生物学的因子の研究開発を禁止する条約にもかかわらず、国の周りで127の施設と大学で研究設備を操作し続けていることを認めます。

1990: 合衆国での使用のために一度も認可されたことがなかった実験的なはしかワクチンをロサンゼルスの6カ月の黒くてhispanicな1500人以上の赤ん坊に与えます。 CDCは、後で両親に彼らの子供に注入されるワクチンが実験的であると決して知らされなかったことを認めます。

1994: テクニックが遺伝子追跡と呼ばれている状態で、ヒューストン(テキサス)のMDアンダーソンがんセンターのガース・ニコルソン博士は、多くの戻っている砂漠のあらしのベテランがMycoplasma incognitus(生物兵器の生産に一般的に使用される細菌)の変えられた緊張に感染していると発見します。 それが人工であったのを示して、分子構造に組み入れられているのは、HIVタンパク質コートの40パーセントです。

1994、 米軍航空機は太平洋岸の近くでオークビルのちっぽけな町でゲル物質を落とし始めました。 町のみんなはインフルエンザと肺炎のような兆候にかかりました。人々の中には入院して、何カ月も病気のままで残っていた人もいました。 ペットと家畜は死にました。 ゲルの材料は、pseudonomas fluorescensの変更されたバージョンを含むセルと不快なバクテリアが、実験的な生物戦争バクテリアとして160個以上の軍用の書類で引用した人の血液に当たった多くの政府と私設の研究室によってテストされました。

1994、 コール博士は、上院委員会の前で彼が、軍が新しい状態で発展するかもしれないと恐れたと証言して、病原体の遺伝子を組み換えました。 彼は、その時、1960年代以来私たちの政府がそのような凶悪な病原体に取り組んでい続けていたのを知ることができませんでした。(それは、その時、生物戦争のために伝染性の癌を引き起こすために特別なウイルス癌のプログラムを開始しました)。

1994: 上院議員のジョン・ダビッドソン・ロックフェラーは少なくとも50年間国防総省が人体実験と危険物への意図的な露出に何十万人もの軍人を使用しているのを明らかにしたレポートを発行します。 湾岸戦争の間に使用される、放射、精神に影響を与える化学薬品、幻覚剤、およびドラッグをイオン化して、材料はマスタードと神経ガスを含んでいました。

1996年までには、レオナルド・ホロビッツ博士は、彼の本のEmerging Virusesでエイズとマールブルク-エボラ複合体の両方がアメリカの生物戦争研究室から企画された人工の極悪非道であると確認しました。

1995:米国政府は、生物兵器戦争研究に関するデータと引き換えに人間の医学の実験を行った日本人の戦争犯罪人と科学者に給料と訴追免責を提供したことを認めます。

1995: ガース・ニコルソン博士湾岸戦争の間に使用される生物学的因子が、ヒューストン(テキサス)で製造されていたという証拠とボカラトン、Flを暴露して、囚人の上でCorrectionsのテキサス部でテストされて。

1996: 国防総省は、砂漠のあらし軍人が化学薬品にさらされたことを認めます。

1997: 議会の88人の議員が生物兵器への調査が湾岸戦争Syndromeを使用するのを要求する手紙にサインします。

1997: 医学のジャーナリストErmina Cassaniは29の生物学的窶彭rops窶を報告しましたか?ユタ州で。 生化学の危険ギヤのHAZMATチームは塩素で糞を掃除しました。 ユタは悪名高いDugway Proving Groundsへの家です、何百人もの元労働者が兆候のように湾岸戦争を契約した化学動物実験センター、政府委員会の前での1997年の証言に従って。

1999: Ermina Cassaniは近所で低空飛行の飛行機から落とされるそのような生物学的浪費の全国的なレポートを調査しました。 Cassaniは1998数年と1999の間、異なった30大笑い滴以上を調査しました。 1998年に、彼女は、ミシガン家から乾血に似ていたサンプルを入手しました。 この材料を調べて、ミシガン大学研究室はpseudonomas fluorescens、オークビルで使用される同じバグに当たりました。 それは致命的なショックを含むものすごい人間の感染力を引き起こす場合があります、そして、熱烈な特性のため、軍が経路を追跡するのを許容します。

1999、また、彼らの知識も同意もなしで民間人における彼の本のUndue Risk数10年間の殺人を引きおこした軍情報部実験で確認された、Human Radiation Experimentsのクリントンの委員会のジョナサン・モレノで。

2001: 昨年の軍が伝導することを決定していたルイジアナの役人のグループが空気細菌テストを開く前に、キャプテンジョイスライリーは、立ちました、やかましい民意に対して。 彼女は、今までアメリカの領土の上で行われるテロの唯一の行為が私たち自身の政府によって犯されたと大胆に彼らに言いました。 より正しい言葉は決して話されませんでしたか?!

また、見てください:
http://www.rense.com/general36/history.htm
http://www.totse.com/en/conspiracy/institutional_analysis/165501.html
http://www.researchprotection.org/history/chronology.html

おそらく、この後半部分の1994年以降「クローバーリーフ計画」の名の下に、いわゆる「ケムトレイル散布」が始まったということだろう。民間機改造計画は1998年頃と言われる。しかしながら、元CIA工作員のA. C. Griffithの話では、イラン・コントラ事件(1986)直後に始まったというから、1980年代後半にはこういう計画が出ていたものと思われる。

それにしても、1900年代からずっとロックフェラー家はこういうバイオ兵器をサポートし続けて来たというから恐れ入る。ロックフェラー大学
ロックフェラー家と「秘密の人体実験の歴史」:ほんとよくやるナ〜〜!_e0171614_10432365.jpg

ロックフェラー医学研究所は、かの野口英世
ロックフェラー家と「秘密の人体実験の歴史」:ほんとよくやるナ〜〜!_e0171614_10434453.jpg

が留学した場所である。またロックフェラー財団は世界中の医学者にとってなくてはならない科学研究サポートの財団として知られている。

がしかし、それはあくまで表向きのことであり、本当の狙いは、そうやって世界中の医学研究の動向に目を光らせると同時に、その裏では「人類改変」に向けての生物実験を行うための「ダミー」であったということである。このバイオ帝国の王様が、来るロックフェラー王子といわれるジョン・D・ロックフェラー三世である。デービッド・ロックフェラーからの遺産を引き継ぐだろうと言われている人物である。日本では小沢一郎がこの人と親交が深いと言われている。

我々日本人もいずれロックフェラーに人体実験されてしまい、奴隷階級の、一種のバイオロボットである、グレイ種族に変身させられてしまうんでしょうナ。

ロックフェラー家と「秘密の人体実験の歴史」:ほんとよくやるナ〜〜!_e0171614_10482090.jpg

(これは、米海軍が研究中のイルカ人間が逃亡したものと言われている。以前のものは顔しかなかったのでよくわからなかったが、胴体部分もあるため、どんな姿の生物かよくわかる。こういうものも米軍は密かに研究していると考えられている。)


参考:
ケムトレイルについてはこんなものがある。
Bariumblues.com
「アリゾナ州ピナル空港」:ここがケムトレイル散布機製造工場だった!!

おまけ:
米政府:40年代に生体実験 受刑者らに性病感染
【ワシントン草野和彦】米政府の公衆衛生局が1940年代に中米グアテマラで、受刑者などを対象に意図的に性病に感染させ、抗生物質ペニシリンの効用を確かめる生体実験をしていたことが分かった。米政府は極めて非人道的な行為として、オバマ大統領が1日、グアテマラのコロン大統領に電話で「深い遺憾の意」を伝えると共に、感染者への謝罪を表明した。
 実験は46~48年、受刑者や精神障害の患者など男女約700人を対象に行われた。米メディアによると、性病の菌を注射したり、男性の対象者は、性病を持つ売春婦との性交渉を通じて感染させた。感染したことや実験の意図は伏せられた。
 実験は未公表だったが、米ウェルズリー大のスーザン・リバビー教授が最近、ピッツバーグ大の公文書館で実験の記録を発見し、論文などで発表した。論文によると、計画はグアテマラ政府に知らされていたという。
 クリントン国務長官とセベリウス厚生長官は1日、生体実験に「憤慨している」との共同声明を出し、米政府として調査を始めることを明らかにした。
 米国では32~72年にかけ、アラバマ州の貧困層の黒人性病患者約400人が、政府の生体実験の対象として未治療のまま放置されていた問題があり、クリントン大統領(当時)が97年に謝罪した。

上のデータを証明するニュースである。本当の目的は、ペニシリンの効用の研究に見せかけた、グアテマラ先住民の惨滅である。それゆえ、白人層である政府も承認するわけである。

  by Kikidoblog | 2010-09-14 10:53 | バイオコンスピラシー

<< 民主党代表選、菅直人圧勝:「プ... 米富豪たち中国富豪からボイコッ... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE