人気ブログランキング |

ロシアのウラジミール・スクラチェフ博士、ついに不老薬突き止めたか!?:人体の酸化防止薬

みなさん、こんにちは。

今回はみなさんにとって、人々にとっての「朗報」の1つを紹介しておこう。

「デーヴィッド・アイク(David Icke)の情報」の狭依彦さんの以下の記事である。
老化を止める薬
対老化薬品への期待
 ロシアの学者 Vladimir Skulachev博士が、老化の問題を解いて、数年間で老化を止める薬を売り出せるだろうと語った。
 Skulachev博士は年齢を重ねることが原因で健康を徐々に悪化させるのを止める酸化防止剤を発見できたという。
 酸素が肉体中で反応する過程は「機会のうちの99パーセントでは酸素は無害な水に変わるが、1パーセントは超酸化物に変わり、その後、非常に毒性のあるものに変わる」。よって、「この過程を止める酸化防止剤の発見がひと仕事になる」という。
 世界中の同僚がSkulachev博士は何かをつかんでいると考えている。
「博士は世界で最高の生化学者であり、生体エネルギー学者である」とロックフェラー大学のノーベル賞受賞者のブローベル博士は語り、Skulachev博士の理論は非常に現実的だと考えている。
 Skulachev博士は自分の白内障の治療薬を動物の眼球で試した後、自分自身で試してみた。
 6ヶ月後、主治医は博士の白内障は無くなったと語った。

元記事は以下のもの。
Many hopeful about Russian scientist’s anti-aging drug
エキサイト日本語翻訳すると以下のもの。
多くがロシア人の科学者のアンチエイジングドラッグに関して希望に満ちています。
多くがロシア人の科学者のアンチエイジングドラッグに関して希望に満ちています。
 ウラジミールSkulachev教授は、何とか時代までに引き起こされた健康の徐々に悪化を止める酸化防止剤を見つけたと言います。
 それは複雑に見えます、そして、確かに、見えること。 ウラジミールSkulachevに関しては、それはほとんど人生の仕事です。 もう2年間のテストと医師は、彼が最終的に年をとることの謎を解いてしまうだろうと考えます。
 どうやら、酸素がボディーでどう反応するかに関してそれはあります。
 後で非常に毒の要素、”ウラジミールSkulachevに変わる超酸化物に変わる無害な水に変わりますが、その1パーセントある時間酸素の99%(Bioenergeticsの教授)が明らかにする“。 酸化防止剤がそれであることがわかってタスクがことであった、“は. その過程”を止めます。
 そして、したがって、教授によると、また、人々はそれによって年をとることができないでしょう。


いやー、これが本当なら実にすばらしい快挙である。しかしながら、早速アメリカのNWOイルミナティー、ジェーソンスカラーの総本山、ロックフェラー大学から目をつけられているようで困ったことである(「ロックフェラー家と「秘密の人体実験の歴史」:ほんとよくやるナ〜〜!」)。ロックフェラーには、この博士から薬の詳細を取得し終えたら、この博士には用なしとばかりに暗殺しかねないという怖さがある。要するに、「独り占め」したいわけである。

白人の富裕層(ユダヤ人)だけ超長寿命になり、やたらと長生きになり、それ以外の人々は非常に短命にする。せいぜい40歳から50歳程度。彼らはこういう世界を夢見ている(遺伝子改変食物は人類改変食物か?:その目的は人口削減と人類2種分裂化だとサ!)。
e0171614_11213382.jpg

Human species 'may split in two'(人間種は”2種に分化し得る”)(2006年10月17日火曜日)

こういう世界にだけはならないようにしたいものである。

  by Kikidoblog | 2010-09-16 10:11 | バイオコンスピラシー

<< これで沖縄米軍移転問題は吹き飛... 地球に未知の宇宙生命体がやって... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE