人気ブログランキング |

腐らないマックバーガー、ハッピーミール、フライドポテト!?:オーマイガッド!

みなさん、こんにちは。

いやはや、今や地球は混乱のまっただ中に突入しつつあるようである。最近は、地球温暖化問題どころか、口に入れるものすらままならなくなりつつある。そんな中実に奇妙奇天烈な事実が飛び込んで来た。なんと「マックのハンバーガーやフライドポテトは何ヶ月経っても腐らない」というのである。以下のものである。

半年経っても腐らないマックバーガー、世界中で話題沸騰
【10月15日 AFP】ニューヨーク(New York)在住の女性が6か月前に買い、食べずに置いておいたマクドナルドの「ハッピーミール(ハンバーガーとポテトのセット)」が、ほぼ購入当時の状態を保っていることがテレビ番組などで放送され、世界中で話題となっている。
 マンハッタン(Manhattan)のアパートに住む芸術家で写真家のサリー・デービス(Sally Davies)さんはAFPの取材に対し、「すべては友人との賭けから始まった」と語った。4月10日にハッピーミールを買い、写真を撮り始めたという。初日は臭いがしていたもののその後なくなり、そのほかは特に何も起こらなかったという。臭いがしないことから、デービスさんの2匹の飼い犬もバーガーに何の関心も示さなかったという。
 バーガーはほんの少し縮んではいるもののかびも生えず、見た目にはほぼ購入当時のままだ。
 デービスさんの「実験」がテレビ番組で取り上げられたことで、なぜバーガーがほとんどその姿を変えずにとどまっているのか、デービスさんが本当のことを言っているのか、ということに人びとの関心が集中している。また、多くの人が「こんなに長く持つ食品は安全なのか?」との不安を抱いている。
 マクドナルドは声明で、商品は店舗で作られた新鮮なものだと主張。(デービスさんの)バーガーが置かれていた環境が分からない限り、詳細な説明をすることは不可能だとしている。さらに、細菌やカビは一定の条件下でしか発生せず、食品が十分に乾燥していれば、それらは発生しないと説明した。
 デービスさんに対しては、「お前はペテン師だ。ポテトの位置が変わってるぞ」「売名行為のためにやっているのだろう」など、批判の声が寄せられている。防腐剤を盛ったのではないか、との疑惑も持ち上がっているが、デービスさんは否定している。
 だが、大半の人はデービスさんの実験に肯定的で、自分たちが口にしているものに対して不安や疑問を抱いているという。
 デービスさんは「なぜわたしが作り話をしなくてはいけないの?自分でも買って同じ実験をしてみれば分かるわ」と語った。(c)AFP

「ハッピーミール」は永遠に?
e0171614_1940512.jpg



この他にも、自分で実験してみたもの。

American McDonalds food - 11 weeks time lapse


実はその理由を明かしているYouTube番組も存在した。以下のものである。

The World's First Bionic Burger

(一番最後に中から発見された含有物のリストがある。非常にたくさんの化学物質が含まれていたようである。)

さらに、アメリカで販売されている牛乳が危ないというものもあった。以下のものである。

Mutant Milk: The World's Most Dangerous Beverage!


はたして、日本で販売されているものがアメリカで販売されているものと同じかどうか知らないが、まあ似たようなものだろう。まあ、食う食わないは自己責任ということなんでしょうナ。

いやはや、世も末ですナ。


おまけ:
McDonalds makes fat people

  by Kikidoblog | 2010-10-16 11:49 | バイオコンスピラシー

<< 「NHKの地球温暖化報道のウソ... ベンジャミン・フルフォードの緊... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE