人気ブログランキング |

怖〜い都市伝説「茶髪にすると癌になる?」:本当の話だった!

みなさん、こんにちは。

今回はこんなきれいなお姉さん
e0171614_1025942.jpg

お兄さん
e0171614_11241847.jpg

のお話である。

阿修羅掲示板に実に興味深い話が載っていた。「茶髪ガン」、「茶髪にすると頭がい骨まで茶色になる」、「茶髪や金髪にすると、その中の染料が皮膚から体内へしみ込み。早晩、癌になって死ぬ。軽くても呼吸器障害やアレルギーになる。」というものである。今回はそれをここにもメモしておこう。

怖い話 茶髪ガン
本記事はこちらのブログ。
最近耳にした怖い話 茶髪ガン
最近耳にした怖い話 茶髪ガン
今日はとても真面目な1ページでございます。
海藻から抽出した自然素材から作ったシャンプーなどロングセラーを世に出している会社の社長さんとある日話す機会がありました。
社長さんは尋ねます。
見や毛さん。ヘアーカラーとか髪染めの商品ってありますね。最近店頭からかつての半分は姿を消しています。なぜだかお分かりになりますか?
副作用や後遺症なのではないかと直感しました。
そうです
使った人がガンや体調不良を起こし苦情が急増しているのだそうです。
メーカーは自信のない商品は自主回収したり発売停止にさせられたりしたのでしょう。
半年前あるカツラ会社の女性社長の言葉
ガンで亡くなった女性の死体解剖をしたら、白いはずの頭蓋骨の頭部はこげ茶色だったそうです。その人は茶髪でした
強烈な染色力のあるヘアーカラーを使ったためだろうと思われます。
茶髪ついでに「茶骨」になっていたのです。
ヘアーカラーには染毛剤と染毛料があるんですね。
量販店で売っていたかつての安すぎるヘアーカラー、通販サイトで未だに売っている安いヘアーカラー。
怖いですね。         
美容室は?
当店はハーブ使用のヘアーカラーだから大丈夫
などという言葉を信じます?疑ってみます?どうなんでしょうね?
娘なんかは代官山や原宿の美容室の「モデルになればタダ」に喜んで応募して行っています。
カット技術やヘアーカラーの実験台になっているのです。
ぞっとします。
「ヘアカラー」は、毎年全国の消費者センターの被害報告のベスト10にランキングされるほどの製品だそうで、
美容品の中で、最も危険性の高い薬品が数多く使われているそうです。
症状はアレルギー、発熱、ぜんそく、発ガン、昏睡や致命的な腎臓障害、湿疹、催奇形性などいろいろ。
買って使うのは消費者の自己責任。ガンになろうが免疫力が落ちようが知った事ではない、経済と企業保護の立場からマスコミではこの種の報道は控えます。
「危険な素材を含む商品を買う消費者」=「安価な商品を買う消費者」=「低所得者(貧乏人・若年層・老人)」=「安全意識や自己防衛意識が低い人達」=「賢くない人達」=「世間や世界観にうとい人達」=「社会への訴求力や圧力は弱い人達」=「弱者」(私の注:これが「B層」の意
みたいな図式がメーカー側には暗黙の内にあるのではないかと想像したりします。
金髪も黒染めも茶髪染めと危険度は同じでしょう。
体力や自浄作用は個人差があり、ガンになったり免疫力低下の現象が現れるのは人により数年後だったり、風邪引いたりした時になるのではないか。
若い女性タレントでも突然ガンで亡くなったりしますね。もしかして…と思う事があります。
「皮膚にかぶれが生じた時は」という取り説の表現にもからくりがあるようです。
「かぶれ」だけに注意を喚起し、メーカー側の安全対策をいかにも配慮しているように見せかけて
ガンやその他の深刻な被害から目をそらそうとしているのです。
皮膚には付けないように着色してください
無茶言うな。付くよ頭皮に!どうやったって!
ま、とにかく数年後ガンになりたくなければ 怪しいメーカーだな?と思ったら髪染めは中止することです。
宝くじは買った人に平等に当選のチャンスを与えられます。
(危険な材料を混入した)ヘアーカラーを使った人にはもれなく発ガンのチャンスを与えられます。
うちの娘たちも茶髪。高3の体育祭で応援団やっていた次女なんか真っ赤な髪で叫んでいましたっけ。
ああ恐ろしい……。
渋谷歩いているといっぱいいますね。
ナイスガイ君?茶髪だね。白人になったつもり?
こんな事言うと怒るだろうけど、彫りの浅い蒙古フェイスに茶髪金髪は似合わないよ。
お願いだからやめてくれ。つまりその白人コンプレックスとナルシシズム。客観視できない美意識!
はっきり言おう、君は妖怪だ。
日本男児は黒髪が一番りりしいと僕は思う。いつか書きますが幼な友達のF君は学生時代ヨーロッパを放浪していましたが、フィンランドの女性たちに異常にモテモテでした。
黒髪の直毛がこの国では極めて珍しいのだそうです。
そんな事より数年後の茶髪君はガンかハゲだ!(僕が言うのもおこがましいけど)
どうしてもとおっしゃるなら、男も女も髪染めなんかやめて色んな色のカツラを楽しみましょう。
多少の出費はありますが、抗がん剤で大出費するよりマシ。
第一、安全ですよ!
ちなみに「ヘアーカラーの危険性」をネット検索するといっぱい出てきました。
たとえば
http://www.coara.or.jp/~wadasho/y-zukaisenmouzai.htm
http://misashino.cocolog-nifty.com/a4/2010/04/post-c666.html
http://chieco.cosme.net/board/board_id/510
http://okwave.jp/qa/q5309861.html
http://blogs.yahoo.co.jp/bu_bu_neko/44051919.html
ヘアカラー 被害報告
茶髪が危ない

この中の、最初の参考サイト
茶髪・ヘアーカラーリングに潜む危険性
によれば、こうある。
茶髪(ちゃぱつ)という言葉は「広辞苑」にも載っているように、一般的に日常語として通用するようになりました。
 最近の染毛剤の利用者は、1000万人をはるかに超えると予測されています。それにしたがって、染毛剤の生産量も10年間で倍増する勢いで毎年伸び続けています。今流行っている茶髪で使用されている染毛剤の影響は果たしてどうなのでしょうか?
 米国立ガン研究所は、「髪を染めている女性は、ガンの一種であるリンパ腫にかかる危険性が50%も増す」と報告しています。
 国民生活センターに寄せられた染毛剤(ヘアダイ)の相談,苦情には、「頭部にコブができた」、「目も開かないくらい顔が腫れ上がった」などの皮膚障害や、「誤使用で目に入り角膜剥離が起こった」などの目の障害が多かったと報告されています。
 また、ヘアカラーリンスの使用が増加したことによる苦情として、「期待したほど染まらない」「リンス効果が不足し、髪の毛がパサパサになった」「かぶれた」、「髪の毛が抜けた」、「手の皮がむけた」等、安全上にかかわるものが増加しています。

さらに何が原因かというと、
e0171614_1061552.jpg

ヘアカラー剤には上の図のように様々な種類があります。大きく分けると染毛剤(医薬部外品)と染毛料(化粧品)になります。染毛剤には、ヘアダイなどの永久染毛剤、ヘアブリーチなどの脱色剤があります。
 染毛料には、ヘアマニキュアなどの半永久染毛料、カラースプレーなどの一時染毛料があります。
1.永久染毛剤
 白髪染めとして利用が多いヘアダイは酸化染毛剤といいます。ジアミン系染料の酸化染毛料アルカリ剤とトリートメント剤が入った第1剤と、過酸化水素とトリートメント剤が入った第2剤とに分かれているのが一般的です。
 ヘアダイでの染色は毛髪内部の皮質で発色・定着するため色持ちが良く、しかも脱色しながら染色することによって、望んだ色に染めることが可能です。
 しかし、酸化染毛料には、パラフェニレンジアミンフェニレンジアミンアミノフェノールなどの発色剤と、染めあがりの色合いに変化をつけるための修正剤としてメタアミノフェノールメタフェニレンジアミンなどが含まれ、さらに、着色成分としてのニトロ化合物も含まれています。
 これらの化学物質は、発ガン性が指摘されているものであり、主成分のジアミン系化合物はアレルギー性の接触性皮膚炎を起こします。使用するときは皮膚に触れないように注意が必要です。特に黒色系の濃色の場合はジアミン系化合物の量が多いので、更に注意が必要です。
2.半永久染毛料
 ヘアマニキュアなどの半永久染毛料は酸性染料が主成分です(注:だいたい以下の成分:ベンジルアルコール、エタノール、乳酸、メチルピロリドンポリアクリレートー13ポリイソブテン、紅藻エキス、1,3-ブチレングリコール(BG)、カルボマー、ポリソルベート20カプリリルグリコール(1,21オクタンジオール)、リン酸、酒石酸)。染めあがりの色はメラニン色素の色とミックスされるため、毛髪の色が暗いと鮮やかな色は出にくくなります。色持ちは約1ヶ月程度で、徐々にキューティクルの隙間から染料が抜けていって、色が褪せていきます。
 ヘアダイよりは安全性が高いといわれていますが、薬品が毛髪内部にまで浸透するので、アレルギーによるカブレの可能性があります。また、タール系色素が入っているものが多く、発ガン性が疑われています。
3.一時染毛料
 カラースプレーなどの一時染毛料は、顔料を毛髪表面に付着させることで色をつけるものです。手軽に髪の毛を着色できる点がファッション性としてのメリットですが、持続性がないため、白髪染めで色持ちを求める人には向きません。


ところで、日本の「B層」の典型的な質問とはこんな感じですナ。
なぜ5歳の息子を茶髪にしたらいけないのですか?
なぜ5歳の息子を茶髪にしたらいけないのですか?
5歳の息子と美容院に行った時カラーリングしてもらいました。
ちっちゃい子が茶髪だとかわいいなと思いカットのついでに息子を茶髪に染めてもらいました。「息子は嫌がっていましたが(笑)」
すると保育園から連絡があり「園児の中で1人だけ茶髪だとどうしても浮いてしまし、他の園児が近寄りにくくなっています。また他の親御さんからもあまりいい目でみられない」ということでした。
でも考えてみると、中学校や高校みたいに校則があるわけじゃないし禁止ではないはずです。それに何で他の親御さんの目を気にして生きていかなければいけないのですか?
そういう差別意識がいじめにつながると思いませんか?
この保育士に間違いであることを気づいてもらうためにどのような言葉をかけるべきですか?
ここまで悪質ですので保育士の資格を剥奪することってできないのですか?

答えは、子供が短命になる。だから止めろということですナ。こういう人は、ものごとの本質をことごとく自分に都合良く間違ってしまうんですナ。こういう間違ったことに金をかければかけるほど子供の遺伝子が傷つく。差別云々は二の次の話。命の問題であるからである。

茶髪にしたがる日本人こそが、欧米の金持ち白人の大企業(イルミナティーNWO企業)から「俺たちのまねして早く死ね」と差別されているわけである。だから、コマーシャルには金髪碧眼のナイスバディーやナイスルッキングの外人のお兄ちゃんやお姉ちゃんを使って東洋人に真似させて儲けるわけである。あまり金髪碧眼の人々の老後の姿を紹介しない。とてもじゃないが見られたもんじゃない。(old man。写真の中にはウィルスが仕込まれた釣りサイトが含まれているようなので、注意。勝手にクリックしないこと。)


とまあ、こんなわけで、これまた、モンサントの遺伝子作物の場合と同じように、東洋人の人口削減計画の一貫であるようである。黒髪の東洋人に金髪碧眼の西洋人の真似させて、有害物質を髪に染み込ませ皮膚に染み込ませ、さらには有害ガスをまき散らせて、金髪茶髪の東洋人の周りに近づく人々に害毒を垂れ流す、という戦略である。

私はずっと昔からパーマのあのいやなニオイが大嫌いだった。どうも胸くそが悪くなる。が、どうやらその理由はアミン系の有毒化学物質にあるようである。悪いにおいのものはやはり身体にも悪い。発がん性物質特有のニオイなのである。ちなみに、私は生まれつきの茶髪だから、こんなことをする必要を一度も感じた事がない。

では、美容師さんはすぐ死ぬのか? 

これを見ておこう。「各職業集団の平均寿命」によると、職業別寿命は郡山女子大学の森一教授、工藤倫夫氏によって研究されている。以下のとおりである。
各職業集団の平均寿命
1位 宗教家(75.6)奈良時代から顕著らしい。
2位 実業家(73.2)(本田総一郎85歳、渋沢栄一91歳、松下幸之助95歳)
3位 政治家(72.8)(毛沢東83歳、チャーチル91歳、吉田茂89歳)
4位 医師・医学者、大学教授(67.7)(あまりす先生?)
5位 俳人(67.6)
6位 歌人(66.9)
7位 芸術家(64.7)(横山大観90歳、野上弥生子100歳)
8位 小説家(63.0)
9位 詩人(57.7)
 :
 :
 :
最下位 主夫
(括弧内は平均寿命)。

これからすれば、美容師さんの寿命は57歳以下だから、江戸時代の日本人と大差がない。やはり毎日有害物質を手にして吸い込んでいるから長生きは不可能ということだろう。空気洗浄機を備え、保護メガネやガスマスクやゴム手袋などしっかりした器具を装着して、パーマや染色すべきだろう。やらない事が一番良いわけだが。

ちなみに、欧米の研究によれば、いわゆる「主夫」(私も主夫の1人だが)、世界でもっとも寿命が短いらしい(「主婦」は長生きだとか)。もっとも、この研究の意味はかなり科学の素養のある人、あるいは生物の研究に通じている人なら、全部その理由は明白である。5年前に私の昔のブログ記事を紹介して終わりとよう。
e0171614_12104521.jpg

e0171614_12104825.jpg

e0171614_12105178.jpg



参考:
有害な化学物質の一覧表

  by Kikidoblog | 2010-10-29 12:11 | バイオコンスピラシー

<< 「NASAが片道の有人火星飛行... 「ライアン航空のおそるべき実態... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE